2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お笑いバトルロワイアル〜vol.9〜

1 :かつての書き手:04/09/23 14:09:09
お笑い芸人を題材とした、バトルロワイアルパロディスレッドです。
ローカルルールや過去ログ・関連スレッドは>>2以降を参照して下さい。

■ログ等まとめサイト(コモさん管理)
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/5098/
■お絵かき掲示板
ttp://w2.oekakies.com/p/warabato/p.cgi



2 :名無しさん:04/09/23 14:10:47
■ローカルルール■

○書き手用○
・どのレスの続きかを必ず明記する事。文章の最初に >>レス番号 をつける。
・文中で芸人が死亡または同盟を組んだ、仲間になったなどの場合は、最後に必ずその旨を明記。
・文章が長くなる場合は、一度メモ帳やエディタで作成、確認してから連続コピペを推奨。
・長編になる場合は、このスレのみの固定ハンドルを使用する事を推奨。
・これから書こうと思う人は、必ず過去ログに目を通す事。
 ※専属の書き手がいる芸人は無闇に動かさない。
 ※専属芸人の続きを書きたかったり、自分の話と繋げたい場合は、スレ内で呼びかけ確認を取る。
 ※長期間放置されたままで、明らかに前の書き手がいないと思われる場合は、新たな書き込み可。

○読み手用○
・コメント、感想、励ましメッセージ、注文などはsage進行で。
・書き手に過度の期待は厳禁。書き手さんだって、書けない時もあります。

○共通用○
・死んだ芸人は原則として復活禁止です。
・「あくまでもここはネタスレッド」です。まったりと楽しみましょう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


3 :名無しさん:04/09/23 14:12:19
■過去ログ・関連スレッド■
お笑いバトルロワイヤル
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1009/10099/1009967966.html
お笑いバトルロワイヤル vol.2
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011108578.html
お笑いバトルロワイアル vol.3
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10116/1011624868.html
お笑いバトルロワイアル vol.4(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1016703885/
お笑いバトルロワイアル vol.5(html化待ち)
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1020393595/
お笑いバトルロワイアル vol.6
http://tv3.2ch.net/geinin/kako/1031/10318/1031834240.html
お笑いバトルロワイアル vol.7(html化待ち)
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1043249595/
お笑いバトルロワイアル vol.8
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1069244110/

お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011122064.html
お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド2(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1011833052/
お笑いバトロワ感想・要望スレッド3(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1018708636/


4 :名無しさん:04/09/23 14:14:37
>2-3名前が消えた;

前スレ、容量オーバーで書き込めなくなっていたのでたてました。

5 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:25:49
>1
乙であります!!(*゚Д゚)ゞ

ところで時間考察や参加芸人一覧はコピペすべきでしょうか?
前スレ200あたりのヤツですが。

6 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:41:56
新・集計屋さんが集計してくれたものをコピペします。
vol.8 >190あたりまでのものです。


◇現時点で確認出来る生存者状況説明(50音順/予約分は含ず)◇
 <※付はコンビ・グループの未出の方>


あ行

浅草キッド 水道橋/玉袋 (ビートたけし追跡中・爆問太田の遺志を継ぐ?・3以降放置)
アメデオ 森枝 (フラット森と行動中、オレンジジュース前田発見・靴下所持)/ 大河原 ※
今田耕司 (DT松本一行尾行・ハリガネ待機中・トランシーバー所持・現在地E-5)
オジンオズボーン 篠宮/高松 (もうすぐ禁止エリアとなる場所で偶然再会・合流)
オレンジジュース 前田 (アメデオ森枝、フラット森と合流)/ 村上 ※

7 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:42:53
か行

COWCOW 多田 (仕掛けつきビデオテープ3本と今田から貰った長槍所持・
  ハリガネ大上を刺した後、中田カウス・ボタン一行に発見される・生死不明)
カリカ 林/家城 (磁石佐々木と行動中・普段通り変わらぬ様子・家城はチェーンソー所持)
カンカラ 入山/石田/松井/鈴樹/杉林 (男メンバー4人喧嘩中・
  鈴樹、元居た場所を思い出しテツトモを残し先に向かう)
木村祐一 (DT松本・田中と行動中・3で浜田に攻撃され右腕負傷・日本刀所持)
K2 堀部 (DT浜田と接触し正気を取り戻すが浜田に献上する為の食材探索中に
 幻覚・幻聴に襲われ再び発狂・出刃包丁所持・村田渚と対決 )
ココリコ 田中 (DT松本達と行動中)
五番六番 猿橋/樋口 (爆問田中達と行動中)
コント赤信号 石井 ※ / 小宮 ※

さ行

ザ・ドリフターズ 志村 (ダチョウ倶楽部肥後と行動中・銃器所持・チームを抜けようとした寺門殺害)
ザ・プラン9 難儀/ヤナギブソン (森の奥にあるログハウスに潜伏中・武器は小型銃と荒縄)
佐野ただひろ (元ピテカンバブー・桶田亡き後、村田と共に彼の遺志を継ぐ)
磁石 佐々木 (カリカの2人と行動中・未だ姿を確認できない相方を気にかける)
磁石 永沢 (正当防衛だが人を殺めたという罪の意識に苛まれている・土壁の横穴に潜伏中)
自転車こぐよ ゆうき ※
清水ミチコ(UNの死後行方不明)
18KIN 大滝 (S&W M36、ナイフ所持・感染症により
 命幾許も無いピートム桑原から自分を殺してくれと懇願される)
陣内智則 (麒麟川島(死亡済)の奇襲で共に居た千原等仲間達は全て死亡・
 一人生き残った空しさから自らも死を選ぼうとするがそれも叶わなかった・
 仲間達の死んだ場所に戻ったそこで川島の所有物だった妖刀村正拾得・頭の中で誰かの声が)
せんたくばさみ 能勢/加藤(感想・要望スレ3にて合流)/吉本 ※

8 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:43:36
た行

だいたひかる (ハマカン神田の殺戮現場を目撃・虫除けスプレー所持・ハマカン浜谷&モジハン肖田を尾行中)
ダウンタウン 松本 (キム・ココリコ田中を引き連れ南の廃校へ・
  「生き残れ 南にある廃校で待つ」と書かれたメモ所持)
ダウンタウン 浜田 (日本刀所持(切れ味は鈍っている)・食材を探しに行った堀部待機中)
たけし軍団 井手らっきょ/ガタルカナル・タカ/グレート義太夫/そのまんま東/
 ダンカン(顔に熱傷)/松尾伴内/(3から途中参戦・UN(死亡済)の襲撃で皆負傷している)
ダチョウ倶楽部 肥後 (志村けんと行動中・志村に命じられ上島殺害)
田上よしえ (ダンディ、ユリQ、北陽伊藤と行動中・喧嘩中のカンカラ男メンバー達を仲裁しに
 行く途中・虻川の死から完全に立ち直れていない伊藤を気遣う・ヨーヨー所持)
ダブルブッキング 川元 (元箱男・武器は細菌・人間不信)
ダブルブッキング 黒田 (ビーム吉野、マイマイカブリ高橋と行動中・武器はアイスピック・
 逃げてきたことで相方から受けるかもしれない復讐が怖い)
ダンディ坂野 (田上達と行動中・テツトモ達と先にカンカラメンバーの元へ向かっていたが
 窪に落ち置き去りにされ戻って来た・存在を忘れられがち)
テツandトモ テツ/トモ (カンカラ鈴樹から元の場所を聞く・田上達待ち)
電撃ネットワーク ダンナ小柳 ※
電通マン佐藤 (1でひたすら自分の未来について悩んでいた・その後放置)
友近 (中山功太(死亡済)と落ち合う約束をした小屋で彼を待ち続けている・
 修道院から逃亡途中、追ってきた天津向(死亡済)に襲われ腕と顔負傷)

な行

中田カウス・ボタン (ハリガネが去った後、カウス・ボタン対決?)
南海キャンディーズ 山崎 (ノンスタイル石田(死亡済)を武器の地雷で負傷させた後失踪)
ネゴシックス (地雷で片足を無くし瀕死のノンスタイル石田(死亡済)を手当て後
何処かへ消えていった・スケッチブック、ラジカセ、救急箱所持・いい人)
ネプチューン 名倉 (爆笑田中(と、憑依した太田)と一時接触・
 プログラムを終わらせるべく総元締めのいる本部を探索中・「正宗」所持)

9 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:44:47
は行

爆笑問題 田中 (太田憑依中・田中本人は気付いていない・
 立川談志(死亡済)を看取った後再び五番六番、冷中達と行動中)
ハマカーン 神田 (ヒロシ、ホリ殺害・武器は槍と金槌・時々意識が途切れる状態が続く)
ハマカーン 浜谷 (モジハン肖田と行動中・確証は無いが、相方が他に危害を
 加える側の人間となったことを知る・しかし信じたくはない)
ハリガネロック 松口/大上 (中田カウス・ボタン&メッセンジャーから分離、今田の元へ向かう・
  松口の記憶は依然戻らず・大上はCOWCOW多田に刺され腹部負傷)
ハローバイバイ 金成/関 (ハマカーン浜谷と一時接触・神田が他芸人を
 襲っていた現場を目撃したらしい・2人で共に行動中らしい)
ビートたけし (表向きのこのゲームの主催者・3から途中参戦)
ピーピングトム 桑原 (感染症による死の間際、大滝に自分を殺してくれと懇願)
ビーム 今仁 (武器は生卵1パック・怪力・マイマイカブリ五十嵐と行動中)
ビーム 吉野 (ダブルブッキング黒田と行動中・武器・ホットプレート)
130R 板尾 (千原jr.(死亡済)と接触後再び単独行動中)
冷やし中華始めました 高橋/能海/鈴木 (爆問田中と行動中・現実世界では解散)
フラット 森 (アメデオ森枝と合流・武器はでかい石)/ 船場 ※
プロペラZ キー坊/岩澤 (佐野に命ぜられ北回りルート巡回中)
ブロンクス 中岡/野口 (野口の仇を討ち、小屋に戻った中岡だが
 眠りから覚めた野口は記憶喪失+多重人格となっていた)
ヘッドライト 和田 (ブロンクス中岡&野口と分離、相方町田を探す・拳銃所持)/ 町田 ※
北陽 伊藤 (田上達と行動中・虻川の死から立ち直ったように
 振舞うもやはり無理をしている・刀所持)

10 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:45:36

ま・や・ら・わ行

マイマイカブリ 五十嵐 (ビーム今仁と行動中・武器・緑色をした煙草の箱・現実逃避気味)
マイマイカブリ 高橋 (武器・マッチ一箱・服用した謎の飴玉の効能で空に浮く・こちらも現実逃避気味)
マギー司郎 (審司と行動中・自分の秘密を知る長井を殺す為、攻撃を仕掛けるも返り討ちに遭う)
マギー審司 (司郎と行動中・一度死んだが師匠(司郎)の力によって復活(…))
村田渚 (自らの思い込みで桶田(死亡済)を手に掛けてしまうが
 坂コロ松丘の遺品の携帯と、今際の際の桶田の口から伝えられ真実を知る・
 佐野の説得で桶田の遺志を継ぎ計画を遂行する決意をする・K2堀部と対決?)
メッセンジャー 會原/黒田 (中田カウス・ボタンの対決を止める?・
 會原はエンバーミングセット(遺体保存の用具)所持)
モジモジハンター 肖田 (ハマカン浜谷と行動中・拳銃所持)/石井 ※
元ブラジル代表 小林/大渡 (佐野に命ぜられ東回りルート巡回中)
森三中 大島/黒沢/村上 (6-185で合流・6-794で黒澤、大島を銃撃(?)・村上逃走)
ユリオカ超特Q (田上達と行動中)


計99名(たぶん)

◇番外◇
小薮千豊 (元「ビリジアン」・バトロワで命を落とした仲間たちの仇を討ちたい・りあるキッズ保護?)
りあるキッズ (何者かの手により、ゲームのリストから外された・
 何故か新喜劇小藪の元へ2人ともかなり弱っている様子で辿り着く)
太田光代 (爆問太田(死亡済・田中に憑依中)夫人で事務所社長・このゲームを一刻も早く
 終わらせたい・芸人の妻達に連絡を取りバトロワの是非を問う、出版社に協力を得ての
 国会議事堂に入ってのデモ記事掲載などの計画を練る)
田中夏美 (爆問田中夫人・太田光代と共にゲームを終わらせるために行動を起こす)
長井美奈子(長井秀和夫人・光代に呼ばれ太田宅へ・バトロワ中止計画に賛成)
由香里(タイタン事務員・光代に呼ばれ太田宅へ・バトロワ中止計画に賛成)

11 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:46:24

◇本編未出芸人の一部◇

(若手系)
アンガールズ/キャン×キャン/さくらんぼブービー/チャイルドマシーン/
チャップメン/チョップリン/T・K・O/ニブンノゴ!/ハレルヤ/パンクブーブー/
ブラザース/ペナルティ/名刀長塚/ラバーガール/ラフ・コントロール

(中堅・大御所系)
大橋巨泉/チャーリー浜/野沢直子/間寛平/
歌丸・楽太郎・山田くん以外の笑点メンバー (円楽/小遊三/好楽/木久蔵/こん平)


よかったらどうぞ。キラー役から死体役まで(w

外の世界でもいろいろ動きがあるようなのでこんなのも載せておきます↓

◇プログラム参加芸人たちと近い場所に居る元・芸人その他◇

オークラ:元「細雪」。解散後はTVや舞台の構成作家に。ごく稀に自らも舞台に立つことも。
原田専門家:大阪NSC11期生(中川家、ハリガネ、陣内と同期)。
 卒業後、芸人・2丁目劇場進行を経て現在はCG・イラストデザイナーに。
 舞台やTV番組のポスター・チラシなどを作成する。主にうめだ・baseで活動中。
森詩津規:元「シンドバット」。解散後は舞台の構成作家に。Vol.3あたりで既出。
元「−4℃」上嶋祐佳(旧姓):96年、ますおか岡田との結婚を機にコンビ解散・引退。
 (当時の相方・松本美香はピンで活動。バトロワ未出)


ひょっとしたら何か力になってくれるかも。

12 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:48:33
◇現在判明している設定◇

−プログラム開始日−
・【2002年1月2日】(一応、初代スレが立ったのがその日なので)。
 結成/デビューがそれ以降の人たちを出させると年月的に
 矛盾が生じてしまうので書き手さんたちはお気をつけて。
 baseよしもとはうめだと分離前。現・卒業組のフジワラもハリガネも
 次長課長もこの話の中ではまだ在籍しています。

−プログラム参加者について−
・日本で活動する芸人全て。
・しかし福田哲平のように、本人の身体の事情で参加を免除されたものもいる。
・既に芸人を引退した者も本人の希望等で参加者の中に交じっていたりする。
・参加者には本部から食料・水・島の地図・筆記用具・
 そしてそれぞれ異なった武器の入った、リュックが支給されている。
・参加者全員に架せられた首輪は、無理やり外そうとしたり立ち入り禁止エリア※
 に踏み入ると爆発する仕掛けになっているが強力な電圧を加えて内部の回路を破壊すれば外せられる。
 しかし外した事が本部に知れるとその芸人は兵士たちに処分される(底ぬけA-L話参照)。
 (※時間が経過するごとに立ち入り禁止エリアは増えて行く)
 加えて、発信機が内蔵されていて本部が芸人たちの位置を確認している。
・死亡者発表は午前午後の6時と12時の1日計4回。

13 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:49:16
−舞台について−
・元は人が住んでいた、現在は無人の島。緑が豊か。
・しかし遊園地やスキー場といったレジャースポットなどがあったり
 住人も多く、割と栄えていた場所だったらしい。
・島の中央には昔の噴火の影響で生まれた火口跡がある。
・現在、故・元フォークダンスの桶田がプログラムを破壊すべく指揮を取り、故・坂コロ松丘や
 佐野ただひろに起こさせた疑似噴火による地震、そして山火事が続いている。
・携帯電話は、プログラム開始時には使えたが途中で本部に基地局を破壊され現在は使えない。

−舞台裏について−
・このプログラムは島の各所に設置されたカメラでTV中継され、
 各芸人には優勝者を賭けたオッズが付けられている
 (中には何十億単位の金額が付けられている者もいる)。
 これは国家ぐるみのプログラムであり、痛みを伴う改革のテスト、そして経済復興が目的である。
 そしてそれらは参加者たちには知らされていない。
・島には芸人たちの他、本部側が派遣した大勢の兵士たちも居て芸人たちを監視している
・しかし火山の小規模噴火(実際は桶田の仕組んだ疑似噴火)を見た総本部は
 大規模な噴火の起こる可能性を恐れ、島からの撤退命令を出した。

14 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:49:58
−妖刀村正・正宗について−
・「正宗」と「村正」はその刀を作った刀工の名に由来しており、正宗は村正の
 師匠だったが村正の作る刀があまりに禍々しかった為、破門したという伝説がある。
・村正を所有した者は刀に宿った魂に支配され殺人鬼と化し
 人を斬る度に理性を保てる時間が短くなる。切る相手が居なくなると最終的には刀の魔力で
 所有者が自殺する。解放されるには誰かに殺されるしか今のところ方法がない。
・村正に宿っている魂・女の精は持ち主が人を殺すことで美しく長らえているらしい。
・「負」の力を帯びた村正と「正」の力を帯びた正宗は互いに惹かれあうと言われている。
・これまでの持ち主の遍歴
 村正:ネプチューン原田→麒麟川島→陣内智則
 正宗:TAKE2深沢→ネプチューン名倉

たぶん他にもあると思います。間違ってる可能性もあるので
見つけた方は補足・修正よろしくお願いします。

Vol.6-769〜Vol.8-200あたりまでの死亡者
(過去ログからの再掲・時間を遡って書かれた話等、既に死亡者として
名前の挙がっている参加者分、本編とは別Ver.と認識されるものなどは省いております。)

足軽エンペラー 西田/山里、ウッチャンナンチャン 内村/南原、魚でF 須藤、
坂道コロンブス 松丘、三拍子 久保/高倉、自転車こぐよ あつし、末高斗夢、
ストリーク 山田/吉本、スピードワゴン 井戸田/小沢、ダーリンハニー 長嶋/吉川、
ダイアン 津田/西澤、高田文夫、千鳥 大吾/ノブ、つまみ枝豆、天津 木村/向、
富田哲平、中山功太、NON STYLE 石田/井上、ババリア 溝黒/三浪、ヒロシ、
元・フォークダンスde成子坂 桶田、ブロンクス 唐戸、ホリ、ママレンジ 健太/公平、
ラッシャー板前、ランチ 田口/風藤、レギュラー 松本、笑い飯 哲夫/西田

Vol.1からの死亡者総数 418人+α

15 :竿手ゴロゴロ:04/09/23 15:51:32
◇専属書き手さんのいる芸人◇

・カリカ、磁石、ハマカーン、モジモジハンター、
 だいたひかる、(予約・タカアンドトシ):挙動不審 さん
・パラシュート部隊(予約):雪乃丞 ◆h//D5xSzUA さん
・アメデオ森枝、フラット森、オレンジジュース前田:@不法投棄 さん
・オジンオズボーン:ななせ さん
・ブロードキャスト(予約):>>154さん
・粋なり(予約):名無しさん@胃潰瘍。 さん

・太田光代、田中夏美・長井美奈子・由香里:奥様は社長 ◆XVUp.wHBSo さん
・爆笑問題 田中、五番六番、冷やし中華はじめました:久々です さん

 爆問田中一行とタイタン妻話の書き手さんは別の方です。
 (田中一行の方の書き手さんは久しく姿が見えない状態ではありますが)

16 :名無しさん:04/09/23 20:18:44
政府から送りこまれた新たなる刺客

ふかわりょう(高学歴なため、機械の扱いに慣れている。プラスティック爆弾所持。)
はなわ(ギターと見せかけている物の正体はアサルトライフル。)
長井秀和(毒舌スナイパーの異名だけに武器はPSG1所持。凄腕スナイパー。)
東京ダイナマイト 松田 ハチミツ(まさに人間爆弾。所持品はすべて高性能爆弾。ピンチの時の為に自爆装置搭載。)
パペットマペット(マスクの下にはガスマスクを装備。うしくん、かえるくんからは毒ガスを噴出。)


17 :名無しさん:04/09/24 11:04:35
>>16もう皆死んでたと。。。。

18 :名無しさん:04/09/24 12:15:42
>>17東京ダイナマイトはまだ出てないぞ。

新・集計屋さんではないが、>>5〜15の補足
前スレ200以降から前スレ終わりまでで新たに登場した人達(生存)

か行

カンニング竹山(武器は大振りのスコップ。カンニング中島、どーよの2人と行動中。
        波田陽区(死亡済)の日本刀とヒロシ(死亡済)の拳銃も所持?) 
カンニング中島(武器は日本刀。カンニング竹山らと行動中。)
キシモトマイ(だいたひかる殺害後放置。武器は拳銃。女芸人を執拗に殺している。
       すでに数名の無名女芸人を殺害済み。) 

た行

どーよテル(武器はロバのぬいぐるみ。カンニングらと行動中。)
どーよケンキ(武器は俳句セット。カンニングらと行動中。)

19 :名無しさん:04/09/24 12:16:43
>>18続き
合体・分裂した人達
ソラシド水口、大浦梶大浦、けもの道中立→合体
カンニング、どーよ、ヒロシ→合体→ヒロシ脱退(脱退後死亡済)

新たな死亡者
自転車こぐよ(現ヒデヨシ) ゆうき
だいたひかる
T・K・O木下/木本
なすなかにし那須/中西
波田陽区
村田渚

新たな書き手さん
カンニング、どーよ:釜飯さん

放棄・キープ解除など
タカアンドトシ タカ/トシ
ネプチューン名倉
ダウンタウン浜田
森三中黒澤

抜けているのがあったらすみません。

20 :名無しさん:04/09/24 20:27:52
波田陽区は出ないの?

21 :名無しさん:04/09/25 07:06:13
agetoku

22 :名無しさん:04/09/25 13:23:16
前回版より
りあるキッズ書かれた方、とても面白かったです!!
ありがとうございました。

23 :名無しさん:04/09/26 16:23:11
集計乙です。
新たな志望者の欄にオジオズ・篠宮が抜けています。
あしからず。

24 :18:04/09/26 17:17:21
>>23ご指摘ありがとうございます。
よくよく確認したら抜けてる人まだいた・・・orz
>>19の合体、死亡者の修正です↓

合体・分裂した人達
ソラシド水口、大浦梶大浦、けもの道中立→合体
カンニング、どーよ、ヒロシ→合体→ヒロシ脱退(脱退後死亡済)
板尾創路、今田耕司→合体

新たな死亡者
オジンオズボーン篠宮
オーバードライブ石野/緒方
K2・堀部圭亮
自転車こぐよ(現ヒデヨシ) ゆうき
だいたひかる
T・K・O木下/木本
なすなかにし那須/中西
波田陽区
元ピテカンバブー佐野ただひろ
村田渚

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/29 16:33:51
ねぎしおとんこつ

26 :18:04/09/29 17:33:31
生存者の間違い発見orzオオスギダ
>>18訂正 
カンニング中島(武器は包丁。カンニング竹山らと行動中。)


27 :名無しさん:04/09/29 21:44:20
前スレ。波田陽区の死に際がすごく綺麗でした・・・!書かれた方、ありがとうございます。

28 :名無しさん:04/10/02 01:10:37
パンクブーブーとアンガールズとさくらんぼブービーとミラールと
ヴェートーベンとエルシャラカーニとタイムマシーン3号と
キンコメの死亡前後の細かい話とダリハニ土砂崩れの影響と
ノンスタと三拍子の死体とロザン・プラン編の海辺の救急鞄のその後と
流れ星を使いたい云々言っていた者ですが、時間軸がだいぶややこしくなり、
後半に矛盾が見付かり序盤を変更、後ろに伸び前に伸び、と手間取っております。
まだキシモトマイを登場させたりロザン菅の置き土産を仕掛けたりと
徐々に書き進めてはいますが、非常に手間取っております_| ̄|○

前スレでは私がメンバーを勝手にどんどん並べてしまったのですが、
使いたい方いらっしゃいましたらどうぞ気にせず書いて下さい。
その時はいずれ番外編として出させていただきますので…。
そもそも、ただでさえ番外編になりそうな他との時間軸のズレっぷり_| ̄|○スイマセン
既に放送が終わっている時間に人が死んでたり、天候を動かしたりなんだか。
それでも恐縮ながらとりあえず書かせていただいております。本当に遅くてスイマセン
長々と失礼しました。

29 :名無しさん:04/10/02 14:33:46
28>気になる話が多いです。あせらず頑張ってください!

30 :名無しさん:04/10/02 14:41:53
篠宮くんかっこょ杉茸

31 :名無しさん:04/10/04 22:41:04
時刻編なども読んでみたいです

32 :名無しさん:04/10/07 15:42:21
波田陽区が日本刀を手にしてからカンニング中島に仕留められるまでの経緯を書きたいのですが、書いてもよろしくて?

33 :釜飯:04/10/07 17:31:27
是非是非!
あっという間に殺しちゃったので、ファンの人には悪いな〜と思ってたんです。

カンニング一行の続きは一応内容は決まってるのですが、まだ書いてません。
気長に待って下さい。

34 :名無しさん:04/10/07 17:42:32
>>33 釜飯さま
ありがとうございます。では書かせていただきます。
完成したらいずれ投下させてくださいませね。

35 :名無しさん:04/10/10 02:31:41
あの、POISONGIRLBAND書いてみたいんですが、よろしいですか!?
誰も書く人がいないんなら…!と思って。

36 :名無しさん:04/10/11 00:27:34
35>投下希望です!!よろしくお願いします!!

37 :35:04/10/11 15:40:24
>>36
あ、ありがとうございます!
書けたら私も投下します。遅くなったらすみません…

38 :  :04/10/18 19:29:44
まとめサイトって消えたの?

39 :名無しさん:04/10/18 19:49:57
更新こそしてないがまだある
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/5098/

麒麟田村が自分達の話を読んだんだとか。
川島もいつか読むんだろか

40 :ななせ:04/10/18 20:24:43
川島さんの一喝でこのスレは消えることができる。

本人の意見、ぜひ聞いてみたいな。
やっぱり、消えるべきなのかな。

41 :名無しさん:04/10/18 20:30:30
本人の意見は聞きたいね。

束、有名になる以上二次創作の対象になるのは有名税だ。

42 :ななせ:04/10/18 20:55:08
本人が訴えたら書き手が完全に負けるよ…。文句はありませんけどね。
でも、やっぱり大騒ぎはしたくない。
こんなこと、なにも知らない側が感動できる話を書いたわけでもない
自分が言うのは傲慢かもしれないけど。

それに、
もし最初のスレ主が漏れの元同級生だったら、
すべての責任は漏れにあるようなものだ。

43 :名無しさん:04/10/18 21:00:17
訴える際にかかる金と時間と手間>>>>>>>搾り取れる金

だから、訴えることはないとオモ
しょせんネットで配信だけだし、こっち(書き手)が利潤を得てるわけじゃない。
法的には完璧グレーゾーンだよね。

44 :ななせ:04/10/18 21:14:11
そうなのか…。ホッとした。

じゃあ問題はやっぱり本人の意見だ。

45 :ななせ:04/10/18 21:15:25
金の問題じゃなくてね。

46 :名無しさん:04/10/18 23:43:18
ミルククラウンを入れて、どなたか作ってもらえませんか?

47 :名無しさん:04/10/19 07:19:48
川島は器の小さい人じゃないと思われ。笑って読んでくれるはず…(´∀` )

48 :名無しさん:04/10/19 08:19:42
パロディの材料に使われてギャーギャー喚くような
ケツの穴の小さいヤツは大成しない。

49 :名無しさん:04/10/19 12:19:01
なんかさあ…。

開き直ってむしろ川島さんが悪いみたいな
雰囲気作るのやめましょうよ。

50 :名無しさん:04/10/19 13:18:54
48>49
ゴメソ
本人が悪いとか言いたいのじゃなく、
「気にするな」ってことだよ。

51 :名無しさん:04/10/19 14:02:51
>>39 麒麟田村が読んだってテレビで
言ってたんですか?その時の反応は?

52 :名無しさん:04/10/19 14:27:25
田村は単独で言ったんだよ。
あと、訴えるとしたら芸人じゃなくて吉本がやるでしょ。だから金だってある。商品(芸人)守る為だから金は出す。
訴えられないように気をつけてね〜

53 :名無しさん:04/10/19 17:15:20
ケチな吉本がたかがネットの小説ごときで訴訟起こすわけがないw

やってることはフォモ同人と同じ。
くっつけようがくっつけまいが既存の人物使って創作してるんだから。
フォモ同人がいままで、相当稼いだ作家しか訴えられていないことを見てみろ。
向こうさんから見たら、厳密に言えば違法とは言え
芸人オタの布教活動の一環で、
見た人がファンになって金づるになればウマーなので何も言わない。
しかも媒介はインターネット。
書き手に利益なんて一円も入っていないんだからなおさら。



ただし、これはあくまでネタ、
そしてオリジナルで芸人本人・事務所とは一切関係がなく、
名前も所属団体も正確も「偶然の一致」という姿勢をくずすなよおまいら。

54 :名無しさん:04/10/19 17:20:42
正確→性格
スマソ

55 :名無しさん:04/10/19 18:15:30
>>28
遅くにスマソ
気になる話だらけ!
どうかがんばって下さい。

56 :名無しさん:04/10/19 18:16:22
>>53
うん私もそう思う。
でも本人が実際それ見たら嫌な気持ちになるし
結構傷つくんじゃないかな。

57 :名無しさん:04/10/19 18:19:57
よくわからんけど書き手さんを応援したい

58 :名無しさん:04/10/19 18:21:33
本人傷つけないためにも、
検索避けや伏字を徹底すべき

59 :名無しさん:04/10/19 19:38:42
でももう、麒麟さんにはばれてる。
ということは、ほとんどの芸人さんに広まってるかもしれない。

伏字しても本人にはバレバレで読んでる人にわかりにくくなるから
意味無いような。

>>57>>46が本人さんだったらここは収まるんだけど。



60 :名無しさん:04/10/19 19:48:48
傷つけないように云々という議論自体が自意識過剰では?
ここはたかだか2chのネタスレに過ぎない。
芸人だろうが一般人だろうが
一ちゃねらーとして楽しむだけの場所。

もっと酷いスレなんて他に腐るほどあるだろ。

61 :名無しさん:04/10/19 21:39:22
>>60
君の言う通りだと思う。その意見には大いに賛成だ。

62 :名無しさん:04/10/20 12:24:14
芸人さんとしては、「こういうのだけは書かれるとさすがに迷惑だ」
っていうのは何なんだろう。

63 :名無しさん:04/10/20 13:46:18
どうなんだろう。殺し合いのここぐらいしか
思いつかない。他に何か違うジャンルの奴書いてる
のは石の話とか?ほかには??

64 :名無しさん:04/10/20 13:47:44
新参でいきなり尋ねるのもアレなのですが…
吉本若手のペナルティ、POISON GIRL BANDあたりは
名前まだ出てきてないですよね?

65 :名無しさん:04/10/20 13:56:53
>>64
多分ペナルティは出てない

66 :名無しさん:04/10/20 13:58:05
何かかれるか、というよりも、
これが現実のものだと思われるような書き方
(ネタとかフィクションだとかいう注意書きがなかったりするもの)
がいやだと思う。

67 :名無しさん:04/10/20 14:05:04
約2年ぶりにこのスレ来ました
当時から放置の話が多いので驚きました

68 :名無しさん:04/10/20 17:00:59
64>ポイズンは今書かれている人がいます。

69 :名無しさん:04/10/21 12:56:34
>>66
>1に「あくまでもネタスレ」って書いてあるのに…。

70 :名無しさん:04/10/21 13:06:06
66>69
知ってるよ。
だから、その注意書きをなくしてはいけない、と言いたいのさ。

71 :名無しさん:04/10/21 15:59:48
ホモ話書いてる同人女が吉本に訴えられたって話も聞かねーし大丈夫じゃね?
あくまでネタスレって注意書きもわざわざあるんだしさ。

72 :名無しさん:04/10/21 16:39:06
そんな話書いてる奴いんのかよ!

73 :名無しさん:04/10/21 18:14:30
>・「あくまでもここはネタスレッド」です。まったりと楽しみましょう。
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

守れない人は居なくていいの。

74 :名無しさん:04/10/21 19:00:52
そうだね。まあとりあえず書き手さんを待とうよ。

75 :名無しさん:04/10/21 20:54:30
72>フットの岩尾にフットボールアワーが[デキてる]って内容のマンガ送ってたのがいたよ。
ナイトボールアワーで言ってた。

76 :名無しさん:04/10/21 21:06:31
>>75
そうなんだ…気持ち悪いなー
何考えてんだろ。

77 :名無しさん:04/10/21 21:10:08
76>よりによってその二人ですしね・・・

78 :名無しさん:04/10/22 01:17:30
書いてる人も気持ち悪いよ。
いくらなんでも


79 :ななせ:04/10/24 18:40:15
自分は似顔絵を送ったことがある。
でも、今思えば2人単車に乗ってるのに
片方ヘルメットじゃなくてサンバイザー
つけてる絵だった。ありえねぇすな。

それから、今更なんだけど、ロザンの話が好きです。
菅さんのセリフ全体的に好き。

あと、本人さんはもし来てるのならコテハンにしてくれないと
見分けがつきませんよ〜。

80 :名無しさん:04/10/24 20:30:01
私は森三中の話。黒澤さんが
今後どうなるのか楽しみであって悲しい。オセロも悲しかった…。

好きな話が松本一行。これも進行中だけど
浜田と合流するのかどうか気になる。キャラの動き方が
何か好き。あと今田…

納得したのがくりぃむしちゅー
ああ有田なら相方簡単に裏切りそうだろうなと。
でもその後たけしに殺される。でも上田の
方が不憫。

書き過ぎた…書き手さんそこそこに
頑張って下さい。



81 :名無しさん:04/10/24 21:32:08
1〜8で感動したとか良かったなぁって思ったストーリーはありますか?
自分はとにかくコンビで一緒に死んでいくのとかはどれも良かった
なぁと思います。スピワゴ、三拍子、ライセンス、トビレン、シャカなど。

82 :名無しさん:04/10/24 21:35:35
りあるキッズ、かつさゆ、チュート福田と陣内・コバ、飛石連休。
あと集団催眠明けの三拍子と天国編のトビレンヨカタ

83 :名無しさん:04/10/24 21:39:14
おぎはぎ、エレキ、チャブあたりが良かったなぁ…
特にアンジャ渡部とチャブの話が好きだった。先輩後輩って感じが良く出てて。

84 :名無しさん:04/10/24 22:09:59
りあるキッズは参加してないことになってたよね?
感動した話はエレキ、アルファ、ケンコバとか。ほとんどうる覚え…。

85 :名無しさん:04/10/24 22:13:54
82>84
参加してないけど、ラストは涙ボロボロ。

86 :名無しさん:04/10/24 22:25:02
野次飛ばされながら漫才やるやつだっけ?あれは確かに泣けた。アメザリとか
ラーメンズも泣けたよ。

ってか前の話してても書き手さんやりにくいかな?スレ汚しスイマセン。

87 :名無しさん:04/10/24 23:28:00
プラン・ロザン編好きだなぁ…

88 :名無しさん:04/10/30 16:36:10
hosyu

89 :名無しさん:04/11/01 10:04:49
ちょいとあげますよ

90 :名無しさん:04/11/01 10:05:50
って、あげてませんでしたよ。

91 :コモ ◆hcbh0U7bsY :04/11/01 11:05:43
どうもごぶさたしてます。
まとめサイトのURLが変わりました。
んでもって、8スレまでまとめました。
なにか不都合がありましたら、教えてくださると嬉しいです。
http://www.geocities.jp/geinin_battle/

92 :ななせ:04/11/01 20:14:54
コモさん乙です。
うれし丸出しでどうもすみません。


93 :名無しさん:04/11/01 20:47:27
質問なんですけど、マイケルって出てます?

94 :名無しさん:04/11/01 22:50:20
でてない。

95 :名無しさん:04/11/01 22:52:55
じゃあマイケル登場させていいですか?いま某芸人編書いてる人間なのですが。

96 :名無しさん:04/11/02 06:02:26
オクラホマ誰か書いてくださいませんか…ちょっと読んでみたいです。

97 :名無しさん:04/11/02 13:33:12
なんかこんなのができてます↓
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1098452131/

98 :名無しさん:04/11/02 16:40:53
>>97
向こうは向こうで良いんじゃないのかね。
実際吉本だけでも相当な数居るから、長続きすれば面白いかもしれない。

こっちだと最近売れてきた若手とかがとうに死んでたりするから、
書きたい人には丁度良い。

99 :名無しさん:04/11/02 20:04:47
リクエストで申し訳ないんですけど、パンクブーブー書いてくださると
嬉しいです

100 :名無しさん:04/11/03 10:11:59
>>99
>>28さんが書いてるらしいYO

101 :名無しさん:04/11/05 16:40:10
age

102 :名無しさん:04/11/06 23:11:10
横槍でスミマセンが、今初めてまとめサイトで一気読みしました。
その芸人さんたちを知ってる知らないに限らずほとんどのところでぼろ泣きでした・・・
コレを打ってる今も手が震えてる・・・


103 :名無しさん:04/11/07 11:23:00
ageましょう。

104 :名無しさん:04/11/09 19:51:15
a
















ge

105 :名無しさん:04/11/09 19:54:49
Re:a

















ge

106 :名無しさん:04/11/11 20:48:18
腐女子の皆さんに朗報です!
同人板に芸人スレができてました。

107 :名無しさん:04/11/12 22:56:22
待ち状態。

108 :名無しさん:04/11/14 11:09:21
誰か・・・

109 :名無しさん:04/11/15 09:39:57
何か、書きたい人がもう居ないんだよね…死んじゃってて。
あと残ってるのってちょっとマニック系だったりマイナーだったりで
職人さんが居ても創作意欲湧かないんじゃないかな…

110 :名無しさん:04/11/15 20:17:37
メジャー芸人で放置されている人もいる。

111 :名無しさん:04/11/15 23:10:52
わかるわかる。
個人的にプラン9の灘儀&ギブソン編の続きが興味あるのだが
考えたらこの二人にとっての敵や味方がもういないんだよね。
始まった当初はまだプラン9が3人の頃で久馬・鈴木・ゴエが
死んでそれで終わってたけど、その後に二人が加入したから。
「あ、そういえばまだいたな」って感じでバトロワ内にようやく登場した頃には
灘儀やギブソンと絡めそうな芸人はほとんど死んでいた。
辛うじて残っている吉本勢とも接点がよくわからない。
出るタイミングが悪かったとも言える。

だから話を進めさせる事が出来なくて
書き手の方ももてあましてしまったのだろうか。

112 :名無しさん:04/11/15 23:25:05
シェイクダウンが良かった・・(泣)

113 :名無しさん:04/11/15 23:51:24
天国編やら集団催眠編だっけ?を期待してみるのも手かと。

114 :名無しさん:04/11/16 01:28:47
B9さん待ち…

115 :名無しさん:04/11/16 13:40:47
シェイク良かったな…
二人ともめちゃくちゃかっこよく描写されてて。

116 :名無しさん:04/11/16 22:58:55
自分もB9様待ちです。
急かすつもりはないけれど、早く続きが知りたいヘッドヲタでした。

117 :名無しさん:04/11/18 20:47:58
あげよう
消されないためにも

118 :名無しさん:04/11/20 10:24:16
同じくB9さん待ち。
タナ-カ・・

119 :名無しさん:04/11/21 21:49:20
ポイズン書かれている35さん
待ってます。忘れないでください。

120 :名無しさん:04/11/22 02:07:05
石スレで暇潰ししてるけど…こっちのポイズンも読みたいな。
お待ちしてます。書き手さん頑張って下さい。

121 :名無しさん:04/11/23 17:55:45
石スレは暇つぶしかよ…

122 :名無しさん:04/11/23 18:35:14
>121
キニシナイ!!

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 20:35:05
マイケル書いてもいいですか?

124 :名無しさん:04/11/25 20:32:55
123>頑張ってください!待ってます

125 :B9@新生base:04/11/27 14:20:47
前スレ>>743続き。

悲劇は突然やってくる。絶望はじわじわ心身を蝕む。そんな話。

不機嫌な唸り声を上げながら寝返りを打ち、それでもなお退く気配のない重圧に
睡眠を妨げられると僅かな息苦しさを以って目が覚めた。
寝起きのせいで微睡む意識を覚醒へと持っていくため体を起こし、ぼんやりと
虚ろな視線を宙に漂わせるが辺りはまだ薄暗く、夜があけていないのは一目瞭然である。
しかし、時間の経過とともに進む目の暗順応に周りのものがおぼろげながら見えてくると
水口は自分が目を覚ます一因となった体にかかる違和感の正体に苦笑いを浮かべた。
それは腕。だらしなく放り出された腕だった。
恐らく横で寝ていて寝相の悪さゆえにここまで転がってきた大浦のものだと思われる。
(補足・結局あのあと水口は田中と和解し、廃墟の中で最も老朽化がマシな大きめの
部屋で中村を見張りにたて(交代制)ドアに近いほうから田中・中立・大浦・水口の順に
並んで寝ることになった)
遠慮の欠片もないその腕に「もう……しゃあないな」と呆れた様子で呟いて、
しかしその口調とは裏腹に殺し合いなんてピリピリとした非現実的な現状から考えると
随分微笑ましい『寝相が悪い』という後輩の無礼は悪い気はせず、むしろ少し心休まる
エピソードとして楽しむように彼はその腕を元の位置に戻してやろうと持ち上げ……凍りついた。
手の平から硬く冷たい感触が雪崩れ込み、ぶわっと鳥肌が全身を駆け抜ける。
その腕は思いがけない質量で持ち上がった。
そしてソレは水口がつかんでいる部分を軸として天秤のようにゆらゆらと
揺れると切断部分から固まりきっていない血が一筋「とろーん」と垂れて滴った。
そう、その腕は腕のみで存在し、そこから先……在るべき人間がついていなかった。

126 :B9@新生base:04/11/27 14:21:55


悲鳴は声になったのか?はたまた声にさえならなかったのか水口には判らない。
分かることと云えば掴んでいた手を慌てて離したことで支えられていた力を失い、
林檎が木から落ちるようにボトリと嫌な音をたてて落下したソレが肉体から
切り離された人間の腕であろうことだけだ。
落ち着け。落ち着け。落ち着け。そう自分に言い聞かせ、震える手で床を探り
バッグを探し当てると中から懐中電灯を取りだし光を点す。
そしてその瞬間、全てが決定的なものとなる。
ある程度……覚悟はしていた。腕だけが落ちているという事は必然的に腕が
欠けている身体がそこに転がってる可能性くらい想定出来る。
だけど現実はもっと無残で残酷で……。
「おお…う…ら?」
懐中電灯で照らされたライトの中……大量の血で小さな池をつくり、
その血溜まりに身を沈める彼に声をかける。無論、返事はない。
なぜなら死んでいるからだ。なぜならもう生きていないからだ。
決して懐中電灯の明かりのせいではない色を失った肌。
ナイフを突き立てられた背中。
深く切り裂かれたわき腹。
そこから垣間見ゆ光沢を放つ臓器の一部。
うつ伏せの状態で首を曲げ、瞳孔の開いた瞳で水口の方を恨めしそうに
眺めながら大浦登令は死んで……いた。

127 :B9@新生base:04/11/27 14:22:47
「あ……あ………」
ぐわんぐわんぐわんと反響する酷い頭痛。
何が起こっているのか解らない。展開についていけない。
奇妙な喉の渇き、口内は不快な粘り気を帯び……襲いくる吐き気、嘔吐感。
心臓はバクバクと音をたて、痺れにも似たピリピリとした感覚が頭から
胃にかけてストンと落ち、そのまま恐怖に搦め捕られそうになる。
「なんで……」
そう呟いたきり動けなくなって、ただ呆然とする他なくて、しかし突如彼は
「ハッ」と息を呑むと手にしていた懐中電灯を上げ、神経を張り巡らすように
体を強張らせ警戒心を強める。
大浦を殺した人間がまだ闇に身を潜めているかもしれない、そして今まさに
自分を狙っているかもしれない……そう思ったのだ。
しかし、そんな心配をよそに震える手のせいでユラユラと落ち着きなく揺れる
懐中電灯の灯りをグルリと一周させてみるが人がいる気配はない。
杞憂であったことにホッと息をつく。けれど所詮そんな安堵は水口を逃してはくれない。
それどころか更なる不安へと叩き込む。なぜなら、

人 が い る 気 配 が な い な ん て あ り え な い か ら だ。

だって、そこには田中とけもの道がいているはずで……。
そもそも考えてみれば何故これだけ声を張り上げたり懐中電灯の光を
ちらつかせているのに誰一人起きないし異変に気付かないのだろう?
普通なら「どうしたんですか、水口さん?」という言葉の一つや二つかかっても
いいんじゃないか?さぁっと血の気が引いていく感覚。嫌な予感。

128 :B9@新生base:04/11/27 14:23:52
……確かめるしかない。ガクガクと震える足で立ち上がり、大浦の死体を
なるべく見ないようにしながら器用に避け、よろよろと危なっかしい足取りで
一歩一歩扉のある方へと近づき中立と田中が寝ているはずのそこにライトを当てる。
しかし……「あれ?」
そこには誰もいない。
誰も、誰も、中立も、田中も。
ひょっとして殺された中立と田中がそこに転がっているかもしれないという事を
危惧していただけにとりあえず胸を撫で下ろすが何の解決にもならない。
消えた?なんで?どこに?
水口の脳裏に田中の『参加して欲しい』という言葉がよぎる。それはコレのことを
指していたのだろうか?しかし田中が人を殺せるような人間だとは思えない。
いや、逆にああいうタイプの方が危なかったりするのか?
そんなことを考えながら振り返ったところで水口はさっき気付かなかった
大きな痕跡に気付く。

大浦の死体。
その背中から天井に向かって一直線に伸びているナイフ。
血に濡れる銀色の刃と茶色い柄……水口はそのナイフに見覚えがあった。
彼は自分のカバンからナイフケースを取り出し、慌てて中身(自分のナイフ)を確認する。
一本足りない。当然。なぜならそれは今まさに大浦の背中に突き刺さっているそれに
他ならないからだ。額に浮いた冷や汗が頬を伝って一直線に下ると床へと落ちる。

「なんやねん…俺が…俺が殺ったみたいになってるやん……」

それは明らかに水口に対する挑戦であり挑発で、しかしそれでさえもまだ序章に
過ぎない……彼は見つけてしまう。見てしまう。

129 :B9@新生base:04/11/27 14:24:46
さっきまで死角になっていた大浦のもう一方の手の行方に絶句する。
もう一方の腕。それは在るべき部分にきちんと付いていた。
しかし、だらしなく伸びた手の先は人差し指だけが立てられ、そこには血で
文字が書かれている。
それが推理小説などで見るダイイングメッセージと呼ばれるソレであるという事は
容易に想像がついたが問題はそこに書かれている【 水 口 】の二文字。


「だからそんなん書いたら俺が殺したみたいになるやんけ!」


引き攣った顔で声を荒げると水口は懐中電灯を床に向かって叩きつけた。
その衝撃で懐中電灯から電池が飛びだし辺りは灯りを失い真っ暗になる。

「ち、違う……俺は殺してへん!俺は殺してへんぞ!バトロワや!
殺し合いや言うてんのに何で俺のせいにしようとすんねん……意味がわからへん。
えええ……ちょっと待って。バトロワちゃうやん。こんなん完全に嫌がらせやん」

髪の毛を掻き毟り、下唇を噛みしめる。
わからない事だらけで、もどかしさと焦燥感があぶくのように発生して莫大に募って
そんなあぶくに喉を塞がれ絶望の淵に立たされる。

130 :B9@新生base:04/11/27 14:25:33

もう嫌や。頭おかしいやん。なんで大浦が死んでるんかわからへん。
なんで俺のせいに見せかけて殺されてるんか、けもの道がどこに消えたんか、
田中が何企んでんのか……全然わからへん。
わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん
わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん
わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん
わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん、わからへん
わからへんわからへんわからへんわからへんわからへんわからへんわからへん

押し寄せる混乱の波。頭の奥でプツンと小さな音がして思考は一気に弾け飛んだ。



【大浦梶・大浦 死亡】

131 :B9:04/11/27 14:27:10
今日はここまで。
途中ですが少し長くなるので一旦ここで切らせてもらいます。
前回レスをくれた方々ありがd。
待ってると云ってくれてた方々ごめんなさい(´・ω・`)

132 :名無しさん:04/11/27 15:48:58
乙です!やっぱり面白いなぁ・・・

133 :名無しさん:04/11/27 20:21:42
B9さん乙です!
大浦死んじゃったよ・゚・(ノД`)・゚・


134 :名無しさん:04/11/27 21:50:32
久々ですね。
乙!

