2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【妄想】おにゃのこメビウス【腐女子】

1 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 12:01:39 ID:LK0WwOAd0
メビウスが実は女だったとか、リュウが女になっちゃったとか、
そういう話はここで存分にどうぞ。

2 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 12:40:10 ID:zGAWDmhOO
ミライじゃねーんだ

3 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 13:07:32 ID:dJrkEd3RO
職人さんが来るかが問題だな。
ついでに前のパチヒーロースレで消されたウルトラマンマギステラのSSを発表したい。
メビたんと世界観を絡ませるからスレ違いとかいじめないでくれ。

4 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 15:21:43 ID:dJrkEd3RO
ツルク星人とカーリー星人の攻撃で傷つき、倒れた、メビウス。
十字架に磔にされ、レオをおびき出す囮にされてしまう。
メビたん
「あぁ、縛られた鎖が、食い込む・いたぁい・でも何だか・く・せ・に・なりそう…はぁぁん」

5 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 16:41:28 ID:dJrkEd3RO
リュウはスペル星人に捕らえられ、強制性転換手術を施され、美女にされた。
タンクトップ姿で鏡を見つめる女リュウ。
「母さんの若い時に見えるよな」手が股間をまざくる。「なくなっちまった」
胸を触ってみる。「はぁ」ドキドキしてきた。
ミサキ女史、入り口で
「リュウ隊員、入ります」はっと我に還り、リュウ
「はい!どうそ!」

6 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 18:59:44 ID:dJrkEd3RO
今日のメビたん
「んもぅ・先週雨で水で今週は火?・あぁん・あつーい・お肌がやけちゃうよぉ帰ったらスキンケアしなくちゃもう!」ごきげん斜めなメビたんは、フェミゴンにケリいれます。

7 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 21:29:01 ID:dJrkEd3RO
フェミゴンの前でメビたんお祓い
「あーおんぎゃぎゃばんのくあのくたらさんみゃくさんぼだい、はらったま、きょったま、はらったま、きよったま、臨闘彪赦界劑裂滅陣、悪霊退散!ピピルマピピルマプリリンパ、モーグタン!きぇーあちょー」
テッペイ
「もぅ、わかったからどいてくんないとメテオールショットうてないんですけど」

8 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 21:29:08 ID:b1oL0l030
予告見て。あんま面白くないけどスレ引越し記念に。

ミライ「僕には…できません!」
ゲン「何だその涙はっ!!」
ミライ「だって…だって…エグッ…ヒック…」
ゲン「お前の涙で敵が倒せ…(潤目上目遣いで見つめられキュン)…るかもしれん…
ああわかったよ、わかったから泣かないの。ほらほらあの沈む夕日がおじさんで、
明日昇る朝日がキミだから(意味不明にあやし始める)…だから女の子は苦手なんだよ…」

―その頃光の国・銀十字病院
タロウ「一度稽古をつけて欲しいと頼んだけど…やっぱ心配だ!俺もう一度地球に行くー!」
看護士「タロウさんムチャです、まだウルトラダイナマイトで飛び散った所が
完全再生してないんですから!!」
タロウ「くっ…ならば、せめて…」

神戸の牧場
ダン「あれは…タロウからのウルトラサイン…何だと!?
『メビウスノ テイソウアヤウシ マモッテホシイ』…これは大変だ!」

かくして約30年ぶりにダンとゲンの対面が実現…するといいなあ(経緯は別として)

9 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 21:43:13 ID:3jYdGYp20
8>いや、割と面白いかと。

以前のスレで人気のあったのを、こっちにコピペしちゃだめですかね?

10 :名無しより愛をこめて:2006/11/18(土) 22:01:36 ID:dJrkEd3RO
>>9
OKです!ぜひやっちゃってください!
自分のより人の方が面白いし。
>>8職人さんキターーキター

11 :ウルトラマギステラ:2006/11/18(土) 22:44:03 ID:dJrkEd3RO
M78星雲。その中で一際輝くウルトラの星。
少し外れた所で輝く小さな宝石のような星。
それが惑星ステラリア。
この星の王女ステラは、王宮の庭の花に水を与えている。
花壇の花々は美しくももの悲しさがある。
なぜなら、ウルトラの国は花や動物は全て、怪獣は別として、工場で作られる存在だから。
ステラは花に水をさしながらも、ほかごとを考えていました。
ウルトラメイド
「ステラ様・ステラ様・まぁ!またそのようなお戯れ事をなさって!」

12 :ウルトラマギステラ2:2006/11/18(土) 23:02:04 ID:dJrkEd3RO
ステラ
「どうしたの?一体?」
メイド「ですから、なぜにこのようなことを…」
ステラ
「こうするとね、花がきらきら光ってまるで生きてるような気がしてね・」
メ「そんな無駄なことより明日のお見合いパーティの支度をしないと」
ステラ振り向き、
「私、地球に行きたい!」「地球は命に満ち溢れた、花や草木や鳥や動物達の楽園なんでしょ行きたい!」メ「いけません!今地球は怪獣頻出期で危険です!」ステラ「だってメビウスお兄さまもいるし、ユリアンおばさまも…」
メ「メビウス様は命懸けで戦っているから迷惑が掛かりますし、ユリアン王妃様は誘拐されたのですから」

13 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 01:56:49 ID:rEVXjjiP0
前のスレからのコピペです。


地球に来て最初の怪獣退治。メビウス(僕っ娘、地球人換算推定年齢16歳)は、
教官・タロウの声を思い出しながら懸命に戦う!

タ『敵に向かう時は内股で走るな!』
メ「(わかってます教官!) とあ〜!」
タ『メビウス、何だその気の抜けたかけ声は!ウルトラマンなら
 「ヘァッ!」だ! それに転がった時に股を閉じるな!』

ディノゾールの攻撃が胸にヒット!
メ「きゃ…じゃない、へャッ!」
タ『こらメビウス、ない胸を攻撃されてモジモジするな!
 敵に女だとバレたら、 命より貞操の危機だ!』

ディノゾールの攻撃を、メビウスはビルを盾にしてかわした!
タ『そうだメビウス、近くにある物は最大限生かせ!』
メ「ヘァッ!」(これでいいのかな…)
とどめの一撃!ディノゾールあぼーん!

タ『戦い終わっても気を抜くな!足は肩幅に開き、腰に手をあてて
「俺は男だ強いんだぞアピール」を忘れるな!』
(えっと…こうかな…よいしょ)


リ「バッキャロー!何てヘタクソな戦い方だー!」
(あ…リュウさんだ…怒られちゃった…)

その時、厳しくも熱いリュウの言葉に、何故だか
きゅんとときめいてしまったメビウスであった。


14 :連投すみません:2006/11/19(日) 02:00:18 ID:rEVXjjiP0
【6兄弟の会話】
タロウ「お久し振りです兄さんたち…あれ、どうしたんです?妙にほんわかにこにこしちゃって」
マン「そりゃ〜」
セブン「もう、ね」
新マン「たまんないですよね」
A「ついに『兄さん』て呼ばれちゃったよメビウスに〜」(一同(´∀`))
タロウ「?…私だって呼んでるじゃ…」
新マン「バカ!お前が言うのとは次元が違ーう!」
セブン「お前みたいな生意気で暑苦しい弟に言われるのと!」
マン「若くて素直で可愛い血のつながらない妹に言われるのとでは!」
4兄弟「萌え萌え具合が決定的に違ーう!」


15 :連投すみません2:2006/11/19(日) 02:01:06 ID:rEVXjjiP0
タロウ「…何イイ年して『萌え』ですかっ!大体メビウスはまだヒヨッ子です、
あの子に『兄さん』と呼ばせるのは時期尚早では…」
セブン「ま、お前は『教官』て呼ばれてるしな。それもある意味萌えるかも」
マン「『先輩』も悪くはないんだがな、何かこう…ファミリーの一体感が違うっつーか」
A「でも、年の離れた女の子から『兄さん』て呼ばれるのはまた格別だと思わんか?」
タロウ「(そういえば俺…まだ誰にも『兄さん』て呼ばれた事なかったなぁ…)
おっと、バカバカしい、私はあくまでもあの子の教官なんです!
そんな事で命投げ出す程、『妹萌え』属性ないですから!」

A「あ、帰っちゃった」
セブン「奴もいつまでたっても私らからすれば『弟』だからなあ。本当は
私たち以上にメビウスが可愛くてたまらんくせに」
マン「いわゆるツンデレだな」
他3人(いつそんな言葉を…)

その頃、速攻でゾフィーに地球行きを直訴するタロウの姿があった…

【しばらくして…】
タロウ「ウルトラダイナマイトを使う!」
ミライ「そんな!あれは自ら封印した(中略)」
タロウ(ここまでやればメビウスも、きっと『教官』でなく、『タロウ兄さん』と…!!!)

次の週、タロウが感涙にむせたのは言うまでもない。

【おまけ:一方その頃】
レオ「(胴着にアイロンかけながら)♪レオ〜〜〜俺の番!」
アストラ「…(血のつながった弟より異国の娘かよ…)」


16 :妹メビウス:2006/11/19(日) 02:02:15 ID:rEVXjjiP0
メビウスはウルトラ兄弟と共に、ラスボスのUキラーザウルスネオリバース(超適当)と
死闘を繰り広げていた…

マン「ああぁ、メビウスが!」
セブン「触手に捕まってしまった!」
新マン「たっ大変だっ!触手がイケない動きをっ!」
メビウス「うわぁっ何これっ!?気持ちわる〜!」
A「今助けるぞメビウス…おいタロウ、どうした?」
タロウ「今突っ込めば私達もヤツの餌食です…それよりも」
ゾフィー「そうだ、我らの力を再び…イ○フ○ニ○ィーへ!」

深く頷く6兄弟。手をしっかり取ると、上空で必死にイヤらしい
触手の攻撃に耐えているメビウスを見上げる。

メビウス「やだっ何かぬめぬめするっ(悶え)…うわっ内腿くすぐったいよぅ(悶え)…つーか、何で兄さんたちさっきから嬉しそうに見てんだぁー!?(悶)」

一同(…許せメビウス、何かもーちょっと見てたい感じなんで…)


17 :発砲ネタ:2006/11/19(日) 02:03:01 ID:rEVXjjiP0
―リュウ、いきなり発砲―
ミライ「リュウさん、何で撃ったんですか!?」
リュウ「ミライ、こいつの目的はお前だ!こいつの宇宙船からこんな物が!!」
ミライ「うわっ僕の隠し撮り写真!?(註・変身態。ローアングルからのハイキック・グドンの鞭に打たれ悶える姿・・等)どうゆー事!?」
ビオ「くっ、メビウス拉致&花嫁計画は失敗か…」 退散。

テッペイの通信「宇宙人の素性がわかりました。レジストコード・マグマ星人。
美しい怪獣を花嫁にする為、執拗に追い回した好色な一族と言われてます」
サコミズ「第二期ウルトラファンのトラウマとマニア心を煽る為に
よりにもよってメイツ星人を騙るとは…」
リュウ「しかもメビウスを嫁にしようと考えてやがる!ミライは、メビウスは、
誰にも渡さねえーっ!」
ミライ「リュウさん…(ポ)」


18 :連投すみません:2006/11/19(日) 02:04:03 ID:rEVXjjiP0
イ○フ○ニ○ィーといえば所謂『合体』なワケで。

ゾフィー「さあメビウス、今こそ再び…ハァハァ」
マン「我らの愛…いや力を受けるのだ…ハァハァ」
セブン「大丈夫、もう痛くしないから…ハァハァ」
新マン「安心して私達に身を任せなさい…ハァハァ」
A(夕子との合体の日々を思い出すなあ…ハァハァ)
タロウ(教官と教え子美少女…ハァハァ)
レオ・アストラ「私たちもウルトラ兄弟入りしてましたよね…ハァハァ」
80「ならば私も…ハァハァ」

メビ「わわっ何かヤプール以上に邪な念が兄さんたちから…
つーかいつの間にか3人増えてるし!僕を壊す気ですかぁー!?」

しかしまだメビウスは気付いていなかった。
物陰から羨ましげに様子を伺う二人の姿に。

マックス・ゼノン「いちお俺らもM78だし…混ざってもだいじょぶだよね?」


19 :連投すみません:2006/11/19(日) 02:05:42 ID:rEVXjjiP0
メビ「うわぁん兄さんたちの邪な気が迫って来る…何か怖いーー!!」
マン「さぁメビウス、いよいよだ…ん?あれは?」
セブン「何か飛んで来たぞ」

制限時間無視のありとあらゆるメテオールを搭載したガンフェニックストライカーが、すんごい勢いで飛んでくる!
リュウ「ミライ〜〜っ!!今助けるからな〜〜っ!!」
メビ「リュウさぁ〜ん!!」
A「ちょ、、、、あれってゾフィー兄さんとこの」
ゾフィ「あのバカ、何勝手に発動させてんだ!」
新マン「しかも敵じゃなく、私たちの方へ一直線に!」
タロウ「奴か、我らが可愛い妹をたぶらかした地球人の牡は!」
レオ「お前のメテオールで私たちが倒せるか!!」
ゾフィ「ヒカリ〜!いるんだったら奴を止めろ〜!」
 (ヒカリはようすをみている)
アストラ「どわっぶちかまして来た!」
80「うっ何と言う威力…!そこにいる君ら!何とかしなさい!!」

マックス「ギク…やっぱ俺、パラレルって事で…」(退散)
ゼノン「私は見守るのが仕事ですから…」(こそっと退散)
リュウ「食らえ〜っ俺たちの炎〜!インビンシブル・フェニックス〜〜!!」
マン「ああっ、ゾフィー兄さんの頭に火がっ!」
リュウ「ミライは、俺が守る〜〜っ!」

その時、メビウスの体を眩い光が包んだ!
火消しに忙しい兄弟を尻目に、最強怪獣を瞬殺粉砕!

リュウ「あいつ…自分の体にハートマークを描きやがった…」
最強フォーム・メビウスバーニングラブラブモードの誕生であった(やっぱ体色はピンクで)。


コピペ、以上です。すみませんでした

20 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 02:37:42 ID:WM5Lz3/2O
コピペお疲れさまでした。自分の書いたネタが無いのが少し悲しいですが…
精進します。
所でウルトラマギステラを始めましたが、如何でしょうか?他人様のネタですし心苦しいのですが、皆様の方が面白い話が書けますからどんどん書いてください。文中でメビウス兄さんになってますところは設定に準じてますが、みなさんの脳内で姉さんに変換してください。

21 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 16:07:02 ID:WM5Lz3/2O
スペル星人人間体
「ロケットの絵を書いたらこの宇宙腕時計と交換してあげるよ」
子供A「ダセェ・イラネW」
子供B「PS3よこせや」
全然相手にされない。
がっくりうなだれる星人。メビたん「おじさん!」
驚くスペル星人。
《やべぇもうウルトラマンに嗅ぎつかれた、》「はい!?」メ「ロケットの絵書いてきたから時計ちょーだい」
一生懸命書いたらしく、絵に消しゴム後や幾重にも、線が引かれている。
ス「こんなに…力作を…」メビたん、見つめる。瞳がきらきら光る。

22 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 16:24:47 ID:WM5Lz3/2O
>>21の続き
ス《な・なんて無邪気で純粋な瞳なんだ、こんな娘を騙すなんて…ダメダダメダ!俺には出来ない!》「あのね、君は特別巧いからさ、これをあげよう」
スペル星人人間体、腕に付けていた時計を外して、メビたんに渡す。
メビたん、喜ぶ。
「わぁ・ありがとう!でもいいの?」
ス「いいよ・お礼だから」メビたん
「ありがとう!バイバーイ」お家へ駈けていく。
その後ろ姿を見送るスペル星人。
「指揮専用だが、壊したと報告して、この星は価値なしと…か…いいか」
大事に絵を抱えて去っていった。

23 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 19:27:10 ID:WM5Lz3/2O
自分が書いたネタ修正

雨の中ゾアムルチと対峙。メビたんの頭の中
『あの怪獣の顔・鮭に似ている・鮭といえば明日の・リュウさんとの公園デートのお弁当は、鮭入りおむすびにしようかな?』
ゾアムルチ「オイ!コラ!」メビたん「え!?はい!」ゾアムルチ
「おめー、雨がっぱだか、レインコートだか、俺だって着てねぇのに、着てくんじゃねえよ!脱げ!」
メビたん
「あ・はい!(恥)」
顔を赤らめ、恥じらいながらもレインコートを脱ぎ畳むメビたんであった。

24 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 19:35:14 ID:18lDYSW60
>>20
みごとに頭の中で「美少女姉妹」に変換されましたw相当病んでる・・・

ここは前スレみたくしたくないので、ローカルルール設けませんか?
【露骨なHネタは慎もう】→ここは全年齢板です
【メール欄にはsage入れましょう】→目立つとまた荒される('A`)y

マターリ妄想したいんでwいちお、老婆心ながら。

25 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 19:49:38 ID:WM5Lz3/2O
メイツ星人ビオ
「憎しみを・消してくれ!」
ゾアムルチ
「てめぇ今更何いっとんじゃあコラ(怒)勝手に拉致して改造してけしかけて、そんで裏切るなんて最低だろが!俺に押しつけるな!(激怒)」
メビたん
頭の中《あぁん・早くお家に帰って暖かい、お風呂に入らないと風邪引いちゃうよぅ》「あのさ、光線に当たってくれないかな?」
ゾアムルチ「何だと!」
メビ「見た目より威力を落とすから、後で兄さん達に光の国に連れてってもらえるよう連絡するから・ね」ゾアムルチ「頼む」
こうして死んだ振りしたゾアムルチはウルトラサインで駆け付けた新マンにおんぶして光の国へと旅立った。

26 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 19:59:29 ID:rEVXjjiP0
あわわ、コピペ、全部してなくてすみません。これからかかります。
マギステラいいと思いますよ。あとはメビたんの活躍がどうなるかが・・・!

自分もここではまったり女の子メビたん妄想したいです。

27 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:09:17 ID:WM5Lz3/2O
>>24アドバイスありがとうごさいます。
だとするとグドンネタは
まずいかな?
直接的な性描写でなければ大目に見てほしい所ですがどうでしょう?
>>23
>>25共に前スレのネタに修正を加えたモノです。

28 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:17:42 ID:WM5Lz3/2O
>>26あーなんか無理じいしたみたいですいません。
感想までもらえて嬉しいです。ゾアムルチネタは今回直したので感想を聞かせて下さい。
マギステラはメビたんと絡ませます。

29 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:22:48 ID:/rrsC2230
>>25
メビウスが葛藤している間に、トリピーがマケットメビウス発動。
「ナントカシュートでやっつけてしまえ〜!」

30 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:24:56 ID:9/UkT/6S0
>>29
ナントカシュートをなんとか撃とうとするマケットメビウス。

・・・当然のことだが、そんな名前の技は無いので無理。

31 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:29:16 ID:/rrsC2230
>>30
君はマケットゼットンを見たことがあるか!

32 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:34:32 ID:9/UkT/6S0
>>31
そういうオチではつまらないだろ?w

33 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:37:09 ID:WM5Lz3/2O
>>29
マケットメビウス出現。
ゾアムルチ「ふ・増えた!」
メビたん「うっちゃダメ!」マケット光線技を出す構えに入るのを掴みかかってとめる。そんなこんなでグダグタしてる内に一分経過で消滅。

勝手に変えてすいません。m(__)m

34 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:39:58 ID:9/UkT/6S0
>>31
つか、他人の付けるオチに文句つけるくらいなら、
自分でちゃんとオチを付けなきゃダメダメだろw

35 :コピペ入ります:2006/11/19(日) 20:50:02 ID:rEVXjjiP0
〜訓練生時代のメビウスとウルトラの母の会話〜

メ「ウルトラの母・・・女は胸がないとダメなんでしょうか・・・」
母「まあメビウス、いきなりどうしたのです」
メ「・・・今日、訓練仲間が陰口言ってるの聞いちゃったんです。
 『女のくせにタロウ教官よりえぐれてね?』とか、
 『パラレルだけどコスモスの方がよっぽど女っぽくね?』とか」
母「そんな事で・・、メビウス、豊かな胸は戦いには無用の長物です!
 (この胸のお蔭で、どれだけよからぬ妄想のネタにされた事か・・・)
  男に侮られたくなければ、もっと己を・・・」
メ「そうですよね!僕、大事な事忘れる所でした!」
母「(立ち直り早いわねこの子)・・・まあ、それでも少し気になるのなら、
  腕立て伏せで胸筋を鍛えれば一石ニ鳥でよいかもしれません」
メ「わぁ、ありがとうございますウルトラの母!」

その後頑張って腕立て伏せして鍛えたはいいが、
神戸で歴代兄弟に歓待されピザってしまいw、必死にダイエットした時に
胸から真っ先に痩せたのが悲しかったメビウスであった。


36 :コピペ入ります:2006/11/19(日) 20:51:24 ID:rEVXjjiP0
メイツ星人ビオ
「謝罪と賠償を要求しるニダ」
メビタン「えっと…」
リュウ
「バカ野郎!なんでお前が謝らなくちゃなんねぇんだ!」
メビたん、リュウの方を
向いて
「ごめんなさい」と謝る。ビオ「ちがーう!私に謝るニダ!」
メビたん「はいパンあげる。同情じゃないよ、だってうちのとなりがパン屋だもん、さよならー」
ビオ「わっ人の話も聞かずにいきなりパンもたして、空間転移かよ」消える。
メビたん
「なんかもうおねむしたくなっちゃっZZZZ……」
リュウ「可愛い寝顔だな」


37 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:52:00 ID:18lDYSW60
>>27
Hネタ、やっぱあんまり露骨だと板違い(21禁板行けよ)になるし、
上手くぼやかすとかして、ソフトに笑える範囲ならだいじょぶでは?
あと、ネタの連投は雑談したい同志が来にくくなるかもしんないです。
出すぎた事ばっか言って申し訳ない・・・ので雑談ネタ。


メビのスーアクさんは和田さんより岩田さんか山本さんの方が萌えるw
(和田さんカコイイけど、タッパあるからメビよりヒカリか兄さんの方がイイ)

38 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 20:58:20 ID:rEVXjjiP0
前スレからのコピペ以上です。お邪魔してすみませんでした。

ヒカリはゾフィー兄さん辺りからメビがおにゃのこだって聞いて、(女に免疫なし)
再会した途端にきょどったら面白いと思う。

39 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 21:01:59 ID:rEVXjjiP0
あと、この画像は個人的に気に入っていたので(笑)

ttp://p.pita.st/?m=s3j7wbry

40 :ウルトラマギステラ3:2006/11/19(日) 21:07:38 ID:WM5Lz3/2O
>>11
>>12の続きです。

光の国パーティ会場。
おめかししたステラが歩いてゆく。時折声を掛けてくる人に挨拶しながら。
ステラ「兄さん達に会えるのかと思ったのに、また戦いに出ているのかしら?」
U「ステラさん!」
ステラ「ユウちゃ〜ん!会いたかったよぅ!」
ステラ、ユウに抱きつく。U「ち・ちょっと!離して下さりませんこと!」
ステラ「だぁ〜って、知らない人ばかりで、知ってるユウちゃんに会えてうれしいもん」ニコニコする。


41 :名無しより愛をこめて:2006/11/19(日) 21:24:13 ID:WM5Lz3/2O
>>37アドバイスありがとうございます。過疎化が恐いし後ろに下がって消えるのも、恐いからと思ってましたが、大分スレが増えてきて余裕が出てきました。
スーツアクターの方はティガからガイアまでの頃は、雑誌に紹介が載ってましたが今の人達は紹介されているのかな?なじみが薄くてもっと雑誌も取り上げて欲しいですよね。

42 :連投すみません:2006/11/19(日) 21:28:52 ID:WM5Lz3/2O
>>38
>>39
コピペご苦労さまでした。画像まで貼っていただいて嬉しいです。
メビたんはいい!ですよね。

43 :ウルトラマギステラ4:2006/11/20(月) 00:47:16 ID:d3XETv02O
>>40の続きです

ユウ、ステラの腕を振りほどきながら、
「あなたって、人見知りしない割りには、昔から、私にだけ馴々しいのね」
ステラ「だってユウちゃんは友達だもの」
U「今日はライバルよ!プリンス様の愛は私がいただくわ」とステラに指を差す。その時、奥の部屋から、
「えらいこっちゃ〜!」
ウルトラマンキングの叫び声!
「プリンスがさらわれたんじゃ〜!者共〜出合え〜!」ウルトラ戦士が駆け付ける!U「大変!パーティどころじゃないわ!」立ち去る。ウルトラメイドが来て、
「お嬢様!」
ステラ「え?何何?!」
メイド「今戒厳令が出されました直ぐにこちらへ!」

44 :ウルトラマギステラ5:2006/11/20(月) 02:08:37 ID:d3XETv02O
ウルトラマンキングは、プリンスが、誘拐されたと非常警戒態勢を発令。
ウルトラキーまで持ち出して、余りに興奮して叩き折ってしまい、光の国のエネルギー供給量が30%ダウンしました。
慌てて洗礼光線で直しましたが混乱が続きました。
結局、大隊長のウルトラマンレッドがプリンスの部屋から書き置きを発見、地球の日本に、武者修業(家出)する。
キングは「わしに似て頑固だから自分から帰るようにしないと戻らないだろう」と。
かくして、花嫁候補の方々に説得を頼むと通達が出されました。
こうしてステラは念願の地球行きが出来るわけです。

45 :ウルトラマギステラ6:2006/11/20(月) 06:49:36 ID:d3XETv02O
旅立ちの日…
ウルトラメイド、心配そうに、
「姫様、申し訳ありません、目立つことの無いようにと私たち付き人は、今回同行出来ません」肩を落とすステラ、メイドに顔を近付けて、「大丈夫、心配しないですぐに帰りますから」
メイド「姫さま…(泣)」
ラピドック「バウ!(心配すんな俺様が付いてる)」
ユリアン「ステラ!捜しましたよ!間に合いました」メイド気付いて慌てて控えるステラ「伯母さま!?」
ユリアン「キング様から貴女へ、渡すようにと」化粧箱を手渡しました。ステラは不思議そうに、「あの、私は持ってますが」
ユリアン「これは、貴女の生命を守るカプセル怪獣です」ステラ「有難う!大事にします!友達が増えて嬉しい」

46 :ウルトラマギステラ7:2006/11/20(月) 07:08:41 ID:d3XETv02O
メイドはステラに
「地球に着いたら、ガイズのミサキという方に連絡を取って下さいませ」
ステラ「ミサキさんね」
ピンク色の球が庭に飛んできました。
ユリアン「もうお別れね、無茶な事はしないのよ」
ステラ「はぁい!いってきま〜す!」バックを抱えて、球へと駆け出しました。
ラピドックも一緒に。
メイド「姫様ー(泣)」
手を振ると、ステラは再度振り向き、笑顔で手を振り、球の中に吸い込まれていきました。そしてゆっくりと上昇して、瞬く間に空の彼方に飛んでいきました。
二人は見えなくなるまで見つめていました。

47 :ウルトラマギステラ8:2006/11/20(月) 07:25:22 ID:d3XETv02O
球の中でステラは膝を抱えて眠っていました。
メイドはステラにバトンのようなものを手渡し、説明したことを思い出しています。「これはルミナスティックでこれを振りかざして人間に変身出来ます。大事な物ですから無くさないように」
「地球では私達はエネルギー消費量が激しく、人間に変身しないと生活が維持出来ません、くれぐれも秘密にして目立つことのないようお願いします」
ステラはプリンスより逢いたいひとがいました。
「メビた〜ん!もういってしまうの!?」
「ハハ、メビたんはやめてよ、ボクは戦士なんだ」
「だって、メビたんはメビたんでしょ」
「タロウ教官から、戦士として振る舞うよう言われたんだボクは」

48 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 15:44:54 ID:LBai3Mtl0
こう言っちゃなんだが、TVとかけ離れたSSはとっつきにくいな・・・
ネタ師さんのも、皆の雑談に絡んでこそ楽しめた。
前スレの、ウホに侵蝕される前のノリはここには求めちゃいかんのか・・・

49 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 19:57:16 ID:d3XETv02O
>>48
すいませんm(__)m
スレッド落ちが恐くてつい書いてしまいました、
前スレの乗りは取り戻したいです。雰囲気も。

メビたんねた
ザムシャー
「貴公とは又あいまみえたいものよのぅ」
メビたん「イヤ(怒)」
ザムシャー「は?」
メビたん「くちゃいの」
ザムシャー「何?」
メビたん「あーもう(怒)防具もくちゃいし、髭もそってないし(泣)臭うから今度お風呂入ってこないなら許さないんだからー」
ザムシャー「…すまん」

50 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 22:00:02 ID:EfLOTq8T0
時事ネタなら幾つかストックがあるのだけど・・・クリスマスとかバレンタインとか。
その他が浮かんでこない・・・orz

51 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 22:54:05 ID:EfLOTq8T0
ロベルガー戦の後で・・・・

隊長に念のためメディカルルームに行くように言われたミライ。
ミライ「すみません、さっき再検査を頼んだ・・・・って、教官ーーー?!」
光太郎「しっ! ちゃんと兄さんって呼んでくれなきゃダメじゃないか〜♪」
ミライ「だって、どうして・・・・光の国へ帰ったんじゃ・・・」
光太郎「うん、すぐに戻ってきたからね」
光太郎(大事な妹によりつく虫は、片っ端から排除してやる・・・・!)
ミライ「第一、どうやってお医者さんに・・・・」
光太郎「なあに、いざって時はリライブ光線があるさ」
たいちょー「ドクター、ちょっといいかい?」

52 :名無しより愛をこめて:2006/11/20(月) 22:57:58 ID:L9itIAS20
ま、まさか…本物のドクターは、リライブ光線でも使わないと目が覚めない状態に…

53 :名無しより愛をこめて:2006/11/21(火) 12:43:14 ID:+Dxl0jqL0
上の続き

別室にて
「何戻ってきたこの末っ子ーー!!」
「僕はもう末っ子じゃありません!
可愛い妹がいるんです!!」
   ドガシャ! ガシャン!

ミライ「な、何が起こってるんだろう・・・(汗)     
    ガチャリ
ミライ「あ、隊長。教か・・・ドクターは?」
サコミズ「ああ、彼ならお腹が痛いからって帰ったよ。医者の不養生ってね。
さて、戻ろうか」


タロウの末っ子ネタが書きたかっただけかも知れない・・・・orz



54 :名無しより愛をこめて:2006/11/21(火) 21:52:28 ID:iKXUOok8O
メビたんがフェニックスネストの前に座り込んでます。
リュウ
「おい・ミライ何やってんだわーっ!!おい(怒)」メビたん、ガンフェニックスを手に持って遊んでます。
「ブゥン・キュイーン」
リュウ「バカ野郎!俺たちの翼で遊ぶんじゃねえ!」メビたん
「ウー・プィ(横むき)」マリナ「何よ熱血バカ・うるさいわねぇ」
コノミ「あーまたミライくんいじめてるんですか?」
ジョージ「どーせリュウが悪いんだろアミーゴ」
テッペイ「なんでリュウさんが副隊長なんですか。ドサクサで勝手に決めないで下さいよ」

55 :54の続き:2006/11/21(火) 22:09:16 ID:iKXUOok8O
リュウ
「てめぇら!アレ見て何ともおもわねえのか!」
トリヤマ「見ない」
マル「聞こえない」
ミサキ「私からはいいません」
リュウ
「あいつ(怒)俺たちの翼をオモチャにして遊んでんだぞ!」
アライソ「お前の下手な操縦よりは丁寧に扱っているぞ」
サコミズ「ま・みんなでコーヒー飲もうよ」
メビたん更に俺翼を振り回し、落としそうになり、更に分離させようとする。
リュウ「わーった!わかったから!磐梯のガンフェニツクスストライカーDXセット約束どうり買ってやるから!な!」
全員 や は り お 前   が 原 因 か 怒

56 :名無しより愛をこめて:2006/11/21(火) 22:38:44 ID:9wYKPS4sO
スレが立った経緯があんなのでも、スレタイがこんなのでも、書き込み続ける君達に感心した。

57 :名無しより愛をこめて:2006/11/22(水) 02:13:52 ID:OYgVWWKnO
スレタイはなあ…orz
腐女子は皮、まして女体化に興味ないと思うんだが。

周りにメビウスたんの良さを分かってくれる人がいない…(´;ω;`)ブワッ
ここしかないよホント

58 :名無しより愛をこめて:2006/11/22(水) 02:35:42 ID:Y5t8TRj+O
まぁウホッが建てたスレなのでセンスがないのは、
いたしかた茄子。
次スレは
【空想科学】メビウス
 おにゃのこスレ【戦乙女】にすればよし。
向うはこちらを隔離したつもりだが、グロ加速中なので破綻はまぬがれぬ。
こちらはマターリ但落ちるのがコワス

59 :12月9日:2006/11/22(水) 19:28:56 ID:Y5t8TRj+O
メビたんはご機嫌斜め。
マリナ「あららどうしたの、メビちゃん膨れっ面して」ジョージ「今日は俺たち休みだからなアミーゴ」
コノミ「よい子のみんなが、かわいそうですよね」
テッペイ「この所気が抜けない展開続いたから休み位ないと持ちませんから」
リュウ「ま・怪獣共がマラソンでも、おっぱじめたら即出動だがなW」
コノミ「変なこと言わないで下さい、あれメビちゃん?」捜すがいない。

メビたん自分の部屋で、 「あーてすてす・10-4-10-10怪獣島・おーとーせよ」

60 :12月9日続き:2006/11/22(水) 19:48:57 ID:Y5t8TRj+O
とうきょうの
まん中で、
ビルを こわしながら
マラソンだ。
とうきょうじゅうは
火の うみに なった。

サータン40キロ
サドラー32キロ
ダンガー27キロ
シュガロン21キロ
キングザウルス3世16キロツインテール10キロ
エレドータス12キロ
それぞれ怪獣が1時間に走る距離です。
            サコミズ「サリーゴー(慌)」
一同「じーあいーじ疲萎」小学1年生昭和46年10月号より

61 :名無しより愛をこめて:2006/11/22(水) 20:12:48 ID:hMSSbPMp0
もう腐女子だろーが何だろーがどうでもいい程、リュウ×女ミライ妄想が止らない…
ガワの美しさと弱っちー戦いぶりがまた、拍車かけるんだなこれが。
個人的には、女言葉でフニャってるメビたんより、本編のイメージそのままに
けなげに戦うメビウスネタの方が好き。

・・・つーか、最初はネタとして「本編のウホ臭い描写」や、
「史上最弱ウルトラマン」なのを正当化してるだけだったのに、
いつの間にかずっぷりハマっちまった自分にビックリさw

62 :発覚1:2006/11/22(水) 21:47:30 ID:zfHN5vGZ0
宇宙警備隊員養成所にて

タロウ「よし、今日の訓練はここまでだ!」
メビウス「ぜい・・・ぜい・・・・あ、あり、がとう、ござい、まし・・・・」
         ぐらり   バタ!
タロウ「!! メビウス!? メビウスーーー!!」

メディカルセンター
母「タロウ」
タロウ「お母さん! メビウスの様子はどうなんですか? 
    いえ、それよりお母さんが診る程、酷いんでしょうか?」
母「いいえ、警備隊の訓練としてみれば、大した怪我はしていません。
でも、あの子はすぐに訓練から外すべきです」
タロウ「どうしてですか?」
母「あの子は・・・女の子なのよ」
タロウ「・・・・・・ええーーーーー?!
    だって、養成所に入る前の体質チェックや適正検査だって全部パスして、
    銀十字軍にだって報告はいっているでしょう?!
    メビウスは男ですよ!!」
母「今、再検査をしてきました。染色体に微小な傷が入っていて、男性にも女性にもなりきれていない。
  この傷を治せば、ちゃんとした女の子になるでしょう。女の子に前線に出る為の訓練は危険すぎます」
タロウ「そんな・・・・あいつはウルトラ兄弟に入りたいと、何時も言っていたのに・・・・」

63 :発覚2:2006/11/22(水) 21:59:33 ID:zfHN5vGZ0
病室
メビウス「あ、教官。すみません、ご迷惑をおかけして・・・・」
タロウ「その事なんだけどな、メビウス・・・・」
      タロウは事情を話した。次第に表情が強張り、俯いていくメビウス。
タロウ「だから、もうこれ以上の訓練は・・・・」
メビウス「手術してくださいッ!! 手術して、男にしてください!!」
タロウ「ちょ、ちょっと待ってくれ! 落ち着くんだ!
    女の子になるために、染色体を正常な状態へと戻すんだぞ?!」
メビウス「だったら逆に思いっきり傷をつけてください! 
     僕は、宇宙警備隊に、ウルトラ兄弟に入りたいんです!!
     男として数千年生きてきて、今さら女になれだなんて、例え教官の命令でも聞けません!!」
タロウ「メビウス・・・・わかった」

  
数年後
メビウス「それじゃあ教官、行って来ます!」
タロウ「ああ、頑張ってこいよ!」
        メビウスの旅立つ姿を見送るタロウのところへ、ウルトラの母がやってくる。
母「大丈夫ですか、あの子は?」
タロウ「はい。まだまだ半人前だけど、もう立派な男ですよ」
母「あら、それはまだまだわからないわ」
タロウ「?」
母「だってあの子には、手術をしていないんですもの」
タロウ「なんですって?! お母さん!!」
母「あんなに若いのに、まだ恋も知らないうちに男でいることを決めることはないでしょう?
  案外、地球に行ったら考えが変わるかもしれませんよ?」
タロウ「た、大変だーーー!! すぐに助けに行かなくちゃ!!
    メビウス、変な男にひっかかるんじゃないぞーーー!!」

終わり

64 :名無しより愛をこめて:2006/11/22(水) 22:07:59 ID:hMSSbPMp0
>>62-63
GJ〜!!こういうの待ってた!!