135 :名無しさん:04/11/28 16:29:40
B9さんものすごくよかったデス。。。

136 :名無しさん:04/11/28 17:31:50
キタイ花ん!!

137 :名無しさん:04/11/29 19:16:11
このスレ初期にちょこチョコ書いてたもんですが久々に見に来て驚いた。
自分が中途半端に書き捨ててしまった成子坂話が受け継がれているよ、感動した。

138 :名無しさん:04/12/01 18:51:10
佐久間一行の死に様、って詳細に書かれてますか?

139 :138:04/12/04 23:43:28
すみません、罠でしたね
失礼しました

140 :名無しさん:04/12/05 13:38:32
新作が投下されてたんですね!
関東に住んでるんでbase芸人はよく知らないのですが(すみません)それでもかなり面白いです
続き楽しみです、。頑張って下さい!

141 :名無しさん:04/12/05 16:57:47
ちょっとageます。
底はまずいです

142 :名無しさん:04/12/05 22:54:29
>>123
今ちょっと別芸人書いてるものなんですけど、
その話でマイケル殺しちゃったんですよ・・・
もし書かれたいのなら殺したの別の人にしますけど

143 :名無しさん:04/12/09 22:04:58
いいんじゃないですか?

144 :名無しさん:04/12/10 01:02:02
絵師さん方こっちもヨロー。

ttp://w2.oekakies.com/p/warabato/p.cgi

145 :名無しさん:04/12/12 23:54:17
どうですかね・・・

146 :名無しさん:04/12/13 02:07:25
age

147 :名無しさん:04/12/15 22:33:04
以前チョップリン書きたいとおっしゃってた方へ。
自分が書いてたんですが、なかなか書く予定もできていないので
そちらへお譲りします。
というか、頼みまry…m(_ _)m。
強制してるわけではございません。今更ですがどうぞよろしく。

148 :名無しさん:04/12/17 00:01:29
プラン9 ナダギブソン編をこっそり書いていたものです…。
一年半ほど続きが出ずじまいで申し訳ないかぎりです…
考えていた話と、base→うめだ劇場移籍が重なってしまい、
今後の展開として成立せず、自分の中で上手くまとめきることが出来ませんでした。

もし、続きを書きたい方がいらっしゃれば手放したいと思います。
いらっしゃらない場合は、上手くまとめられるようにして、続きを書き込みできたらと思います。

今登場している芸人さんで、話の本筋にはあまり関わってこないのですが、
灘儀氏ギブソン氏の回想シーンなどで出すことはOKなのでしょうか?
その点も考慮して続きを考えたいと思います…。


149 :名無しさん:04/12/17 04:58:50
ナダギブソン読みたい!

150 :名無しさん:04/12/17 22:47:12
このスレの111です。
ナダギブソン編はそういう事情があったのですね。

ぜひ続き読みたいです。

151 :名無しさん:04/12/19 16:16:07
18KIN大滝がどうなったか気になってます。
書き手見習いさんカムバック!

152 :名無しさん:04/12/21 03:25:07
マイナスターズのフリーCDげとしたら、何となくここを思いだしたのでカキコ。


153 :名無しさん:04/12/23 00:29:31
すごくいいと思います。

154 :名無しさん:04/12/23 21:11:53
保守

155 :名無しさん:04/12/28 18:24:00
「誰か、待ってるんですか。」
「そうや。」
「…相方さんですか。」
「そうや。…あいつは、天国来てもいいと思うんや。」
「僕も、そう思います。」

「気づいてくれんかな。」
「…」

「じゃあ僕、もう行きます。」
「うん。じゃあな。」

156 :名無しさん:04/12/29 01:49:08
155さん
誰と誰の会話って言うのありますか?

157 :名無しさん:04/12/30 19:48:10
すいません、波田陽区の部分コピペお願いしまs

158 :名無しさん:05/01/01 18:50:52
ハロバイ話書いてみようかな、と言ってみるテス(ry
他に書いてる方居たら譲ります。

159 :名無しさん:05/01/01 20:48:55
頑張ってください!

160 :名無しさん:05/01/03 17:39:40
書き手さんお待ちしてます。保守

161 :名無しさん:05/01/03 23:09:24
とりあえず保守
磁石あたりの続きが気になる

162 :名無しさん:05/01/05 00:35:50
拳銃持った誰かが刀持ったヤツに拳銃構えた両腕切り落とされ、さらに胸貫かれて崖から
転落死、てな話キボンヌ。個人的には殺されるのは北陽伊藤あたりがいいかと。最後に相方の
幻見ながら転落してく、とか(ぶっちゃけ元ネタは『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』の蛍火の
最期なんだけどね)。

163 :名無しさん:05/01/05 19:49:01
>>162
自分、似てるっちゃ似てる話を書かせてもらってますw
刀とか転落とか、肝心の所で違うんですけど

164 :名無しさん:05/01/05 21:57:03
イラスト掲示板が無くなっちゃったね。

165 :名無しさん:05/01/06 15:07:02
ミラー含めですが、そろそろ>>3を更新した方が良いかと。

■過去ログ・関連スレッド■
お笑いバトルロワイヤル
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1009/10099/1009967966.html
お笑いバトルロワイヤル vol.2
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011108578.html
お笑いバトルロワイアル vol.3
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10116/1011624868.html
お笑いバトルロワイアル vol.4
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/24/1016703885.html
お笑いバトルロワイアル vol.5
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/24/1020393595.html
お笑いバトルロワイアル vol.6
http://tv3.2ch.net/geinin/kako/1031/10318/1031834240.html
お笑いバトルロワイアル vol.7
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/23/1043249595.html
お笑いバトルロワイアル vol.8
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0501/06/1069244110.html

お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011122064.html
お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド2
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/24/1011833052.html
お笑いバトロワ感想・要望スレッド3
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/24/1018708636.html

166 :名無しさん:05/01/07 00:25:48
オエビ一時的に落ちてただけみたいだね。

167 :名無しさん:05/01/07 15:41:02
イラスト板ありましたっけ?

168 :名無しさん:05/01/07 17:51:21
なんとなく読んだけど意外と面白いな・・。
でも、どういう経緯でこいつこうなったんだ?なんで攻撃したんだ?
みたいなのもあった。だいぶ前で悪いが、フットの岩尾とかそんな感じだった。

169 :名無しさん:05/01/07 19:38:29
ここのことかと。
ttp://w2.oekakies.com/p/warabato/p.cgi

170 :名無しさん:05/01/10 14:49:31
169>
見れました!ありがとうございます!

171 :名無しさん:05/01/10 22:21:16
今更だけどこの板発見してpart@とAを読み終えた。
疲れたけど、面白かった!
特に元シェイクダウンの2人のラストに感動!
さて続きも読もうかな。

172 :名無しさん:05/01/11 17:34:47
>>158 是非ハロバイ読みたいです!お願いします!!

173 :名無しさん:05/01/14 14:53:04
ハロバイ、ポイズンを書かれている方、
頑張ってください。

174 :名無しさん:05/01/17 02:34:45
宇宙ネズミとか知られていないbase芸人を書きますよ。
マイナーなのが多いんですけど。

175 :おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y :05/01/17 03:03:24
大浦の死亡が判明した頃、宇宙ネズミの2人は仲間を探していた。
「おい、宮田!」花野が宮田を呼んだ。
「どうしたんや?何か食料でも見つかったんか。」宮田は呑気な事を言った。
「ちゃうわ!それより、人がおったんや。」花野は人が居そうな小屋を見つけた。
「お!仲間になりそうな奴なんか?他の奴らは死んだからな。」宮田は心が躍り始めた。
そこに平安京999の勝山が現れた。
「自分ら何しとんの?」勝山は宇宙ネズミの2人を見て不思議そうな目をしていた。
花野は説明した。
「だから、俺らは仲間を探して行動しとんねん。」仲間がいれば散策などにも役に立つと説明をした。
勝山は「へぇー、面白そうやな。もう出てきてもええよ。」と奥に隠れていた人間を呼び出した。
そこに現れたのは平安京999の黒田と多治見だった。
「よく聞いて見れば仲間を探していたのか。面白そうやん。」黒田は興味津々だった。
一方、多治見は「戦いになったら大丈夫や!俺にはこれがあんねん。」とショットガンを見せた。
宇宙ネズミの武器は「コンバットナイフ(宮田)」と「手榴弾(花野)」のみだった。
多治見を除いて黒田と勝山の武器は「ライフル(勝山)」と「斧(黒田)」これで武器は出揃った。
「これで何が出ても怖くはないぞ!」と全員誓ったのだ。

宇宙ネズミ(花野・宮田)&平安京999(勝山・黒田・多治見)合流

176 :名無しさん:05/01/17 19:32:35 ,
生き残れ 友の屍 乗り越えて

2ちゃんねる的サバイバー8
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/event/1105612016/
生き残りゲームです。参加者募集中。

177 :名無しさん:05/01/18 15:00:09


178 :名無しさん:05/01/20 23:02:32
白い建物だった。
塀も柵も階段も庭も玄関も絨毯も証明も壁も。

その部屋も、白。

奥のパソコン、デスクも白。前に座った男が着ている服も、白、イスも。

カタカタと、静かに機械音が鳴り響く。
共に、雑音、複数のくぐもった声。それらは水の中のような…。

部屋に置かれた、複数の画面に映し出されているもの。
ひとつは暗い。激しく上下した画面の横から、木々を掻き分ける手が映る。
またひとつは薄暗い。木造の床に横たわった男。
その横は、何も映っていない。
そしてひとつは、また横たわった男。おそらく同一人物だろう。だが、こちらの
部屋は全体が明るく、また今この部屋のように白い。服装も、木造床の方とは違う、
真っ白の服。


それらの画面の右上には、こう表示されている。
【生存中】    【意識収容所】    【死亡意識】   【現実収容所】

179 :名無しさん:05/01/21 02:08:48
>>174-175
一応、乙です。

ただ、その辺りの芸人を書くならば、
B9さんに一言断ってからの方が良かったのでは?
新生baseはずっとB9さんが書かれてるし、
もしかしたら平安京も宇宙ネズミも登場させる予定があったかもしれない。
あなたが書いたことで、B9さんの執筆に影響があったら困るんですよ。

いちファンのぼやきでした。失礼をば。



180 :名無しさん:05/01/21 23:38:18
>179
自分もそう思う。
B9さんの書くbase芸人ってリアルな感じでいつも楽しみにしてるから。
だって平安京なんて物凄く面白そうに書かはりそうな気がするし。

ま、こちらもいちファンのぼやきですが。

181 :名無しさん:05/01/22 00:00:39
B9さんが予約してたわけでもあるまいし、自分達がどうこう言えることじゃないだろ。
ただ>>175の文章力は微妙だが。

182 :名無しさん:05/01/22 02:23:22
また〜りいこうぜw

183 :B9:05/01/24 07:11:58
新生baseよしもとを書かせてもらっている者です。
今まで登場したメンバーと以前予約したコンビ(アジアン、とろ)はキープで、
あと追加としてフロントストーリーと田中上阪とスマイルを予約させてください。
それ以外のメンバーなら何ら支障はありません。
そして今さらですが友近さんは今後登場することはないと思うので手放します。

>>175
宇宙ねずみも平安京999も好きなコンビ・トリオなので続きを楽しみにしています。

184 :名無しさん:05/01/24 20:23:40
>>32=>>34
波田陽区マダー?

185 :名無しさん:05/01/25 07:09:00
>>1-184
アホ丸出し

186 :名無しさん:05/01/26 17:58:41
波田陽区あっさり死にすぎ
がっかりした・・・

187 :名無しさん:05/01/26 21:29:45
>>186
そこまでブレイクしてなかったから時期的に。
きっと今だったらもっと長く活躍したと思うよ。

188 :名無しさん:05/01/28 02:37:35
>32さんや他の陽区の話書いてくれる人
期待してますんで書いてください。お願いします。
人殺し大好きになる前の話とか読みたいです。

189 :名無しさん:05/01/29 22:52:14
age

190 :名無しさん:05/01/30 01:02:08
一つお尋ねしたいのですが、
波田陽区などデビュー時期がプログラム開始日より後の芸人については
「途中参加」という形になるのでしょうか?

191 :32=34:05/01/30 18:21:55
波田陽区(中島に仕留められる以前)編、今できてるのはプロローグというか冒頭だけですが投下してもよろしくて?

192 :名無しさん:05/01/30 19:08:43
>>191
良いのではないでしょうか
楽しみにしてますよ

193 :名無しさん:05/02/01 13:52:21
178って続くのかな?なんか面白そう。

194 :名無しさん:05/02/02 18:06:59
落ちそ age

195 :名無しさん:05/02/03 20:08:59
無名どころかもしれなくて
悪いのですが、ミサイルマンの
話キボンヌです。


196 :名無しさん:05/02/04 17:03:58
age

197 :名無しさん:05/02/05 05:24:04
保守

198 :名無しさん:05/02/07 01:14:49
保守

199 :名無しさん:05/02/08 00:48:41
age

200 :名無しさん:05/02/08 21:41:23
北陽・伊藤一行が気になると呟いてみる。

・・・はねトびメンバー唯一の生き残りだしね。

201 :名無しさん :05/02/08 22:49:23
もう誰が生き残っているのか死んでいるのか分からない。
全体的に話がスローペースで進んでいるからか。
ここらでまた参加芸人をまとめといたほうがいいのかな。

202 :201:05/02/08 22:55:56
て、ごめん。
まだ200レス程度だったね。いらないか。

203 :名無しさん:05/02/09 11:12:38
確かにかなりスローペースだけどな。まとめサイトの更新も少し気になるところ

204 :名無しさん:05/02/10 13:47:47
落ちるぞage

205 : ◆gvBXpGyuyc :05/02/11 11:19:14
>>200
今のところ超スローペースで執筆&推敲中です。
そして>>178さんの続きに期待です。他の書き手の皆さんもがんばってください。

206 :200:05/02/11 20:22:51
>>205
頑張って下さい。楽しみに待ってます。

207 :名無しさん:05/02/11 21:26:37
南海キャンディーズはどの辺に出てますか?
かつさゆ、宮川大助花子見たいな二人を見たかった・・・

208 :名無しさん:05/02/12 00:27:01
>>207
この話は、一応初代スレの出来た2001年(2000年?)の1月っていう設定だったはずで、
まとめサイトによると、結成前だった南海キャンディーズの2人は当時組んでたコンビで(つまり別々に)出ちゃってます。

209 :名無しさん:05/02/15 00:31:57
新規です。
ペナルティってまだ出てませんよね?
ペナルティ編書いていいですか?
書きたい人がいたら、お譲りします。

210 :名無しさん:05/02/15 01:36:39
関係ない意見ですみませんが…
絶対無理な話しだと思うが電車男みたくこのスレまとめて本で読んでみたい。
色々な意味で痛快な気がす。
本以上に無理だろうが実写化して本人達出演なら尚更…見てみたい。

CUBEの芸人バージョンもおもろそ

長々と駄文失礼しました
今後に期待してまふ

211 :名無しさん:05/02/15 02:28:33
青木さやか慨出っすか?
青木の発狂ぶりだとかコージの幻みたりだとか
本編バトロワの稲田っぷりの暴走してほしい
妄想プライド高い人なだけに
んで自爆してほしい

212 :名無しさん:05/02/15 09:00:37
>>209
まだ出てきてないから書いていいんじゃない?

213 :名無しさん:05/02/15 16:27:10
>>211
このスレではすでにお亡くなりです。
結構初期で。

214 :名無しさん:05/02/15 22:06:05
>>210の本や実写化が無理でもAA化とかできない?

215 :名無しさん:05/02/15 22:47:47
>>210 いいな〜、本や実写化。

216 :名無しさん:05/02/16 00:12:54
>>213
あらら残念
でもなんかほっとした自分…なぜ
まだPCから見てないから前の読んでないんだよな
失礼な質問すみませんでした

芸人さんたちで不快に思わない人達は実写やってほしいかも
昔やってためちゃイケのMBRもBRをパロってるだけなのにドキドキしてしまた

217 :名無しさん:05/02/16 00:16:04
B級でなら映画制作も芸人も可能かも。
パチンコみたいになっちゃうかもだが

218 :名無しさん :05/02/16 00:52:48
まあ、なんにせよこれが完結しなくちゃね。
なんとなく結末が見えてきてるんだけど、あと一息って感じかな。
たけし、DT、陣内あたりが鍵になってくると思うんだけど、
やっぱり重要なところだと、書き手さんも気軽く手をつけられないのかな。

219 :名無しさん:05/02/16 16:05:33
結構適当な殺され方してる人もいるから
その人たちの詳しい話とか付け足して本にすれば
相当いい作品になると思う。

220 :178だったりする:05/02/16 22:46:35
一応続き考えてますが、ちょっと今忙しくなってるので相当遅くなるかも。
でも待っててくれる人は待っててください。

221 :名無しさん:05/02/16 23:39:46
ペナルティ編書いてみたいと思います。
でも、かなり遅くなるかも…。
あっ、あとホリさんってまだ出てませんよね?
出てなかったら、ホリさんも登場させたいと思います。
あと、私文章力に自信がないので、読みたい人だけ読んでください。

222 :名無しさん:05/02/17 00:14:05
ホリはもう出てますよ(ハマカーン神田に頃された)

223 :名無しさん:05/02/17 03:12:25
>>214
AAにしたら色々な意味ですごいぞWw
>>219の言う通りあっさり殺されてしまた芸人さんの詳細をどなたか書き加えるのはどうでしょう?
これもどなたかの許可いるのかな。
本場BRみたいに殺される側の視点で書かれてても良い気がする。
(あっさり殺されてしまった方の場合ですが)


224 :名無しさんよ:05/02/17 11:28:16
ジパング上陸作戦・とっしー・パンクブーブーは
出ましたか??出てなかったら書きたいです。

225 :名無しさん:05/02/17 14:25:01
えーっと、ソラシド(本坊)の話は
どこにあるんでしょうか?
まとめサイトでちょっと探したんですが見つからなくて…

226 :名無しさん:05/02/17 18:33:40
>>224
>>28

>>225
>>165

227 :名無しさん:05/02/17 19:26:14
>>225
まとめサイトvol.8の新生base2

228 :名無しさん :05/02/17 20:28:35
せめて現行スレぐらいは読んでから質問しようよ。

229 :B9@新生base:05/02/17 21:28:30
>>130の続き。

Q.目を覚ますと後輩の死体がありました。
  どうしますか?
A.わかりません。わかりたくもありません。


生温かく停滞する空気と血の匂い。
静まり返った小さな空間で、水口はポツンと佇んでいた。
大浦の死体。それに伴ういくつかの事象は彼を、混乱・困惑・恐怖・呆気・
疑問の坩堝に叩き込むに充分だった。
湧き上がる「理解できない苛立ち」とその末に聞こえた『プツン』という音。
それは確かに何かが切れる音だったと思うし、あそこで何かが壊れていても
おかしくなかったと思う。
しかし、幸いにしてその『プツン』という音は何かが切れると同時に防衛本能が
働く音でもあったようで、それを証明するようにさっきまであれほど乱れ、
錯乱していた意識や感情が今は不気味なほどひんやりと奇妙な落ち着きを見せている。
それどこか今や訳が解らない苛立ちは限界点を越えただの疲れへと成り下がり、
眼下に広がる凄惨な場景も一種の「慣れ」や「麻痺」によって次第に現実味を失いつつあった。

大浦が死んだ。田中とけもの道が消えた。
そして大浦は水口が殺したかのように仕立てられている。
どうしてこんな事が起こるのか、何故自分がその渦中にいるのか、
わからないし理解も出来ない。でも……

「わかる必要あるか?」

疲れきった様子でボソッとそう呟いた瞬間、水口は自分の中で急激に現状に
対する関心が薄れてゆくのを感じる。
正しくない答えが導かれる予感。しかし、偽善を振りかざして抗うほどの気力も
残っておらず『もうええんちゃう、それで』と彼の中で妥協と諦念が勝ると、

230 :B9@新生base:05/02/17 21:29:30
『だいたい全部理解するんなんて絶対無理やし、言うたら巻き込まれただけやん。
一泊したら出て行くつもりやったんやし、大浦は可哀相やけど今さらどうこう言うても
しゃあないし、大浦を殺したのが俺じゃないことは自分が一番解ってる。
それやったらもう早くここ出て、本来の目的の相方探しした方がええやろ?』

……という思考がするすると流れて集約されてゆく。
そんな、どこか後ろめたさは残るものの一応体裁の整った答えが用意できると
「えずき」は止まり、僅かに残っていた足の震えもすっかり治まった。
虚勢だって繕えば一応それなりのものには見えるものだ。
噎せかえるほど酷く生臭い血のにおいが漂うなか酸素を求めるように
荒い深呼吸を繰り返し、埃と土で汚れた服をぽんぽんと払う。
そして、何事もなかったかのように振舞うと出口へと向かった。


しかしその力は継続しない。
扉に手をかけた瞬間、『逃げるのは簡単や。でも、ホンマにこのまま無関係装って、
大浦の事とか、田中の事とか、けもの道の事とか曖昧にしてええんか?』という疑問が
ふっと湧いて、最初インクを一滴こぼした程度の小さなものだったそれは見る見るうちに
肥大すると、あっという間に抱えきれない大きさにまで膨れ上がる。
余裕のなさが生みだした応急処置的な考えや方法で現状を受け流そうとしても、
人一人……後輩一人の死はそう簡単に拭いきれるものではない。
誤算。そして、最悪なことにこういう事は一つ綻びができると、そこからどんどんどんどん
解れて、縺れて、こんがらがる。そうなるともう一歩も動けない。
『ああ……そういえば、あの時もそうやったな』
迷いが蔦となって絡みつき、脱出を躊躇う自分の足を見下ろしながら水口は
ぼんやりと思い出す。――麒麟が死んだという放送を聞いたあの日のことを。

231 :B9@新生base:05/02/17 21:30:27

麒麟とは同期だった。
田村とは楽屋で喋ったりたまに格闘の技をかけあったりという程度だったとは云え、
川島とは本坊ほどではないにしろ昔一緒にバイトをしたことだってあったし飲みに
行ったりもしていたし交流もあった方だ。
だから放送という形でその死を知ったときは腹立たしくて、『くそっ、誰が殺してん!』と
心の中で怒りの呪詛を山ほど吐いて、『俺は何もできんかった』と悔いにも似た感情で
いっぱいになった。でもそれが100%の悲しみだったかと言えばそうじゃない。
8割は確かに田村と川島の死が心から純粋に悲しかった。
だけど残りの2割は「麒麟 田村」「麒麟 川島」が持つ「意味」が損なわれる事に対する失望だった。
それに気付くのが怖くて、そんなものを彼のプライドが許せるはずがなくて、紛らわすように、
かき消すように能動的に怒り、そして悔いた。
けれど何かを誤魔化すための感情と行き場をなくした場違いなプライドほどスカスカなものはなく、
目的が摩り替わって倒錯的になって仕舞いに何故自分が怒っているのか解らなくなって、
混乱して、結局考えることを止めてしまった。≪考えること≫を止めてしまった。

232 :B9@新生base:05/02/17 21:33:01

『死にたくないんすよ!』『臆病のなにが悪いんですか? なにがいけないんですか!?』
『えっ、わかってます? 死ぬんですよ!』『僕らの日常ってそんな幻想じみたもんでした? ねぇ?』
『死ぬんすよ! 何も残せないまま……殺されて死ぬんすよ!』

可哀想な大浦。死を恐れ、死を厭い、そんな悲痛な叫びも届かず殺された大浦。

『水口さんにこの怖さが分かるんですか!』

今、この質問をされてあの時と同じ返答が出来るのだろうか?
考えても考えても答えどころか言葉も出てこない。
鬱々とした感情が沸々とわきあがり、後ろ髪引かれる思いで振り返る。
闇に飲みまれた大浦の輪郭はハッキリ捉えることは難しく、血の広がりだけが
キラキラと僅かな月明かりを反射して皮肉にも憐れみを誘って美しく映る。
水口は大浦に引き止められて此処に泊まろうと決めた事を思い出した。
しかし、今さらそれを思い出したところで余計に気を滅入らせる以外の効果は得られない。
「もう死んだろかな……」
突拍子もなくそんな思いがふっと湧いて口に出してみる。
ヤケクソとも云える感情ではあったが大浦の死体を前に此岸と彼岸の境界さえ
曖昧になりつつある今なら自ら命を絶つことだってそんなに難しいことじゃないように思う。
あれだけ拒絶したって結局のところあっさり殺されるなら、いっそ自分も一思いに
楽になったっていいような気がした。
嫌でも耳に入ってくる知ってる人間の死、見渡す限り死体死体死体死体死体死体、
そんなのにももうウンザリしていたし、自分のナイフが使われていたことや
隣で殺されていたのに暢気に寝ていて気付かなかったことなど、大浦の死に対しては
罪悪感や責任めいたものも少なからず感じている。

水口は上着の中に手をいれると革のホルスターを指でなぞり、柄を握るとそっと引き抜いた。
懐から現れる確かな鋭さを持った銀色の刃。
ぼんやりとそれを眺めながら矛先を自分のほうへと向け、それを首元に添えたところで
タイミングを計ったかのように――カチャ、と扉が開いた。

233 :B9@新生base:05/02/17 21:35:02

「あらら? あの……えっと、自殺しはるんですか?」

扉を開けて入ってきた男は素っ頓狂な声を上げると、大袈裟に驚いたリアクションをとった。
しかしそんなキャラクターでもないので、その動きは下手な三文芝居のようになってしまい
本人もそれに気付いたのか、甲斐性のない情けない顔をする。
それは残念なほど格好のつかない登場だったが、それを補うかのように水口が
「田中!?」と驚きの声を上げたので、扉の前に立つ男……マラドーナ田中は満足そうに
唇を歪めてニヤッと微笑った。
「困りましたねぇ。あまりに遅いんでお迎えに上がったんですけど、まさか自尽の途中だとは
思いませんでした。フフッ。でも、自殺は止めて下さい。命を粗末にしたら怒られちゃいますよ」
「…………………」
「それに、自殺なんかしなくても貴方はもうすぐ死にます。
馬鹿とクズ、おんぶ。そういう運命に遭遇して死にます。だから、もう少し待ってください。
どうやら楽しくなるのはこれからのようですし」
「意味がわからへん」
「わからなくていいです。どうせ死ぬんですから」
田中はまるでそれが当然であるかのように、必然であるかのように、宿命であるかのように、
一切の戸惑いも淀みもなく水口が死ぬことを断言した。
云っている事はえげつないが、物腰は柔らかいので不思議と恐怖は感じない。
しかし、その穏やかさこそが田中の不気味さを際立てているのもまた事実である。

234 :B9@新生base:05/02/17 21:37:14

「それより自殺は思いとどまってもらえました?」
「…………………」
「じゃあ、僕は水口さんの命の恩人ですね」
バツが悪そうにナイフを下ろした水口を見て田中はフフッと笑った。
本当に嬉しそうに、笑った。
そして、ふっと視線をおとし大浦の死体を一瞥すると困ったような顔で口を開く。
「それにしても嫌になりますよね。状況が狂ってるから認識も狂うんだと云われてしまえば
その通りなのかもしれませんけど、この島に連れて来られて死んだ人たちの「死にざま」は
どこか変で可笑しくて滑稽にしか見えないんですもん。
人が死にすぎているのにそれが何一つ実を結んでる気がしません。
人が命を落としているのに、何も救われない。それは尊い犠牲ですらないんです。
それに憤りを感じるのは、あるいは、一人一人の死に何か意味を見出したいなんて
幻想でしかないんでしょうか。悲しい話です」
「大浦を……大浦を殺しといてよくそんな事が……」
「大浦を殺したのはアナタです、水口さん」
「…………っ!」
絶句。水口の脳裏に浮かぶ、瞳孔の開いた大浦の恨めしそうな眼。ナイフ。
ダイイングメッセージ。
驚くほど冷たい田中の眼が静かに水口を見据えている。
「ち、ちがう! 俺は……俺は……」
「違いません。大 浦 を 殺 し た の は ア ナ タ で す 。
でも、同時に僕が殺したとも云えますけどね。憎むのなら憎めばいいんです。
もう、そんな事はどうでもいいんです」
田中は本当にどうでもよさそうにそう云った。
水口は前髪をくしゃっと握ると下唇を噛みしめて俯く。
返す言葉が見つからない。完全に田中のペースに飲まれている。

235 :B9@新生base:05/02/17 21:39:06
「そんな顔しないでください、水口さん。僕は貴方よりソレがよく解ります。
逃げたくて逃げたくて逃げたい気持ち。逃げてきて逃げてきて、此処に来て
逃れられない気持ち。逃げ癖のしみついた腐敗していく自分を眺めながら、
どこで間違えたんだろうと頭を抱えて塞ぎたくなる気持ち。辛いですよね」
「ちがう! 一緒に……」
一緒にするな、違う、違う、そんなんとは違う、これは、この感情は!
しかし、水口の言葉を遮るかのように、田中は眉を八の字にさせてやんわりと、
どこか情けない笑顔を作ると「早く本坊さん見つかるといいですね」と云った。
水口はかき乱された感情をすかされ、一瞬呆気にとられ、それでも「ありがとう」と
答えると、その返答がひどく的外れだったことに気付き、気まずそうに視線をそらした。

236 :B9@新生base:05/02/17 21:41:08

「さようなら、永遠に」

それが最後の言葉だった。
田中はそれだけ云い残すとひらりと身を翻して、扉を抜けて闇へと消えた。
「待って! お前にまだ聞きたいことが!」
水口はすぐさま後を追う。廊下は月明かりが届かないせいか部屋より闇が色濃く
広がっていて今さらながらに懐中電灯を叩きつけてしまった事を後悔する。
しかし取りに戻る気はさらさら起こらないので、暗闇をかきわけながら田中の
消えた方向にむかって突き進んだ――と、その時、突然背後で影が動いて傾斜する。
それと同時に「ブゥン」と蜂の羽音に似た音がし、続いて響く「ガコン」という鈍い音。
「えっ?」
水口は前のめりに倒れると膝をついた。
後頭部が……痛い。痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い。
頭を襲う金属的な痛み。しかし、抵抗どころか理解する間もなくもう一発、今度は
横から強い衝撃を受けると水口の体は跳ね飛ばされ、その場に倒れこんだ。
かすれる視界。薄れゆく意識。『ここで気失うのはやばい』と思うが脳に強烈なのを
2発もくらい体が言う事を聞かない。
遠ざかる意識の中、楽しげに笑う声を聞く。
褐色の髪にそって赤い血がつぅーと流れ、床を汚し、世界が白く薄い膜に覆われると、
劇的な速度で音が遠退いていった。

……あれ? いや、ちゃうがな……。

237 :B9:05/02/17 21:42:32
今日はここまでです。前回、感想レスをくれた方々有難うございました。

238 :名無しさん:05/02/17 23:05:17
B9さん乙です!!
B9さんの文があがってたので
あわててパソコンに張り付いちゃいました(^皿^;)
base大好きなんで毎回楽しく
読ませていただいてます。
この先も頑張ってくださいね♪

239 :名無しさん:05/02/18 00:46:38
>237
わ、久々に新作が来てる!
B9さんお疲れ様です!楽しみにしてたのですごく嬉しいです。
続き頑張って下さい!

それにしても文章がお上手で羨ましい・・・

240 :名無しさん :05/02/19 01:04:04
前スレ見れないので、誰か覚えてたら教えてほしいんだが、
ハリガネと陣内の新しい書き手さんって居たっけ?
それぞれ最後の書き手さんが手放してから、
誰か名乗り出てたような出てないような・・・。

241 :名無しさん:05/02/19 23:12:31
久々新作乙です!
最近過疎化が進んでいる中とてもうれしいですv
話も楽しみにしていたものですし!
頑張ってくださいね!

242 :名無しさん:05/02/20 02:43:05
>>240
前スレでななせさんが陣内さんを書いてますが、ハリガネは書き手さんは現れていません。

243 :名無しさん:05/02/20 20:55:37
209>良いと思いますよ



244 :名無しさん:05/02/20 22:15:22
222>はぉうっ!ホリさんってもう出てたんですか?
失礼なのは重々承知しておりますが、
誰か、まだ出てないピン芸人って知りませんか?
できることなら教えて頂ければ幸いでございます。

245 :名無しさん:05/02/21 14:23:56
浜田、書いてみようかな。
放置プレイされてるようだし、誰かの許可が要るのかな?

246 :名無しさん:05/02/21 15:20:46
正直、早くごくせん終わってほしい。

247 :名無しさん:05/02/21 19:31:51
>>244
今年のR−1決勝陣でいったら、
ほっしゃん。・井上マー・長州小力・あべこうじが出てなかったような。

248 :名無しさん:05/02/21 19:51:14
あべちゃん見たい!

249 :名無しさん:05/02/21 22:06:26
井上マー=稲田瑞穂的存在
になってほすぃ。
俺は尾崎豊!!このシステムなんかくそくらえ!!とか言いながら狂い盗んだバイクで走り出し自爆

250 :名無しさん:05/02/22 00:12:48
247>さん
ありがとうございます!
あべこうじさんで書いてみたいと思います。

251 :名無しさん:05/02/22 00:56:36
このゲームが開始されてどの位経過しただろう。
ワッキー(ペナルティ)は森でひとり佇んでいた。
「みんな死んでったなぁ〜。オレも死ぬのかなぁ」
ワッキーはポツリとつぶやいた。

「自殺、か。」

今までに何回この言葉が頭をかすめただろう。
もう確かな数なんて覚えていない。
ただ、ワッキーには自殺したくてもできない理由があった。
それは、
「ヒデさん…無事…ですよね?殺されてませんよね?」
そう、相方のヒデだった。
高校時代からずっと世話になって、どんな時でも隣にいてくれた大切な相方。
ワッキーは死ぬ前にもう一度ヒデに会いたかった。
だから、ここ数日ろくに睡眠も取らずヒデの捜索にすべてを費やした。
しかし、見つからなかった。
どこを探しても見つからなかった。
こんなにも必死になって探しているのに見つからないことでの
焦りや苛立ちはすべて自分自身に不安となって返ってきた。
しかし、ワッキーは諦めなかった。どうしても諦めることができなかった。
ワッキーは微かな希望に全てをかけていた。
「もう一回探してみるか。」
ワッキーは立ち上がり歩き出そうとしたその時
「あれれぇ〜?もしかしてワッキーさんじゃないですかぁ〜?」
能天気な声が後ろから聞こえてきた振り返ると・・・

あべこうじが大きく手を振っていた。

252 :名無しさん:05/02/22 01:30:46
切れてますけどペナルティ書かれるんですよね?
なら、頑張って下さい。
でもageないようお願いしますね。

253 :名無しさん:05/02/22 09:26:43
>>226
パンクブーブーは既出ですね;すみません。
とっしーかジパング上陸作戦書かせていただきます。


254 :名無しさん:05/02/22 20:46:23
新作乙です!
ペナルティ来ましたねーvあべこうじがどう出るのか・・・
続き楽しみにしてます!頑張ってください!

255 :名無しさん:05/02/24 00:22:37
>251続き
「やっぱりワッキーさんだ!まだ死んでなかったんですね!」
満面のウザイ笑みを浮かべながらあべこうじは駆け寄ってきた。
あべこうじは武器らしいものは持っていない。
それにこの笑顔なのだから殺すつもりは無いのだろう。警戒する必要は無いか。
ワッキーはそう思った。
「まだ生き残ってるなんて、ワッキーさんってすごく運がいいんですね!」
あべこうじは妙にハイテンションで言った。
「いや、そうかな?」
「そうですよぉ〜」
この言葉とともに、ワッキーの腹に拳が殴りつけられた。
「ウッ、」
ワッキーはうめき声を上げた。不意打ちだった。完全に不意打ちだった。
ワッキーは崩れるようにその場に倒れこんだ。しかし、それが仇となった。
今度はワッキーの腹と顔面にあべこうじの蹴りが入った。
「さっきね、僕のダイナマイト、全部使い果たしちゃったんですよぉ〜。いや〜、ワッキーさんは本当に運がいい。」
笑顔のままあべこうじは蹴り続けた。


256 :名無しさん:05/02/24 00:34:03
「ち…くしょっ!」
いつもだったらこんな奴、秒殺で倒せるのに。ワッキーは蹴られながら思った。
しかし、今まで体に蓄積していた疲労や睡眠不足、
そして痛みや恐怖でワッキーの体は思うように動いてくれなかった。
「あれれ〜?ワッキーさんってこんなに張り合いの無い人でしたっけ?」
能天気な口調であべこうじは言った。
「じゃあ、もうちょっと頑張ってもらう為に、1ついい事を教えてあげますよ。」
突然、蹴りがやんだ。ワッキーは立ち上がろうと体を起こした。
「僕、さっきヒデさん殺しましたよ。」
ワッキーの背筋が凍った。

257 :名無しさん:05/02/24 01:07:56
「えっ?…」
「さっき、ヒデさんが寝てる所をダイナマイトでどっか〜ん。でも、あの殺し方はつまんなかったな。」

ヒデさんが…死んだ?

嘘だ。ヒデさんが死ぬなんて、

嘘だ。嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ、

「嘘だぁっ!」
ワッキーはあべこうじに殴りかかった。しかし、それはあっさりと回避されてしまった。
「嘘じゃないっすよ。ダイナマイトでこっぱみじん。死体も残ってませんよ。」
「黙れ!黙れ!黙れ!」
ワッキーは何度も殴りかかった。しかし、その度に攻撃はかわされ続けた。
「そんなに信じられないなら、自分で見にいったらいいじゃないですか。ここを南に行った所にありますから。」
「うるさい!」
ワッキーはもう一度大きく殴りかかった。しかし、足を引っ掛けられ、ワッキーは転倒してしまった。
「攻撃が単純すぎるんですよ、ワッキーさん。もういいですよ。十分楽しめましたから。」
そう言うとあべこうじは落ちていた大きめの石を持った。その顔からは、既に笑顔が消えていた。
「あの世でヒデさんによろしく言っといてくださいね。」
あべこうじは大きく石を振り上げた。
(あぁ、俺死ぬな。)
そう思い、ワッキーは静かに目を閉じた。

258 :名無しさん:05/02/24 01:18:23
ごぉぉぉぉぉぉぉん。

…ドサッ

鈍い音が森に響いた。
(あれ?俺生きてる?ってか今の音、何?)
ワッキーは目を開けた。
すると、目の前にいたはずのあべこうじがいない。
横を見ると、男が木刀であべこうじを殴りつけていた。
「おめぇ!俺の相方に何してんだよぉっ!」
男が叫んだ。

ん?相方?

っていうかこの声どっかで…

えっ、もしかして…

「ヒデさん!?」
ワッキーは力いっぱい叫んだ。
男が振り返るとそこにはヒデが笑顔で立っていた。

259 :名無しさん:05/02/24 01:20:56
今日はここまででごさいます。
次はいつになるかは分かりません。
最後までどうかお付き合いくださいませ。
おやすみなさい。

260 :名無しさん:05/02/24 07:39:41
>259
今度からはメール欄に「sage」と入れて、
もし続くなら偽物が現れないようにトリップをつけたほうがいいよ。
名前の後に半角で「#」を入れて、その後に好きな文字を入れると
自動変換でトリップになるから。

261 :B9@町田・本坊ペア:05/02/25 17:20:08
>>236

ゴローンと床に寝っ転がり瞼を閉じて「すー…すー…」と一定のリズムで呼吸を
繰り返す本坊を一瞥し『皮肉なもんやで』と思うと、町田星児はすっと立ち上がった。
煙草を探してポケットをまさぐるが自分がそんなものを持っていないことを思い出すと
露骨な溜息をつきながら座りなおし、苛立たしげに膝を揺する。
けれど所詮イライラしたところで煙草が手に入るわけでもない。
アッサリ諦めると、元々猫背な背中を丸めた。ウトウトと襲いくる眠気。
重い瞼に耐え切れなくなって眼を瞑る。ゆるりと心地よい眠りにつけそうな予感。僅かな期待。
しかし、そこに待ちうけていたのは穏やかな夢などではなく――ただ後味の悪い、…………。


◆◆◆

耐え難い死臭を放ち無残に放り出された身体。
奇妙な方向にこれでもかと云うほどねじれ曲がった腕。
潰れた頭から脳漿を垂れ流し、パンパンに腫れ上がった顔は紫色に変色していて
歪にゆがんで原型を留めいない。それでもなお浮かび上がる死斑。
薄くひらいた口からは、だらしなく気色の悪い舌が垂れ下がって、血とヨダレと
嘔吐物の混ざった液体が糸を引いていた。

目をそむけたくなるほど判然な死。顔をしかめたくなるほど完全な死。
それを前に「これも違う」と残念そうな声を出し、「野菜とかさ、『私が作りました』っていう
写真が貼ってあったら萎えへん?スーパーに並ぶ無個性な野菜にそんなんいらんねんって
思ってまう。なんか判らへんけど、今そんな心境やわ」と云って振り返った本坊は
どこかうんざりとした陰鬱な表情を浮かべていた。

262 :B9@新生base:05/02/25 17:22:05
――そんな顔をするくらいなら死体の観察なんて止めればいい。
そう町田は思うし、実際そう提言したが本坊は「うん、でもあかんねん」と云って
その意見をさらりと流すと、また数メートル先に転がる死体を見つけて走っていく。
もう何度も繰り返されたやり取り。
数日前まで死体を見るだけで怖がっていたのが嘘のような変貌ぶりである。
町田は最初「本坊は麒麟の死体を捜してるんじゃないか?」と思った。
それならまだ理解できるような気がした。でも、どうやらそうじゃないらしい。
随分前の話になるので、覚えてもらえているかどうか定かではないが、
『死体を怖がる本坊がある死体を前に急に静かになって、自ら近づいてゆき
食い入るように見だして、挙句の果てにその死体に向かって手を伸ばし町田が
慌てて止めた』というあの話。
どうやら本坊の中であの出来事がずっと胸に引っかかっていたらしく、ある日突然
「ごめん、引き返すことになんのは解ってんねんけど、もう一回あそこに戻ってくれへん?」と
云い出した。もちろん町田は「なんでやねん? 嫌やわ。なんで死体見るために
戻らなあかんねん」と拒んだが「お願い!」としつこく頼まれ渋々了解するはめになった。
しかし、戻ってみるとすでにそこに死体はなく、ただ赤黒い血の跡だけが生々しく地面に
残っていた。あの迷彩服の男たちに処理されたのだろう。
町田は本坊の我儘を呑んで行った行為が徒労に終ったことに少し苛立ちを覚えたが、
当の本人は「どこ行ったんやろう?」と、まるで死体が歩いてどこかに消えてしまったかのような
表現をして、呆けた顔でぼーっと空を見上げていた。
町田にとっては(本坊と一緒に行動している身としては)取るに足らない、ちょっとしたエピソード。
けれど、その出来事をきっかけに本坊の死体観察癖は始まった。
顔も名前も分からない一つの死体の消失が本坊の何を変えたかなんて町田は知るよしもない。

263 :B9@新生base:05/02/25 17:24:04

またその一方で、水口探しの方もどん詰まり。
当たり前といえば当たり前で、島とは云えそれなりの広さ。
なんの手がかりもなく見つかるはずもなく、それにしても酷い有様で、
「あいつネコ好きやんか。もしかしたらネコ置いてたら寄ってくるかもしれへん」
「どんな能力持っとんねん! いや、あいつやったらホンマに寄ってきそうやけど。
だいたい猫なんかどこにおんねん?」「どこやろう?」
なんて会話が成り立ってしまう程、その捜索活動に前進はなかった。

町田は物事がうまくいかないのは嫌いだ。
また極度のマイペースでもあるのでそのペースを乱されるのも好まない。
しかし、どうも本坊といると調子が狂う。
地軸が僅かに傾いているような、あるいは、愛すべき常識が何の価値も持たないような、
そんな錯覚さえ起こる。(おまけに町田も実はわりとボケたがりなのに相手が本坊では
それも叶わない。←どうでもいい話)
それでも、彼が本坊に付き合っているのは、テンションが上がりすぎてコンパスを
壊してしまうという信じられない失敗をやってのけ、エリアどころか西も東も南も北も
自分が今どこにいるのかも判らない本坊が一人で生きながらえるほど此処は甘い場所ではないし、
そんな場所に本坊を一人置き去りにできるほど彼も非情な人間ではないからだ。
まぁ、云ってしまえば最初から変に噛み合わない奇妙な関係だけに疲れるだけで仲違いもくそもない。
奇行愚行にはハラハラさせられっぱなしだが、本坊に付き合ってやってもいいと思う程度には
町田も寛大だった。


264 :B9@新生base:05/02/25 17:25:45
◆◆◆

「何やろう、あれ?」という本坊の間延びした声が聞こえたのは多分、町田が『あー、腹減ったー。
ポテトチップス食いたい』とか呑気にそんなことを考えていた時のことだったと思う。
「なんやねん?」と億劫そうに顔を上げ、本坊の指差す方向に目をむけた町田は凍りついた。
……と、言っても特筆そこに何かがあったわけではない。
むしろ、そこは殺戮が行われてるなんて嘘のような長閑な風景が広がっていたし、
本坊の指差す先にもただクリーム色のありふれた建物がポツンと建っているだけだった。
それでも町田は『ぞわり』と気味の悪い感覚に襲われると全身がざわざわと総毛立って動けなくなる。
「どうしたん?」という本坊の心配する声が嫌に遠くに聞こえた。
酷く落ち着かない。嫌な予感。まるで、何かが始まり、何かが終る――そんな……。

「町田!」

ハッと我に返った。視線を上げると本坊が困惑と怪訝と恐怖を綯い交ぜにしたような顔をしている。
そして次の瞬間、一気に混乱が打ち勝ったのか本坊は顔を歪ませると「何?何?嫌や!何?
お化け?あかん!わー、あかーん。何?もー、何よぉ!」と情けない声を張り上げた。
どうやらいつも平然としている町田の心の揺れとそれに伴う動揺が彼を怖がらせてしまったらしい。
それにしたって、殺人者がうろうろしていてもおかしくない場所で、お化けの心配よりもっと
心配すべきことがあるだろうと思うが、それはさて置き、人間どうやら自分より動揺している人を見ると逆に
冷静になれるものらしく、町田は淡々とした口調で「うるさい。なんでもないから、とりあえず落ち着け」と
云うと、本坊の背中を軽く蹴り飛ばした。本坊は眼を白黒させながらもとりあえず押し黙る。

265 :B9@新生base:05/02/25 17:28:16

「ビックリするわ。どしたんな?」
「ちょっとボーッとしてただけやのに、それをお前が大袈裟に驚くから大層な事になんねん」
「ほんまか。じゃあ、あれ見に行こうや」

何事もないと判ったらもうどうでもいいのか、早い見切りで打って変わってケロリとした表情の
本坊はふたたびクリーム色の建物を指差した。
一見、図書館か市民会館と見まがう風貌だがそれらに比べるといくぶん「浮いた」印象を持つ奇妙な建築物。
他の建物や民家と比べてもその差異は一目瞭然であろう。本坊の気を引いたのも納得がいく。
近づいて見てみると入り口の横にガラス張りの掲示板があり、そこには【劇団ミツバチ公演 
ライ麦畑でつかまえて】と書かれたお世辞にもセンスが良いとは云えないデザインのポスターと
落研主催の寄席のチラシが並んで貼ってあった。
「なんと、まぁ! 劇場やんか!」
本坊は嬉々とした声を上げると、好奇心いっぱいの目でポスターを眺めてから警戒心なんて
微塵もない様子でその建物の中に入っていってしまった。
町田は本坊の後姿にむかって大きな溜息をつき、口をへの字に曲げると諦めたかのように
ノソノソとその後を追った。

266 :B9:05/02/25 17:37:05
今日はここまで。
前回レスをくれた方ありがd。励みになります。
都合により今回と次回が町田・本坊ペア。次々回からはまた水口氏編の続きに戻ります。
ややこしくてすいません。

267 :あお ◆ySa9Nl7bds :05/02/25 22:47:33
>260
教えていただき本当にありがとうございます!
2ちゃんねる歴が浅いので何にも分からないもので、
本当にすいません。&ありがとうございます。<(_ _)>
今後は「あお」で投稿させていただきます。

268 :名無しさん:05/02/26 10:04:18
>>266
乙です。本坊の声が聞こえてくるようだ…

劇場キター

269 :名無しさん:05/02/26 13:49:23
>>266
乙。
毎回すごくリアルです。
またあの劇場が…。

270 :あお ◆ySa9Nl7bds :05/02/27 22:59:03
>258続き
「ヒデさんっ!?」
ワッキーは立ち上がり、ヒデに駆け寄ろうとした。
が、立ち上がった瞬間に右足に激痛が走り、ワッキーは転倒してしまった。
どうやら足を引っ掛けられ、転んだはずみで捻挫してしまったらしい。
「おっ、おい!大丈夫か?」
慌ててヒデが駆け寄ってきた。
駆け寄ろうとしたつもりが逆に駆け寄られたことに心の中で苦笑しつつ、
ワッキーはヒデが生存していた喜びに涙を流した。
「生きてたんですね…よかった…よかったぁ…」
「おいおい、泣くなよ。余計に気持ち悪くなるだろ」
「だって…だってぇ…」
子供のように泣きじゃくるワッキーにヒデは優しく語りかけた。
「あいつが、…あべこうじが、ヒデさんを、殺したって、言ってたから、俺、てっきり…」
飛び跳ねる横隔膜に邪魔されながら、ワッキーは途切れ途切れに答えた。
そしてしばらくの沈黙の後、ヒデは口を開いた。

「本当だったら俺はもう死んでたんだけどな。」

271 :あお ◆ySa9Nl7bds :05/02/27 23:50:23
それは30分前に遡る。
ヒデは小屋で壁にもたれかかって仮眠を取っていた。すると、微かな音がヒデの耳に届いた。
ヒデは起き上ると、もう一度耳をすませてみた。

ゴソッ…

「…外に誰がいるな。」
ヒデはつぶやくと、武器の木刀を手にし、窓から外を覗いた。
そこには、あべこうじが小屋の外壁に何かを仕掛けているのが見えた。
何をしているのかは見えなかったが、いつもとは違う何かを感じさせた。
するといきなり、あべこうじは立ち上がり、全速力で森に逃げていった。
「なんなんだ?あいつ…」
そう思いながら窓を開け、あべこうじが居た場所に目を向けると、 導火線の火がダイナマイトに着火しようとしていた所だった。
「うっ、うわぁっ!」
ヒデは急いで窓から脱出すると、持ち前の俊足で小屋から遠ざかった。 そして、

ドォォォォォォォォォォォォォォォン!!!!!!