65 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 15:38:14 ID:qHVJRlfe0
―出発前夜―  >>62さんと時間軸前後しますがご容赦ください

タロウ「ああ…『地球にはしばらく怪獣が出てないから大丈夫よ』って
母さんは言うけど、いきなり強いの出てきちゃうかもしれんし、宇宙には
まだまだ凶悪な怪獣や星人がうようよいるし…
ハッ!あの子が女の子だってバレて、助平な星人やら嫁不足に困ってる
過疎星の奴らとかが大挙してやって来たりしたら…さらにさらに!
  地球の男にうっかり恋に目覚めてしまって、そいつがすんごいワルで
  身も心もボロボロにされたりしたら…ダメだダメだ!そんな事、
  兄さんは断じて許さないぞーっ!」 ←既に兄モード
メビ「…タロウ教官、何ぶつぶつ言ってるんです?」
タロウ「どぅわっ!!(超狼狽)…メビウス、いつから…そこに?」
メビ「たった今ですけど…何です?兄さん許さないって…」
タロウ「(角まで真っ赤)わーわー何でもない何でもない!…それよりメビウス、
  いよいよ明日だな」
メビ「ハイ!教官には本当にお世話になりました!」
タロウ「…メビウス、少し…時間あるか?」
メビ「ええ、何でしょう?」
タロウ「君に最後の訓練をつけたい。君が女である事を前提に行う、最初で最後の特訓だ!」
メビ「…喜んで!」

そして>>13に続いたりして。

66 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 17:56:58 ID:SQAf0i9J0
もうタロウ×メビウスでいいんじゃないか?

67 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 18:23:11 ID:rlw3G0sCO
それだとレオの立場が

68 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 18:28:24 ID:EnbkTj7W0
64>ありがとうございます! ほ、褒められた・・・!

65>時間軸が繋がっていくような文章読ませていただいて、ありがとうございます。

メビウスは無自覚に色気振りまいている天然ちゃんでいいと思います。
兄さん達は皆、虜になるがいいさーーー!!

69 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 19:29:56 ID:rlw3G0sCO
>>68うらやましい〜
こんなSS書けるなんて〜
自分が書いてると幼いというか幼女になってしまう!つい頭の中が暴走してとまらない!
もっと新作プリーズ
おもわずサゲ忘れるしスマソ

70 :根本原因:2006/11/23(木) 21:19:23 ID:cCo+PYoA0
キングがニヤニヤしながら、
凄い美少女の立体画像を眺めているところへ父登場。

ウル父「おお〜これはまた美しい娘ですな〜」
キング「メビウスじゃよ」
ウル父「あ。確かに顔はメビウスそのものですな」
    (ったく、いい歳して妙なコラ作ってんじゃないよ、このエロ爺)
キング「5000歳でこんな感じになるはずじゃから、
    その頃にまた女に戻そうかと思ってな」
ウル父「女に戻すって・・・メビウスに何かしたんですかっ!」
キング「うむ。ワシが遺伝子に細工して男にした」
ウル父「な・・・何でそんなことを!」
キング「警備隊員候補生が足りんといって泣きついてきたのは
    お前さんじゃろがい」
ウル父「・・・( ̄□ ̄;)!!!」
キング「帰ってきたらゾフィーと見合いでもさせるかの。ふぉっふぉっふぉ」
ウル父「いえ、是非タロウの嫁に!」

〜という映像が脳内に流れた。生暖かくスルーしてください。



71 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 21:34:17 ID:EnbkTj7W0
インペ撃退後にて

タロウ『よくやったメビウス!』
メビウス『ありがとうございます、タロウ教官!』
      だが、メビウスはふと表情を曇らせた。自分はやはり帰らなくてはならないのだろうかと。
リュウ「メビウスは俺たちの仲間なんだよ。これからも一緒に地球を守りてえんだ」
ジョージ「ああ、俺もだ」
マリナ「私だって」
コノミ「私も」
テッペイ「僕もです」それぞれが、あとに続いた。
リュウ「頼む、一生のお願いだ。ミライを、メビウスを帰さないでくれ!」
タロウ(なっ、まさかこいつは、メビウスの・・・・?! 
    いや待て、メビウスはまだ80%ぐらい自覚は男だ。ただの友情ってことも・・・・。
    そう、女の子を好きになったりとかしたって良いはずだ!
    ゾフィー兄さん、どうなんですか?!)
        頷くサコミズ
タロウ(そんな!こいつが?!ちょっと暑苦しすぎるぞ!もっとこう爽やか系だって良いはずだろう?!
    私みたいに!!)
メビウス『タロウ教官、やっぱり僕は帰らなくちゃダメなんでしょうか?』
タロウ『うう・・・せめてこの体がもっと動けば・・・・!
    仕方ない、ここは兄さんに責任持ってもらいますからね!
   インペライザーは尖兵に過ぎない。この先に待つのは、途方もない脅威だ。(以下略)』
メビウス『はい、タロウ教官!』
         飛び去っていくタロウ
タロウ(何で「兄さんって呼んでくれないんだ〜〜!!(涙))


サコミズ(いきなり「どうですか?!」とか、「責任とってもらいますから」って、何言ってるんだろう?)



72 :名無しより愛をこめて:2006/11/23(木) 22:57:59 ID:qHVJRlfe0
皆さんGJすぎだぜアミーゴ!もー萌えちらかさしてくれやがってw

>>70
タロウとメビの結婚式に、セリザワと分離してリュウと融合したヒカリが
サウンドオブサイレンスの調べに乗って乱入する場面が浮かんだw

>>71
相変わらず素晴らしすぎる!どんどん書いて欲しい!

73 :ウルトラマン先生:2006/11/24(金) 00:13:51 ID:EZVnQROcO
「はぁ…」
ため息をつくメビウス。
《ボクって男?それとも女?》悩むメビウス。
《いやそもそも男って何だろう?リュウさんと一緒にいたいけど、男としておかしい行為なの?》
《男のウルトラ戦士なら、誰にも、負けない必殺技や武器が欲しくなるのが、普通なのに》《ボクはそんなのよりリュウさんといたい》
「はぁ…わかんなぃや」
背中に気配が!
メビウス「誰?」
ウルトラマン80「私だよ」
「先生!」抱きつくメビウス。「ボクわかんないんです。男って女って?」

74 :ウルトラマン先生2:2006/11/24(金) 00:45:02 ID:EZVnQROcO
「メビウス…服を脱ぐんだ」80は諭す。
「え」戸惑うメビウス。
80真剣な眼差しで、
「これは授業なんだ、やましいことなどない」
メビウス
「わかりました…ボク…信じていいんですよね」
80「ああ」《やったー!兄さん達には悪いがボクっ娘は先にいただくぜ!》

『ちょっとまったー!(怒)』
80「ユリアン!それにアルマまで!?どうしてここが?」《ややばい修羅場か》ユリアン
「親切な方に教えてもらったの」
アルマ「ちょっとそこまで顔かしな」
80「た・タスケテ…」二人に拘束されて連れていかれる。メビウス「あ・ぁあの…」アルマ「メビちゃんは素敵な乙女なんだから、好きならどーんとぶつかりなさい!」
「はい!ボクぶつかります」《この思いリュウさんに》

75 :ウルトラマン先生3:2006/11/24(金) 00:58:18 ID:EZVnQROcO
光の国
父とキング。父挨拶。
「色々ありがとうございました」
キング
「あいつの派遣は考えたほうがいいな」
父「年内の予定は取り消しました」
キング「もてるからといい気に成りすぎなんだ」 


テレ*マガ*ジンに顔だけ出てて今年出ないのはこんな事情W

76 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 02:07:02 ID:rBho6Eco0
先生何やってるんだ・・・ところでアルマって誰?

77 :ウルトラマン先生4:2006/11/24(金) 02:40:06 ID:EZVnQROcO
アルマ解説
ウルトラマン80第10話に登場。
銀河共和同盟の調査員。
不必要な惑星を消滅させる権限を持つ。
80の幼なじみでいたずら好き。
連れてきたペットの宇宙生物ジャッキーが動物園の象に寄生して変形怪獣ズルズラーに変身、大騒動になった。
TV版では人間の女性体のみ(美人!)だが後のテレ東系の人形劇番組ではM78星雲人系の宇宙人形態で登場。ユリアンと80を取り合う。

78 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 18:33:57 ID:8cnFvKMS0
>>77
解説ありがとう。えらい物騒な権限持ってるな・・w

79 :77:2006/11/24(金) 19:17:52 ID:EZVnQROcO
>>78しかも劇中で、あっけらかんと、地球の文明を消滅させるような事いってるのW

80 :特訓:2006/11/24(金) 20:01:59 ID:8sdHibJr0
流れ切ってゴメン。いよいよ明日、なのでまたまた>>8との繋がりネタをば。

ゲン「男はいつも…自分自身と戦うんだ…」
ミライ「(じーん…そうだ、僕も男として戦っていくんだ!こんな所で泣き言
   言ってる場合じゃない!)おゝとりさん!僕、やりますっ!」
ゲン「よし、今日中に懸垂30回!出来ない奴に地球は託せん!」
ミライ「ハイッ!いーち…にー…」

その様子を、島の三方から見守る者たちがいた。

―北側の草むら―
ジョージ「何でわざわざこんな所で懸垂を?」
テッペイ「レオのDVDの3巻、11話が元ネタらしいです」 
マリナ「…それ何てアウトオブドキュメント?」
コノミ「ミライくん、苦しそー…」
リュウ「あいつ…30回も出来るかな…大丈夫かな…」→過保護モード全開

―東側山中―
タロウ「ぜぇはぁ…何とか間に合った…メビウスを傷つけるよーな事があれば!
   再びウルトラダイナマイト…はさすがに無理か…ならば父さんのコネで、
   アストラ諸共またウルトラ兄弟からハブンチョにしてやるからな…」

―西側砂浜―
ダン「(お約束でジープ搭乗)ゲン…お前にこんな形で再会出来るとは… 
   お前との絆も決して浅くはないが、やはり可愛い妹は守らねば…
   ケガでもさせたらその時は…(カツーンと、何故か持参の仕込松葉杖を鳴らす)」

―ゲンの心中―
(ホントはもっともっと鍛えまくる筈だったのに…何か妙な殺気に囲まれてるし… イヤな音聞えたし…)


81 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 21:05:44 ID:EZVnQROcO
>>80ジープいいっすねW
本スレでも、話題になってたし、期待してる人多いね。
いつもフライングして申し訳ないから、明日はみんなのネタを見てからにします。
いい機会なのでスレ延ばしましょう!

82 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 22:19:18 ID:8sdHibJr0
自分、昭和ウルトラじゃレオが一番好きだから、もー明日のはワクテカなのだけど
何かグワーッと熱く燃えたいような、このスレのネタとして萌えたいような(汗)
ワケわからん状態っすよ…

83 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 22:30:47 ID:EZVnQROcO
レオもいいけど、リフレクト星人が好きなので、ネタは
そっち方面で攻めますよ、僕は。メビたんがいじめられるかな。

84 :連ガキ失礼:2006/11/24(金) 22:37:21 ID:EZVnQROcO
>>82レオの雄姿に燃えて、メビたんに萌えてもらえればよろしいかと。
どんなネタでも書いてみて僕も暴走してるしW

85 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 23:24:23 ID:8sdHibJr0
すんません、明日への興奮鎮める為?に、80先生に便乗してみます―

80「さて、本日の授業は『地球人への擬態』。…君達には前回の授業で、
それぞれの地球でのイメージに合わせた人間のサンプル写真を渡してあったな。
さあ宿題の成果をみせてもらおう。訓練生1!写真の人間に擬態してみなさい」
―訓練生1、爽やかイケメン青年に擬態
80「よし、なかなかいいぞ。次、訓練生2!」
―訓練生2、アキバ系オタク青年に擬態 
80「よしよく出来た!次、訓練生3!…おや、どうした?出来ないのか?」
訓練生3「…先生!何だか僕のだけ、他のみんなと明らかにどこか違うような
  気がするんですが…」
80「そうか?年格好も雰囲気も、君のイメージに最もマッチしたサンプルを
  選んだつもりだが…」
訓練生3「ですけど、何か他の写真のとは服も顔つきも違うし…」
80「よし、君は放課後居残りで、擬態出来るまで先生と一緒に頑張ろう!次、訓練生4!」
訓練生3「はい…(おかしいな…地球人って見た事ないけど、みんなこんなだっけ?)」

訓練生3が渡されていた地球人のサンプル写真…桜ヶ岡中学の制服姿の、
両側の髪がはねたショートカットの美少女。

80『うふ…マンツーマン授業の口実は出来た♪(←つーか最初からそのつもり)…  先生が手取り足取り教えてやるからな、訓練生3…いやメビウス!』

しかしこの授業のあとの体育の時間に、至って天然にタロウに相談してしまうメビウスであった。

タロウ『あんにゃろっまだ訓練生が地球人の実態知らんと思って趣味に走りおって!
   …でも、ちょっと見てみたい気もするけど…』

―――終わり―――

すまない、すっかり80がエロ教師認定されてる…


86 :名無しより愛をこめて:2006/11/24(金) 23:42:33 ID:thHDZ3pI0
じわじわと効いてきた・・・www

87 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 00:24:48 ID:O/zcXLC80
タロウ「あー・・ダメだ、やっぱり心配だ! 
    でも、ひょいひょい顔を見せて『ウザイ』とか言われたら・・・あうう・・・」
ゾフィ「何をさっきからうめいているんだ?」
タロウ「あ、ゾフィ兄さん。何か用ですか?」
ゾフィ「ああ。今日から宇宙警備隊に入った新人を紹介しようと思ってね。
    ヒカリ!」
ヒカリ「はじめまして、ヒカリです」
タロウ「タロウです。
    ヒカリさんはどうして警備隊に?」
ヒカリ「私の心を救ってくれたのが、宇宙警備隊の隊員だったんですよ。それと、教え子、かな?フフ・・・・」
タロウ(お、教え子が救ってくれるって、なんかいいなあ)
ゾフィ「ヒカリは地球でメビウスに会っているんだ」
タロウ「なんですと?!」
ヒカリ「彼は、荒んでいた私の心に光を取り戻してくれた。あの純粋さ、アーブに勝るとも劣らない・・・・。
    私の教え子も、彼のお陰で立ち直れたようなものです」
タロウ(そうか、メビウス・・・君は立派に警備隊員として活躍しているんだな。
    やはり私はでしゃばらない方がいい・・・・)
ヒカリ「それに、死にかけた時の膝枕がまた・・・・・」
ゾフィ「はは・・・それはちょっと寒い冗談だな」
タロウ「な、なんですってーーー!?膝枕ーーーーっ?!!」
ゾフィ「た、タロウ?!どうしたんだ?!落ち着くんだ!こら、ヒカリを締め上げるんじゃない!」
タロウ「膝枕だなんて僕だってしてもらったことないんですよ!」
ゾフィ「当たり前だ!教官のおまえが生徒に介抱されてどうする!
    大体なんだ!その彼女でもとられたような態度は!メビウスは男だろう!」
ヒカリ「−−−っ!ーーーーっ!(ギブ!ギブ!)」
タロウ「何言ってるかはこっちの台詞です!メビウスは女の子ですよ!!」

タロウ「あ」
ゾフィ「お」
ヒカリ「・・・・」

88 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 00:29:58 ID:lMq25vLA0
>>87
取り乱しているタロウを見て

メビウスに“お姫様抱っこ”してもらったなんて死んでも言えないな…と
再び心を閉ざそうとするヒカリがいたw


89 :独自設定です。ふわふわ1:2006/11/25(土) 01:29:50 ID:ekTG1LOG0
タロ「(なんか・・・あたたかい、ふわふわする)」
  (ぱち、と目を開く。)

 80「(どげしっ)タロウーーーーーーーーっ!?」

タロ「え、なに・・・わっ」
メビ「(くー・・・)」

――

レオ「へぇ。で、なんで一緒に寝てたんだ」
80「言えないそうです(ぶーたれ)」
レオ「てか、なんでお前さんも膨れてんだ?? 別に大したことでも」
80「そもそも間柄のわりに親密すぎるって言われてるんですよ。同年代の
  友人なら雑魚寝で済みますがっ」

レオ「(←わかってない)まあ、お前が言うならそうなんだろうなー」
80「まあ、レオなら正直別にどうでも・・・」

90 :ふわふわ2。:2006/11/25(土) 01:30:21 ID:ekTG1LOG0
タロ「(なんだか記憶がない・・・頭痛いな)メビウスは?」
訓練生A「て、それ聞くの何度目ですかぁ?! 今日は休みですよ」
訓B「どうかしたんですか? なにか揉め事があったように聞きましたけど」

タロ「揉め事というか。目が覚めたら、、(口止めされたのを思い出した)」

訓C「わあぁっ、なんか暴れだした!」
訓D「堪え性ないのかこの人はっ」
訓A「おーい、誰か隊長か教官代行呼んできて・・・ぎゃーっ」

――

ゼノン「なにやってんの? メビウス」
メビ「うん。あれ、訓練は?」
ゼノ「今日はサボり、いーのよ、俺は別に」
メビ「そういうこと言わなくても(´・ω・`)」
ゼノ「でもメビウスこそ珍しいじゃん、ホントにどしたの?」

91 :ふわふわ3。:2006/11/25(土) 01:30:52 ID:ekTG1LOG0
レオ「・・・柔らかかったぁ?」
タロ「しーっ、声に出して言うなってば!」
レオ「んじゃ、硬かった」
タロ「他に相談する相手が欲しい...orz」
レオ「いや、他にもなにも、長兄どのに相談されればよいだけでは」
タロ「なんか反応が想像も出来なくてそれもそれで嫌だ・・・」

――
タロ・メビ「(なにかやってはいけないことをしたような)」
――

ゼノ「え?」
メビ「なーんか、記憶がないんですよ。昨日の」
ゼノ「で、全身がなんか痛いと、嫌だな、そりゃ。どんな感じ?」
メビ「表面ではなくて、骨格・・・核みたいなものがずきずきと」

ゼノ「てか、ちょっと模様が変わってないか?」

92 :ふわふわ4。(一旦停止):2006/11/25(土) 01:31:23 ID:ekTG1LOG0
ゼノ「とにかく、ウルトラの母か銀十字団かタロウ教官辺りに・・・っと。
  なに絡まれてるんだ、メビウス」
メビ「さ、さあ、なんかさっきから付いてきて・・・」

通行人「うっわ、かっわいいー、よく似てるね、妹さん?」

ゼノ「はあ?! どっか行け」
通行「そんな言い方することないだろ、別にそんな・・・」

ゾフ「どうしたのかな、君たち」
通行「いえっっ、なんでもありません! 失礼します!!」

ゾフ「実際そんなに慌てて逃げるほどのこともしてないと思うが。やあゼノン、
  と、そちらはどなただい? 君の家族?」

メビ・ゼノ「え?」

93 :内山まもるで確かあったよね:2006/11/25(土) 02:16:17 ID:UPCITbj4O
ツルク星人がバイクに乗って進撃する!
ツルクライダーだ!
ツルク星人A
「何人たりとも俺の前を走らさねぇ!」
ツルクB
「どけどけこのやろ」

メビたん自転車でジクザク
「きゃーとめてぇー」


ドカッドーン

メビたん
「あーん・いたいよー(泣)えーんえーん」
コノミ「いたいのいたいのとんでけーよしよし」
マリナ「よかったわ、膝擦り傷ですんで」
メビ「ひっくひっく」


ツルク星人A.B「何でバイクと自転車でバイクが全壊して俺たちが再起不能になるんだ…ガクッ。」

94 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 07:50:51 ID:UPCITbj4O
>>85
前スレで、80先生に性教育の授業をメビたんに、とカキコがあるから、謝らなくてもいいですよ。僕が書いたのは個人授業ぽいけどW
>>87-88
いつも職人技の冴えですね!今日のレオ祭りも期待していますよ。
瀕死の状態で膝枕がツボですわ。W

95 :本スレに凄い情報が:2006/11/25(土) 11:16:40 ID:UPCITbj4O
メビたん。紅茶タイム。
「この、一時。いいな」

MAXとゼノン、急に表れてメビウスに抱きつく!
二人「メビウス〜」
メビ「わっ・わいきなり(恥)何なのよ」驚く。
MAX「だって来年私達の客園が決まったんだよ」
ゼノン「君の為なら死ねる身をまかせたまえ」
二人でメビたんにすりすり。
メビたん
「二人とも、やめ・(悶)あ・そこ(悶)かんじる」


などと三人が固まってる間地球に最強宇宙超鋼怪魔獣神グランドSPバーサークデストロゾーアが来襲して、この後客演の二人は地獄を見るのであった。

96 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 11:29:30 ID:O/zcXLC80
北斗「あれはウルトラサイン・・・」
郷「ゾフィー兄さんからのメッセージだ」
ダン「”弟訂正・・・”」
ハヤタ「”妹を守れ”・・・?」

97 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 11:38:19 ID:0LCMovsT0
>>89-92
お、何か新しい感じ。続きが気になる。

98 :母祭り:2006/11/25(土) 14:05:03 ID:UPCITbj4O
宇宙大怪獣アストロモンスと古代怪獣ゴモラU出現!
リュウ「メビウスは!?」
コノミ「それが…」赤面。
リュウ「だまってちゃわかんねえだろ!早く言え!」
マリナ「この熱血バカ!デリカシーもないの(怒)!」
うんうんうなされるメビたん。
「うん・あぁどうして……ボクが苦しまなきゃ…」
「この身体…どうして……兄様みたいなら、味あわずに済むのに…(涙)」
「お腹が…痛い…ふぇ〜ん戦えない…あぁ」


『メテオール制限時間到達解除』
リュウ「このやろー!」

99 :母祭り2:2006/11/25(土) 14:27:57 ID:UPCITbj4O
ガンフェニックス被弾!
サコミズ「リュウ!脱出しろ!」リュウ「ぐぅわぁぁ!」

俺翼を受けとめるメビたん。しかし腹部の激痛と全体の熱で立っているのがやっとの態勢だ!
メビたん
「はぁはぁ…ボク・たたかう…ボクは…戦士…この地球を任された…」
リュウ「バカヤロー!」
メビ「負けたくない…ボク…自分の身体にも…」
一同「メビウース!」絶叫!

満身創痍のメビタンに襲い掛かるアストロモンスと、ゴモラU!

その時!上空から光が!
光を浴びた二大怪獣大爆発!
ウルトラの母。
「よく頑張りましたね、あなたは生命を産み、育む立場に目覚めたのですよ」
メビ「ありがとう母様」

100 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 18:10:29 ID:lSjxXKeE0
やばいちょうかわいい>>54

今日もかわゆいメビタンネタをよろしくお願いします。
焼き芋メビタン

101 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 21:11:47 ID:0LCMovsT0
幼女ネタは何だかな・・俺は微妙だなあ。

102 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 22:00:19 ID:O/zcXLC80
メビウス「う、わ・・・・言っちゃった・・・・
『レオ兄さん』って言っちゃったよーーー!! あのレオ師匠に!!
     ああ、レオ師匠、格好良かったなー!コテンパンにされたけど強かった!!僕もキックの修行ができたし、
     それに漢の熱い言葉が、一言一言ずしんときて・・・・!」
タロウ「メビウス、おまえ、女の子なんだから・・・・」
メビウス「そうだ、明日からはリュウさん達と一緒に更に修行をしよう!
     僕はもっともっと強くなるんだ!!」←聞いていない
タロウ「全然女の子らしさがないーー!!」
アストラ「宇宙警備隊に入り続けている限り、多分無理です」


103 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 22:15:01 ID:0LCMovsT0
>>102
IDに先生降臨オメwww

104 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 22:20:12 ID:n41nv+8f0
>>102
全身にファイヤーマーク刻んで燃え上がってますしねぇ。
いや、ハートマーク刻んで萌え上がられても困りますが。

105 :リフレクト星人ってこんな奴:2006/11/25(土) 22:24:31 ID:UPCITbj4O
メビたん「きゃあ!」
切り裂かれ乙女の肌が!
思わず羞恥に耐えられず、すわりこむ。
リフレクト星人「おやおや…【省略】その命預けておきましょう」去る。
《くー決まった!俺って格好いいよな!そして…》
妄想タイム仮定再戦後
メビ「ああ負けてしまいました。どうしよう(棒読み)あなたに約束どうり命をささげますわ」
リフ「そう貴女の命は私のモノ・私が握った以上従ってもらう」「私の妻となって、ご飯とお風呂と膝枕で耳掃除と裸エプロンと夜の合体をしてもらうぞ」
メビ「はい・嬉しい貴方のような強い方に一生尽くせて私幸せです(棒読み)」ダーッハハ八ハー


この後メビとレオにさんざんぼてくり転がされ、体をぶちぬかれて爆死するとは夢にも思わぬリフである。

106 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 22:25:36 ID:O/zcXLC80
103>本当だv気付いてくださってありがとうございます。

104>レオ師匠には燃えました。

107 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 22:36:41 ID:n41nv+8f0
―幕間劇―
メビたんの命を預けて引き上げたリフレクト星人。早速謎の黒幕に呼び出されます。

黒幕「リフレクト星人。何故メビウスにとどめを刺さなかった?」
リフ「余裕というものです。徹底的に苦しめてから仕留めてこそ、地球人どもも絶望するでしょう」
  (言えない。本当はあの時エアキャッチで縛られた上に、アイスラッガーとウルトラブレスレットとエースブレードを突きつけられていたなんて…)

108 :名無しより愛をこめて:2006/11/25(土) 23:12:28 ID:O/zcXLC80
108>わ〜い、他の兄さん達も来たぞ〜ww

109 :焼き芋メビたん:2006/11/25(土) 23:48:48 ID:UPCITbj4O
>>100リクエストありがとうございます!キター

リュウ「ほらっもう一個食え」メビたん受け取る。
「ほくほく・はむはむ・」
テッペイ「うわっリュウさん何かますんですか」イヤーンナニオイ
メビ「ふにゅ〜ん(涙)」「くちゃいのゃ〜ん」(泣リュウ「しょうがねえだろW、結果って奴だ、わりぃ」
コノミ「あんた、乙女の前でなんてことすんのよ!」
大爆発大激怒!

リュウ「うわわゎわぁああ」その後コノミがジープでリュウを追っかけ回すW

110 :普通こうじゃない?:2006/11/26(日) 13:07:58 ID:WwezlaH/O
俺との戦いで負けたら地球を託せないと、レオに勝負を申し込まれたメビたん。
レオ「おぉおぅりやゃあ」メビ「へゃあ・はぁ」
レオジャンプして
殿下の宝刀
レオキックを放つ!
メビウスもキックで応戦!

メビ「大丈夫?」
倒れている托鉢僧。

リュウ「こいつ。ヘタレじゃねえか、ナンなんだ」
ジョージ「変身時間が、メビウスは3分なのに、レオは2分40秒しかないから、先にエネルギー切れだアミーゴ」
テッペイ「しかも、やたら手足を振り回したり、高くジャンプしたりで更に無駄にエネルギー消費してますし」


テッペイの指摘は当時の小学三年生の怪獣評論家から

111 :名無しより愛をこめて:2006/11/26(日) 20:38:30 ID:OzsbojH80
ミライ(レオ兄さんはこの空手着を僕に渡して立ち去った…
一体どういうつもりなんだろう)

レオ心の声「メビウス…その道着をつけてたっぷり汗と涙を流せ…強くなれ…そして…」

蹴り技修行&焼芋パーティー(違y)の後、リフレクト星人の元へ急ぐミライの耳に
レオからのテレパシーが。

ゲン「メビウス、空手着の事だが…そのまま返してくれて構わない」
ミライ「え?でも汗とか泥とかで結構汚れてるから…」
ゲン「いいんだ、時間もないし、洗ったりする必要はないからな…お前は戦いに専念するのだ」
ミライ「ハイ!(気を使ってくれてるんだ…見た目怖いけど、やっぱりいい人だなあ)」

レオ心の声(メビウス…その染み込んだお前の汗が重要なんだよ…)

―数日後、光の国に呼び出されたレオ

タロウ「レオーッ!聞かせてもらったぞっ!私がダイナマイト後遺症で養生してる間に
  勝手にメビウスに会いに行って、あまつさえあの子にプレッシャーかけるよーなマネして
  くれたらしいじゃないか!どーゆー了見だあ!?」
レオ「タロウ兄さん、そんな角から湯気出して怒らなくても…(噂以上の弟…いや妹バカだな)」
タロウ「まさかあの子泣かせたりしてやしないだろーなあ!?」
レオ「あ…ちょっと泣かせちゃいましたが…」
タロウ「ぬ わ ん だ とぉ ー!?(殺す、こいつ本気でぬっ殺す!)」
レオ「あわわわ、兄さん落ち着いて!いい土産があるんです」
タロウ「私を見くびるな!そんな物で懐柔される私ではないわ!」
レオ「…メビウスの汗がたっぷり染みた空手着です。もちろん洗ってません」
タロウ「…くれ」

レオ心の声(実はここに来る前に何回かクンクンしてついでに着ちゃったりしてみた事は秘密だ…)

だんだん危ない深みにはまってゆく兄たち…すまん、スルーしてくれ。

112 :ふわふわ5。:2006/11/27(月) 02:57:25 ID:2t0x2O3W0
ゾフ「ふむ、君の目にはいつものように?」
ゼノ「そういえばなんか模様とか体格がちょっと違うようには・・・」
ゾフ「言われてみればなんとなく二重写しに見えるね、触っていいかな?」
メビ「(こくこく)」
ゾフ「・・・輪郭に変化はないようだけど、なんだか感触が変だな」
ゼノ「うえ、なにが起こってるんですか?」

ゾフ「我々の体は高密度になりすぎると時々曖昧になることはあるね」
メビ・ゼノ「??」

ゾフ「君らなら似てるから多分、んー、手の平を合わせてごらん?」
メビ「はい」
ゼノ「逆手でいいんですか?」
ゾフ「左手同士のほうがよかったかな、と、その必要もないか」

ゼノ「ぎゃっ、なにこれ、透けとる・・・」

メビ(なんか、これと似た光景をどこかで)

113 :ふわふわ6。:2006/11/27(月) 02:57:59 ID:2t0x2O3W0
ゼノ「ばちばちって見えないですけど火花散ってるみたいな感触っすー」
メビ「え、僕には火花見えます」
ゼノ「マジ? なんかすごいな」

ゾフ「君らの年齢だと歯止めが効かないことがあるから気をつけて」
ゼノ「ええっ、そうすると一体どう・・・」
ゾフ「どっちかがどっちかに吸収されたりとか、自我が曖昧になったりとか。
  (慌てて)私がいるから特に心配することもないと思うが」

メビ「(ねむい・・・)」
ゼノ「(のしっ)重ぇ、ちょっとおい、メビウス」

ゾフ「あ、元に戻った」
ゼノ「(小声)どんなふうに見えてたんですか?」
ゾフ「中世的というか、君らより少し上くらいかな、仕種がそのままだから
  逆に幼く見えるんだが」

114 :ふわふわ7。:2006/11/27(月) 02:58:45 ID:2t0x2O3W0
マックス「メービウス」
メビ「マックスさん(゚-゚. )」
マッ「まぁたタロウ教官が探してたよ、避けられてるって嘆いてる」
メビ「三日ですよ?」
マッ「うん、でもなんかこう・・・なんで高いトコにいんの?」

――

タロ「やっぱり嫌われたんだろうか、ウザいとかしつこいとか(ぐるぐる)」

80「もう諦めますから口に出して言わないで下さい!」
レオ「それ以前になんか不安定だよな、最近」
80「見ればわかります!」
レオ「そうじゃなくて、それこそメビウス辺りも心配してたし」
80「え・・・っ」
レオ「80、訓練生以外あんまり心配しないよなー」

115 :ふわふわ8。:2006/11/27(月) 02:59:20 ID:2t0x2O3W0
ゼノ「(よじよじ)てか、また変わってんの?」
メビ「多分・・・、体が熱いので。ゼノンには違って見えないんですね」
ゼノ「うん、見た目と動きのギャップが溜まらんっていうからちと見てみたい
  気もしないでもないけど、いや、ごめんなさい、光線打たないで」
メビ「誰がそんなことを!」

ゼノ「(怒鳴るの珍しいな)最近見慣れない子がいるって話題がな」
メビ「貴方の妹とでも言っておいて下さい」
ゼノ「女に見えてるってわけでもないって隊長言ってたじゃん」
メビ「もともと間違えられることもあるので信じられません」
ゼノ「まー、シルバー族はなぁ。むしろレッド族が認識荒っぽいというか」

メビ「(←混血)マックスさん違うじゃないですか」
ゼノ「そだね、あいつには言っておこうか?」
メビ「気を遣われそうでそれはそれで、、」

116 :ふわふわ9。:2006/11/27(月) 02:59:53 ID:2t0x2O3W0
メビ(彼に当たってしまったような・・・)

タロ「メビウース!」
メビ「ぎゃっ」
タロ「なっ、いくらなんでも教官に向かってそれはない、あれ、えっと」
メビ「・・・(顔を逸らす)」
タロ「あれ、え・・・???」

――

80「今度はなにを落ち込んでいるんですか」
レオ「ガード堅くてなにも聞き出せなかった、ある意味珍しい」
80「なんでああもメビウスに拘るのかなぁ;」
レオ「そうか? 一人だけ全然違うじゃないか(すたすた)」

80「(←基本的に子どもは皆可愛い)そうかなぁ」

117 :ふわふわ10。:2006/11/27(月) 03:08:05 ID:2t0x2O3W0
タロ(疲れているのか幻覚か・・・ヤバくないか自分)

訓練生C「この辺うろちょろしてんのな、なんか近づくと逃げられるけど」
訓A「ゼノンの姉か妹って聞いたけどね」
訓B「メビウスに似てると思うんだけどなぁ・・・」
訓A「顔はそうだけどなんか全体的に違うじゃん、ゼノンのが近いよ」

タロ「(←さすがに幻覚じゃないらしいと気付いた)・・・はぁ」

――

ゾフ「いっそ一時的にもう一つ上から幻覚を仕掛けるという案も」
ゼノ「いやだからなんでそれを僕に言うんですか」
ゾフ「どうも作戦の段階でなんかしら傷つけるらしくてな・・・」
ゼノ「そこで引くの止めて下さいよ、どいつもこいつもーっ」

ゾフ「一般の銀十字団員じゃ歯が立たないらしい、母は今おられないし」

118 :ふわふわ11。(一時停止):2006/11/27(月) 03:08:36 ID:2t0x2O3W0
――当たりが柔らかいのは衝撃を吸収するためだ。そうそう善意を期待し
  生きているというわけじゃない。

タロ「誰が言ったんだっけか・・・ゾフィー兄さんだな、きっと」

 ギシ、ミシ

タロ(うるさいな、最近こんなのばっかりだ・・・)
  (最近というか、少し収まっていたこともあったのに)

――お前の物差しで誰かを測ってはならない、特別製なのだから。

 う る さ い

 なんであの小さな子どもがこれほど懐かしいのだろうか。

>>89-92の続きです、入れ忘れました。

119 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 12:51:42 ID:ivqTGcUR0
来週までの限定ネタ

メビウス「はあ・・・・」
タロウ「どうした、メビウス。ため息なんかついて
メビウス「タロウ教官?! 光の国へ帰られたのでは・・・・?」
タロウ「なに、ティンクルウェイでちょっとね。
    それよりどうしたんだ?」
メビウス「来週、ヒカリが帰ってくるんです。セリザワさんが・・・・   
     でも、そうしたらリュウさん、もう僕のこと「いらない」って言うのかなって思って・・・・」
タロウ(あのクソガキ、いっぺんしばくか。ヒカリもな)
   「おまえがいらない子だなんてことはないよ。
    地球を守りきったら光の国へ帰ってくればいい」
メビウス「教官・・・・今すぐに、じゃなくて、守りきってから・・・ですね。
     ありがとうございます! 僕、警備隊員で、教官の生徒で良かった!!
           だきっ! ぎゅうう・・・・
タロウ「ほら、もう教官じゃなくて「兄さん」でいいから・・・・」
   (バスト2センチアーーーップ!!)

120 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 13:41:02 ID:FesqdXGV0
>>112-118
お待ちしてました。タイトル通りのふんわり感が心地いいです。
>>119
一瞬タロウのバストがアップしたのかとw

121 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 14:24:48 ID:ivqTGcUR0
111>同じネタ考えてたww フライングしなくて良かったw

122 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 16:47:35 ID:+1X7hEpu0
ウルトラマンにとっての2cmって計測誤差みたいな

123 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 18:25:08 ID:FesqdXGV0
ノーマルとバーニングじゃ1000dも違うし。ファイヤーシンボルそんなに重いのか…

124 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 19:02:18 ID:JEGiscOx0
>>123
光の国の最小単位が1000トンなんじゃない?
あとは四捨五入。
ノーマル35449トン→35千トン
バーニング35500トン→36千トン

125 :名無しより愛をこめて:2006/11/27(月) 19:54:54 ID:FesqdXGV0
そーゆーことか! >光の国の最小単位が1000トンw

ちなみにロボットアニメだが、コンバトラーVは
身長57m・体重550t…ウルトラマンに比べてえらく軽いなとガキの頃思った。


126 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 22:16:04 ID:6/BEsDWV0
くそ、ここネタスレなのにはまっちまった…!w

127 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 22:46:07 ID:5rJ/v+uO0
今さらですが最初のインペライザー戦

タロウが駆け付けた頃には、既にメビウスは甚大なダメージを受け、消滅してしまった…
焦る気持ちを抑え、とりあえずストリウム光線でインペライザーを撤退させるも、
もうメビウスの姿はない。

タロウ「人間体に戻ったか…ハッ!あんな重傷のまま地球人の病院に搬送されて、
体のあちこち精密検査されたりして、地球人とは体細胞組織も血液型も違う事が
 発覚したら!(セブン従兄さんやレオも、それでなかなか医者にかかれず苦労した
 ようだし)…何よりあの子が『男のナリした女の子』なのがバレて、エロ医師に体の隅々まで
 あんな事やこんな事されたら…(妄想暴走)やばいやばい!」

その時救急車がタロウの視界に入った。ミライとリュウが搬送されてゆく。

タロウ「あっあんな所に!いかん、病院に運ばれてしまうっ!…しかしここで無理やり
 奪い去るのも何か不自然だし(てゆーかいらん野郎もついてきちゃうし)…こんな事に
 なるなら光太郎か下塚誠探しとくんだった! ――キラーン(頭上に電球マーク)――
 そうか!その手があったか!」

128 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 22:49:42 ID:5rJ/v+uO0
―GUYS病院にて―

「急患2名到着…あれ?ちょ,そこのナース!そっちのGジャンの患者さんどこ連れてくんですか!」
無人の処置室に慌しくミライを運び込むガニマタのナース―
タロウ(取りあえずナースに憑依)「ギリギリセーフ…メビウス、こんなに酷くやられて…(落涙)
 今助けてやるからな…(こそっとプチリライブ光線)これでよし、と」
サコミズ「…何してるんだタロウ?」
タロウ「ぶわっゾヒーにひさん!?(声裏返ってる)…何でここに?」
サコミズ「何でって、メビウスがあんな事になって 取るもの取りあえず駆け付けたら、
 何か不審なオーラ発した看護士が見えたから…」
タロウ「(つか、よくこの姿でわかったなぁ)…だって、地球人の医者にこの子診せるのはヤバいでしょう!
 精密検査とか注射とか染色体検査とか…」
サコミズ「あー、大丈夫。てゆーかタロウ、お母さんから聞いてなかった?」
タロウ「へ?」
サコミズ「ここのメビウス担当医、銀十字軍からの派遣なんだけど」
タロウ「え え え ぇ ぇ!!!(母さんそんな事一度も…)」
サコミズ「前にバードンが出た時、ウルトラの母に要請しといたんだよ
 (メビウスだけでなく、下手すると私にも危険が及んだかもしれなかったしね…)」
タロウ「バードン…そーいやそうだった…」 →忘れたい過去だったので素で忘れてた
サコミズ「ま、折角看護士に憑依したんだからさ、周りにバレない程度に付き添ってていいから…
 そのかわりと言っちゃ何だが、今度インペライザー見つけたら、
 上手く誘導してくれないかな?出来れば、人のいない渓谷あたりに」
タロウ「…わかりました…(何でこの人自分でやらんのかい…)」

129 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 22:50:51 ID:5rJ/v+uO0
―数日後、病院にて
看護士A「びっくりしたわー。突然屋上駆け上がって何か叫んだと思ったら、あんたの体から
 真っ赤な火の球が飛び出して、すっごい勢いで飛んでったんだから」
看護士B「それがさー、全っ然覚えてないんだよねー。つか、何かここ数日の記憶ないし」
看護士A「マジそれヤバくない?一回診てもらった方がいいよ」
看護士B「あ、夢ん中にぼんやーりと誰かが出てきて、最後に『すまんかった』って
 言ってたよーな…何か体赤くて、デカイ角生えてたっぽい」
看護士A「うはー、鬼じゃんwそれオカルトだわ〜お祓いした方がいいかも」


130 :名無しより愛をこめて:2006/11/28(火) 23:36:04 ID:InUdIwWl0
128〜129>GJww ガニマタの看護士・・・ww

131 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 00:24:18 ID:CvfmSkT70
>>128>>129
素晴らしかった!兄さんたちの愛にあふれているねw

132 :てれびくんの予告に不安:2006/11/29(水) 02:53:30 ID:m8Z348s0O
アナウンサー「大変です!ウルトラマンが町を破壊しています!」トリヤマ「何!またヒカリか?」
リュウ「補佐官!(怒)」
サコミズ「ガイズ!サリーゴー!」一同「GIG!」出撃!
メビたん「嘘!なんで?」ー光の国ー
キング「いつ許可だした?」父「違います、あいつは、メビウスに、対する、
歪んだ愛情とよこしまな思い入れの産物、妄想80!」母「今メビウスに抱きつきました!足を絡めて押し倒して、感じてます!貞操の危機!」赤面する母
父「全ウルトラ戦士!出撃!妄想ウルトラマン80を倒せ!」
激ファイト!なんて書いてあるもんな。マジでショパン登場キボンヌ。

133 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 14:04:29 ID:KENfSgnF0
>>119に便乗して勝手に続き(バストネタ)

 むぎゅむぎゅ      
メビ「…(タロウ兄さん、また胸大きくなってる?)」
タロ「よしよし、いい子いい子〜(´∀`*)」
メビ「…(資料で見た昔のタロウ兄さん、今のボクより細くてスレンダーだったのに…)」

タロ「ん?ど〜したメビウス?」
メビ「…(今はこんなに…ばいんばいん…)」
タロ「急に黙り込んで、どこか痛いところでもあるのか?」

メビ「スレンダー…ばいんばいん…」
タロ「え?なに?スレがどうし」
    どーん!!(タロウをどつく)
メビ「タロウ兄さんはズルイ!!ズルイです!!」
タロ「えっ!?ちょっズルイった何が!?」
メビ「どうせボクはスポブラ止まりなんだぁーーー!!。・゚・(ノД`)・゚・。」
タロ「えぇえ!?」


メビ 「ど、どうせボクは…タロウ兄さんみたくモデル体型にはなれないんです。゜:(つд⊂):゜。エーン」
エース「なんでまっすぐオレのとこに来てそんな(スタイルの)話をするのかと小一時間ry
    もしかしてイジメ?新手のイジメかオイ」

タロウ「大変だエース兄さん!!メビウスが年頃でスタイルを気にして…ってメビウス!?」
エース「お前ら師弟揃ってホントいい度胸してるなオイ。あ、やべ…泣きそ」

134 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 21:28:22 ID:CQA8/oFX0
メビたん、ノーブラ希望。
そして嬉しくなると誰でも彼でも抱きつくの希望。

メビウス「あの、タロウ兄さんって、呼んでいいですか?」
タロウ「ああ、いいよ」
メビウス「やったー!!」
ぎゅむっ!
タロウ「!!(こ、これは・・・・メビウス、ノーブラ?!)」

135 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 21:28:37 ID:bHGrgGW/0
>>133 スポブラメビと泣きそなエース兄さん(かつてはハイレグw)に萌えたwさらに便乗。

エース「…なあメビウス、お前だって頑張ってるじゃないか。神戸ではあんなに
  太ってたのに今はすっかり…」
メビウス「(ギッ)あの時の事は言わないで下さいっ!兄さんたちに勧められるまま
  美味しいもの食べ過ぎて、たった一日で見た目5万tくらい太っちゃって、
  写真見た時すっごいショックで…エグッグスッ」
タロウ「まあまあ、それでもストロングダイナとかよりはマシじゃ…」
エース「フォローになってないぞタロウ…」 ←つか何で知ってるんだ
タロウ「いやいや、だからー!世の中はデカい胸が好きな男ばかりじゃない!
  少なくとも私は、手のひらに収まるくらいの方が好みだ!お前くらいのが!」
  (さおりさんのサイズなんて忘れたさ、何故か途中で人代わったし)
メビウス「ですけどっ!こないだフェミゴンに取り付かれた女の子見て、
  リュウさん『カワイイなあ』って…。その子、胸大きかったし…エグッ」

エース・タロウ『 元 凶 は や は り ヤ ツ か !!! 』

―危うしリュウ、月のない夜は気をつけろ…

136 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 22:03:50 ID:r/y2zGFw0
ふわふわ。の続きが気になるの

137 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 22:16:10 ID:qPcfE6QyO
ここの職人さん、なにげにレベル高い人多い・・・
養成所スレにも時々書いてる人いますよね?

138 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 22:43:11 ID:m8Z348s0O
ドロボン
「いいか見張ってろよ」
ダストパン
>>98-99の仇打ちですよね」
ドロボン
「おう!カラータイマーを奪ってやるぜ」
メビたんの寝室に忍び込みました。

メビたん
「ん〜むにゃむにゃ、リュウさんおいしいよ〜ねむ」
熟睡してるメビたん
ドロボン
「よし、いただくぞ、カラータイマー」ふとんの中に手を入れて、胸を探ります。「ん?」手応えがありません。

139 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 22:43:46 ID:tQ92xDle0
SSかいてる人って男なの?女なの?

140 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 23:08:05 ID:m8Z348s0O
>>138の続き
メビたんの胸をまざくる、ドロボン。
「どこだ、どこにあるんだカラータイマー」
メビたん
「あふ〜ん・そこ・あぁリュウさ〜ん、やさしくして」 ドロボン焦って更にまざくろう、としたら、

ガ ッ ト 
腕を捕まれ引きずりだされる。

外に出されて、ドロボン
「う・ウルトラ兄弟!」
マン「おい」7「てめぇ」 新・激怒 A「コロス」
タロウ「よくも妹の胸さわりまくりやがって!」

すでにボロ雑巾とカシタ、ダストバン、この後壮絶で残酷な制裁をドロボンは、下された。

朝メビたん
「わあい!仰天玩具誌限定のリフレクト星人とアーストロンのソフビ人形セットだ!兄さま!ありがとう!大好き!」

141 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 23:12:11 ID:orZ5n3/u0
>>133
ずんぐりむっくりなエース兄さん大好きだよ
タロウがバインバインだって言うから改めてみてみたけど


でかいな、タロウw

142 :名無しより愛をこめて:2006/11/29(水) 23:13:56 ID:5V7Z+IxC0
だんだんここのはくちメビタンにはまってきている俺ガイル

143 :ふわふわ12。:2006/11/30(木) 00:26:58 ID:yBz8TKVH0
>>89>>112
マッ「どうしたのさ、一体?」
ゼノ「いや・・・(言うなってことだろうなぁ、あれ)」
マッ「なんか声や姿もそうだけど、喋り方も違うし。喋り方というか、どこか
  突き放すみたいな物言いで寂しいな」
ゼノ「そんなものか?」

マッ「なんていうんだろう、受け止めるみたいな喋り方じゃないか、いつも」
ゼノ「まあ、教官もずっと機嫌悪いしなぁ」
マッ「しょうがないよ、誰も言い返さないんだし」
ゼノ「メビウスいないとやりにくいよなぁ」
マッ「あれで言うこと絶対譲らないもんね、メビウス」

ゼノ「結構見た目とかやわっこいのにな」
マッ「やわ、てなにその表現」
ゼノ「こないだ触ったらふわふわしてた」
マッ「いやちょっと、組み手しても普通に堅いよ、なに言ってんのさ?」

144 :ふわふわ13。:2006/11/30(木) 00:27:49 ID:yBz8TKVH0
ゾフ「性別がないもなにも、あれは生物じゃないらしい」
ゼノ「はあ、・・・へ?」
ゾフ「完全に外見だけなんだ、入れ物というか、それで中は覗けない」
ゼノ「思ったより深刻な事態なんじゃ、それって」
ゾフ「でも、君には見えないんだろう?」
ゼノ「あ、いや、それは最初だけでした、実は。変化中だったからかな?
  言わないほうがいいかなと思ったんですが、隊長に告げそびれました」
ゾフ「そうか、どちらにしろ当人の意思が絡んでいるようにも見える」
ゼノ「自覚ありませんよ? 全然」
ゾフ「でもたまに質問を拒むよ、どこかに意識が残っているんだ」

――

 ガシャン

80「どうしたんですか、タロウ?」
タロ「・・・物が掴めない」

145 :ふわふわ14。:2006/11/30(木) 00:28:23 ID:yBz8TKVH0
メビ(そーっとそーっと)
タロ「メビ・・・また違う(がっくり)、ごめん、花? ありがとう」
メビ(きょとん)
タロ「ああ、ゼノンの兄弟なんでしょ? 別に倒れたわけじゃなし。他の
  訓練生たちにも、って80が言ってくれてるか」

 ぱふっ

タロ「やっぱり似てるな、雰囲気全然違うけど」
メビ「・・・どなたと?」
タロ「あー、誰だっけ、なんかもう忘れそうだ」
メビ(がーん)
タロ「なんかね、全然年下なのに守らせてくれないのがいるんですよ」
メビ「・・・守る」
タロ「言うこと聞けーって、あああ、また80に叱られる」

146 :ふわふわ15。(一時停止):2006/11/30(木) 00:28:55 ID:yBz8TKVH0
タロ(いや・・・育て導くだよな、なに言ってんだ僕は)
  (でも、地球人なら、誰憚ることなくあんな小さくて弱い・・・)

――そうして彼らを延々と“守り”続けて肩代わりするつもりなのかな?

 メビウスはひどく小さかったのだ、訓練生の中でも飛びぬけて。
 むしろ、身体能力の映えがずば抜けていたということかもしれないが。
 そして背が人並みに伸びてもその分、いまだになんだか細い。

タロ(なんであんなに小さいのに与える側になりたいって言うんだろ)

――

メビ「知ってましたけどね、なぁんとなく(囁く)」

147 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 01:17:59 ID:4i/FrCU2O
ふわふわキタキタ!

148 :そんな哀しい話は:2006/11/30(木) 07:25:20 ID:Fzz2xgaaO
怪獣島をパトロール中の、メビたん。
「ふんふん〜♪〜」
怪獣達が集まってます。

メビ「どしたの?」
ワダツジン「僕らのお父さんが旅立ってしまった」
ガマクジラ「うわ〜ん(泣)何でだよ!早すぎる」
シーボーズ「ガー(哀)」
ジャミラ「いい人なのにな」 メトロン星人「復活できたのはこの人のお陰だな」と、タバコをすい、ふかす。
スペル星人「最後に気に掛けてもらって感謝してる」ロボット長官「残念だ、サコミズ君、コーヒーはまだか?」

149 :追悼2:2006/11/30(木) 07:49:14 ID:Fzz2xgaaO
テレスドン「わしもメビウスに出て撮ってもらいたかった」バリケーン「泣けてくるな」
マノン星人「本当つらいよ」 チグリス星人「燃やされたことは恨んでないから、安心してくれ」
ブンダー「なんでだよ」
魔デウス「最後に産んでくれてありがとう」頭を下げるジャミラ「どこが頭だよ」
シーボーズ「なあみんな、葬式してもらったんなら、俺たちも追悼すべきだよな」一同頷き、ゾロゾロと移動していく。

ウルトラマン、後ろから来て、メビウスの頭をなぜる。「兄さん。みんな悲しいみたい」初代「我々が尊敬する地球人の一人だからね」
メビ「ボクも会いたかったな(泣)」

ティガの二本目の怪獣が思い出せない。御冥福をお祈りします。

150 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 11:17:50 ID:qg/2xee50
>>148-149
ほろりと来た。

151 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 16:05:16 ID:2rN41rSR0
>>148
本スレ行ってやっと意味わかりました( ノー゚)
いやてか、このスレでなく訓練所でもよかったのではw

152 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 17:28:54 ID:/GhBFQ3M0
文才ないので、ノリで作った物出してみる。
メビたんのつもりじゃなかったんだが、仕上がったらリュウさんが出張ってしまった orz
ああ、でも、ここはSSじゃない物はダメなのかな…
板違いだったら、ごめんなさい。

http://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000173161.zip
meb


153 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 20:45:21 ID:NcMPj5PF0
>>152
すげー!何かかなり萌えてしまった!選曲も編集もGJ!!
だってここではメビは女の子だからww(ただ、タロウ兄さんには見せられないがなww)
板違いではないと思う、自分は大歓迎!機会があったら、是非兄さん方バージョンも
作って欲しいです(戦ってるシーンばかりだからハードル高いか?)

154 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 21:02:29 ID:NcMPj5PF0
153の補足(書き忘れた)
♪全てをみせるのが〜 あたりからの歌詞と映像のシンクロ度が素晴らしすぎ。


155 :148.149:2006/11/30(木) 21:47:31 ID:Fzz2xgaaO
>>150-151
朝みてびっくりしました。昼のニュースで見ても信じられません。
本当は、メビウスの話でやりたかった。実相寺エピ、まだやらないかなーと思って待ってた矢先の悲報。
それと、まだでてない怪獣がいるので、流れ断ち切ってすまんけど続きやらせてください。

156 :追悼3:2006/11/30(木) 22:12:50 ID:Fzz2xgaaO
>>148-149の続き
怪獣島追悼会場ー
スカイドン
「やっとついたわい。体が重いから、すぐは動けん」ガバァドン
「俺は寝てたから気が付かなかった」
ペロリンガ星人
「急すぎて喪服を探してたよ間に合ったよな?」
バクゴン「おいおい誰か夢だといってくれよ!」
ブンダー「お前なあ」
マノン星人ペア
「監督とのお花見、楽しかったですわ」「ですわ」
ギルキス星人「月の石もってきてやった」

光の国
初代「おっメビ今日はカレーか」スプーンを取る。
エプロン姿のメビタン
「お嫌いですか?」
初代「いや、あの人を思い出してな、あの人は私の隠れた一面を引き出してくれた、感謝してる」

157 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 22:27:37 ID:WWO9xy+70
>152
スゲースゲースゲー!禿萌えした!
確かに、色んな意味でタロウ兄さんには見せられないが(^^;)
激しくグッジョブ!

158 :152:2006/11/30(木) 22:34:57 ID:/GhBFQ3M0
>>153-154>>157
感想ありがとうございます!
怒られるかも〜と、恐る恐るだったので、安堵しました。
タロウ兄さんには、絶対秘密にして下さい。

途中から開き直ってメビたん仕様にしたので、バスケットのアップは外せないと思った。
ペットボトルを入れたのはイマイチだけど、完璧じゃないところが初めてっぽくていいかと(笑)
一口しか食べてもらえなかったのが不憫だ…(許すまじインペライザー乙女の敵)
編集しながら、何度も何度も29・30話を見返しているうちに、
30話のリュウ「ミライ、俺はまだ、肝心なことお前に言ってねえんだよ!」の後、
「プロポーズか?」と突っこんでしまい、嵌り具合を自覚した _| ̄|○illi

>>155
こちらこそ、空気読めなくて失礼しました。
実相寺監督と宮内国郎さんの御冥福をお祈りします。

159 :名無しより愛をこめて:2006/11/30(木) 23:24:57 ID:Ussm446H0
>>152=158
素晴らしすぎて涙出そうです
保存版だ!萌えました

160 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 00:47:51 ID:JWT5/vmh0
152>凄い凄い! SSだけじゃなくて、こんなのも見られるなんて!!
  萌え萌えでしたww メビたん健気〜v

161 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 01:28:10 ID:AONVuObK0
152>すげ〜^^;こんなの作れるんですね。。。
自分も少し前にパソに合った編集ソフトで変なの作ったけど、
画質は悪いし、選んだ曲からしてちゃう^^;
趣旨は違うけど、すこし152さん的な部分も入れた動画です。
ttp://www.youtube.com/watch?v=mEHFtGK83Gw よかったら、どうぞ。

162 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 01:28:36 ID:bUI4ky7N0
>>152=158
ホント凄い!曲も合っててグッときたよ!
いいモノ見させてもらいました。
GJ!

これをタロウ兄さんが見たらリュウの身に危険が及ぶなw

163 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 13:45:05 ID:APAIDRCJ0
>>152やっと見れたっす...orz
まとめて見るとつくづく…うはは。

164 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 17:26:09 ID:V2lBlSma0
>>152
サイコーっす!
見させてもらって我ながらヤバイと思ったんだけど
ペイント中のミライが本気で可愛く見える・・・
何で髪型変えたんだろうな
サラサラのままでも良さそうなのに

165 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 20:18:07 ID:RRcPuNPb0
>>152>>161  GJ!また新しい流れがキタキタキターー
本当にすごいなこのスレ。SSだけでなく、MAD職人さんまで・・・
あとは絵描き職人と、画像職人の降臨をワクテカしながら待ってるよ
(他人の力を頼りにしない事ー!と一斉突っ込みはなしでw)

166 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 21:23:18 ID:Tn8qafmV0
>>152,>>161
どちらも素晴らしい、GJ!!
ありがとう、映像で見るとSSとはまた違った味わいがあっていいですね。
自分も画像職人さんや絵描き職人さんにも降臨して頂きたいです。

167 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 22:00:42 ID:AONVuObK0
165さん166さん>152さんには全然及ばないものの、評価してくださりありがとうございました。
久々にオリラブの「変身」ってアルバム聴いていたら、あれ?ep.30っぽい歌詞??とか思って
強引にストーリーを一部はしおり作りました。難しいね編集って。。。1曲まるまるは至難の業!
152さん!すごい!(シンクロ加減もすごいし(脱帽です))
他にも職人さんのup期待しています。

168 :名無しより愛をこめて:2006/12/01(金) 23:33:51 ID:APAIDRCJ0
今タイトル一覧を見てたらタロウスレが【メビウス】【命・・・
に見えて「・・・」な気分になった。

タイトル表示もう一文字増やしておこう...orz
てか、それをタロウスレに書き込みそうになってしまった、危ない危ない。

169 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 00:18:45 ID:rApvRSy20
この流れの中で勇気を出してネタ投下。石投げないで

―地球とは少し離れた宇宙空間。
地球侵略を目論み飛来した星人部隊と、交戦するタロウの姿があった。
星人「くうっ、たった一人なのに何という強さだ…まさに鬼神」
星人「地球は弱っちい新人ウルトラマンしかいねえって聞いてたのに、こんなヤツが待ち伏せ
  してるなんて…反則だろこの強さは」
タロウ「地球にはこれ以上近づけさせん!お前らのような雑魚、私一人で十分だ!」
本音(なんでいレオばっかりオイシイ思いしやがって!俺だって、あの子に脳内だけじゃなくて
面と向かって『タロウ兄さん』て呼ばれてみたいさ!あーすっげー羨ましいさ!チッキショォ〜!)
星人「わわわ、何か思い出してストリウム光線乱れ撃ちしてきた!」
星人「このまま撤退するとテ○ぺ○様にどやされる…ん?あれは、ロベルガーと共に
  偵察に送り込んでいた宇宙船…?」
タロウ「おのれ、まだ地球の近くをうろついてたのか!ストリュゥーム・こうせ…ん??」

―宇宙空間に巨大なヴィジョンを投影する宇宙船。 ♪secfet of my heart〜
タロウ(ななな何だ?メビウス!?それに横にいるのは…この俺に生意気にもタメ口で
  ガーガー言って来た男…ぇえぇ何見つめあってんの楽しげにサンドイッチ食ってんの!?
  俺には見せないカオして…ハッ!こいつが、やっぱり、あの時複数形でなく単数形で
  臆面もなく言い放った 『大 切 な 人』 なのかメビウスーーっ!?)
星人「…あれ?やつの勢いが止ったぞ」
星人「…すっごい呆然としちゃってるねえ」
タロウ(こんな…こんなチンチクリンな礼儀もわきまえんような…)
星人「ん?何かフルフルしながらブツブツ言ってるよコイツ」
タロウ(どこの馬の骨かわからんヤツに…) ゴォーッ!体に嫉妬の炎点火!
星人「ヤベェ、ウルトラダイナマイト来るぞ!逃げろーっ!!」 星人部隊、光の速さで退散

タロウ「(絶叫)何故だ、何故俺じゃダメなんだメビウースッ!!」 
そして誰もいない銀河で体の炎が鎮火する程の涙をひとしきり流すタロウ。この後、彼が取った驚くべき行動とは!? (仰々しいBGMの後CM)

―すみません、バラしちゃいましたm(__)m

170 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 00:37:23 ID:0vfnTcgE0
じゃあ、自分もバラしてみますv

タロウ「〜〜♪」
ゾフィ「どうした、機嫌が良さそうだな」
タロウ「メビウスから、最近メールが届くようになったんですよ。
    地球で友達ができたと、『カレーは美味かった』から始まり、
    嬉しいことや楽しいことの報告をよくしてくれるんです」
ゾフィ(・・・・ということは、辛いことは報告しないんだな。
    メビウスは我慢強いのか。だが、そこで脆くならなければいいが)
タロウ「お、今日も新しいのがきた」

―――タロウ教官へ
今日は皆と撮った写真を送りますね。

テッペイさんと一緒に
マリナさんと射撃訓練しました
ジョージさんとサッカーしました
コノミさんとカレー作りました
リュウさんとランニング中です

タロウ「・・・・なんでランニング中に手を繋いでいるんだ・・・・?」

最後に、皆で撮った写真ですv

タロウ「なんで後列にいるのに、肩に腕をまわして・・・・・」

      ガタン!
ゾフィ「何処へ行く?」
タロウ「地球です! 強大な力の干渉が恐ろしい敵を・・・!」

171 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 00:45:24 ID:0vfnTcgE0
161>やっと見れました。
これもすっごくクオリティ高いですよ!
リュウさんの片思いテイストがグッド!

172 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 00:47:16 ID:0RHw2z1a0
>>148-149
こういうのイイ。ホロリ

そして凄いものが続々と…w
このスレ居着いていてよかった('∀`)

173 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 01:19:50 ID:oy/Pz/z30
169さん170さん>本編の裏でこういう出来事が!^^おもしろいです。
152さんの動画を引用とは、タイムリー^^タロウは観てしまった!
後が怖いです。。。
ゾフィーさんはどこでもフォローで大変やなぁ^^;

174 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 02:15:50 ID:QIRUcOsaO
このスレはsage進行の方がいいと思うんだ

175 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 02:16:41 ID:rApvRSy20
>>173
怒られると思ってました_(._.)_即興バタバタで書いたので綴り間違ってる>secret
テ○ぺ○…テッペイかよ!と投下した後セルフ突っ込みしたアホですOrz
タロウにもバレましたが、敵もタロウのトラウマスイッチ発見したって事でww

176 :152:2006/12/02(土) 10:35:35 ID:5GmjAQ4R0
動画観てくれた方、感想下さった方、ありがとうございました。
これから仕事なので、取り急ぎお礼だけ置いていきます。
ttp://www.seospy.net/src/up0311.jpg

177 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 11:00:48 ID:9lVdh/wjO
>>172書いたかいがありました。ありがとう。
ボクも仕事中。がんばってね。

178 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 16:10:40 ID:qmZfZU3Q0
>>176
メビタンが可愛くて萌え死にそうですよw


179 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 18:04:32 ID:vaNjigaf0
今日もメビタンは脳天気でかわいかった。
俺もほろり来たよ>>177
本当にオッパイに見えてきたwこういうのもっとくれお!!ww>>176

180 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 18:27:13 ID:5GmjAQ4R0
まだ仕事中だが、こっそり(T▽T)
兄さん方バージョン、動画は無理そうなんで、176ですんません。
>>161
元々自分が作りたくて失敗した物は、貴作に近いイメージでした。
見せていただいた御陰で、上手くいかなかった理由がわかったり、とても勉強になりました。
ありがとうございます。 参った!一本!!_(_^_)_
>>169
爆笑〜〜〜!!
>俺には見せないカオして…(←ここ、大変重要)
>あの時複数形でなく単数形で(←鋭い指摘)
サンドイッチがメビたんの手作りと知ったら、タロウ兄さん嫉妬大爆発!!
CMの続き、期待してます。
>>170
>リュウさんとランニング中です
手を繋いで走るのは(6話の浜辺か?)ランニングとは言わないよ、メビたん。
でも、そんな君に萌えるww

181 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 18:51:55 ID:oy/Pz/z30
152さんが!4コマで!すごい^^おもしろいです。(こういうアイデアあるんですね。)
自分も描きなぐりですが、勢いで久々に4コマ描いてみました^^;
169さんの書かれたものを参考にしています。(169さん申し訳ない<(  )>)
ttp://www.seospy.net/src/up0317.jpg(ここ使っていいんですかね?^^;勝手にupしてもうた。。)

182 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 19:00:33 ID:vaNjigaf0
なっ!なにコのクオリティ……すごすぎる……!!!
このスレ恐ろしい!>>181
ハネ髪メビタン!!!

183 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 20:21:22 ID:0vfnTcgE0
うおおーーー!絵師さんもキターーー!!
ステキー!メビたん可愛い〜!

これだけSSやMAD等、バリエーションの豊富なスレも珍しいのでは。

184 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 20:25:51 ID:0vfnTcgE0
173>ありがとうございます。
自分のはちょっと時間軸ずれてしまいましたが・・・(^^;

185 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 21:22:07 ID:oy/Pz/z30
173・181です。
184さん>時間軸気にならないですよ!お陰で4コマネタ描けたんで感謝しています^^



186 :169:2006/12/02(土) 21:52:41 ID:rApvRSy20
うわあぁ続々と神降臨!>>181さん、漫画にしてくださって超嬉しいです!
皆さんのネタが繋がっていくのって、何かイイ…
「僕は、一人じゃない!」って、勝手に滝幅涙にむせんでました~~;

…しかし肝心のネタを素で間違ってた…orz  
誤:テ○ぺ○ → 正:エ○ぺ○   でした。テだと末尾に「ー」が付くですね…
>>180
動画、まさに神でした!正直、ここまでミライが乙女に見えるとはww
4コマ画像漫画共々、次回作にも期待してます〜!
CM明けの展開、頑張ります♪

187 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 22:04:40 ID:vaNjigaf0
正直ここまでネタスレが活気づいているのはタロウ他「兄さん方」が妹メビウスに萌え萌えしてるのがおもしろいからだろうなw
職人さん方GJっっっっ!!!
>>181神あなたはもしや…いや野暮なこと言うまい…ここは2ch…

188 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 22:06:03 ID:iMVeNeq90
>>187
私もうっすら見覚えが…w

189 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 22:09:42 ID:HhS+2KFu0
何このスレ。キモっ。

そして話題についていけてる俺もキモっ。

そしてそして>>148-149 を読んで地味に浸ってしまった俺もキモっ。

190 :名無しより愛をこめて:2006/12/02(土) 23:51:24 ID:gSz46YYY0
俺もうこのスレから離れられないw

191 :169の続き1/2:2006/12/03(日) 00:35:23 ID:svFuuPJM0
AD「CM明けま〜す、5・4・3・2…」

(ワーワーパチパチ)
司会「さあ皆さん、盛り上がって参りました『ウルトラドッキリ!その時私は』。
 密かに、年の離れた義理の妹を溺愛していた兄。しかしその妹は、遠い留学先で、
 異国の若者と恋に落ちてしまった…ひょんな事からこの事実を知ってしまった兄の受けた
 衝撃はいかばかりか…」
アシ「さてここで問題です!先程ご覧頂いたVTRの後、このお兄さんは思い余ってある行動に出ます。
 さて一体どんな行動を取ったでしょうか!?早押しです…はい夏区留さん!」

夏区留「恋敵の男を捕らえて逆さ磔処刑!或いは車で…」 
司会「ブー、不正解!さすがにウルトラマンが地球人殺しちゃいけませんよね〜」
座螺武「恋敵に化けて悪事を働き、男の信用を貶めて妹の心変わりを誘う!」
馬場流卯「あ、私もそれ言おうと思った!」  
司会「二人ともブー!つか馬場流卯さん、昨日別の人に化けて失敗したばかりじゃないですか…」
果断「ウルトラダイナマイトで男を木っ端微塵に…」 
間熊「地球に押しかけ、嫌がる妹を無理やり嫁に…」
司会「ざんねーん、ターイムアーップ!皆さん不正解ー!」
アシ「それでは正解VTRをご覧ください」


192 :169の続き2/2:2006/12/03(日) 00:38:00 ID:svFuuPJM0
(正解VTR:ナレーションは「プロ野球好珍プレー」のみのも○た風に)

―お兄ちゃん、相当ショックだったんだねえ〜光の国に帰ってからも、部屋にこもって
 ぼーっと妹の写真眺めたり、地球で一緒に戦った時のビデオ(リュウ抜き)ばっか
 見ちゃって…ほら、おさげの可愛いお母さんも心配してるじゃない…
 おやぁ?ビデオ見てて何か思い立ったみたいだよ?必死に自分の過去のDVDから、
 爽やか地球人時代の雄姿ばっかり抜き出しちゃって…そんで?どうすんの?
 あー、それにこっそり隠し撮りしてた妹の映像と編集したいワケね、例のやつに対抗して。
 …おやどうした?あららら肝心のMAD制作のノウハウわかんなくて困っちゃってるよ…
 ちょ、ちょっと、素材の山抱えてどこ行くの?…え、また地球行くんだってー!?―

司会「…というワケで、正解は『自分も萌えMADを作ってもらう為、職人さんを探しに地球に行く』でした〜」
アシ「地球の職人さん、早く何とかしないとタロウが来ちゃいますよー」
司会「『ウルトラドッキリ!その時私は』、そろそろ終わりの時間となりました。MCは私、天辺羅亜と」
アシ「アシスタントの馬瑠木井でお送りいたしました」
司会「この番組では、全宇宙からウルトラマンの面白ビデオを募集しております!
 皆のヒーロー・ウルトラマンのあんな失態・こんな醜態、どしどしお寄せください!
 送り先はYBB(ヤプール文化放送)まで!また来週〜」 EDテーマ

―すみません、自分のリクエスト込めさせて頂きました>職人の皆様へ

193 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 00:42:16 ID:+oUSF7Me0
光太郎さんと並べると、洒落にならないのでは…(ll´∀`)
あああ、でも見たい...lllorz

194 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 00:50:33 ID:UpCv4zQb0
ウルトラマンにとって、「兄弟」ってのは特別な意味らしいです(携帯メビナビ)
というわけで、フライング「ミライの妹」

タロウ「メビウス、妹が出来たというのは本当か?!」
ミライ「ちょっ、タロウ教官、いきなり僕の部屋に入ってこないでください!」
      慌てて部屋を片付ける。
ミライ「本当というか、一方的にそう言われちゃって・・・・僕もちょっと困っているんですけど・・・・」
タロウ「メビウス、我々にとって兄弟姉妹というのは、ただ家族のように仲が良いというだけの間柄ではない」
ミライ「はい、わかっています。でも、彼女は・・・・」
タロウ「常に命がけの戦いをしなければいけないんだ!その背中を預ける相手にのみ許すことのできる最高の称号だ」
      何時の間にか光太郎の姿に変身
ミライ「あ、あの・・教官?」
光太郎「それなのに君は相手が年下の女の子に見えるからって、簡単に『妹』として認めるのか?!」
ミライ「ちょっ・・・教官、顔が近すぎ・・・・」
      必死に背中をそらすが、腹筋背筋が限界に近くなる。
光太郎「そんなの兄としてこの僕が認めないか・・・・」
           ゴン!
サコミズ「やあ、大丈夫だったかい?」
ミライ「隊長!」
サコミズ「さて、女の子の部屋に勝手に入るような無粋な男は放り出しちゃおうかね」

195 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 00:57:25 ID:UpCv4zQb0
光太郎さんと並んだミライちゃん! うわ〜、見たい!!

196 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 01:02:23 ID:Gmme3dE60
>>194
隊長、あなたも無断侵入では?

197 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 02:25:10 ID:6Vaq2y1q0
187さん188さん>へ?うっすら見覚えがって。。。^^;

198 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 12:31:45 ID:5d4kahxh0
>>192
ムービーメーカーの使い方が分からなくて泣きそうな自分がここにいますよノシ

素材集めにDVD見てたんだが、光太郎さんはホントかっこいいよなぁ。
昔はもちろんだけど、今の姿もかっこいい。背高いし、爽やかだし。

ただ、女性に対し面と向かって笑顔で「キレイだ」とかいう割に
色恋には疎いというか鈍いというか・・・
タロウはともかく、光太郎ならミライを本当に妹扱いしそう。
ミライが恋心を抱いていても気づかないって感じでさ

・・・これじゃあ逆だな・・・orz

199 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 12:40:46 ID:D0KvOQEs0
ついに絵師が!それにしてもうめえええええええええええええええええええwGJ!>>181
サコワロスw>>194

200 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 14:25:02 ID:svFuuPJM0
>>198
さおりさんのモーションに動じない→実はぽっちゃり豊乳よりスレンダー微乳好み→
メビが横浜クルーンの160km/h超級並のド真ん中ストライクだった、と言う事でw

201 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 15:50:35 ID:svFuuPJM0
さっきsage途中で送信しちゃってたorz
ついでに期間限定ネタ(毎度ありがちで申し訳ない)

『優しさを失わないでくれ。たとえその気持ちが、何百回裏切られようと…』

エース「ひどいや兄さん!その台詞、次にメビウスに会った時に言ってカッコ良く
 キメてやろうと思ってたのにー!」
ゾフィ「いや、すまない、その…私は君たちと違って、あの子が地球に来たときから
 思い切り至近距離で見守ってきたのに…何となく、このスレ的にスルーされてる
 ようなのが少し淋しい気がして来たもんで、つい…」
エース「…ならさっさとカミングアウトしちゃえばいいのに…」

―ああ今週末はメビウスないんだなあ_| ̄|○Ililil

202 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 16:05:23 ID:6Vaq2y1q0
192さん>4コマ描きました^^;192のvtrの4コマです。。。
ttp://www.seospy.net/src/up0326.jpg

203 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 16:15:57 ID:lawgc2FPP
心配そうな母ワロスw
職人さんに作ってもらって(゚∀゚)=ャ=ャしてるところをメビに見とがめられて
嫌われないようにww
それにしても巧いなぁ〜

204 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 18:50:31 ID:UpCv4zQb0
198>たまには逆のバージョンでメビウスが恋心を抱いて警備隊入りを
決意するっていうのもアリかもしれませんね。
地球に行くのはウルトラマンにとってエリートコースみたいだから、
行けたら教官振り向いてくれるかもv
と思っていたら、地球で新たな恋が待っていましたという。

205 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 18:52:21 ID:UpCv4zQb0
書き忘れすみません・・・・
202>まさかこっちも絵にしてくださるとは・・・GJです!

206 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 20:32:14 ID:6Vaq2y1q0
休みでしたので、もう1本^^;(オリジナルです)
34話を観て、何となく思いつきました^^;(またタロウ教官が。。。!^^)
ttp://www.seospy.net/src/up0329.jpg


207 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 21:00:40 ID:iRBt5lSG0
初めてミライで萌えたww>>206


208 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 21:21:34 ID:svFuuPJM0
>>202
192ですホントにホントにありがとうございます!上手すぎてひたすら尊敬!
しかも新作までキターーーー((((゚∀゚;))!!はしゃぎ過ぎか自分…
乙女モードミライ可愛いセリザワ渋い!
ところで教官…あの膝枕の件はこれでチャラに?ww

209 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 21:54:22 ID:6Vaq2y1q0
208さん>192の4コマで、一様タロウ教官、メビウスとの誤解(膝枕の件)を解くためにヒカリから
宇宙科学局謹製「焼酎ヒカリ」もらっています^^;(そういう設定ということで^^;

210 :名無しより愛をこめて:2006/12/03(日) 22:14:10 ID:mwArv3yS0
>>191-192
>>181=202
笑い転げながら何度も読みました!!
けど、そのうち、タロウ兄さんに凄く罪悪感感じてしまった orz
出来心で作ったMADだったのに…。
仕事一段落したら、詫びを入れさせてもらいます<(_ _)>

211 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 01:11:30 ID:IjPGC3iN0
206です。感想くださった皆様ありがとうございます^^
でも、みなさまのssであっての4コマです^^これからもよろしく!
で、明日から忙しいんで、1つupします。194さんの「ミライの妹」を4コマしてみました^^;
http://www.seospy.net/src/up0330.jpg(194さん勝手に使って申し訳ない^^;)
210さん>これからもmad等、楽しみにしています^^

212 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 01:15:27 ID:VnZ/fGtM0
>>211
うわぁ、絵になると更に落ち着け感が(;´∀`)コウタロウサン
来週まで待つの辛いっすね...orz

213 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 01:20:51 ID:lL4kTN65O
メビたんの相手について適当に予想たててみた。

◎(本命)…リュウ(本編のアレコレも多いし、なんだかんだで文句無し?)
○(対抗馬)…タロウ(本気なら。行き過ぎたシスコンなら除外)
×(大穴)…敵の皆さん(ノーコメント)
△(中穴)…GUYSの皆さん(仲良くしてるのはリュウだけじゃありません)
☆(注意)…ヒカリ(メビウスが珍しくタメ口の相手。同じウルトラマンだし)
●(番外)…他ウルトラ兄弟(まだシスコンの域。突破すると危ない)
      バン・ヒロト(ある意味メビウスにとって生涯忘れられない人)

214 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 01:22:32 ID:lsvQNTcC0
来週メビウスお休みですよん…(;_;)

215 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 05:37:25 ID:O5i9G0uc0
これはPINKのキャラサロンに立てるべきスレだな

216 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 10:03:06 ID:vBxwsAgY0
>>213
トリヤマ補佐官は?