凄まじい爆音が空に響いた。
木々がざわめき、砂が舞い上がり、小屋はこっぱみじんに消えてなくなっていた。
もし、あの小屋にヒデがいたら間違いなく骨も残らなかっただろう。
「い、生きてる…よな?…」
息を切らしながらヒデは自分の安堵を確かめた。そして…
ヒデはあべこうじが走り去っていった森を凝視した。

           「追いかける?」

突然突拍子も無い考えがヒデの脳裏に浮かんだ。 追いかけてどうなるのかヒデにもよく分からない。
しかし、ヒデの動物的本能の部分が追跡を要求していた。
そして、ヒデは立ち上がると、あべこうじが去っていった森に向かって駆け出した。。

272 :あお ◆ySa9Nl7bds :05/02/27 23:54:58
今回はここまでで。
打つのが遅いので、このペースが限界なんです。申し訳ございません。
こんな下手くそな小説を読んでくださっている皆様、どうか最後まで、気長にお付き合いくださいませ。

273 :名無しさん:05/02/28 00:18:12
あげあげ〜、めちゃあげ〜

274 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/02/28 15:18:02
メルヘンズ・芝川は、かろうじて自分が座ると身を隠せる
ビルの壁に身を潜めていた。
「ancient・・・・・・・古代の・・・・・」
この悲惨なゲームに怯えているのかと思いきや、
手帳からひきちぎった紙に英単語をガリガリと書いて唱えている。
「betray・・・・・・裏切り・・・・・・
partner・・・・・・・相方・・・・・・・・・・・・あ」
「partner」という単語を唱えた瞬間、相方・吉澤の顔が頭をよぎると同時に
何か寒気がした。
「吉澤くん今何してんのやろ。あー英単語唱えてる場合ちゃうわー。
探しにいかな・・・・」
立ちあがった瞬間、地面に倒れこんだ。長時間地面に座りっぱなしなので
足がしびれている。なんとか起きあがり英単語を書いた紙をグシャリと
手に握り、外へ向かって投げた。
「ぃてっ」
「ヤバッ誰かに当たった!」
芝川が投げた紙が誰かに当たり、その誰かがこちらへ向かってくる。
近づいてくる足音にビクビクしっぱなしだ。イヤな汗が背中をつたい、
人に会うのが怖いなんてたまったモンじゃない。
足音が頭に響く。

275 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/02/28 15:19:02
「すいませんでしたすいませんでしたすいませんでした」
高が紙投げただけなのに心の中で何回もこの言葉を叫ぶ。
「・・・・・おい」
「は、はい!!!!」
思わず声が裏返る。
「すすすす、すいませんでした!!!!ま、丸腰なので許してくださいぃぃぃ!」
「何言ってんのオマエ」
聞き覚えのある声に辺りを見回すが誰もいない。すると上から黒い影が覗く。
「へ?」
「オレだよオレ!!!」
「よ、吉澤くん!!!」
「なんだこんなトコにいたんか。」
極度の緊張感から解放された芝川は足がすくんでしまった。


276 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/02/28 15:30:38
「吉澤くん今までどこ行っててん?」
「いやオマエ探しとった。それよりこれに何書いたの?」
芝川はさっき投げた紙を広げようとする吉澤から紙をうばった。
「あ、ネタだよ、ネタ。」
「ネタァ??えらい余裕やん。」
「あは、あはははははw」
試験用に単語を覚えてたなんて言ったら笑われるどころではなくなると思った
芝川はあえて言わなかった。
「それにしてもよー、なんか・・・・いっぱい殺されとったで・・・・・・。」
「ホンマか。」
「テレビで見たことある人たちの死体がいっぱぃ・・・・・ぃ」
吉澤の顔が曇った。相方を探しつつ草村や木に隠れて、殺されている芸人を
何度も見てショックが隠せない。誰だかわからないけど、とにかく惨い殺され方を
した芸人を見た時はその犯人を追って殺そうと思ったが
そういうワケにも行かなかった。


277 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/02/28 15:56:30
ギリギリ・・・・・ どこからともなく歯車が軋むような音がする。
吉澤は頭を抱え込んでしまった。
「ど、どうしたん!?」
「ハァーッハァーッ・・・・・・」
頭を抱え込んだまま座りこみ、共に涎が口からダラリと出てくる。
「どっか痛いん?!」
「ウルサイ・・・・・ウルサイ・・・・・・・」
いつもと全く様子の違う吉澤に、驚倒した。
「吉澤くん、オイ、吉澤くんってば!!!!!」
ハッ
吉澤は我に返った。芝川は恐怖心から体が震えていた。
「ゴメン・・・・・。」
「いや、別にええけど・・・・・・」
吉澤の中には全く別の人間がいるかもしれないことを、
芝川はすぐに悟った。
「ホンマ、ゴメン」
「ええって。」

ターン

奥の森の方から銃声が聞こえた。
「ヤバイ、誰かがこっちへ来る。」
「逃げるぞ」

吉澤は芝川の腕をひっぱって走り出した。


278 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/02/28 15:58:47
すみません、予告なしに「メルヘンズ」を書きました。
次はメルヘンズ+ジパング上陸作戦予約させていただきます。
今後もよろしくお願いします。

279 ::05/02/28 18:44:16


280 :名無しさん:05/02/28 20:56:19
「あ」って何だよ!(三村風)

>>278
乙カレー
シパング編楽しみにしてまつ

281 :名無しさん:05/02/28 21:07:07
ところでメルヘンズって事務所どこ?まだ吉本の新人計画の人たちとか?

282 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/01 17:35:50
>>277の続き

「ゲーム始まってからどれぐらい経ってるかわからへんけど誰も来へんからな、
ずっとあのビルにおってん。
もう頭ん中高校の期末試験・・・・たぶん追試になるやろうけど、あ、あとネタのコトしか考えてへんかってん。」
「・・・・・・試験?」
「あ」
吉澤は楽観的でええなぁと軽く嘲笑した。
ゲームが始まって以来ずっとあのビルに隠れていても何もされなかった・誰にも会わなかった
故に殺し合いのことなどまったく考えていない―――
芝川は何かとてつもなく長い夢を見ているのではないかと頬を抓るが
現実は現実。
「母ちゃん、ゴメン」
簡単に受け入れることのできない現実故に出てきた言葉がこれだった。
まだ所属する事務所すら決まっていない、ただ道端で頑張って考えたネタを
披露するだけ。酔っ払ったおっさんにバカにされる時もあったり、
女子高生の笑い声がただの引き笑いに聞こえる時もあったり、
彼らがネタやってる隣で歌を歌い出す人がいたりしてネタができない時もあったり。
売れてなくても劇場に出してもらえる芸人さんですら雲の上の存在である。
そんなお笑いとしてまだまだの彼らがバトロワに抜擢されたのか。
運が悪いとしかいいようがないのか。もっともプラスに考えれば、
プロ・アマ関係なくお笑いはお笑いということか。
芝川は激しく困苦した。
そしてもはや試験やネタのことを気にしている場合ではなく、
自分の死が間近に迫っているのかもしれなことを確信した。


283 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/01 17:58:02
「よし、これでオッケー!」
困苦していた芝川とは裏腹に何やら愉し気な声をあげた吉澤。
「何してんの?」
「地図だよ地図。どこかしら逃げなと思って。そしたらこの辺が安全ちゃうかな思て。」
「・・・・・・・へー・・・・。ってあかんあかんあかん!!!!!」
「何がぃ」
「自分めっさ方向音痴やろ?!」
「そやけど」
「あかんよ!!!!変なところ行ったらどないしてくれんねん!?」
「だ〜いじょうぶやって。あははははは。」

パン

芝川は吉澤の頬へ平手打ちをした。
「ってぇ・・・・・・・・何すんだよ!!!」
「オマッ・・・・・オマエさっき楽観的でええな言うて笑ったやんか。さっき気づいてん!!!
だからな、そんなな、もうな、あんの・・・・あば・・・・バトロ・・・・・」
もはや芝川は支離滅裂で何を言っているのかわからない。
「いいから落ちついて。」
「そんな、もう殺し合いとかわからへんねん!なんでオレらまで参加せなあかんねん!
そんでな自分の命とかなー!1個しかない自分の命をなー、こんなな、いつ死ぬかわからへん状況でなー粗末にでけへんやんか、ヘラヘラしてる場合とちゃうねんで、うあああオレもう
帰りてぇよ帰らせろよああああ」
吉澤は噎び泣く芝川の肩にやさしく手をやった。
「悪かったよ、さっきは。せやな、生命が危ぶまれてるっちゅうのにヘラヘラするのは
おかしいよな。はいはいもうわかったから泣くなて。」
手渡されたティッシュで鼻をチーンとかんだ。
「でも泣いても喚いてもココから脱出することはできん。だから参加させられた以上
もう何してもええから自分の命を守らなあかんねん。帰りたいとか殺すのがイヤとか弱音ばっかり吐いてたら助からんっちゅうことや。今ここには2つ脳がある。よく作戦を練って2人で生き延びるしかない。」
もっともな吉澤の言葉に、芝川は腕で思い切り涙を拭い「よっしゃあああああ」と意気込んだ。


284 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/01 18:04:04
ここまでです。メルヘンズというコンビは話に書いてある通りです。





285 :名無し:05/03/01 21:42:37
とろサーモン気になります。

286 :zorg ◆bV86c93//M :05/03/02 14:36:26
あの、浜田の話を少し書いたので勝手に投下します。
物語書いたことないので、かなりヘタですが・・・。

287 :zorg ◆bV86c93//M :05/03/02 14:38:26
「そ、それはアカンやろ、お前ぇ!ゴホッゴホゴホッ!!」
浜田は咳き込みながら堀部の顔をみる。

・・・なに普通の顔をして俺を見とんねん、こいつ。

「お前なぁ、人間を食べんのは殺しの中でも一番のルール違反やろ。」
「ルール違反?」
「せや!」
浜田は体制を整え、壁にもたれるように座り込むと、日本刀を右手に構え堀部を見上げる。
一見直立不動で浜田に従っているような堀部だが、浜田は最初に感じた殺意をわずかに感じていた。
「納得いってへんようやな。言うてみぃ。」
「人の処理法にルールも何もないでしょう。死んだら魂の入っていない単なるナマモノですよ。
どう処理しても咎められることはないんじゃないですか。ここはそういう場所でしょ。」
「処理法、ナマモンにそういう場所か…。堀部くん、キテるねぇ君。」
「何がですか。」
堀部の目、焦点が定まってない。まるで薬物中毒かのように眼球が小刻みに震えている。

・・・あぁ、アカンわ。もう戻られへん。

浜田は堀部の右手に握られた出刃包丁を警戒しながらもゆっくり立ち上がり、堀部に笑いかけた。

288 :zorg ◆bV86c93//M :05/03/02 14:39:09
「まぁええわ。堀部、メシ作ってくれてありがとぉ。旨かったんはホンマやし、礼ぐらい言っとかんとな。」
「話を逸らさないでもらえま・・・・・・」
浜田は居合い抜きのごとく堀部の顔に一閃引く。堀部の両目から鮮血がシャワーとなって浜田に振りそそぎ、
堀部はその場に崩れ落ちる。
浜田は足下に転がった出刃包丁を拾うと、手探りをしながらもがいている堀部を見下ろした。
「せやけど、人間使うんだけはやめてぇな。」
そうつぶやく浜田の声はきっと堀部には届かなかっただろう。同時に堀部の頭には出刃包丁が刺さり、
そのままうつ伏せに崩れ落ちた。
「堀部、ちょっと服借りんで。」
日本刀に堀部の上着を絡ませ血を拭き取る。何度か拭き取っているうちに視界がぼやけてきた。
「なんでイカレてもうたんや、お前。お前だけはしっかりしとかなアカンかってんで。」
堀部の背中に手をつく。まだぬくもりを感じる。その感触があまりにリアルで怖くなる。
「殺すんにルール違反なんかあるかいな。お前のいう通りや。」

・・・けどな。お前の口からは聞きとうなかったわ。

この島連れて来られた時を思い出す。今回の説明を受け、一人一人外に出て行くのをじっと見ていた時、
部屋の隅にうずくまっている堀部の姿が目に入った。

・・・なんでやねんっ。あいつは放送作家や。ここに来る様なヤツちゃう!

そう思った。芸人として認めていないわけではない。むしろ尊敬さえする。

289 :zorg ◆bV86c93//M :05/03/02 14:41:05
堀部は放送作家だからと理由をつけて逃がしてやりたかった。何も出来んかった。
いつの間にか声を漏らして泣いていた。泣きながらも最後に堀部の顔を見ようと仰向けに転がすと
胸ポケットから万年筆が転がり落ちた。見覚えがある。
「親からもらった言うてたヤツやん」
ガキ使いの打ち合わせで何気なく交わした会話。その場には松本もいた。
「ええよ、わかった。ちゃんとお前の親に届けたる。」

・・・でけへんかっても、松本には必ず渡しとくから。松本やったら何とかしてくれるはずや。

落とさないように靴の中にしまう。気持ちを切り替える。
堀部の頭に刺さったままの出刃包丁を抜くと建物の中に放り投げた。
少しだけ取り戻した体力と精神力を頼りに松本を探すため、森に向かう。
そして、自分を嘲笑するように笑うと、下を向きながらつぶやいた。

「松本ー。俺、堀部殺してもうた。お前はそんな相方ともう一度コンビ組む気あるん?」

【 K2堀部 死亡 】

290 :zorg ◆bV86c93//M :05/03/02 14:41:58
なんかつまんなくてスイマセン。

291 :名無しさん:05/03/02 17:19:35
もうマイナーしか残ってないからか・・・

292 :名無しさん:05/03/03 11:51:58
一回仕切り直しっていうか、初めからやり直しするのは駄目?
有名な若手はもうほぼいなくなったのもあって、スレが死にそうになってる…
出演者がマイナーだといくらストーリーが面白くても
それが誰かわからないから面白さ半減なんですよね…

293 :名無しさん:05/03/03 12:08:37
うわ、アメザリ柳原の所でマジ泣きしそうになった。
感動した・・・

294 :名無しさん:05/03/03 12:24:56
age

295 :名無しさん:05/03/03 13:34:09
いい話もあるから全部仕切り直しするのは勿体無いだろ。
結構今名前が知られているのにアッサリ死んだ芸人とかは書きなおしてもいいかもね・・。
ちがうコンビになった芸人とか。このお笑いバトロワが始まった頃と今ではだいぶ変わっているところがあるからなぁ。
他の人の意見しだいだけど。


296 :292:05/03/03 13:44:21
>295
自分もいい話の芸人までゼロに戻すのは実際勿体無いと思う。
でも、あっさり死んじゃった今売れ目の芸人は正直書き直してほしい…
例えば青木さやかとか、波田陽区とか、劇団ひとりとか、ヒロシとか
あの描写しかなかったのは勿体無い。

あと最近ここを知って、リアルタイムでロザンを追えなかった自分ですら
あの終わり方は本当に惜しいと思った…
かなり論争が起きたのを知っててまた蒸し返すようだけど、
あの二人はもっと違うラストが見たかったなぁ。

297 :名無し:05/03/03 17:23:12
青木さやかはパラシュート部隊の番外編で結構いい描写されてますよね。

298 :名無しさん:05/03/03 20:11:44
此処は此処ってことにしておいて、新しく始めてみたら?
参加芸人限定して新しくルール作って。

299 :名無しさん:05/03/03 21:22:51
>>298
それはそれでまた色々と問題起こりそうだな・・・

300 :名無しさん:05/03/03 22:15:40
書き直さなくてもサイドストーリー書けば良いんじゃないですか?
ロザンの話は番外編としてでも。
とりあえずここ終わらせないと次は難しいでしょう。

301 :名無しさん:05/03/03 22:42:46
正直ここの終わりが見えない。
インディーズまで持ち出したら、優勝者は名も無い芸人て事にもなるんじゃ…

302 :名無しさん:05/03/03 22:46:37
芸人さんを1クラス30人だけ選定したら?第一陣のクラスとして。
で、優勝者が決まったら第二陣として新しいクラス30人を選定していくとか。
2陣からは前回優勝者を参加させたり、大御所(ベテラン)は主催者側としてストーリー作るとか。
その方がグチャグチャにならないかも。

303 :名無しさん:05/03/03 23:13:01
此処が終わらなきゃ始めるに始められない・・

304 :名無しさん:05/03/04 03:10:50
>302
それ、いい考えだけど
せっかくコンビを組んでるのを崩して違うクラス(陣)で参加させると
何かあまりいい話が見れなくなりそう。
行動はコンビでも単独で行って欲しいけど(=1人1人出発する)
コンビはバラさずに同じ話内で出るようにしてほしいな。

そろそろここで切ってもいいよね…
このままだと上手く話が進んでも>301のように無名の芸人が優勝になるか
いつまでたっても完結しないままだとオモ。

あと、自分も大御所(たけし、さんま、タモリ等)は主催者側に回して
他の芸人と同じような参加は控えた方がよさそうな気がする。

305 :302:05/03/04 08:40:26
俺もコンビはバラさない方が良いと思ってる。
なんかピン芸人10人+コンビ芸人20人の割合で組んでクラス決めれたらなぁと。
でも最終的には1人になってしまうんだろうけど。

306 :302:05/03/04 08:41:29
スイマセン、タイプミスで間違ってあげてしまいました(逝

307 :名無しさん :05/03/04 11:38:35
全く新しい話を別スレ立てて始めるのだったら応援するが、
ここをどうこうするというのは正直反対。

マイナーしか残っていないという人もいるが、
それなりの過程を経てここまで進んできたんだし、
書きたい芸人が残っていないと不満をいっても仕方ないことだと思う。
新しい芸人を出すのを制限するとか、住人がそれぞれ分担して書ききる計画を立てる
とかのルールを話し合うとかの手もあるんじゃないかな。

308 :名無しさん:05/03/04 16:02:22
個人的には新しく作り直してほしい。良い話しが多いから残しておきたい気持ちもあるけど格式深い気がして参加しづらい面もある。

309 :名無しさん :05/03/04 16:54:06
ここはいろんなミラクルが重なって成長した奇跡的なネタスレだから
今更新しく作ったって続かないだろうし、
書き手もせいぜい数人が二、三回書いて終わりになるんじゃないかなあ。
芸人板のネタスレって大抵そうじゃん。
小説スレもいくつもできては潰れてったし。
やるんならやりゃいいけど、せっかく続いたここは
これからもマターリ続いていくだろうからほっといておくれ。

310 :名無しさん:05/03/04 18:32:37
>>309
禿同。
ここはここで残しておけばいいと思う。せっかくここまで出来ているのに、ゼロに戻す必要はないだろ。
新しくやりたいなら、こことはまったく別でやってくれ。自分は別に新しくしなくてもいいと思うが。

実際どれだけの人がやり直したいと思っているのかな・・




311 :名無しさん:05/03/04 20:27:32
0に戻すとは言ってない気がしないでもないですが・・・。
ちゃんとここが終わってからで良いと思います。


312 :名無しさん:05/03/04 20:31:30
新しいアイディアは次回ストーリーへの参考資料としておけばいいんじゃね?
ま、マッタリと続けようや

313 :名無しさん:05/03/06 18:28:33
見ろ。とにかく見ろ。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ttp://www.uploda.org/file/uporg53095.swf

スレはこちら
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1110002315/


314 :名無しさん:05/03/06 20:29:38
とりあえずここを終わらすことに
全力を尽くしましょうよ

315 :名無しさん :05/03/06 22:17:09
でも誰をやりたいって書き残して現れない書き手さん多いからな。
一旦整理したほうがいいのかな。


316 :あお♯蒼:05/03/07 15:37:26
ペナルティ編を書いているあおです。
あまりにもへタッピなので、
もう一度イチから書きなおします。
ご迷惑おかけして申し訳ございません。<(_ _)>

317 :名無しさん:05/03/08 00:19:17
え!?そうですか・・・
十分いい作品だと思うのですが・・・


318 :名無し:05/03/08 12:51:00
とりあえず書き手さんがどの芸人さんを書いてる途中なのかと予約してある芸人さんを最新版でうpしてほしい

319 :名無しさん:05/03/08 12:53:13
↑それじゃああなたがやってください。
あとSAGEて下さい。

320 :名無しさん :05/03/08 13:39:26
じゃあお約束で>>319オマエモナー

とりあえずここまでに出てきた芸人だけでもまとめるか。
自分は現行スレとvol.8 (前スレ)からよく分からなくなってきたので
一応まとめスレの表をもとにしてやるけど補足よろ。


321 :参加芸人一覧:05/03/08 13:40:56
あ行

青木さやか
青空・岡
青空・須藤
明石家さんま
アクシャン・杉崎
アクシャン・安井
浅草キッド・水道橋
浅草キッド・玉袋
あさりど・川本
あさりど・堀口
あした順子ひろし・順子
あした順子ひろし・ひろし
アップダウン・阿部
アップダウン・竹森
あばれヌンチャク・斉藤
あばれヌンチャク・竹内
雨上がり・蛍原
雨上がり・宮迫

322 :参加芸人一覧:05/03/08 13:42:34
アメリカザリガニ・平井
アメリカザリガニ・柳原
アリtoキリギリス・石井
アリtoキリギリス・石塚
アルカリ三世・坂本ちゃん
アルカリ三世・添野
アルファルファ・飯塚
アルファルファ・豊本
アンジャッシュ・児島
アンジャッシュ・渡部
アンタッチャブル・柴田
アンタッチャブル・山崎
アンバランス・黒川
アンバランス・山本
ドリフ・いかりや
ホンジャマカ・石塚
伊集院光
いつもここから・菊池
いつもここから・山田
井手らっきょ

323 :参加芸人一覧:05/03/08 13:43:26
イヌがニャーと泣いた日・宿野部
イヌがニャーと泣いた日・平井
イヌがニャーと泣いた日・山内
今田耕治
インスタントジョンソン・佐藤
インスタントジョンソン・杉山
インスタントジョンソン・渡辺
インパルス・板倉
インパルス・堤下
内場勝則
内山信二
UN・内村    
UN・南原    
内海桂子
海原はるかかなた・かなた
海原はるかかなた・はるか
海原やすよともこ・ともこ
海原やすよともこ・やすよ
江頭2:50
エスパー伊藤

324 :参加芸人一覧:05/03/08 13:44:37
越前屋俵太
江戸むらさき・磯山
江戸むらさき・野村
エネルギー・平子
エネルギー・森
海老一染之助染太郎・染太郎
海老一染之助染太郎・染之助
エレキコミック・今立
エレキコミック・谷井
オアシズ・大久保
オアシズ・光浦
大隈いちろう
OverDrive・石野
OverDrive・緒方
大森うたえもん
オール阪神巨人・オール巨人
オール阪神巨人・オール阪神
おぎやはぎ・小木    
おぎやはぎ・矢作
オアシズ・大久保
おさる
オセロ・中島
オセロ・松嶋
男子丼
おぼんこぼん・おぼん
おぼんこぼん・こぼん

325 :参加芸人一覧:05/03/08 13:48:31
か行

COWCOW・多田
COWCOW・山田
ガダルカナル・タカ
ガッツ石松
勝俣州和
かつみさゆり・かつみ
かつみさゆり・さゆり
桂三枝
桂歌丸
カラテカ・入江
カリカ・林
カリカ・家城
ガレッジセール・川本
ガレッジセール・ゴリ
カンカラ・石田
カンカラ・入山
カンカラ・杉林
カンカラ・鈴樹

326 :参加芸人一覧:05/03/08 13:49:40
カンカラ・松井
カンニング竹山 
カンニング中島
キシモトマイ
キダタロー
北野誠
木村祐一
キャイ〜ン・天野
キャイ〜ン・ウド
CUBE・石川
CUBE・和田
麒麟・田村
麒麟・川島
キングオブコメディ・今野
キングオブコメディ・高橋
キングコング・梶原
キングコング・西野
クールズ・原田
クールズ・森脇
工藤兄弟・光一郎
工藤兄弟・順一郎


327 :参加芸人一覧:05/03/08 13:50:36
熊本キリン・桐畑
熊本キリン・田中
くりぃむしちゅー・有田
くりぃむしちゅー・上田
グレート義太夫
クワバタオハラ・小原
クワバタオハラ・くわばた
劇団ひとり
ケンドーコバヤシ
号泣・赤岡
号泣・島田
コージー冨田
極楽とんぼ・加藤
極楽とんぼ・山本
ココリコ・遠藤
ココリコ・田中
小堺一機
胡蝶蘭・あべこ
胡蝶蘭・エリ
後藤秀樹 自殺
5番6番・猿橋
5番6番・樋口
ゴリけん
コント赤信号・石井
コント赤信号 小宮

328 :参加芸人一覧:05/03/08 13:55:19
さ行

坂田利夫
坂道コロンブス・林
坂道コロンブス・松丘
佐久間一行
ザ・ドリフターズ・いかりや長介
ザ・ドリフターズ・加藤茶
ザ・ドリフターズ・志村けん
ザ・ドリフターズ・高木ブー
ザ・ドリフターズ・仲本工事
佐野ただひろ
サバンナ・高橋
サバンナ・八木
ザ・プラン9・浅越
ザ・プラン9・久馬
ザ・プラン9・鈴木
ザ・プラン9・灘儀武
ザ・プラン9・ヤナギブソン 

329 :参加芸人一覧:05/03/08 13:57:47
ザブングル・加藤
ザブングル・松尾
さまぁ〜ず・大竹
さまぁ〜ず・三村
猿岩石・有吉 
猿岩石・森脇
三遊亭楽太郎
磁石 佐々木
磁石 永沢
シティボーイズ・大竹
シティボーイズ・きたろう
シティボーイズ・斉木
自転車こぐよ ゆうき
次長課長・井上
次長課長・河本
品川庄司・品川
品川庄司・庄司
島田伸介
清水ミチコ
ジミー大西

330 :参加芸人一覧:05/03/08 13:59:06
シャカ・植松
シャカ・大熊
ジャリズム・山下
ジャリズム・渡辺
シャンプーハット・小出水
シャンプーハット・てつじ
18KIN・今泉
18KIN・大滝
シュガーライフ・安達
シュガーライフ・植松
笑福亭笑瓶
笑福亭鶴瓶
ジョーダンズ・三又
ジョーダンズ・山崎
ジョビジョバ・石倉
ジョビジョバ・木下
ジョビジョバ・坂田
ジョビジョバ・長谷川
ジョビジョバ・マギー
ジョビジョバ・六角

331 :参加芸人一覧:05/03/08 14:00:00
新喜劇・池野めだか
新喜劇・石田靖
新喜劇・島木譲二
新喜劇・辻本茂雄
新喜劇・山田花子
新喜劇・吉田ヒロ
陣内智則
スガジー
スピードワゴン・井戸田潤
スピードワゴン・小沢一敬
スマイリーキクチ
関根勤
ぜんじろう
せんたくばさみ・能勢
せんたくばさみ・加藤
せんたくばさみ・吉本
底抜けAAIR-LINE・古坂
底抜けAIR-LINE・小島
そのまんま東

332 :参加芸人一覧:05/03/08 14:01:23
た行

だいたひかる
太平サブロー
太平シロー
ダイノジ・大谷
ダイノジ・大地
DT・浜田
DT・松本
田代まさし
ダチョウ倶楽部・上島
ダチョウ倶楽部・寺門
ダチョウ倶楽部・肥後
立川笑志
立川談志
田上よしえ
ダブルブッキング 川元
ダブルブッキング 黒田
タモリ
ダンカン
ダンディ坂野


333 :参加芸人一覧:05/03/08 14:02:02
千原兄弟・Jr.
千原兄弟・靖史
チュートリアル・徳井
チュートリアル・福田
ツインカム・島根
ツインカム・森永
出川哲郎
土田晃之
つぶやきシロー
つまみ枝豆
TIM・ゴルゴ松本
TIM・レッド吉田
Take2・東
Take2・深沢
テツandトモ・テツ
テツandトモ・トモ
鉄拳
電撃ネットワーク・ギュウゾウ
電撃ネットワーク・三五
電撃ネットワーク・ダンナ小柳
電撃ネットワーク・南部

334 :参加芸人一覧:05/03/08 14:02:40
デンジャラス・ノッチ
デンジャラス・安田
$10・白川
$10・浜本
土肥ポン太
所ジョージ
飛石連休・岩見
飛石連休・藤井
友近
どーよテル
どーよケンキ
ドランクドラゴン・鈴木
ドランクドラゴン・塚地 
鳥居みゆき
鳥肌実
ドロンズ・石本
ドロンズ・大島
DonDokoDon・平畠
DonDokoDon・山口
とんねるず・石橋
とんねるず・木梨

335 :参加芸人一覧:05/03/08 14:06:58
な行

ナインティナイン・岡村
ナインティナイン・矢部
長井秀和
中川家・剛
中川家・礼二
中田カウスボタン ・ボタン
中田カウスボタン ・カウス
南海キャンディーズ・やまちゃん
南海キャンディーズ・しずちゃん
ネゴシックス
なかやまきんに君
なすび
なにわ突撃隊
西川きよし
西川のりお
二丁拳銃・川谷
二丁拳銃・小堀
ネプチューン・名倉
ネプチューン・原田
ノンキーズ・白川
ノンキーズ・山崎
ノンストップバス・雨宮
ノンストップバス・西条

336 :参加芸人一覧:05/03/08 14:18:52
は行

VERSUS・石井
VERSUS・伊藤
ハイヒール・モモコ
ハイヒール・リンゴ
パイレーツ・西本はるか
パイレーツ・浅田好未
バカリズム・升野
バカリ・升野
バカリズム・松下
萩本欽一
爆笑問題・太田
爆笑問題・田中
波田陽区
X−GUN・嵯峨根
X−GUN・西尾
バッファロー吾郎・木村
バッファロー吾郎・竹若
バナナマン・設楽
バナナマン・日村

337 :参加芸人一覧:05/03/08 14:19:29
華丸大吉・亀屋大吉
華丸大吉・鶴屋華丸
はなわ
パペットマペット
ハマカーン・神田
ハマカーン・浜谷
林家正楽
ハリガネロック・大上
ハリガネロック・松口
春一番
ハローバイバイ・金成
ハローバイバイ・関
B&B・島田洋七
B&B・島田洋八
ビートきよし
ビートたけし
B21スペシャル・デビッド伊藤
B21スペシャル・ヒロミ
B21スペシャル・Mr.ちん
ピーピングトム・今村
ピーピングトム・桑原


338 :参加芸人一覧:05/03/08 14:20:19
東野幸治
ビタミンC・奥本
ビタミンC・吉田
ビッキーズ・木部
ビッキーズ・須知
ビビる・大内
ビビる・大木
130R・板尾
130R・蔵野
冷やし中華はじめました・鈴木
冷やし中華はじめました・高崎
冷やし中華はじめました・能海
ファンキーモンキークリニック・高橋
ファンキーモンキークリニック・藤本
BOOMER・伊勢
BOOMER・河田
フォークダンスDE成子坂・桶田
フォークダンスDE成子坂・村田
ふかわりょう
藤井隆

339 :参加芸人一覧:05/03/08 14:23:19
FUJIWARA・原西
FUJIWARA・藤本
フットボールアワー・岩尾
プラスドライバー・大田
プラスドライバー・角田
プラスドライバー・和知
ブラックパイナーSOS・内藤
ブラックパイナーSOS・山野
ブラックボックス・前
ブラックボックス・P-MAN
ブラックマヨネーズ・小杉
ブラックマヨネーズ・吉田
フラット・ 森
ブロンクス・中岡
ブロンクス・野口
ヘッドライト・和田
ヘッドライト・町田
ホームチーム・檜山
ホームチーム・与座
北陽・虻川
北陽・伊藤
星野卓也
ポプラ並木・青木
ポプラ並木・及川
ホンジャマカ・石塚
ホンジャマカ・恵
ぼんちおさむ

340 :参加芸人一覧:05/03/08 14:24:07
ま行

マイマイカブリ・五十嵐
マイマイカブリ・高橋
マギー司郎
マギー審司 (死亡後、師匠の力で復活)
ますだおかだ・岡田
ますだおかだ・増田
松尾伴内
松田大輔
松本ハウス・ハウス加賀谷
松本ハウス・松本キック
松村邦洋
マンブルゴッチ・川村
マンブルゴッチ・藤堂
未知やすえ
宮川大助花子・大助
宮川大助花子・花子
三宅裕司
村上ショージ
メッセンジャー・黒田
メッセンジャー・曾原
モジモジハンター・肖田
モジモジハンター・石井
元ブラジル代表・小林
元ブラジル代表・大渡
森三中・大島
森三中・黒澤
森三中・村上
モリマン・種馬マン
モリマン・ホルスタインモリ夫

341 :参加芸人一覧:05/03/08 14:25:10
や行

野生爆弾・川島
野生爆弾・城野
やるせなす・石井
やるせなす・中村
山崎邦正
山田隆夫
夢路いとし喜味こいし・喜味こいし
夢路いとし喜味こいし・夢路いとし
ユリオカ超特Q
よゐこ・有野
よゐこ・濱口
よゐこ・有野

342 :参加芸人一覧:05/03/08 14:27:10
ら行

ラーメンズ・片桐
ラーメンズ・小林
ライセンス・井本
ライセンス・藤原
ラッシャー板前
ランディーズ・高井
ランディーズ・中川
リットン調査団・藤原
リットン調査団・水野
ルー大柴
ルート33・堂土
ルート33・増田
レギュラー・西川
レギュラー・松本
ロザン・宇治原
ロザン・菅
ロバート・秋山
ロバート・山本
ロバート・馬場
ロバート・山本
ロンブー・淳
ロンブー・亮

343 :参加芸人一覧:05/03/08 14:29:07
わ行

WAHAHA本舗・梅垣
WAHAHA本舗・柴田 三宅裕司 ―
WAHAHA本舗・久本

344 :参加芸人一覧:05/03/08 14:30:05
芸人以外

内村のオヴァオタ達
池脇千鶴
三原麻衣子 禁止エリア  
小田好美 禁止エリア  
本田彩子 禁止エリア  
NSCの生徒たち


345 :参加芸人一覧:05/03/08 14:31:04
◇番外◇

構成作家・渡辺鐘
構成作家・森詩津規
小薮千豊
りあるキッズ
事務所関係者・太田光代
事務所関係者・田中夏美
事務所関係者・長井美奈子
事務所関係者・由香里

346 :名無しさん :05/03/08 14:38:44
ごめん。
うっかり、まとめるか、なんて偉そうに言っちゃった>>320だが、
生存者リストと書き手と予約芸人状況もまとめたいけど、
おもたより大変そうなのでもうちょい待ってくれ。
あと上の表もだいぶ抜けすぎているのでむしろ余計なことをした。

347 :名無しさん:05/03/08 15:02:15
三宅裕司はWAHAHA本舗じゃないでつ

348 :名無しさん:05/03/09 02:47:41
>>346


前スレと現行スレ見返して予約されてる芸人を挙げてみた

・予約されている芸人
18KIN大滝/書き手見習い
宇宙ネズミ(花野・宮田)&平安京999(勝山・黒田・多治見)合流 /おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y
陣内、パラシュート部隊、チョップリン/ななせ
ペナルティ、あべこうじ/あお
メルヘンズ/名無し系 ◆SiuiRPyJ32
ハマカーン・モジハン・磁石/@挙動不審
ストロング・マイマイズ、きぐるみピエロ/通過@19
グレートチキンパワーズ/612
カンニング・どーよ・ヒロシ/釜飯
りあるキッズ/芋手ゴロゴロ

・予約はあるが、書き手の詳細不明
POISON GIRL BAND
パンクブーブー
ハローバイバイ(@挙動不審さんの小説に名前だけ登場)

間違っていたら指摘よろ。

349 :名無しさん:05/03/09 12:38:44
ノンちゃんは入ってるのに後藤は入ってないのか・・・

350 :名無しさん:05/03/09 14:44:03
パラシュ―ト部隊って雪乃丞さんが書きませんでしたっけ

351 :名無しさん:05/03/09 17:17:41
>>350
そうでした。指摘ありがd。

あと「ななせ」という書き手さんはこれからも書くかどうかがわからない。
前スレで色々言われていたから。
書き途中の芸人はキープなのだろうか・・それとも放棄しているのか・・

352 :名無しさん:05/03/09 19:36:58
あと、もう1つ補足します。
名無し系さんはジパング上陸作戦も予約されてます。

353 :名無しさん:05/03/09 22:22:03
フット後藤さんも初期に亡くなってますよ

354 :名無しさん:05/03/09 22:47:08
集団催眠編ってのをまとめサイトで読んだのですが、死亡済みの芸人さんで
集団催眠編って書いても良いですか?
まとめサイトに載ってない芸人さんのが書きたいなと思ってるんですけど。

355 :名無しさん:05/03/09 23:07:56
>>354
自分はいいとオモ。

356 :名無しさん:05/03/10 02:15:45
ポッポ〜

357 :横槍 ◆SjLuktgpzQ :05/03/10 02:23:13
>>178

画面を静かに見据える男。
まだ若い顔に表情は無い。キーボードは見もせずに、
しかし正確に指を滑らせる。
目の前の画面いっぱいに映し出されているのは、
どす黒い赤・赤・赤・赤・赤…。
メインに大きな赤。それを取り巻く流れる赤、周りを飛び散る赤、
同じ色でコーティングされた細長い赤と、それを握る、忙しく動く赤。

ブシュッズチャッ

えらく生々しい音。おそらく日常生活ではあまり耳にすることは無いだろう。
だが一部の人は、それを聞いたことがあるはず。

―殺人者。



358 :横槍 ◆SjLuktgpzQ :05/03/10 02:23:51
もう動かないそれを、何度も何度も刺す手。原型を留めていない塊を刺す度、
また、また赤い血が舞い上がる。
その音と共鳴する音は笑い声。
金属同士をぶつけ合うような音の笑い声。
水っぽい音と、堅い音。最高の組み合わせである。
耳障りな音は、ぼやけるように心地よい音として部屋に響き渡っている。
随分長い間…。

359 :横槍 ◆SjLuktgpzQ :05/03/10 02:25:28
ジュ

ふと、また違った音が別のところから入る。
それだけで、またしばらくはベストの組み合わせが続いた。


画面に映った細長い物が、ふっと静止する。
そして少しの間を置き、画面全体が一度、ぐわんと揺れ。
「―――ギィイィイヤヤアアアァアアェアアあアァァアあぁ嗚呼あアアア――――――――!!!!!!!!!!!!!!」
ケダモノのような叫び声が、妙にくぐもって聞こえる。
続いてドサリと重い物が落ちる音が、また水中で聞く音のように響く。

同時に、部屋からキーボードの音がぱたりと止まる。
少しの間ケダモノの声の余韻だけが響き、消える。
一時の静寂。

360 :横槍 ◆SjLuktgpzQ :05/03/10 02:27:05
フー…。

白い煙と共に、それは打ち砕かれた。煙は部屋の壁の色に吸い込まれて消える。
男は右手をキーボードの上に乗せたまま、
左手のタバコを灰皿に押し付けた。
そのまま半分ほどになったタバコを口元に持って行く。
と。
男の目の色が少し動く。
タバコを手前の灰皿に押し付けて離し、
左手をぐっとキーボードの端まで伸ばす。
グランドピアノの鍵盤ほどの幅のある巨大なキーボード。
アルファベットや記号の他、複雑な模様のようなものが書かれたボタンが、
大小さまざまにズラりと並んでいる。
その左端に、他とは違い、プラスチックのカバーのかけられた最も大きな3つのボタンが
横一列に並んでいる。
左手の人差し指で、真ん中のボタンのカバーを素早く上げ、そのまま人差し指でボタンを押す。

ブン…

静かに機械の起動する音。


361 :横槍 ◆SjLuktgpzQ :05/03/10 02:28:33
【意識収容所】

右上にこう表示された、今までフリーズしたように停止していた画面の中で
横たわっていた男が、かすかに動いた。
そしてもうひとつ。
真っ暗になった先ほどの惨劇の画面に、プツリと一本の線が映り、徐々にそこから光を帯びる。

それを確認したところで、次に男はデスクの引き出しを開けた。
中にはB-4サイズのコピー用紙が大量に敷き詰められており、
もともと底まで白いこの引き出しを、ただの箱のように仕立て上げている。
男はその用紙の一部を持ち上げ、用紙の下の、…うんざりするが、白い物を取り出した。
携帯電話。しかし、数字はボタンに数字は書かれていない。
デスクの上のキーボードのような、ゴチャゴチャした文字とも絵ともつかない模様が書かれた
ボタンが並んでいる。

男は携帯の画面のすぐ下にあるボタンを押し、耳に当てると、高低の無い声で言った。

「芸人ナンバー・YK-FG-3026、リタイヤ。死亡意識は天国・地獄・門・その他一切持たず。直接【意識収容所】に切り替えました」


362 :名無しさん:05/03/12 10:46:01
age

363 :名無しさん:05/03/13 17:40:53
age

364 :名無しさん:05/03/13 17:43:55
キチガイスレ発見

365 :シフクノタネ:05/03/13 18:00:25
まとめサイトで見たら、まだ成仏してなかったようなので、投下してみます。
『天国編〜後藤秀樹〜』

「ヒデキさん、これはどうすれば?」

「あー…それは後回し!!今日はぎょうさん人が来るらしいから」

自殺によって天国からも地獄からもそっぽ向かれた後藤は、今や扉前の仕事を手伝う立場にあった。
死んでからかれこれ500年、その間に仲間たちは何度か後藤の前を通っていった。

「あー!!ゴトーさん!!」

今日の死者がやってくる。
その中に、見知った者がいた。

「おぉ、スズキ」

「ゴトーさん、まだここにいたんですか?俺、もう7回目やのに」

「しゃあないやん、俺は自殺したんやから」


366 :シフクノタネ:05/03/13 18:07:32
>365

死んで天国へいった者は生き返ることができ、地獄に行った者でもそれなりの懲罰を受ければ
人間界に戻る。
しかし、境目にいる後藤は、生き返ることも出来ないのだった。

「スズキ、今回はいくつまで生きたん?」

「今回は…150くらいかな」

「へぇ。平均寿命、また伸びたんか」

「今は200くらいまで生きる人もざらですから」

自分の知らない間に、人間界はどんどん変わっていく。
だが、この場所ではほんの一時に過ぎず、後藤も30のままだ。

367 :シフクノタネ:05/03/13 18:12:13
「せや、今回こそ久馬に会ったやろ」

「いや、今回も…」

「またかえ!!」

仲間は何人も後藤の前を通っていった。
この鈴木もその中の1人。
しかし、久馬は1度も来ないのだ。
500年の間、ただの1度も。

368 :名無しさん:05/03/14 00:44:53
乙です!
後藤秀樹さんの話は気になっていたのでうれしいです!