217 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 15:31:36 ID:mYNX/NMv0
先日のヒカリ帰還話で、「リュウとセリザワの仲をやきもきするミライ」を妄想したヤツ!
きみらはまだまだ修行が足りん!
メビはバカがつく位のピュアガールだから、同性愛とかのヘンな知識はないんだ!
だからミライ的には「リュウにとってセリザワは憧れの人」=「大切な人の大切な人」
くらいの認識だから、逆に「ヒカリの為にも、リュウさんの為にも、僕が頑張らなくちゃ!」
って、ついつい必死になってたじゃないか。健気でカワイーぞチクショー!

・・・と昼日中に考えてしまう自分が我ながら危ないと思います・・・

218 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 16:53:13 ID:IjPGC3iN0
217さん>当人でございます。<(  )>申し訳ない!^^;
年末なんでも少し時間があったらイイけど、お返しに217さんの文章を参考に4コマ描いてみたいと
思います。
キャラクター(ミライ隊員)もやはり動画みながらデッサンぽく、かつマンガ調〜かつ女の子にするって
描いていくと微妙な路線になりますね^^;反省しとります!修行します!^^;

219 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 17:24:59 ID:ZjfkTj5v0
>>217
メビが女の子だったらタロウ教官と絶対お似合いだなー、本気でウルトラマンの
女の子じゃないかなーとか、ぼーっと考えてる私といい勝負ですな。
二人の子どもが見たいなぁ、、、とか...orzヤバス

220 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 18:36:47 ID:mYNX/NMv0
>>218さん
いえいえそんなつもりでわ!218さんの事じゃないです、ファンですから!(汗)
別スレでチラホラとそういうカキコ見て、ちょぃ反論したくなっただけで・・・
こちらこそ、煽りっぽく見える無粋な書き方で失礼しました。猛省。
(あくまでも本音は、最後の一行の自戒ですから。いやまじで俺キモ・・・OTZ)
お時間出来ましたら、また漫画どしどし描いて頂きたいです!
>>219さん
大隊長夫妻が「ウルトラの祖父・祖母」と呼ばれる日が来るのか・・・www

221 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 19:36:29 ID:IjPGC3iN0
217さん>ttp://www.seospy.net/src/up0334.jpg
色々考えて「リュウにとってセリザワは憧れの人」←ココ大事。
変更してみました^^;(贈呈します)
あ〜疲れた。。。呑みでも行くかぁ〜^^;

222 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 19:36:49 ID:J584IG0o0
>>213
>☆(注意)…ヒカリ(メビウスが珍しくタメ口の相手。同じウルトラマンだし)
自分はこんな感じで(^^ゞ ttp://www.seospy.net/src/up0333.jpg
いい加減このネタから離れろ自分、つーか仕事集中しろ…
>>217=220
>・・・と昼日中に考えてしまう自分が我ながら危ないと思います・・・
禿同 illi○| ̄|_

223 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 20:20:49 ID:ZjfkTj5v0
>>222
ツボ入りました...orzメビタン

224 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 21:03:06 ID:mYNX/NMv0
>>221
あああぁありがとうございます!恐縮すぎて嬉しいやら申し訳ないやら_(._.)_
ミライ描く時は無理に女の子ぽくしなくても、自分的には全然大丈夫です♪
初期の髪型の頃のミライ、バレー部とかの女の子にいそうな雰囲気で
不覚にも萌えてしまったんでww描きやすい方でおkです(^^ゞ

>>222
飲んでた茶噴きましたwww 独特の「間」が良いですねwww


225 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 21:19:47 ID:WsrmTawi0
194です。206さん、絵にしてくださってありがとうございますーーー!!
光太郎さんて、イイオトコだよねっ! さこっちの前で平謝りとかしてたら最高ですが(笑)
それでもってピュアガール全開の221も素晴らしいです。
206で「きゃ」とか言ってるミライも可愛いですよ、恥らってますよ!ちゃんと内股だ!

222>年上なのにヒカリ相手にタメ口きいてしまうメビたん、そんな理由が・・・。


今日のコネタ 206さんの影響で

ヒカリ「すまない、セリザワ」
セリザワ「どうした、ヒカリ?」
ヒカリ「教え子ともっと話したかったんだろう?
    なのに君の姿で私ばかりが・・・・」
セリザワ「いや、いいんだ。今回地球へ来たのは、ババルウを追ってきただけだ。
     俺の私事じゃない」
ヒカリ「・・・・」
セリザワ「それに、妙なプレッシャーのようなものを常に感じていたのだが・・・・」
ヒカリ「ああ、あれだな・・・・」
セリザワ「なんとなくあれで、俺は出ない方が良いと思ったんだが・・・・」
ヒカリ「君のカンは良く当たるみたいだな」

226 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 21:49:19 ID:W1I7xKpw0
めちゃめちゃ絵巧くてよだれが止まらない>>211
お仕事がんばって下しい。
正直ミライには萌えていなかったんだが4コマで目覚めたw
俺も男の子っぽいミライで十分です!メビたん(♀)が変身してると思っているしw
思い出してみれば、あのブンブンと手を振っているミライがかわいかったよw

>>222実写四コマのメビたんの「・・・・・・・」が好きだw

>>217萌えた!!!疑いや嫉妬することもまだ知らないピュアガールメビたんハァハァ


227 :名無しより愛をこめて:2006/12/04(月) 21:52:19 ID:5wC9npv1P
なにこの神スレ…
そろそろ保管庫が欲しいね。流れて行くのもったいない。
前スレのSSとかも併せて。

関係ないけどtp://www.seospy.net/src/up0333.jpg←これの四コマ目のメビの尻に萌えた。

228 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 00:22:36 ID:GXyQht3F0
ふわふわの続きが気になる…

229 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 00:34:20 ID:Lc6kMY1b0
221です。盛り上がってますねい^^今度どうなるか楽しみです^^
224さん225さん226さん>面白がってくれてありがとう〜^^
そういえば、、、タロウ教官の嫉妬はどうなったんでしょうか?

230 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 00:44:20 ID:CT+oYhndO
盛り上がっているところに水を差すようで申し訳ないのですが

306:名無しより愛をこめて :2006/12/04(月) 21:05:36 ID:WNb9wCbn0 [sage]
あっちのスレが、やおい女丸出しの馴れ合いになってるのが笑える。
せめてとりつくろえよw

307:名無しより愛をこめて :2006/12/04(月) 23:46:26 ID:BOxlRSxq0 [sage]
>>306
ネタが笑えるうちはいいが、そのうち内部崩壊するだろうよ
sageもアンカーもまともにできない厨だの顔文字多用厨もいるみたいだしな


こういった意見が出てきているので気を付けた方がいいと思います。

231 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 00:50:55 ID:vtFfvz0e0
>>230
なにか男である必要があるみたいですが、別に女でも構わないのでは?
一応書き手ですが女ですよ、明記はしてませんが隠すつもりはありません。

801板エロパロ板も覗きましたが荷が重いだけで、馬鹿にしてるつもりはない
というか別に自分が上等だと気取ってるつもりもないです。
エロ描写は苦手ですが、正直同類でしょう。
このくらいのスタンスが楽というだけです。

232 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 01:05:05 ID:FytUgmls0
性別を隠す必要が無いのも確かだけど、取り立てていう必要も無いと思う。
230さんは嵐に目をつけられないようにしようって言ってるだけだよ。

2chでは職人同士でレス付け合ってると、馴れ合いとか言われやすいんで、
作品を投下したら後は感知せず見たいな態度が好まれる。
後ネタスレはsageて目立たないようにやった方が、うるさいのを呼び込まなくていいと思う。
個人情報(性別も個人情報だ)をだすと揚げ足を取ったり、つつかれるポイントにされるから
余り自分のことを表に出さない方がいいと思う。
あくまで正体不明の名無しであるようにしたほうがいいんじゃない?

233 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 01:07:49 ID:vtFfvz0e0
>>232
でも女であることを取り繕うのが利口という内容ですよ、コピペ元。
正直、すごく不快ですよ、男なら許されるみたいじゃないですか。
どっちにしろろくなことじゃないけど、だからこそ性差を付けられるのはちょっと…。

234 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 01:13:17 ID:QKEMkvlnO
まあまあ仲良くいこうじゃ内科。
せっかくいい雰囲気なんだから。俺もSS書くよ!
リュウさん美少女ネタが、やりたいんだ。
ビキニでバズーカー担いで怪獣相手に戦うの。
誰か美少女漫画書き召喚汁。

235 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 01:36:27 ID:Lc6kMY1b0
試しに。。。何か問題あるみたいで。。

236 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 01:57:06 ID:Yn1U2IUX0
とにかく、sageを心掛けよう。
このところ、上がりすぎが気になってたところだ。

ふわふわの続きとか、新作を楽しみにしてるから。

237 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 02:14:15 ID:FytUgmls0
>>233
こうやってろくでもない妄想で楽しんでる分際で言うのもなんだが、考えが捻じ曲がってるヤツは何処にでもいて、そういうヤツに何言っても考えを改めることって無いと思う。
あなたが他スレの野次を真正面から受けて腹を立てる気持ちも分らなくは無いが、怒ってもエネルギーの無駄。スルースルーほうっておけ。
あと、全年齢板で21禁板の話は出さない。ここはここ、向こうは向こうで関係ないんだから。

作り手の性癖性別なんて興味ないな。
このスレではネタを共有して楽しむ事以外は何もいらないね。


238 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 02:23:12 ID:CT+oYhndO
変なのに目を付けられて分割前みたいなことにならないようにと思ったのですが、
皆様をご不快にさせてしまったようで申し訳ありません。

>ID:vtFfvz0e0さん
『女性』であること自体に問題はないと思います。
『やおい女丸出し』と感じさせる(それが例え向こうの思い込みであろうと)のが問題かと。
過度の馴れ合い、顔文字(特に2chではあまり使わないような)連発等は男性ねらーから腐女子認定される確率が高いのです。

ここは立てた人がアレだったのでスレタイに『腐女子』と入ってしまっているし、気を付けた方がいいのではと思った次第です…

239 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 03:26:00 ID:WHTfIm4Q0
今は職人さんのレベルが高いからいいけれど、あんまり度を超えた慣れあいレス続くと
ひとりよがりな勘違い投稿が増えるからな
スルーしとくと、かまって欲しくて乱発されるケースが多い
適度な距離感を持っていたほうがスレは活気を保って長続きするよ

240 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 08:50:04 ID:FnHlXTGs0
わざわざ2ちゃんの特撮版でやらなくても、
ブログかホームページ作って、そちらでやれば
いいと思わないでもないんですけど・・。
そうすれば、邪魔も入らないんじゃないの?


241 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 09:55:21 ID:R6ocZL320
こんな良(ネタ)スレめったにないのになんで茶々がハイっているんだ〜
自分はむしろこのスレにおんな臭さはまったく感じないんだが…
おっさんが集っているのかと。自分がおっさんだからそう思っただけか?

242 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 10:03:54 ID:4qpqC/JH0
自分もここに女臭さは感じないな。
向こうは職人さんがこなくなったからこっち叩いているだけだろう。
職人さん達、気にせず頑張ってください!

あと、ブログとかホームページだと、逆に来る人が減っちゃったり、
それこそ腐女子のみになると思うんだが。
多分、ここだからいいんだと思うよ。

243 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 10:05:54 ID:abl3TKhZ0
このスレ好きで、すごく良いと思っているんだが
顔文字は違和感あるなあ

244 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 12:00:55 ID:dud+6psh0
俺もwでもあまりにすばらしいのでスルーしてる。
あとアンカーかなw

245 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 12:08:39 ID:eSE72XRp0
気になっても、男性板だとあまり言葉遣いをうんぬんしないんですけどね。
女性板だとその辺がものすごい厳しい…、あれ(;´∀`)??

246 :サコミズ:2006/12/05(火) 12:14:32 ID:tyV747yHO
みんな、論議は済んだかい?
コーヒー飲んで落ち着いたら、またいつものみんなに戻ってくれ。
荒らしの心理攻撃に屈しそうになっても、決して優しさを失わないでくれ。
たとえその気持ちが、何百回裏切られようと…
あ、エース、また何か言いたい事ある?
君にも美味しいエスプレッソ入れてやるから、引用は許してくれよ…


247 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 12:24:11 ID:yMpeRMZI0
[「腐女子」よ怒れ! 石原慎太郎に!!^^]
ttp://midnight-run.iza.ne.jp/blog/entry/82350/
・・・(前略)石原慎太郎の今月の『日本よ』だが、その最大の問題点は、以下の一文にある。
<・・・子供たちの所持している携帯電話には規制の無いまま、売春や変質者の嗜好に応えて容易に多額の金を手にする手引きまでが盛り込まれている。
それらの情報は風俗の紊乱にとどまらず、若い世代の人間たちの人間としての本質を狂わせてしまいかねない。こうした状況は性愛に関していえば「体は手に入るけれど心が手に入らない」といった根源的な喪失を生み出してしまう。
今時の若い女の子たちが「腐女子」などと呼ばれるような徴候は、喪失以外の何ものでもありはしない。・・・>
 いい文章だよ。だがっ!おーい! 誰か、石原の慎ちゃんに【腐女子】という言葉の正しい意味を教えてやってくれぇぇええ!!!
産経新聞は、全国紙だべ? 編集者は、何で、この誤った言葉の使い方を、全国紙の一面でそのまま通しちゃったんだよ!
【これでは、あたかも「腐女子」が、援助交際に代表されるような行為をするタイプの女の子のようではないか!】
「腐女子」ってのは、そう言ったベクトルの女の子のことを言うのではない。
どっちかと言うと、いわゆる「オタク」の女の子に冠せられる言葉なのである。
石原慎太郎の「腐女子」認識は、腐女子(オタク婦女子)に対し、非常に失礼である。
産経新聞は、訂正記事を出さねばなるまい。(後略)

248 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 12:36:40 ID:Yn1U2IUX0
きらしてたけど、豆買ってくるよ。ちゃんと、コーヒー豆な。
コーヒー飲みながら、ネタ考えるよ。
たまに論議があってもいいけど、ネタあってのネタスレだからな。
性別年齢その他カテゴリー分けは要らないよ。
みんなで楽しくやりたいんだ。

249 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 12:40:37 ID:YSEWxGGZ0
「ばいんばいん」ワロタwwwww

ここは年齢&性別を問わず、
微笑ましい「おにゃのこメビ」を愛でる
ネタスレでいいんじゃないの?

エロパロはよそでお願いしたいが。


250 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 13:10:44 ID:NjcBmZaK0
昔大豆からコーヒーの代用品を作ったことがあると聞きましたが、あの節分豆を
ローストすればできるのかな?

251 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 14:43:50 ID:UWyYZBvG0
>>245
そんなことはない。ニュー速などそれだけで叩かれ対象になど。
ところで男板、女板なんてあるの?

252 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 15:32:12 ID:Lc6kMY1b0
「おにゃのこメビ」を愛でる みんなで楽しく。
賛成です。ぼちぼちネタでてくればいいですが。

253 :ネタじゃなくてゴメン:2006/12/05(火) 20:27:04 ID:Y2tkAEtd0
―群青の光と影より―

「このスレは活気を取り戻したのに…このスレのノリを愛しているのに…
 その同志たちの心を…ヤツは踏みにじった!」
「みんなさぁ…ガラにもなくアツくなるなよ」
「このスレをあんな風に言われて、あなたは何とも思わないんですか!?」
「そりゃ、俺だって悔しいって。悔しいに決まってる…
 けどよ、他スレの連中がどう思おうと、気にする事ぁねえ。
 この俺が、誰よりもこのスレを愛してるし、この想いは宇宙の誰にも負けねえ!」

…昨夜からの流れ見てて何となくこんな会話が浮かんだ。空気読めてなかったらすまない。
メビへの妄愛は全く揺るいじゃいないので、今後もネタ書かせてくださいね。

254 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 20:49:57 ID:gp+Znnar0
(・∀・)イイ!!

255 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 20:52:43 ID:QKEMkvlnO
メビたん出さなかったか、違うところで書いたら、スレ違いといわれた、ネタ書きます。

256 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 21:45:46 ID:+lH3p19G0
>>249
ばいんばいんな教官
ttp://2ch-library.com/uploader/src/mona4582.jpg

ついでにスレンダーでエロい教官
ttp://www.101fwy.net/tokub/src/1165156835129.jpg

タロウという名前ゆえににょたは厳しいが
教官のエロさだけはガチ

257 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 22:07:34 ID:TKmaHfmp0
>256
ぶはっ!いやこれはまた強烈なお宝画像がwwww
そんなに母の手作り料理が旨かったのか?
それとも地球での戦いが酷だったのか?
30年でここまで発育するなんだ。
メビたん、あきらめるな!

258 :ファーストコンタクト1:2006/12/05(火) 22:23:16 ID:GXyQht3F0
おにゃのこらしく、リリカルに。学園ものでも。お目汚しですみませんが。


光の国にて、タロウは盛大に溜息をついた。
(ったく、兄さん達がいなくなったからっていきなり地球から呼び出されて、
しかも待っていたのはセブン兄さんの後任で訓練所の教官!
更に人に教えるなんてやったことないのに教官筆頭だとう?!どういう人事してるんだ?!)
訓練所のグランウンドの側を、辞令を片手に時折足を引きずり、地団駄を踏み、
とにかく時間をかけて歩いていく。グラウンドの真ん中では、訓練生達が受身の授業をしていた。
受身といっても基礎の基礎だ。先日入ったばかりの新入生だろう。
授業終了のチャイムが聞こえ、「ありがとうございましたー!」と元気の良い声が聞こえる。
(俺も数十年前ぐらいは、ああして授業を受けていたっけ)
解散する訓練生達を眺めていると、一人足を引きずるようにしてい歩いている生徒がいる。
引きずるといっても、周りの者は気付いていないし、教えていた教官も注意を向けていない。
離れてはいたが、多分タロウぐらいしか気付いていないのではないか。
(大丈夫かな?)
とは思ったものの、タロウはそれ以上生徒の姿を追わず、職員室へと向かった。

259 :ファーストコンタクト2:2006/12/05(火) 22:54:18 ID:GXyQht3F0
タロウが教官職についてから、二日経った。
まだ今期は始まったばかりで、しかも筆頭教官は最上級生だけを受け持てば良いらしいので、
今のところ混乱はない。
授業の教材を探そうと資料室へと向かっていると、丁度その資料室から出てきた生徒がペコリ
と会釈をしてタロウとすれ違う。
(あれ?)
通り過ぎた微かな違和感に、タロウはすれ違った生徒を振り返る。注意して見なければ
わからないような、足の引きずり方。
「まだ治ってなかったのか?」
「え?」
いきなり声をかけられた生徒は、資料をバサバサと、よりにも寄って足の上に落とした。
「あいたっ!」
「だ、大丈夫か?!」
慌ててタロウは近づいて、しゃがみこんでしまった生徒を支えた。資料を足の上から退ける時に、
軽く表面を触っただけだが、生徒は酷く辛そうなうめき声をあげた。
(まさか・・・・)
そっと足首の上に手を置くと、かなり熱かった。
「何の治療もしていないのか?!」
怒鳴るようなタロウの声に、生徒は一瞬肩を竦ませた。
「・・・・はい」
「どうして!」
「その、治癒力を高めるのにいいかなと思って・・・・」
上目遣いに恥ずかしそうに答えるその姿と、言われた言葉の内容に、
一瞬タロウの頭の中はウニになった。
「・・・・何考えてるんだ、このバカーーーー!!」


260 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 22:55:36 ID:Lc6kMY1b0
おもしろくなってきましたね。これからもよろしく。
ttp://www.seospy.net/src/up0338.jpg

261 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 23:04:28 ID:FytUgmls0
>>260
ちょwwwwタロウの待ち受けwwwww

262 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 23:08:24 ID:DpAluqfZ0
大穴サコに走りそうだwwww>>260
はねっ髪メビたんハァハァ

学園ものの中間にスマソ。続き楽しみにしてる。

263 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 23:20:01 ID:Yn1U2IUX0
>>256
これぞ、ばいんばいん!!凄すぎる。
>>260
おゝとりさん、カッコヨス。レオ兄さんネタが欲しくなった。
他力本願はいかんよな。脳味噌雑巾絞りで、何とかならないだろうか。

264 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 23:21:05 ID:eSE72XRp0
>>260>>262
というか、サコミズさんが素敵すぎるです(;´∀`)

265 :名無しより愛をこめて:2006/12/05(火) 23:54:52 ID:Lc6kMY1b0
263>脳みそしぼります。レオさん辺りで。

266 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 00:08:09 ID:L3GeenfL0
>>256
にょたに名前は関係ない!・・・と言いたい。
タロウえろいよタロウ(;´Д`)ハァハァ
タロウ教官ってば技も身体もダイナマイトだな

267 :ふわふわ16。:2006/12/06(水) 00:11:28 ID:HtxOXqcI0
>>89>>112>>143
80「めっ、めめめめめ、メビウス・・・?」
レオ「なんで山羊(アッパー喰らう)、いたい」

メビ「先生ーっ!(抱きっ)」
80「あああ、どうしようどうしよう、可哀想に可哀想に(おろおろおろ)」
レオ「なんで背ぇ伸びたくらいでそんなに慌てているんだ?」
80「・・・殴るべきかここは、それとも和むべきか」

レオ「で、多分つまりタロウのせいと。覚えてないのか?」
80「いやそこで唐突に真面目にならないで下さい」

――

ゾフ「で、80がお前を締め上げると息巻いているわけだが」
タロ「・・・あたまがいたいんです」
ゾフ「お前の意思だとよくわからんところがあるんだよな、そんな力ないだろ。
  私にもないし。実際になにをしたか思い出さんと終らんぞ」

268 :ふわふわ17。:2006/12/06(水) 00:12:01 ID:HtxOXqcI0
ゼノ「そーいうキャラだっけ、メビウス」
メビ「えー、なにがですかー?(くすくすくす)」
マッ「躁状態っていうか、ちょっと変だよ、大丈夫?」

メビ「(じーっ)マックスさんは、姿を変えてても僕ってわかったんですね」
マッ「うん、ゼノンが話してたし」
ゼノ「だって俺の姉妹がどうとか言われてたのに」
マッ「内容でわかるって」

メビ「タロウ教官は全然わかんなかったのになァ」
ゼノ「いや、なんか言動が本当に女の子みたいだから」
メビ「やだな、どこがですか?(にっこり)」

マッ「笑ってるんだけどなんか怖い」
ゼノ「意外と勇気あるよな、マックスって。俺じゃ怖くて言えない」
マッ「自分で言い始めといてなに言ってんのΣ」

269 :ふわふわ18。:2006/12/06(水) 00:12:35 ID:HtxOXqcI0
マッ「僕ら以外には内緒になってんの?」
ゼノ「そんな感じだな、まあ、俺が成り行きで知ってたせいかもだが」
マッ「あ、手ぇ振った。なんで皆わからないのかなぁ」
ゼノ「おーおー、浮かれとる浮かれとる。でも雰囲気違わないか?」
マッ「それはあるけど、でも・・・っと」

ゼノ「あれ、隊長がこっち来るって珍しいな」

――

ゾフ「マックスやゼノンはともかく、あまり人目に付くのは・・・」
メビ「(じーっ)じゃあ、戻ります」
ゾフ「いやいやいやいや、そういうことでなくな」

メビ「事勿れ主義(ぼそっ)」

270 :ふわふわ19。:2006/12/06(水) 00:13:06 ID:HtxOXqcI0
ゾフ「タロウ、本気でお前なにをしたんだっ!」
タロ「いきなり駆け込んできてなんなんですか兄さん?! 一応病に、」
ゾフ「外見の問題なら珍しくもないと思っていたが別人だ、あれでは」
タロ「いや、珍しくなくはないかと」

ゾフ「正直、どうにかなるだろうとタカを括っていたが、甘かった」
タロ「あの、本当になにがそんなに」
ゾフ「なにもあんな突き刺すような目で言わなくても・・・っ」

タロ「全然聞いてないしっ」

――

タロ(メビウスに会いたいなぁ・・・)
  (もういっそ、突き刺されてもいいや、それはそれで)

 なんでそんなに拘るんですか?

271 :ふわふわ20。(一時停止):2006/12/06(水) 00:13:38 ID:HtxOXqcI0
――

80「なんでそんなにメビウスに拘るんですか? 一体」
タロ「え、そう?」
80「自覚ないんですか、ホントに」
タロ「誰だって後輩は可愛いだろうに」
80「ええ、ええ、だから一人だけってのがよくないと思うわけです」

タロ「・・・さあ」

――全く逆に、貴方は僕を小さくしたかったんですよね?

タロ「そんなことは、ない・・・と思う」

――だって、そう言ったじゃないですか?

タロ「メビ・・・っ、あ」

272 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 00:17:48 ID:HI2zYrmt0
ふわふわ キターー!!
ずっーと気になってたんだよ。ありがとう

273 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 00:30:50 ID:KViEGbh+O
ふわふわキタ―――!!!!!

>>266
誰がうまいことを言えとry

274 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 00:55:05 ID:oh0lGhxP0
ふわふわ面白い^^引き込まれる。

275 :期間ネタ:2006/12/06(水) 01:29:13 ID:gaks+BB80
―セリザワ収監後偽ツルギ出現。ミライはリュウより一足先に現場に向かう―

ミライ「リュウさん、ちゃんとセリザワさんと話出来たかな…ヒカリがあんまり
  出しゃばらないといいんだけどな… →あくまで健気
  そう言えば、『ババルウ星人はああ見えて実は女だって説がある』って、
  テッペイさん言ってたっけ(僕より物知りだ…)。
  でも光の国のあの事件の時って、僕ら訓練生や一般の人は地下深ーいトコに
避難させられてたから、上の様子見えなくて実物ババルウ見た事ないし、
何故か兄さんたちはあの事件の事聞いても微妙に口濁すし…
  (特に上の5人と、レオ兄さんが微妙…)ホントなのかな?」

ヒカリ出現!〜〜戦い略〜〜ババルウ正体を現す!

ミライ「あっこれがババルウ星人!…声とか動きは男みたいだけど、確かに胸に
  『♀』ってマーク付いてる!…ん?…胸???」
思わず左手をふりかざすミライ。しかしヒカリはミライを制す。

ヒカリ「待て!この戦いは、俺が決着をつける!」
ミライ「けど!(ああ、横に並んで比べてみたいのにっっ!)」→いい勝負だと思われ

―何かこのネタ、画像の方が面白い気がする(暗に比較コラ画像リクエスト)


276 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 04:53:02 ID:P1DTjDpMO
http://www.youtube.com/watch?v=ct6351aTz10

277 :ばいんばいん3:2006/12/06(水) 06:48:18 ID:HI2zYrmt0
急いで作ったから、粗くてスマソ
ちょっとでもアップしたと思いたい乙女心
ttp://www.seospy.net/src/up0341.jpg

278 :277訂正:2006/12/06(水) 07:00:17 ID:HI2zYrmt0
ttp://www.seospy.net/src/up0342.jpg
失礼しました

279 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 07:04:49 ID:L31KhZwf0
>>277
あれ、見れないです。

280 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 07:07:07 ID:L31KhZwf0
>>278
今度は見られました。
優越感にひたれるなんて滅多にないから、よかったねメビたん。

281 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 08:43:24 ID:HtxOXqcI0
>>278
バーニングのほうがふくよかでは( ´∀`)?

282 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 14:35:00 ID:oh0lGhxP0
277>匠の世界!よくできてます。

283 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 16:38:23 ID:qh9lgJln0
>278
ささやかな勝利だが、よかったね、メビたん。
さあ、今夜も腕立て伏せ100回!

284 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 19:22:13 ID:oh0lGhxP0
ttp://www.seospy.net/src/up0343.jpg
>263
レオネタ。。。悩んだが。。。こうなった!許せ!

285 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 19:45:12 ID:7Uus9wOKO
>>284
三コマ目の二人の表情に吹いたwww大丈夫か光の国www


次回本編は『ミライの妹』だけど、このスレでは『ミライの兄』って話ができそうだな
誰とは言わないけど

286 :ファーストコンタクト3:2006/12/06(水) 21:06:41 ID:saEmIf2U0
284> 兄さん達ってば・・・・ww ミライの刺繍は微妙らしいので、取られなくて良かったね、レオ兄さんw


タロウは生徒の膝裏と脇に手を入れて、軽々と体を抱え上げた。
「きゃ・・・・」
「何、女の子みたいな悲鳴をあげているんだ?」
「みたいって、あの・・・・」
「そりゃ多少恥ずかしいかもしれないが、警備隊員になろうって男がそんなことでどうする!」
「いえ、その・・・・はい」
観念したように黙った生徒を抱え、タロウは保健室へと向かった。
「すみませーん、急患でーす」
だが、返事はない。そのまま中に入ってみたが、誰もいなかった。
タロウは仕方なく生徒を手近なベッドの上に座らせると、屈んで足首にリライブ光線を当てる。
「わあ、すごい・・・・」
痛みも腫れもあっという間に引いていく。生徒は感嘆の眼差しでタロウを見た。
「こんなものかな?でも、怪我をしてから時間が経っているから、完治はさせられない。
後でちゃんとメディカルセンターに行くんだぞ」
「はい、ありがとうございます!」
タロウは近くにあった椅子を引き寄せると、生徒の正面に座った。
「どうして治癒力を高めるなんて考えたんだ?」

287 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 22:29:30 ID:HtxOXqcI0
だ、大丈夫ですよね|∀`)にょき
先を楽しみにしてます、切れ目がわかるとありがたいですー;

288 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 22:32:07 ID:L3GeenfL0
リライブキター!
いいよね、癒しの教官

289 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 22:45:12 ID:/6M9dW9kO
ミライの妹の名前がカコ・・・じゃあもう一人くらい
「イマ」とか「ゲンザイ」とか居そうだと考えてしまい、
その瞬間0.05秒で「・・・ゲン!?」に思い至り、更に10マイクロ秒で
レオ兄さんがガッツポーズしてる図まで脳内に思い描いてしまった・・・orz


290 :ファーストコンタクト4:2006/12/06(水) 22:47:59 ID:saEmIf2U0
「はい。えっと、警備隊員になったら一人で惑星赴任することもあるんでしょう?
現地の治療が受けられないようなことがあっても、自己治癒力が高かったら大丈夫じゃないかなって・・・・」
タロウは頭を抱えた。
「そういう時は一時帰還するんだ。事件が続行中の場合はちゃんとに代理の者が派遣される」
「でも、遠い惑星に行ったら・・・・」
「高学年になったら空間移動の訓練がある」
「そうなんですか?!」
「そうなんだよ!」
なんだか疲れた気分になり、タロウは溜息をついた。これは他にも思いつきのトンデモ修行をしてそうだ。
「いいかい?これからはそんな思いつき修行なんてしないで、わからないことがあったら俺のところへ来い」
「えっ!いいんですか?でも教官、お忙しいんじゃ・・・・」
『教官』と呼ばれて、タロウは自分の立場を思い出した。子供っぽいこの子に合わせて、ついつい
光太郎と合体していた頃に子供達を相手にしていたように接してしまったが、自分はここの筆頭教官なのだ。
「大丈夫だ。教官室の鍵は開けておくから、何時でも質問に来ていい」
生徒は花が綻ぶ様に表情を輝かせる。
「ありがとうございます!!
僕、メビウスっていいます!」
「メビウスか。地球では無限を表す言葉だ。君の可能性そのものだな」
タロウはメビウスの頭に手をやると、ぐるぐると回して遊ぶ。
「や、やめてください〜〜!」
「はは・・・・」
しばらくメビウスの目を回してやっていたタロウは、ふっと思い出した。
「しまった!君の資料、廊下に放りっぱなしだ!」
「・・・教官って、結構鈍感なんですね」
まだ揺れているメビウスをちょっと睨みつけて立ち上がる。
「今持ってきてあげるから」
「あ、大丈夫です。自分で・・・・」
「もう少しそこにいなさい」
有無を言わせぬ口調で言い置くと、保健室を出て行く。
(変な子だなあ。あんなんで訓練について行けるかな?)
もちろん、後にメビウスが主席卒業して地球に行くなど、タロウは知る由もなかった。

291 :名無しより愛をこめて:2006/12/06(水) 23:52:23 ID:9Gd8/cD90
びみょ〜ウケタw>>284

ココのSS読んでるとだんだんタロウ兄さんに思いを遂げて欲しい気になってくるw

292 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 01:12:24 ID:rrYQ+4NN0
タロウの愛って博愛ってか広く浅くな感じがするから、このスレのタロウみたいに何かに
執着してるのは新鮮な感じがする。
そこがなんか面白いな。

あと、メビウスが一応男の子なのに女の子要素を持ってるやつとか、完全に女の子設定
なのとか色々あって楽しい。


293 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 01:27:11 ID:mxmDi7MU0
>289
何だかシンミリしますねえ〜。キャラ設定でこうもイメージが膨らむものかと、
タロウ教官の路線を変えたくなります。

294 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 07:56:48 ID:k8U8kK8w0
最近マックスとゼノンがホッパー兄弟に見えてきた

295 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 16:45:46 ID:mxmDi7MU0
レオネタ考えていたら思いついたmadです。みゆき節と「故郷のない男」
ttp://www.youtube.com/watch?v=55RS0WvhCsc

296 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 19:47:27 ID:mxmDi7MU0
雑音を修正。
ttp://www.youtube.com/watch?v=CXdZy_yOhag

297 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 21:09:07 ID:3gZ5odM/0
>>296
観る前、「みゆき節」〜「故郷がない」→「『異国』か?」と想像した後ろ向きな俺orz
あと、「銀のリュウ」→ウルトラマンになったリュウを想像した;
冒頭のモノクロがイイ!GJ!!

298 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 21:12:30 ID:CVS7QhJO0
 296でYouTubeへ早速飛んだら、
おめでとう! 999,999th visiter、ここをクリック!
 がでてきたんだけど、リアクションする前に障害発生で速効PC落ちた。
 ひょっとしてタロウ兄さんの呪いか…orz 
 169からの流れに散々笑い転げたからなぁ。
 記念に画面保存ぐらいしたかったのに…orz

 銀の龍:メビタンとレオ様に再度癒されてまいります。
 何度見ても最後の笑顔がイイ!!


299 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 21:31:37 ID:mxmDi7MU0
>298 pop押したらいけません。。。

300 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 21:42:35 ID:CVS7QhJO0
 >299 メビタンの加護だったんですね。PC落ち。

 タロウ兄さん、濡れ衣ごめんなさい。

301 :黒幕SS:2006/12/07(木) 22:03:07 ID:eH8I8IT0O
世間では、真の黒幕は、やれエンペラだ、ジュダだと言ってる間に、メビたんに恐ろしい影が!

「ムキー!!何よ今月の、ウルトラレディ7は!話題の乙女メビウスですって!」
ダーラム「カミーラ様、怒ると皺が…」バキッ( 殴)
カミーラ「いいこと!年増の母や暴力王女なんかより、このナイスバディな私の魅力になぜ気付かないのよ!」ヒュドラ「ズバリ性格が…」ドゴッ (蹴)
カミーラ「お前たち!この小娘に目にモノ見せてやるのよ!」「泣かせてやりな!」イーウィルティガ「偽イラネ〜♪」
ダークファウスト「ロボイラネ〜♪」ダークメフィスト「妄想イラネ〜♪」ダークザギ「俺たち極悪〜」全員「ワルトラ兄弟〜」

302 :セカンドコミュニケーション1:2006/12/07(木) 22:13:25 ID:yMRO1SiA0
296>冒頭のモノクロと無音が凄くいい! レオ兄さんの笑顔にはタロウ兄さんも叶わないか?!