369 :シフクノタネ:05/03/14 02:52:11
>368 どうもです。頑張ります!!

>>367続き

「だ、大丈夫ですよ!!あと100年くらい待てば、来るかもしれないですよ?」

「……もう気休めはえぇわ」

後藤は深い溜息をつき、その場に腰を下ろした。
鈴木もそれ以上言葉が続かず、黙って隣に座った。

『もう1度、漫才やろうな』

その言葉を支えに、今日まで過ごしてきたのに。
彼は、約束を忘れてしまったのだろうか。
もしかしたら、自分のことを忘れてしまったのかもしれない…
そんな思いが胸を過ぎる。

370 :シフクノタネ:05/03/14 03:23:11
>369

『今から審判を始めます!!今日は人数が多いので、このまま読み上げます。呼ばれた方は、扉の前に整列してください』

後藤にとっては、もう珍しくも何ともない。
ある意味に、日常の一コマだ。
隣で神妙な顔をしている鈴木をよそに、後藤は読み上げられる名前をメモする。

『スズキツカサ』

「スズキツカサ…っと。よかったな、また向こうで」

「あ、はい…」

どんどん名前は読み上げられていく。
最初は手間取ったこの仕事も、今ではお手のものだ。
ただし、生前と変わらず、文字は全て汚いカタカナだが。

『以上です。あ、あとそれからもう1人……』

スピーカーの向こうで、ガサガサと音がする。
何やら、もめているのだろうか。

「やれやれ、またかえ」

後藤にとっては、直前の一悶着もありふれたことだった。
最初は、自分の名前が呼ばれるのではと期待を抱いた。


「ゴトーさん、俺、実はずっと隠してたことがあるんです」

371 :シフクノタネ:05/03/14 03:53:06
>370

鈴木が、意を決して口を開いた。

「隠さなあかんようなことがあるんか?」

「キュウさんのことなんですけど…」


『お待たせしました。最後の方は”ゴトーヒデキ”』


鈴木の言葉を遮るように、スピーカーから聞こえた言葉。
500年間待ち続けていた、一言だった。

「……俺、呼ばれたんやな?」

「…みたいですね。で、話の続きなんですけど…」

「もうえぇって。どうせ会えないんやったら、生まれ変わって忘れるから」

待ち続けた言葉を聞けたのに、心は晴れない。
久馬と漫才が出来ないのなら、後藤がここを離れる理由はないのだ。

「これ、置いてくる。少し、待っててな」

手元の書類をまとめて部下に手渡し、世話になった者たちに挨拶をする。
それでも、後藤は気分が晴れなかった。


372 :シフクノタネ:05/03/14 04:07:54
>371

扉は既に開き、向こうへの道が開かれている。
向こうに至った者もいるだろう。

「ゴトーさん!!キュウさん、向こうで待ってるんです!!」

「…はぁ?」

「だからっ、『入れ違いになったら困る』言うて、ずっと向こうで待ってるんですよ!!」

「キュウマが…待ってる…?」

長い間深い思考をしなかった頭が、フル回転を始める。
事情を整理するのは、時間がかかりそうだった。

「早く行きましょう!!待ちくたびれてると思いますよ」

「………」

「俺も、シェイクダウンの漫才が見たいなぁ…」

「………」

どうしていいか、困惑しているのではない。
1度に起こった朗報が、後藤はまだ信じられないのだ。

373 :シフクノタネ:05/03/14 04:15:54
>373

「ホンマに、待ってんねんな?」

「えぇ、扉入ってすぐの所に」

「……ほな、案内してもらおか」


後藤は1度も振り返らず、扉の前に来た。
向こうはモヤがかかってよく見えないが、誰かが立っている。
こちら側には、もう後藤と鈴木しかいない。

「ほら、キュウさん待ってますよ」

鈴木に背中を押され、後藤は扉をくぐった。
あのヒゲ男は相変わらずの仏頂面だったが、酷く懐かしかった。


『後藤、おかえり』


《『天国編〜後藤秀樹〜』終》

374 :シフクノタネ:05/03/14 04:23:20
うわー…グダグダ スマソ orz
368さんの期待には添えてませんねι

お目汚しでした。

375 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/14 10:01:11
>>283
「あーあー、なんかこの人見たコトあるで。・・・・・コンビ名なんやったっけ?」
吉澤は死体の顔の頬をブニブニつついて遊んでいた。そして、生きている時とかけ離れたような肌の感触に寒気も感じた。
「コラ!死体つつくな!縁起悪いやろ!」
「あぁ、悪ぃ・・・・・・」
触った指をズボンのすそでゴシゴシと拭き、「キモ」とつぶやいた。

「オマエ ミテタンダロ?」
「ナンデ タスケテ クレナカッタンダ ヨ」
「ヒトノ コロサレザマヲミテテ ナニモ オモワナカッタノカ?」
「ドウシテ ムメイノ ワカテノ オマエラガ イキテイルンダ?」

「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁ」
吉澤はまた頭を抱え込んでしまった。
「ど、どうしたんだよ?!」
芝川が吉澤の肩に手を置くとすぐにそれを振り払った。
「来るな!来るな!!来るなぁぁぁ!」
「イテテテテ、イテッ」
吉澤が投げた小石が芝川の眉毛の上に命中し、血が流れた。
暴れる吉澤を、うしろから羽交い締めにした。

「ミテタンダロ?」
「オマエガ バトロワデ1バン?」
「ワラワセルナ」

とにかく吉澤の耳には幻聴しか聞こえなかった。その中で聞き覚えのある声が
自分の名前を呼んでいる。



376 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/14 10:02:02
「うるせぇ!黙れ!黙れっつってんだよ!!!」
「いや、オレはとっくに黙ってるよ!!!!おい!おい!吉澤ぁぁ!!!」
「・・・・・・・え?あ。」

自分の名前を呼ぶ声が相方だとわかると正気に戻った。
「っああああーーーーー!ゴ、ゴメ・・・・・・・・。」
「ええよ・・・・・」
吉澤は芝川に土下座した。
「アレか、パニック症候群とかいうヤツか?」
「ちゃうねん、その・・・・・・ほら、オレらって・・・・これが始まってすぐはぐれたやんか。
そんで、芝川くん見つけるまで色んな人が殺されたり殺したりっていうんをたくさん影で
見てきてん。それはもう・・・・・言葉では言い表せないほど残虐で・・・・・・。
オレは知らん人でも殺されたヤツらに何もしてあげられんかった・・・・・・・・。」
吉澤の目からは涙が止まらなかった。そして芝川も。
「影で見てるだけで、何もせんくて・・・・・・そしたらどこからともなく
死んだヤツらからの声がして・・・・・・・・・・。」
「そやったんか・・・・・・。前にも倒れた時はそれやったんか。わかった。
そんな声なんて無視せぇ。無視や。」
「いや無視できてたら今頃困ってへんやん。・・・・・オレ頑張るからさ。」
吉澤は立ち上がって、ひざの砂を払った。


徐々にまた別の廃墟ビルがあるところまでたどりついた。
またしても死体やバラバラになってしまった体の一部などが落ちている。
風で砂埃が舞い、それとともに匂ってくる異臭に時々咳き込む。


377 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :05/03/14 10:16:40
メルヘンズ編、今日はココまでです。
しばらくアク規制にかかってこれなかったので
ちょっとずつでもうpするコトにしました。
ではヘボイ文章ですが・・・・・w


378 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 12:30:09
『集団催眠編』 アメザリの平井バージョン。

・・・・お?意識あるんか、俺
気づくと真っ暗で何もなさそうな所に倒れている。
平井は寝返りを利用して自分が今何処にいるのかを確認しようと試みた。・・・つもりだった。
・・・・アカン。ぜんぜん動かれへん。
死後の世界なのだろうか。イメージとは違ったがおそらくそうなのだろう。
平井は動くのを諦め、ただただ考えていた。柳原はどうしてるんだろう。他の仲間は・・・。川島は・・・?
考えるの事さえも面倒になってきた頃、目線のはるか遠くに白い点が浮かんでいるのに気づいた。
と、その白い点が自分めがけて迫ってきた。まるで吸い込まれるかのように、襲われた感覚がした。
平井は驚く時間さえ与えられないまま意識がはじけた。
次の瞬間、平井の目は開いていた。目線の先には天井がある。体育館のようなつくりだ。
・・・・今度はどこに来たんかなぁ。どうせまた動かれへんちゃうの。
試しに首を左に倒す。あっさり動いた。
「うわぁっ!?…あぶねっ、いでっ!!」
平井は漫画のキャラのように飛び跳ねて体を起こした。その拍子に思いっきり肘を床に打ちつける。
まったりした意識の中に飛び込んできたのは相方・柳原の寝顔だった。
・・・・なになに?どゆ事?何?
平井はまだ周りが全く見えていなかった。柳原から目を外す事ができない。

379 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 12:30:59
「平井さん、起きはった?」
声のする方へ目線を動かす。少し離れた所から話しかけたのはフットボールアワーの岩尾だった。
「あぁ、起きたよ。・・・いやいや、何?起きたって、何?」
「ボクもあんまわかってへんのですけど、なんや実験らしいんですわ。・・・」
岩尾が説明しようと平井の前に座ったとほぼ同時に給食当番のお兄さんがきた。
「はい、スイマセン。アメリカザリガニの平井さんですね。おつかれさまでした。」
そういって、失格のワッペンを胸に貼ってきた。手にした紙を見ながら質問をしてくる。
気分は?・・・悪くない。痛みは?・・・さっき肘打った。視界は明瞭ですか?・・・それなりに。
「何なん?これは」
「え〜、今回皆さんに『集団催眠実験』と称しまして国家規模のプロジェクトに参加していただきました。」
「ほほう。」
「言える事はこれだけです。」
「・・・意味わからん」
平井のつぶやきが聞こえたのかそのお兄さんはニコッと笑みを見せるだけで平井のもとを離れた。
「わけわからんでしょ。僕もなんです。」
それまで放ったらかしになっていた岩尾が話しかけてきた。
「岩尾くん、相方は?」
「あぁ、もう起きてますよ。さっきまで説教されてましたw」
「なんで?」
「相方殺したんボクなんで。なんで殺すねん!て」

380 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 12:31:44
困った顔をしながら笑っている。きっと仲直りはしたのだろう。
「ボク、正当防衛なんやけど、後藤が認めないんです。」
「で、後藤くんはどこにおんの?」
「今、食糧の調達に行ってます。」
「そうか。」
会話が切れたタイミングで2人して同時に柳原の顔を見た。まだスヤスヤと眠っている。
「小学生みたいな寝顔ですね。」
「起きとっても小学生みたいやけどな。」
平井は周りを見回してみた。全てがぼんやりしていて何も見えない。
「あ、メガネ・・・」
つぶやくと同時に胸ポケットに手をやったが見当たらない。どこかで落としてしまったらしい。
仕方なくジーンズの右ポケットに入っていたタバコに火をつける。岩尾がケイタイ灰皿をくれた。
自分が吐いた煙の奥では、ぼんやりながらも相当の数の芸人が寝ているのがわかった。
「今気づいた。こんなに芸人集められてたんや。」
「気づくの遅っw」
岩尾は笑いながら相方が戻ってきたんで行きますわと離れていった。
頭の中ではだいぶ整理がついた。
集団なんとかっちゅう実験で全員で1つの夢を共有する。ストーリーも決められてる。
目が覚めたら実験終了。目が覚めるとはいわゆる夢の中での死をあらわすのだろう。
「俺、早よう死に過ぎたな。」
周りを改めて見回す。まだほとんどが寝ている。頭をかきながら平井の目はあの芸人を探し始めた。

381 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 12:32:35
ひとしきり見渡した後、足下に目をやると自分の右に探していた男が寝ていた。
「ごっつい近くにおるし。相方も一緒に寝てんのか。生きてんねんな、まだ。」
しゃがみ込み、顔を眺める。吉本の中ではそこそこのオットコ前の芸人といわれているらしい。
「楽しそうな声しとったな、川島。殺しに夢中にならんと相方探してやれよ。」
平井はニヤッと口の端だけで笑うと後ろで寝ている柳原の左側に座る。
ふと、柳原の右手がキラッと光った。平井は身を乗り出しまたぐような形で柳原の右手に顔を近づける。
「お前が持ってたんか。」
柳原の右手には平井はメガネがあった。取ろうとしたが、柳原の指がガンとして動かない。
力いっぱい握りしめている。そのせいでフレームが歪んでいた。
「寝てるときぐらい力抜いたらエエのに。不器用やな、お前。」
メガネは諦め、またタバコに火をつける。岩尾のケイタイ灰皿・・・。

・・・俺が相方の傍から離れんでもエエように気ィ使てくれてんな。

「しかし・・・、ごっついヒマやん。全員が起きるまで待たなアカンのかなー。」

…はよ起きてこいつのうるさい声が聞きたいけど、夢の中でも死んでほしないからなぁ。

「複雑や」
平井は穏やかに寝ている麒麟・川島を背に感じながら、子供のように眠る柳原の目覚めを待ち続けた。
その頃、夢の中ではまさに今、柳原が平井の敵討ちで川島に近づこうとしていた事は知るよしもなく…。

382 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 12:33:55
どヘタでスイマセン。長すぎましたorz

383 :名無しさん:05/03/14 19:55:32
アメザリの集団催眠編イイ!

384 :368:05/03/14 21:40:01
後藤秀樹さん編乙です!
とんでもない!すごくいい終わり方でしたよ!
この話大好きですvお疲れ様でした!

385 :名無しさん:05/03/14 21:42:50
アメザリ編いいです!
眼鏡握りしめたままの柳原さんが・・・
続き待ってます!

386 :シフクノタネ:05/03/14 22:42:22
アメザリ集団催眠編、乙です!!
すげぇなぁ…かなりいいですよ。

368さん。
褒めていただき、光栄ですVv
頑張ったかいがありました。

387 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/14 23:41:29
皆さん、ありがとうございます!!
今、集団催眠編のアメザリ柳原の方を書いている途中です。
誉められるとは思っていたなかったので執筆にも力が入ります。
話をまとめるのがヘタなので長くなってしまいますが、また読んでいただければと思います。
私は本編より番外編で充実させていこうかなぁと密かに企んでますw

それでは、またよろしくお願いします。

388 :名無しさん:05/03/15 03:19:02
>>387
アメザリ平井編、最高です。
柳原編も楽しみにしてます!

アメザリは本編でも涙したので集団催眠編が読めて嬉しい。

389 :名無しさん:05/03/15 09:59:12
あげあげ〜、めちゃあげ〜

390 :名無しさん:05/03/16 12:21:36
後藤秀樹編禿ワロス!

391 :名無しさん:05/03/16 14:20:46
フット後藤希望

392 :名無しさん:05/03/16 15:38:52
フットの後藤君は死んでるからねー
番外でしかあえないねー

393 :名無しさん:05/03/16 18:01:14
何番目の過去スレに話載ってますか?

394 :名無しさん:05/03/16 18:35:08
芸人予約した人ってさ、書きたいって言った位だから此処の常連なんだよね?

書いてるからネットつなげないとかはありえないし、
放置しすぎの未登場芸人とか開放したら新作出るんじゃないかな・・・

395 :名無しさん:05/03/16 19:03:32
>>393
え〜とね。凄く最初の方にフットの岩尾の話があるんだけど、
そこの冒頭に「正当防衛とは言え相方を殺した」って文があるのね。
だから、メチャメチャ早く死んでるのよね。
その後にフット後藤の話が書かれてあったりするんだけど、
死んだって事を知らない人が書いたみたい。

詳しくはまとめサイトで探して読むと良いよ。

396 :名無しさん:05/03/16 20:27:57
>>395
ありがとうございます。

397 :名無しさん :05/03/16 21:11:00
>>394
予約芸人まとめようとした者だけど、なんかもうみんな自由すぎて分からない。
ノリっていうか独り言で呟いてみただけなのか、実際に書いてるのか。
もう放棄してるのかと思えばしばらく経って「今、書いています。」「途中です。」と名乗り出てみたり。
その後小説の音沙汰なかったり。
告知も予約もなしに名無しで突如小説投下してみたり、それで終わりだったり。
そういうのが多すぎて、そもそもどれがちゃんとこの話の中に組み込まれていくのか、
番外編なのか何編なのか。

長くなったが、ようはあれだ。書きたい人は書けばいいじゃん。どんどん投下すればいいじゃん。
その中から雰囲気でストーリー繋がっていくよ、きっと。ってことだ。

398 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/16 21:17:59
>>397
スイマセン。私も中途半端に参加しちゃってますね。
一応、番外編っていうか集団催眠編でアメザリだけは書き上げます。
それだけは約束しますので。

399 :シフクノタネ:05/03/17 04:31:20
亀レスですみません。
上の方でプランのナダギブが放棄されていたようなので、続きを書いてもいいでしょうか?
彼らに友近をからませようと思っています。

400 :名無しさん:05/03/17 20:53:35
良いと思います。
プランの残り二人は気になってましたし

401 :釜飯:05/03/17 21:36:30
お久しぶりです。
サンミュー編の釜飯です。
続きは書いております。
色々迷って書き直し三度目です。
今の所もう少し四人で動いてもらおうかと。

402 :148:05/03/18 00:07:55
激しく後出しなんですが、ナダギブ続きがやっと出来ました。
投下してもよろしいでしょうか…

403 :あお♯蒼:05/03/18 00:09:49
ペナルティ編のあおです。
今、色々と練っているところです。
もうちょっとかかりそうなので、
どうか待っていてください。
遅くなって申し訳ございません。

404 :シフクノタネ:05/03/18 02:07:04
>>402
どうぞ!!書く前でよかった…
やっぱ前に書いた人の方が、話が自然ですよね。
是非読ませてください。

405 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:35:08
148さんが投下するのを待ってたんですが、なかなかされないので、
先に「集団催眠編」を投下して良いでしょうか。
アメザリの柳原のつもりが「ますおか」になってしまいました。
柳原はまだまだ起きないようです。 では、投下します。

406 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:36:04
>>381のつづきより。

「こいつ、今どういう状況なんやろなぁ。ごっつ見たいねんけどw」
あぐらに頬杖を付いて柳原を見ていた平井がつぶやいた。
目の前で寝ている柳原が泣いていた。本当に子供みたいで平井は少し笑ってしまった。

・・・俺が死んだ事を知ったんかなー。せやったら悪い気はせぇへんけど、ちょっとキモイわw

すると今度は笑顔になり、またすぐに眉間にしわを寄せ怒ったような、苦しそうな顔をする。
「オモロイなー。」
のんきにぼやく平井の後ろが急に騒がしくなった。後ろ・・・・川島がいる。死んだ・・・?
「おう、平井。お前も早よ死んだんか。」
振り返る前に後ろから声をかけられた。目の前には先輩ますだおかだの増田の顔。
そして増田と共に川島を囲んで談笑している数人の川島の犠牲者たち。
「あ・・・、ども・・・」
平井の全身に緊張が走り、体がこわばる。あの時、増田の死体を発見した時の感覚が蘇える。
「?・・・なんや。えらいよそよそしいやんか。」
「いや・・・。なんでもないです。」
軽く眩暈がした。増田はそんな平井の前にしゃがみこむと兄が弟の心配をするかのように優しく尋ねた。
「エエから、言うてみぃ。」
平井には先輩の無残な姿を見てしまった躊躇いがあった。目の前の増田とオーバーラップする。

407 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:36:53
「俺、増田さんの死体を見てもうて。その後すぐに俺も殺されて。」
「お前も川島か。ホンマ凄いな、こいつ。」
そういって増田は川島の方へ振り返ると、他の連中と川島とのエピソードを話しはじめた。
「あ、そうや。岡田さんは・・・?」
「あっこにおんで。座ってる。」
増田は振り向きもせず、そっけない声で指を指した。あまりにもそっけない増田の態度に頭の中で
「?」を描きながら平井は増田が指した方を見た。岡田が壁にもたれて座っている・・・様に見えた。
「俺ら、いつもと立場が逆になってもうてん。ホンマやったら、ああなってんのは俺の方や。」
平井は増田の口調がさっきとは違う事に気づく。

・・・まさか壊れてもうたんちゃうやろな。

「もしかして・・・何も反応ないんですか・・・?」
「そこまで壊れてへんよ。・・・反応はあるんやどな、なに聞いても『ああ』しか言わんねん。」
どちらかといえば落ち込んだり喜んだり、「喜怒哀楽」の表現を出すのは増田の方で、
相方の岡田はどんな場面でも笑顔をしかみせない。特に「怒・哀」の部分は皆無だ。
傍から見ると冷静で反応の薄い、心が冷たい男のように思えるが、それは全て岡田の計算であり、
感情豊かな増田を引き立てる為、他の芸人と絡んで行くための岡田なりの配慮だった。
増田は平井の方へ向き直ると、相方を見ながらため息をついた。今にも泣き出しそうな顔。

408 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:37:30
「俺、アカンな。・・・相方があんな事なってんのに、なぁんにもしてやれへん。」
「傍にいてあげはったら、それだけでエエんちゃいますか?」
「せやけど俺、岡田のあんな姿、見てられへんねん。辛ぁて。どしたらエエんやろ。」
増田の口調が懸命に涙を堪えている時のソレに変わっていた。平井も返す言葉が見つからない。
2人は無言で岡田を見ていた。周りの雑音が耳に入らないくらい、岡田の姿を見つめていた。

・・・俺はなんで柳原の傍を離れへんようにしてる?相方が寂しがらんようにやろ。
・・・いや、相方の傍におる事で自分も安心したかったんかもしれへん。・・・離れたアカンねん!

「増田さん。」
平井は増田の顔を見る。増田は岡田を見たまま「ん?」と力なく返事をするだけ。
「増田さん。やっぱ今すぐ岡田さんの傍に行った方がエエわ。」
「え・・・。」
「逆の立場やったら岡田さんは絶対増田さんから離れようとせぇへんはずです。
それが増田さんにとって一番良い方法や思うはずですて。」
「・・・うん」
「反応あるんやったら、話しかけてるうちにツッコミはるかもしれへんし。」
「・・・そんなコントみたいに上手い事いけへんやろ。」
あの状態の岡田がツッコミを入れた時は、増田の思いが岡田の心に届いたと言う事じゃないだろうか。

409 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:38:06
「でも・・・。あの状態の岡田さんがツッコミはるて、相当の事や思いません?」
「まぁな・・・」
「ある意味、ボケとしての真骨頂ちゃいます?」
平井はわざとネタ中に使うふてぶてしい笑みを含めて言ってみた。平井にとっては一種のカケだ。
増田は平井の言葉に一瞬驚いた顔を見せたが、おもむろに立ち上がった。
その目は賞取りレースに出ている時の鋭い目に変わっていた。
「真骨頂て・・・自分、オモロイ事言うわ。最初の関門が相方か・・・。オモロイやんけ。」
増田はいつもテレビで見せる自信たっぷりの笑顔を見せると、ほないっちょやったるか!と言いながら
岡田の元へ歩いていった。平井の賭けは見事に成功した。
「あぁ、そうや。平井!」
「はい?」
「この借りは絶対返したるからな。楽しみに待っとけよ。」
「なら俺たち、冠番組持ちたいですわー。」
「アホか。俺らが欲しいわw」
増田は岡田の隣に座ると根気よく話しかけ始めた。きっとここから出る頃にはいつものますおかのはず。

・・・カッコエエ事言い過ぎた。相方が聞いてへんかったんだけ救いやなw

「・・・てか俺、相方ほったらかしやんw」
目の前の柳原はまだスヤスヤと眠っている。向こうではまだしぶとく生き残ってるようだ。
「がんばれや、相方ぁ。こうなったら優勝したったらエエねん。」

410 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:38:36
また後ろがざわつき始めた。今度こそ川島が起きたのかもしれない。起きた=死んだ事になる。
振り向くとそこにはうつろな顔をした川島の相方、麒麟・田村だった。平井は話しかけようかどうか迷った。

・・・何話すねん。お前の相方に殺されてん。とでも言うつもりか。言うた所で傷つくんはこの2人や。

躊躇していると田村の元に藤井隆が駆け寄り、2人して頭を下げあっている。
そして田村の元へ入れ替わり立ち代り川島の犠牲者達が声をかけている。田村の表情が暗い。
その後、給食当番風のお兄さんともいくつか会話を交わし、大方の事情は把握できたようだった。

・・・大変やな、あいつ。

ふいに田村と目が合う。慌てた平井はとっさに右手を少し上げてしまった。何か言わなければ・・・。

「おう。・・・おつかれ。目ぇ、覚めたん?」
「あ、はい。おつかれさまです。なんや、ボーっとしてますわ」
「そうかー」
とっさに出た言葉。「おつかれ」。

・・・何がおつかれなん?大変なんは今からかもしれんへんのに。

とりあえず、気まずい雰囲気から離れるために柳原の方を向いた。田村に背を向ける。
そうしてからどれくらい時が経過しただろう。気づけばタバコを吸い切ってしまっていた。

・・・どないしよ。タバコ吸いたいけど、相方の傍離れるわけにもいかへんし。

411 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:39:18

「逃がさへん!」
穏やかな、まったりとした空間の中で突然響き渡る金切り声。その場にいた全員の心臓がバクつく。
ボ〜っと天井を眺めていた平井もその声が相方のモノだと気づきながらも思わず仰け反ってしまった。
「・・・あぁ、ビックリしたぁー・・・」
ため息をつき周りを見る。ほぼ全員、こちらを凝視していた。周囲はあの声の主に聞き覚えがあるようだ。
「あ、スイマセン。相方の寝言でしたw」
『なんや寝言かぇ』『相変わらずやのー』『心臓に悪いぞ、その声』など笑い交じりの柔らかいツッコミをもらう。

・・・なんや、誰か捕まえたんかいな。それにしてもエライはっきりした寝言やで。

「元気そうで良かったわ。」
平井は安心したように体を後ろ手にもたれさせ、リラックスした。体が生きていることを教えてくれていた。

412 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 12:42:24
長すぎますね。柳原編書いてますとか言ったくせに、いざ書き始めると
他の芸人さんの顔がいっぱい浮かんできてしまって、本編でアメザリと
絡んだ人たちを伏線にしようと考えたのが長くなった原因でした。

>>411 で柳原が寝言言ってます。
この寝言は本編では死ぬ直前なので、次回投下するときは柳原を起こしますw
起きて貰わないと困りますので、頑張ります。

駄文・乱文、失礼致しました。

413 :シフクノタネ:05/03/18 23:24:32
ナダギブ編は148さんが書かれたようなので、
アップダウンの天国編を書きたいと思います。
書こうと思ってる方、いらっしゃいますか?

あと、サカイスト(+彼らの師匠)、ピース(線香花火+綾部祐二)を
書こうと思っている方、いらっしゃいますか?

414 :148@ナダギブソン:05/03/18 23:29:30
大変遅くなりましたが、ちょっと投下します。
>rrr....さん、お待たせして申し訳ありません。


415 :148@ナダギブソン:05/03/18 23:31:19
ログハウスに逃げ込んで早2日半、
時折聞こえてくる放送でかつての仲間達の名が流れるたびに2人は肩を落としていた。
柳谷は、涙が枯れて無くなるまで泣き続けた。
同じ舞台に立っていた尊敬する先輩、可愛がっていた後輩…皆、
柳谷を置いて彼の前から姿を消して行った。
灘儀もまた、読み上げられる名前を聞くたびに、柳谷に気付かれぬように涙を流した。
劇場でも年長者の部類に入る灘儀にとって、弟のような存在だった後輩達。
そして、同期であるFUJIWARA、千原兄弟、バッファロー吾郎…。

2人にとって、「プラン9」というユニットの繋がりと
再起のきっかけを作った劇場はとても大きな存在だった。
一度は芸人として舞台を去った自分達が、
再び舞台に立つきっかけを作った…大切な仲間。
そして、再び自分の存在意義を見つけた劇場。

「仲間」「場所」「自己の存在意義」何もかもが、
二人の前からどんどん遠ざかって…手の届かない場所へと行くような錯覚さえ覚えた。
絶望という物は、こうも容易く人から様々な物を奪い去っていくのだろうか。

明日さえも見えないこの状況で、2人はただ放送を聴き続けるしかなかった。

涙が枯れてしまった柳谷の口からは、途切れる事のない不安がため息として何度となく表れていた。
灘儀さえも、自分の無力さに肩を落としソファーに腰をかけていた。


416 :148@ナダギブソンショー:05/03/18 23:33:08
そんな中、ソファーに座る灘儀がふと顔を上げる。
遠くで聞こえる物音。周囲の草を掻き分け…そしてログハウスに近づいてくる。

「ギブソン、……お前は、ソファーの後ろに隠れとけ。…歓迎できへん客人がやってきたみたいや」

ゆっくりと起き上がると気配を消して、銃を片手に玄関のドアへと近づいていく。

こちらに向かう足音は1つ。
ガサ、ガサ、ガサ。

その足音は確実に、二人のいるログハウスを目指している。
敵か、味方かさえもわからない。
そっと、玄関の僅かな隙間から外を覗く。
薄暗くてよく見えないが、誰かが近づいてくることだけはよくわかった。

その人物がログハウスの階段の手すりに手をかけた瞬間。
一発の銃声が響き渡る。


417 :148@ナダギブソンショー:05/03/18 23:34:44
…その銃声は、灘儀の手にした拳銃から発せられたものだった。

「灘儀さん!?」

思わず、ソファーの後ろに隠れる柳谷が声を上げる。

「…安心せえ…。これ以上近づいたら、次ははずさへん。最終警告やぞ」

銃声に慌てる人影、だが人影はその場から立ち去ろうとはせずに灘儀に声をかける。

「…灘儀か〜!?俺や俺や、俺や俺や!!」

必死で自分の存在をアピールするが、どこか情けない声。
だけど、何故だか聞き覚えのある…情けない声…。
灘儀の頭の中で、様々な芸人の顔が浮かんでは消えていく。
何度かNGKの通路ですれ違った…覚えのある先輩の顔…。


「…その声、もしかして・・・高山さん!?」


漸く繋がった、パズルの答えに灘儀は素っ頓狂な声を上げる。
慌ててドアを開けると、そこに立っていたのは、ケツカッチンの高山だった。
先ほどの銃声で、僅かに膝がわらってはいたが…。

418 :148@ナダギブソンショー:05/03/18 23:37:18
「灘儀、ほんまに撃つなっ!…俺、こういう状況なんてはじめてやから、
めっちゃ、びびってまうわ!」

足をふらつかせながら、高山は一歩ずつ階段を上がり、
ログハウスの中へ入ってきた。
そのやり取りを聞いた柳谷も、慌てて玄関へやってくる。

「高山さん!?…どないしはったんですか?」
「あー、ギブソンか…」

中に入ると、高山は安心した顔で床にへたりこんでしまう。
2丁目時代に灘儀が見ていた先輩の風格や何もかもが、
今は消えてなくなってしまっているかのように。


419 :148@ナダギブソンショー:05/03/18 23:39:05
「高山さんまで、ここに参加してるなんて…修さんはどないしはったんですか?」

高山を落ち着かせる為に、柳谷がコーヒーをいれ差し出すと、
ぽつりぽつりと、高山は今までの経緯を話し出した。

高山の相方、和泉修は参加して間も無く行方がわからなくなったこと。
気をつけて、毎時の放送に耳を傾けていたが死亡者リストには入っていないこと。
自分も、相方を探した…否、彼が出るときに半ば強制的に
待ち合わせ場所を指定されたが、指定された時間になっても彼が現れなかったこと。


「結局、兄さんはまだ見つかってないねん。…一体どこで何をしてるんやら…
 あの人は、ああいう性格やから拳1つで何とかしそうやけど今回ばっかりはこんな状況や…」


そう呟くと、高山は肩を落とし、俯いてしまう。

希望の光が、見えない人間がまた1人…。
国家の定めた遊戯とはいえ、
自分達の運命を翻弄するこの遊戯にただ3人はため息を漏らすことしか出来なかった。

420 :148@ナダギブソンショー:05/03/18 23:43:54
一先ず、ここで一旦区切らせていただきます。
続きが出来ましたらまた投下したいと思います。

万が一ではありますが、ケツカッチン高山氏を
使用される予定の方がいらっしゃいましたら、
先に使ってしまい申し訳ありません。

あと、おまけと言ってはなんですが過去に書いてあった
ロザン宇治原集団催眠編を投下してもよろしいでしょうか?
もしかしたら、書くと宣言された方がいらっしゃるかもだったので
お伺いをたてます。

>シフクノタネさん
後出しで申し訳ありませんでした。

421 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :05/03/18 23:56:09
148さん、素晴しいお話をありがとうございました!
メッチャ楽しませて頂きました!!

私に申し訳ないなんてとんでもないですよ!むしろ、私の方が申し訳ないなと思ってました。
148さんが投下宣言をして下さってたので、私が先に投下すると期待して待っている人に
悪いなーと思っていたのですが、キリの良い所まで完成していたので、お先に投下してしまいました。
こちらこそスイマセン。

ロザン宇治原集団催眠編、期待してます!頑張って下さい♪

422 :名無しさん:05/03/19 00:04:27
同じくロザン宇治原編楽しみにしてます!



423 :名無しさん:05/03/19 15:53:16
すいません、書き手募集の芸人さんって何人くらいいますか

424 :あお:05/03/19 16:50:08
このゲームが開始してどれくらい経過しただろうか。
ワッキー(ペナルティ)はひとり森で佇んでいた
「みんな死んだなー。俺も死ぬのかな…」
ポツリとそうつぶやいた。
何気なく横を見ると、遠くで誰か倒れているのが見えた。
目を凝らしてみてみると、顔は確認できないがその男の腹はミンチ状に斬りつけられていて、
かなり時間が経過しているのか、ハエが大量にたかっていた。
そういえば、激しく鼻を突く死臭もしている。
なぜ、今の今まで気づかなかったのかが不思議なくらいだ。
しかし、ワッキーは特に何も感じなかった。あらゆる場面で死を直視するだびに、
「死」という恐怖が抜け落ちていった。
(慣れっつうのは怖ぇな。こんなん見ても何も感じないなんて。)
とワッキーはつくづく思った。

425 :あお:05/03/19 16:54:24
「自殺、か…」

ふと、ワッキーはつぶやいた。
今までに何度もこの言葉に頭を支配され、時には魅力的な行動にさえ感じ、
カッターナイフを自分の喉に何度も突きつけ死のうとさえした事もあった。
しかしできなかった。
それは相方のヒデの存在が大きかった。
高校時代からいつも隣にいてくれた相方の顔がいつも自殺寸前に思い浮かび、
カッターナイフを持つ手が下へと下がっていった
そしてワッキーは決意した。ヒデさんと一緒に生き延びよう、と
「まだ呼ばれてないはずだよな。絶対にヒデさんと生き延びてやる!」
ワッキーは力強くつぶやき、ヒデを探すべく立ち上がった。
ワッキーがどちらの方角に行こうか迷っていると、
「あれれ〜?ワッキーさんですかぁ?」
と後ろからやけに能天気な声が聞こえた。
振り返るとそこにはあべこうじが大きく手を振っていた。

426 :あお:05/03/19 16:55:03
「ワッキーさんまだ死んでなかったんですね〜!」
とウザイ笑顔満開で駆け寄ってきた。
ワッキーはその笑顔に一瞬吐き気のようなものを感じたが、
あべこうじが素手であることを確認し、できるだけ冷静をよそおうことにした。
「よかったですよ〜。ワッキーさんまだ生きていて。」
と、笑顔を顔に貼り付けたまま、あべこうじは嬉しそうに言った。
(『よかった?』どういう事だ?ってかなんでコイツこんなに笑顔なんだよ)
とワッキーは眉をひそめた。
「?なんでワッキーさんそんな怖い顔をしてるんですか?」
「え?あぁ、俺人と話すの久しぶりだからさ。それにスゲェ笑顔だから驚いてたんだよ。」
ワッキーもぎこちなく笑顔をつくりながら話した。
「あぁ〜、そういえば僕もちゃんと人と話すの久しぶりだな。」
あべこうじは宙を見ながらつぶやいた。

「見つけ次第、即殺してたから」


427 :あお:05/03/19 16:56:13
「えっ?」
そっけないその一言にワッキーの背筋が凍った。

『殺される』

直感的にそう感じたワッキーは素早く後ろを向き、思いきり地面を蹴った。
森の中で一度逃げてしまえば、木が邪魔になり見つかりにくくなるだろうという考えがあったからだ。
しかし、それを嘲笑うかのように、次の瞬間凄まじい爆音と爆風が炸裂し
ワッキーの体はあっけなく後方へ投げ飛ばされたしまった。
「ってぇ…なんだよ…」
全身に痛みが走るのをこらえつつ、ワッキーはあべこうじの方を見てみた。
すると、あべこうじの手に手榴弾が握られているのが見えた。
「くそっ、汚ねぇ…」
「あ〜、死んでなかったか。余計に痛い思いさせちゃってごめんね。
あべこうじはまるでネタのように明るい口調で話した。
(こいつ…人を殺すの楽しんでやがる…)
「次は苦しまずに殺してやりますよ。」
不敵な笑みを浮かべながら、あべこうじは二発目の手榴弾に手をかけた。
「死ぬ」と思ったワッキーは硬く目を閉じた。

428 :あお:05/03/19 16:57:36

ズタァァァァァン

と一発の銃声が森に響いた。
目を開くと、そこにはあべこうじが倒れていて背中から血を吹き出していた。
少し遠くに目をやると、そこには
「ヒデさん!?」
ヒデが笑顔で立っていた。

429 :あお:05/03/19 16:58:50
遅くなってすいません&下手ですいません。
次も期待しないで待っていてください。

430 :148@ロザン宇治原集団催眠編:05/03/19 22:56:50
…遠くで声がする。懐かしい、劇場のざわめきが…。
…楽屋で出番を待ち焦がれていると進行係が、自分達の出番を告げてくれた…

…だけど…体中がギスギスと痛んで…
…舞台に立つどころじゃないと、菅を見ると菅は笑いながらこう言った…。



「舞台に立てないんやったら、お前はもう相方やないわ…用無しって事や」




自分は用無しではない。まだ、舞台に立ちたいと思っていた。
だが、宇治原の体は一向に言う事を聞かなかった。
それでも声の続く限り、遠ざかる菅に何かを伝えようとした…。


そこで、映像は途切れた。


慌てて目を覚ましあたりを見回すと、ランディーズ、キングコングそして、
劇場での馴染みのある先輩芸人や後輩達が心配そうに自分達を囲んでいた。
「宇治原、お前に託したのに早々に起きやがって〜」
頭上からの声に見上げると、そこにいたのは先ほど自分の目の前で息絶えようとしていた
ランディーズの高井がいた。
先ほど自分が見た高井とはうって変わって、いつもと何ら変わりの無い…
相変わらず元気そうな高井がそこにいた。

431 :148@ロザン宇治原集団催眠編:05/03/19 22:58:04
「お前、途中まで珍しくめっちゃカッコよかったのになぁ〜」
そう言うのは、ランディーズの中川。
彼もまた、先ほど自分が見た時には高井と同様血に塗れ、
今にも息絶えようとしていたのに。
「あの、高井さん、中川さん、これ一体…」
今の自分が置かれている状況を把握できずに、再び宇治原は辺りをきょろきょろと見回す。
自分を囲う人ごみが僅かに途切れ白衣を着た女性が目の前に現れた。
「ロザン宇治原さん、大変惜しかったですね。
 菅さんを止められるのはあなただけだと思いましたが…」
「え、あの、これなんですか?」
「集団催眠実験です。これ以上は重要機密となっていますのでお教えできませんが…」
白衣を着た女性は、端的に用件を述べるとさっと宇治原の脈拍や眼球をチェックし、
異常が無い旨を告げると失格と書かれたワッペンを手渡しその場を後にした。
「…実験?…あの、傷の痛みもリアルな映像も…すべて催眠…」
現実主義者である宇治原は女性の言葉を俄かに信じがたかったが、
今こうして自分が生きているという現実をつき付けられている以上、
宇治原は納得せざるを得なかった。

「それにしても、菅さんは一向に起きないっすね〜」
のんきそうに呟くキングコング梶原の声に、
宇治原は忘れかけていた相方の存在を思い出した。
「俺、菅ちゃんにやられてん。あいつ怖いわ〜」
「俺も俺も、菅にやられた。強かったなぁ」
周りを囲んでいた芸人達からも感嘆の声が漏れる。

宇治原達の心配を他所に、まだ菅は隣で眠っていた。
悪夢にうなされている様子も無く、表情はどこと無く楽しそうにも見えた。
一体、彼がどんな夢を見ていたのか…宇治原には知る由もなかった。


432 :名無しさん:05/03/20 14:14:21
始めまして
もし書かれてる人がいませんでしたら
東京ダイナマイトの話を書きたいのですが宜しいでしょうか

433 :名無しさん:05/03/20 18:10:10
432>
あ〜・・・松田さんのほうはもう出ていたと思うので・・・
どうでしょう・・・

434 :名無しさん:05/03/20 19:07:40
>>348
>>397
すいません。以前POISON予約してた者何ですが、
降りたいと思います。
もし書こうと思ってらっしゃる方居ましたらどうぞ。
報告遅くなって申し訳ないです。

435 :名無しさん:05/03/20 22:02:48
>>432
松田さんは初期の頃に亡くなってますね。

436 :名無しさん:05/03/21 00:13:01
>>406-411
rrrさんいつも楽しく拝見してます。
アメザリとますおか集団催眠編、めちゃくちゃ面白いです。
柳原にも早く起きてほしいような、夢の中でも死んでほしくないような…
続きも楽しみにしてます。頑張ってください!

437 :シフクノタネ:2005/03/21(月) 16:00:37
前に予告してたアップダウンの天国編を投下します。
またしてもぐだぐだですが

『天国編〜アップダウン〜』

扉の前に、2人の男が立っていた。

「じゃ、先に行くからな」

「おう。…はー、自殺なんかしなきゃよかったな。すぐに向こうに行けないなんてさ」

「ばーか、それなら俺が殺したかもしらないぞ?」

阿部は、竹森を小突いた。
竹森は小突かれたところを押さえながらも笑い、阿部もつられて笑った。

「俺が向こう行ったら、またドラムやってくれる?」

「他に務まるヤツがいるかよ」

竹森はポケットからピックを取り出し、阿部に渡した。

「約束だから」

「約束、な」

ピックを握りしめ、阿部は扉の向こうに消えていった。

竹森は、閉じた扉をしばらく見つめていた。


《『天国編〜アップダウン〜』終》

438 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/03/21(月) 21:27:28
>>436さん

ありがとうございました!
なんかこのまま自分の好きなように書いていくといつまで経っても柳原が起きないので、
起きる為の伏線として寝言を言わせたんです。ただ、今度の投下で完結するとは限らず・・・w
完結出来るよう頑張ります!!

439 :名無しさん:2005/03/22(火) 10:57:48
ミサイルマンは出てきてますか?

440 :名無しさん:2005/03/22(火) 15:19:48
みんな上手くてびっくり

441 :名無しさん:2005/03/22(火) 17:11:37
トータル・タカトシ・ポイズンあたりで書いてみようかと思ったのですが…
タカトシもトータルも登場してませんよね?

442 :名無しさん:2005/03/23(水) 00:35:00
まだだったと思います。

443 :名無しさん:2005/03/23(水) 18:03:17
vol.4とか5のhtml化待ちって見れないんですか?

444 :名無しさん:2005/03/23(水) 18:46:33
>443
に/く/ちゃ/ん/ね/る
でぐぐって「お笑いバトルロワイヤル」で検索すれば多分全部観れますよ

445 :名無しさん:2005/03/24(木) 13:06:02
>>0
んなわけねえだろ!!!

446 :名無しさん:2005/03/24(木) 15:56:24
>>445 もうエエわ!

どうも、ありがとうございました〜〜〜!!

447 :名無しさん:2005/03/24(木) 16:09:27
は?

448 :名無しさん:2005/03/24(木) 22:46:43
>>443
是非>>165をば御覧あれ
訊く前にね

449 :名無しさん:2005/03/25(金) 16:11:56
age

450 :名無しさん:2005/03/26(土) 10:24:54
ハリガネの書き手さんはもういないのだろうか…orz


451 :名無しさん:2005/03/26(土) 11:08:23
最近書き手さん忙しいみたいだね

452 :あお:2005/03/26(土) 11:37:30
「ヒデさんっ!?」
ワッキーは立ち上がり、ヒデに駆け寄ろうとした。
が、立ち上がった瞬間、全身に激痛が走り、ワッキーは転倒してしまった。
どうやら、さっきの衝撃で体のあちこちに骨折や火傷をしてしまったらしい。
「おっ、おい!大丈夫か?」
血相を変えて慌ててヒデが駆け寄ってきた。
駆け寄ろうとしたつもりが逆に駆け寄られたことに心の中で苦笑しつつ、
ワッキーはヒデと再開できた喜びに涙を流した。
「…よかった…よかったぁ…」
「おいおい、泣くなよ。余計に気持ち悪くなるだろ!」
「だって、どこを、探しても、いないから、もう、会えないかと…」
「……」
返す言葉が見つからなかった。
「何言ってんだよ!」
と笑い飛ばす明るさも、
「俺も会えないと思ってた。」
と正直に言える勇気も、今のヒデには持ち合わせていなかった。
ヒデはただ、「よかった」を何かの呪文のように唱える
ワッキーを見守るしかなかった。

453 :あお:2005/03/26(土) 11:40:17
時間が無いので、今日はココまで。
次回にはどどーんと書けたらいいなぁ…
と思っています(汗)

454 :名無しさん:2005/03/26(土) 14:13:51
>>452>>453
すごいいい!
お疲れ様です

455 :名無しさん:2005/03/26(土) 16:20:23
自演age

456 :名無しさん:2005/03/26(土) 17:08:06
ランとかキンコンとか前の話で死んでなかったっけ?この話は前の続きものじゃ無いの?

457 :名無しさん:2005/03/26(土) 17:24:42
>>456
集団催眠編って書いてある
番外編というか、実は実験でした的な話で死んだもなにもってか過去ログ嫁

458 :恐縮です・・・:2005/03/26(土) 20:31:38
全ての芸人が、壮絶な殺し合いの上・・・死に絶えた。
廃墟と化した、学校の男子トイレの大の方から、なんと一人の男が!!