290のラスト、書き直したい・・・・orz
「女の子だと知る由もなかった」って・・・・


タロウの教官室の扉が、コンコンとノックされた。
「開いてるよー」
「失礼します」
「なんだ、レオか」
入ってきたのは、先日のヤプール事件の折、タロウと同時に召喚を受けたレオだ。弟のアストラも一緒だった。
「悪かったですね、タロウ筆頭教官」
「やめてくれよ、その言い方」
「訓練所の中じゃ仕方がないでしょう、タロウ兄さん」
「棒読みだなあ。まあそっちの方がまだいいや。で、何の用?」
「職員会議だって。俺は出なくていいけど」
レオは格闘実技教官だったが、非常勤講師だ。実際には警備隊の方から出向している形になる。
「やれやれ、仕方ない。行く・・・・」
     トントン
遠慮がちなノックの音がした。タロウはそれを聞き漏らさず返事をする。
「どうぞ」
「あの、こんにちは・・・・」
扉の影から幼い姿を見せたのは、先日出会ったメビウスだった。
あれからなんとなく気にかかっていたタロウは、メビウスの姿を見て莞爾と微笑んだ。
「メビウス。どうしたんだい?」
「えっと、その、基礎体術で課題を出されて、上手くできなくて・・・・
ごめんなさい!お仕事中でしたよね!」


303 :セカンドコミュニケーション2:2006/12/07(木) 22:17:01 ID:yMRO1SiA0
「ちょっと待った!」
慌てて踵を返すメビウスの腕を掴む。
「仕事中かどうかは私が判断する。勝手に早合点するんじゃない。
だけど今はちょっと会議が入ってしまって・・・・」
「基礎体術なら俺が見てやろうか?」
側に来たレオが声をかける。メビウスは初対面の相手に、少し戸惑いの視線を向けた。
「体術師範のレオだ。高学年の非常勤講師をしている」
レオは少し屈んでメビウスに視線を合わせると、ニッと笑ってみせる。
「は、初めまして!メビウスと言います!」
メビウスは勢い良く頭を下げた。
「それじゃあレオ、頼んでいいか?」
「ああ」
タロウはメビウスの腕を離すとレオの方に行くよう促す。
「メビウス、来てもらった早々悪いけれど、レオに見てもらってくれないか?」
「はい!」


304 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 22:21:24 ID:yMRO1SiA0
すみません、また続きます・・・・orz

305 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 22:22:44 ID:ZUEbQJcg0
あーい、楽しみにしてます(´∀`人☆
ちょっと前の警備隊スレのSSに似てますね、形式違うけど。

306 :305:2006/12/07(木) 22:23:27 ID:ZUEbQJcg0
すみません、養成所スレでした。

307 :黒幕2:2006/12/07(木) 22:25:12 ID:eH8I8IT0O
メビたんは砂場で山造り、トンネルを掘ってます。
「ふん〜ふん〜♪」

ダーラム「メビウス!」
ダークメフィスト「我々の挑戦、受けてみろ!」
ヒュドラ「俺たちゃ極悪ウルトラ兄弟、杯躱した」
イーウィルティガ「欲望の赴くままに世界を動かす」
ダークファウスト「ちょちょっと!何で一緒に山造ってんですか!ダークザギ様!」
ダークザギ「ザギ〜〜♪」
メビたん「かいつぅちま〜ちゅ」トンネルほり。
ヒュドラ「メビウス!無視すんな!」頬を掴み引っ張る

308 :名無しより愛をこめて:2006/12/07(木) 23:01:15 ID:mxmDi7MU0
>302 おお。レオ登場。34話と繋がりそうな展開。

309 :レオリングで思いついたネタ:2006/12/07(木) 23:58:35 ID:3gZ5odM/0
―ディレクションルームにて(ミライはパトロール中)

マリナ「ジョージ、どーしたのその指輪!サポーターからのプレゼント?」
ジョージ「まあな…だけど、何かサイズでか過ぎてなぁ…誰かもらってくんない?」
マリナ「うーん、デザイン結構ゴツいからあたしはパス」
コノミ「私も無理かな〜」
テッペイ「リュウさんなんか、意外と似合うかもしれませんよ」
リュウ「俺かぁ?(ガラでもないと思いつつ少し乗り気)ちょい貸してみ…
んー、確かにデカいけど、親指ならサイズばっちしだぜ」 ←まんざらでもない

ミライ「只今戻りました!皆さん何盛り上がってるんです?…え?リュウさん、その指輪…」
リュウ「おうミライ、結構似合ってるだろ?」
ミライ「…リュウさん…親指に…そうだったんですね…」゚・*:.。. .。.:*・゜゚・つД`)・゚・ワーン
ジョージ「おい、どこ行くんだよ…あ、聞こえてない」
マリナ「…どうしちゃったのミライくん?」
テッペイ「半泣きで行っちゃいましたね…」 >メビウース!窓の外閃光
コノミ「あ、変身して飛んでっちゃいました!」
リュウ「しゃあねーなー、行って来るわ」 ←何だかんだと気になる

―その頃ウルトラの国・宇宙警備隊養成所(昼休み)

タロウ「おいそこの!その親指の指輪は何だ?」
訓練生「あ、教官すみません…彼女からもらって嬉しくて、つい」
タロウ「没収は許してやるが、訓練中は外しておけよ。でも何で親指なんだ?」
訓練生「僕らの世代では常識ですよ、親指の指輪は『彼女がいます』のサインってのは」
タロウ「ふーん、今時の若いのはそうなのか…」  ←十分この人も若いはずだが
 (地球だと薬指とかだろうが、レオも左手薬指だし、星によって色々と違うもんだな…
 ん??何か胸騒ぎが…まさか、メビウスに何か!?)

―タロウ、千載一遇のチャンスに気付け!リュウがメビに追いつく前に!


310 :黒幕3:2006/12/08(金) 00:04:39 ID:tG0OJ5Y8O
>>301>>307の続き
「ふにゅ〜ん(涙)」
ヒュドラ「いいかメビウス!これを見ろ!」
リュウ「いきなり捕まっちまった!」「俺に構うな!」メビたん「やっちゃってください」


一同「へ?」
メビ「だって、リュウさんすぐ怒るし、約束守らないし、デリカシーないし…」
コノミ「メビちゃん!幼稚園のみんなの為がんばれ!」
マリナ「バイクに乗せてあげるから!」
ジョージ「世界戦アミーゴ」
テッペイ「豊満手術してあげますから!」
みんなの想いがメビたんの心に炎を灯した!


覚悟完了。


バ ー 二 ン グ   フ ァ イ ヤ ー

こうして悪は吹き飛んだ。サコミズ「リュウ助けるの忘れてるよ。メビウス」
ダークザギ「ザギ(仕方ないね)」

311 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 01:53:16 ID:bg2fOdl/O
>>tG0OJ5Y8O
もうあっちのスレから帰って来なくていいから。

312 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 01:55:21 ID:tG0OJ5Y8O
せっかく書いたスレが落ちてしまった…
ジャミラのホンが…
落ちるのイヤだからあげます。

313 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 07:00:49 ID:tG0OJ5Y8O
みんな、あげてすみませんm(__)m。
でも、たまには、上げたほうが落ちなくていいと思うから本当にごめんなさい。






>>311そういういい方は止めてほしい。
出来た頃からココでいました。
向こうは、過疎ってくると他のイタイ人をネタにするから、書いておいたほうがいいかな、と思っただけで、分離してからは向こうにはいってません。
そういう失礼ないい方は、遠慮してくださいね。

314 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 08:42:49 ID:oLQRg6cM0
一日一回以上の書き込みがあれば上げる必要はないよ。
sageでも保守は可能。

315 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:01:31 ID:r7lcTeba0
>>tG0OJ5Y8O
向こうも見たけど全年齢板なのに露骨なエロ投下。
ちょっと前に一悶着あって過敏になってるスレ間で何故こんなことするのか理解に苦しむ。
向こうでこのスレをヲチしてる人もいるみたいだから、こっちから向こうへ嫌がらせととる人もいるんじゃないのか?

311も気に入らないネタはIDで消去するなりしてスルーすることにしようよ。


316 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:28:33 ID:tG0OJ5Y8O
何で自分ばかり叩くの?
スルーとかいやらしいこといってなんでバカにするの?
向こう全年齢板?えげつないことばかり書いてあるんですが?何で?
向こうの人が自分達で盛り上がらず、人の悪口とかで盛り上がるからでしょう。私が悪かったです。すいませんでした。
なんでいじめるの?>>315に言われて傷ついた。

317 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:34:55 ID:tG0OJ5Y8O
向こうが過疎るから、こちらを叩きたくなるから、 気を使ったら余計なお節介ですいませんでした。
もうこの話は終わりにして下さい。

318 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:44:08 ID:bg2fOdl/O
あのさ…316って「板」と「スレ」の意味わかってないよね?
だったらここはおろか、他スレにもカキコしない方がいいよ。
知らず知らずのうちに、スレ住人たちを
ドン引きさせてる恐れがあるから。

319 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:48:28 ID:Cn3YiB7fO
というか特撮板は全年齢板なわけで、露骨な性描写ものを書くならpinkに行った方がいいと思う。
たしかに露骨な性描写をしているのはあなただけではないけれど、向こうはどっちかっていうと荒らしのしたことだから皆スルーしていたんじゃないかな?

320 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 12:55:04 ID:Qar3yLRY0
たまに見て職人さんたちの腕に惚れてるが、ココ数日正直ドン引きw
良い意味で化けて欲しいスレッドなんでsage進行でひっそりとがんばってくれ。

321 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 13:21:29 ID:Nm9AEOQ/0
>309
・・・といっても、リュウさんと離れるのがイヤで、
フェニックスネストの裏山でぐすぐす泣きべそかいた後、
いつもの見晴らしのいい公園へやって来たミライ。
それを見越して、ちゃんと先回りして待っているリュウさん。

そして二人は・・・

寄り添って景色を眺めていると、背後でなにやら爆発音が。
リュウ「ん?何だ?花火か?」
ミライ「きっと花火ですよ」

二人は知らない。
それがタロウ教官が成層圏で放った、
嫉妬のプチダイナマイトであったことを。

〜完〜

322 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 13:32:22 ID:hxBHpxW80
321>GJ! 

やっぱりネタはいいやね、ネタは。

323 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 14:13:53 ID:sGzDIhKJ0
>>321
サイコー!それでこそタロウ!
おかげで気分が良くなりました


324 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 14:19:36 ID:+rgRigUe0
>>303さんのコミュニケーションシリーズのタロウとレオの関係がとても魅力的なので、
モチーフを借りて、ちょろっと書かかせていただきます。

放課後の教官室。
レオとタロウの二人が仲良くアイスクリームを食べている。

レオ「アイスなんて懐かしい。しかも、ミルクの味が濃厚で、めちゃくちゃうまいな。
   これ、隊ちょ…じゃなくてセブン兄さんが?」
タロウ「そう。地球暮らしが恋しいだろうし、なれない教官の仕事も大変だろうって、
   たまに名産品を送ってくれる。
   レオにはこの間メビウスのことで世話になったからな、おすそ分け。」
レオ「隊ち…、セブン兄さんも、ああ見えて、けっこう弟思いのいい人なんだな」
タロウ「そうかな…? セブン兄さんは、俺には厳しかったよ」
レオ「確かに厳しいよな。おれも地球にいた頃は、あの人から散々しごかれた。
   今でもときどき、ジープに追いかけられる夢を見るんだ…」
タロウ「そうだろ? だいたいセブン兄さんは、ゾフィー兄さんやマン兄さんといっしょになって、
   すぐお前は甘ったれてると説教はするし、おまえ一人でやれって助けてくれないこともあったし、
   何かにつけて末っ子扱いして、いろいろ押し付けてくるし。」
レオ「…………」
タロウ「だけどさ、俺もこうして教える立場に立つと、少しは兄さんたちの苦労っていうのも
   分かるような気がしてきたよ。」
レオ「…………」
タロウ「どうしたんだ?急に黙り込んで」
レオ「いや、別に」

325 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 15:12:48 ID:d/WRRE810
>321 プチダイナマイトwww 笑えました! 

326 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 19:32:30 ID:asMD73Hf0
>>321

思い出の場所の夜景見つけました
ttp://home.m04.itscom.net/masa0904/yakei/kana/takatori.html

どのあたりにプチダイナマイトがwww

327 :黒幕4:2006/12/08(金) 20:40:10 ID:tG0OJ5Y8O
カミーラ宮殿内。
カミーラ
「で、お前たちは、どの面さげて戻ってきたの」(怒)こめかみピクピク
イーウィルティガ「失礼な!我らは成果を上げてきました!」一同胸を張る。
カミーラ「ほぅ・ならば聞こう、いかなる成果か?」
ダーラム「フェニックスネストにピンポンダッシュかましました」
ヒュドラ「メビウスの部屋に侵入して布団に入りハアハアしました」「カミーラ様のブラを机の上に置いて精神的ダメージを与えました」
イーウィルティガ「私は基地の食堂でカレーを食べました。無論メビウスにツケ回しで」
Dファウスト「メビウスのお絵描き帳に落書きしました」
Dメフィスト「テッペイの怪獣人形にサンガッツやアマプロのパチ怪獣を混ぜておきました」

カミーラ
貴 様 ら 一 辺 死 ん で こ い !


328 :黒幕5:2006/12/08(金) 20:48:55 ID:tG0OJ5Y8O
病室。
メビたん
「はい・リュウさん・あーんして・あーん」
リュウ
「看病されちまった」


?「また二つ命を持ってくる時がこようとはね」
コーヒーを飲む。

アパート
ダーグザギ「ザギ(おかわり)」食事中。
ヒルカワ「何でお前いるの」

329 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 22:23:14 ID:QiJ/Gju70
>326
曇ってて見えないぽ。
晴れてたら、きっと宵の明星あたりかと。>ぷちだいなま〜いっ!

330 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 23:05:32 ID:asMD73Hf0
>>324
セブンに対して「兄さん」と微妙に言いにくそうなレオw
ちゃんと再会した光景が見たいものです(第一声はどんな言葉かな?)


331 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 23:21:37 ID:d/WRRE810
タロウ教官の苦悩は続きますw
ttp://www.seospy.net/src/up0356.jpg

332 :名無しより愛をこめて:2006/12/08(金) 23:23:34 ID:oLQRg6cM0
>>331
80先生にまで妬きますかw

333 :セカンドコミュニケーション3:2006/12/09(土) 00:38:44 ID:YEebi1CV0
タロウと一緒にレオとメビウスも教官室から出てグラウンドに行った。
「それで、何が上手くできないんだ?」
「はい。三点蹴りの仕方がなってないって言われて。でも、鏡を見ながらでも何処が悪いのか良くわからなくて」
「ふーん、ちょっとやってみろ」
「はい」
練習用の標的の前に立ち、上段、中段、下段と、順番に蹴っていく。
「もう一回」
「はい」
メビウスが上段に足を振り上げた途端、軸にしていた足が蹴飛ばされた。
「痛っ!」
そのまま尻餅をついたメビウスは、びっくりしてレオを見上げた。
「バランスが悪い、足首が安定していない、軸がずれている」
腕組みをしたレオが上から見下ろす。
「ほら、ぼさっとするな!続けて練習しろ!」
「は、はいっ!」


334 :セカンドコミュニケーション4:2006/12/09(土) 00:39:32 ID:YEebi1CV0
さっきまでの気さくさが一瞬で消え失せたレオに戸惑いながら、メビウスは立ち上がった。
「肘をそんなに上げてどうする!」
「毎回違う軌道で足を動かすな!」
「上体を曲げすぎているぞ!」
怒鳴り声と共に姿勢の悪い箇所に次々と蹴りや手刀が叩き込まれる。
(も、もう・・・ダメ、かも・・・・)
殴られた箇所は関節が痛み、休みなしで続けられる為、頭がぼーっとしてくる。
何度目かのダウンの時に、ついに視界が真っ暗になった。
瞬間、冷水が全身に浴びせられる。
「ひゃあっ?!」
反射的に身を起こすと、
「まだ立てるのか」
と背後から声がかかった。振り返るとレオがウルトラ水流の構えをしている。
「まだ立てるなら続けろ」
「あの、でも、もう足が・・・・」
「今は練習だからいい。倒れてもな。だが、これが実戦だったらどうなる?
おまえが倒れた時が死ぬ時だ。おまえだけならまだいい。
それは同時に、おまえが守ろうとする者も死ぬ時になるんだぞ!」
メビウスはその言葉に歯を食いしばって立ち上がった。
(そうだ、僕は誰かを、皆を守りたくて警備隊に入るんだ・・・・!)
震える足を叱咤して、再び構えを取る。
「せやーーー!!」
「前に屈みこむな!」

335 :セカンドコミュニケーション5:2006/12/09(土) 00:40:24 ID:YEebi1CV0
タロウは配布された書類を手に、レオとメビウスを探していた。
「何処で特訓してるんだろう?」
メビウスに課題の内容を聞いておけばよかったとちょっぴり後悔しつつ、グラウンドを見渡す。
バキッ!と、やけに小気味良い音が響いた。
「あれは・・・・!」
音のした方へ首を巡らせると、的を蹴り砕いたメビウスが倒れていくのが見えた。
「メビウスーーー!!」
レオの腕の中に崩れたメビウスは、疲労困憊でかたかたと震えていた。
タロウは二人の側に駆け寄ると、そっとメビウスを自分の方に引き寄せる。レオは特に異を唱えずに
メビウスを手放した。
「レオ!メビウスに何をしたんだ?!」
「蹴りの基礎です。それ以外何も」
「何もって、基礎でこんなになるものか!
大丈夫か、メビウス?!」
メビウスは数秒かけて、やっと頷いた。呼吸をすることすら激痛を感じるのだ。
(レオ師範、厳しすぎ・・・・)
「だ、い、じょ・・・ぶ・・・・で、す・・・・」
リライブ光線は傷を治すことはできるが、体力の回復や筋肉の疲労には使えない。
「メビウス!」
完全に意識を失ったのが僅かに増した重みでわかる。タロウはレオを睨みつけた。
「レオ!」
「タロウ兄さん、メビウスを心配するより、褒めてあげたらどうなんですか?」
「え?」
「こいつはちゃんとにやり抜きました」
言って満足そうに折れた的を見上げる。
「だからって、何もここまでやらなくったっていいだろう!メビウスはまだ体だってできていないんだ!」
「それこそ『だから』ですよ!自分で警備隊に入ると決めた奴が、これぐらいこなせなくてどうしますか!」
そのまましばらく睨み合うが、視線を外したのはタロウだった。
「ともかく、しばらく特訓はなしだ!」

336 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 00:42:14 ID:bGuMr1FB0
>>331
なんかたくさんキャラがいてすげぇお得感が…wwww
しかしタロウは大変だなぁ…
もう俺は、メビウスはタロウの嫁にしてあげてもいいと思っているよ…w

337 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 00:45:04 ID:YEebi1CV0
324>なんだか嬉しいです。こんなキャラ設定でよければ、じゃんじゃん使ってください。

331>タロウ教官、壁紙メビたんじゃないよね?

338 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 00:51:01 ID:bVn02BvF0
337>今回はデッスプレー上に写ったタロウ教官の表情をだしたかったので。。。

333>この頃から。。。厳しいレオ非常勤!「その涙はなんだ〜!」が頭をよぎる

339 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 00:54:03 ID:mxiFeZX50
ダン仕込みの鬼特訓キター!
34話で顔合わせた時ビビってたのはそーゆー事かw

340 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:12:22 ID:bGuMr1FB0
ちょっとアンカーについて

レスをするときは,この掲示板では>>や>を数字の先に置くとリンクされて見やすくなりますよ。
逆さアンカーはときとしてアラシの恰好のネタになってしまうので要注意です。
例:>>338

341 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:14:20 ID:bVn02BvF0
>>340
こういうことですか?成功したら、これからそうします。

342 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:16:42 ID:Hkv6bjLn0
まとめサイト立候補します。
何か要望とかありますか?
うぷろだ設置とか。

さば確保と雛形が出来たらまたお知らせに参ります。

343 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:17:05 ID:bVn02BvF0
アンカーってこういう使い方が。。。

344 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:24:18 ID:bGuMr1FB0
GJです!成功w>>343
あっち(元いたスレの方)でちょっと言われていたので、提案させて頂きました。
こっち楽しいから良スレのままでいて欲しくて。

345 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:32:59 ID:/ZSDVWPn0
>>342
ありがとうございます。
続き物とか多いので、スムーズに上から順に読めるといいと思います。
ブログ形式みたいなのだと、古い物が下になるから、ちょっと読みにくいかと。
好意に甘えて、僭越ながら。

346 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 01:40:45 ID:bVn02BvF0
>>342
ほんと!ありがとうございます。
個人的にはうぷ出来るところあると、うれしいです。
4コマも改めて修正したいのもありますので。


347 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 02:31:12 ID:YFQkjxhX0
>>342
ありがとうございます、お疲れ様です
検索避けを入れていただけると嬉しいです

348 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 13:42:34 ID:wYv9DJPwO
今日メビウスが放送休みで悲しい想いをしている君たちへ。
>>59-60




オチ修正
サコミズ「ガイズ・サリーゴー」
一同疲れてて萎えながら
「じ〜ぁぃ〜じ〜」
リュウ「んたくよぅ誰だ、怪獣がマラソンしろなんて言ったヴァカは」
一同
お 前 だ よ 馬 鹿

349 :セカンドコミュニケーション6:2006/12/09(土) 18:17:33 ID:YEebi1CV0
意識が浮上していくのがわかる。ふっと目を覚ますと、先程までいたグラウンドではなかった。
(あ、れ・・・?僕、どうしたんだろ?ここ・・・・僕の部屋?)
ここ数日で見慣れ始めてきた寮の自分の部屋に、メビウスは寝かされていた。
起き様とするが、体がまるで金縛りにあった様に、指一本まともに動かすことができない。
(な、何コレ?!一体どうして?!)
だるさや痛みを通り越した体の状態に愕然とする。それでもなんとか体力を消耗しながら腕を伸ばして力をこめる。
途端にベッドから転がり落ちた。
(た、立てないどころじゃないよ・・・・!)
「大丈夫か?!」
「メビウス!」
部屋の扉が開いて、両隣のマックスとゼノンが飛び込んできた。
「あ・・・マックス・・・ゼノン・・・・」
「無理に起き上がろうとするな」
二人が体を支えて、なんとかベッドによりかからせてもらう。
「おまえ、タロウ教官に連れてこられたんだぜ」
「タロ・・・きょーかん・・・・」
「『無理に特訓させてすまなかった』と、気絶しているおまえをお姫様抱っこで連れてきた」
(えっ!ま、また?!)
脱力しきっている筈なのに、頬が好調していくのがわかる。だが、二人はそれに気付かなかったようだ。
「もう寮中大騒ぎだよ!おまえ、どうやって筆頭教官に特訓してもらったんだ?!」
「明日の授業は出なくて良いそうだ。ゆっくり休め」


350 :セカンドコミュニケーション7:2006/12/09(土) 18:18:34 ID:YEebi1CV0
「ちが・・・教官、じゃなくて・・・・」
声を出すのすら億劫で、視界がまだぐるぐる回っている気がする。二人はメビウスにタロウが来た時の大騒ぎっぷりとかなりの脚色を含めて話した。
「でもやっぱり筆頭教官の特訓って厳しいんだな。オレ、最上級生になってもついていけるかなあ」
「それは心配しなくていい。最上級生は個別指導だ。おまえがタロウ教官に当たるとは限らん」
ゼノンはマックスに至極冷静にツッコミを入れるとメビウスの方を向いた。
「メビウス、どれほど厳しくとも、ここまで運んでくれた礼は言った方がいいと思う」
「おれい・・・・?」
「そうだ」
(そっか。レオ師範にも、お礼言わないと。最後まで見ていてくれたんだし。
それと、タロウ教官にも・・・・)
先日抱え上げられた時の浮遊感が戻ってきたようで、メビウスは引き掛けた頬の熱がまた戻ってくるのを感じた。
「よし、オレとゼノンで付き添ってやるからな!」
マックスが下心ありありの表情で申し出る。新入生からしてみたら雲の上の人に再び会えるのだ。どんな口実も作る。
「うん。ありがとう・・・・。明日、授業も出るよ」
「はあ?!」
「無理をするな。立つどころか這うこともできないだろう?」
「でも、お礼、言いに行くなら、授業にだって、でなきゃ。実技だけ、見学すれば・・・・」
マックスとゼノンが顔を見合わせる僅かの間に、メビウスの意識は再び薄れていった。

〜続く

351 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 19:01:43 ID:bVn02BvF0
>>349
どんどん深くなってストーリー。いいですね。

すこし過去の話を。。。ありがちですが、許せ!w
ttp://www.seospy.net/src/up0366.jpg

352 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 22:11:07 ID:mxiFeZX50
>>351

サコ「リュウをよく見るんだメビウス!ほら、目つきが… ←必死のフォロー
 ていうか、これではTVより早いタイミングで『あの男』が到着してしまいそうだ…」

―リュウ、謝れ今すぐメビに謝れ!メビ泣かせた罪でダイナマイトの標的になりたくなかったら!

353 :名無しより愛をこめて:2006/12/09(土) 22:17:35 ID:71e2fxYI0
まじかよがまぶしい!に見えたw
うおっまぶしっ

354 :ふわふわ21。:2006/12/10(日) 00:41:54 ID:XLINLNdh0
>>89>>112>>143>>267
メビ「目が覚めました? 来るなって言われてたんですけどね(にこ)」
タロ「・・・その顔で笑うな」
メビ「偽者なんかじゃないですよ? だってこれは、」

タロ「笑うなと言っている! 首を吹き飛ばすぞ!!」

メビ「どうして、怒るんですか?(すっと手が伸びる)」
タロ「・・・」

メビ「後ろめたいから?(にぃ)」

タロ「メビウス・・・、なんで、そんな、本当に」
メビ「やだな、もうちょっと怒ってて下さらないと」

 ガ・・・ッ

メビ「やりにくいじゃないですか、いろいろ」

355 :ふわふわ22。:2006/12/10(日) 00:42:30 ID:XLINLNdh0
――上空

レオ「・・・なんだぁ?」
80「逆にほっとしましたね、メビウス相手じゃあ私もやりにくい」
レオ「ってか、なんじゃその重装備?!」
80「タロウの監視についてたんだから仕方ないでしょうが」
レオ「メビウスって速いんだっけか、前からやってみたかったんだよな」
80「ああもう、これだから肉弾派は、」

 トン

メビ?(にっこり)

レオ「テレポーテーション?! 新人が使えるはずが」
80「もっと悪い・・・、単に跳んできてますよ」
レオ「うえ、見えるの80」
80「体は付いていかないんですけどねっ」

メ?「・・・(ぱくぱくぱく)」
レオ・80「へ?」

356 :ふわふわ23。:2006/12/10(日) 00:43:04 ID:XLINLNdh0
メ?『声帯機能がないの忘れてました』

レオ『・・・ザザ・とちゃめ・・・』
80「レオ、ノイズ入ってます; 多分普通に喋ったほうが」
レオ「って、いくらなんでもテレパシーくらい人並みに使えるんだが」
80「肉声に偽装していたほどです、あちらが強すぎて掻き消されるのかと」

レオ「ほぅ、昼よりか美人さんだな」
80「似てはいますけど、もう別人ですね。って、なにが美人ですか!」

メ?『楽しそうですけどー、聞いてます?』

レオ「それで? タロウをどうするつもりだ」
80「だからなんでそこで先に真面目に戻っちゃうんですか」

メ?『すぐにお返ししますから(にっこり)』

357 :ふわふわ24。:2006/12/10(日) 00:43:35 ID:XLINLNdh0
80(なんであの細腕でタロウが抱えられるんだろう;)

メ?『細いって酷いです、そんなでもないですよ?』
80「へ?」
レオ「いや、一瞬でもそれ取られると面子に関るんで、返してもらうよ」
メ?『どちらかというと、私とやりあいたいくせに』

レオ「その通りだ、とりあえず空中戦嫌いだから降りて欲しいな」

メ?『誰がそんなことを聞くと』
80「もちろん落ちていただくしかないんですが、私ごと」
メ?『きゃ・・・っ?!』

レオ「おーおー、見事な落ちっぷりというか潰されてどうするよ80」

358 :ふわふわ25。(一時停止):2006/12/10(日) 00:44:06 ID:XLINLNdh0
 とん

レオ「よっ、と(馬乗りで首を押える)」
メ?『・・・重いですね』
レオ「力はわからんが速すぎて付いて行けないものでね、残念だ」

80「それどころじゃ・・・けほっ、タロウ、起きて下さい、タロウ!」
レオ「なんで? 姿が変わってもメビウスのウエイトじゃ」
80「そんな見た目でも声帯機能すらないんですよ、忘れましたかっ」

メ?『(む)油断を誘いにくい人たちですね』
レオ「ほぅ、すごい顔をするな、メビウスがベースに見えん」
メ?『ベースもなにも、当人ですよ』

80「耳を傾けないで下さい、なんだか言ってることが妙だ」
レオ「こっちの思考を読んでる節があるよな、そう細かくでもないが」
80「わかっていたんですか」
レオ「そんなこと知るか、訓練生のやんちゃでも止めるのは同じだ」

359 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 01:27:38 ID:H3a+zGpj0
ふわふわキターー!!

この事件の謎はどうやって解き明かされていくのか?!
続きが楽しみ〜!

360 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 01:46:11 ID:20o/rgkS0
何か、すごい世界を覗いてる気がする>ふわふわ
ファンタジーのようでもあり、ホラーのようでもあり…とにかくイイ!

361 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 01:55:15 ID:+vcaYRgj0
>>354
お題目以上に幅が広い気がする。どうなるんだろう。。。
いろんな作者の世界観があってイイです!

362 :342:2006/12/10(日) 03:05:44 ID:84edi/xc0
火曜日まで不在なので暫定的なものをUPしておきます。
ttp://vaxim.80code.com/
robot.txt、metaタグなどロボ検索避けはしてあるんですけど、不安なんでパスワード制限もかけてあります。
ユーザー mebius、パス infinity です。

CGIは間に合いませんでした。戻り次第用意します。

注意点が厳しくなってしまったのがちょっと気になりますが、おおっぴらに出来ない内容なのも確かなので許してください。
内容の追加、削除など、指摘があれば考え直します。

ネタレスの掛け合いが多いスレなので、4コマとか画像投下後のレスの応酬とかが反映できなかったです。
SSも同じシリーズはまとめるか、投下の区切りで分けるかで迷います。
この辺は表示方法も含めて帰ってから考ます。
中途半端ですまん。


363 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 08:06:06 ID:qaT3OY3o0
 GJ! ありがとうございます!

364 :人形の正しい使い方:2006/12/10(日) 13:42:42 ID:H3a+zGpj0
メビウス「タロウ教官・・・いえ、タロウ兄さん。僕、ずっと以前から兄さんのこと・・・・」
タロウ「メビウス!それは私もだ!」
     だきっ!

ゾフィ「これはブルーマウンテンのピーベリーじゃないか!よくこんなものを・・・」
マン「この間お歳暮で貰ったんですよ」
レオ「うわー、インスタントラーメン!懐かしいなあ」
セブン「たまにはこんなのもいいだろう」
エース「何時もチーズじゃ飽きますからね」
セブン「何か言ったか」
エーズ「いいえ」
ジャry「ところでタロウは?」
80「さっき兄さん達が持ってきたお土産のソフビ人形を持って部屋にひっこみましたが・・・」
マン「あいつも一人前になったと思ったら、お土産にソフビ人形とは・・・・」
セブン「なんだかんだでまだまだ子供だなあ」

タロウ「くそう、このメビウスはウエストが太い!次!」

タロウ兄さん、ソフビ人形サイズにミクロ化中v


365 :人形の正しい使い方:2006/12/10(日) 13:44:19 ID:H3a+zGpj0
>>362ありがとうございます!
こうなると、SSタイトルのないのが勿体ないですね。

366 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 15:37:56 ID:+vcaYRgj0
>>362
ありがとうございます!

367 :勝手に人形続き:2006/12/10(日) 16:06:39 ID:20o/rgkS0
タロウ「うぉっ!このソフビはかなりの再現度だ!腰骨の位置といい、
  微妙なバストサイズといい(爆)…メビウスーーっ!」
  きゅう〜  …しかし、何かが足りない…
タロウ「ああ、腰に手を回して欲しい…(ソフビなので『前へ倣えポーズ』が精一杯)
  くそ、もうちょい肘曲がってくんないかな、うんしょ…わわっ!」
 勢い余って肩部分からぽろんと腕がもげてしまうメビウスソフビ…タロウorz

―一方その頃、地球では

メビ「ヘァァッ!」
コノミ「あっ、ツルギの攻撃が当たっちゃった!?」
テッペイ「いえ、紙一重でかわしたように見えたんですが…もしかして、
   この前のレオとの戦いのダメージが残ってるのかも…」
メビ(何だろ…さっきから妙に腰のあたりムズムズすると思ったら、
   いきなり肩外れたみたいな痛みが…)


368 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 20:53:05 ID:gqUaZvqXO
タロウ教官がどんどん変態にwww

369 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:08:25 ID:VbYkPUsf0
嗚呼、本編の格好いいタロウのイメージがガラガラとw

370 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:22:05 ID:XLINLNdh0
>>362
ありがとうございます!
細かいんですが、文字がもうワンサイズ大きいと嬉しいですかも…。
この辺は好みなのであくまで一意見として聞いておいて下さい(;´∀`)

371 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:35:00 ID:+NJcmnzW0
光の国に「もうそうウルトラマンメビウス」が登場するのは時間の問題か?

372 :セカンドコミュニケーション8:2006/12/10(日) 21:35:51 ID:H3a+zGpj0
ノックの音と一緒に、控えめな言葉がかかった。
「教官、いますか?」
タロウは慌てて教官室のドアを開けた。
「メビウス!」
両脇をマックスとゼノンに支えられたメビウスが、力のない笑みを浮かべている。
「どうしたんだ?!ああ、そっちの二人も一緒に入りなさい」
タロウはメビウスを抱え上げると、マックスとゼノンを促す。
「・・・・僕、いつも教官に抱っこされてますね」
「二人で支えるよりもラクだからな」
かなり広い教官室のソファに座らせられる。両隣に駆け寄ったマックスとゼノンが座った。
「どうしたんだい?」
「その、昨日のお礼に・・・・タロウ教官が寮まで連れてきてくださったと聞いて・・・・」
「あれは私も悪かった。まさかレオがあそこまでやるとは思わなくて・・・・」
「え?昨日の特訓って、タロウ教官じゃなかったんですか?」
付き添いの二人は目をぱちくりとさせた。
「昨日は私がレオに頼んだんだ。会議が入ってしまってね」
「でも、レオ師範のお陰で、今日は課題が出来たし、やっぱりタロウ教官のお陰です」
「課題って、まさか授業に出たのか?!」
また無茶をする・・・と、タロウは目を見開いた。
「課題の実施の時だけです。後は見学と、座学は出ました」
尤、座学はほとんど寝ていたようなものだったが。それでも、蹴りの実技課題を行った時は、
あれほどフラフラだったのに標的の前に出ただけで背筋が伸びたのには驚いた。
「それで、メビウスのヤツ、一人だけ標的を蹴り壊しちゃったんですよ!先生もびっくりしてました!」
まるで自分のことの様に自慢するマックスに、タロウは微笑んだ。
「そうか。良かったな。後でレオにもお礼を言わなくちゃいけないね」
「はい!」

373 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:36:05 ID:Kjym4hjf0
 そのソフビ、殆んど呪いの人形と化しとらんか?
 …もしや屋封流堂製!?

374 :セカンドコミュニケーション9:2006/12/10(日) 21:36:35 ID:H3a+zGpj0
トントンと、またノックの音がする。今日は来客の多い日だと、タロウは思った。
「はい、どうぞ」
「入るぞ」
少々慇懃な物言いと共に、ゾフィーがレオやアストラ、80と共に入ってきた。
「ぶっ!」
「あわわ・・・」
「ぞ、ゾフィー隊長が・・・・」
新入生三人は、現れた豪勢な顔ぶれにガッチガチに緊張して身を寄せ合う。
「ゾフィー兄・・・いえ、隊長。どうなさったんですか?」
「来週の最上級生の本隊との合同訓練のことで来たんだが・・・・取り込み中だったかな?」
「あ、あの、それじゃ僕たちこれで・・・・」
慌てて立ち上がりかけたメビウスだが、まだ一人で立ち上がれず、見事に素っ転んでしまった。
「だ、大丈夫か?!」
(うわああん、隊長の前で転んだーーー!!)
慌ててマックスが助け起こすが、メビウスの頭の中はそれどころではない。周りの大人達が、一斉に笑った様な気がした。
「直ぐ済むから、そのままで構わない」
ゾフィーは微苦笑と共に一年生達を軽く制すると、蟹座宙域で起きた内紛の制圧に力を貸して欲しいとの
要請があった為、合同訓練が延期になると言った。
「詳しいことはここに書いてある」
「隊長自らメッセンジャーですか」
「ただの気晴らしさ。ここのところ、ずっと本部に詰めていたからな」
「お陰でフェンス越しに護衛がこっちにバトンタッチだ」
レオが軽く肩を竦める。軽く流された視線が一瞬メビウスとかち合い、面白そうに笑っているように見えた。
(あ・・・・)
「では、失礼するぞ」
「はい、ありがとうございました」

375 :セカンドコミュニケーション10:2006/12/10(日) 21:37:40 ID:H3a+zGpj0
ゾフィーに続いて出て行こうとするレオの背中に、メビウスはしがみ付くように追いついた。
「どうした、おちびちゃん」
「あ、あのっ!昨日は、ありがとうございました!! お陰で上手くできました!」
「そうか、良かったな」
レオはメビウスの頭を撫でると、微笑ましそうに見ているゾフィーやアストラ、80と共に退室していった。
まだよたついているメビウスを、タロウが背中から支える。
「偉かったぞ。辛い特訓の後お礼を言うのは、中々難しいからね」
「はい、ゼノンが教えてくれたんです」
メビウスはそう言ってゼノンを振り返ると、今度はゼノンがその場でぶっ倒れた。
「わーー!ゼノンーーー!!」
マックスが大声を上げる。
「ちょっ、過呼吸?!窒息?!」
タロウは慌ててゼノンの背中を叩く。
「大丈夫、ゼノン?!」
タロウの応急処置で、ゼノンはやっと息を吹き返した。
「一体どうしたんだ?何処か具合が悪いのか?」
「ぞ、ゾフィー隊長は、私の憧れの人なんです。それで、つい息を止めてしまって・・・・」
「いや、止めるなよ」
マックスがビシッとツッコミを入れる。
「た、大変だね・・・・」
メビウスは何と言っていいかわからず、それだけ口にした。憧れの人が目の前にいるだけで窒息したら、
自分は今頃酸欠で死んでいる。
「・・・はははっ・・・!君達は面白いなあ」
タロウは三人の背中を軽くトントンと叩いた。
「また何かあったらおいで。こっちは何時でも大歓迎だから」
「はい!ありがとうございます!」
お礼を言って退室していく際、タロウはメビウスが立ち上がるのに手を貸し、耳元でそっと囁いた。
「今度はちゃんとに僕が見てあげるよ」
「・・・・はい」

376 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:40:55 ID:H3a+zGpj0
やっとメイン登場人物が全部出せたー!