ドンドコドン平畠「ふぁーー、すっきりしたわー」

たけし先生「君が、勝者だ!おめでとう!」

ドンドコドン平畠「???何が起こったんですか!!??」

そして、エンディングロール

459 :名無しさん:2005/03/26(土) 20:33:32
>>458
氏ね。

460 :名無しさん:2005/03/26(土) 20:41:32
たけしを殺せば最初から殺し合いやらなくて済んだ
のにといつも思う

461 :名無しさん:2005/03/26(土) 21:48:29
それを言っちゃあおしまいよ (^_^;

462 :名無しさん:2005/03/26(土) 23:34:50
>>458にワロてしまった自分が悔しい

463 :名無しさん:2005/03/27(日) 12:41:53
殺し合いなんてやめましょう!

464 :名無しさん:2005/03/27(日) 15:56:41
は?

465 :名無しさん:2005/03/27(日) 16:09:44
>>463
釣りですね

466 :名無しさん:2005/03/29(火) 00:18:45
>>457
集団催眠編って、いわゆる夢オチって事でいいんですよね?

467 :名無しさん:2005/03/29(火) 13:00:38
一通り見たつもりなんですが見逃してたらスミマセン
ワイビーワン書きたいのですが出てませんよね?
メインとまではいきませんが結末だけほんの少し使いたいのです

とは言え224さん辺りが使うのだったら喜んで手放します

468 :名無しさん:2005/03/29(火) 14:25:02
いつまで続くの?

469 :名無しさん:2005/03/29(火) 22:16:50
>>468
終わるまで

470 :名無しさん:2005/03/30(水) 00:38:50
永遠に終わらなそう。
芸人はどんどん湧いてくるし。

471 :名無しさん:2005/03/30(水) 00:54:50
じゃあこれから新しい芸人出すのをストップするか、もう思い切って
新しく始めるかにしたら?

472 :名無しさん:2005/03/30(水) 00:56:20
>>471
つい最近のログくらい嫁

473 :名無しさん:2005/03/30(水) 01:03:48
>>205
北陽・伊藤一行の続きはどーなってる?なんなら伊藤の最期でも書いてみようかと。
差し出がましいようだけど(^ ^;)。

474 :名無しさん:2005/03/30(水) 08:53:38
あげとく

475 :名無しさん:2005/03/30(水) 09:03:38
終わる必要なんてないじゃないか

476 :名無しさん:2005/03/30(水) 11:19:30
同意
ここまで来て続けないなんてナンセンス

477 : ◆gvBXpGyuyc :2005/03/30(水) 11:35:39
>>473
書き手です。遅れてスマソ。さっそくうpします。>伊藤さんご一行編
今まで以上にへっぽこですが・・。
マジでほかの書き手さんが神に見えてきます。トホホ。

478 : ◆gvBXpGyuyc :2005/03/30(水) 11:46:46
Vol.7,>>313の続き。・・って時間かかりすぎ。

 「・・・?」
テツがふと向こうを見る。
林道の向こうから伊藤が歩いてくる。田上、ダンディ、ユリオカも彼女に続く。
「・・・中本さん、久しぶり。・・って鈴樹ちゃんがいないみたいだけど・・・」
田上があたりを見渡しつつ言う。
「鈴樹ならケンカの場所を思い出したとかって先に行った。」
「そっか。なら早く向かわないと。」
そういって伊藤はテツ達をせかす。
「・・・あ、ああ。そうだな。」
突然明るくなった伊藤を見て少々戸惑うトモ。
「それじゃあ、行こう!」
伊藤はそう言いつつ駆け出す。テツとトモも彼女を追いかけ走り出した。
「・・・・・・・。」
田上とユリオカは伊藤の後姿を見、ただただ黙り込む。
「・・・なぁ、田上・・・。」
「どしたの?」
「やっぱさ、伊藤を放っておけない。」
「・・・・ユリオカ君・・・それでも伊藤ちゃんを無理やり立ち直らせてもかえって・・・」
「それでもずっとこうしているわけにはいかない。
・・・・あのまま悲しみを押し込めておいたままではあいつの心に負担がかかるからな・・」
「・・・・・・・・。」
しばらく沈黙が続く。
「ユリオカ君!あんたの言うとおりね!行くわよ!」
「ああ。」
と、ユリオカ。

479 : ◆gvBXpGyuyc :2005/03/30(水) 11:49:14
>>478の続き。
「・・・ねぇ・・ちょっと・・・」
ふと振り返るユリオカと田上。ダンディの表情が暗い。
「どうしたっての?」
「・・・ダンディのジョーク・・・」
「は?」
「ダンディのジョーク・・・伊藤ちゃんに聞いてもらえなかった・・・。」
頭を垂らし、とぼとぼと歩く。まさに絵に描いたような落ち込みようである。
すっかりしぼんでいるダンディを見て田上は半ば呆れて言う。
「・・・・そんなことよりも早く行くわよ。伊藤ちゃんを慰めに行くんだから。」
「え・・ええ??」
「いいから!」
ユリオカにせかされ、ダンディは立ち上がり歩き出した。
「・・・・・ね、大丈夫なの?今の伊藤ちゃんを無理に立ち直らせようとしたら・・・」
後ろからそうたずねるダンディに田上は返す。
「大丈夫だっつーの。」
数分も経たぬうちに田上達は伊藤達に追いついた。
「よしえさん、おそ〜い。」
と、伊藤。
「い・・・伊藤ちゃん・・・。」
伊藤の前に田上が立つ。
「・・・・・本当は、悲しいんでしょ?虻ちゃんのこと・・・」
「・・・・・・・・よしえさん??」
「私、伊藤ちゃんの気持ちよく分かるよ。」
「・・・・・・。」
表情を曇らせ、うつむく伊藤。さらに田上は続ける。
「今の状態を続けていたらきっと辛いと思う。辛さを無理やり押し込む必要はないから・・・」
「・・・・よしえさん・・・」
伊藤はしばらく、田上に抱きついたまま泣き続けた。

480 : ◆gvBXpGyuyc :2005/03/30(水) 11:52:11
>>479の続き
数分後。過去から吹っ切れた伊藤が皆をせかす。
「みんな、早く行こう!」
「そーね!早くしないとあの4人が大変なことになるわね!」
と、田上。他の面々も力強い表情をしている。
「・・・・・・。」
そんな中、ダンディは1人落ち込んでいた。
「ダンディ、どったの?」
「ジョーク〜・・・・・。」
まだダンディはジョークのことを気にしているようだ。
それほど自信があるジョークだったのだろうか。
「だあああああっ。ダンディ、あんたって人はっ!」
一喝。田上はダンディの頭を平手ではたいた。
「いたーい。」
涙目で訴えるダンディ。
「とーにーかーくっ!全員出発!」
田上の掛け声で全員は一斉に海岸に向かって走り出した。
「結構時間食ったわねっ!」
「ああ。手遅れにならないうちに・・・海岸に急ごう!」
ユリオカと田上。走りながら2人は話した。
時刻は午後6時近く。次第に周りの空は暗さを増していた。


481 : ◆gvBXpGyuyc :2005/03/30(水) 11:54:09
以上です。遅れてすみません・・。マジで・・。

482 :名無しさん:2005/03/30(水) 12:04:39
HJ

483 :名無しさん:2005/03/30(水) 16:00:17
ブロンクスって何処に出てきたんですか?
まとめサイトでこの小説読んでるんですが、見当たらなくて…

484 :名無しさん:2005/03/30(水) 20:03:10
>>483

>>444

485 :名無しさん:2005/03/30(水) 21:19:25
案外、喋り方とか二人称とか分からないもんだね
書きたいのはヤマヤマなのに

486 :名無しさん:2005/03/31(木) 00:11:19
>>479の続き
お、どーもです。そこでこちらで書いた分を。間違ってるトコとかないかなあ(^ ^;)。

翌日―その日は朝から雨が降っていた。海岸のとある廃墟の屋上に、北陽・伊藤の姿
があった。今朝早くこの場所にたどり着いた一行は手分けしてカンカラメンバーを探す
事にし、伊藤はそんな中1人でここに上がってきたのだった。
「ここなら見晴らしいいから、早く見つかるかもね」
降りしきる雨に濡れるのを気にする様子もなく、そんな事を考えながらあたりを見回す
伊藤。とその時、後ろに人の気配を感じた。振り向いてみると…そこにいたのは
陣内智則だった。
「あ、陣内さ…  !? 」
しかし、何か様子がおかしい。鬼気迫る表情、体全体から立ち上る妖気。そしてその手に
握られた、禍々しい刀。ただならぬ気配にとまどう伊藤に、陣内は無言のままいきなり
斬りかかってきた!
「 ! ! 」
伊藤はそれをかわしつつ、自分も刀を抜いて応戦する。が、陣内の容赦ない攻撃に
よって次第に屋上の端に追いつめられていく。追いつめられた伊藤に、じりじりと迫る陣内。
伊藤は両手で頭上に刀を構え、眼前の陣内めがけて振り下ろす…が、次の瞬間!

487 :名無しさん:2005/03/31(木) 00:12:19
>>486の続き

ドンッ!
陣内の刀が一閃すると、軽い衝撃と共に刀を構えた伊藤の両腕が、そのままの形で
血しぶきと共に宙を舞っていた。そして間髪を入れず、
ドスッ!
次の瞬間には伊藤の胸に、陣内の刀が深々と突き刺されていた。
「じ…陣…内さ……」
刺さった刀が抜き取られると同時に、伊藤の胸と口から大量の血があふれ出す。そして
伊藤はそのままバランスを崩し、屋上から落下していく。少しの間の後、あたりに「ドサッ」
という物音が響いた。

静寂の中に、雨音だけが響く。地面一面の血溜まりの中に、伊藤は力なく横たわっていた。
次第に遠のく意識の中、眼前にはただ灰色の雲だけが広がる―とその時、ぼんやりと
浮かび上がる人影。それは―虻川の姿だった。こちらに手を差し出すその姿は幻覚か、
それともあの世からの迎えか―
「あ、虻…ちゃ……ん………」
伊藤は眼前の相方に、震えながら肘から先のない両腕を差し出す。目からはとめどなく
涙があふれ、鮮血に染まった唇は笑みの形に歪んだ。やがてその腕が静かに落ち、
まぶたがそっと閉じられ――伊藤ははそれっきり、二度と動き出す事はなかった―。

【北陽・伊藤さおり 死亡】

488 :名無しさん:2005/03/31(木) 01:05:09
そういや陣内さんて村正いったん手放してなかったかな。
てか陣内さんが村正手に入れてからオジオズに会うまでの経緯って
書かれてないっぽくない?

489 :名無しさん:2005/03/31(木) 01:24:03
乙です!
陣内さん久しぶりに出ましたねー・・・


490 :名無しさん:2005/03/31(木) 01:32:08
>>488
前スレで「村正を正宗の所へ持って行く途中に身投げした」みたいなこと書かれてたけどその理由は不明だったはず。
多分。

491 :名無しさん:2005/03/31(木) 12:39:51
ななせです。
こっちでオジオズに会ってからそうなるまでの
経緯を書かせてもらってもいいですか?
時間はかかるんですけども。どうでしょう。

492 :名無しさん:2005/03/31(木) 16:24:53
>>484さんありがとうございます。

493 :名無しさん:2005/03/31(木) 18:08:12
あ、ななせさんだ。今度は怒られないように書いてくださいね?

494 :名無しさん:2005/03/31(木) 23:17:39
待ってますよwガンバレ

495 :名無しさん:皇紀2665/04/01(金) 01:15:51
わっ、陣さんまでターミネーターキャラに!?

496 :名無しさん:芸人暦09/04/01(金) 18:02:47
◆gvBXpGyuyc さん&>>486->>478さん乙です!
…遂にはねトびメンバー全滅かぁ

497 :名無しさん:芸人降臨2006/04/02(土) 01:33:04
>名無し系 ◆SiuiRPyJ32さん
メルヘンズ編、ちょっと書いていいですか?

498 :名無しさん:芸人降臨2006/04/02(土) 12:06:11
>ロザン書き手さん
菅視点の催眠実験編書きたいんですが、
いいでしょうか?

499 :名無しさん:芸人降臨2006年,2005/04/02(土) 18:04:22
>>376の続き

それからしばらくの間、メルヘンズの2人は廃墟の中を探索していた。
「それにしても…よーけ死んどるなぁ。ここも死体の山や」
「ホンマになぁ。いくら見てもこれだけは慣れそうにないわ」
そんな会話を交わしながら歩いていると、突然暗い廊下の奥から叫び声と激しい
物音が響き渡ってきた!
「な、なんやぁ !? 」
「行ってみよ!」
吉澤と芝川は暗い廊下をひた走りに走った!
叫び声と激しい立ち回りの気配は数秒でやみ、次いで何者かが走り去る気配が
した後は、すっかり静まり返っていた。
「うわっと !? 」ドターン!
先を走っていた芝川が何かに足を滑らせ、激しく転倒した!
「おい、大丈夫か?」
「……イテテ…とりあえず大丈夫や。それよりなんや?床になんかヌルヌルする
もんがこぼれとるで」
芝川は手で床を触り、目の前にかざしてみた。
「この鉄っぽい臭いは……血や!ここは一面血の海やで ! ! 」
とその時、吉澤が何かに気づいた!
「 ! ! 」
「どうした?」
「あ、あ、あ、あ、あそこ…あそこに、芝川くん ! ! 」
動揺し激しくどもりながら吉澤が指し示す方向には何か大きな「物体」が転がっている…。
転んでぶつけた腰の痛みも忘れて、芝川は「物体」に駆け寄った。
「あ、あんたは !? しっかり!しっかりしてやぁ ! ! 」
…血の海の中、物言わず倒れていたのはドリフターズ志村だった。

500 :名無しさん:芸人降臨2006年,2005/04/02(土) 22:16:05
>>491
すいません。ちょっと聞きたいんですが、「そうなるまで」っていうのは
「伊藤ちゃんを殺すまで」の経緯のことですよね?

501 :名無しさん:2005/04/03(日) 00:28:18
ちょっと緊急事態ですよ。今までミラー作ってた方がおやめになるそうで、作った
ミラーも全部消しちゃったんですよ。つきましては、なるべく早くまとめサイトか
どこかに過去ログ(持ってる人がいたら)アップした方がいいかと。でないと
書き手さんにも影響するだろうし。



502 :名無しさん:2005/04/03(日) 13:42:35
そういや、硫酸とかの溶解液が武器のキャラって出てません?溶解液を噴射する
消火器みたいのとか。これでドロドロに溶かされて死ぬ所って、悲惨よね(^ ^;)。

503 :ななせ:2005/04/03(日) 15:49:27
>500
そうですよ〜。言葉足らずですみません。

504 :名無しさん:2005/04/03(日) 15:54:24
>>501
まとめサイトなかったでしたっけ?

505 :名無しさん:2005/04/03(日) 20:05:05
>>504
あるにはあるけど、所々抜けてたりするのよ(NON STYLEとかが載ってないみたいだし)。
それにそのサイトにあるスレのリンク先でも、やはりdat落ちしてるスレは見れないし。
あと、溶解液があるなら火炎放射器とか持ってる人がいてもよさそうだな。

506 :名無しさん:2005/04/03(日) 20:50:46
余ってるサーバーはいっぱいあるので、載せる事ができるのですが、
過去ログとかそういうのを全部メールか何かで私にくれる事が出来たなら
私が管理していっても良いのですが。

507 :名無しさん:2005/04/04(月) 03:10:30
武器類の中に爆弾の作成法メモみたいなヤツ出しても平気ですかね。
化学肥料と車の部品から作れる簡単なヤツですが。
普通にダイナマイトや爆弾でもいけるのですが既出な上に面白みにかけるかと。

原作読んだけど忘れた&まとめサイト読んでも普通な感じの武器が多いんで、
自分の一存でいきなり出しちゃおかしいかと…

508 :名無しさん:2005/04/04(月) 17:16:38
>>505
以前、ノンスタが見当たらないって此処に書いてた者です
あれ、まとめサイトをスクロールしたらちゃんとあったんです(恥

>>507
あー自分も勝手にそう言う武器書いちゃってる所です
そっか許可か…

509 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:37:27
お久しぶりです。アメザリの集団催眠編を書いている者です。
昨日まで執筆が全く出来なかったのですが、今日途中まで書いたので、投下します。
スイマセン。まだ終わらなくて。そろそろウザくなって来てたらごめんなさい。

510 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:38:20
>>411 つづきから

崖からのダイブ。落下時の加速と吹き上げる強風のおかげだろうか、柳原には苦痛も恐怖もなかった。
おそらく着水前に意識も飛んだのだろう。

のちに彼はこう言っている。
『あん時な、溶けてくような感覚やってん。映画とかでようあるやん。
吸血鬼が太陽浴びて灰になって散ってくシーン。あんな感じやったわ。』

そんな不思議な感覚を味わって・・・。もう柳原という存在自体が消えたはずだった。
気づくと何処かのスタジオにいた。客が目の前にいる。左右をみると漫才師が並んでいる。

・・・あれ?・・・俺、M-1出てんのや。もう出られへんちゃうかった?

「何ボーっとしてんねん。今から始まんねやで。」
後ろから相方の声がする。
「わかってるわ」
そう呟いた瞬間、パッと目の前が変わった。楽屋?M-1の楽屋。

・・・控え室やん。えっ?今、どういう状況やねん。

「それでは、惜しくも敗退したアメザリの柳原くんに聞きましょか」
リポーターの木村祐一が柳原の前にしゃがみ、マイクを向ける。
「惜しかったですね。あと少しでファイナルやったのに。」

・・・惜しかった?

「あ・・・はい。残念です。」
「どした、柳原くん。放心状態か?」
「いや・・・大丈夫です、ハイ」

・・・負けてんや。また、負けた。

511 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:39:20
泣きそうになった柳原がうつむいた途端、また目の前が切り替わった。
自分の足が見える。視界には左右と前に白い壁。足下にはイス・・・?
「トイレ?」
顔を上げ、自分がいる場所を確認した。左手に握られている携帯がさっきから何度も震えている。
メールだ。開くと数十件。内容はほとんど同じだった。
「惜しかったな」・・・「次があるよ」・・・「オモロかったで」
適当に流し読みしていた手が止まる。そのメールのタイトルにはこう書かれてあった。

『アンタはまだまだやった』

差出人は柳原の母。

・・・実のオカンが傷心の息子にかける言葉ちゃうやろがぃ。

そう思いながらも内容を読んでいく。メールを打つのが下手で時間がかかるくせに凄く長く書いてある。
息子を叱咤激励する内容の最後を見た瞬間、一気に涙があふれ出た。
「アンタは立派な息子や。お母ちゃん、アンタが天下獲れるって信じてるから。頑張りや。」

・・・オカン。オカン。オカン。

声が漏れそうになるのを必死で堪える。が、高ぶった感情が涙に拍車をかける。
「おーい。何泣いてんねーん」

・・・平井?うわっ、バレた。相方だけにはこんな姿見せたなかったのに。

「うるさい。あっち行っといてくれ。」
「エエやんけ。一言だけ言いたい事もあるし。」
「・・・なんやねん。」

512 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:40:03
「来年も、また出よな。」
「・・・おう。」
「ほな、控え室行ってるから。早よ、戻っといでや。」
平井が去ったのを気配で確認するともう一度、母からのメールを見ようと左手を目線まで上げた。
「なんや・・・コレ・・・・・・!!」
握っていたのは携帯ではなく、血塗れのメガネフレーム。そのデザインに見覚えがある。
「平井・・・!」
ドクン!!心臓が柳原の体を揺り動かすくらい大きく鳴った。

・・・川島、土田さん、林さん、テレビ、メガネ・・・・・・相方・・・平井・・・死んだ!!!

全て思い出した。

・・・今さっきまでしゃべってた相方。・・・アカン、平井!戻って来い!

なぜ呼び止めなかったのか。蘇えった記憶の重圧に耐えられず気が遠くなり、目を閉じた。


目を開ける。
視界の右半分は体育館らしき天井。左半分には相方の顔。
「平井!」
距離感を無視したように飛び起きた柳原を、覗き込んでいた平井は寸でのところで交わした。
「あっぶな。パチキかますなや。」
ピシィッ!平井はメガネが割れた音を聞いた。
「あ・・・」
平井は柳原の右手に握られている自分のメガネに目線を落とした。と、突然柳原が飛びついてきた。
「やっと会えたーーー!」
「うわうわうわうわうわっ、いだっ!!」
飛びついた柳原共ども後ろにひっくり帰った平井は、さっきと同じ肘を床に打ちつける。

513 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:40:40
「もぉ〜、キショイから、キショイから。離れろや〜。」
「平井!よぉ聞けよ!俺らの殺し合いはテレビで流れとんねん!賭けに使われてんねん!」
「・・・何言うてんのん、自分。」
「ホンマやねんて!俺、見てんから!」
「それより・・・恥ずかしいからのいて。」
平井のその言葉で柳原は自分の状況に気づいた。相方に馬乗りになっている。
「あ・・・ゴ、ゴメン!」
慌ててどこうとした柳原が止まった。目線は平井の顔のすぐ横。
「かわ・・しま・・・?」
静かに寝ている。横には心配そうに川島を見ている相方・田村が・・・。

・・・アレ?・・・・。なんで川島が寝てんの?なんで平井と会えてん?

「なぁ、平井・・・。ここってどこ?」
「もっと早よ気づけやw」
中途半端に馬乗りの柳原からすり抜けると、すぐ隣にあぐらをかいて2度打ち付けた肘をさする。
「なぁ、どこやねんて!」
「この兄ちゃんに聞いて」
平井がクイっと手首を使って指差した方向に給食当番風の男がカルテっぽいものを持って立っていた。
「アメリカザリガニの柳原哲也さんですね」
「はい・・・」
「おつかれさまでした。」
「あ、どうも・・・」
そのお兄さんはいきなり柳原の左胸に何かを押し付けた。
「え?え?え?何何何?」
服を引っ張ってみてみる。【失格】のワッペンが貼られてある。

514 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:42:05
平井の顔を見ると、知っているのかニヤニヤと柳原の顔を眺めているだけ。
「平井、お前何か知ってん・・・」
「柳原さん!いくつか質問しますねー」
柳原の言葉を遮り、強引に進めていく。柳原はわけもわからず答えていく。
「以上です。柳原さんご協力ありがとうございました。」
そういって給食当番風のお兄さんはさっさと去っていった。
「・・・何?アレ」
「何や思う?w」
「違うがな、早よ教えてや!」
「あんな、全部夢やってんw」
「・・・お前、説明すんの面倒や思たな?」
「バレた?w」
「当たり前や!」
「でも、ホンマやから。誰も死んでへんねんて。全部架空の話や」
「まだわからん」
「だから、夢。全員で同じ夢を見ててん。なんや国家規模のプロジェクトに参加してたんやて。」
「国家規模?なんで俺らなん?」
「それは知らん。それ以上、教えてくれへんかった。」
「現実ちゃうんや・・・」
柳原は安心したような悲しいような複雑な顔をして俯いた。とある事を思い出す。
「でも・・・お前のメガネ握ってる手の感触はリアルやで!」
そういって右手を2人の目の前に持ってくる。そこには柳原の握力で無残な姿の平井のメガネがあった。
「あ〜あ。ボロボロやん」
「な、リアルやろ?」
「確かにリアルやねw」
「あれ?・・・レンズ入ってるで、コレ。俺が割ってもうたん?」

515 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:43:52
「さっきお前が起きた拍子にパリン逝ってもうたわ。それよりいつまで握ってんの。血ィ出てるやんか」
「お、おぉ。」
柳原は手を開こうとした。・・・・開かない。
「平井・・・手ぇ開けへん」
「何してんの、自分ー」
平井に手伝ってもらいながら左手で右手の指を開いていく。レンズのガラスが無数に刺さっていた。
給食当番風の人を呼んで、救急箱をもらう。
「おかしいな。確かにレンズは入ってへんかった。フレームだけやった」
「何やねん、さっきからレンズレンズて。何があったん。説明してみいな」

柳原は一つ一つ、丁寧に思い出しながら土田の話から川島とのやり取り、そのあとの夢まで話した。

516 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/04(月) 17:45:00

つづく。

スイマセン。まだ続きます。
なんかグダグダになってきたので、そろそろ終わらせます。
あと少しだけよろしくお願いします。

517 :名無しさん:2005/04/04(月) 17:49:40
あおさん、ペナルティ編について、ヒデに撃たれたあべこうじのその後の事を少し書いて
もいいですか?ちょっとグロくなるかも知れないけど(^ ^;)。

518 :名無しさん:2005/04/04(月) 19:11:41
顔文字使うとか・・なんか最近ここ厨っぽいな

519 :名無しさん:2005/04/04(月) 20:17:23
文章中にwかよ・・・なんか最近ここ厨っぽいな


520 :名無しさん:2005/04/04(月) 20:42:40
乙です!
柳原さん目覚めましたね〜ほんとにお疲れ様です。
起きて早々探してた相手がいてよかったですね、本当に!
いいですよ!がんがん続けてください!
頑張ってくださいね!

521 :名無しさん:2005/04/04(月) 21:34:13
全体的にレスが敬語だからさらに厨臭がするな

522 :名無しさん:2005/04/04(月) 22:49:09
小中高校生あたりの腐女子くらいしか最近このスレ来てないんじゃないか?
小説スレには付き物だけどな。

523 :名無しさん:2005/04/04(月) 23:01:02
いいんじゃねぇの?楽しけりゃ。・・・楽しくねぇ?

524 :あお:2005/04/04(月) 23:52:13
517さん
あべこうじはまだ使う予定です。
本当にゴメンなさい。


525 :名無しさん:2005/04/05(火) 01:16:37
>>521 >>522
まあそんな事言うなよ

526 :名無しさん:2005/04/05(火) 02:29:50
HNからして厨臭いのが数名…腐女子臭出してるな

527 :ななせ:2005/04/05(火) 11:40:57
腐女子集なんか無いよ。敬語だが何で悪いよ。

地獄編も書く気でいます。
本編とは毛色の違う、変なやつを書こうと思っています。
穏やかに見守っていただけたら最高です。よろしくお願いします。

528 :名無しさん:2005/04/05(火) 12:21:08
書いてくれるのはいいけど、あまり変になりすぎないよう頼む

529 :名無しさん:2005/04/05(火) 13:42:25
読む気も起きないし期待も出来ない作者が一匹釣れたな。
即反応に文体変え。いい反応を有難う。リア厨の腐女子ってのがよーく分かった。
2ちゃんで恥晒してないで哀ランドで一人遊びしててくれりゃいいのに。

530 :名無しさん:2005/04/05(火) 15:04:44
>>529
お前は黙ってろ

531 :名無しさん:2005/04/05(火) 15:12:09
>>493見て黙ってられるかw
前科がある作者が同じHNで戻ってきててしかも改心してる様子がないってのが
なかなかに素敵じゃねーの?これぞリア厨って感じだな。

532 :ななせ:2005/04/05(火) 16:53:54
みなさん。落ち着いてください。
一つ言っておくと、前科はありません。
少しだけ書けたので置いておきます。
いやあ。ネットってホント便利ですね。
かばってくれた人、本人がこんなんですみません。

キングコングの西野さんが、「ナルシスト」だと叩かれていることに
ちょっと(いやかなり)便乗しつつ、地獄編の続きです。
それから、死神化した川島さんの武器は、「大釜」ではなく「大鎌」です。
マジですみません。

533 :ななせ:2005/04/05(火) 16:55:35
―― 鏡を覗き込んだ時、「自分」はふたりいた。

大衆に確実に受け入れられるため、他人の巧みな手によって
ほぼ完璧に作り上げられた「自分」
そして、その事実に驚き、うろたえながらも、その自分を
畏敬してしまっている「自分」…。

それに気がついたとき、一番恐ろしいこととは、一体、なんだろう。 ――


534 :ななせ:2005/04/05(火) 16:57:10
西野は、ケンコバをぎっと睨みつけた。
ケンコバはそんな西野の視線を…故意に呆れたようにして…
そらした。
「…何で……なんでぇぇえぇ…。」
地獄に来て、負のエネルギーが膨張しているのだろうか。
西野の様子がおかしい。
「いつも…いっつももうぉまえらうぁは…。っどういうことや…。
 なんで…。」
西野はうつむいて少し震えているようだ。
姿勢は台座の右側にもたれかかったようになり、
泣いているのか、笑いをこらえているのか、それとも
あふれんばかりの怒りをこらえているのか判断はできない。

西野のそんな様子をケンコバは黙って見ていた。
西野になにか特別なことができるとは思っていなかったからだ。


535 :ななせ:2005/04/05(火) 17:01:18
そして、西野が―見るもおぞましい台座のひじ掛け部分、
…木や金属のような「硬い」素材ではなく、
まるでそれ自体が息をしているような柔らかく
ドロドロした物体で作られている…!!…
―それを右手の握力の許す限り握り締めた。
そしてそれと同時に、
「ええ〜!!!?っ俺!」
「ウワ…っ!!」
「俺…!仲間と…ちゃうの!!?」
川島を追い、自力でこつこつとここまでたどり着いたが、川島よりも早く
西野とはちあわせてしまい、捉えられていた田村と、
万人殺しの罰として死神の命を授けられ、
今まさに初任務をこなそうとしていた川島
そして、急に地獄に引きずりこまれ、未だ
何がなんなのか分かっていない篠宮
三人の魂が…消えた…
「おまえ……なんてことすんねん!!」
ケンコバは事態を重く見たのか、西野につかみかかろうとする。
しかし、西野はそれを振り払い、まだうつむいたまま震えていた。


536 :ななせ:2005/04/05(火) 17:03:44
「今のは…俺じゃなあい…俺じゃないいぃ…。」
「おい…こいつどうなってもうてん…!。」
梶原に説明を求めても、梶原はどこかあさっての方向をむいて
「ええねん…俺ももう…西野っちももうすぐ…。」
うろうろ放浪しているだけだった。心はどこかにいった感じだ。
時折、三角座りになって地獄の闇を悲しい目で見つめていた。
ケンコバがあたふたしている間に、西野の述懐が始まった…。

「どうすれば…ええんやっ…。」


537 :ななせ:2005/04/05(火) 17:06:43

いったん切ります。
また時間がかかるかもしれないです…。それでは。

538 :名無しさん:2005/04/05(火) 17:17:20
えぇ〜これバトロワじゃないよ…収集つかなくなるから止めようやななせ。
またいろいろ言われるぞ。

539 :名無しさん:2005/04/05(火) 17:26:01
作品に自信のない人も今ならきっと叩かれずに投稿できるよw
投稿カモーン

540 :名無しさん:2005/04/05(火) 18:15:56
地獄編とかの番外編って行き過ぎるとバトロワじゃなくなるよな。
長く続かせないで短く終わるのがスッキリしていいと個人的に思う。本編じゃないんだから。

腐女子、腐女子じゃないということよりも、腐女子じゃなくても精神年齢が低いやつとか
考え方が幼いやつがここにきて、下手な小説投稿する方が困る

541 :名無しさん:2005/04/05(火) 19:22:48
ななせさん地獄編はもういいよ…。

542 :名無しさん:2005/04/05(火) 22:17:02
もう最終回の目処を立てた方が良いかと思う…

543 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/05(火) 23:33:40
スイマセン。私の小説も番外編なのでバトロワじゃなくなってますね。
もう、やめます。御迷惑をおかけ致しました。

とりあえず最後まで投下させていただけるのでしたらありがたいのですが、
もし迷惑なら言って下さい。中途半端ですが、やめます。
私の小説はなかった事にしてください。スイマセンでした。

544 :名無しさん:2005/04/06(水) 00:33:22
ななせとやらはリアルで消防並の頭しかないんだ
本気で消えて欲しい
バトロワで魂ってナニ?

集団催眠編は全然許容範囲なんだけど

545 :名無しさん:2005/04/06(水) 00:36:32
川島が死神とか出てくるのがキンコンだとかってもう…
哀ランドあたりの土人サイトが喜んで使ってる芸人でしょ?

ヲチりたい時は自分で行くからさ、此処まで配達してくれなくても良いよ。

546 :名無しさん:2005/04/06(水) 00:56:35
まとめサイト見たけど、ナイナイなど初期に死んだ人の催眠編とか、書いてみても面白い
かもね。あと高木ブー編に爆笑しました。で、「ある風景」てタイトルで一つ。

この島で命の奪い合いというゲームが始まって、どれくらい経っただろうか。
島の至る所に転がる屍の数々。屍の数はすなわち、これまで奪われた命の数である。
一面の血の海に横たわる、首のない死体や腹から腸や内臓がはみ出した死体。
爆発に巻き込まれたのか、五体バラバラになった死体。
焼き殺されたと思われる、黒焦げの死体。もがき苦しんだ痕跡も垣間見える。
硫酸か何かを浴びたらしい、ぐずぐずに溶け崩れた「おおむね人型」の物体。
その全てが、つい先日まで人間として生きていた者たちである。

これまで、この島でどれだけの屍の山が築かれてきたのか…。
これから先、この島でどれだけの屍の山が築かれるのか…。
そしてこの凄惨な殺し合いの果てには何が待っているのか…。
それは誰にもわからない―。

547 :名無しさん:2005/04/06(水) 00:56:51
>>543
続編お願いします。続きが気になって仕方がありません。

548 :名無しさん:2005/04/06(水) 01:01:49
>>543
私も続編読みたいです。
せっかく出会えたアメザリの続きが気になります。

549 :名無しさん:2005/04/06(水) 01:04:25
同じく。本編の面影が残ってるから別に止めることはないよ。最後まで書いてくれ。

550 :名無しさん:2005/04/06(水) 02:31:04
ななせさん…いらない…。

551 :名無しさん:2005/04/06(水) 02:44:42
読み手からいらないコールが出ているので今後ななせさんとやらは投稿禁止な?
もしどうしてもその厨臭い設定の文を人様に読んでもらいたいなら自分でサイト開け。
それが此処の住人にとってもななせさんとやらにとっても最良の方法だ。

552 :名無しさん:2005/04/06(水) 09:34:23
でも読みたい読みたくないは人によって違うから禁止っていうのはまずいかと…
私は読みたくないと思う話は飛ばすし
書き込み無いとこのスレいよいよ終わっちゃうよ

553 :名無しさん:2005/04/06(水) 10:15:54
いいじゃんもう終わりで。

554 :名無しさん:2005/04/06(水) 10:43:55
>>553
今更何言ってんだ

555 :ななせ:2005/04/06(水) 11:15:31
死ぬほど不評なので「地獄編」をここに置くのは
もう止めておきますね。


556 :ななせ:2005/04/06(水) 11:20:19
自分はネットの知識もままならないもので
皆さんの言っていることも、5割程度しかわからないんですが、
とりあえず次本編を置く時にはハンドルネームを変えておきます。

「ななせ」って誰かの名字みたいで変だなと思っていたところです。

でも地獄編の続きはきっとどこかで皆さんを待っています。
また出会う日までさようなら。>地獄編

557 :名無しさん:2005/04/06(水) 12:37:35
ここまで言われてまだ書く気でいるんだ…すごいな…。

558 :名無しさん:2005/04/06(水) 13:21:59
>でも地獄編の続きはきっとどこかで皆さんを待っています。
>また出会う日までさようなら。>地獄編

こういう発言がキモイんだよな。嫌われる原因だ。

559 :名無しさん:2005/04/06(水) 14:43:28
ある意味尊敬する…これが今のお笑いブームによる弊害ってやつか。
顔さえ良ければってキャーキャーいうガキファンが増えた証拠だよな…

560 :名無しさん:2005/04/06(水) 15:11:09
何か批判言うのも疲れたよ…。他の書き手さんが小説投稿するのを黙って待つか…

561 :名無しさん:2005/04/06(水) 17:19:41
うちらの言ってる事と、ネット知識は別物だと思うんだけど…
変えるのはHNじゃなくてあなた自(ry

まあ、暴れず荒らさずに去ってくれただけいいとするか。


562 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:36:39
皆さん、ありがとうございました。
お言葉に甘えて、完結編を投下したいと思います。
ダラダラと長編になって申し訳ないです。

では、投下します。

563 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:37:14
>>515 続き

その間、平井は黙って救急箱の中からピンセットを取り出し、ガラス片を全て取ってやっていた。
「んで、起きたらお前の顔があったから、思わずこう・・・なんや勢いや」
「ほほう。なかなかドラマティックやね。感動するわ」
「全然してへんやんけ」
「してるしてる。やっとわかったわ。せやからずっとメガネ握っててんな、お前」
「お前のメガネ握ったまま寝てて夢の中でお前のメガネを取り返してるって・・・なんや凄ない、俺」
「まぁまぁ偶然にしては凄いと思うけど。」
もっと興味を持って聞いてくれると思っていた。川島とのやり取りなんかはどちらかといえば恥ずかしい。

・・・もうちょっと感動してくれてもエエのと違うか?

「思うけどて、何やねんな」
「んー、何でもないよ。取れたで、破片全部。」
「おう、おおきに」
柳原は自分で包帯を巻きながら川島の方を見た。静かに眠っている。
「柳原。川島を責めたアカンで。」
「わかってるよ。全部夢や。」
柳原は周りを見渡す。かなりの数の芸人。ほとんどが寝ている。夢で関った人、全てに挨拶したい。
が、広すぎてどこにいるのか見当もつかず、逆に迷子になりそうだ。
「なぁ。」
「何?」
「メシとか食べれんの?ここ。」
「何かどっかにあるみたいやな、調達できるとこ。」
「そうか。」
柳原は立ち上がり、田村に近づいていった。

564 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:38:01
「田村くん。元気か?」
「あぁ、柳原さん。手ぇ、どないしはったんですか?」
「メガネのレンズ割ってもうた。たいした事あらへん。それより、ヒマやろ。メシでも調達しに行こうや」
「でも、川島を一人にするわけにはいかないですし。」
「安心せぇ。うちの相方が見ててくれるから。」
柳原は平井の方を見てニッと笑う。
「お前今起きたばっかりやん。俺が行くよ。座って休んどいたら・・・」
「アカン!俺が行く!タバコも買うてきたるから!」
「買うてきたるて。購買部行くんちゃうんやからw」
「銭ないけど、買出しや!田村くん行くで!」
「は、はい。」

・・・また待つんかw ま、あいつ元気そうやし。よかったわ。

柳原が話してくれた夢の一部始終。平井の表情が冴えなかったのは最後の話が心に刺さったからだった。
M-1敗戦の夢。しかもそれは実際に2002年の大会で平井が見た光景。
柳原は敗退の後、トイレで泣いていた。それが夢になってまで現れたのだ。
2004年の最後のチャンスをアメザリは放棄した。出場すらしていない。
2人で決めた事だから後悔していなかった。・・・はずだった。

・・・柳原、やっぱり出たかったんかな。負けたまんま終わりたなかったんやろか。

と、川島が苦しそうな声を出した。うなされている。その様子に周りも気づいたのか川島の周りに
数人が集まってきていた。平井は少し距離を置く。

565 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:38:48
「もう起きんちゃうの?ヤバイな、田村くんいてへんし」
起きるという事は夢の中で川島が死ぬ時が来たという事。
夢とはいえ、たくさんの芸人の命を狩り取ってきた男。

・・・もし、夢ん中で潜在意識が引き出される仕組みになってたとしたら、
・・・川島の潜在意識の中に刻まれている本音・本能・理想の姿はアレや言う事か。

あの時、恐ろしいという気持ちは川島に対してではなく死に対しての漠然としたものだった。
殺された後、おそらく自分の体にもハーケンクロイツが刻まれたのを想像して胸のあたりを
なんとなく押さえる。少しばかり息苦しい。平井は胸を押さえたまま深く俯いた。

「あ、起きよった。」
「おう、どうや?調子は。」
「すごいなー、お前。ある意味大活躍やったな。」
隣が賑やかになった。川島が起きたのだ。周りに群がっていた芸人の声が少しうるさい。
夢の中では1つの大きなストーリーが幕を閉じた。
平井は胸を押さえたまま、上半身だけ起こした川島を見る。気のせいかさっきより胸が苦しい。
ふと川島と目が合った。一瞬、川島の顔が強張った事を平井は見逃さなかった。
2人とも同時に目を逸らす。平井にはその理由がわかっていた。

・・・俺の顔、恐怖でひきつってたな。川島に見られてもうた。

さっき柳原に言った言葉が繰り返される。
「川島を責めたアカン」 「責めたアカン」 「責めたアカン」 「アカン!」 「アカン!」
それなのにたった今、平井自身が表情だけで川島を責めた。一番たちが悪い。

566 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:39:23
「川島!」
2人の後ろから田村の声がした。という事は相方の柳原も一緒だろう。
川島は振り向けずにいたようだが、平井はゆっくりと振り向いた。川島の様子も見ながら。
田村がラーメンやパンを落とさないように器用に川島の前に座る。
柳原は少し遠くからゆっくりと歩いてきていた。麒麟の方を見ないようにして。

・・・あいつも俺と一緒か。苦して見られへんやろ。

柳原は平井が見ていることに気づいて、少し俯き加減で、目の前に座った。
「タバコ、これしかなかった。あと、なるべく米食いたい思てな。エエやろ、これで」
「エエよ。ありがとぉ。」
柳原が黙って食べ始めた。平井はまずタバコに手をつけた。ボ〜っと天井を見つめる。
この苦しさを消すための方法、平井は1つだけ浮かんでいた。違う苦しみで消す。

・・・俺も辛いけど、第3者に対して苦しみを抱くくらいなら、こっちの方がマシや。

「平井、なかなか旨いで。早よ、食べぇ。」
「おー。・・・柳原ぁ、1つ聞いてええか?」
「何をいな。」
「怒れへん?」
「怒れへんよ」
「ホンマか?」
「お前は俺の女か。キショク悪いw・・・わかった。ホンマに怒れへんから言うてみぃ」
平井はタバコを深く吸い、深呼吸をするかのように煙を上に向けて吐いた。
「・・・・・最後のM-1、出たかった?」
天井を見たまま言う。目を合わせられない。なのに柳原の感情・表情が痛いほど想像できる。
「おう!出たかったで!」
ただでさえ高音ボイスの柳原から聞こえた高らかな声。平井は驚き、柳原を見た。

567 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:40:40
「出たかったんはホンマや。せやけど、あの舞台は俺らの色ちゃうねん」
そう言った声はエラく低いトーンで、柳原が自分に言い聞かせるように静かで・・・
「俺らの漫才は3分4分で集約できるモンちゃうねん。1時間くらいあって丁度エエ。
言い訳や逃げや言われたかて、かめへん。楽しんで出来る場所さえあればエエよ。せやろ?」
平井と柳原がマジメな話をする時、柳原は絶対目線を外してこない。それが信念らしい。
逆に平井はいつも目を逸らして話すクセがあった。でも、今は外してはいけない瞬間だろう。
「せやったね。・・・でも、その言葉って前に俺が言うた言葉ちゃうかった?」
「エエやん、俺が言うたかて!その言葉があったから前に進めてんから」
「うん・・・せやったね」
平井は俯き目線を外した。いつの間にか胸の苦しみはなくなっていた。柳原も同様に・・・。
「お前が出えへんて言うて、俺はそれに納得した。納得するだけのお前の気持ちがあったからや」
「・・・・・うん」
「後悔なんかしてへん。ホンマに」
「・・・・・うん」

・・・アカン。泣きそうや。相方の言葉で泣かされるて、実は物凄く恥ずかしい事なんちゃうの

泣きそうな平井に全く気づいていない柳原。平井のいつものくせが役に立ったようだ。
「お前が言うた事やのに、なんで俺がお前に同じ言葉で説教してんねんな」
「・・・・気になってんからしゃあないやん」
「何を?」
「夢に見てんやろ、負けた時の。そんなん言われたら気にしてる思うやん」

568 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:41:16
「あういう夢は時々見るよ。そればっかりはコントロール出来ひんし」
「・・・・」
「でも、生きてこうして再会出来てんから。大事に漫才していこうや!」
「・・・せやな。」

・・・最初から誰も死んでへんけどな。

あえて言葉には出さなかった。柳原に早よ食べと促される。すでに涙は引っ込んでいた。

この後、長時間その場に放置されたいた2人はネタを1本作った。
内容はバトルロワイヤル。・・・のちに彼らの代表作になる事はまだ誰も知らない。

569 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/06(水) 17:42:04

終わりです。


スイマセン。最後はなんか尻切れトンボみたいになってしまいました。
でも、終わったのでスッキリしました。
どうも、長々とありがとうございました!

570 :名無しさん:2005/04/06(水) 17:49:57
rrr... ◆iiErQ9C0HQ さん乙でした!

本編の頃からアメザリは好きだったので
こういう形で続編を書いてくれたのが嬉しかったです。
二人が今までやってきたことに改めて向き合い心で整理して
再び進んでいく姿がとてもよかったですよ。


571 :名無しさん:2005/04/06(水) 21:46:21
乙です!
アメザリ編楽しませていただきました!
本編があんなふうに終わっていたので、違う形で見てみたいと思っていました。
すごくいい終わり方だったと思います。

572 :名無しさん:2005/04/06(水) 23:41:42
ttp://w2.oekakies.com/p/warabato/p.cgi

('A`)

573 :名無しさん:2005/04/07(木) 00:03:58
>>572

…何これ。

574 :名無しさん:2005/04/07(木) 00:06:09
>>572
うわぁ…もう何も言えない。真性だろコレは。
折角の素敵なDT絵が台無しじゃないか…

575 :ななせ@厨房:2005/04/07(木) 00:07:19
こっちでやってたほうが自分はいいみたいだなぁ。
ワーキャーファンでもないのにあそこまで叩かれる
意味がわからん。

あいつら…覚えとけ…。
この天才が目にもの見せたるわ…。マジで。

576 :名無しさん:2005/04/07(木) 00:13:59
>あいつら…覚えとけ…。
>この天才が目にもの見せたるわ…。マジで。

>こ の 天 才 が 目 に も の 見 せ た る わ … 。 マ ジ で 。

('A`)

577 :名無しさん:2005/04/07(木) 00:36:04
572のやつは本物なのか?

578 :名無しさん:2005/04/07(木) 00:56:38
ななせさんあんまり皆に迷惑掛けないでよ…
自分が何で叩かれてんのか分かんないの?