次はフォースインパクトとなります。
サードライフは、ちまちまと平和な養成所の学園生活なので、単発として気が向いた時に書きます。

377 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 21:50:41 ID:Kjym4hjf0
 …orz
 わって入ってスイマセン。リロすりゃ良かった。

378 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 22:33:12 ID:0CMhjLG90
>367
それきっとBGMヒーローズのメビウス・・・
3Dスキャナー使ったと言う超絶再現度ですので。うふ。

>375
耳元で囁く教官、テラヤバスwww

379 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 23:38:26 ID:+vcaYRgj0
ttp://www.youtube.com/watch?v=RmVLjOCDr1I
32話をネタにここのスレに合わせようとしてんですが。。。
こんなんなりました〜w

380 :名無しより愛をこめて:2006/12/10(日) 23:49:47 ID:H3a+zGpj0
>>379 ごめん、どの編がここのスレに合っているのか良くわからない。

381 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 00:00:54 ID:6RljddEi0
>>380
削除します。。。ですよね。

382 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 00:34:35 ID:6GIZi7vj0
>>379
まだ見てもいないのに消すなよ


383 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 02:17:36 ID:FT6f8y7d0
>>375
ちょwww耳元ってwww
やばいけどカッコイイ!
昔の教官を少しだけ思い出した。

タロウ「キレイだね」
メビ 「ええ、(この髪飾り)昨日買ってきたんです」
タロウ「いや、君のことだよ」
メビ 「え・・・・そ、そうですか?(ポッ)」

さおりさん口調はメビたんには合わないので改変
タロウ教官のセリフは本編そのまま

教官はそーゆーのが上手な人だと思います。

384 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 02:47:15 ID:6RljddEi0
>>375
ゾフィー登場。キャラの幅が膨らんで、いろんな展開が想像できそうです。
>>382
出来た物がスレと合わない別物になっていたので、申し訳ない!

385 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 12:42:46 ID:NShNwoKp0
>>384
どんなものだったか見たかったな。
>>380はスレに合ってるかどうか分からないと言っただけで
出来が悪いとかスレ違いとか一言も書いてない。
すぐに消す事はなかったと思うよ

386 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 12:48:40 ID:GKm1VEcT0
そういえば、このスレの最初のMADは総集編を作ろうとしたら愛のメモリアルに
なっちゃったっぽかったですねぇ(*´∀`)ヒョウタンカラコマ?

387 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 16:55:16 ID:qUPYYnq60
>>384
例えスレと合わなくても、観てみたかった!
「出来上がったら、何か違う」なんて、MADに限らず自分にはよくあることさ(…遠い目)
>>386
この場面を入れよう、いやいやこっちも捨てがたい〜なんてやっていたらば、到底4、5分に収まらず
ファイヤーシンボルにテーマを絞ろう、と思ったまではまだマトモだったんだ
流しっ放しのMedia Playerから、「Secret of my heart」が聞こえてくるまではね
そうして編集画面を見ていたら、不思議空間が発生し……
人生万事塞翁が馬?とにかく、このスレがあって助かった

388 :6番目の男1/4:2006/12/11(月) 16:55:53 ID:c8GYaKeL0
ある冬の日。兄たちのウルトラサインに呼び出され、ミライは再び神戸を訪れた―

ミライ「兄さんたち!お久し振りです」
ダン「おお、よく来たな。この星にもすっかり馴染んだみたいだな」
郷「いい顔つきになったぞ。前より少し背伸びたか?」
北斗「おいおいそこまで子供扱いしなくても…そういえば、仲間に正体バラしたんだって?
  最近の若いのは大胆だなあ」
ミライ「え…いけない事だったんですか?」
ハヤタ「まあまあ、時代は変わってくんだし…それより、今日はメビウスに会わせたい人がいてな」
ミライ「会わせたい人?」

前に訪れた時にも乗船した客船・コンチェルト。兄たちに促され、ミライはある男の前に進み出た。
船長服に身を包んだ、涼しげな眼差しの男。年の頃は、北斗より少し若いくらいか。
ミライ「は…初めまして。クルーGUYSのヒビノ・ミライです」
男「ああ、話には聞いているよ…初めまして。私はこの船のキャプテン、東光太郎だ」
ミライ(ん?どこかで聞いた事が…え?え?まさか!?)



389 :6番目の男2/4:2006/12/11(月) 16:59:48 ID:c8GYaKeL0
ミライ「ま、まさか、タロウ教官!?(わ、声が裏返っちゃった;)」 。
光太郎「…懐かしいな、その名前。そうか、彼はキミの教官なんだね」
ミライ「…彼?どういう…事です?」
ハヤタ「実はねメビウス…私たちと違って、タロウは彼の中にはいないんだ」
ミライ「じゃあ、今は…」
光太郎「彼の赴任中の最後の戦いの時、自らの意思で変身能力を封じたんだ」
北斗「すごかったんだぞ。最後は人間の力だけで、怪獣を倒したんだから」
ミライ「本当ですか!?初めて聞きました…すごいです!」
光太郎「…ウルトラマンの力に頼らず、人間として、生きていきたいと思ったんだ。
  彼もそう望んだ…だが、事情が変わってしまって」
ダン「私たちがここにかかりきりになってしまったから、光の国の後進指導者が手薄になって…
  その辺りの経緯は、何となく覚えがあるだろ」
ミライ「ええ、何となく…ですが」
光太郎「彼は、私の負担を考えて分離してくれた。私自身が、『地球人』としての拘りを
  持っていたのを、彼は察してくれたんだ」
ミライ「…じゃ、タロウ兄さんが地球に来た時も」
光太郎「あえて、キミの兄さんたちのように一体化はしなかった。…と言うより、
  タロウから私には何のコンタクトもなかったんだよ」
郷「光太郎くんの地球人としての意思が強い事を知ってたから、タロウも遠慮してたようなんだ」
光太郎「だから、前にキミがハヤタさんたちとこの船に乗った時も、あえて会わなかった。
  今の私は、ウルトラマンでも何でもない訳だし、もうその力を得る事もないと…
  でも、キミたちと共にタロウが戦う姿を見てると、正直血が騒いだよ。何だかんだ言っても、
  彼はかつての私の半身…いや、一心同体だった訳だしね…。
  今では、もしまた彼が地球に来る事があるなら、その時は私の所に来てもらって構わないと思ってる。
  また、キミや皆さんたち、そしてタロウと共に、平和の為に力になりたい、また
  ハヤタさんたちの事を『兄さん』と呼んでみたい…てね」


390 :6番目の男3/4:2006/12/11(月) 17:02:34 ID:c8GYaKeL0
ミライ「…(感動して言葉も出ない)」
ハヤタ「人間体がないと、結構苦労するもんだぞ。『宇宙でアンチバリア張ったまま
  漂ってなきゃいけなくて、思ったよりエネルギー消費してしまい不覚をとった』って
  言ってたらしいし…あの時は連絡の行き違いで済まない事をした」
ミライ(…それ、インペライザーの時だ)
北斗「一度心身ともに一体化した事のある人間と、全く違う人間に憑依するのとでは、
  ウルトラマンの力の引出し具合も違うと思うんだ…上手く説明出来んがな」
ダン「私やメビウスにしたって、今更全然違う人間に擬態するなんて面倒臭いしな」
ミライ「面倒だなんて…僕は…」
光太郎「ハハハ、キミは真面目なんだね。モロボシさんも、若い子をからかっちゃいけませんよ。
  …おっと、そろそろ戻らなければ。ミライくん、次に会う時はもしかしたら、
  この姿でキミの教官として会う事になるかもしれないね」
ミライ「ハイ、その時はよろしくお願いします!いつかもっと色々お話、聞かせて下さい!」
光太郎「ああ、約束するよ。皆さん、タロウによろしく伝えてください。では、失礼」



391 :6番目の男4/4:2006/12/11(月) 17:08:37 ID:c8GYaKeL0
―光太郎が去ったあとのデッキ

ハヤタ「どうしたメビウス?ボーッとして」
郷「もしかして、惚れたとか?やめとけよ、あれで結構女泣かせだったんだぞ。
  本人は自覚してないかもしれんが」
ミライ「い、いえ、僕は…(確かに、色々圧倒されるくらい素敵な人だった…)」
北斗「確かに、若い頃はすごかったからな。今も、あまり衰えてないもんな」
ダン「見た目はともかく、タロウとそっくりなんだ本当に…猪突猛進、後先考えずムチャばかり。
  私たちも何度肝を冷やしたか…今の彼の雰囲気とは、想像もつかないだろ」
ミライ「そうですね…あの人…東さんと、僕の知ってるタロウ兄さんがまた一つになったら、
  どんな感じになるのか…って」
ハヤタ「案外タロウに感化されて、人間体年齢をものともしない熱血一直線野郎に
  なるかもしれんがな。その時は、教え子のキミが彼を止めてくれよ」
ダン「変身後はともかく、人間体でのモチベーションはゲン…レオ以上かもしれんからな」
ミライ「ええーっ、レオ兄さんより!?うわ…」
郷「おいおい、今から焦るなよ。またタロウが来るような事態って言ったら、よっ程平和な時か
  ものすごく大変な敵が来た時のどっちかしかないんだから」
北斗「後者は遠慮してもらいたいなあ」

―和やかに笑いあう兄弟たちを、澄み切った冬空が優しく見守る。
冷たくも心地よい潮風に上気した頬を撫でられながら、ミライは
兄たちの、そして光太郎の想いが叶う日が来るのを心から願った。

―end―


392 :6番目の男追記:2006/12/11(月) 17:33:35 ID:c8GYaKeL0
自分なりに光太郎不在の理由補完&出演希望の想いを書いてみました。
元々は別スレに投稿しようと書いていたんですが、
最近(いや最初から)タロウ兄さんをアブナいキャラにしてしまったもんで、
タロウへのお詫びもこめて、手直ししてこちらに投稿させていただきました。
故に萌え成分殆んどなくて申し訳ない…。

>>387
自分にはファイヤーシンボルがハートマークの
「バーニングラブ・ブレイブ」に見えましたぜwww

393 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 20:19:15 ID:+xGM/mVA0
278と284もう流れてる…orz


>6番目の男
ジーンときますた。しかしタロウは分離したせいで変態に…ゲフンゲフン

394 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 20:52:45 ID:FT6f8y7d0
このスレに感化されてMAD作りを始めたものだが
ここのMAD職人さんに質問。
窓スレ池って話かもしれないけど
画面左上の時間表示5:30はどうやって消してるんだ?
DVD借りるor買ってそれを繋げてるのか?
教えてエロイ人

395 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 21:12:26 ID:9HcPN2kC0
地域によっては出ないんだろ。
メビウスは放送時間バラバラだし。

396 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 22:52:14 ID:qUPYYnq60
>>388-392
>ミライ「い、いえ、僕は…(確かに、色々圧倒されるくらい素敵な人だった…)」
タロウ兄さん、これにも嫉妬するかな、とか思っちゃったよ〜〜orz
>>393
申し訳ない。今度はもうちょっと長く置けるところ探すよ。
上げ直した方がいいのかな。自分も、絵師さんの見たいし…
>>394
時間表示は2話以降出なくなった。けど、時々時報が入る。素材は録画のみ。
仕上がったら、ぜひ見せてください。

397 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:18:18 ID:6RljddEi0
ここの面白いところは、スレタイトルとは違って色んな人が、メビウスって点で
色んなこと想像するからなんですよね。お陰でタイトル観ただけで馬鹿にする奴は
こここないから、何か作ろうとしてた人にはいい場所思ったんです。自分はその口です。
個人的にはメビウスはネタで、色んな方向性がいいと思ってたんです。
ただ、今回のmadは内容が悪かった。。。「怪獣使いの遺産」でしたので、
おかげで別物になってしましました。なんで削除しました。
探せばyoutubeにありますのでよろしゅ〜。

398 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:30:41 ID:FT6f8y7d0
>>395
>>396
そうか。ありがとう
・・・うちの地方、早朝にやってんだけどずっと時報がでてんだよね・・・orz
ようつべからとってきた画像じゃ限界あるし。・・・まぁ仕方ないか


399 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:37:48 ID:c8GYaKeL0
>>396
実はタロウvs光太郎のバカネタ考えてました…バレちったorz

400 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:38:59 ID:GKm1VEcT0
>>399
大歓迎www

401 :380:2006/12/11(月) 23:46:17 ID:WUPG5ZEu0
すみません、自分が余計な事を書いたばかりに、>>379のmad見れなくてしてしまって。
madの出来はとても良かったと思います。

>>388〜392 GJ!光太郎さんは年を重ねても天然の女泣かせだと思います。
タロウ教官も合体中にその技術を盗んでくればッ・・・!

>>399 見たいのですがw

402 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:47:35 ID:qUPYYnq60
>>399
それはそれは!書いてくだされ!!
タロウvs光太郎 この組み合わせでしか出来ないバトルwww
(マンvsハヤタは無いだろうし)

403 :名無しより愛をこめて:2006/12/11(月) 23:48:53 ID:6RljddEi0
>>399
お陰でこのスレハマってます。色んな方の作品みてみたいです^^
タロさんはもう嫉妬キャラですし。。。

404 :フォースインパクト1:2006/12/12(火) 00:04:42 ID:WUPG5ZEu0
タロウは息抜きがてらに、校庭の散策路を歩いていた。学校の敷地内には、純粋に公園として遊べる場所があり、生徒も教員も憩いの場として使っている。
「あれ?」
公園のベンチでは、見知った顔が教科書とノートを広げている。
「メビウスじゃないか」
「ひゃい?!」
突然上から聞こえた声に、メビウスは握り締めたペンを取り落とした。
「タロウ教官!」
「どうしたんだい?今は授業中だろう?」
「はい、通信解析の先生が、急に本部に呼び出されて休講になってしまったんです。
だから、気持ちがいいからここで勉強しようかなって。
教官は学級閉鎖ですか?」
タロウの足元だけ、一瞬摩擦がなくなった。
「いや、私の方は最上級生が全員本隊との合同演習に出ているからね。
そうだ、通信解析だったら私が見てあげよう」
「え?いいんですか?」
「ああ。おいで」
メビウスは差し出された手を、少し戸惑ってから取った。

405 :フォースインパクト2:2006/12/12(火) 00:25:10 ID:NPd4FAxp0
80が頼まれた資料を持ってタロウの教官室に行くと、隅っこにメビウスがちょこんと座ってテキストを開いていた。
「メビウス、また来ていたのか?」
「あ、はい」
メビウスはここのところ毎日、放課後や空いた時間をタロウの教官室で過ごしている。
「いいんだ。どうせ今は暇な時期だしね」
奥の机で文書を作成していたタロウは、80の声にひょっこりと顔を覗かせる。
「ああ、これね。ありがとう」
資料を受け取るタロウとメビウスを見比べると、80はおもむろに口を開いた。
「タロウ教官、少し話しがあるのですが」
「ん?」
「メビウス、君は席を外してくれないか?」
「は、はい」
80の声に若干の厳しさを感じて、メビウスは慌てて教材を片付けた。
「いいよ、ここに居て。80、こっちで話そう」
「いえ、少し長引きますし」
「タロウ教官、後は図書館でやるから大丈夫です」
メビウスはそう言うと、ペコリと頭を下げてドアを閉めた。
「あ、あれ?うまく閉まら・・・・」
よく見ると、下にペンが挟まっている。屈んでペンを外すと、先日タロウがなくしたと騒いでいたものだった。
「タロウ教官、この間の・・・・」
「兄さん、もうメビウスはこの部屋に入れないほうがいいです」

406 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 00:39:15 ID:C3DTxNdo0
>>394
そこまで言ってくださったのなら、スレ違い覚悟の上で
ttp://www.youtube.com/watch?v=yEqM3xI0hFUです。
責めないでくださいね。自己満足なので。。。(しばらくこのurlです。)
>>394
自分はyoutubeのflvの動画をダンロードして、
フリーソフトでmp4にして、imoveHDで編集しています。
音も、youtubeからとってたflvを、フリーソフトでmp3(音)に分けて映像に合わせています。
時間と表示のない動画を素材にしてるので、問題はありません。
ただ、upの時点で圧縮されて解像度はおちます。
高解像度で作業したい場合は、ウインドウズ系でしょうね。dvdとかから取るとか。
macなので、そこのところ詳しい事はわかりませんが。



407 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 00:44:13 ID:C3DTxNdo0
前者は。。。
>>401でした。申し訳ない。。。

408 :突然ですが:2006/12/12(火) 05:54:24 ID:xcV+05rS0
>>50
>時事ネタなら幾つかストックがあるのだけど・・・クリスマスとかバレンタインとか。
ずっと時期を待ってたんで、そろそろ よろしくお願いします。

メビたん、初めてのクリスマス。リュウさんにプレゼント贈りたい。自分がもらうことは頭から抜けてそうだね〜〜〜

409 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 18:43:36 ID:C3DTxNdo0
ttp://www.seospy.net/src/up0387.jpg
ゾフィーさんも。。。w

410 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 20:02:19 ID:oDKJtALL0
>>405
何かどんどん続きが読みたくなるです。80先生どう出るか?wtkr

>>409
実は30話でメビが倒れてた時、サコの叫び(エコーつき)で目覚めたよね…
思わず「リライブボイスか!?」とか思ってた…

411 :じゃあクリスマスで1:2006/12/12(火) 21:11:47 ID:NPd4FAxp0
フェニックスネストにて

マリナ「もうすぐクリスマスよね〜」
コノミ「ミライ君、クリスマスって知ってる?」
ミライ「はい、クリスマスイブは大切な人とデートをして、クリスマスは家族と静かに過ごすと聞きました!」
ジョージ「おいおいアミーゴ、デートの意味をちゃんとわかって言っているのか?」
リュウ「まさか、ここの全員と『デート』じゃねえだろうな?」
ミライ「すみません、12/24はお休みいただけますか?」
全員「えーーー?!」


412 :じゃあクリスマスで2:2006/12/12(火) 21:13:54 ID:NPd4FAxp0
12/24 ミライ(自分なりに)おしゃれをして神戸に行く。背後から固まって尾行するメンバー。

マリナ(ミライ君、本当に休み取っちゃったよ)
コノミ(しかも神戸ですよ、神戸!ロマンチックですね〜)
テッペイ(ミライ君は最近、休暇の度にこっちに来ているみたいです)
リュウ(なんでそーゆーことをもっと早く言わねえんだよ!)
ジョージ(お、あそこの公園で待ち合わせているみたいだ)

ミライ「すみません、遅くなりました!」
東光太郎「いや、僕も今来たところだからね」

コノミ・マリナ(ナイスミドルーーーー!!)
リュウ(・・・・orz)

光太郎「寒かっただろう?君は寒さに弱いから」
ミライ「平気です!クリスマスって街がとってもキレイだから、これぐらい・・・・」
光太郎「それじゃあ、何処か暖かいお店で晩御飯を食べようか」

サコミズ「タロウ、急いで地球に来たほうがいいと思うよ」


413 :じゃあクリスマスでは:2006/12/12(火) 21:15:14 ID:NPd4FAxp0
もちろん>>392にインスパイアされました。

414 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 21:26:25 ID:C3DTxNdo0
>>410
確かにそうかも!もうサコミズさんゾフィー確定!w

>>411
意外な展開!どうなるんでしょう。

415 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 21:27:42 ID:5HoYRNVN0
>>412
わくわくわくo(^-^o)

416 :微妙にネタバレかもしれない:2006/12/12(火) 22:35:26 ID:oDKJtALL0
>>412
その頃フェニックスネスト
トリ「何だね、誰もいないのか?いつからGUYSは12/24が公休になったのかね!?」
マル「あの…私もそろそろ、その…妻との約束が…」
トリ「けしからん!もし今、怪獣が出たらどうするつもりだ!」
サコ「大丈夫ですよ補佐官。じき、すごい方がいらっしゃいますから」

すごい方「父祭りっていうから久々に来てみたが(サンタ姿)…皆どこに…?」


417 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 22:40:16 ID:Wf6AIaWU0
>>416
テレビじゃ父だけだが、
イブは父子揃ってサンタコスですね教官!←イベント

418 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 23:07:06 ID:C3DTxNdo0
>>416
父登場〜!wこの後、本当どうなるんだろう?w

419 :名無しより愛をこめて:2006/12/12(火) 23:58:01 ID:zDE4NUQV0
父はタロウ教官応援派なんだろうか

420 :フォースインパクト3:2006/12/13(水) 00:09:47 ID:SCIDo1xN0
「どういうことだ?」
タロウの声が低くなる。
「明日から最上級生が帰ってきます。
演習の後だから脂ものっているし、卒業試験に向けてピリピリしだすでしょう」
(そっか、最上級生が・・・・)
確かに今までは、タロウの時間が空いているから入り浸っているのが許されたが、
これからは本来彼が教えるべき相手が戻ってくるのだ。
「別に彼等と一緒にメビウス一人ぐらい・・・・」
「タロウ兄さん」
80の方が年上の様な声音で呼びかける。
「兄さんは教える立場になってまだ日が浅いんです。そんなに両立できるわけないでしょう」
屈んだまま80の言葉を聞いていたメビウスは、そのままの姿勢でそっと扉から離れた。
「80、できるかどうかはやってみなくちゃわからないだろう?」
「それでは教わる生徒の方が迷惑ですよ!結局、両方を疎かにしてしまう。
第一、まだ一年生のメビウスを、何故そんなに構うんです?」

421 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 00:13:14 ID:SCIDo1xN0
>>409 サコミズ隊長はゾフィー兄さんの遠隔操作ロボットですかww

422 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 01:14:16 ID:Ajjl+/+G0
>>421
難しいね。本編だと別々に行動してるみたいで、とか言ってサコミズ隊長は色々知ってる
みたいですから。。。ときどき、サコミズで無くなるのかなぁ〜ww


423 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 01:41:47 ID:wQCeM0IM0
>>422
以前、ゾフィーが姿を変えたサコミズと元々の人間サコミズの二人がいて
時々入れ替わってるんじゃないかという説を見て妙に納得した覚えが・・・

424 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 11:21:39 ID:Ptlx5RUy0
>>422 きっとコピーロボットで後でおでこタッチしていると思う。

425 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 16:10:07 ID:P6rADrcq0
ムラムラするよ

426 :帰ってきたNo.6 1/3:2006/12/13(水) 20:28:30 ID:FKfdQ7be0
光太郎「ただいま〜」 ―玄関先でコート脱ぐ
さおり「あなた、お帰りなさい。お客様が来てるわよ」
光太郎「ほう、今日は客人が多いな。昼間ハヤタさんたちと会ったばかりなんだ」
―靴脱いで廊下を進み、ダイニングへ
さおり「まあ、そうだったんですか」
光太郎「ずいぶん若い弟さん連れててね」― ダイニングに入りさおりの差し出したタオルで顔を拭く
光太郎「真っ直ぐな目をした、真面目そうな子でね」
???「うんうん」
光太郎「結構かわいい感じの男の子だったなあ」」―冷蔵庫からビールを出す 
???「…女の子だ」
光太郎「そうだね、女の子にもてそうな感じだったね
???「いや、そうでなくてメビウスは女の子だ」
光太郎「メビウス…そう言う名前だったかな…って… えーと…
 な ん で こ こ に い る ん だ タロウーっ !?」 ―ビール落下!

タロウ「やあ光太郎、久しぶりだな。20年ぶりくらいか」
光太郎「ちょっ…何で人間サイズ?何でナチュラルにうちのソファで寛いでる?
 何でゆったりお茶なんか飲んでる?しかも土足だよな!?」  ←脱げません
さおり「あなた、遠路はるばるお越しくださったお客様に失礼よ」
光太郎「ていうか、さおりまで何でこんなシュールな状況受け入れてるんだ!?」
さおり「だって、あなたとは一心同体だった方じゃありませんか」
タロウ「さすが、さおりさんはわかってらっしゃる。私が分離したあとに結婚したそうだね。
 教えてくれてたら祝福のウルトラサイン送ったのに」
光太郎「だからぁ、話はぐらかさない!何で唐突にうち来てるの!(せっかく昼に、
 ハヤタさんたちといい話して余韻に浸ってたってのに、何か調子狂うじゃないか…)」
タロウ「いや失敬。夕方兄たちから、君が『もう一度合体してもいいって言ってた』っていう
 サインが来たから、思わずトィンクルウェイ使って来てしまった」 ←最近使い過ぎです
光太郎「いや移動手段聞いてる訳じゃなくて…(いかん、なんかペースに飲まれそう…)
 何か知らんが、話なら私の部屋で聞こう。さおり、悪いが飯はあとで」


427 :帰ってきたNo.6 2/3:2006/12/13(水) 20:30:35 ID:FKfdQ7be0
光太郎の部屋
―突然の来訪を小一時間問い詰めたり、かくかくしかじかあって―

光太郎「…つまり、再び俺の体を借りたいって言うんだね」
タロウ「(コクコク)」
光太郎「…で、真面目な話、君がそう言うからには、その…また近々、強大な敵が
 来襲するかもしれないって事なのか?」
タロウ「…まぁ、そういう…事もあるかと」
光太郎「ハヤタさんたちはまだそんな緊迫した雰囲気じゃなかったが…
 どの道キミと一体化したら、キミの意識も共有する事になるんだから、
 包み隠さず言ってくれ」
タロウ「…そうだな…では単刀直入に言う。(深呼吸)私はメビウスを守るために来た!
 変身して戦う時だけでなく、人間体でもなるべく近くにいて、あの子を見守っていたい!  だから…」
光太郎「はあ?ちょっと待て、戦うのならばいざ知らず、見守るって…」
タロウ「私はメビウスが心配なんだ!あの子は免疫がないつーか、その…」
光太郎「おいおい、あの子だってウルトラマンなんだろ?しかもキミの教え子なら、
 もっと一人で戦う厳しさも覚えた方がいいんじゃないか?…ま、俺らだって言えた義理じゃ
 ないかもしれんが」  ←母さん兄弟来まくりでした
タロウ「…一人ならまだ良かったんだ…」
光太郎「ん?」
タロウ「一人じゃないから心配なんだ!あの子の周りには、あまりにも男が…誘惑が
 多過ぎるんだ!!」
光太郎「何かと思ったら色恋の心配か?そりゃ防衛組織なんだから、男は沢山いるだろうが…
 あれ?何か変だな…女性隊員との沙汰を心配してるんじゃなくて?」
タロウ「何度も言ってるだろ!メビウスは女の子なんだ!」
光太郎「はぁ?どう見てもミライくんは男の子…」
タロウ「女を隠して男の子に擬態してるんだよ!しかも、同僚の暑苦しい男と何かイイ仲に
 なりかけてるし…ああ…」
光太郎「はぁ…何となくわかったようなわからんような…」 


428 :帰ってきたNo.6 3/3:2006/12/13(水) 20:32:35 ID:FKfdQ7be0
光太郎「あ、もしかしてタロウって、あの子に教え子とか、兄弟以上の感情持ってるんだ?ほーう」
タロウ「…なっ、何言ってんだょ俺はただ$£@%*」
光太郎「隠したって無駄だ、全身から湯気出てるぞ」
タロウ「じゃあ、協力してくれるんだな!」
光太郎「唐突に結論急ぐな!第一、俺には仕事も家庭もある!そんなにミライくんの側に
 いたけりゃ、もっとあの子の近くにいる人と合体すりゃいいじゃないか」
タロウ「…実は一度、ナースと一体化してみたが…かなり気持ち悪かった」←自己ネタで済みません
光太郎「(何でナース…)」 ←度々すみません >>128参照;
タロウ「(マジ顔になる)やはり、兄さんたちの言う通り…一度心身共に一体化した人間とでないと、
 ウルトラの力を十分に引き出せないんだ…いつ何時、地球が未曾有の危機に晒されて
 戦わなければならなくなるかもしれない、しかしこのままでは力を出し切れず敗れるかもしれない…
 だから光太郎、キミじゃないとダメなんだ!!頼む!」
光太郎「…今さら真面目な顔して語られてもなあ…」
タロウ「くっ、ここまで頼んでもダメなのか!?ならば…」  ドガッ!いきなり光太郎を押し倒すタロウ!
光太郎「どぅわっ!実力行使のつもりかっ!?」
タロウ「許せ光太郎、私はどうしてもキミじゃないと…」
―コンコン…ガチャ
さおり「あなた、お茶を…きゃぁ!何抱き合ってるんですっ!?」
光太郎「いや、さおりっ誤解するなっ!これはっっそのっっ!」
タロウ「そっそうだっ決してやましい事ではっ!…とりあえず今日は失礼するっ!また来るからなっ!」
     タァァーーーッ!  マッハで夜空に飛び去る一筋の光…

さおり「…何だったんですか、タロウさん…」
光太郎「…何か、ものすごく性格変わったよな気がする…今度、ミライくんに会ったら
 タロウの事聞いてみようかな」

―宇宙空間で一休みのタロウ
「これで諦める私ではない…近いうちに必ず…待ってろ光太郎!」←もうヨゴレ役の台詞になってます

―to be continued (多分)―


429 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 20:34:39 ID:Vr1/FcFa0
いやマジ、すっげぇ迷惑ですな(;´д`)
この先が楽しみです。

430 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 20:50:04 ID:FKfdQ7be0
すみません;やっぱ自分の書くタロウは妄想暴走野郎でした(汗)
結局前の作品も「タロウへのお詫び」どころか、
「落とすための前フリ」になっちまいやがったですorz

ついでに前の訂正。
×怪獣 → ○星人 ですやん…ごめんバルキー。

431 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 21:33:44 ID:Ajjl+/+G0
>>422
タロ兄さんが色んな方に誤解されるところが面白い!
今後が楽しみです。

432 :3択です:2006/12/13(水) 21:41:18 ID:SxLGz1fD0
ウルトラマンメビウスが黄金像にされてしまった!
それを助けにウルトラの父が現れる!
さて、黄金像にされたメビウスを見た父の反応は?

1.すぐに直してあげる。
2.不甲斐ない!一週間このままで反省しなさい!
3.息子へクリスマスプレゼントにする。

答えは12/23! さあ、皆で見よう!

433 :3択です:2006/12/13(水) 21:46:31 ID:SxLGz1fD0
>>426〜428 タロウ、かなり面白い人になっちゃってますね。
いや、むしろ大歓迎(笑)

434 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 21:47:45 ID:Uv5Inff+0
女の子に戻して、リボンつけて、3!

435 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 21:49:41 ID:A5yZ8IK50
>>432
2.3.の場合、リュウさんが怒る。
「バカヤロー!!早く元に戻しやがれ!」
相手がウルトラの父でも怯まない男。ある意味スゴイヤツかもしれない……

436 :イブ限定1/2:2006/12/13(水) 22:16:11 ID:1BXBmNk30
クリスマスやら光太郎さんやら
なんか色々インスパイヤされた。

光太郎「やぁ。久しぶり」
タロウ「久しぶりだな、光太郎。メビウスの様子はどうだ?」
光太郎「相変わらず、開口一番がそれか。この前会ったけど元気そうだったぞ」
タロウ「そうか、それなら良かった」
光太郎「…そんなに心配なら一体化するか?分離してパワーダウンしてるらしいな。
    そりゃ私は人として生きていくことを選んだが、でもその事で地球を危機に晒す訳には――」
タロウ「今はそれほどの事態じゃないから大丈夫。それに・・・」
光太郎「それに?」
タロウ「一人より二人で見守る方が効率がいい」
光太郎「見守るって…(監視の間違いじゃないのか?)」
タロウ「私は仕事が忙しいからそうそう地球には来れない。しかしメビウスの周りには変なのがチョロチョロしてる」
光太郎「はぁ・・・(アナタ週一で来てるんですが)」
タロウ「そこで光太郎ですよ」
光太郎「なんだそれ」
タロウ「いや〜分離しといて良かったって本気思ったね。
    光太郎なら誰にも負けないし、何より"もう一人の私"なんだからな」
光太郎「それはそうだが…まぁいいか。それはそうとイブはちゃんと空けてるんだろうな?」
タロウ「モチロン!昼間父さんとサンタやるだけだから大丈夫!」
光太郎「それならいいが、キャンセルは勘弁してくれよ。
    もうホテルのレストランにも予約いれてあるんだし。それにミライ君、
    私がクリスマスイブにタロウと一体化するって言ってたら喜んでたぞ」
タロウ「その件についてはホント光太郎に感謝してもしたりないぐらいだ」
光太郎「なーに、気にするな。・・・正直、ミライ君と一緒にいると何か自分の半身が抜け落ちたような感じになるんだ。
    あの子がウルトラマンだからかな、タロウがいないって実感させられるというか・・・
    とにかく!タロウも一緒がいいなって思ったんだ」
タロウ「光太郎・・・(じーん)」

437 :イブ限定2/2:2006/12/13(水) 22:17:53 ID:1BXBmNk30
光太郎「そうそう、この前ミライ君と遊園地に行ったんだ。はい、写真」
タロウ「どれどれ…おぉ!!また随分と可愛らしい格好をしてるじゃないか!」
光太郎「あのさ・・・私ぐらいの歳だと、兄妹どころか親子に見えないか?」
タロウ「大丈夫大丈夫!光太郎とミライのツーショット見ると私とメビウスが写ってるみたいで気分がいい!」
光太郎「・・・そんなものかな。いや、そういう問題じゃなくてだな・・・(援交に見えたりしないかと・・・)」
タロウ「しかし珍しいな、こういう格好」
光太郎「ああ。女の子なんだからたまにはそういう格好を、と思ってな。買ってあげた」
タロウ「GJ(´∀`*)!! こういうのが人間体の醍醐味だよなぁ」
光太郎「君も何かあげればいいじゃないか。アクセサリーとか」
タロウ「…あげたいのは山々だが、私の"教官"という立場上アイテム扱いされそうで…orz」
光太郎「……そうだったな。あげたものが槍やバケツに変わったりしたら嫌だな・・・・」
タロウ「それに、あんまり甘やかすのは教育上よくないし」
光太郎「(もう十分甘やかしてるだろ…)イブの時ぐらいはいいじゃないか。
    クリスマスプレゼント、一緒に選ぼう」
タロウ「光太郎・・・ありがとう!」


おまけーーー
ジャック「…もしかして、セブン兄さんからもらったブレスレットにもそんな意味がーー」
セブン「ないないないないそれはない!」

438 :さらにおまけ:2006/12/13(水) 22:20:02 ID:1BXBmNk30
ミライ「♪〜♪〜」
マリナ「あらミライ君。随分と楽しそうね」
コノミ「何かいいことでもあった?それともこれから?」
ミライ「はいっ!(えーと、一体化って地球人になんて言えばいいかな・・・)
    イブの夜にタロウ教官と光太郎さんが身も心も一つになるんです!」

サコミズ「ぶッ!!ケホッ ケホッ」← コーヒー吹いた
マリナ「身も心も・・・」
コノミ「一つにって・・・」
マリナ・コノミ『えぇぇぇえええ!!』
ミライ 「はい!その時はボクも一緒なんですけど〜」
ジョージ「ちょっwww3人でかよ!!!!」
ミライ 「どんな感じなのかすっごくワクワクしてて〜♪」」
テッペイ「う、ウルトラマンって・・・その、随分と・・・だ、大胆なんですね」
リュウ 「・・・・・・orz」

サコミズ「・・・ミライ。分かりやすく伝えようとしてくれるのはありがたいが、
     その言い方はひっっっっじょーーーーに大きな誤解を招きやすいからね。ね?」

439 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 22:27:49 ID:A5yZ8IK50
>>426-428で笑いすぎて涙が出た上に、
>>436-437で笑ったはずみに、手が揺れてコーヒーこぼした
おまけのパンチも効いた〜〜〜
本編のタロウ兄さんと光太郎さんが、爽やかで格好良ければよいほど、このスレでの爆笑率が上がる罠

440 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 23:34:35 ID:Ajjl+/+G0
俺もインスパイヤw
ttp://www.seospy.net/src/up0391.jpg

441 :名無しより愛をこめて:2006/12/13(水) 23:59:35 ID:SxLGz1fD0
437>タロウといったらバケツですよw と思った自分がいます・・・・orz

440>メビウスは、あのプレゼントの中身で気絶させられてしまったのですかーッ?!

442 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 00:00:25 ID:Vr1/FcFa0
>>440
あ、映画時事ネタだ(*´∀`)

443 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 00:02:50 ID:Ajjl+/+G0
>>436
プレゼントを送ったのが誰かわかんないという設定〜
一様リボンが池から足が!ってのにかけてる

444 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 00:03:30 ID:Ajjl+/+G0
>>441(間違いました436申し訳ない)
プレゼントを送ったのが誰かわかんないという設定〜
一様リボンが池から足が!ってのにかけてる

445 :フォースインパクト4:2006/12/14(木) 00:12:06 ID:Ws498rkF0
教官室を離れたメビウスは、図書館に行く気にはならず、そのまま寮の自分の部屋へ戻った。
「お、メビウス丁度いいところへ!」
測ったようにマックスが扉を開けて顔を出す。
「おとめ座公用語の辞典、持ってないか?」
「うん・・・・」
「どうしたんだよ、元気ないな?」
「なんでもない。ちょっと待ってて」
メビウスは自分の部屋に入ると、一旦机の上に持っていた教材を置く。握り締めていたペンが転がった。
「あ・・・・持って来ちゃった・・・・・」
床に落ちそうになるのを途中でキャッチする。タロウがさんざん騒いだ後は、一緒に新しいのを買いに行った。
「あ、後で返さないと・・・・」
「な〜、まだ?」
マックスが背中越しに声をかけた。
「あ、ご、ごめん・・・・!はい」
渡された辞典を手に、マックスは再度メビウスの顔を覗き込んだ。
「やっぱりおまえ変だよ。タロウ教官に何か言われたのか?」

446 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 00:15:34 ID:aoT2eVFn0
>>436-437
オトナなタロウ&光太郎がgood!リュウ、もっと頑張れ
「モチロン」にうっかり反応しちゃった;お正月ネタはまだ気が早いか…

>随分と可愛らしい格好
ジョージのブログ12/11のミライみたいな感じかなと想像。
(しかし↑の写真、タロウが見たら色々誤解しそうだぞwwその上の写真の密着具合も)

447 :394:2006/12/14(木) 00:41:32 ID:urMggtWn0
>>406
亀だが丁寧な指南ありがとう。
ようつべ探したけど、どうしてもMADに必要な話がなかったからもう多少の時間表示は気にしないことにした。
・・・気になるけど。
なんでないかなぁ〜・・・仲間たちの思い

448 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 00:50:48 ID:s8jqt6lf0
>>447
あげられるものならあげたいけどさ、変換できるコーデックが少ししかないんだ。
そこら辺、疎いしorz
とりあえずwmaはあるけど

449 :447:2006/12/14(木) 01:13:17 ID:urMggtWn0
>>448
wmaはある・・・ってのは、wma形式のファイルで動画を持ってるってこと?
だったらwmaからAVIに変換できるの持ってるから問題ないんだが・・・

自分もコーデックとかよく分からんので自信がもてない・・・orz


450 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 01:18:43 ID:s8jqt6lf0
ごめん、wmvだ。なんでか、これはいつも間違える…

451 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 01:21:03 ID:s8jqt6lf0
>>449
wmvでよければ、upする。ちょっと待ってて。

452 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 01:22:34 ID:urMggtWn0
>>451
ゴメン、ありがとう。


453 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 01:22:55 ID:RM9LGMLV0
>>450
youtubeにupしてみては?flvに変換されるから、いろんな風に使えるはず。
自分はiSquint1.4.3ってフリーソフトでflvからmp4に変換しています。

454 :451:2006/12/14(木) 02:08:37 ID:s8jqt6lf0
>>453
助言感謝です
youtubeの使い方、調べてみます(どうも英語が嫌いでupしたこと無いorz)
>>452 大変お待たせ
今回はとりあえずこれでご勘弁を(ブツ切りでゴメンナサイ)
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000176612.zip
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000176613.zip
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000176615.zip
ttp://www.uploda.net/cgi/uploader1/index.php?dlpas_id=0000176616.zip
m31


455 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 02:12:38 ID:urMggtWn0
>>451
おぉ〜〜!ありがたい!!
(出来の良し悪しは微妙だけど)これで満足のいくものが作れる!ありがとう!!