579 :ななせ:2005/04/07(木) 10:08:40
ああ。わかんねえ。

580 :ななせ:2005/04/07(木) 11:19:00
「みんな」の定義がわかんねー。

581 :ななせ:2005/04/07(木) 11:34:34
差別的な専門用語多すぎてついていけねえ。
あと、中学生じゃねえ。
やりたいようにやらせてもらう。

582 :名無しさん:2005/04/07(木) 11:36:29
内容がバトロワから関係なくなってきているし、芸人の特性がなくなってる。
名前や方言(関西弁)を使っているだけで、別人みたいなキャラになってる。
読んでいて入り込めない。共感できない。もはやオリジナルストーリーだ。
だからななせさんの小説は「誰も求めていない」ものに仕上がっている。
批判されるのも仕方がない。

と本当に真面目に書いてみたのだが、理解できたら嬉しいぞっと。

583 :名無しさん:2005/04/07(木) 14:22:12
あと台詞はともかく「ト書き」の部分がどうも読みにくい
同じ接続詞や助詞を続けて使いすぎてるからわかりづらくて、入りこめん
文章の書き方から勉強しなおしたらどうだ

584 :名無しさん:2005/04/07(木) 14:32:33
>>582
禿同。書き手は「誰かに読んでもらう為に書いている」
という事を忘れないでほしい。
少し前までは感動できる話たくさんあったのにな。
自分は特にチャブ(+渡部)とスピワが好きだ。
二組とも行動が彼ららしかったから入り込めたし、泣けた。
そういう話を読み手としては書いてもらいたい。
あとダッシュとか三点リーダーとか知ってるか?
小説書くんなら常識だぞ。それくらい勉強してくれ。

自分は芸人板の別の小説スレにいってくる。あっちのがマトモ。

585 :名無しさん:2005/04/07(木) 14:50:08
>>584
うん、スピワの話は感動した。おざーさんに泣けた。

586 :名無しさん:2005/04/07(木) 15:18:04
そういや最近は本編の方がなかなか進まないなぁ。


587 :名無しさん:2005/04/07(木) 15:25:59
これからの話の進み方を多少決めたりするか?嫌かもしれないが。

588 :名無しさん:2005/04/07(木) 15:47:42
書き手の中で予約している人、一回解除しないか?
こういう話すると「必ず投下します」と連絡来るが、一向に投下しないだろう。
だから、書きかけだろうといったん、完全解除。
で、好きな人が好きな芸人の話を書いてエンディングに持っていこうぜ。
でないと、いつまで待ってても無駄。
番外編で繋いでおくのにも限度がある。

589 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 15:47:48
バトルロワイヤルも始まって数日目。
夕日のさして山の端いと近うなりたるに、脳内友近と湖のほとりを駆け巡る灘儀。

『キャハハ、灘儀さん、追いかけてごらんなさい!』
「まてよ、友近、うふ、あは、うはははは〜〜」

友達のエリアからはみ出した青いハイヒールを脱ぎ捨て、湖へと足を浸した脳内友近は
『ウフフ、ほら!』と笑うと、灘儀にパシャっと水をかけた。

「あっ、お気に入りのアニエス・ベーのTシャツがびちょびちょじゃないか、こいつぅ〜〜!
 水でもかぶって反省しなさい!セーラープラネットパワー・メディテイション!」

灘儀の必殺技で、頭から水を被ってしまった脳内友近は『プンプン』と口に出して怒ると
おもむろに脱ぎ捨てたハイヒールを拾い上げ、その中に水をすくって灘儀にバシャリとかけたのだ。

「くさい!!」
秒速で叫び、のた打ち回る灘儀。もちろん脳内友近は大抗議だ。
『そんな事おまへん!おいどんの足は、クサおまへん!』

しかしここで屈する灘儀では無かった。
「いいや、臭いな!友近のハイヒールに溜まった水は臭うで、しかし!」
灘儀がヤッサンばりに叫んだその時であった。

ピカッ、ピカッ

「な、なんや?!」
突然湖の中央がギラギラと輝き始めたのだ。
灘儀は眩しさに目を細めつつも目を凝らし湖の中央を凝視する。
よく見ると湖の中央は、西日に照らされている。
その西日の熱気によって湖水が蒸発しそれが舞い上がり、水蒸気の壁となって聳え立っているのだ。
水蒸気の壁にも西日が当たり、更にキラキラと輝きを増していく。その輝度ったら尋常ではない。

590 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 15:49:48

「あ、あかん、これ以上眩しくて、見てられへんで!」
眩しさに顔を歪める灘儀。しかし
「ああ、でもこっちを向くと友近の足が臭ってくるで!」
と、まだ友近を煽る事をやめない。

『灘儀さん、ひどい・・・ひどいわ!!!おいどんの足はクサおまへん!!!!』
友近が叫んだその瞬間、西日に照らされた湖の輝度が頂点に達した。

ビカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

二人は目を抑え、その場に倒れ伏せた。

徐々に光が柔らかいものに変わり、水蒸気の壁が花びらの様にハラリハラリと綻ぶ。
水蒸気の柱の中には、リットン水野が立っていた。

湖に浮かぶホタテ貝の上に立つ水野は、伸びた後ろ髪を前に回し、股間を隠している。
後ろからは眩いばかりの後光がさしている。

『これ…どこかで見た事が…』
「ヴィーナスの誕生や…ヴィーナスの誕生の絵画や!」

水野は、笑顔を称えたままで灘儀に囁いた。

「  煽るんもええ・・・。でも、煽る勇気よりもスルーする勇気や・・・
   ・・・わかるか、スルーや。スルーを制する者は、長州力を超えるで・・・。   」


水野のあり難い言葉に、灘儀は目を覚ました。
「ああ・・・みずのあんちゃん!!あんちゃん!!堪忍!堪忍じゃあんちゃん!!
 ピカが全部悪いんじゃあ!ピカが進次や父ちゃんを奪いよった!!」

591 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 15:52:33
その場で小一時間泣き崩れた灘儀は西日で燃えかけて、あわてて湖に飛び込んで鎮火した。

しくしく泣きながらも湖からあがったビッチョビチョの灘儀は、湖のほとりに生えていたアロエを
大量に引っこ抜き、西日で負った火傷に目いっぱい貼り付けた。
ついでに服を脱ぎ、美容の為、全身にアロエをまとった。

ふと辺りを見回すと、脳内友近も水野も消えていた。

「俺は、今まで幻を見てたんや…。俺は弱い男や.。今からは、踏まれても踏まれても育つ麦になるで!」
全裸で悟りを開く灘儀は全裸にアロエのまま走り出した。もう怖いものは無い。今日の僕なら、空だって飛べる。


「灘儀、もうお前に教える事は‥何も…無……  ガクッ」
その横ではスワンボートで湖をぐるぐる回り続けた疲労により息絶えたRマニア中島が居たが
灘儀は空を飛んでいたのできづかなかった。

灘儀のHPが33UPした。灘儀の精神力が12UPした。ファッションが70低下した。


【Rマニア中島ゆたか:死亡        プラン9灘儀武:軽い火傷】

592 :名無しさん:2005/04/07(木) 15:55:33
今こんな事聞くのもアレなんだが、前スレでオジオズの話を書いたななせって人は
>>581あたりのななせとは別人…なのか?



593 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 15:56:39
2行目訂正

×夕日のさして山の端いと近うなりたるに
○夕日が赤々とさして、山の端に非常に近くなったとき

594 :名無しさん:2005/04/07(木) 15:59:27
あやや ◆X4xQvMQIE さん。乙!!

投稿する時は「今から投稿する」と一言お願いしまつ。
他に書き込む人も投稿宣言あれば書き込まずに待つから。
>>588の人とニアミスしかけた。

595 :ななせ:2005/04/07(木) 16:06:18
>592
いえ、同一人物です。
次からはトリップと言う物をつけてきます。
自分は空想家で、オタクで、人間の好き嫌いも多いほうなので、
(区別してるんで)
いろんな話し方ができるんです。

596 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 16:06:25
小説投稿ではなく、小説風に書いた長い雑談なので間に誰かのコメント挟んでも特に問題なかとですばい。

597 :ななせ:2005/04/07(木) 16:10:59
地獄編は、はなッからギャグのつもりで書いてましたから。
ここまでバッシングされるとは…でも、>582らへんの方々の
言うことは理解できたつもりです。

バッシングの中に、自分を西野氏オタと決め付けた感じものが
あったのも、しっかり見てます。そのへんでキレました。

598 :水野:2005/04/07(木) 16:12:42
「  煽るんもええ・・・。でも、煽る勇気よりもスルーする勇気や・・・
   ・・・わかるか、スルーや。スルーを制する者は、長州力を超えるで・・・。   」

599 :594:2005/04/07(木) 16:12:51
>>596
なるほど。それは失礼しかまつった。

600 :ななせ:2005/04/07(木) 16:13:17
「感じのもの」です。すみません。
あと一言!ロザンとかも出したかったあぁ!

601 :あやや ◆X4xQvMQIE. :2005/04/07(木) 16:13:50
>>599
いやいや。こちらこそ「乙」をありがとう。「乙」を大切に神棚に置いておきますよっ、と。

602 :名無しさん:2005/04/07(木) 16:15:18
こ…これはどう反応していいのか…。まあとりあえず、乙!

603 :名無しさん:2005/04/07(木) 16:37:12
>>595
え、そうなん?…なんか全然違うな。あーいうノリの話で良いのに。地獄編なんて書くから…
じゃああの文体のままオジ+陣の続き書ける?

604 :ななせ:2005/04/07(木) 16:54:14
そのつもりです。
陣内さんが刀に取り付かれてしまうことは
もう決定しています。

605 :名無しさん:2005/04/07(木) 16:59:09
俺もオジオズの話、期待しよ。
前回のオジオズ、俺的には良かったし。

606 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/07(木) 18:50:52
>>588
予約解除待った。予約したうちに入るか分からないけど、
前にポソっと使うと言ったトータルポイズンタカトシ話は本当に作成中なので勘弁して欲しい。

何かこの流れ見てるとなんか緊張するけどそれなりに頑張っているのでもう少し時間を…

607 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/07(木) 18:52:06
sage忘れスマソ

608 :名無しさん:2005/04/07(木) 21:19:35
また待つのか〜。

609 :148@ナダギブソンショー:2005/04/07(木) 21:49:38
>588
すいません、予約解除ちょっと待ってください…。
プラン9ナダギブソン+ケツカッチン高山兄さんを持ってるのですが、
私も遅れながらも話を作ってますので解除は避けたいです。

610 :名無しさん:2005/04/07(木) 22:24:09
>>609
次に灘儀出す時全裸にアロエから始まったら君はネ申。

611 :名無しさん:2005/04/07(木) 22:27:53
>>608
んなこと言うなら自分で書いてみろよ
書き手に失礼だろ

612 :名無しさん:2005/04/07(木) 22:28:19
じゃあ再予約ってことで。

613 :名無しさん:2005/04/07(木) 22:36:22
まぁ、時間がかかりますから小説書くのは。
でもストーリーは前向きに進めていかないと待つ人がじれったくなる気持ちも
多少はわかります。
予約した以上、頑張って書き上げてみませんか?
とりあえず、エンディングに向かってみんなで協力しあいましょう!

614 :148@ナダギブソンショー:2005/04/07(木) 22:41:22
度々すみません、
>589-591の流れは、番外編になるんですか?
それとも、こちらの本編に繋げなきゃいけないんでしょうか…。

裸にアロエを生かす方法がわかりません。

615 :名無しさん:2005/04/07(木) 23:45:51
>>148さん
番外編でよいかと。
全然流れも何もないしね。
自分は148さんに期待してますから。

616 :名無しさん:2005/04/08(金) 00:52:27
毎回、予約解除→やっぱり書いてます→実質放置ってのがお決まりなんだし、
もうラチがあかないから、今度から一ヶ月前後投稿なかったら予約解除でいいんじゃないか?

617 :名無しさん:2005/04/08(金) 01:54:52
>>614
いやいや、まさか!冗談だよw
普通に続き書いたら違和感丸出しなのに、書いたらネ申だなって意味で言っただけなんで。

618 :名無しさん:2005/04/08(金) 01:58:43
>>616
それには同意だけど、用事で途中までしか書けないってのもあるだろうので
一ヶ月おきに報告制、2ヶ月過ぎると報告してても一端解除にすればいいかと思う。
んで別に名乗り出た人がいたならその人の猶予も2ヶ月、みたいな。

619 :名無しさん:2005/04/08(金) 02:05:49
>>618
じゃあ、とりあえず更新後一ヶ月で報告なかったら解除。
報告しても最後の小説から2ヶ月たって更新がなければ解除でいいじゃん。

ずっと待って待ってじゃラチ明かないし、いつまでも話進まないじゃん。

620 :名無しさん:2005/04/08(金) 02:57:12
自分もう一つの方でも書いてるけど、
此処の書き手さん方って結構無責任なんだね。

読み手さん方にこんなこと言われちゃうくらいルーズなんだ…

621 :名無しさん:2005/04/08(金) 03:25:08
とりあえず、今人気があったり売れてる芸人はあらかた死んでるからね。

622 :名無しさん:2005/04/08(金) 09:12:25
書き手さんに、再度「予約中」の報告してもらいませんか?
1週間経っても「予約中」の申告なければ、解除で。
読み手側もどの芸人が「予約中」なのか把握しましょう。

で、予約した人は>>616,>>618さんが提案したシステムのもと、動いてもらうと。

623 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/08(金) 14:58:06
ど〜も。ななせです。
ななせ→七瀬美雪→金田一少年→その脇キャラ佐木君
と言う感じで。

チョップリン…
自分で解除しておきながらなんですが、
書けるものならすぐに書きたいです。
前、予約を譲った方がいるはずなのですが、
もし書く予定がなければ
こっちに予約させてください。
よろしくお願いします。

624 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/08(金) 15:13:06
私が現在予約中なのは、
オジオズ高松さん・陣内さんです。
ただし、北陽伊藤さんが殺害されるまでの間となっとります。

625 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/08(金) 15:28:01
あと、妖刀村正の中の声についても、
私が考えた物にしてしまってもいいですか?

なんか、現実的なやつです。

間違っても本編で「地獄の声が…」とかはやりません。

626 :名無しさん:2005/04/08(金) 15:45:44
>あと、妖刀村正の中の声についても、
>私が考えた物にしてしまってもいいですか?

どういう意味?他人が考えたものを継承していくならわかるけど、
自分の物にするって事は、他人の手柄・発想を自分が考えた事にしてしまうって事?
そういう風にとれるよ、その文章。

627 :名無しさん:2005/04/08(金) 16:01:59
>>623
というか、あれだけ言われてたのに相変わらずだな。
金田一全盛期の辺りということは工房か10代後半とかそこいらか?
コテハンの由来なんざ誰も気にならないしそのアピールの仕方が気に食わない。

書き手は小説を投稿する、またはその小説についての設定などの質問をする場合のみ
にコテハンを使うくらい控えめな方が好かれるぞ…まぁお前さんの場合はもう手遅れだがな。

628 :名無しさん:2005/04/08(金) 16:56:09
以前、このスレを見たおかげでとある芸人に興味持って、ネタを見てみてファンになりました

マターリしようよ

629 :名無しさん:2005/04/08(金) 17:12:06
インジョンって死んだっけ?生きてるっけ?
さっき過去スレやまとめサイトさがしたけど、わかんなかった。
もう一度、探しに行ってくるけど、知っている人いたら教えてください。

630 :名無しさん:2005/04/08(金) 17:26:06
>>625
あんまり余計な事はたらたら書かない方がいいよ。今のあなたの状況からして。
まあ心を入れ替えて頑張ってな。

631 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/08(金) 19:37:52
>630
別にこのての人たちに好かれようが嫌われようが…って感じですよ。
今大切なのは作品の完成ですから。
なんとでも言いやがれ。そんなもんで俺はまったく傷つかない。
>627
コテハンじゃないと、誰が予約しているのかがわからないでしょう。

>626
そんなわきゃないです。
村正の声の正体は結局なんだったのかというところを、
こっちで考えていいですか。と言う意味です。
わかってください。

632 :名無しさん:2005/04/08(金) 19:42:28
>>629
インジョンはかなり初期に亡くなっている。ソースはまとめサイトのvol2から。
名倉から生首型爆弾を渡され、3人とも爆死

633 :名無しさん:2005/04/08(金) 19:49:10
佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2さん。

スマン!俺も>>626さんの意味に取ってしまった。
村正の声の続きを書くんだ。よかった安心した。

634 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/08(金) 20:56:31
いやいやこちらこそ
いいかげんですみません。

ずっと絵を描いてたから、「さんまのまんま」を
見逃してしまった…。

思い出したように言いますが、「ト書き」って…。
やっぱり映画化を考えている人がいるのでしょうか。

635 :名無しさん:2005/04/08(金) 21:34:15
>>634
いないと思いますよ、映画化は。
そんな事したら何人の芸人さんの許可を取らなければいけない事か。
しかも、芸人さんが総出演。それはそれで面白いですが、制作費が何百億になりますよ。
それ以前に芸人さん同士の殺戮を映画化するわけには・・・ね。
快く思わない人達で日本中溢れてしまいますよwww
あくまでネタとしてここだけで楽しみましょう!

636 :名無しさん:2005/04/08(金) 21:37:04
ちょくちょくこのスレを覗かせて貰っている者ですが、
いくつか質問させて貰ってもよろしいでしょうか?
波田陽区はちょい役で出て、既に死亡してますよね?
また、死亡する前の波田陽区の行動を書こうと、どなたかが予約をされてましたよね?

637 :636:2005/04/08(金) 21:40:19
・・・って、ゴメンナサイ!
昔の話だと思って過去ログばかり漁っていたらこのスレの最初の方に書いてありました。
探し不足&スレ汚し申し訳ないですorz

638 :名無しさん:2005/04/08(金) 22:18:25
でも半年も前の事だしなぁ。>>636さん、もしかして書きたいとか?

639 :名無しさん:2005/04/08(金) 22:32:48
>>636
書いて良いと思いますよ。
半年も前の事ですし、他の人に書かれたとしても文句は言えないと思います。
放置が長過ぎますよ。予約した以上、責任持って早めに書き上げないと。
プライベートが忙しいなら予約しない事です。

・・・って厳し過ぎますか?

640 :636:2005/04/08(金) 22:38:10
温かいお言葉、有難う御座います。
実はこっそり、書きたかったりするのですが、
波田陽区を予約された方が05/01/30にプロローグを投下したいと書かれてまして
まだ3ヶ月も経っていないのに、どうかな、と思った次第です。


641 :名無しさん:2005/04/09(土) 00:02:01
じゃあ番外編みたいな感じで書いてみては?
ロザンや麒麟川島の死に際の話も何種類かあったし。

642 :名無しさん:2005/04/09(土) 00:45:48
>>631
おまえ、トコトン性格悪いな。せっかく>>630が心配してくれてたのに何様のつもりだ?
作品の完成がとかいってアーティスト気取ってんじゃねーよ。
此処の小説だって所詮同人作品であることに変わりはないんだから。
コテハン使って叩かれて、普通の人間なら自己嫌悪してもおかしくないこと
平気で出来るんだもんな。おまえ人として最低だな。
ずっと絵を描いてたらって同人女アピールか?本気でウザイんだが…
2ちゃんの空気読めないなら来るな。

643 :名無しさん:2005/04/09(土) 00:54:27
お二人さん(特に後ろの)が似てなくて。
 2005/4/8 (Fri.) 19:50:17
私の心の導火線にはもう火がついています。
止めれるもんなら止めてみろ。
描いて描いて描きまくります。

最後には、2ちゃんのすさんだハートに
でッけえ爆弾を落としてやるよ!

それにしても、松竹芸人さんでここに理解が
ある人っているのかな。
 nanasi
 2005/4/8 (Fri.) 21:03:09
実力があれば格好良かったんだけど
 お二人さん(特に後ろの)が似てなくて。
 2005/4/8 (Fri.) 21:03:56
まだまだ…。
 お二人さん(特に後ろの)が似てなくて。
 2005/4/8 (Fri.) 21:11:11
こんな感想をもらっただけじゃ終われない。
(ますおかさんがどうのこうのとか言ってるわけじゃないです。)
次は…そうだな…得意のオバドラ…はまだ早い…。
そうだ…チュートリアルだ!!
 nanasi
 2005/4/8 (Fri.) 21:54:24
あなたの絵の実力が、ね
 お二人さん(特に後ろの)が似てなくて。
 2005/4/8 (Fri.) 22:29:21
まだなんにも終わってねえよ…。

644 :名無しさん:2005/04/09(土) 01:01:50
腐女子キモコテハン元ななせの奇行。

・都合の悪いこと、あたりまえなことを指摘されて逆切れ開き直り。
・心の導火線とやらが存在しているらしい。
・2ちゃんねらのハートは荒んでいるらしい。
・そのハートに爆弾を落とすつもりらしい。
・あの画力で感想つけてもらえただけでもありがたいのに、その感想にケチをつける。
・女ってばれているのに未だに機嫌の悪いときには男言葉を使っている。
・その行為は全てにおいてリア厨並みのマナーの悪さ。

行動は厨以外のなんでもない。思想は厨以外のなんでもない。
画力も厨以外のなんでもない。過去の作品が良かったとしても2ちゃんねらとして最低。
居るだけでスレの雰囲気が壊れる。どーでもいいコテハン呟きうざい。
ハートが荒んでる連中しか居ない2ちゃんねるで俺は一石を投じるぜ!!
なんて馬鹿みたいなノリが許せない。

645 :名無しさん:2005/04/09(土) 01:11:22
スルーしておいた方が良いって。
みんな分かっている上で脳内あぼーんしてるんだよ、きっと。
その方がふいんき(←なぜか変換できない)保てると思うよ。

646 :シフクノタネ:2005/04/09(土) 09:59:14
久々にきました、シフクノタネです。
何か色々と決定事項があったようで…
自分も、もう天国編などは書きません。
あと、結構前にサカイストと師匠、綾部祐二と元・線香花火を予約しましたが、
サカイストの方は書いているので継続お願いします。
後者の方は綾部のみサカイスト編に出てくるので、線香花火は放棄します。
宜しくお願いします。

647 :某予約人:2005/04/09(土) 10:28:19
自分、継続しようか解除しようか迷ってます
一度に全部通して書かないと伏線がめちゃめちゃになりそうで
書いた順に投稿できる自信がなく、今に至ってしまったのですよ
半分以上は書けたのですが、リアルで生活も忙しい時期に入ってきたし
やっぱり解除して自分の作品は後々番外編で出そうかなー、とか
思案する次第でございます。以前もそんな事書きましたけれど
今まさに売れっ子である彼らを書きたい方はたくさんいる事でしょうし
自分より文才のある方ももちろんたくさんいるでしょうし
>>582あたりを見てドキッとしてしまったのも事実ですし(ニガ

しかしながら頭の中は日々芸人バトロワの事でいっぱいです
プライベートの二人称がトーク時と違うなんてずるいよママンヽ(`Д´)ノ
書いていて楽しいです。別に投稿しなくても良いかな、なんて思うぐらい

648 :名無しさん :2005/04/09(土) 10:44:34
ふんいき→雰囲気ですよ。「ふいんき」は口語だから
変換できないんでしょう。

>644
悔しかったら君も描いてみたらどうだ。
死ぬほど楽しいぞ。少年漫画読まないの?

>647
よろしければ予約芸人さんが誰か教えてください。
チョップリンですか?


649 :名無しさん:2005/04/09(土) 10:45:48
>>648
ふいんき(←なぜか変換できない)は釣りですからスルーで良いですよw

650 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:00:38
ん?あなたは>645本人ですか?
なんでそんな無意味な釣りをするの?

それを「空気でよめ」って言うんだから
無理矢理っぽいんだよなあ。一部の2ちゃんの連中は。

651 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:04:33
あ、赤の他人だよ。

652 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:05:50
え?ふんいき(←なぜか変換できない)を知らない奴がいるとは・・・。
まあ、今更って気もするがな。

653 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:06:21
>>652
あ、ふいんきだった。

654 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:09:51
だめだ…。
故意がわからない…。

655 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:13:37
>>650
2ちゃんの定番は無意味と受け止めずに笑って受け流さなきゃw
それが2ちゃんの醍醐味。2ちゃんならではのお遊びですよ。

って説明しないといけないのか、ここの一部の住人はw

656 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:13:45
ちょっと脱線するが…
ずっと前このスレにいた水野さん…。

キンコンアンチスレ等々を落ち着けるために
アンダーグラウンドの方々(特に野生爆弾の城野さん)の
力を貸してもらってもいいですか?


657 :名無しさん:2005/04/09(土) 11:51:25
>>656
もしかして、ななせさん?
キンコンの話を書くのですか?楽しみですが・・・。
ま、とにかく頑張って下さい。

658 :名無しさん:2005/04/09(土) 12:36:17
ななせ(現佐々木ビデ男)さん、もうちょっと大人しくしてくれませんか?
書き込みをするなとまでは言わないから。すこし控えめで…
あなたの考えとか補足とかはいいですから小説の投下だけでお願いします。
偉そうですみません。

659 :名無しさん:2005/04/09(土) 14:50:32
>>648
ってななせさんとやらだろ?名無しで書くならばれないようにしろよ…
みっともね

660 :645:2005/04/09(土) 16:24:51
和ませようと思って書いた事が裏目にでてorz

>>648
「ふいんき(←なぜか変換できない)」については
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1109758081/ でもどうぞ。

661 :名無しさん:2005/04/09(土) 16:34:48
まだ出ていない芸人や書き手さんのいなくなった芸人、書いてみたくなったら
どんどん投下してくださいね。

662 :名無しさん:2005/04/09(土) 18:32:47
>>660
いやいや、645にはあんまり問題ないと思うw
つかほぼ同意見だし。
ここ最近『ふいんき(←なぜか変換できない』知らない人多発してるね。

>ななせさん(改)ビデオ小僧
よければ雑談もずっと同じコテハンで書きこんでくれないかな?
んで、自分の小説で誰か死んだ時【○○:死亡】ってのだけ名無しで書きこんで欲しい。
そうすれば多分煽る人もかなり少なくなると思うから。

663 :名無しさん:2005/04/09(土) 20:49:59
ストーリーがしっかりしていて最後まできちんと投下するなら
天国編、集団催眠術編などの番外編もいいと思います。
それを書くことによって本編が遅れるなら解りませんけど・・・

664 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/09(土) 21:00:18
それでは、そうします。ありがとうございます。

唐突ですが、今までの予約に加え
原田専門家を予約します。
よろしくお願いします。

665 :名無しさん:2005/04/09(土) 22:08:49
>664わざわざサンクスコ。

んでななせさんコテハンで書きこんでくれるそうなんで
どうしても我慢できない人は小説ごと消えるが透明あぼーんって事で一つヨロシコ。
無駄にスレ伸びると読み難いって人もいるから。

666 :釜飯:2005/04/09(土) 22:13:59
続き投下します。

667 :釜飯:2005/04/09(土) 22:15:09
俺らの小屋は沈黙に包まれていた。
「…あの時何としてでも止めればよかったんや!」
手で顔を覆った竹山さんの声が響く。
ヒロシが散歩に行く、と言って出て行って数時間。
未だに帰って来ない。

もう絶望的だってことは分かってる。
今、俺−どーよケンキ−が手に持ってるのはヒロシに支給されたピストルだ。
そう、あいつはこの危険な世界で何も持たずに出かけたんだ。
これをただの散歩と言える?
だけど認めたくない。

さっきまでは自分のすることをしていれば良かったから、何も考えなくて良かった。
することが無いってのは、何て気分が滅入るんだろう。
嫌なことばかり考えちまう。
実際、嫌なことだらけなんだけど。

668 :釜飯:2005/04/09(土) 22:16:12
てれび戦士のみんなは元気にしてるかな。
突然居なくなった俺らのコト、どう思ってるんだろう?
つーか、全芸人強制参加って政府並みの権力なきゃ出来ないような…
全放送局も関わってるみたいだし。
あれ? もしかして俺、結構重要な事に気づいちゃった!?

もう少しで放送の時間だ。
呼ばれなかったら探しに行くことを提案しよう。
呼ばれたら…その可能性99%だけど俺はどう思うんだろう?
やっぱり? 後悔? 怒り?

「…、ヒロシ、…」

某局のアナウンサーが読み上げる中にその名前はあった。

669 :釜飯:2005/04/09(土) 22:16:57
バカ、バカだよあいつ。諦めたらそれで終わりやろ! 俺達お笑い界でもしがみついてここまで来たんだろうが! 何で、何で簡単に生きることを諦めたんや!」
竹山さんが涙を流しながら叫んだ。
中島さんは黙ってこぶしを握り締めていた。

次に口を開いたのは相方テルだった。
「この4人は裏切りませんよね。誰も死にませんよね。誰も殺されませんよね。誰も殺し…!!! 駄目だ! 波田陽区殺してる! もう無理! 駄目だ! おしまいなんだ!!」
「バカ! テル! 落ち着け!」
俺は相方の頬を殴る。

マズイ…いよいよ俺達も狂ってきた。
何か普通のことをして気を落ち着けないと。
死体がどこにあるかは分からないからさっきみたいに墓は掘れない。
そういえば戦時中は物を墓に埋めたって聞いたな。
ヒロシの物…ピストル?
これは身を守るのに必要だ。
物はダメだな。
その次に代わりになるのっていったら、名前とか似顔絵とか?
幸いにもここには俳句セットがある。

670 :釜飯:2005/04/09(土) 22:17:37
テル、これにヒロシの似顔絵描け。遺影にしよう。」
相方は絵が得意。
何か描くのって落ち着くと思うし一石二鳥だ。
名前を書けば位牌にもなる。
戒名って適当につけるとマズイかな〜。

俺ってクール?
ヒロシが死んだのは悲しいけど悲しくない。

あ〜、どうしよ。
もうそろそろ何にも考えないのはどうかと思う。

671 :釜飯:2005/04/09(土) 22:18:58
今回は以上です。

672 :名無しさん:2005/04/10(日) 00:16:22
釜飯さん、乙っす!!
楽しく読ませて頂きやした!

673 :あお:2005/04/10(日) 14:05:42
あおです。
遅くなってすいません。
では、投下します。

674 :あお:2005/04/10(日) 14:07:15
452>続き
「とりあえず移動しよう。ココだと…アレだし…」
ヒデはチラリと倒れているあべこうじに目を向けた。
ワッキーは泣きながら黙って頷いた。

2人は洞穴で一息ついていた。
森を移動したいたら、岩場の影に小さい洞穴を発見し、
しばらくそこに身を潜める事にした。
2人はそこで今まであった事を全て話した。
そうして、数時間が経過した時、
ヒデは参加芸人リストを眺めながらポツリとつぶやいた。
「だいぶ人が死んだな〜」
その言葉にワッキーは下を向いてしまった。
みんな死んだ。つい、本当についこの間までは生きていたのに、
死んだ。みんな死んだ。死んだ。死んだ死んだ死んだ死んだ死んだ死んだ死んだ……
「もう…」
ワッキーはうめくように呟いた。
「ん?」

「もうどうしていいか分からない」

「脇田?」

675 :あお:2005/04/10(日) 14:08:11
「どうしたんだよ?」
「みんなが死んでいくのさえ、もう何も感じれなくなった自分が怖い。
本当に怖くて怖くて、どうしたらいいか分からない。
自分が自分じゃないみたいで。
もう、全部狂ってる。全部おかしくなってる…」
顔をうずめて、今にも泣きそうな声で、
ワッキーは次々と言葉を紡ぎだしていった。

痛い 怖い 苦しい 辛い 悲しい

     ゛死にたい

死んでこのゲームから逃げ出したい。
ヒデさんと生き延びるって決意したのに、
今は生きれば生きるほど自分じゃなくなっていく。
嫌だ。嫌だ。もう…

「死にたいか?」


676 :あお:2005/04/10(日) 14:09:43
「えっ?」
ワッキーは顔を上げた。
しかし、その質問に答えることができなかった。
正直な気持ちを言ったら、ヒデさんは何と答えるだろうかと考えていた。
そんなワッキーを見て、ヒデは遠い目をして話し始めた。
「俺、人が死んでいくのを見るたびに、理性が失われて
何も感じれなくなっていくのが自分でも凄い分かるよ。
それで、そういう奴は俺とかお前だけじゃない。
多分、ここに生き残っている奴全員だそうだと思う。
…そんな中で人が死んでいっても、みんなその人の事を忘れていくんだよ。
自分が生きていくのに精一杯でさ。
だから俺は覚えている。死んでいった奴がどういう奴で、
どんなネタをして、どれだけ人を幸せにさせたかを、出来る限り全部覚えてる。
死んでいった奴に、花も線香も上げられない俺にとって、
出来る事はこれくらいしかないから。」
ここまで一気に話し終えたあと、ヒデはワッキーに向き直り、こう付け足した。
「お前が死んでも、俺はお前の事を覚えているから、死にたければ死んでもいい。」

「…俺は…」

長い長い沈黙。その沈黙の間に
ワッキーが苦悩しているのが痛いほど分かった。

「生きたい…」
「……」
「生きたい!」
ワッキーはヒデにまっすぐ瞳を向けて、力強く言った。

「だったら全力で生きろ。」

ヒデの目がいつもより力強く見えた。

677 :あお:2005/04/10(日) 14:11:17
いったん区切ります。

678 :あお:2005/04/10(日) 15:14:21
「ちょっと見回りしてくるよ。」
ある時、ヒデは突然ワッキーにこんな事を言った。
「えっ!なんで!?」
すると、ヒデは地図を開きワッキーに説明した。
「もうすぐ、近くが進入禁止エリアになるんだよ。
 そうするとココも見つかるのは時間の問題だから、ココを移動したいんだけど、
 移動する前に一度、ココ周辺を見回りしたいんだよ。」
「でも、1人じゃ危険ですよ!俺も行きますから!」
「お前は怪我してるだろ!あまり動き回れないんだから無茶言うな!」
「でも…」
「『でも』じゃない!大丈夫。すぐ戻ってくるから。」
と言い残し、ヒデは銃を片手に外に出て行った。
外は穏やかな天気だった。

679 :あお:2005/04/10(日) 15:14:56
ヒデは見回りをしていた。
前後左右を常に警戒しながら、慎重に歩を進めていった。
しかし、敵はどこにも見当たらない。気配すらも感じなれない。
「…大丈夫だな。…よし、戻ろう。」
とりあえず一安心したヒデはワッキーの所へ戻るため、
走り出そうと1歩を踏み出した瞬間に、
突然、爆音と突風、凄まじい衝撃を背中に受け、ヒデは前方に投げ出されたしまった。
背中の痛みと熱さはあっという間に全身へと広がっていった。
「いっ…てぇ…くそっ…」
少しづつ体を動かし後ろを見るとそこには、
「っ!?」
「みぃ〜つけた♪」
あべこうじが不敵な笑みをして立っていた。

680 :あお:2005/04/10(日) 15:16:17
「どうして…」
「えっ?聞きたい?実は僕、血糊付きの防弾チョッキ着てたんですよ〜超ラッキ〜♪」
あべこうじは笑顔満面でこう答えた。
(くそっ、反撃しなきゃ…銃…どこだ…)
ヒデは辺りを見回した。すると前方に銃があるのが見えた。
ヒデは手を伸ばし、銃をつかんだ。しかし、
「あっ!」
その瞬間あべこうじに手を踏みつけられ、銃を取り上げられてしまった。
「丁度よかった。僕の手榴弾アレで最後だったんですよ〜」
あくまでも明るく言った後、銃の標準をヒデに向けた。
「!?」
「さっきのお返し。」
笑顔は既に消えていた。

ズタァァン ズダァァン ズダァァン

3発の銃声が森に響いた。
ヒデの背中は真っ赤に染められ、動かなくなったいた。
「あれ?死んだのかな?つまんねー。
 ってか、ヒデさんがココにいるって事はワッキーさんも…」
あべこうじはニヤリと笑うと、その場から立ち去った。

「わ…きた…逃げろ…」

ヒデは声にならない声でそう叫んだきり、
もう2度と動かなくなったいた。

【ヒデ(ペナルティ)死亡】

681 :あお:2005/04/10(日) 15:17:52
今回はここまで。
次でペナルティ(+あべこうじ)編
完結させたいと思います。

682 :名無しさん:2005/04/10(日) 15:24:59
ヒデさんが死んじゃうのはつらいっスね〜。

乙でした!

683 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:21:18
待ってくれていた人は居ないと思いますが…とりあえずタカトシの話を落とします。


ゲームが始まって数日後のある日。

タカとトシは数日振りに森の中で再会を果たしていた。
偶然に出合った二人は争い合う事も疑いあう事もなく、お互いの無事を喜んだ。
そして突然放り込まれたゲームについて、今まで見てきた芸人の死体。
仲の良かったコンビ同士の殺し合いの事等を話していた。

「俺、嫌だよこんなゲーム…」
タカは木の根元に座り込み、頭を抱えて呟いた。
「これはゲームなんかじゃない。こんな事があっちゃいけないんだよ」
トシはイライラしたように辺りを歩き回り、悔しそうに拳を握り締める。
「こんなんで生き残ってもしょうがねぇし…死んだ方が」
俯いたままタカはボソボソと呟いた。
「…今俺達は生きてるんだ。死のうなんて考えたら駄目だ」
トシは弱気になって俯いているタカの肩を掴んで真剣な口調で言った。
「そうだよな」
しっかりとしたトシの言葉にタカはぎこちなく笑い返した。
このゲームに巻き込まれて以来、これが初めての笑顔だった。
「とりあえず今は生き残ることだけを考えよう」
もう一度大勢の前で一緒に漫才をやるんだよ、とトシは続ける。

684 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:23:34
「美しいコンビ愛ですね…」
トシの背後からボソボソと聞き取り難い声で誰かが呟いたのが聞こえた。
トシはその声に表情を強張らせ、背後を取られた己の不注意さに唇を噛んだ。
タカはトシの肩越しにその人物の姿を確認しようと立ち上がる。
「馬鹿、よせ!!痛っ…ぁああああああっ!!」
タカの不用意な行動を諫めようとしたトシは突然悲鳴を上げて蹲った。
今まで経験したこともないような激痛。背中を直接火で炙られているような感覚。
だが実際感覚だけではなかった。
謎の液体を浴びたトシの背中は着ていたジャケットとシャツが溶け、
そこから露出した皮膚は皮が剥がれて真皮や皮下組織が剥き出しになっている。
真っ赤に爛れたその背に所々覗く白い物は骨のようだ。
「っぐぁあ――――――っ!!!」
余りの痛さに両腕をツメが食い込む程強く握り、地面に膝をついてトシは叫んだ。
突然の出来事に驚いたタカであったが、
自分もまた相方を気に掛けていられる様な状態ではなかった。
トシの背中にかからなかった液体が、前に立っていたタカの目に入ったのだ。
「ぉ、おい!どうしたんだよ!!…クソっ、目が…」
視界が極端に悪くなり、刺すような痛みが絶えず走る。
痛みに耐えかねタカは目を覆ったまま地面に膝を付いた。
液体は塩酸や硫酸等の化学薬品のようなものだろう。

685 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:24:47
「やっぱコレだけじゃ死なないか…」
二人を襲った人物の声がタカの耳に入る。
何とか目を開け霞む視界で捉えたのは、相方の焼け爛れた背中と風になびく長髪。
「アイツは俺を殺そうとしたのに…」
辛うじて残されていたタカの視界が、相方のうめき声と共に真っ赤に染まる。
目に走る激痛に耐えかね、タカは目を強く押さえた。
そうしている間にも絶えず生温い液体が降り注ぐ。
鼻を突く生臭い臭いで、それが血液だということはすぐに判断できた。
そして勢い良く己の身に降り注いでくるその量が、
相方トシの傷が致命傷になるような傷だということを理解させた。
「悪いな…一緒に、生き…残れなく、て」
ゴボゴボと水の泡が割れるような音がする。
突然の襲撃者によって喉を切り裂かれたトシは最後の力を振り絞って、
目の前に居る内気な相方に声を掛けた。
背中の痛みももう感じることはない。身体の感覚がだんだんと薄れていく。
喉の傷から溢れ出る血液と共に、己の命が流れ出しているのが分かる。
「…あぁ」
トシの死を悟ったのか、タカは暗い声で短い返事をした。
内気で不器用なお前を独り残すのは心配だよ…トシはそう伝えようとしたが、
もう声は出ていなかった。喉の傷から微かに空気が漏れるような音が出ただけ。
「もういいよ、無理すんな…俺もすぐ行くから」
真っ暗な視界の中でタカは音のするほうに手を伸ばし、
相方の形の良い頭に手が触れると別れを惜しむ様にそっと撫でる。
その言葉に小さく頷くと、トシの身体は地面に完全に倒れ付した。

686 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:25:41
後に残されたのは血溜りの中で座り込むタカと、
その横で倒れる相方トシの無残な亡骸。
その光景を数歩離れて見ていた襲撃者は、無言のまま俯き暫くその場に立ち尽くしていた。
右手にはトシの血に濡れたナイフ、そしてもう片方の手には硫酸の入った濃茶色のビン。
「俺も殺すんだろ…早くしろよ、阿部」
名前を呼ばれた襲撃者はその長い髪をナイフを持った右手でかき上げて顔を上げる。
その表情は泣いている様にも、笑っているようにも見えた。
ザッと砂を蹴る音がする。その音でタカは襲撃者が歩き出したことを感じる。
タカは大きく息を吸い、深く深く深呼吸をした。
これがきっと自分の最後の呼吸だろう。身体の力を抜いて覚悟を決める。

だが、いつまで待ってもその瞬間は訪れなかった。
気が変わったのか、自分たちを襲ってきた気紛れな事務所の後輩は消えていた。
「何だよ…殺せよ…俺はどうすりゃいいんだよ」
視界を奪われ、大切な相方を奪われ、森の中に独り残されたタカは独り呟き続ける。
その見えなくなった目にはいつしか、大粒の涙が溢れていた。

687 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:26:54
趣味悪いなー 同人女と対して変わんないじゃん。

688 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:27:14
タカトシの話は以上です。この前後にまだ話があるのですが、
反応を見て落とすかどうか決めたいと思います。

689 :花粉症 ◆X1rbp0TR.U :2005/04/10(日) 17:30:32
腐女子思考で書いたつもりはありませんので。
同人は創作モノ全てを示す言葉ですのでご注意を。

690 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:37:05
花粉症 ◆X1rbp0TR.Uさん。乙っス!

691 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:40:27
近代作家の文豪とかも昔は同人誌で作品を発表してたわけだしね。
>>688
乙。続きが気になります。

692 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:49:35
へーそうなんだ。知らなかった。
でも好きな人、殺すのはあまり良い趣味とは言えないよ。

693 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:51:10
>>692
でも、そんな事言ったらこのスレが成立しないかもw

694 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:54:20
>>692
好きなの生き残らせてマンセー!!とか言ってたらそれこそ腐だよ。
殺し合いスレなんだからスレの趣旨に反することいわれてもなぁw

695 :名無しさん:2005/04/10(日) 17:57:01
好きな芸人いっぱいいるけど、死んでしまうのは悲しいけどストーリーとしてはアリだしねw
あくまでもネタだからw

696 :名無しさん:2005/04/10(日) 18:25:22
いい感じにクレイジーだねーw

697 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/10(日) 19:40:24
メルヘンズとジパング上陸作戦、まだ予約させてもらいます。
スミマセン、最近忙しくなってしまったので・・・・・。


698 :名無しさん:2005/04/10(日) 19:54:28
花粉症さん乙です!
前後の話があるのなら是非読んでみたいです。
投下希望します。

699 :名無しさん:2005/04/10(日) 20:05:12
書き手さんの申告が続々あって嬉しい♪
これで、このスレがどんどん進展していけばいいですね〜。

700 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:38:09
本編続きです。少しですが。
予約はしていませんが、あたりさわりはないと思うので
本部の話も少し。



陣内は疲労、高松はそれと、村正によって切りつけられた傷で
おたがいフラフラになりながら、二人は安全な
(といってもそれはとても不安な「安全」だが)
場所に身を潜めた。
人口林の中、外から二人の姿は見えない。
二人はやっと、腰を下ろす事ができた。
「陣内さん!それ…!!」
高松は、陣内の手に握られている刀を見て、
思わず大声を出してしまった。
苦痛のあまり、前方を気にするのがやっとで、気がつかなかったのだろう。

なんと陣内は「村正」を手にしながら、普段どおりに
高松と話していたのだ。



701 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:40:05
「ああ……これな。
 (せっかく身をもって、この世から処分しようとしたのにな……)
 やっぱり流れてきたわ。お前らと一緒に、あの沖にな……。」
「なんともないんですか……?」
高松は、おそるおそる、そう聞いた。
高松のその態度が、疲れ果てた心身にひびいたのだろうか。
陣内は高松を少しうっとうしそうな目で二度見……いや、
三度見ほどして、答えた。
「いや……俺にもよく分からんけど……
 そうやねん。普通や……。」
「はあ……。」
二人がまじまじと刀を見ていた、そのときである。

「……陣内……じ……い聞こえるかぁ……」


702 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:41:27
「うわ!刀が話したぁ!」
高松がまたも大声を出してしまい、
驚きのあまり陣内は刀を地面に落としてしまった。
無線機で話している時のようなきれぎれの声が、村正から放たれたのだ。

刀からは依然として声が放たれていた。
「おい……聞い……れ…俺……専……家や……。」
陣内が声の主に気がついた。
「原田専門家!?刀から原田専門家の声が!?」
「原田専門家……?」
高松は原田専門家のことを詳しく知らない。
「ああ……俺のネタのビデオとか作ったりしてくれてた人や……。」
陣内は、ピン芸人になってからというもの、ずっとこの、
原田専門家という人にお世話になっていた。
刀からの声はなおも続く。
「……聞こえ……るみたい……やな……」
「陣内さん!こっちの声も聞こえてるみたいですよ。」
どうやら本当に無線機になっているようだ。


703 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:42:28
「え……じゃあ……」
(……この声、ホンマに本物の原田専門家なんか……?。)
(そんで、おれ等の味方なんか……?。)
陣内は一瞬、とまどったが、
自分の勘を信じてみることにした。
「はい……陣内ですが……聞こえます。けど、電波悪いんかなぁ。」
「そ……か……
 …… …… …… …… ……
 …… ……これでどうや」
「あ、はい。聞こえます。」
「そうか。じゃあ、よく話を聞いてくれ……。」
陣内は
「はい。」
と答えた。
これから、自分の身に起こる、皮肉な……そして
切ない運命を少し予感しながら……。


704 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:43:42
本部

BR法執行部のヘリから、本部に通告が流れた。
ヘリ無線「本部!応答願います!本部!」

ガナルカナルタカ「なんだよ〜こっちも忙しいんだよ。
         ヘリは一機だめになるは、山は火事になるは
         地震は起こるはで大変だよ。」

ヘリ無線「ガンジーみたいに死んでいる奴がいるのです。画像は……」

ガナルカナルタカ「へえ……どれどれ……あ、ホントだ〜すげえ〜
            ってバカ!そんなのいちいち報告しなくていいよっ!」



705 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:44:29
「なんだ……うるせえな……」
 横になっていたたけしが起きた。
「あっ……殿!お目覚めですか」
「うるせえから起きたんだよ……。そんなことより……。」
「そんなことより?」
「悪い予感がするんだよ……。
 村正でもっと死んでるはずなのにな……
 おまえ……ちょっと見てこい。声の担当者を。」
「へえ、私が……ですか。」
ガナルカナルタカは、しぶしぶ機械室へと足を運んだ。


706 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/10(日) 20:48:37
今日はここまでです。
「地獄編」の騒ぎのせいで、このスレが
叩かれる傾向にあるみたいで。
みなさんどうもすみません。

本編で頑張ります。

707 :名無しさん:2005/04/10(日) 20:51:30
スレが叩かれているのではなくて、あなたが叩かれているのですよ、佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 さん。

とりあえず、乙でした!

708 :名無しさん:2005/04/10(日) 21:30:12
言うべきが言わないべきか迷ったけど今の段階だったら言えそうなので一つ。

>>706
陣内は原専に対してもろにタメ口。

709 :名無しさん:2005/04/10(日) 23:16:48
たけし軍団はもう本部としての機能を放棄しているのでは?

710 :名無しさん:2005/04/10(日) 23:28:51
>>709
その通りです。
本部は爆破されました。で、たけし率いるたけし軍団はテリトリーを作って
そこにいるらしいですよ。うる覚えですが。
そこでウンナンとバトルしましたからね。残っているのたけしとはダンカンくらい?
何人かはウンナンに殺されたはずです。

711 :710:2005/04/10(日) 23:30:41
スイマセン。
3行目の「そこ」は「ある場所」と書こうとして間違いました。

712 :名無しさん:2005/04/10(日) 23:34:18
('A`)

713 :名無しさん:2005/04/11(月) 00:12:09
>>712は何を言いたいのか分からない。

714 :名無しさん:2005/04/11(月) 01:00:12
('A`) <ヒロシです

715 :名無しさん:2005/04/11(月) 03:34:51
あぁー、もう佐木ビデ男にこのスレに来てほしくないと思うのは自分だけか・・
正直なところホントもうやめてほしい・・

716 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 16:38:01
マジッすか。
次回説明・訂正します。

717 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 16:41:29
>715
そんな事言ったって来れるもんは来れるよ。

来たくなるし。なんとかします。

718 :名無しさん:2005/04/11(月) 20:19:34
>>715
禿同。
今までの流れでそう思わざる負えない。

719 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 20:26:01
>718
うるせ〜。適当にいってんじゃねえよ。
そのうち痛い目見るぞ。

ガナルカナルタカとビートたけしは生存しているので
場所の説明さえつけば問題なしです。
ほっ。

720 :名無しさん:2005/04/11(月) 20:33:27
そういう言い合いはもういいよ。やめようって。

721 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 21:00:40
自分はもっとしたい。
ドンだけグロかろうと、本音が聞けたほうがすっきりする。
だから、自分も本音に近い部分で話してると思う。
2ちゃんってそういうもんじゃないの?
まあ、今は特に平気だからこんなことが言える。

>本編
矛盾してると思われた部分、全部説明がつきます。次回書きます。

722 :名無しさん:2005/04/11(月) 21:03:56
多くの住人の気分を害していることを何とも思ってないように見えて不快でたまりません。
今までの和やかな空気が台無しで本当に残念で仕方ないのです。

佐木さんに伺いたい。
貴方は「自分がこんなにも叩かれている」原因は何だと考えていますか?
まず、貴方のことを理解したいのです。

723 :名無しさん:2005/04/11(月) 21:06:10
お絵描きスレにいたざっぷうを思い出すな。

724 :名無しさん:2005/04/11(月) 21:23:41
皆釣られるなよ…と思ってたんだけどなんかマジっぽいね
>佐木さん
誰かも言ってたけど、小説だけ書かれていた方が良いのでは?

725 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 21:51:47
わかんないってば。
何?

726 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 21:55:11
理解とかマジでホントカンベンしてください。


>724さんの言うとおりにしたいのは
やまやまなんだけど、叩かれてるままだと
こっちだって気分が悪いんだよ。

727 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 21:56:43
気分を害してるのはお互い様ですからね。

728 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:02:33
佐木ビデ男とやら。お前さんが暴れてるお陰で
他スレの住人も面白がって此処に来てるみたいだぞ。

はっきり言ってこのスレにお前がもたらすのは害と殺伐とした空気と不快感だけだ。
お互い様じゃない。原因はお前にあるんだから
よく恥ずかしげも無く「お互い」様なんていえたもんだな。
文の書き手としてはもう少し言葉の勉強をしてきた方がいいんじゃないか?
お互い様ってのはお互いに落ち度がある場合に用いるのが普通だろ。
お前さんの場合は迷惑をかけて注意されて逆切れしてるだけなんだよ。

729 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:06:14
うるせえよ。
わかんね〜っつってんだよ。

どうせ2チャンなんてろくな奴がいねえんだ。

730 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:08:12
私は、ここの人間にも十分に落ち度があると思ってる。

731 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:09:41
覚えてろ……。

俺の作品はこんなもんじゃねえ。
もっと創作してやる。
2ちゃんが変わるまで、ずっとだ。

732 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:10:44
m9(^Д^)プギャーッ

733 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:11:21
m9(^Д^)プギャーッ

734 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:12:30
ははは……なんだそれは。
よくわからんが、気分がノルな。

735 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:12:53
m9(^Д^)プギャー

736 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:13:47
ここでひとつ、提案がある。


佐木さんの発言はスルーしよう。
注意したり叩きさえしなければ大人しくなるというのなら、その通りにしてみようじゃないか。
>>722の問いかけスルーするし、本気で聞く耳もたないようだ。

737 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:14:21
私は、創作が愉快でたまらない。

738 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/11(月) 22:18:41
いや、これ最大のわがままなんですけど、
本編に関する注意だけは言ってもらいたいです。

739 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:19:03
m9(^Д^)プギャー

740 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:21:27
誰か小説持ってる人いる?

741 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:40:15
>>740
小説持ってるってどういう意味?

742 :nana:2005/04/11(月) 22:41:28
出たよ!!凄いのが!!
完全無料のポータルサイト!!!

「恋天市場」⇒ttp://koiten.com/?ln10

フリーメールなど無料TOOL特盛り♪
新サイトなので今なら必ず、好きなアカウントでメルアドがGETできる!!!
タダなのだから見てみて下さい。とにかくお得!!

743 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:41:50
728>>>>>>>>>>>>>>>729
ろくなヤツ     ろくでも無いヤツ

744 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:47:50
>>357->>361 


745 :名無しさん:2005/04/11(月) 22:53:00
佐木は全体的に無視しようぜ!

746 :名無しさん:2005/04/11(月) 23:23:46
前も言ったけど、佐木さんがどうしても我慢出来ない人は透明あぼーん推奨。
注意してる人何人かいるけど、そんな事してもスレ荒れるだけだしさ。

わからない人の為に透明あぼーんのやりかた説明。

1、専用ブラウザをダウンロードする。
2、ヘルプなどで、各ブラウザのあぼーん機能の使い方を確認する。
3、自分が見たく無いレスをかきこむ人の名前(IDでも可能)を登録する。
  (ブラウザによっては選択しないとダメな場合も。)
4、するとあら不思議。レス番号がとんでる?佐々木さんの書き込みが一つもない?

>>664で佐々木さんは雑談もコテハンで書きこむことと、死者出た場合は
名無しで報告する事約束してくれてるし、この機能使えば小説ごと全部存在すら見えなくなるので
感想も雑談の苛立ちも持たなくてすむから。

747 :名無しさん:2005/04/11(月) 23:33:41
>>741
ごめん、誰かうpする用に小説書き上げた人いる?って意味でした。

748 :名無しさん:2005/04/12(火) 00:41:09
今更ですが花粉症さん乙です。
続きが気になります。マイペースに執筆してって下さい。

さ、変なのは華麗にスルーしましょう。

749 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/12(火) 08:12:24
か〜。
うぜえのばっかりだせ。
もう絵版で地味にやってるほうが
役に立つのかな。

アイデアだけ、したらばのほうに置いときますので
もう文章が好きな人が書いてくれ。
あ〜。うぜえ。

750 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/12(火) 08:18:04
もともと小説とかよまんしな。
複数ですれ違った意見ぶつけられるのは
もういやだ。せっかく面白くしてやろうと思ったのに。
くだらねえ。

一生ひましてろ愚民どもが。

751 :名無しさん:2005/04/12(火) 08:43:59
>>747
番外編(集団催眠編)ならあるけど、ここにはもう出せないです。
最初はUPする予定でしたが、番外はさほど必要ないでしょうから。

752 :名無しさん:2005/04/12(火) 10:57:36
>>751
ちょっと寂しいですね…最近(集団催眠編)気になっていただけに、残念なのですが………
あれはあれで、是非完結して貰いたいです!

(集団催眠編)は芸人各々の複雑な心境を、書き手の皆さんが上手く書いていて番外編では一番好きだったのですが。

753 :747:2005/04/12(火) 11:02:35
>>752
私の小説の欠点は話が長すぎるという所なので、
今後投稿するとウザがられる傾向にある気がしたんです。
集団催眠編専門の職人になってやろうかなとまで思ってたのですがww

754 :752:2005/04/12(火) 11:58:16
そうですか……

長くても気にしない質なんで、やっぱり最後まで読みたいですね。
(すいません、なんか我儘な意見で)

755 :753:2005/04/12(火) 12:02:22
>>754
様子見て投稿できたらしたいですね。せっかく書いたのでw
雰囲気を壊さない程度を心がけて書き続けてますし。

756 :752:2005/04/12(火) 12:15:42
>>755

待っていますんで、投稿の方お願いします。
753さん頑張って下さいね!!

ココ…最近荒れていたんで、どうなる事かと心配していたんで…


757 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/12(火) 15:48:23
自分のアイデアもできたら書いてやってください。
正直、アイデアだけには努力したんで。

それでは名無しに戻ります。

758 :名無しさん:2005/04/12(火) 18:38:30
何か少し荒れてるみたいだけど、前の雰囲気に戻したいって気持ちがあれば多分
また楽しく書き込みが出来るハズ。……綺麗事すぎたかな…。

759 :名無しさん:2005/04/12(火) 18:58:04
私も小説書いてみようと思います。
アンガールズ(+流れ星)を書こうと思うんですが、まだ出てないですよね?

760 :752:2005/04/12(火) 21:17:48
>>758
いや、そういうのって大事ですよ。

761 :名無しさん:2005/04/12(火) 21:58:41
正直あのきったない落書きどうにかして欲しい。
下手な上に意地でかいたみたいで、小説の書き手さん達に失礼すぎる。

頑張ってかいてくれていた人達の絵を無駄に流すのとかありえない。
大勢で使う絵掲示板使用の常識さえも守れないなんて最悪ですね。

762 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:29:24
>761
言ったらあかんこと言ったなあ。お前。
絶対見つけ出して殺したる。
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

763 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:30:36
止めて下さい。お願いします。
これ以上、荒らさないで下さい。

764 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:30:41
DETUDETUDETU
ですですです
です
でした
でしょう。

という、デスメタルでした。

765 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:31:20
>761
覚えとけよ。

766 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:31:51
久しぶりにココに来たのですが・・・。
なんか荒れてますね。前はそこまで無かったのに。
お絵描き掲示板の方も見ましたが、1ページ目全部が同じ方の絵というのは・・・。
せめて一人おきぐらいにしてほしいです。

767 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:33:28
もう我慢なんてできないですよ。

いいじゃないですか。どうせ誰も絵描かないいんですから。

768 :761:2005/04/12(火) 22:34:08
>>765
というか、ななせさん。ビデ男さん。
私は貴方には見つかりようがないですし・・・面白いことを言いますね。
正しいこと言っただけですけど何か?
あのへったな絵の事は明日には忘れようと思います。お疲れ様でした。

769 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:34:27
やめてほしかったら
同じペースで全員が描いてみろ
ということです。

770 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:36:00
>768
俺の情熱をなめんなよ
そのうちその言葉後悔させたるわ。
息もできんほどな。

771 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:37:26
せっかく小説を投下したいのに、こんな状態では投下出来ないです。
早く平穏なスレに戻ると良いのですが、この状態では・・・。

こんな迷惑行為がいつまで続くのか不安です。

772 :761:2005/04/12(火) 22:39:20
>>770
貴方のキチガイさはよーく分かってますよ。どうやって後悔させるんでしょうね。
今コレを書き込んでいる私の存在なんてこのスレッド内だけのものですしw
コテハンの貴方のようにこのスレに執着もしてませんのですぐに名無しに戻れますし。

息も出来ないほどにその言葉を後悔させるなんて文章はおかしいですよww小説家さんww

773 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:39:23
書いたらええやんけ。
スカしてんとちゃうぞ

はあ!?迷惑行為?
ふざけんな。思ったことをそのまま言っただけじゃ。

774 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:40:25
思った事をそのまま言った事が迷惑行為なんだけどw

775 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:40:41
小説にはもう興味がない。
お前ら全員
ですメタル。

まあそういうことや……。

776 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:41:58
ななせだかなんだか知らないが、お前の発言全部が迷惑!
気づけ。そのうち規制がかかるぞ。マジで。とりあえず2chの規制スレッドもチェックしとくんだな。

777 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:42:51
アレだけ小説にこだわったのに今度は絵板に乗り換えですかw
意外と根性ないんですねw

あ、そっか。あのお話の続きはどこかで皆さんを待ってるんだっけww

778 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:44:41
>>762
通報しました。

779 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:45:02
小説に興味ないなら来るな。お前は既にこのスレと関係ないやつだ。

780 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:46:05
>>778
御苦労さまでした。乙!

781 :名無しさん:2005/04/12(火) 22:47:23
>>778
ご苦労さま!凄く助かった。
これでもう荒らしの話は御終いにして、新しい書き手さんや続きをマッタリ待つことにしよう。

782 :752:2005/04/12(火) 22:50:47
ああっ……もう最悪や……Vorz

何なんだアイツは………

783 :名無しさん:2005/04/13(水) 00:09:03
そろそろ本編の投下が欲しいところっスね

784 :名無しさん:2005/04/13(水) 00:30:15
529-531/544/550-561/572-581/626-627/
630-631/642-645/658-659/712-745/749-750/757/761-765/767-777

↑あんまり見苦しいんで、以上の削除依頼出しときました。


785 :名無しさん:2005/04/13(水) 00:31:09
>>784
ありがとうございました!本当に乙です!御苦労さまでした!

786 :名無しさん:2005/04/13(水) 00:36:48
>>784
あらら。自分のレスも入ってらwまぁ此処が平和になるならそれでいっか。
出すぎたマネをしてしまったようで…御手を煩わせて申し訳ない。乙

787 :752:2005/04/13(水) 00:55:37
>>784

乙です!
削除依頼の出しかたイマイチ解らなかったんで、助かりました。

>>783

本編……今どんな感じなんでしょう……?

パソ潰れて今過去ログ等見れないんで……orz
(現在携帯にて閲覧)

788 :名無しさん:2005/04/13(水) 01:12:51
99オールナイト日本:悪い人の夢風に
悪・島田伸介が謝罪会見を開いてました
島「ええ…そうです。あの時は嫁との正常プレイに飽きてしまっていたんです。
だからマネージャーとのSプレイに走ってしまったというか…。まあ俗に言う
変態ですよね。一種の変態プレイですよ。マネージャーをいじめ、これがマスコ
ミにばれたらどないしようっていうドキドキ感、緊張感…いやーたまらなかった
ですね〜このドキドキ感は。毎晩あのことがバレタラどうしようって思いながら
床に就く。それでもねれずに、あの時の光景を思い出しながらオナニーする。た
まらなかったですね〜、あの快感は。ばれるかばれないかの狭間でオナニーして
るんですよ?たまらんでしょ〜?…」
と永遠と謝罪会見ならぬ射精会見を開いていました。

789 :名無しさん:2005/04/13(水) 10:37:24
本編で、浜田って放置プレイ中だね。
上の方で誰か書いてたけど、その続きを書いてもいいでしょうか。
それともどなたかコッソリ予約しちゃったりしてます?

あと書いてみたいのが名倉の続き。こちらも予約なしで放置プレイ中だったら
書きたいけど、その辺の事情通さんいらっしゃいますかね。

790 :名無しさん:2005/04/13(水) 16:26:58
事情通ではないですが、
そのへんのお話は小蠅さんが書いたぶんで
後は放置だったと思います。

おながいです。
名倉→正宗なので
陣内→村正の話も誰かつなげてやってください。
したらばのほうに行ってもらったら全て分かります。


791 :名無しさん:2005/04/13(水) 16:28:25
完全なハッピーエンドなんてありえないかもしれませんが……。
俺、この物語に青春かけました。
芸人さんが好きです。

よろしくお願いします。

792 :789:2005/04/13(水) 16:34:58
じゃ、予約しちゃっていいですかね。とりあえず浜田だけ。
名倉や陣内は誰かお願い。。あと、ハリガネも誰かお願いします。
コテハンは前に集団催眠編を書いた「rrr... ◆iiErQ9C0HQ」です。
予約しつつ、1ヶ月以内に投下できなかったら解除します。
予約し続けるのは迷惑になりますので。がんばって書きます!

なるべく長々ダラダラした文章にならないように気をつけねば。

793 :名無しさん:2005/04/13(水) 16:40:46
舞台は全体主義が支配する大東亜共和国。あのバトルロワイアルが実際に行われている世界。

日テレのお笑い番組『エンタの神様』。
お笑い若手芸人のネタをテロップやカットで台無しにしてしまう魔の番組。
視聴率の伸び悩みに苦悩したスタッフ一同が、視聴率をとるために恐ろしい企画を打ち出した。
その名も、お笑い芸人バトルロワイアル。
元になったのは国防の為の戦闘シュミレーション、通称「プログラム」。
本来は中学三年生の一クラスを対象に行われる凄惨なデス・ゲーム。
これをお笑い若手芸人にやらせようというものだった。
この恐ろしい企画は、日テレ上層部に報告されるとすぐに実行されることになった。
退屈な毎日を送る一般国民達は、この企画を喜んで受け入れるだろう…と。
生き残ることのできるのはたったの一組。


殺らなければ殺られる――お笑い芸人達を恐怖の底に突き落とす凄惨なデス・ゲームが今、開幕する

794 :名無しさん:2005/04/13(水) 16:57:46
>>793
すげー読みたい。

795 :名無しさん:2005/04/13(水) 16:59:43
次回のために保守しとけば?>>793

796 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:06:32
>794、795
っていうかこれは全体の前書きなのでは……。

>793
乙です。全体がかっこよくなるいいものをありがとうございます。

797 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:12:19
>>796
エンタは若手限定だから今の話とは関係ないだろ。

798 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:14:02
そんな事言い出したら
大東亜共和国ってどこだよ。とかになるだろ。

これが前書きでもるオールオッケー。だろ。

799 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:16:44
そこまで細かく見てたら
いろんなとこで感動できなくなるぜ。だろ。

800 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:17:07
>>793
アンジャッシュ、インパルスは出るの?

801 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:17:57
>800は荒らし

802 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:23:10
>>801
荒らしじゃないよ。
本当に読みたいのに・・・・・・。

803 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:30:22
>>798
「西暦1997年、東洋の全体主義国家、大東亜共和国。
この国では毎年、全国の中学3年生を対象に任意の50クラスを選び、国防上必要な戦闘シミュレーションと称する殺人ゲーム、“プログラム”を行なっていた。」

ホンモノのバトロワの文章。何だ、元を読んでないのか…今なら古本屋で手に入るぞ。

804 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:47:17
>>798
無知でハズカシイ。

805 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:49:23
>803
違うって。読んでるし。
>そんな事言い出したら
>大東亜共和国ってどこだよ。とかになるだろ。

この、「そんな事言い出したら」が重要なんだよ。
空想の世界なんだから。「エンタの神様」が実際どんな
番組だろうと関係ないだろ。
そこを叩くんだったら、ほかの空想部分全部もおかしいだろ。


806 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:52:03
って話だよ。
それから「読みたい」とか言ってるやつ。
今まで何読んでたよ。

1っこ目がまだ終わってなくて、
ラストまで書いてくれそうな書き手さんが予約してるのに
なんで勝手に2個目を始めようとするんだ?嫌がらせか。

ふつうにありえねえ。

807 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:52:30
エンタの神様のすごく読みたい。

808 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:52:58
氏ね

809 :793=803:2005/04/13(水) 17:55:07
急に落とした自分が悪かった。ちょっとした出来心だ。
最近進みが悪くて本編も何処へ向かっているのか分からなくなって来たから、
ブームが終わらないうちにもう少し遊んでおこうかと思っただけだ。
此処は此処のルールや今までの歴史があるから打ち切るわけにも行かない。
ならいっそブームの先駆けとなった番組に出た芸人限定で新スレを
立てたら盛り上がるかと思ったがそれはそれでなんだか気が退けたんだ…

810 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:57:14
そうですか。いろいろあったんですね。
でも、個人的には一つ目がちゃんと終わるまで
がまんしてほすぃ。

811 :名無しさん:2005/04/13(水) 17:59:45
>809
なんなら、書くなら
陣内村正の続き書いてくれない?
そこ、かなり重要な話なんだけど
書き手が死ぬほど叩かれちゃって今無理なんですよ。

812 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:00:38
あ……でももう他の人が書いてくれてるのかもな……。
いったんこの件は保留で。スマソ。

813 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:02:30
>>809
すごく読みたい。是非エンタやって。

814 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:04:25
>>811
陣内はあまり詳しくない上にネタが浮かばないから無理だ。スマン
他に好きで書いてくれてるやつが居るなら待った方が良いな。

自分が書きたかった芸人は自分が此処を見つけたとき既に逝ってたんだよ…
この話が終わるまで大人しく待つとしよう。

815 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:04:28
>813
>>806
氏ね

816 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:06:10
>814
まってくれい。
アイデアはしたらばのほうに置いてあるんだ。
そこで叩かれたやつに話しかけてみてくれ。

ほぼ全部の流れを話してくれるはずだ。

817 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:08:03
でもまあ……無理強いはよくないか……。

気が向いたらそうしてくだされ。スマソ。

818 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:18:57
>>562-569

rrr... ◆iiErQ9C0HQ さん、お疲れさまでした。
貴方の書かれるアメザリのお話、本当に最高でした。
アメザリの本編のラストもすごく感動的なものでしたが、
それに続いて今回の集団催眠編でのストーリーもおもしろくて
さらに感動を膨らませて下さったと思います。
ラストも綺麗に終わっていて、アメザリファンとしてとても嬉しいです。
おかんからのメールを読んで号泣する柳と
相方の本心を聞いて泣きそうな平井に、こっちまで涙が出そうになりました。
こんなにじーんとなるお話を書いて下さってありがとうございました。

819 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:47:09
>>816
>アイデアはしたらばの方に
したらばのアドはわかる?

820 :名無しさん:2005/04/13(水) 18:57:40
>819
>>1のまとめサイトだよ。
亀レススマソ。

821 :名無しさん:2005/04/13(水) 19:33:53
小説投下してみたいんだけど、いいのかな…。いいんだろうけど。


822 :名無しさん:2005/04/13(水) 20:32:34
多少荒れてても気にすんな!
新しい小説が投下されれば前の雰囲気に少しは近づくと思うから。
書き手さん、ガンバレ。

823 :名無しさん:2005/04/13(水) 22:54:33
投稿ぜひお願いします!

824 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/13(水) 23:39:14
>>818
ありがとうございます!
凄く喜んで頂けて、感謝&恐縮です。
長過ぎてウザがられてそうで、正直不安だったんです。

ちょい前のレスで今度は「本編の浜田編」を予約致しました。
頑張って1ヶ月以内に投下しようと思いますので、
もしよろしければそちらも読んでいただけると嬉しいです。

あと「エンタの神様」バージョンを書いて下さっている方。
スイマセン。浜田を予約してしまったので、しばらく待っていて下さいませんか。
私も「エンタの神様」バージョンを読みたいんですが、なんとか今のストーリーを
完結してからが嬉しいです。
スイマセン。よろしくお願い致します。

825 :rrr... ◆iiErQ9C0HQ :2005/04/13(水) 23:43:04
>>818
追記。
ちなみにアメザリの柳原が母のメール見て泣くのは実話です。
実話を聞いて感動したので、使わせて頂いたんです。
柳原って優しい男だなと思ったので、アメザリ編を書きたくなったんです。
平井の方が好きなんですがww

826 :名無しさん:2005/04/14(木) 00:48:20
>>824
>>814の最後の文

827 :名無しさん:2005/04/14(木) 17:00:51
そういうことですな。

828 :名無しさん:2005/04/14(木) 17:18:43
あげとくわ。

829 :名無しさん:2005/04/14(木) 21:01:09
しつこいけど、むらまさだれかたのむ。

アク禁になってるわけでもないし、
アイデアは思いつくけど、背景描写とかの
文章表現力に欠けているんだ。ビデオは。
そこを誰か頼む。

830 :名無しさん:2005/04/14(木) 21:05:30
それから、お絵かき掲示板。
絵が達者な人はどしどし参加して欲しい。
ビデオの占領が嫌ならなおさらだ。

一人じゃつまんねえし。


831 :名無しさん:2005/04/14(木) 21:30:07
って、言うことです。
失礼しますた。

832 :名無しさん:2005/04/14(木) 22:40:06
佐木さん佐木さん。>>664で約束した事はもう忘れちゃった?

>>746
>>664で佐々木さんは雑談もコテハンで書きこむことと、死者出た場合は名無しで報告する事約束してくれてる

だから、雑談はコテハンでよろしくお願いしますね。
透明あぼーんしたい人だって居るだろうし。皆で気持ちよくこのスレを使いましょう。orz


833 :名無しさん:2005/04/14(木) 23:14:54
>>759
一応両方を予約してた人がいたけど、
>>28で良いって書いてるから良いとオモ

ってかひょっとして>>647>>28さん?

834 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:25:30
>832
いや、コテハンで書いたほうが
荒れるみたいです。

835 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:27:20
諭すようにいじめるのやめてください。

普通に書く権利が自分にだけないってのは
ありえないですから。
だからアク禁にもならなかったんです。

836 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:31:54
っていうか、みなさん。
色々ごたごた言う前に絵版に参加してよ。

小説もなんか特定の人しか書いちゃいけないみたいに
なってるけど、へたくそでもいいから誰か
本編書かなきゃ進みませんよ。

終いには私が書きますよ。それが嫌なんでしょ?あんたたち。
じゃあ書けよ。コノヤロー(猪木)。

837 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:38:03
あと、>829-830は
誰かしら書き手さんに見てもらわないと
いけないやつですからね。

838 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:39:16
って言う。

失礼しました。連続レス、長レススマソ。

839 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:48:00
そろそろ
======================終了===========================

840 :759:2005/04/15(金) 16:52:06
>>833
教えてくれてありがとうございます。予約は…解除してると解釈していいのか?
>>647を見てちょっと投稿するのをためらったけど(文章力あまり無いもんで)
確かに誰か書かないと話が前に進まないし、思い切って書いてみようかと
思います。647より上手い文が書けるとは限らないけど。


841 :名無しさん:2005/04/15(金) 16:55:26
>839
サンクス子。
>840
がんばって〜!
嫌がらせで書けない佐木の分までがんばって〜。

842 :名無しさん:2005/04/15(金) 17:48:36
とりあえず、ここにもまとめサイトがあった。

http://gyokukan.fc2web.com/owarai_br.html

843 :名無しさん:2005/04/15(金) 22:05:46
森三中黒沢さんのその後と、さくらんぼブービーが書きたいです。
書き手さんはまだいらっしゃるのでしょうか。

844 :名無しさん:2005/04/16(土) 13:52:40
絵板に行ってみた。
私が描いてもいいのだろうか…。
色塗り下手だからモノクロでいい?






845 :名無しさん:2005/04/16(土) 14:54:49
描いて〜。

846 :心配性:2005/04/16(土) 15:21:08
ド初心者のくせに書いちゃいました。アンガ…頑張ります。


何でこんな事になったんだろう。この間までの平和は何だったんだろう。
目を閉じて、深呼吸し、空を見上げる。

「田中さん」
隣から聞こえてくる相方の声に耳を傾けながら、空を仰ぎ続ける。
山根とは、開始後すぐに出会った。かなりの芸人が参加してるのに凄い偶然。ただ
警戒心とかは別に無かった。だって山根だもん。俺を殺すなんて、そんなことこいつに
出来るわけないじゃん。
「あー…何?」
「いや、これからどうしたらいいのかな」
何それ。超難問だよ…。
「や、どうするって言われても〜…………“歩く”?」
「………はぁ」
「溜息つくなよ!」


二人並んで歩き出す。
手には、華奢な身体には似つかわしくない大きなライフル銃。出来れば使いたく
ないと思いつつも、無意識のうちに自分の手がそれをしっかり掴んで放さない。


何で歩いてんだろ俺ら。何処に行く気なのさ。
あーぁ、分かんないなぁ…。


847 :心配性:2005/04/16(土) 15:22:32
>>846

「田中さん…疲れたよ。休も〜」
「え〜!?何言ってんの!さっきも休んだだろ!!」
「……………」
「黙るなって!!」

まただよ。さっきからこの繰り返し。ちょっと歩いては休み、歩いては休み…
おかげでほとんど進んでない。
あ゛――もう、イライラするなぁ。いっそ一人の方が良くないか?

「俺、先に行くからな!」
背を向けて歩き出す。冗談半分だったけど、ちょっと可哀相だったかな。泣いちゃうかも。
20メートルほど離れても、山根が追ってくる様子はない。
歩く。歩く。歩く。

(ちょっとは止めろよ…)
振り向くと、山根はまだその場所にいた。さっきと違って、座っていた岩から立ち上がり
奥の茂みを凝視していた。
「何、そっちに何かあんの?」
あ。と言ったのが口の動きで解った。
何かに気付いた様子の山根は、顔だけ田中の方に向け手招きをした。

「何?」
「――…!…――…」 距離がありすぎて声が聞こえない。
「な――――――にぃ――――――!!?」
「――――……!」  やっぱり聞こえない。
「もぉ〜ッ!!」

俺の負けだよ。そのまま全速力で山根の所へ戻っていった。


848 :心配性:2005/04/16(土) 15:31:48
続きはまた今度書きます。
それにしても緊張感が出ないなー…。

849 :名無しさん:2005/04/16(土) 17:24:35
乙です。
>848
アンガは癒し系だからかな?

850 :名無しさん:2005/04/16(土) 18:29:04
アンガ、乙!
なんかこういった場所だからこそのほのぼの感がいいっスね。

851 :名無しさん:2005/04/16(土) 19:38:02
乙!!
いやぁ…良いですね〜、アンガ続き頑張って下さい!!

852 :名無しさん:2005/04/16(土) 21:45:32
age

853 :名無しさん:2005/04/16(土) 22:49:59
アンガ乙ですっ
続きが気になります!

854 :名無しさん:2005/04/17(日) 01:00:04
■■■■■■■■
      ■■■■■■■■■
     ■■■■√ === │
    ■■■■√ 彡    ミ │
    ■■■√   ━    ━ \
    ■■■  ∵   (●  ●)∴│
    ■■■    丿■■■(  │  おいコラ、スカトロ芸人
    ■■■     ■ 3 ■  │ てめぇよ!ステロイド問題に
    ■■■■   ■■ ■■ ■   口をはさんでんじゃねーよカス
    ■■■■■■■■■■■■     何様だよ、てめぇは
    ■■■■■■■■■■■■    
     ■■■■■■■■■■■
        /⌒ - - ⌒\
      /⌒\ ・  ・ /⌒\
     /     \∩/     \
   /\/⊃   ∞'   ⊂\/\
  /  /   \_)*(_/   \  \
 |_/                 \_|


855 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 05:52:01
>>499
え!スミマセン、ココしばらく来てなかったモノですから
ちょっとビックリしましたが・・・・・その続きはうちが書くので
大丈夫です。ありがとうございました。

856 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 07:38:42
では>>499の続きを投下します。


857 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 07:39:52
>>499の続き

「え?!シムラケン?!」
「し、し、志村けん?!?!  あたっ」
志村の死体に慌てふためいて、吉澤も芝川に続き滑ってしまった。
「こんなん・・・・・もうアカンて・・・・・・」
壁には無惨にもひっかかれたような跡のような血痕があちこちについていた。
そして志村の顔の頬には血の手形があり、誰かと死の争いをしたのだろう。
ブラウン管を通して、いつもいつも笑いをくれた志村けんがこんな姿で生で見るなんて
思いもしなかった。
「オレ、ちょお添える花とってくるわ。」
吉澤はすっくと立ちあがり走ろうとしたがやはり滑ってしまった。

「これ。あっこに1つしか咲いてなかってん。殺し合いしとるっちゅうのに元気に且つ
凛と咲いとった。」
吉澤はゆっくりと志村の手に花を握らせた。


858 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 07:42:06
>>857

芝川が布で志村の顔の血を拭き取っているとパタパタと足音が聞こえた。
「マズイ、誰か来る!隠れよ!!」
「おう!」
廃墟の裏口から逃げ、こっそり中の様子を伺う。

「Hey!Fuck off!・・・・Is there someone?」
迷彩服を身にまとってダダダダダとライフル銃を連発している男がいる。
「おい!なんか米兵っぽいヤツがいる!」
「ホンマや!!!アイツは敵なんか?味方なんか??」
その米兵らしき人物は辺りを見渡しながら、こっちへ近づいてくる。
「近づいてくっぞ!」
「味方かもしれん!」
「ホンマか!?」
「助かる方法とか教えてくれるかもしれんやん!」
「コラ!相手は銃持ってるんやで!敵や!」
「ほな逃げよう!」
物音を立てないように足早に歩いて去ろうとした瞬間
「Wait!!!」
同時に気を付けし、恐る恐る顔を振り向いた。


859 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 07:43:32
>>858

ジパング上陸作戦のチャドである。しかし彼らはチャドの存在を知らない。
「What a fuck are you doin?」
「すすすす、すみません命だけはお助けをー・・・・・」
腑甲斐にも吉澤は土下座をした。
「Shut up!’know watt’am saying?」
「芝川くん!なんつってるかわかんないから訳して!」
芝川は失禁して完全に意識を失っていた。
「HAHAHAHA!やっぱり英語はあかんか」
高揚に笑うチャド。
「え?!に、ニホンゴしゃべっ・・・・・」
チャドはただ米兵になりきっていただけだった。
吉澤と芝川の2人が芸人であるコトを確認すると、チャドも芸人であるコトを話した。
「せやったんですかー。」
チャドは相方を探しているが見つからないという。
そして自分の武器であるライフル銃をこれでもかってぐらいに布で拭き取っていた。


860 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/17(日) 07:48:07
今日はココまでです。

861 :名無しさん:2005/04/17(日) 13:52:29
乙です。

あの、絵版に新しく描いてもらった方とか、
エンタ編読みたいって言ってる人に、補足しておこうと思います。

なんか本編も、勝手に書いたり書かれたりで、
大変なんで、もう一度、はじめっからやり直そうとか
新しいのやろう。っていう話が出てきてるけど、
そうしてしまうと、今までの書き手さんにあまりに失礼だと思います。

だから、一応この話の終わりまでやってみよう。
と思っています。ご了承下さい。

862 :名無しさん:2005/04/17(日) 14:09:15
時間の感覚がずれてきてるかもしれないので
一応書いておきます。

この話のスタートは、2002年1月です。
もう3年以上経過していますが、話の中では
1週間〜1ヶ月ぐらいしかたっておりません。

863 :名無しさん:2005/04/17(日) 14:19:37
>>861
その「新しく始める」とかについてはもうとっくに解決してると思います。
最後までやるって決まっているんですが、なぜ今になってむしかえしているのでしょう。

>>862
そこまでの時代軸を使うと、今まで出て来た若手芸人自体を削除していかないといけなくなるので、
2002年設定とか細かく決めなくて良いと思うのですが。皆さんは、どう思われますか?
2002年設定でガチすると余計混乱すると思うのは私だけでしょうか。

864 :あお:2005/04/17(日) 14:43:08
ペナルティ編投下します。

680>続き
「うああああああ!!!!」
ワッキーは大声で叫びながら森を疾走していた。
もう怪我なんてどうでもいい。
痛みなんてどうでもいい。
ワッキーはただ文字通り無我夢中で走った。

少し前に、放送でヒデが死んだことを知ったときは、
どうしても、ヒデの死を受け入れられなかった。
湧き上がってくるのは漠然とした喪失感。
それが時間が経過するにつれて、どんどんワッキーに大きな重圧としてのしかかってきた。
その重圧を振り払うようにワッキーは走った。
走っても何も変わらない事はワッキーだって分かってる。
でも、何かしないといけない。立ち止まったらきっと自殺してしまう。
何かしなきゃ。何か、何か、何か、何か、何か、…

そして、ひび割れた絶叫と駆け抜ける足音が森を震わせた。
走って、走って、走りまくって、呼吸がままならなくなっても、とにかく走って…
その時、ワッキーは石につまずいて大きく転んでしまった。
しばらく、ワッキーはそのまま動かなかった。
大粒の涙が頬を濡らしていた。

865 :あお:2005/04/17(日) 14:44:25

もし、あの時ヒデを引き止めていたら、
もし、自分が怪我をしていなかったら、
もし、ヒデと再開していなければ、

過去に「もし」をならべる事の無意味さは重々承知している。
しかし、一度「もし」を考え出すととまらない。

もし、ヒデとコンビを組んでいなければ、
もし、ヒデと出会わなければ、
もし…自分が存在していなければ、
ヒデは生きていた。死ぬことは無かった。

        『全力で生きろ』

ふと、ヒデの言葉が頭をよぎった。

「全力で…」

すでに遺言となってしまったこの言葉を、口に出して言ってみた。
と、その時、

「何が全力でなんですかぁ〜?」

と聞き覚えのある声が聞こえた。

866 :心配性:2005/04/17(日) 15:01:09
続き投下します
>>847

「どーしたの山根…」
「ほら、あそこ…」

山根の指差した先――――何か大きな物がゆらゆらと揺れているのが解る。木や草が覆い茂っているのでそれが何なのかはっきりしない。

「俺疲れてるからさ、お前見て来いよ」
「えー何だよそれ!田中さんが行ってよ」
「何だよはこっちの台詞!たまには言うこと聞けよ!」
「分かったよ…………じゃあ二人で」


凄いよなぁ俺たち。こんな状況下でも脳天気な会話繰り広げて。自分で言うのもなんだけど、ホントにめでたい性格だよ。

山根は田中の手を半ば無理矢理引っ張り「それ」に近づく。
「「あ……」」



人だ。人が木から吊り下がっていた。どうやら背負っているリュックが木の枝に引っかかっているらしい。
何だってこんな状態に?上を見上げると、ぱらぱらと葉っぱや小枝の破片が降ってきた。
…………上から落ちて来たのかな。


867 :心配性:2005/04/17(日) 15:01:46
「……うっ…」

あ、生きてる。…助けなきゃ。小走りでその男の元へ駆け寄る。
落ちるときに枝で引っ掻いたのか、腕や脚から血が流れていた。うわー痛そう…。

「えっ、助けんの?」
予想通りの山根の反応。その不謹慎さにわずかながら怒りを覚えた。
「手伝えって」

自分に注がれる厳しい視線に気づいたのか、山根は眉をしかめ、罰の悪そうな顔をした。



868 :心配性:2005/04/17(日) 15:02:31
パキパキ…嫌な音が響く。
ガサッ…メキメキ…  まさか、この展開は…!

「あ。枝が…」
「え〜!?それってヤバイじゃん!もしも〜し!!落ちるよ!落ちますよ〜ッ!!」

山根の制止の声も聞かずに、田中は走り出していた。枝が、完全に折れる。
うわ〜待った待った!!無我夢中で前へ飛んだ。

どすん!

背中に、予想以上の強い衝撃。意志とは無関係に地面にうつ伏せに倒れた。
息が詰まる。目がチカチカして、頭ももうクラクラ。でも…
良かった、何とか無事だ。彼も、俺も。
安堵の溜息を吐き自分の上に覆い被さる様にして気絶している男を見る。

「やー、ナイス田中さん。ヒーローみたいだ」
いつの間にか山根がしゃがみ込んで田中を見下ろしていた。
「え、そ、そう?そう言われると何か調子にのっちゃうな…」
「はは…。……あれ?この人確か…」
「見たことある人?」
上の人物になるべく刺激を与えないよう、もぞもぞと抜け出る。
「あ、」

やっと助けた男の顔を見た。死んでいるかのように眠りこける男―――――
中島仲英(流れ星)が二人の目に映っていた。


869 :心配性:2005/04/17(日) 15:04:11
…とまあ今回は以上です。ちょっと張り切りました…。
これからどうするかは考えます。

870 :あお:2005/04/17(日) 15:22:11
この声…まさか…!?
起き上がり、振り返ったワッキーの目にあべこうじが立っているのが写った。
「なんでっ!?」
ワッキーは絶句した。あべこうじは目の前で殺されたハズなのに。
「どうしてか聞きたい?実は僕、防弾チョッキ着てたんですよ〜」
満面の笑みで答えた。おそらく、言いたくて仕方なかったのだろう。
「じゃ、さっそくですけど、死んでもらいますね。」
あべこうじはポケットから銃を取り出した。
「!?っ、それ…」
「あぁ、これ?さっきヒデさんから奪ってきたんですよ〜」
ワッキーに遅効性の毒のような理解が広がった。
それはつまり、あべこうじがヒデを殺した事を意味する。
「どうして……どうして殺すんだよ…」
ワッキーはうわごとのような呟きをこぼした。
「何言ってんスか。」
あべこうじは口の端をゆるめて薄く笑った。
「ここがどこだか分かってるんですか?殺し合いの場ですよ?
 そんな事が通じるわけないじゃないですか。」
 あの時トドメをささないあなた達が悪いんですよ?」
ワッキーは唇を噛んで、その言葉の鋭さに耐えた。
唇の薄皮がはがれて血の味がした。

871 :あお:2005/04/17(日) 15:24:33
「それにあなたには守るべき人も、信頼できる人も、人を殺せる武器もないんですよ?
 そんな中で生きていったってしょうがないでしょ?
 だったら、僕の手で殺してあげますよ。」
ぬけぬけと言うあべこうじ。
ワッキーはそれが魅力的な案だと思った。
自分には守るべき人もいない。ヒデ以上に信頼できる人がいるとも思えない。
武器だって、カッターナイフくらいしかない。
ここで苦しまずに死ねたらどんなに素敵だろう。
死のう。ここで死のう。死んで楽になろう。

     『全力で生きろ』

また、ヒデの言葉が頭を駆け巡った。
ワッキーはハッと我に帰った。
死んじゃだめだ!全力で生き延びなきゃ!
すると、弾かれた様にワッキーはカッターナイフを取り出し、
あべこうじに胸をめがけて大きく振り下ろした。
あべこうじは、突然の出来事だったので上手く避けきれず、
右手を斬りつけられ、うっかり銃を落としてしまった。
ワッキーは素早くそれを拾うと、カッターナイフを放り投げ、
銃をあべこうじの頭に突きつけた。

872 :あお:2005/04/17(日) 15:25:06
「へぇ、やるじゃん。」
少しも驚いた様子もなく、あべこうじは言った。
「でも、少しビビってるみたいだね。」
「余計なお世話だ。」
「…あんた、ここで人殺してないでしょ。」
ワッキーはあべこうじを強く睨みつけた。
「ないんでしょ?だからビビってるんだ。手ぇ震えてるよ。」
「うるさい!」
「殺せるもんなら殺してみなよ。どうせ出来ないだろうけど。」
あべこうじの声はあくまでも明るい。
「うるさい!うるさい!うるさい!」
ワッキーは銃の引き金を思いっきり引いた。
しかし、銃は乾いた音を立てただけで何も起こらなかった。
ワッキーはそれを弾切れだと理解するまで、少し時間がかかった。

873 :心配性:2005/04/17(日) 15:27:24
あおさん、何か投稿かぶってしまって申し訳ないです。

874 :あお:2005/04/17(日) 15:36:15
その瞬間、ワッキーの腹部に激痛が走った。
細い糸のように、鮮血が舞う。
「ね?できないでしょ?」
あべこうじは微笑みながら言った。
ワッキーはそれが、自分が放り投げたカッターナイフによって
あべこうじに刺されたものだとすぐに分かった。
崩れるようにしてその場に倒れこんだワッキーに、
あべこうじは何度も何度もカッターナイフで腹部を斬りつけた。
その度に辺りが赤く染められる。

「ん〜?もう死んだかな?やっぱりこれくらいのやりがいがなくちゃ、
 人殺しも楽しくないもんね。」
程なくして、あべこうじが言った。
その目線の先には、腹からカッターナイフを生やしたワッキーが倒れていた。
「んじゃね、ワッキーさん。結構楽しめたよ。」
そう言い残し、あべこうじはワッキーに背を向けて歩き出した。

875 :あお:2005/04/17(日) 15:45:45
(俺、死ぬのか…)
かすれてゆく意識の中で、ワッキーはそう思った。
死ぬ。終わる。終了する。消滅する。未来が消える。
ここで死んだ人たちのように、忘れられてゆく。
何もかもが「無」になる。
「全力で生きろ」と言う言葉を裏切る。

それは嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ……!

そしてワッキーは最後の死力を振り絞ってカッターナイフを腹から引き抜くと
立ちあがり、おぼつかない足取りながらもあべこうじの背後に近づき、
大きく振りかぶった。
そこにタイミングよく、あべこうじが振り返る。

876 :あお:2005/04/17(日) 15:58:04
―頭蓋骨の中でもこめかみは最も骨が薄く、
 カッターナイフ程度でも、貫通する事が出来る。―

うろ覚えの情報がここで役立つとは思わなかった。
ワッキーの足元には、こめかみから大量の血を流して死んでいるあべこうじがいた。
鮮やかな深紅が辺りに広がってゆく。

「トドメをささないあんたが悪いんだよ。」

血を流しながら冷えてゆくあべこうじの体を見下ろしながら呟いた。
そしてため息をつくと、フラフラと歩き始めた。
しかし、2〜3歩ほど歩いて倒れてしまった。
ワッキーは、今度こそ死ぬと確信した。

「ヒデさん、俺、全力で生きま…し…たよ…」
口から声とともに血が吹き出る。
そして、急速に死の深淵へと落ちていった。

辺りは嘘のように静かだった。

877 :あお:2005/04/17(日) 16:08:29
死というのは冷たく悲しいものだ。

生きていた頃の暖かみなどほんのヒトカケラもない。

あるのは、突き刺さるように冷たい『孤独』というコトバ。

見るものすべてが色鮮やかに光り放つ。

けれど、思い出す記憶のすべては

色を失い、暗い光を漂わせ、モノクロとなり、瞼に写る。

どんなものを見ても、どんな事を想っても、

結局は悲しみにしか変わらない。

死というものは冷たく悲しいものだ。

今日また増えた三つの屍は他の者の理性を奪い、

また、人一人壊れてゆく。

【ワッキー(ペナルティ)、あべこうじ死亡】

878 :名無しさん:2005/04/17(日) 16:11:06
あおさん、乙!

ワッキー辛いっスね〜。めっちゃ楽しませて頂きました!

879 :あお:2005/04/17(日) 16:11:45
終わりです。
こんな下手くそな小説を読んでくれた皆様、
本当に本当にありがとうございます。

心配症さん、投稿かぶってすいません。

他の書き手さん、続きを楽しみにしてます。

880 :心配性:2005/04/17(日) 16:16:25
>>879
あ、いえいえこちらこそ。
乙でした、あおさん!

881 :名無しさん:2005/04/17(日) 17:00:48

あおさん
心配性さん
乙です。

あおさんの小説久しぶりに泣きました

昔、中川家の話読んだときも泣いたなぁとか思い出してたんですけど
皆さんはどの話が泣けました?