456 :451:2006/12/14(木) 02:20:02 ID:s8jqt6lf0
>>455
いや〜「出来たら見せてね」という下心有りだからwww

こんな遣り取りでスレ消費してしまって他の方々、申し訳ないです

457 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 02:41:58 ID:RM9LGMLV0
>>454
部外者ですが、久々に観る事できてうれしいです。
遅い時間ですが、ありがとうございました。
>>447
madがんばってくだされ。

458 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 12:28:29 ID:6owUHtZd0
>>437
>ホテルのレストランにも予約

あれか?食事してお酒飲んで
いい感じになってきたら
「上に部屋を取ってるんだ」ってやつか?
どこまでアダルトなんだよ光太郎&タロウ

459 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 18:17:09 ID:VMbAzhb1O
色恋知識ないからワケもわからずホイホイついていきそうだw
しかし寸での所でリュウとタロウ(場合によってはD4サコゲンも)に阻止される展開か。


460 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 18:44:18 ID:zFCvgWYd0
タロウ「おいで・・・メビウス」
光太郎「おいで・・・ミライ」
メビウス=ミライ「はい、兄さん、光太郎さん」

しかしウルトラ式か人間式かで、モメにモメると予想。

461 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 20:31:39 ID:aoT2eVFn0
光太郎はリュウに、タロウはサコミズにぶっ飛ばされると予想。

…いや、タロウは偏愛度合いはものすごくても、
いざとなったら超純情野郎で何していいかわからずに
天然メビと楽しくも悶々と語らってるだけかもしれない。。

462 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 20:33:58 ID:+Msv17u20
ところでウルトラ式は両者ラブ光線発射って本当ですか( ´∀`)?

463 :名無しより愛をこめて:2006/12/14(木) 21:19:13 ID:AYImmhK00
>>462
そうらしいね

464 :フォースインパクト5:2006/12/15(金) 00:16:56 ID:ENCXV7n+0
「あの子は自分の限界を考えていない。
今からそんなことをしていたら、卒業する前に潰れてしまう。
だから面倒を見ているだけだ」
タロウはしかめっ面のまま80に言い放つ。それがなんとなく子供っぽく見えて、80は内心苦笑を漏らした。
「わかりました。私の授業中はそうは見えませんでしたが、注意してみます。
タロウ兄さんは、最上級生達を無事に卒業させてあげてください」
「それはわかっている」
「では、失礼します」
少々無礼だったかと思いつつ、80は頭を下げた。


「タロウ教官には、言われてないけど・・・・」
メビウスは視線を落として力無く呟いた。
「じゃあ大丈夫じゃん!ほらもっと元気だせよ!」
パワーの有り余っているマックスに背中をバシバシ叩かれると、咳がこみ上げてくる。
「げほっ・・・うん・・・・」
「邪魔をするぞ」
メビウスがなんとか笑みをマックスに向けると、ゼノンが部屋に入ってきた。
「どうしたの、ゼノン?」
「いや、明日から最上級生が戻ってくるのは知っているな?
寮長がだんだんピリピリし始めている。今夜から静かに過ごした方がいいだろう。
特にマックス」
「なんでオレ!」
「君が毎晩就寝前にかけている音楽は騒音だ。
あと、メビウスもタロウ教官のところへ頻繁に顔を出すには控えた方がいいだろう」
「・・・うん」
「授業で不安だったら80先生に聞きに行けばいい」

465 :見合いの席にて:2006/12/15(金) 00:46:37 ID:Se71QTGr0
見合いのネタを思いついたので書いてみたが…オチてないorz

―かこーん…
上質な木材で作られた机を挟み、メビウスと見合い相手、そしてメビウスの兄たるウルトラ兄弟五人が座っていた。
一人足りないが、どうやら兄弟の長男は仕事らしい。
マン「メビウスの…兄です。」
セブン「同じく兄です。」
ジャック「兄です。」
エース「同じく。」
タロウ「同じく!」
メビウス「…だ、そうです…」
見合い相手「あの、メビウスさんにこんなにご兄弟がいるとは聞いて無かったのですが…」
兄弟から見合い相手に向けられる視線が強くなる。…最も、元々彼に好意的な視線など向けられてはいなかったのだが。
ジャック「いては何か不都合でも?」
見合い相手「そのような事は…」
マン「なら、良いでしょう。」
メビウス(こ、この険悪過ぎるくらい険悪な雰囲気は一体何なんだろう…)
視線をちらりちらりと脇へ逸らすメビウスは、どうも落ち着かないらしくそわそわとしている。
彼女はどうやらこの空間が居辛いと考えている様だ。
見合い相手「…メビウスさん。あの、ご趣味は…」
エース「料理です」
タロウ「旅行です」
見合い相手「…すみません、お兄さん達には聞いて無いです。」
カッ!と兄弟達の目がつり上がる。
どうやら今の一言は禁句であったらしく、一気に場の空気が氷点下にまで冷えた…気がした。
エース「貴様にお義兄さん呼ばわりされる筋合いは無い!」
タロウ「メビウスとどうしても付き合いたいというのなら、我々兄弟を倒して交換日記から始めて貰おうか!」
メビウス「え、ちょっ!エース兄さん!タロウ兄さん!マン兄さん達も頷いて無いで止めて下さいよ!…あぁっもう!」

続…きません

466 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 00:52:52 ID:JJH8UdK80
このスレ楽しい。

467 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 02:00:11 ID:1E0QDBxP0
>>464
連載、ありがとうございます
毎日楽しみにしてます

>>465
オチてなくても、充分笑わせてもらいました
後の三人がいてもよかったかもです、もっと収集着かなくてwww

もう何日も経つのに、
>>324の仲良くアイスクリームを食べているレオとタロウが脳内から消えない〜
それもじわじわ効いてきて、いつのまにかカップじゃなくて、ソフトクリームに変換強化されているんだあぁぁぁ orz

468 :452:2006/12/15(金) 02:28:49 ID:PNgNkwY/O
ttp://2ch-news.net/up/up32434.wmv.html
mebius

出来心で作ってみた。
画像荒いんであんまり拡大して見ないでくれ
後々必ず差し替える画像があるからこれは"イ反"で。

469 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 12:43:39 ID:a/4GKLvEO
>465
2種類の見合い光景が浮かんだ・・・

その1
振り袖姿のメビウス(禿しく見たいw)と、それに並ぶウルトラ5兄弟
見合い相手は何となく、ゼアスとかの非M78系
(別のウルトラ系との架け橋に…)

その2
振り袖姿のミライ(オイ;)と、それに並ぶ
D4・タロウ(光太郎に非ずw)
ついでにサコミズが物陰で見守る。
見合い相手は…リュウだったら、見合いじゃなくて
両家の顔合わせだな(しかも険悪な雰囲気がそこはかとなく)


470 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 12:57:44 ID:eHauYD9j0
>>452-468
今ダウソできないから見れないけど
残酷なウルトラのテーゼってwwwちょwwwww

471 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 13:03:22 ID:slTx5/epO
>>468
かっこいい!
懐かしのシーンまであって感動した。

472 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 15:09:46 ID:bMqflGPb0
>>468
おおお。エバ風^^感動しました!文字入れるとおもしろいね。
先日の仲間達の。。。のupで俺も作ってみました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=ATanZFhjE9k

473 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 15:42:25 ID:bMqflGPb0
>>464
独特の世界観、毎回楽しみにしています。
タロウさんの性格がここで固まってきた感じですw

>>465
お見合いおもろい!
ウルトラ兄弟って、みんな純な方々なんですね〜w

474 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 16:11:38 ID:eHauYD9j0
>>468
ようつべにはうpしないの?

475 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 16:48:03 ID:bMqflGPb0
>>362
きちんと4コマupされていました。ありがとう!

476 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 17:00:29 ID:Db9gf+7UO
>>465
こうなるんじゃないかって予想できるはずなのにメビウスに見合いさせたのは誰だwww

あとすごい今更だけど>>285

ターッタターッ♪タッターッタターッ♪
ミライ「僕の…兄さん?」
メビウス「僕にはこの星の仲間達がいます、そこまで心配していただかなくても大丈夫です」
サコミズ「仕事を忘れないでくれ…例え大切な義妹が、何百回ピンチになろうと」
タロウ「『シスコン』?」
ミライ「教官みたいな人のことをそう言うんだ…ってリュウさんが言ってました」
チャチャチャチャチャーチャッ♪
次回、『ミライの兄』

こうですか分かりまs(ry

477 :468:2006/12/15(金) 17:49:09 ID:3To4f+fo0
>>474
ようつべにうpするほどのもんじゃないよ。
素材不足でゾフィー兄さんに時間表示がついたままでクオリティがた落ち。
ミサキさんの二枚目を今の光太郎さんに差し替えたいし。・・・最終回まで無理かな


ちなみにタロウがミサトさんポジションでやたら出てくるけど
それは 贔 屓 です。

478 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 18:53:23 ID:bMqflGPb0
>>477
自分のようつべで試しにupしてみましょうか?
映像がどういう風に観れるか確認できますよ。
個人的には自分の方が、解像度悪いし。。。恥をかきまくっております。。。

479 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 20:08:20 ID:1E0QDBxP0
>>468
文字入れとか、エバ風味も上手い具合に融合してて、GJ!
細かいカット割りとか、格好良かった。

>>472
パワフルな曲なのに、ほのぼのしちゃった。いいね、これ。
それと、亀ですまんけど、406の「Beyond The Century」一緒に見せてもらった。
本編32話見るより、胸にきた。再upありがとう。

>>477-478
ようつべupすれば、ここのスレ以外の人にも見てもらえるから、それも有りだと思う。
作った人がどういう範囲で発信したいか、ということかな。
自分に限って言えば、ようつべ見るのに手間かかる環境なんで…orz
アップローダからDLは有難いス(気に入った作品は何度も見たいものだしね)

480 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 20:15:26 ID:NnFlGkJ90
>>469
メビウスに振袖着せると柄と体の見分けがつかなさそうw

カミングアウトしますと、わりとずっとミライネタ駄目でした...orz
最近なんか問題なくなっちゃってて自分コワス(;´∀`)

481 :468:2006/12/15(金) 20:39:58 ID:3To4f+fo0
>>478
映像がどういう風に流れるかまで考えてなかったなぁ・・・
申し訳ないが試してもらえるでしょうか?

482 :468:2006/12/15(金) 20:43:07 ID:3To4f+fo0
>>478
ごめ、自分でできたわ。解像度テラワルス
ttp://www.youtube.com/watch?v=tPhHgmFXR8A

エヴァのカット割真似してみたけど
やっぱ実写だとジョージ並の動体視力がないと全部見えないね

483 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 21:04:46 ID:bMqflGPb0
>>479
遺産は期待してましたからね。個人的に編集してみました。

>>482
今、お気に入りに登録しました。何か作られたらupよろしく。



484 :またまた帰ってきたNo.6 1/3:2006/12/15(金) 23:28:11 ID:y913Ux1a0
ディナークルーズ勤務が終わり、暗い道を車で家路を急ぐ光太郎。
―赤信号でふと、静かなムード音楽でもかけようと、ナビのプレイヤーをオン。
流れ出す音楽…

SEきゅう〜〜〜ん
♪ちゃらっらっらっらっタロウ!―――ウルトラマンっ!なんばぁーーーっしっ(ぶちっ→停止ボタン押した)

???「…消さなくてもいいじゃないか、いい歌なのに」
光太郎「…思わせぶりに 『???』 とか書かなくても、お前しかいないだろタロウっ!
    こんな歌までご丁寧に仕込んでっ!」
タロウ「(後部座席からヒョコ) こんな歌言うなっ」
光太郎「あーもう、ハヤタさんたちに言ってクギ刺してもらうんだった…光の国には
帰らなかったのか?」
タロウ「トィンクルウェイがなぜか使用不可になってて…」←長兄が使用中の可能性アリ

―続きを言いかけて、突然苦しみだすタロウ 「ううっ…ぐぐ」
光太郎「お、おい、どうした!?」
タロウ「ぐうっ…キミともう一度話し合いたくて、キミが一人になるのを待って…ずっとバリア纏って
潜んでたら…必要以上にエネルギーを消耗したようだ…ゲフっ」 ばたっ
光太郎「しっかりしろタロウ!腹減ったのか?気分悪いのか?」
タロウ「うっ…光太郎、俺はもうダメかもしれない…キミと一体化しないと、このままここで
…死…(べしっ!)痛っ!何で殴るかなあ!?」
光太郎「その手は食わんぞ、仮にもウルトラマンがたった一日そこら地球にいただけで、
    しかも怪獣と戦ってもないのにバリア程度でくたばるワケないだろーが!
カラータイマー真っ青なまんまだし!」
タロウ(チッ、作戦失敗か…タイマー鳴るようにしときゃよかった)←いや、あまりにベタ過ぎですし


485 :またまた帰ってきたNo.6 2/3:2006/12/15(金) 23:30:40 ID:y913Ux1a0
とりあえず人のいない海岸沿いに車を停める。

光太郎「…なあ、ミライくんは人間の男の子に姿を変えてるんだろ?
タロウだって、同じように最初っから、俺に合体しないで誰かの姿に変身する、って
選択肢だってあるんじゃないか」
タロウ「それも考えたんだが…実は擬態って意外と難しいんだ… 
   セブン兄さんが昔来た時はまだ、人間の姿に似せときゃいいやくらいだったから、
いざ体調壊した時に医者にかかれず、挙句の果てに体壊して…」←今は
光太郎「…向き不向きもあるのか…で、結局タロウて人間に変身できるの?できないの?」
タロウ「正直言うと…やった事ないから、あまり自信ない…」←擬態の授業は80に任せきりだった
光太郎「でもミライくんは、若いながらやってるじゃないか?
しかも元が女の子なのに、男の子になりきってるなんてすごいじゃないか」
タロウ「メビウスは努力家だからな…もともと潜在能力はある子だったが、正直あそこまで
頑張るとはね…」
光太郎「…で、キミは教官なんだよね?まさか教え子が出来る事が出来ないワケないよね?
   やった事ないからやりたくない、なんて言わないよね?楽な道に逃げてんじゃないよね?」
タロウ「う…(核心つかれて心が痛い)」
光太郎「俺の体にこだわらず、頑張って別の人間になってみればいいじゃないか。
   もちろん、戦いが厳しくなって俺の力が必要になった時は、喜んで一体化するよ。
   共にまた戦う。約束する。だから…」
タロウ「(じーん)…ありがとう光太郎!俺も目が覚めたよ…キミの都合も考えず、無理言って
   済まなかった!」
光太郎「おお、わかってくれたか!」
タロウ「ああ、あの子もいつか言ってた…やる前からしくじる事を考えていたら、その先には行けないって!」
光太郎「(そんなに大仰に考えなきゃいかん程大変な事かい、と思いつつ)そうだ、その意気だ!」
タロウ「光太郎!俺も頑張って、人間に変身してみる!成功したら、真っ先に会いにくるよ!」
光太郎「ああ、俺も応援する!頑張れよ!」
  タアァーーーッ!  
光太郎(今度はちゃんと行ったのかな…しばらく油断は出来ないが)


486 :またまた帰ってきたNo.6 3/3:2006/12/15(金) 23:32:49 ID:y913Ux1a0
タロウと別れて数日後。港で乗船勤務に向かう光太郎を呼ぶ、どこかで聞いた声―

???「おお〜〜いっ」
光太郎「ん?何か聞いた事ある声…何かデジャブのようなシチュエーション…あぁっ!まさか!?」

―光太郎目指し、爽やかに駆けて来る男…何と、若き日の光太郎!(しかもZATの制服)

タロウ「どうだ光太郎!俺も人間の姿に変身出来たぞ〜!完璧だろっ?」
光太郎「ちょ…よりにもよって…(二の句が出てこない)」
タロウ「(至って爽やかに)すまん、やっぱり一番馴染みのあるのはこの姿だもんでこうなってしまった…
   俺は早速メビウスの所に行って来るから!じゃ!」
 ザブーン!(なぜか海に飛び込む)←タロウ1話リスペクト
光太郎「(放心してたが我に帰り)お、おいっ!寒中水泳かよっ…いやそーでなくてっ!
   その姿はいくら何でも反則だっっ!待てっっタローーウっっ!戻ってこーいっ!」

―とりあえずend―


オチ見え見えでしたねorz 続きは…もういらんですか;


487 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 23:37:04 ID:1E0QDBxP0
>>484-486
光太郎にとっては、ホントに迷惑…ワロタ

488 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 23:47:03 ID:bMqflGPb0
>>484-486
本当におもしろい!遠泳して、GAYSに訪ねていくんでしょうか。。。

489 :名無しより愛をこめて:2006/12/15(金) 23:49:02 ID:NnFlGkJ90
>>488
そこでそのスペルミスは痛いっす( ´∀`)

490 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 00:01:33 ID:bMqflGPb0
>>488
文字間違ってしまって。。。申し訳ない!
G○YSじゃないくて。。。GUYSだ。。えらい違い!
>>484
お詫びに。。。(MEBIUS EP35.5予告編/セリフ音声なし>>476さんから流用)
ttp://www.youtube.com/watch?v=TqCY9jCcskw

491 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 00:15:06 ID:DzQCI4mr0
>>484-486
>なんばぁーーーっしっ(ブチ
で吹いたw切らないでよ光太郎さんw
若い頃の光太郎さんに擬態したタロウか・・・最強じゃないか。誰も勝てないよ

てか、>>437の三人でイブネタと合わせると
ミライはナイスミドル光太郎と爽やか光太郎(中身タロウ)と
デートができるわけだが・・・

492 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 00:15:33 ID:CioDgfb60
>>362の管理人様
アップローダを設置していただき、ありがとうございました。
コンテンツも日々更新していただき、流れてしまっていた画像も又見られるようになっていて嬉しいです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

493 :サグラダ・ファミリア1:2006/12/16(土) 00:17:59 ID:fvWsJg6H0
すでに何人目かわからないクリスマスねた急遽参加します( ´∀`)ノ
萌えの方向性がなんか違ってしまった気がしてなりません...orz


子ども【ねーねー、あれどこで買ったの?】
ミライ【ごめんねぇ、お店で売ってたんじゃないんだ】

光太郎「おぉ、偉いなあの子は、ちゃんと目線合わせてるし」
タロウ『そういえば、幼稚園に演習に行ったことがあると・・・寒い』
光太「君もちゃんと弟子のこと把握してて師匠として偉いなぁ。だから懐に
 入れてあげようと言ったのにw」
タロ『メビウスの前でそんなみっともないことが出来るか!』
光太「そんな可愛い姿で威張られてもなー、ああ可愛い」
タロ『はーなーせぇぇぇ』

ミラ【きょうか、、
 「あ、すみません、幼児用の防寒具のお店聞いて買ってきました」
光太「スペイン語上手いねぇミライ君」
タロ『すごいだろう、地球上の主要な言葉は全部喋れるぞ!』
光太「君はしばらく見ない間になんというか・・・」

494 :サグラダ・ファミリア2:2006/12/16(土) 00:18:30 ID:fvWsJg6H0
タロ『で、なんで僕・・・私をこんな格好にしたか言ってみたまえ』
ミラ「僕らの本体はちょっと熱放出が激しいみたいなんです、理屈で言えば
 小型化して球体に近づけば少しは楽なのではないかと」
光太「何度か聞いたじゃないか? どうしたんだい」

タロ『(←難しくてわかってない)いや、なんでもない』

光太「しっかし、いい格好しようと思ったのに君のほうが喋れるとはw」
ミラ「え、でもどこに行っても光太郎さんの対応すごいです」
タロ『こいつのはね、図々しいって言うんだ、真似しちゃいけない』
ミラ「教官ー(´・ω・`)」
光太「あははは、まあ向き不向きがあるからね、確かにお勧めはしない」

ミラ「手袋と靴下と帽子と、はーい、あとはこうしてマフラーを巻いて」
光太「(←なんかいい奥さんになりそうとか思って気まずい)」
タロ『こーーーうーーたーーーろーーーー』
光太「なんでわかるんだよっ、タロウっ」

495 :サグラダ・ファミリア3:2006/12/16(土) 00:19:01 ID:fvWsJg6H0
――ことここに至るまでの経過

タロ『クリスマスのよてい、というのを空けさせない口実が欲しいんだが』
光太「別にいいけど日本じゃあまりにもいろんな方向にヤバいだろそれ」

――経過終了

タロ『で、スペインってとこが嫌味だな』
光太「なんで光の国の住人がそんな発想するんだw」

ミラ「あ、あれがサク、、じゃなくてサグラダ・ファミリアですよね!」
タロ(ちょっと感じ入って押し黙る)
光太「いやー、巨大化して隣に並びたいよねぇ、あんなの見ると」
ミラ「あー、巨大化したくなっちゃいます」

タロ『なんで人が神妙な気持ちになった時に限って...orz』

496 :サグラダ・ファミリア4:2006/12/16(土) 00:19:49 ID:fvWsJg6H0
ミラ「教官? 大丈夫ですか」
光太「やっぱり防寒具じゃ限度があるんだろうな・・・ほーら、高い高い」
タロ『あづーーーっ』
ミラ「光太郎さんっ、駄目です、それ本当の火ですっ」
光太「わ、ごめん、日本だとだいたいただの照明だからついそのつもりで;」

ミラ「(タロウを受け取る)ちょっとマフラー焦げてしまいましたね」
タロ(なんか・・・楽だ)

光太「ありゃ、大人しくなった、おーい、まだ意識あるかー?」

通行人【(とんとん)・・・赤ちゃんですか?】
光太【あー、そうそう、僕らの子、
タロ『がーーーーーーっ!』
光太「だからなんでわかるんだっていうか、その反応なんか危ないぞ?!」


どうにもこうにも長文傾向が、多分まだ少し続きます...orz

497 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 00:20:30 ID:CU9TUS3e0
>>362
movはupできないんですね。。。
4コマ載せておきます。

498 :フォースインパクト6:2006/12/16(土) 00:52:05 ID:p3m80eK50
「・・・・うん」
「どうしたんだ?そんなに教官から離れるのが嫌なのか?」
「嫌・・・嫌って・・・・」
(僕は、教官から離れたく、ない、のかな・・・・?)
「あ、それとも80先生が苦手とか?」
「・・・・うーん、苦手になった、みたい・・・・悪くはないんだ、でも・・・・」
歯切れの悪いメビウスに、マックスとゼノンは顔を合わせた。
「何か注意されたのならば、それは君を思ってのことだろう?悪い方に捉えるものじゃない」
ゼノンはそう言うと、メビウスの部屋の端末を立ち上げた。
「何するんだ?」
「80先生に関して面白いものを発見したのを忘れていた」
どちらかというと無表情の多いゼノンが、珍しく悪戯っ子のような笑みを浮かべている。
「あの真面目な先生に、面白いもの・・・・?」
マックスはメビウスの首をホールドすると、一緒に画面を覗き込む。
「これだ」
ゼノンがアクセスしたのは、教官や教師のパーソナルデータだった。
これは履歴書のようなもので、求めれば一般人でも閲覧できる。
「・・・・・何だコレーーーー?!」

499 :フォースインパクト7:2006/12/16(土) 00:53:12 ID:p3m80eK50

「入学試験から、卒業試験まで、全部満点?!」
「ゾフィ隊長以来の成績だそうだ」
「ちょっ、こんなの先輩からだって聞いたことないよ?!」
「伝説の一つや二つ残っててもいいのに、なんで誰も何も言わないんだ?!」
その他にも在学中に取得した資格やコンクールの成績等、出てくる出てくる。
「しかも任務中の戦闘は全勝?!」
「未解決事件、ゼロ・・・・」
「あと、これは人伝手で聞いたから定かでないが、ユリアン王女の幼馴染で婚約が内定しているらしい」
数瞬の沈黙の後、二人は絶叫した。
「「えーーーー?!」」
「ちょ、それ・・・・あの先生どんなステルス機能ついてるんだよーーー!!」
「噂にすらならないって、なんだか先生、凄い・・・・」
ゼノンは顎に手を当てて考える仕草をすると、顔を上げた。
「おそらく、目立たないことが最大の武器の人ではないのか?」
「そんなに真面目に言うな」
マックスはディスプレイの乗った机に顎を引っ掛けると、ずるずると体を落とした。
「ジュニアハイやプライマリーの教員免許も持っているぞ。
だからメビウス、君が気に病む程酷いことは言わないはずだ」
ゼノンの言葉に、メビウスはハッと顔をあげた。
「あ・・・・」
さっきまで憂鬱な表情をしていたのに、今は驚かされてそれが吹き飛んでしまった。
「ありがとう、ゼノン!」
「気にするな。私は気にしない」
「うん、オレも気にしないことにした!」
「「それ違う」」


500 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 01:00:12 ID:p3m80eK50
自分は80直撃世代のはずなのに、1話とユリアンが出てくるところしか憶えてません・・・orz

今日はネタがいっぱいでシアワセだーーー!!

お見合い>お父さんは心配性ならぬ、お兄さんは心配性。マン兄さん辺り、自分と見合いするようセッティングしそうです。

>>476 ようつべで29をタロウのナレーションで再編集してあるの見て、それを思い出しました。

>>484-486 光太郎さん、熱血だけでリュウさん上回っているのでこれならばっ・・・!
      でも考えてみたら、メビウスは光太郎さんの若い姿を知らない・・・。

>>493-496 ミライ君、スペイン語も話せるなんて・・・!
      タロウ、体が小さいなら、今のうちに胸にしがみ付いて置くんだ!

すみません、画像関係はまだ見れていません・・・・orz

501 :362:2006/12/16(土) 01:03:36 ID:ROVjKT+X0
>>497
すみません。
movは試してないけど、aviでやってみたらどうもストリーミングに対応して無いみたいなんです。
サーバーの仕様なのかサーバー設定の問題なのか、自分の環境のせいなのか詳しくなくてわからないから、一手間かかるけどzipで固めれば全部のフォーマットに対応できるからいっかで済ませちゃいました。
もちろん、もうちょっと調べてみるつもりです。

>>370
文字サイズですが。
CSSは仮なんで、作り直すつもりです。もう少し待って欲しいです。
一応、フォントサイズは相対サイズ指定にしているので、ブラウザの文字サイズで変更できるはずです。
中サイズを基準につくってます。


502 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 01:09:10 ID:p3m80eK50
そろそろ ふわふわ が来てもいい頃だッ・・・・!

503 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 01:43:04 ID:CU9TUS3e0
>>490
唐突に始まるんで修正しました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=NyOqQY2mmZE

>>501
ZIPですね。了解です!

504 :見合いの前日譚:2006/12/16(土) 02:10:56 ID:CioDgfb60
>>465 勝手に前作りました

兄弟達「「「「「メビウスに見合いーーー?!!」」」」」
A「どういう事なんです!!ゾフィー兄さん!!」
タロウ「反対!反対!!ぜーったい反対です!!!」
マン「そもそも、何でこんな話を承諾しているんです?!」
ゾフィー「…断れなかった」
兄弟達「「「「「どーして!!」」」」」
ゾフィー「母の意向だ」
兄弟達「「「「「……!!!」」」」」

その頃のウルトラの母、振袖のカタログを物色中
「やっぱりあの子には赤がいいかしら……ピンクの辻が花も可愛いけれど……黒もシックでいいわ」
「明日はたっぷり時間を取ってお店に行かなくては。実際当ててみるのが一番ですものね」
「これが娘を持つ醍醐味ってものなのねぇ」

その頃のウルトラの父
「母さん、いつになったら夕食にしてくれるのかね?(聞こえてないか……orz)

翌日、メビたん着せ替え人形
その様子をこっそり見て、渋々見合いを承諾する兄たち(もちろん即お断り前提)
メビたん(リュウさんなら、どういうのが気に入ってくれるのかな〜)←でも見合い相手は別人

505 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 02:35:31 ID:VxvexZtwO
>>482
もしかして全員出してんのか?
アストラやらキングやら、はてはユリアンまで出てて普通に感動した。

>>491
ナイスミドル光太郎と若い光太郎とデートってwwwなんて贅沢な!
どっちも人間体ならどちらが主導するかモメる!…と思ったけど
一体化すりゃ人格も一つだから問題ないわな。
姿が熟年か若いのか迷うようなら、いっそジョージが勘違いしたように3ぴうわリュウなにをするやめry

506 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 10:33:19 ID:UbbFPe1W0
>505
優しい光太郎と激しい光太郎が交互に・・・
うわリュウなにをするやめry

507 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 11:09:34 ID:6CmPVS2O0
>>486続きプリーズ

508 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 13:28:01 ID:ROVjKT+X0
>>503
アップローダーは流れていってしまうので、イラストならお絵かき掲示板の方がいいと思います。
イラストのうpも可能にしてあるし、枚数越えても保存する設定にしているので。
あと、これらって前のと差し替えた方がいいんですか?

アップローダーはパスかけて著作権的によりヤバ目のものに使ってください。


509 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 16:02:20 ID:CU9TUS3e0
>>508
GIG!w

510 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 18:02:01 ID:CU9TUS3e0
>>411
来週はウルトラの父きますな!w
ここのssと結構リンクするから笑えてきます。

511 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 18:52:34 ID:CU9TUS3e0
>>508
よくわからないけど、movからzipに拡張子だけ代えて、upしてみました。
そんでDLキーをMEBIUSにして、ディスクトップ上にダウンロードしまして
拡張子をmovに代えたら再生できました。こんなんでいいのかな?

512 :476:2006/12/16(土) 21:30:55 ID:0visGJGqO
>>490>>503
実際映像があると何とも言えない気分に…書いといて何ですがすみません教官

台詞流用していただいてありがとうございました

513 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 21:54:30 ID:fvWsJg6H0
>>511
zipは圧縮の系統っす。
フリーソフトがあるから圧縮ソフトを探してみられるとよろしいかと思われます。

514 :名無しより愛をこめて:2006/12/16(土) 22:08:51 ID:CU9TUS3e0
>>513
DropStuffがあった!すいません。色々聞いてしまって。
今一度、upしています。たぶんこれでよいですね。dl mebius

515 :まとめ362:2006/12/16(土) 23:53:46 ID:ROVjKT+X0
なんかお騒がせしたみたいで。
htaccessを見直したので、アップローダーでaviやmovその他もOKになったと思います。
暗号化ZIPにしなくてもDLKey設定してくれればそのままでも大丈夫です。
テストのファイルで確認してみてください。
up0014.avi dl mebius


516 :名無しより愛をこめて:2006/12/17(日) 00:24:07 ID:Nl29M9+k0
>>515
ありがとうございます。mac使うから、いろんな面で苦労するんで助かりました。

にしても今日は静かですね。いろいろ書いてすいませんでした。書き込む方々。



517 :今日の放送を見て・・・:2006/12/17(日) 00:53:46 ID:tBAkkxRK0
タロウ「メビウス、今日は色々と辛い想いをしただろう。
    こんな時こそ、兄の私がっ・・・・」
サコミズ「ミライの部屋で何やってるんだ、タロウ」
タロウ「に、兄さん!メビウスは?!」
サコミズ「さっき神戸に行った。だが、おまえは行かないほうがいいと思うぞ。
     いや、それより仕事しろ」


北斗「はは・・・そうか、そんなことがあったのか」
ミライ「はい、それで、こっちに来ちゃいました。すみません!」
北斗「いや、いいよ。その『兄弟』って元々ダンに言ったことなんだよなあ。
   あいつも最初は腹の立つクソガキって感じでな。はは・・・・。
   それに腹を立てつつ面倒を見ていて、何時の間にか自分が成長させられていると思ったよ」
郷「僕も次郎君の面倒を見ていたなあ。おかげで辛くても立ち直れたことがたくさんある」
ハヤタ「私は遊びに来ていた星野君にしょっちゅう助けられたよ。彼は機転が利いてね」
ダン「私はそういった子供との交流はなかったな。強いていうならゲンか?(笑)」
ゲン「酷いですよ、隊長〜。
   俺の場合はトオル君だ。二人きりで話し合ったことが何度もあった」
光太郎「僕も健一君と友達でしたから」


タロウ「なんで光太郎がーーーー!!」


518 :名無しより愛をこめて:2006/12/17(日) 00:55:52 ID:GybCoC1p0
一応続き書いてたんですが、萌えないので書き直しをしてます..orz>>516
話が構成できるのとはまた別ですね、この手の挑戦が始めてなので難しい;

519 :名無しより愛をこめて:2006/12/17(日) 01:49:14 ID:Nl29M9+k0
>>512
さすがに、ゆうつべのメビウス29話ウルトラマンタロウ予告風には遠く及びませんでした。。。
あそこまで作れるって、セリフ一つ一つをシリーズ中どこで言うか理解して、データもあり、
みんなで観よう!ってシメまでしっかり構成されたましたからね。。。
流用したけど、力なくて申し訳ない。。。

>>517
個人的には今回もおもしろいおもいました!書き手だからそういう訳にはいかないと思いますが。

520 :518:2006/12/17(日) 08:45:21 ID:GybCoC1p0
>>519
ありゃ、>>518>>517の人と勘違いされたのかな;
ちょっと微妙なタイミングでレスしてしまいましたが、別人です...orzスミマセン

いやまだ貯蔵して、あーだこーだといじくってます(;´∀`)

521 :名無しより愛をこめて:2006/12/17(日) 13:33:56 ID:8EH1bLd2O
昨日の話・・・「僕に妹はいませんから」の一言に
わかっちゃいても何故か安堵してしまった・・・
ここ的には「妹」といえばメビ子しかいないんで(笑)

サイコキノ星人、メビウスに化けたらウルトラ兄弟を余裕で
倒せそうだが。

522 :名無しより愛をこめて:2006/12/17(日) 13:59:47 ID:VAMfzr680
 全員メビに化けたら、いきなり12人の妹とかいうレベルじゃないな。

 …ま、速攻であの性格でばれるとは思うが。

523 :519:2006/12/17(日) 18:34:35 ID:Nl29M9+k0
>>520
あ〜そうでしたか!もうしわけない。貯蔵の奴楽しみにしています。
自分も今、オールアップの話の余韻に負けないように、4コマとか考えてるとこです。

524 :フォースインパクト8:2006/12/18(月) 00:12:16 ID:dM5YPYoV0
「タロウ教官、タロウ教官!」
生徒の呼ぶ声に、ぼーっとしていたタロウは我に返った。
「大丈夫ですか?」
「あ、ああ、大丈夫だ」
見ると光線技の練習用に出したドローンは見事に破壊されている。
「それじゃあ次は溜めなしで連射してみよう」


「は〜・・・・」
タロウは提出されたレポートに目を通しながら無意識に深い溜息を吐いた。
(メビウス、最近来ないな・・・・)
さりげなく(本人としては)80に、ここに来るなと言ったかどうか尋ねたが、そうではないというし。
昨日まで中間テストだったから忙しかったのかも知れない。
「明日からなら、来るかな・・・・」
「誰がですか?」
「うわっ?!」
タロウは突然かけられた声にびっくりして、持っていたレポートを落としそうになった。
80が立っていた。
「ノックぐらいしろよ!」
「すみません。数回したのですが返事がなかったので勝手に入りました」
思わず怒鳴りつけたタロウの声は微風ともならずに80の脇を通り過ぎていく。
「基礎学年のテストの成績です」
「ああ」
訓練生達は、最初の数年は基礎学年と呼ばれ、全員が同じ授業を受ける。
その後、希望と適正により、前線や後方支援などのクラスに分かれるのだ。
最終学年は完全に個別指導になり、教官から生徒を指名することができる。
タロウのところに80が基礎学年の成績を持ってきたのも、そういう理由からだった。
受け取った金属片は、触れるだけでデータがフォログラフィ画面にとして表示される。
「まだ一年生のデータは入っていませんよ」
「知ってるさ。用はこれだけなんだろ?」
ぶっきらぼうな物言いに、80は少しだけ笑みを漏らした。
「タロウ兄さん、恋でもしているんじゃないですか?」

525 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 00:17:47 ID:wt6yE9Vi0
インパクトキター(゜∀゜)

526 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 00:36:49 ID:OsU50EgC0
このスレの長編、続きが気になる。
80のキャラが予想外に立ってるなー。
最初の方のエロ教師も面白かったけどw

527 :519:2006/12/18(月) 12:03:16 ID:ajT7o0rg0
80はこれから味のあるキャラになりそうですね。

528 :29話ネタ:2006/12/18(月) 19:10:31 ID:oLq+Vr560
本当、ごめんなさいというしかないですorz


寝間着姿のテッペイは苦笑を浮かべて自分の座る席に置かれたカレーと何故か給仕の姿をした同僚の顔とを見比べた。
テッペイ「でも朝からカレーって…。…あ、ミライくん、料理なんて出来たの?」
ミライ「テッペイさんにご馳走しようと思って、覚えたんです!」

その様子を地球から遠く離れたM78星雲から面白くなさ気に眺めていたタロウは恨めしそうに声を上げた。
タロウ「…………憎い。」
ゾフィー「どうしたタロウ。」
その声を聞き付けて来たのか、書類の束を持ったゾフィーがタロウの後ろから表れ声を掛ける。

ミライの持って来たバスケットの中身にはペットボトルが二本、大量のサンドイッチと兎の形に切られた林檎が入っている。にこやかに微笑むミライの顔をちらりと見、リュウはサンドイッチへと手を伸ばした。
リュウ「…つか、なんでお前とサンドイッチ食わなきゃなんねーんだ?」
ミライ「え、駄目ですか?大切な人とはこうして二人きりで…」

だん!と近くの壁に腕を叩き付け、タロウは再度小さな声で憎いと呟く。
ゾフィー「だからどうした、何があったタロウ!」
タロウ「メビウスの手料理を食べているあいつらが…。リュウとか言う奴に至ってはメビウスと二人っきりで!」
ゾフィー「ここまで来たら何となく予想はつくが…というか今ここでウルトラダイナマイトは止めろ!人の話を聞けタロウ!書類が燃える!」
嫉妬の炎を燃え上がらせるタロウから書類の山を遠ざけ、ゾフィーは大きな溜め息をついた。
タロウ「こうなったら…」
ゾフィー「止めろ、タロウ!いい加減に…ってどこへ行くタロウ!タロウー!!」
制止の声を聞かず、タロウは何処かへと飛び去って行くタロウ(私だって、私だってメビウスの手料理が食べたい!その為には兄としてメビウスに良い所を見せて置かないと…。待っていろ、メビウス!)