882 :名無しさん:2005/04/17(日) 17:17:00
ロザン菅とチュートリアルと陣・コバのところで泣けました。

あと、坂コロ松岡さんのメールを、
村田渚さんが読んでるところですかね。

883 :名無しさん:2005/04/17(日) 17:40:18
>>881
私はおぎやはぎ、いつここ、よゐこですね(全部平仮名だ…)
やはり相方を殺すというのは可哀相すぎて泣けます。

884 :名無しさん:2005/04/17(日) 18:03:07
よゐこと加藤のラストは悲しかったな〜。加藤がカッコよかったな。

885 :名無しさん:2005/04/17(日) 19:29:26
あおさん
心配症さん
乙!二つとも凄い楽しめた。ワッキー辛く悲しいなぁ。

886 :名無しさん:2005/04/17(日) 21:16:10
安田大サーカスを書いた人がいないみたいなので書いてみます。あっさり終わらせ
ちゃって申し訳ないが、まあたまにはこんな話があってもいいかなーと(^ ^;)。
それに彼らにはこういう展開が一番似合いそうだし。
あと>>857-859で、志村を殺ったヤツの事も気になるなあ。>>7からしてやっぱ
肥後あたりか?

「ドンドンドン、ベタベッタ!ドドンドドン、ベタベッタ!」
ここは島の一角の、とある荒れ地。この血なまぐさい場には不釣り合いな、
陽気な声がする。
声の主は、はしゃぎながら練り歩く三人組だった。
先頭を行くのは赤フン一丁の小柄な男。
その脇にいるのは、ポケットから紙吹雪を取り出しつつ撒き散らすスキンヘッドの
強面男。しかしその声は、その容貌からはおよそ想像もつかない甲高い声である。
もう1人の脇にいる男は、ずんぐりとした巨漢。
そんな見るからに個性的な三人組が、この荒れ地で人知れずお祭り騒ぎをして
いたのだった。
「団長、ここには誰もいないみたいですねぇ」
スキンヘッドの男が口を開いた。
「ああ、このまま他の奴らに見つからなきゃいいけどなあ」
「団長」と呼ばれた赤フン姿の男が返す。うまい事このまま生き延びられれば、
あわよくば…そんな考えもあったのかも知れない。
しかし彼らは知らなかった…ここは本部の兵士たちが設置した、対戦車地雷の
地雷原になっていた事を!
カチッ
「ん?何か踏んだ…」
ドッカァァァァァァァァァァァァァァァァァン !!!!!
対戦車地雷をまともに踏んでしまった三人は大地を揺るがす大爆発に呑み込まれ、
わずかな紙吹雪と焼け焦げた団長の赤フンだけを残し消し飛んでしまった。

【安田大サーカス(団長・クロちゃん・HIRO) 死亡】

887 :名無しさん:2005/04/17(日) 22:00:14
あおさん・心配症さん乙です!!

ワッキー壮絶な散り様でした!素敵です。

アンガと仲英さんが出会いましたね〜、続き気になります!

888 :名無しさん:2005/04/17(日) 23:34:28
面子と内容が自分の書いてるヤツと偶然かぶってるのがあるw
かぶってること事態は別に気にならないけど
その芸人は誰が見てもそういうキャラなんだなーって思ってワロス

みんなグッジョブ

889 :◆bUk4YtvoE2 :2005/04/18(月) 01:05:58
突然で申し訳ないのですが、もしよろしければ集団催眠編のロバート、インパルス、ドランクを書きたいです…
腐女子意見なうえに本編ではないので悩んだのですが、この3組の本編での活躍がなんとなくあっけらかんとしているような気がしたので…

もし、反対意見が多いようでしたら諦めます

890 :名無しさん:2005/04/18(月) 01:54:14
>>889
お、そうですか。それならばぜひ北陽も(キングコングはあったっけ?)書いてやって
下さいな。要するにはねトびメンバー全員ね。あと、ナイナイなど初期に死んだ人とか、
今回のペナルティのなんかも見てみたい。

891 :◆bUk4YtvoE2 :2005/04/18(月) 08:37:26
では、はねるのトびら編ということで書かせて頂きますね
どなたか秋山さんを殺してからの堤下さんの行動分かる方いますか?
過去ログ読んだんですが見当たりません。もし見落としでしたらすいません

892 :名無しさん:2005/04/18(月) 16:37:54
あおさん乙です!
ワッキーの死に方が切なくて、とても感動しました。
私もぺナの催眠編を見てみたいです!

893 :名無しさん:2005/04/18(月) 18:12:32
ジャンクションって書かれてないみたいですけど…
かいてもいいんですかね
一応今までのに目を通したんですが、この二人出てないんで・・・

894 :名無しさん:2005/04/18(月) 18:15:24
>889
一応レスしますね。
地獄編と集団催眠編は別物なんで
はねとび編オールオッケーですよ〜。

このレスするのにも恐縮していますw。
でもまあ。そういうことで。

895 :名無しさん:2005/04/18(月) 18:55:19
書きたいけど詳しくないんだよー二人称三人称分かんないよー
って人は面識のない芸人同士でキャスティングすると吉
そもそもセリフが少なければ呼び方や方言が違ったりしても気付かれないんだよね
これは自己申告すると叩かれる罠



でも結構みんな適当だよね?見たところ

896 :名無しさん:2005/04/18(月) 19:30:44
浜田予約中の者です。
スイマセン。ハリガネと登場させたいのですが、どなたかハリガネ執筆中の方いらっしゃいますか?
もしいらっしゃいましたら連絡お願いします。
とりあえず、書き続けます。

897 :名無しさん:2005/04/18(月) 21:19:45
>895
自分は、

オジオズの高松さんは、普段から
がんばって関西弁なのだろうな……。
でもこんな状況におかれたら、素が出るだろうな。

と思って、相方のいる時以外の高松さんは、標準語で書いてまつ。

898 :名無しさん:2005/04/18(月) 21:23:12
あ、標準語って言うか、
「……だせ。」的なニュアンス。
千葉の言葉を知らない物で。スマソ。

899 :名無しさん:2005/04/18(月) 21:41:42
>>897
偉い

900 :名無しさん:2005/04/19(火) 01:08:08
900げと

901 :名無しさん:2005/04/19(火) 09:16:29
>>893
B9さんにジャンクションは予約しているかどうか聞いてみては??




902 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/19(火) 17:11:18
前回から北陽・伊藤さんを殺害するまでの
陣内さん、そして、ラスト(たぶん)までの陣内さん
オジオズ高松、チョップリン、原専、本部、を
予約してみようと思います。

やっぱりあのやり方では、書いてくれる人もいないようで
自分で書こうと思いますた。

903 :名無しさん:2005/04/19(火) 17:45:45
暫く見なかったらスレがかなり伸びてて驚いた。
ポイズンが出たのは嬉しかったんだけど、阿部さんを殺そうとした「アイツ」が
相方のことだったら悲しいな。

904 :心配性:2005/04/19(火) 19:09:37
アンガ+流れ星の話を書いてる者です。私の話の中では田中・山根が
中島さん達に敬語を使ってるんですが大丈夫ですかね…?

905 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/19(火) 20:10:41
>904
書き手さんたちって、おそらく素人の方々ですよね。
私もそうです。

だから、芸人さんたちの普段の話し方や、
2人称なんて、全部知ってなくてあたりまえだと思うので、
よっぽどでないかぎり、そのへんはスルーでいいと思うのですが……。

906 :名無しさん:2005/04/19(火) 21:07:01
>>902
小説にはもう興味ないって言ってたのに…


907 :名無しさん:2005/04/19(火) 21:10:08
あれは、叩きに対するとっさの反応でして。
気が動転していたもので。スマソ。がんばります。

908 :名無しさん:2005/04/19(火) 22:15:49
そっか。名倉と陣内の話(遭遇〜それぞれのラストまで)を起承転結だけ考えてあったのですが。
申し訳ないですが、佐木さんの流れを無視した内容でしたので、
(ちゃんと全体の流れにはそってますが)佐木さんが書くならそうぞ。
なるべく奇想天外にならず本編の流れにそっていただけるとありがたいです。

909 :心配性:2005/04/19(火) 22:23:02
>>908
あなたの考えた話も番外編みたいな感じで読んでみたいです。
話のバリエーションは多い方が楽しいですし。
でも、一度ならず二度までもスレをかき乱した佐木さんは
他の読み手・書き手に受け入れられるのでしょうか…

910 :名無しさん:2005/04/19(火) 22:25:58
>>心配性さん
ありがとうございます。今、予約しているものだけ書き終わったら
文章に起こしてみようと思います。投下するかどうかは別としてwww

911 :名無しさん:2005/04/19(火) 22:37:27
>書きたいけど詳しくないんだよー二人称三人称分かんないよー
自分は以前ここで、それじゃぁ全く良くないぞって言われたから一所懸命研究したニョ
最初は正直凹んだけど、このスレも芸人さん達も書く事も好きだから諦めなかった

絵面やシナリオだけじゃなくて、大切なものは性格、仕草、能力、体質、関わり、空気…
良い作品の書き手さん方はみんな、過去のエピソードや普段の舞台の様子を上手く取り入れてる
でもこれがなかなか知り尽くせないんだ
ゴメンネ

912 :名無しさん:2005/04/19(火) 22:57:02
>>911
大丈夫ですよ。書いてくうちにコツが掴めます。私も掴めてないですが。
私の時は関連芸人さんの過去小説を全部ワードに移して読みながら書いてます。
その世界にどっぷり浸かった状態じゃないと書けませんし。
最初から上手く書ける人いませんし。筋が通ってりゃ叩かれません。

913 :名無しさん:2005/04/19(火) 22:58:37
>>あおさん
遅ればせながら乙です!!
飛連以来のいい話だと思いました。

914 :名無しさん:2005/04/19(火) 23:14:17
正直、自分は佐木さんを受け入れられない。
できることなら佐木さんとしてではなく自分が佐木であったことを隠して別の名で書いてほしい。
佐木さんを否定したいわけでなく佐木さんの書く小説を読みたいからこそ変えてほしい
一度、植え付けられた疑心を取りのぞくのは難しい。

915 :名無しさん:2005/04/19(火) 23:20:01
一生自分が佐木だった事を隠して投稿し続けるしか受け入れて貰えない所まで落ちちゃったからな。
周りのバッシングに逆ギレし、擁護してくれた人にまで暴言吐いた人だから。
自ら敵を作りに来てる状態だから、これからは別人として投稿した方がお互いの為かな。

916 :名無しさん:2005/04/20(水) 00:23:10
ちょこちょこ昔から書かせてもらってますが、
やっぱり題材にした芸人さんの特徴は出来る限り取り入れて、
自分なりに「魅せる」事を念頭において書いてますよ。
だから、書き手さんも安易な逃げをしないで、
出来る限り下地をしっかり作って欲しいなぁと思う今日この頃。

思いっきりちら裏だね。スマソ

917 :名無しさん:2005/04/20(水) 00:28:13
今見れない過去ログだけど、ここ↓に頼めばいいかもよ?
あと遅レスだが、>>881-884へ。私はスピードワゴンが泣けたな、催眠編含めて。

http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1081082635/

918 :B9:2005/04/20(水) 06:04:34
>>893
他の方はわかりませんが、私は今まで出したメンバー(ブロンクス・ソラシド・ヘッドライト・
マラド田中氏・ネゴシックス・しずちゃん)と予約したメンバー(とろサーモン・アジアン・
田中上阪・フロントストーリー)以外ならおkwwwwwwです。
ジャンクション楽しみにしてます。

919 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 10:46:25
今から投下します。
ジパング上陸作戦の加藤さん編です。
なので>>859とは話がつながってないので。
ちょっと加藤さん編は張り切って(?)みました。

920 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 10:48:37
カチッ カチッ カチッ カチッ
「へ?!電池切れか?!」
重くため息をつき、電池が切れた懐中電灯を勢いよく投げたジパング上陸作戦の加藤。
そうチャドの相方である。
加藤は偶然見つけた洞窟の中に殺し合いには関わるまいと身を潜めていた。

―何も描いていない 命という白いキャンパスに 黒ばかりが塗り潰されていく

脆く 脆く 消えていく白  深く 深く 広がっていく黒。 

(時折赤も混じる・・・・・・。)

外は くりひろげられる醜い毒蛇の乱舞 あちこちに力尽きた毒蛾の死体

これ以上黒いことはなく ひたすら ひたすら 黒く塗り潰される

「例えば僕がココで死んだら本当に涙する人おるんかな?」
なんて心にもないことを言うが本気か嘘か自分でもわからない。
逃げて、逃げて、逃げて、とにかく逃げて・・・・・・・・。
殺し合いの意義なんて誰にもわからない。
そして「人が人を殺してなんになる!」とかそういうキレイごともバカバカしい。
加藤は肉体的にも精神的にも疲れきっていた。
というか、それ以前にいつもの漫才の時の着物のままだったから
動きにくくてしかたがなかった。



921 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 10:55:14
街が解放された時に慌てて買った大量の乾パンと水と雑誌とガーゼとばんそうこうと毛布。

「なんで肝心の電池を買ってこおへんかったんやろ。あーあ。」
暗闇の中、さぐりさぐりで袋から乾パンを出して食べる。

結構長いこと洞窟の中でひきこもっている。外の状況をまったく知らない。
所持品のラジオのスイッチを入れようとする。
「これか。」

ガーッガーッ ザーッ

「うるさっ!!!!」
電源と音量が一体化してるラジオ。暗いせいでうっかり操作ミスで大音量にしてしまった。
洞窟内に異常なまでのノイズ音が響き渡った。

「あ。ここ洞窟やからラジオなんて聞こえるわけないか・・・・・」
『××××・・・ 発表します!』

「お?ちょっと聞こえるやんけ?なんて?」
次々に発表されていく死亡者。
「多いなぁ。」と苦悶の表情を浮かべる。

『死亡者は以上です。』 ザーッ

相方チャドの名前は呼ばれなかった。
「チャド まだ生きてるんか・・・・・。アイツのコトやから・・・・・・米兵にでも
なりきってんとちゃう。」  そしてまたフンと鼻で笑った。

922 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 11:05:06
ラジオのスイッチを切ると襲ってくるのは孤独と静寂と憂鬱。
でも外に出ようとは思わない。

人はゆくゆくは屍へと化す。

「屍・・・・・。死ぬのは・・・・・・ぶっちゃけあんまり怖くないねんけど・・・・・・
あれやな。人に屍にされるのはイヤやな・・・・・・。ならいっそ自分で・・・・・・・」

加藤は上を見上げた。ただ真っ暗なだけで何もない。
リュックからナイフを取り出し、両手でしっかりと握りしめた。

「ごめんな、チャド。ホンマにゴメン。
結局バトロワじゃ1回も会われへんかったけど
後悔してないで。こんなところまで行動を共にしたってしゃあないやろ。
もう疲れたわ。今どこで何してるか知らんけどチャドはチャドでがんばれよ。」


とまどいもなく自分の喉仏へ向けてナイフを勢いよく刺す。
最後に何か言うこともなく加藤はその場に倒れた。
ハラハラと血が流れていき、その血潮は闇の中へ消えていった。

                    【加藤(ジパング上陸作戦) 死亡】


923 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 11:08:00
ジパング上陸作戦・加藤さん編はここまでです。
そしてミス発見しましたorz 「あちこちに力尽きた毒蛾」
毒蛾じゃなくて毒蛇です。すみません。
それで次は椿鬼奴を予約させていただきます。

924 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/20(水) 17:40:26
>914-915
スレ汚し申し訳ない。
が、私の頭の中では、「えらいことをしてしまった。」
という意識がないんです。ただ、なんか頭がチリチリ痛んで、
疑問と不満だけが残る感じで。
普段の生活で気にしいだから、その反動でしょうか。

できたら、なぜそこまで嫌うのかを、具体的におっしゃって
いただきたい。理由がわからないままでは、反省もできないのです。


925 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/20(水) 17:46:58
そうだ!。次に投下する小説で満足してもらえたら
オールオッケーですね。

自分が小説初心者と言うのは事実です。この機会がなければ小説なんて
書けなかったでしょう。
でも、それで感心させたら文句はないでしょう!。

こんな無茶をしてみたかった!。

名前を変える必要などあるのでしょうか。
私が村正の続きを書くんだから、変えても同じだと思うのですが……。

926 :佐木ビデ男 ◆rvCk.7NUZ2 :2005/04/20(水) 18:17:32
>一生自分が佐木だった事を隠して投稿し続けるしか
受け入れて貰えない所まで落ちちゃったからな。

これは……もしかして脅しでつか!?
それとも世論調査でもしたのか……。

>周りのバッシングに逆ギレし、
擁護してくれた人にまで暴言吐いた人だから。

はっはっはっ。
だって自分の書いた小説の出来なんてわからないんだもの。
否定される根拠がわからない。自分自身が叩かれたと思ったんだもの。
擁護とかは、もう一回りわけのわからない現象ですよ。
頼んでもない。HAHAHA。

927 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:20:29
ひとりごとなんてよしてください>佐木さん
人の小説がどんどん上にいっちゃいます!!!! 

928 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:26:31
ひ……
独り言じゃないのに……。

>927
きみいくつ?小学生じゃない?

929 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:30:26
私、花も恥じらうセブンティーン・マップの17よ。
そして、>927あなたはいくつ?
スマソ。言わなくて結構よ。

930 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:33:01
>>918

B9さんからokが出たので、
ジャンクション書きます。


931 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:38:40
>927
ちゃんと読んでからレスするんだよ★。

932 :新物♯交差点:2005/04/20(水) 18:49:51
「もー…疲れたぁ…」

足を抑えながら大木の根元に座っている男が呟いた。

「アホか!今こんな状況で『疲れたぁ』なんてゆーてる場合ちゃうやろ!?」
若干キレ気味で答えたのは、座っていた男の相方
ジャンクションの下林である。

疲れた、というのは体力の事ではなく精神面のことだろうが、
そんなもの自分だって同じだ。

「…大体お前の武器俺のよりめっちゃええやつやん。
 そんな弱音吐かれてもこっちが困るわ」
「せやけど、俺こんなん持ったこともないし…」
そう言ってジャンクション原田は、手の中に有る「自分が使った事が無い物騒なモノ」の
銃口を空へ向けた。


933 :新物♯交差点:2005/04/20(水) 18:51:41
「俺、これ試してもええ?」
「なぁっ!?」
下林は、自分の武器…ドライバーのゴルフクラブをしっかり握り締めた。
「…誰もお前に撃つとは…」
「な、何で試す必要が…」
「いや…いざという時にこっから国旗がポーンと…」
「出てくるかぁっ!!」
下林はまだゴルフクラブをしっかり握っていた。

原田が黒く光る「それ」を下ろし、大きなため息混じりに、言葉を発した。

「…今までの放送で、先輩とか後輩とかみんな…
 それに…あの時……」

そう。二人は見た。
自分達が、この世界に入るきっかけとなった二人が、あまりにも無残な姿になっていた所を…


934 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:52:55
ト、トリップ!トリップ!

935 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:54:58
あっ!名前が変なことになってる!

936 :名無しさん:2005/04/20(水) 18:58:07
シャープが全角になってたんでつね。

937 :名無しさん:2005/04/20(水) 19:03:04
シャープを半角にして、次から違うパスワードにすれば
いい話。みなさん、もちついていこう。

938 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:04:14
…すいません。ちゃんと半角にしなかった自分が悪かったです。

939 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:07:48
…というわけで名前変えてやり直し

「…川か?」
さらさらと流れる音がする。
川じゃなくても、水があることは確か。

な気がする。
下林は、その方向に向かって歩き出した。
「下林?」原田がついてくる。
「どないしたん?」
「………多分、水がある」
そういうと、原田は無言で下林の後を追っていく。

暫くして、急に開けた場所にでた。
やっぱり。
水の流れの音が一番よく聞こえてくる。
「なんかあった?」
「見つかったわ、水」
「ほんま?じゃ、ちょっと休憩………」

そして原田は見た。一段下にある川原に、よく見なれた姿があることを。

「うっ…………あ…ああ……」
「え?何?一体…」

原田の指が示した場所に横たわる        もの。

「高…橋……さん………?」
蹲って硬直した状態の

サバンナ・高橋

940 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:10:45
「高橋さん!!!!」
段差を降りて、下林が駆け寄る。
「高橋さん!!高橋さん!!!!!!!!!」
原田もゆっくり近づいて来る。
ふらふらした歩みで。

高橋の腹部に目をやった。    赤い……いや、赤黒い血が、べっとりとこびり付いている。
どうやら、かなり前に最期を迎えたようだ

下林が「高橋さん……」といったのに対し、
「八木さん……」
原田が震えた声で言った。
同じタイミングだったが、出された名前は別人だ。

そうだ、この人の相方は?

サバンナの場合、コンビ二人で行動するということは、先ずありえない…
が、この場合は一番先に見つけなければいけない人物。
「なぁ原田……とりあえず、八木さん探しに…」

高橋に気を取られていなければ、とっくに気付いていただろう。
相方の震えた声に、恐怖と戦慄が廻っていた事を
「原田、聞いて…」

941 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:12:43
立ち上がったその瞬間。下林は凍りついた。
目の前には、動けない原田と、腹を撃ちぬかれ変な角度に足が曲がっているなかやまきんに君。

そして。

白目をむき、顔の右半分が吹っ飛んでいる
サバンナの八木だった。

「………………………っ」
目を背けることしか出来ない。
だが、瞼の裏に見えるのは、
サバンナ二人の
残酷な死に様だった。


さっきから、何も考えることが出来ない。
一番慕っていた先輩が。
一番頼りにしていた先輩が。
身体の一部を飛ばされ、死人になっている。

「しもばやしぃ……」
原田が弱々しい声で語りかける。
「せめて…さぁ…埋めようや……二人…」

判っている。判っているつもりだ。
けれど。
下林は立ち上がった。


942 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:14:27
「行こか」

「は?」

下林は砂をパンパンッとほろう。

「待てやお前」
低い声が、下林の動きを止めた。
「どうすんねんあの二人。あのまま野ざらしか?どうせ武器を試したいヤツの的になるのがオチや。
 ちゃんと弔ってやるのが残された人間のやるべき事ちゃうんかい」

下林はゆっくり振り返り、言った。
「そんなこと、してる場合ちゃうやろ…」

原田の目が、怒りで満たされた。
「お前はあの二人にどれだけのことしてもろうたか…忘れたんやろ!
 せやからそんな冷たいこといえるんや!!
 はよ言えや!あんな二人どうなってもええって!!
 そしたら俺がお前殴ったるから!!
 はよ言え!はよ!!」

握られた拳が相手の顔に当たり、地面に倒れた。

原田が。

943 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:15:38
「いっ……たぁ……」
下林が、原田を睨みつける。

「あの二人がどうなってもいい?誰がそんなこと言うてんの?
 そんなこと言うやつおったら、真っ先に俺が殺しとるわ」
「けど…お前今…」

「……俺だってな、あの二人ちゃんと燃やして、土に還してやりたいわ。
 ちゃんと花添えて、その上に墓石だって作ってやりたい。
 けどな、今一番せんといかん事は……」

生きること。
「こんなとこでグズグズしてんの誰かに見つかったら一発や」

そういって、落ちていたヌンチャクを拾う。
たぶんこれは、八木のもの。
何故かそんな気がした。

「…また、漫才やりたいなぁ」
「……下林」
「生きて、帰ろうや」
下林が背筋を伸ばす。

原田が口を開く。
「…………約束やで」
「おう」
そして、下林は手の中にあった武器に目を落とす。
『八木さん…高橋さん……必ず戻ります……必ず』
二人は歩き出した。

944 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/20(水) 19:17:43
とりあえず、過去を振り返るジャンクションは終了。
次から現在に戻ります。

945 :名無しさん:2005/04/20(水) 19:55:53
乙で〜す。

名無し系 ◆SiuiRPyJ32 さんも、遅れてスマソ。乙で〜す。

946 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 20:25:39
今から>>859の続きを投下します。ヘボイですが・・・・・・www


947 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 20:27:14
「かーとーう!!!」
何度相方の名前を連呼しただろう。
「全然見つからないじゃないっすかー!」
「もう死んでんとちゃいます・・・・・・・・?」
吉澤は冗談混じりに言った。

ガッ

チャドは持っていたライフルを吉澤へ向けた。
「Hey Kiddy!オマエ、冗談でもそういうコト言うなや。」
「すんません・・・・・・・。」

ゆっくりライフルを降ろし、また歩き出して名前を連呼する加藤のうしろで
コソコソと話ながら歩く。
「おい!なんでオレらアイツについて行ってんねん!」
「知らんわ!なりゆきでそうなったんちゃうん?!」
「ちょ、アイツと離れようや!」


948 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 20:28:29
「何話してるん?」
チャドは不意に振り返り、ライフルを向けた。
「あ な、なんでもないす・・・・・ただ・・・・・・・あの・・・・・・・ちょっと・・・・・・・
べ、別行動・・・・・しません????」
「別行動?」
ライフルを向けたまま、チャドは不穏の表情を浮かべる。

「別行動・・・・・ええけど。ほな・・・・・オマエら邪魔やな。」

――え? 邪魔???

ライフルを構えたまま動かないチャドと言われたコトが理解できず固まっているメルヘンズ。

「邪魔や言うてんねん!撃つぞ!」

タン

1発の銃が放たれた。

「あっ!!!」

一瞬のできごとだった。マトリックスの映画でも見ているように倒れていくチャド。

「よ、吉澤っ う、撃ったのか?」

なにかぎこちないポーズで銃を構え、額にはぐっしょり汗をかいている。
口をぽかんと開けたままコク、コクとうなずく。

安定の悪いフィギュアを机の上に置くとすぐ倒れる。
チャドもまたそんなフィギュアのようだった。


949 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 20:29:30
「お・・・・お・・・・おほ・・・・・・」
芝川はなんともいえぬリアクションをした。吉澤が撃った銃は見事にチャドの心臓を
貫いていた。

銃が手からスルリと落ちる。ガシャンと銃が落ちた音と共に吉澤もまた
地面に倒れた。

「吉澤くん!吉澤くん!吉澤くん!おい!」
「は・・・・・。」
「だ、大丈夫か?」
「なんとか・・・・・・・・・・。」
「よかった。」
吉澤は突然身を起こした。
「チャドさんは?!」
「・・・・・・アレ。」
「え!アレ・・・・」
指で自分を指しながら目で「オレがやったんか?」的なことを目配せし、それに対し
芝川は笑顔でうなずく。

いっしゅんでさんげした いっしゅんできえた あはははは

「所詮命なんて・・・・・・」
「ん?何?」
「ああなんでもない」

吉澤は汗をぬぐった。


950 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/20(水) 20:30:53
書き忘れました。【チャド(ジパング上陸作戦)・死亡】 

今日はココまでです。ああ、文章力ないなww

951 :名無しさん:2005/04/20(水) 22:30:27
名無し系さん、乙です

952 :名無しさん:2005/04/20(水) 22:39:55
名無し系さん乙
クールな感じがナイスで好きです

953 :名無しさん:2005/04/21(木) 00:01:40
名無し系さん・新物さん乙です!

954 :なちみ:2005/04/21(木) 00:20:57
名無し系さん
チャドくんがチョコチョコ英語を使うところが気に入りました!GJ!

955 :名無しさん:2005/04/21(木) 17:32:54
メルヘンズ投下します!

956 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 17:33:37
>>949

チャドと志村けんに合掌をし、廃墟を出た。
まもなく外は夜になりかけていた。

今何を目的に歩いているのですか 今真っ黒な路の上を歩いています
生き残ったら1番になれるんですか 路も、最後も真っ黒真っ黒
何も見えません 足元を照らす月明かりが唯一の救いです



「キレイな星やな。」
「・・・・ああ。いかにもこれまで亡くなった人たちが星になったみたいやわ。」

死臭漂う昼間とはうってかわって、澄んだ臭いのする夜。
サワサワと微妙な風が心地よい。

「やっぱりチャドさんと別行動したいなんてかわいそうだったかな。」
がけに腰をおろす芝川と、ゴロ寝しながら「うーん・・・・」とあいまいな返事を返す吉澤。
「加藤さんがチャドさん死んだなんて知ったら・・・・・・」

「忘れよう。」
「へ?」
「えっとー・・・・なんとか上陸作戦はなんとか上陸作戦。メルヘンズはメルヘンズ。」
「・・・・・・ジパングな。」
「ああ。」
「チャドさん撃ったんはオレや。もっともかわいそうだと思わなきゃいけないのは僕やと思うけど
別に後悔してへんで。だって、そういうルールやもん。」
そう言うと吉澤はグレたようにそっぽを向いた。

957 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 17:34:52
「そういうルール?殺し合いなんやと思てんねんドアホ!僕も寝るわ。」

吉澤はツメを噛みながら考え事をした。

カッと照らす太陽に目を覚ました吉澤。
「まぶしっ!」
目を手で覆い、太陽を睨みつけ、「朝か・・・・・」とポツリと呟く。
芝川は横で口を開けて大きないびきをかいている。
「・・・・・・・。おい、朝や、起きろい!」
「ん?あぁ・・・・・・・・。」
芝川は頭をボリボリかきながらゆっくりと起きあがった。
ついている首輪がいつもより苦しく感じた。

「ダメだ、加藤さん探そ!」
「えー!イヤやわ!」
「僕は探しに行くで!」

芝川は颯爽とリュックを持ち上げたったか歩き出した
「僕方向音痴なん知ってるやろー!1人なって迷った時どうしてくれんねやー!
絶対なー、同じ道を4回ぐらいぐるぐる回るねん!6回目ぐらいでどっかで見たことある
道や思ってなーなんか変なヤツに捕まってな、相方どこやとか聞かれてな
「相方は薄情者なので先どっか行きました〜」とかなんとかなってなー!」
支離滅裂なコトをぶつくさ言いつつも芝川のあとを追う。

芝川は途中途中にあるぼこぼこ開いている穴を1つ1つチェックしていた。
自分たちを殺そうとするぐらいだからチャドにとって相方はどんな存在だったんだろう。
とにかく自分たちには責任がある。殺される覚悟もしてある。加藤にあって、土下座してでも謝るつもりなのだ。


958 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 17:36:43
しかし戦地は広い、広い。どこを歩いても同じようなところばかりで
吉澤はヘトヘトだった。
「おーいー!疲れたわー。もー。」
「しゃーないな。どこか休むとこ・・・・・・・ん?なんやあのでっかい穴。洞窟っぽいな。あそこなら
涼しそうやん。あっこで休も。な?」
「おう!」
穴の入口までダッシュした。

「暗っ!芝川くん懐中電灯持ってへん?」
「あった。」

電源を入れて洞窟内を照らした。

バサバサバサ

「うぉぉ!ビックリした!コウモリかいな!」
「なぁなぁ!乾パンとか落ちてるで!未開封の!」
「ホンマに?!パクっとこうや!」

それから乾パンや水をかっさらい、腰をおろそうとしたその時
「あだっ・・・・・・」
「どないしたん?」
吉澤が何かにつまづいてこけた。
「なんかにひっかかったで。」
芝川が懐中電灯を照らすと、なにやらヒモのような布のようなものがある。

「へ?何なんこれ!」
懐中電灯をヒモの先へ持っていく。


959 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 17:37:28
「うわああああああああああああああああああああ」
芝川はうしろへ這いつくばった。
「どないしたん?」
「人!人や!人が死んでる!」
「え!?」
吉澤は芝川から懐中電灯をとり、照らした。
「わ・・・・・・・。首にささってるやん。しかも・・・・・・自分で?!」
「誰なんよそいつ!」
おそるおそる顔を確認する。
「わ、わからん。」
そしてゆっくり懐中電灯の灯りを顔から下へ照らした。
「・・・・・なんやこれ・・・・・・着物?       ―――着物・・・・?!」
「ききききき着物・・・・・なんで着てるん?」
吉澤はしばらく顔をしかめて、冷淡な口調でこう呟いた。
「加藤さんかもしれん・・・・・・。」
「は?????!!!!!!!!冗談キツイって!」
「チャドさん言うてはった。相方の加藤は着物着ながら漫才するって。」
「だ、だからって加藤さんとは限らへんやないか!」
「ううん、チャドさんが見せてくれた写真の加藤さんと顔がだいぶそっくり。」
返す言葉を失う芝川。なんという偶然だろう。たまたま入った洞窟の中に
加藤がいる。
「結果オーライやろ。加藤さん生きてた方がショックやわ。」
「そらそやけど・・・・・・。」
「大丈夫や。多分あっちで加藤さんとチャドさん、ちゃんと会うてるから。」
吉澤は落ちていた乾パンを開け、「ほれ」と差し出す。

複雑な気分ながらもモサモサと乾パンを食べながら水を暴飲した。


960 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 17:42:34
メルヘンズ編、今日はココまでです。ヘボヘボ文章&マイナー芸人ですが
読んで下さってるみなさんありがとうございます。

961 :名無しさん:2005/04/21(木) 17:49:22
おお、乙です。
書くペースはええ……。

962 :名無しさん:2005/04/21(木) 18:11:59
よゐこの集団催眠編って書いてもいいですか?

963 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:44:54
…先日ジャンクションの話を書きました新物です。

話の中のサバンナとなかやまきんに君は、vol.1・2にでてきたひまじんさんの設定です。
なんでサバンナかというと、この二組はプロになる前から知り合いだったから。
そこらの説明を抜かしてました。すいません…

964 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:49:02
>>943の続き

あれから、どれだけ歩いただろう。
危うく原田が崖から落ちそうになって。
たまたま下のほうでは、誰かが手榴弾を放って。
運悪くバランスを崩していた原田はその爆風に巻き込まれて。
不幸にも足を負傷してしまった。

これだけ不運な奴を見ると、逆に笑いそうになる。
…目の前にいるのだから、笑えるはずも無いが。
「いたいなぁ」
原田は相変わらず木の根元に座っている。
いつものトーンと変わらない。全く、落ちついているのかいないのか。
「俺、今日の星座占い、多分最悪やで」
「もしそうなら、こんなに反映されるのは、お前だけやって」
心配すんな、おもろかったで。という口調で下林が言った。原田は下林を睨む。

「お前が先頭やからあかんねん」「俺が悪いんかい」
ジャンクションのネタを考えるのはほとんど原田。
下林が意見を言っても「却下」とボツにされるだけだ。
従って、ジャンンクションを動かしているのは原田。といっていいほど。
「お前怪我してるなら必然的にこーなるやろ」
「珍しいなぁ、石が降る、石が」
「…こんな時くらいえぇ格好させろ」
お前いつもカッコつけてるやん、とは言わないでおく。
実際、先輩二人の死体を見た時の彼はかなり男前だったが
……だがまぁ、それ以降こんな調子が続き、プラスマイナスゼロ、といったところか。
「………いや、マイナスの方が勝ってるな」
「え?」
「なんでもない」

965 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:50:39
どれくらい時間が過ぎただろう。
下林が動いた。

「…………周り……ちょっと見てくる」


「何やて?」
原田が下林の口から出た言葉を理解するのは数秒かかった。

「いつまでもここにいても埒あかんし。…それにお前の足も、そのままやと治らん。
 救急箱とかだれか落としてるかもしれんから」
「せやったらこれ持ってけ」
原田は、手の中の拳銃を差し出す。
「いや、俺がおらん間に誰か来たらそれこそ危ないからな。
 大丈夫、俺にはコレと……コレもある」
そういって、前に川原で拾ったヌンチャクを左手に持つ。

「せめてなんか食えるモンでも拾ってくるわ」
「…………下林」
「ん?」

966 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:52:29
「行くな」

……………………………………

「行ったらあかん」
「…………………原田?」
様子が変だ。
「いや…とりあえずなんかしとかないと」
原田は何も言わない。
「大丈夫やって、無理やったらすぐに戻ってくるし」
「………ホンマに?」
「うん」
「ホンマに無理しない?」
「心配しすぎ」

……………………………
しばらくの空白。

「わかった」
「じゃ行ってくるわ」
「絶対に戻れよ…」
「ああ」
ゴルフクラブにヌンチャク。二つの武器を持った男が、原田に背を向けた。

「じゃあな」

原田は答えなかった。
感づいてたかもしれない。
二人の会話が、下林の「じゃあな」の一言で、

終わってしまうということを。

967 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:53:48
「…………ほんまになんもないなぁ……」
下林の独り言。
道中ダガーナイフなど、武器として使えそうなのは幾つかあったが、
一番肝心な、相方の傷を治すものが見つからない。
「せめて小屋かなんかあったら………おっ」
下林は足元に手を伸ばす。
見つけたのは、バンソウコウがはいっている箱。
しかし……

「これじゃあ……なぁ…………」
転んで出来たかすり傷程度だったらなんとかなったものの、原田の足を治すにはとてもじゃないが
力不足すぎる。

「ま、ええわ。途中使うこともあるかもしれんし」
「それは残念ですね……
 もう使えなくなってしまいますから」

木の陰から、愉快な声が聞こえる。
「…誰や」
下林が顔を上げる。

968 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:55:30
現れたのは、一人の青年。
少なくとも自分が知ってる人間じゃないことは確か。
恐らく、東京の芸人だ。
「ピン芸人さんじゃないですよね…相方さんはどうしたんですか?」
相手は未だ微笑っている。
「知るか相方なんて。
 いきなり目の前で人が殺されて、パニックになってんのに、
 悠々と相方探せる訳ないやろ」
下林は嘘をついた。
相方は後ろの方を歩いていけば居ますよ。なんて言おうものなら、
目の前の人間は嘲笑いながら「あんたの相方は裏切ったよ」等言って、原田を殺すだろう。

自分を、殺した後に。

今自分が出来る事は、相方を死なせないようにすること。目の前の男を止めること。
目の前の男を止めるということは……

ゴルフクラブを強く握る。
下林と原田がこのゲームをやっていて、武器を使ったことは一度もない。
恐ろしいから。
だが、そんなことを思ってる場合ではない。
「ま、いいです。後でゆっくり探してあげますよ」
「あいつをみつけるのは、俺や」
こんな奴に、弱っている原田の場所を見つけさせるには、いかない。

「いきますよ」
男がにやりと笑った。

969 :新物 ◆u7KmgnX9Jg :2005/04/21(木) 18:57:51
今回はここで終了。
東京の芸人さんは…いい人みつかんないんで、誰でもいいです(笑)


970 :名無しさん:2005/04/21(木) 19:03:06
乙ですv

971 :名無しさん:2005/04/21(木) 20:01:17
次スレ用にテンプレ作ったよ。あとまとめサイトだけど、各章内でコンビ・グループごとに
まとめた方が読みやすいと思うなあ。

■過去ログ・関連スレッド■
お笑いバトルロワイヤル
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1009/10099/1009967966.html
お笑いバトルロワイヤル vol.2
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011108578.html
お笑いバトルロワイアル vol.3
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10116/1011624868.html
お笑いバトルロワイアル vol.4(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1016703885/
お笑いバトルロワイアル vol.5(html化待ち)
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1020393595/
お笑いバトルロワイアル vol.6
http://tv3.2ch.net/geinin/kako/1031/10318/1031834240.html
お笑いバトルロワイアル vol.7(html化待ち)
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1043249595/
お笑いバトルロワイアル vol.8(html化待ち)
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1069244110/
お笑いバトルロワイアル〜vol.9〜
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1095916149/

972 :名無しさん:2005/04/21(木) 20:02:13
↑の続き

お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド
http://tv.2ch.net/geinin/kako/1011/10111/1011122064.html
お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド2(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1011833052/
お笑いバトロワ感想・要望スレッド3(html化待ち)
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1018708636/

まとめサイト
http://www.geocities.jp/geinin_battle/
http://gyokukan.fc2web.com/owarai_br.html

お絵描き掲示板
http://w2.oekakies.com/p/warabato/p.cgi

973 :名無しさん:2005/04/21(木) 20:45:30
>>962
頑張ってください!

>>971
まとめてある芸人さんもいますよ

974 :おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y :2005/04/21(木) 22:31:14
長い間放置してすいませんでした。
この数ヶ月間、小説の構想をしておりました。

皆さんお待たせしました。
それでは小説を投下します。

975 :おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y :2005/04/21(木) 22:32:10
プロローグ

花鳥風月、このトリオにとんでもない事が起きてしまった。
黒田は山を散策していた。
「おーい、多治見!何かあったか?」黒田は多治見に食材を探すように指示をしていた。
多治見が何か見つけたようだ。
「黒田!何かあったで。こ、これは・・・・・・・。」多治見の声がする。
黒田が駆けつけると、「何や?あ、これはグミやな。」木に実っていたグミがあった。
「これは腹のたしにはならんけど、ええやろ。これを大槻に・・・・・。」黒田は花鳥風月の大槻にあげようしていたのだ。
多治見の表情が暗くなった。
「あいつの事は、もうええやろ・・・・・・。あいつはバケモンになったんや。」
その時、叫び声が聞こえた。
「あはははははは!!どうや、狩られる気持ちの爽快感はどうなんや!」
黒田と多治見が振り向くと、大槻がマシンガンを空に放っていた
「あかん、俺らも殺される!あいつは”ゲーム”を”狩り”と認識してるんや!」
黒田は震えながら言った。

976 :おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y :2005/04/21(木) 22:33:59
黒田と多治見は下の方を向いた。
下にいたのはセコンドアウトだった。
2人とも彼らを知っていた。
NSC23期、そう彼らの共通点である。
黒田は大槻の殺気を感じ隠れるように指示を出した。
多治見は草葉の陰から顔を出していた。

「はぁはぁ、やばい!大槻が来たぞ、逃げろ!」どこからか声が聞こえた。
セコンドアウトの溝田と勝山だった。
「か、勝山!は、はよ逃げな殺される! あいつは本気や。」溝田は怯えていたようだ。
勝山は「わかった、でお前はどうすんのん?」そうこうしてる間に大槻が近づいていた。
「君達ホンマにのろいなぁ、そんなに俺に殺されたいんか・・・・。じゃあ叶えたろうやないか!!」
大槻はマシンガンを構えていた。
溝田は勝山に逃げるように指示を出した。
「もうあかん、逃げろ!勝山、ここは俺にまかせとけ!!」
勝山は逃げた。
大槻のマシンガンが閃光を放ち始めた。
それは時に花のように、それは時に夢のように・・・・・・・。
溝田の体全体に当たった。
「あ・・・・・・・・。」
これが彼の最後の言葉になってしまった。
溝田の体には鮮血で染まった花が咲いた。

【セコンドアウト・溝田死亡】

977 :おされ泥棒 ◆odQ7elWo.Y :2005/04/21(木) 22:39:45
まず、B9さんどうもすいませんでした。
許可を得ていないまま小説を書いてしまいました。

一応アンカーリンクをしていなかったのですが。
>>975-976>>175のプロローグになります。


またまたですが予約させていただきます。
「イシバシハザマ」「ロングフリーズ」「span!」「マシンガンズ」「元西中サーキット前野」
そして「元花鳥風月大槻」を予約します。

978 :名無し系 ◆SiuiRPyJ32 :2005/04/21(木) 22:55:55
おされ泥棒さん乙です。いいですね〜23期^^ 

あと椿鬼奴とハイキングウォーキング、チーモンチョーチュウを予約
させていただきます。というかルミネ若手芸人の専属書き手に
なりたいです;よろしくお願いします。

979 :コモ ◆hcbh0U7bsY :2005/04/21(木) 23:16:45
サイトの掲示板の方にお知らせを載せましたが、まとめサイトを閉鎖することと相成りました。
このスレの方々には大変お世話になり、本当にありがとうございました。

980 :名無しさん:2005/04/22(金) 00:39:23
管理人さん乙

981 :名無しさん:2005/04/22(金) 00:44:19
あら、閉めちゃうんだ(^ ^;)。せっかくあそこまでまとまったんだから、誰か引き継ぐ
人とかいないもんかなあ。それはさておき、過去ログの新しいミラー。

お笑いバトルロワイヤル〜vol.4〜
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1016703885/
お笑いバトルロワイヤル〜vol.5〜
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1020393595/
お笑いバトルロワイアル〜vol.7〜
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1043249595/
お笑いバトルロワイアル〜vol.8〜
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1069244110/

お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド2
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1011833052/
お笑いバトルロワイヤル感想・要望スレッド3
http://pantomime.jspeed.jp/test/read.cgi/monament/1018708636/

こんなのも。どれでも好きな方を。

http://makimo.to/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1069244110/&st=&en=
http://makimo.to/2ch/live19_market/1112/1112006236.html

982 :名無しさん:2005/04/22(金) 02:13:22
自分も好きコンビの話が書きたいけど
関西弁がさっぱりわからないのが辛いorz

983 :名無しさん:2005/04/22(金) 18:35:26
そろそろ1000だね。そこで(?)
村正に取り憑かれた陣内さんの小話をひとつ。
番外編として軽く読んでやってください。

984 :983:2005/04/22(金) 18:36:30
ドカッ

陣内はたった今殺した芸人の死体を脚で蹴り飛ばした。
ふん、と鼻を鳴らしその場を立ち去ろうとしたその時、
血で出来た水たまりに鬼のような形相の自分の顔が映った。

「………これ、俺?」

陣内の表情が一瞬悲しげに歪んだ。
しかし、すぐに元の顔に戻ると

「何ちゅう酷い顔や。」
冷たく笑い、ばしゃっ。と水たまりを踏みつけた。波紋が広がり
映っていた顔や景色はぐにゃりと曲がった。跳ねた血が顔に掛かる。

「…何も出来ない奴は、引っ込んでろ。」

陣内のものではない、地の底から這うような声がした。


985 :983:2005/04/22(金) 18:38:17
以上です

986 :なちみ:2005/04/22(金) 20:40:03
次スレどなたかお願いします。

987 :名無しさん:2005/04/23(土) 13:12:17
板尾さんと今田さんの話は書いてる人おる?

988 :名無しさん:2005/04/24(日) 10:43:20
>987
>369 名前:終わりです。: sage 04/01/19 02:18
>【板尾創路・今田耕司 合体】


>お目汚し失礼致しました。
>保守用拙文ということで…。

前スレのこの書き手さんですね。
予約していらっしゃるかどうかはこの文では
わかりません。
でも、次のレスで違う芸人さんを予約してらっしゃるので
書いてもオッケーだと思いますが。

ついでに保守。なんか自分はすれ立て無理です。スマソ。

989 :名無しさん:2005/04/24(日) 10:53:44
あ、村正と正宗の話は
重複オッケーになりますた。

だから、自分も、>902で予約した芸人さんに加えて、
ネプ名倉さんと、2003年と2003年のサマスマに出てた
芸人さん全て(ちょっと回想場面に出したいので)
予約します。

スレ消費スマソ。誰かスレ立てお願いします。

990 :名無しさん:2005/04/24(日) 10:56:56
>2003年と2003年のサマスマに出てた

あ、誤植だ。スマソ。2002年と2003年でつ。
サマスマの作詞・作曲者ももちろん予約します。それじゃあ。

991 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:23:58


992 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:28:33
埋める前に。どうやらここが次スレのようです。1さん乙

http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/geinin/1114308019/

993 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:36:24
埋め

994 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:41:00
次スレで最後になるのかな。
ちょうどいい感じだよな。10スレ目。

995 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:41:32
埋め

996 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:42:33
いや、このスレ後半が急に伸びたようにまた変なやつが現れたらどうなるかわかんよ。

997 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:44:38
ちょっと疑問だけど、なんで早く終らそう終らそうとしてるの?
ここまで続いたスレなんだからマターリいったらいいとオモ

998 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:46:12
埋め

999 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:46:53
埋め。

1000 :名無しさん:2005/04/24(日) 11:47:10
1000ゲトー

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

352 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)