―29話本編にタロウが出て来るまで後数分。

―その後のゾフィーとウルトラの父―
ゾフィー「…と言う訳でタロウに何か言ってやって下さい大隊長。」
父「娘の手料理…。私も食べたかっ」
ゾフィー「…大隊長、仕事抜け出して地球へ行こうなんて考えないで下さいね。書類溜まってるんですから。」


529 :4コマ:2006/12/18(月) 19:14:59 ID:ajT7o0rg0
ありがちですが。。。ミライの妹をネタに4コマを
お絵描き掲示板に載せましたw
お暇でしたら、観てやってください。

530 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 20:01:37 ID:1yKFZii40
>>528
溺愛盲愛気質は、父からの遺伝なんですかね…ワロタ

>>529
サコちゃんサイコーwww
タロウの泣き顔、なんか、すごい珍しい物を見た気分だ

531 :No.6 -road to Mebius-1/3:2006/12/18(月) 21:16:34 ID:XDelFb4H0
―ディレクションルームのビジョンに、ミサキからの通信が映しだされる。

ミサキ「GUYSオーシャンからの緊急連絡です。
    昨日、太平洋沖を時速100kmのスピードで泳行する、人間大の影をレーダーが捕捉。
    イルカや鯨などと違い、身長約1.8m、明らかに人間の形状をしており、
    しかもクロールと思われる泳法という事まで判明しています…」
ジョージ「ちょっ時速100kmでクロールする人間って…宇宙人か、海底人か((((゚д゚;))」
ミサキ「その影が、急激に方向を転換し、間もなくGUYSジャパンの管轄海域に侵入予定。
    警戒せよとの事です」
サコミズ「テッペイ、こっちのモニターには反映されてるか?」
テッペイ「今切替えます…あ、この光点だ…速度は落ちてますが、確かに軌道上は
    日本に接近しつつあるみたいです」
コノミ「同じような周波の光点が、過去観測された地点を検索してみます(カタカタカタ)えっ?」
リュウ「どうした?」
コノミ「光点の出発地点…神戸港です…」
ミライ「何ですって?」
テッペイ「あっ!光点が突然レーダーから消えました!」
マリナ「どういう事…ワープか何か?」
リュウ「っしゃあ、海底人でも何でも来やがれってんだ。ちょっくら調査飛んでくるわ。ミライ、行くぜ」
サコミズ「いや、ここはもう少し様子見ようか(何かいやな予感が…)」


532 :フォースインパクト9:2006/12/18(月) 21:19:12 ID:TOGPIaIz0
タロウは80の言葉に、いきなり爆笑した。
「あはははは・・・・!」
「ちょ、何笑ってるんですか?!」
「恋ねえ、恋してたらもっと楽しいだろ。
放課後になったらすぐデートして、休みの日は近くの惑星に海水浴に行ってー。
長期休暇になったら地球で遊んで〜。
そんな暇あるか」
半眼を向ける。
「休みの日だってテストの問題作ってるんだぞ。
まあまだ僕は新米教師だから、君とユリアンみたいにはできないよ。
当分恋愛なんておあずけだな」
とっとと出て行けと手を振る。
「はいはい」
80は踵を返すと、内心でこっそり舌を出した。
(そんな楽しいばかりが恋じゃないですよ。初心者さん)


メビウスは、マックス、ゼノンと一緒に化学実験棟に向かっていた。
授業が終わった後、先生が面白い実験を見せてあげると教えてくれたのだ。
「早く早く!急がないと終わっちゃうよ!」
「待てよ!」
「廊下は走るなと言われたろう」
「だったらもう少し早歩きで!」
メビウスが振り返って二人の方を向いた時。
ドン!と誰かにぶつかった。向こうの方が体格が良いらしく、尻餅をついたのはメビウスだった。
「あ、ご、ごめんなさ・・・・」
「前方不注意、廊下を走るのも感心しないが、ちゃんとに謝るのは良いところだ」
低いが優しさを帯びた声に、三人はほとんど息を止める。
「ゾフィー隊長・・・・」

533 :No.6 -road to Mebius-2/3:2006/12/18(月) 21:20:25 ID:XDelFb4H0
―光点がレーダーから消えて程なく、千葉県沖合の漁船上にて。

船員1「うわぁ仏さん拾っちまった…ナンマイダブ…」
船員2「近くで難破でもあったか?それにしてもこの服、俺が子供の頃見た事ある…そうだ、
    ZATだ!霞ヶ関にへんちくりんな基地があったよな」
船員3「えー、でもZATってとっくの昔に解散してるよな?」
船員1「じゃあ何で今時こんなカッコでこんな沖合に沈んでたんだろ…おっ!?今、動いた!」
船員2「まさか、生きてるのか!?おーい、しっかりしろー(ペチペチ)」

―光タロウの意識―

う…カッコつけて海飛び込んだはいいけど、
水冷たいわ潮に流されるわ鮫に追っかけられて方向見失うわ…
ついでに人間体だと腹が減るってのも忘れてた…力入らない…
面倒臭くなって変身しようと思ったら、大変な事になってたさ…

バッジ、海のどこかに落としちゃったみたいだ…
変身出来なくなっちゃったよ俺…

沈んでく沈んでく…メビウス…メビウ…ス… (Black Out)←そして底引網に引っかかる


534 :No.6 -road to Mebius-3/3:2006/12/18(月) 21:28:52 ID:XDelFb4H0
―ディレクションルーム。内線電話が鳴る

コノミ「はいっこちらディレクションルーム…えっ?…はい、わかりました、伝えます…
隊長、海難事故か何かで救助された人が、うわ言でメビウス、って呼んでるそうで
   GUYSに保護依頼の問合せです」
ミライ「えっ?僕を…?」
リュウ「遭難者が何故メビウスの名前を…怪しいな。どこからの電話?警察?保安庁?」
コノミ「千葉の…勝浦漁業共同組合からです」
マリナ「はぁ?」
コノミ「漁船に、海中から引き上げられたにも関わらず、奇跡的に生きていたそうで…」
テッペイ「あっ!もしかしたら…あのレーダーの影の消えた地点!」
ジョージ「例の時速100kmクロール人間!?どんなヤツか聞いたか?」
コノミ「それが、過去の防衛隊ZATの制服を着た、20代半ばの男性だそうです」
ミライ(ZAT…聞いた事あるけど…あれ?もしかして、タロウ兄さん光太郎さんのいた!?)
サコミズ「ぶーーーっ!(全てを悟ってコーヒー噴出)ゲホゲホ…わかった、身柄引取りには
私とミライで行く。みんな(特にリュウ)は待機!いいね!?」
一同「GIG!」(隊長、何焦ってるんだろ…)

サコミズ(最近妙にセブンやレオ、80の所に足繁く通ってると聞いていたが…そういう事だったのかタロウ!)

―続く…かも(次回こそ萌え成分入れないと;)―
 

すみません息切れ気味で;
>>532さんゴメンナサイ!投下タイミングかぶっちゃった(滝汗)

535 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 21:30:58 ID:5ZRVX1fF0
いっぺんに来たーーーー( ´∀`)!!
いや本当、萌えるっつーか笑いました、タロウ...orz>>534

536 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 21:33:19 ID:TOGPIaIz0
>>531 ごめんないさい! ぶった切ってしまってすみません・・・・orz
   いやしかし、タロウ兄さん、勝浦で捕獲ですか。千葉県人なので妙に嬉しい(笑)
   そういやMATの郷さんは静岡から木更津まで泳いでくれましたっけ・・・。
   タロウ兄さん、ついに光太郎さんの姿でリュウさんとガチンコ?!

>>529 タロウ、もう涙で前が見えないよ・・・(笑)

サードライフを思いついたので途中で入れようか、このまま続けていくか、悩み中・・・。

537 :名無しより愛をこめて:2006/12/18(月) 22:15:05 ID:k7S599Jt0
 529さんのタロウ教官も、531さんのタロウ教官も
「兄さん、あんた危ない!」の域におもいっきり突入してますなぁw
 一体どこまで行くんだww

 528さん、それで父はクリスマスに脱走するんですねw

 536さん、両方ともカモーン、って言ったら鬼?
 

538 :4コマ:2006/12/19(火) 00:40:18 ID:STsS0wJU0
>>536
どこいくかわかんないけど、続けてみましょ。俺も描いてて不安。。。
たぶんおもしろい世界観確立するかも。

539 :サグラダ・ファミリア5:2006/12/19(火) 02:15:34 ID:Uv8LO1pl0
ミラ「きょうかーん、えぐえぐ(´;ω;`)」
光太「ほらほら、泣かない泣かない(可愛いなーww)」
タロ『きゅう...___o_ζ』

光太「いやでも君が人前で動くからさぁ、大好評だったよね、あはは」
ミラ「でも、ウルトラマンって言っちゃって良かったんでしょうか?」
光太「んにゃ、むしろそう言ったら大道芸人みたいに思われるかな、と思って」

ミラ「(ちょっと寒い)はー・・・」
光太「君も寒さには弱いんだよね、この時期に欧州って非常識だったかな;」
ミラ「でも、聖なる場所で一番高いところって見てみたかったですし」
光太「僕が勝手にそう思ってるだけで調べたわけじゃないけどね(くす)」
ミラ「イルミネーションも奇麗ですけどこっちも好きです」
光太「都市で、皆が互いを恋しがって引っ付いているのも捨てがたいね」

540 :サグラダ・ファミリア6:2006/12/19(火) 02:16:05 ID:Uv8LO1pl0
――塔内部

タロ『(←ちょっと回復)なんで飛べるんだ、光太郎が』
光太「いやー、単独じゃ無理だよ。君とかミライ君がいないとちょっとね」
タロ『だからなんでそんなことが可能なのかと・・・』

ミラ「奇麗な建物だなぁ、外からの見た目もそうでしたけど(はー)」
タロ「なんのためだかよくわかんないんだよね、ここw」
ミラ「え?」
タロ「コンセプトはわかってるんだけど、見てると疑問になる。なんでここまで
 でかくてこんな形になるんだって・・・寒そうだね、もうちょっとこっちに、
 いでででで、タロウ痛いってば」
ミラ「教官、駄目ですってば」

タロ『なんで兄と呼ばないんだ(ぶー)』
ミラ「えっ、あれっ、あ、え、あははははは(真っ赤)」
光太「(おーおー)しかし、面白いくらいによく表情が変わるな、君は」

541 :サグラダ・ファミリア7:2006/12/19(火) 02:16:36 ID:Uv8LO1pl0
 カツンカツン

光太「君らと時間を共にした時から、なんだか美的感覚が変わってしまった」
ミラ「僕ら・・・ですか?」

光太「大抵の人間よりも、大抵の人間が作った物よりも君らのほうが美しいよ」

タロ『聞くなメビウス、こいつのこういう言い回しは』
光太「ちょ、待てww 誤解、そうじゃないって」
ミラ「え? えと、でも僕には地球のほうが奇麗に見えます、奇麗というのか
 どんな醜い感情も含めて激しい・・・光の国は緩やかです、好きですが」

光太「君はなんとなく、静かなものが好きなのだと思っていたな」
ミラ「多分、いろいろ、なんでも好きなんです、僕・・・ごめんなさい」
光太「誰も責めてないよw むしろかわい、、痛いんだよタロウ」
ミラ「教官ー、駄目ですよー;」


542 :サグラダ・ファミリア8:2006/12/19(火) 02:17:07 ID:Uv8LO1pl0
ミラ「静かですね・・・」
光太「立ち入り禁止区域のはずだからね(にっ)」
ミラ「そういうことじゃなくて・・・意地悪言わないで下さいな」
光太「(おお、今度は憂い顔)幽霊でも出そうって? あれ、タロウの反応が
 なんだかないな。すぐに反応しそうなものだと・・・」

タロ『ぐてー___o_』

光太「うわぁ、今度はちょっと重症っぽいな;」
ミラ「しっかりして下さいーっ、あああ、どうしよどうしよ」
光太「タロウがやってたみたいにエネルギー別けるとかは難しいの?」
ミラ「向き不向きがあるんです、僕の年齢だとかなり・・・」
光太「うんまあ、それしかなさそうだから駄目元でやってみようか」

543 :名無しより愛をこめて:2006/12/19(火) 02:19:35 ID:Uv8LO1pl0
ここまでで。

ふわふわは、実は今と雰囲気違うから一時自粛のつもりでした...orzスミマセン
今のが終ったら投下させていただきます、ありがとうございます。

544 :4コマ:2006/12/19(火) 19:24:26 ID:STsS0wJU0
また、ミライの妹の4コマ描きました。
お絵描き掲示板です。

>>543
どっちも今後が気になります。
新聞の小説読んでるようで、毎回たのしみです。


545 :名無しより愛をこめて:2006/12/19(火) 20:47:52 ID:Uv8LO1pl0
>>544
たっ、タロウぅぅぅぅっ(ノ∀`)

546 :フォースインパクト10:2006/12/19(火) 20:53:40 ID:PZgoRpaf0
我に返ったメビウスは、真っ先にゼノンの方を振り返った。
「ぜ、ゼノン!ゼノン!」
「?」
首を傾げるゾフィーを傍目に、ゼノンをがっくんがっくん揺さぶる。
「ゼノン、息してーー!」
「しっかりしろー!傷は浅いぞー!」
「だ、大丈夫だ・・・・」
目を回したゼノンがなんとか二人を制止する。
「良かった・・・・」
「発作か何かか?」
ゾフィー隊長限定の、とは流石に言えず、マックスとメビウスは曖昧に笑って誤魔化した。
「問題ありません。銀十字からは後方支援の任務には差し支えないと言われました」
ゼノンは平時と同じ、抑揚のない声でしっかりとゾフィーに相対する。
「そうか。君は後方支援希望か」
「はい」
「だが、後方だからと言っても体を鍛えることは大切だ」
「心得ております」
しっかりと敬礼するゼノンに、心配していた二人は唖然と成り行きを見守る。
「そして、これは君のかな?」
ゾフィーは手にしていたペンとフォログラフプレートをメビウスに差し出した。
「あ、は、はいっ!ありがとうございます!」
よりによって警備隊の隊長に、床に落ちた文具を拾わせるとは・・・メビウスは泣きたくなった。
メビウスは手が触れ合わないように注意してそっとプレートを掴む。
ゾフィーはその時離れていくペンに初めて注意を向けた。
「ん・・・・?これはタロウのじゃないのか?」
カタン・・・・と再びペンが床に落ちた。

547 :サードライフ1-1:2006/12/19(火) 21:17:35 ID:PZgoRpaf0
「こんにちはー」
メビウスはタロウの教官室の扉を開けた。放課後にここへ来ることは、もう日課になっていた。
「ああ、よく来たね」
というタロウの返事が、少々くぐもって聞こえる。
「教官?」
床にタロウが這い蹲り、本棚の下や机の下を覗き込んでいる。
「落し物ですか?」
「うん、ペンを落としてしまって・・・・おっかしいな、こっちに転がったのに・・・・」
メビウスも持ってきたテキストをタロウの机の上に置くと、しゃがんで探し始めた。
「どんなペンですか?」
「ロイヤルブルーの地に金色の線が真ん中に入ってるんだ」
ペンと言っても、地球の様に紙媒体がないため、インクが出るものではない。
フォログラフプレートという文字の浮かび上がる金属板に書き込めるペンタブのようなものだ。
ペンによって使用できるフォントや色彩が設定されているので、一本で全ての用途を賄うのを難しい。
プレート「僕のペンを使いますか?」
「いや、いいよ。急ぎの書類仕事はないし。ただ、貰い物だからなあ・・・・痛っ!」
資料棚に角をぶつけたタロウの上に、プレートがどかどかと落ちてくる。
「教官ーーー!!ぁ痛!」
メビウスも来客用の机の角に盛大に頭をぶつける。
何しろ物が多すぎた。メビウスが出入りするようになってから僅かしか経っていないのに、
他の職員の倍はある教官室が、日を追う毎に資料や教材やらで占拠されていっている。
地球土産のある一角も、あまり綺麗とは言えない状態で隔離されていた。
「ちょっと整理しましょうか」
「うーん、一応これでも整理してあるんだが・・・・」
タロウは体からプレートを払うと、床で胡座をかいて腕組みをする。
既に床にプレートが直接積み上がっているのは何故だろう?
「でも、こっちに転がっていたら、今のままじゃわかりませんよ」
「そうだなあ。少し掃除するか」

548 :名無しより愛をこめて:2006/12/19(火) 21:20:51 ID:PZgoRpaf0
しばらくサードライフに移ります。回想シーンだとでも思ってください。
文具関係は適当にでっちあげました・・・・。

>>543 ファミリア、来ましたねー。光太郎さんが積極的にミライにアプローチ!

>>544 タロウ、昆布、昆布!(笑)

549 :名無しより愛をこめて:2006/12/19(火) 21:22:56 ID:PZgoRpaf0
547で書き間違いがあああ!!!
・・・・orz

550 :名無しより愛をこめて:2006/12/19(火) 23:41:45 ID:lVeTP83a0
>>548
おお、思ったとおりのタロウの生活無能ぶりがいい感じですね。

タロウって、ZAT時代は非番のときは平気で9時過ぎまで寝てるし、
非番で呼び出された時には文句ぶーぶー言うし、
明るく爽やかな好青年なのに、けっこうズボラで面倒くさがりな面もありますよねえ。

551 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 00:33:47 ID:UTZULUKI0
>>548
サードライフは可愛くて好きなんですが。
インパクトはそこで切っちゃうんですか、お待ちしてます...orz


552 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 00:49:37 ID:k9+aSP2a0
>>550
ズボラで面倒くさがり…というよりは生活臭がしないって感じかな
生まれも育ちもいいし、光太郎はモテてたし
いつも誰かがやってくれてるから自分でする必要がないタイプだと思う

553 :4コマ:2006/12/20(水) 17:24:42 ID:QDws+Y1O0
>>548
文具関係、ここでは何だか本編のメモリーディスプレーとか
重要な役割になりそうですね。

554 :サードライフ1-2:2006/12/20(水) 21:01:03 ID:0USnTLYM0
「あー、それはセブン兄さんの念力授業の映像!」
「それは明日職員会議で使う資料!」
「それは図書館に返す本ー!」
「あわわわ・・・・」
メビウスはタロウの一言一言に右往左往しながらも、なんとか床にまで侵食していた
荷物を片した。用務員室から掃除道具も借りてきて、綺麗に雑巾掛けまでしてしまう。
「借りてきた資料や教材は、この棚で返却日の近いものを右に置いています。
辞書辞典の類は机の右、歴史関係はこの棚で、簡易年表のポスターがあったので貼っておきました。
スポーツ理論や医学はこっちで、体術関係の隣、言語文化関係はこっちの棚、
戦略戦術関係はここに移しました」
「・・・・凄いじゃないか、メビウス!」
およそ3時間程で、カオティックだった室内にコスモスが訪れる。
タロウはメビウスの手際にしきりに感心した。ついでに頭を撫でてあげる。
「でも、ペン見つかりませんでしたね・・・・」
ゴミに分類したものや、返却期限の過ぎた本やらの、これから部屋を出て行くものをよく点検したが、
タロウの言う形のペンは見つからなかった。
「そうだなあ、これだけやって見つからないんだ、あきらめるかな」
「いいんですか?」
「しょうがない。新しいのを買えばいいし。
そうだ、本を返すがてら、これから買いに行こう」
「じゃあ、僕もう少しお掃除していますね」
「これだけやってくれたんだ、もう今日はいいさ。
それより一緒に行こう」
「えっ?」

555 :サードライフ1-3:2006/12/20(水) 21:10:29 ID:0USnTLYM0
「ほら、おいでメビウス」
タロウがにこにこしながらメビウスに手を差し出す。
「あ・・・・はい!」
少し戸惑ってから、メビウスはその手に掴まった。
先に図書館や知り合いの教官に本や映像資料を返し、二人は連れ立って街に出た。
「教官、もう手を繋がなくても・・・・そんなに小さな子供じゃないですよ」
「君はどっちかっていうと、何もないところで転びそうだからなあ」
笑いながらタロウはメビウスを軽く引っ張った。
「わっ?!」
「あはは・・・・!」
転びそうになったメビウスは軽くタロウを睨み上げた。
「酷いですっ!教官〜〜〜!」
「はは、ごめん、ごめん!」
程なく高級そうな店が見えてきた。あまり文房具を売っているような店には見えない。
「あの、教官、ココ・・・・ですか?」
「そうだよ?私の使うものは大体ここで揃えているから」
タロウはメビウスを引っ張って、ペンの置いてあるコーナーに連れてきた。
「ちょっとこの辺で見ていてくれ」
「はい」

556 :サードライフ1-4:2006/12/20(水) 21:35:10 ID:0USnTLYM0
タロウは店員を捕まえて目的の物を説明している。メビウスはケースに並んでいる
新作のペンを見て、目を輝かせた。透明なガラスのようなもの、手書きの絵が入っているもの、
綺麗な物が様々に並んでいる。スペックを見るとフォントは500パターン、色彩は20000色も入っている。
絵筆にも使えるタイプだった。
「わ〜、キレイ・・・・」
学生が気軽に買えるような値段ではないが、眺めているだけで楽しい。
「何か欲しいものでもあったのか?」
タロウが横から顔を出す。
「いいえ。ただ、キレイだなって。教官のペンは見つかりましたか?」
「うん。今、出してきてもらってるよ。
そうだ、今日のお礼にこれを買ってあげる」
「そんな!いいです、あれぐらい全然・・・・!」
タロウはメビウスの悲鳴を放って店員を呼び止めた。
「うん、この透明なのがいいな」
プレゼント包装までしてもらうと、あっという間にクリスタル製のペンがメビウスの手に納まった。
タロウの頼んで分もすぐに揃い、二人は店を出た。
「ありがとうございます!
でも、いいんですか?こんなに高いもの・・・・」
「いいよ。私のペンもゾフィー兄さんに貰ったものなんだ。
ちゃんと勉強に励めってね」
「そうだったんですか・・・・」
メビウスは憧憬の眼差しでタロウを見上げた。
「僕も勉強、頑張ります!」
「ああ。
あの頃は私も勉強が嫌いで、問題が解けないとペンを机に刺したり壁に叩きつけたりしてね。
ゾフィー兄さんが怒ってもの凄く高いのを買ってきた上に私の他のペンを全部没収して。
『今度折ったりなくしたりしたら、自分で買えって』言ってね」
メビウスの眼差しが斜め上にずれた。
タロウは笑いながらメビウスの手を引く。
「君はそんなことないと思うけど、知恵熱は出すなよ?」
「大丈夫です!」
「そうか。じゃあ寮まで送っていくよ」

557 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 21:38:56 ID:0USnTLYM0
タロウ、放課後デート。本当はもの凄く高いペンでローンでも組ませようかと思いましたが(笑)
文具店のイメージは銀座の伊○屋。50万円のボールペンとかびっくりしましたね。
そんな店が養成所の近所にあるのかとかつっこまないでください。
光の国って夜はあるのか、あと普段は食事するのか。光エネルギーだけで大丈夫なのか。
考えると夜も眠れない。
回想シーンはここで終わって明日からインパクトに戻ります。

558 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 22:18:51 ID:4qxi0bv+0
>>557
タロウの気前のいいボンボン息子ぶりがまたいいですね。
父と母から惜しみない愛情を受けて、兄弟からも可愛がられたからこそ
気取らない素直な優しい子に育ったんだろうと思えてほほえましいです。

そういえば、光の国の夜は、わざわざダークライトをつけて暗くするって、
タロウ放映時の小学3年生に載ってました。



559 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 22:22:41 ID:htXjUkSa0
うはー。タロウはだめな先生だな、生徒にプレゼントするなんて。
でも常識の斜め上を行くのはタロウらしい。

560 :4コマ:2006/12/20(水) 22:23:30 ID:QDws+Y1O0
>>557
ほのぼのしますよ!いいですねえ。
コスモスちょっと居たみたいでしたけど、すこしセリフほしかった。
危ないお兄さんにしてる自分が。。。恥ずかしい。。。

561 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 22:25:28 ID:htXjUkSa0
>>560 ちょwwww
カオティック(混沌)←→コスモス(秩序)ですよ

562 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 22:31:45 ID:UTZULUKI0
>>560,561
あはw しかしコスモスもM78系でしたっけ(違ったかな?)。
同級生って皆さんマックスゼノンが多いですけど、コスモスもいいですねー。

>>556,559
生徒にプレゼントしちゃ駄目ですよねぇ(*´∀`)

563 :4コマ:2006/12/20(水) 22:33:38 ID:QDws+Y1O0
>>557
滝汗。。。すまん!馬鹿で。。。

流れがイイところに何ですが。。。4コマお絵描き掲示板に載せときました。。。
紹介していいのか、すこし不安です。。。

564 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 23:12:50 ID:6KrSMFYU0
 >>563
 ひょっとしてこれで皆にメビたんおにゃのこバレ?

 正直テッペイさんの身の安全が心配なんですが。
 タロウ兄さんに知れた日にゃ…



565 :4コマ:2006/12/20(水) 23:16:19 ID:QDws+Y1O0
>>564
この夜、テッペイにはバレたかとか。。。想像してんですけどね

566 :名無しより愛をこめて:2006/12/20(水) 23:34:18 ID:6KrSMFYU0
 やっぱりテッペイさん、危ないよ!
 みーたーなー、と背後にオドロ線背負ったタロウ兄さんが…ヒィィィ
 
 それは横においといて、
 テッペイ→ジョージ・コノミ・マリナにはあっという間にばれても
 リュウさんはなかなか気づかないんだろーなー…

567 :4コマ:2006/12/20(水) 23:45:23 ID:QDws+Y1O0
>>566
リュウ隊員は気づかないかもね。
4コマのタロウ兄さんだと。。。破滅的な展開??w

568 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 00:00:45 ID:aFabOwxt0
No.14の3コマ目。メビウスの後ろのかわいい子は誰だ?オリジナルウルトラマンかなー?
と思ったら…ゼノンじゃん!

もしかしてこれ幼年部〜卒業式って感じだったりしますか。
日常を切り取った感じで、こういうのもいいね。


569 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 00:01:56 ID:MvpPYMAj0
 >>567

 タロウ「み〜た〜な〜」

 襲い来るタロウ兄さんの脅威にテッペイの対抗とっさの策は
 「ミライ君(メビウス)のこんな秘蔵写真ーっ」

 ということぐらいしか思いつかん…orz 職人さんいつも凄いわ

570 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 00:04:16 ID:ZhQI0J5W0
>>569
秘蔵写真の内容によっては八つ裂きかとww

571 :4コマ:2006/12/21(木) 00:17:25 ID:qwTU7x9R0
>>568
サードライフのタロウ教官もよいなと思って。4コマにしてみました。

>>569
ガイズとタロウ兄さん入り乱れ。。。封印した技が!w
そんなことしたらいかんね。。。

>>570
ミサさん助けるのに。。。秘蔵写真撮ってるテッペイって。。www







572 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 00:19:09 ID:MvpPYMAj0
 >>568
 ゼノン姐さん説がありましたな。0勝1敗1見学スレで。

 >>570
 その前に鼻血…いえ、なんでもありません。

573 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 03:13:26 ID:V4inWVgtO
>567

タロウ「言えっ!そこのちっこい地球人!メビウスの何を見たっ!?
   事によっては…(ダイナマイトスタンディングバイ)」
テッペイ「あわわ・・・あのっタロウさんっ!よろしかったら、これ」

つ・写真集「mirai」(ちょっとオトナなセクシーショットw)
・34話の道着姿写真(チラチラ覗く腹筋と胸元)

タロウ「うわあぁぁっこんなあられもない姿をっっ!!!
(脳内でおにゃのこ変換され鼻血噴射)」

その後派手に昏倒して銀十字病院に運ばれ、
テッペイは事なきを得る、と。

すまん悪ノリした。


574 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 07:31:10 ID:gjhYqvoD0
>>573
 リベンジを誓うタロウの姿を連想した。鼻にティッシュの栓こみで。

 


 以下コネタ。

 
 奥様の名前はミライ。
 旦那様の名前はリュウ。
 ごく普通?の隊員の二人は
 ごく普通?の恋wをし、
 ごく普通?の結婚(ヲイ)をしました。
 でもただひとつ違っていたのは、奥様wはウルトラマンだったのです。

 タロウ「私は認めなーい!」 


 …すまん悪ノリした。
 反省している。だが後悔はしていない。


 

575 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 17:34:18 ID:AaesmIub0
>>574
ヒカリ「コメント出来る立場ではありませんので・・・」逃亡w

576 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 20:15:01 ID:ARUE201S0
こうして「ウルトラマンにも鼻がある」ことが発見されたのであった。

577 :No.6盤外:2006/12/21(木) 20:16:32 ID:dpCA9SyH0
勝手に新婚生活想像しちまったので;

リュウ「おい、また晩飯カレーかよ…」
ミライ「…いけませんでしたか?昨日はインド風激辛カレーだったから、
今日はタイ風にマイルドにしてみたんですけど」
リュウ「カレーのバリエーションだけ豊富でもなあ…あと、弁当のご飯に
あからさまなハートマークとか、うさぎさんリンゴとかタコさんウィンナーとか
ひよこさんゆで卵とかもいいから…冷やかされて参るんだよ」
ミライ「…ごめんなさい!僕…一所懸命頑張ってるんですけど…(瞬く間に目がうるうる)」
リュウ「おいおい、泣くこたぁねえだろ…あ、何かお決まりのヤバい雰囲気…」

無意識のうちに、ミライは悲しみのウルトラサインを放っていた…

♪チャラッラッラッラッラタロウッ!―――ウルトラマンッナンバァーー6ッ! チャーチャチャーーチャッ!

リュウ「うわやっぱり来やがった!しかも既にダイナマイト待機状態かよ!」
ミライ「タロウ兄さんっ、違うんですケンカじゃないんですやめて下さい〜っ!!」

サコミズ「リュウ、夫婦喧嘩は明らかにキミに分が悪い…(小舅いっぱいだし)
   てゆーか、タロウがリュウと合体すれば丸く収まるような気がしてきたよ…」

…すまん悪ノリした。反省している。だが私は謝らなry


578 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 20:23:26 ID:dpCA9SyH0
うあー修正途中で送信しちゃった;
タイトル誤変換のまま…「番外」です。謝りますorz

579 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 20:40:30 ID:V5rchrSt0
>>563 サードのタロウ先生、最後のコマの寂寥感が〜v 萌えました。
    テッペイさん、「ミライ君、女の子に変身できる?」とか聞いてくれれば・・・!

新婚生活というかその辺、「お○さんは心配性」みたいなノリですね。

580 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 20:46:25 ID:0tUFfAbv0
>>577
>タロウがリュウと合体すれば丸く収まるような気がしてきたよ
すげえ…!!目から鱗が落ちたような気分になった
でも、それでいいのか釈然としないところがw

581 :フォースインパクト11:2006/12/21(木) 21:00:43 ID:V5rchrSt0
メビウスは床に落ちたペンを攫うように掴んだ。
「あ、あのっ、これっ、きょ、教官から、借りて・・・・この間、質問に行った時に、ペン忘れて・・・それで・・・・
返してきますっ!!」
ゾフィーの前にいることが恐くなり、メビウスはその場から逃げ出した。
「君!」
「おい、メビウス!実験は!」
後ろから追いかけてきたゾフィーとマックスが両隣をすり抜けていく。

ドン・・・と何かがぶつかったような音がして、タロウは机から顔をあげた。
「誰かきたのかな?」
だが、しばらく待ってもノックもないし、声もかからない。
気の所為かとも思ったが、扉の方から人の気配がしないでもない。
「まあいいか」
そろそろ会議に出る予定だったので、荷物をまとめるとドアを開けた。
途端に小さな人影がタロウの方に倒れ掛かってきた。
「おわっ?! 
メビウスじゃないか!」
久しぶりに見たメビウスは肩で息をしていて、プレートと筆箱を抱えていた。
「どうしたんだ?!何処か怪我でもしたのか?誰かに苛められたのか?」
メビウスは首を激しく横に振ったが、何も言わない。
タロウはメビウスを抱き寄せると、ドアを閉めた。来客用のソファに並んで座ると、何度も背中を撫でてやる。
「どうしたんだ?私にできることなら、相談に乗るから」
いきなりボタッとメビウスの瞳から大粒の涙落ちる。
「きょ、うかん・・・ごめんなさい!!」
「?!」
「ごめんなさい、ごめんなさい!
僕、ウソつきました!」

582 :4コマ:2006/12/21(木) 22:08:34 ID:qwTU7x9R0
>>579
そうだとテッペイさんにもバレないわけですね


583 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 23:43:09 ID:wPr86unj0
>581
 インパクト、キターッ メビたん、一人で思いつめるタイプだよなぁ。

>577
 タロウとリュウが合体したら、絶対に主導権争いが勃発しそう。

 この調子で、メビそっくりな娘が生まれた日には
 実の父親以上にウルトラな親馬鹿誕生になりそーだ、タロウ…orz


584 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 23:48:36 ID:wPr86unj0
奥様じゃなくて恋人がウルトラマン状態のコネタ
(経験値:ランニングで手を繋ぐ。二人でお弁当。お子様でぇと未満)

 テッペイ「ウルトラマンの繁殖ってどんな風?」←純粋に探究心
 マリナ 「ちょっと、なに恥ずかしいこと聞いてんのよ!」 ぱかん!
 ミライ 「??? あれって恥ずかしいことなんですか?」←真顔
 リュウ 「…(なんかいやな予感)ミライ、お前が知っていることをちょっと言ってみ?」
 ミライ 「えーと、愛し合っている男女が」
 テッペイ メモメモ。
 ミライ 「息を合わせて、お互いに向けて光線を打つんです!」

 コノミ 「・・・格闘技?」(保育園の子と同じレベルなんだ)
 マリナ 「・・・激しいのに、色気はカケラもないのね」
 ジョージ「果てしなく道は遠いぜ、アミーゴ」←リュウに同情のまなざし
 リュウ 「…orz」←いたいけな子供に手を出しているような気分になった。

 おまけ
 サコミズ「…orz」←あんなことやこんなことまで自分が教えにゃならんのかと思うとry
           かといって放置するとタロウの横槍が入って事態がry
           純真なのは程ほどでいい。もう少し地球人の一般常識をry
          
 …すまん、また悪ノリした。反省している。
 ただ最後にタロウ兄さんの出番がなかったことが心残りだ。

585 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 23:51:48 ID:ZhQI0J5W0
>>584
経験値が本篇より少なめなんだ(llノ∀`)
そうだよね、女の子だもんね...orz

隊長がそんなこと教えるのもそれもそれで犯(ry

586 :名無しより愛をこめて:2006/12/21(木) 23:54:02 ID:HKyN2+pi0
かといって、リュウとヒカリが合体しても、
家に居つかなさそうだしなあ〜
あ、亭主の留守にタロウさんが・・・

587 :4コマ:2006/12/21(木) 23:55:12 ID:qwTU7x9R0
>>577
笑かしていただきました。プチダイナマイト以来ですw 今度はbgm付き!

>>581
毎回その情景が浮かんで、いいですね。インパクト。

588 :4コマ:2006/12/22(金) 00:06:06 ID:6L7E+vuX0
>>584
キャラが確立してるって、おもしろい。台詞だけで絵がでてくる感じですw
てか、光線なんだ。初めて知りましたwww
ジョージ隊員の顔描けずに困ってたんだけど、
何だか花輪くんぽくするかとか考えてしまいましたw

589 :イブの予定(関東ローカルネタ):2006/12/22(金) 01:52:11 ID:nqnwZfXf0
タロウ「♪ターロオ〜行〜くぞ〜み〜んな〜そ〜ろい〜」
レオ「タロウ兄さん、妙に嬉しそうですね」
タロウ「クリスマスイブにメビウスと二人だけでショーやるんだ♪川崎のヒー●ーズベースで」
レオ「ほー、イブにですか…」
タロウ「ショーは11時半〜、15時半〜 だから、夕方からは二人で…フフン♪」
ウル父「…悪いがタロウ、私も地球に行く事になってな」
タロウ「父さ…いや大隊長、聞いてますよ。23日の降臨祭ですね」
ウル父「そのついでに、イブにサンタを頼まれた。お前も来るんだ」
タロウ「えっっ何で私まで…」
ウル父「場所は青戸ユア●ルム、時間は11時〜、13時〜、15時〜だ。サンタの衣装忘れるなよ」
タロウ「えぇっ3回も…つか11時って…川崎の1回目に間に合うかな…」
ダイナ「イブの予定はそれだけじゃないですよタロウさん」
タロウ「ちょっっ、、アンタ誰!?」
ダイナ「初めまして。僕も成田ユ●エルムで餅つき頼まれたんですが、一人じゃ心もとなくて
   どうしようかと思ってたら、ノアにタロウさんの事教えてもらいまして」
タロウ「えーっ何でまた俺!?つかノアって誰だよ!?」
ダイナ「餅つきと言えばタロウさん、て言ってましたよ。専用の臼までお持ちだそうで…あ、
   お父さんも餅つきお得意そうですね〜」
タロウ「モチロンは専用臼じゃないっ!つか軽軽しくお父さん言うな!仮にも宇宙警備隊の…」
ウル父「いや、こうして別次元のウルトラマンと知り合えたのも何かの縁。
   タロウ、彼を手伝ってあげなさい」
ダイナ「じゃ、タロウさん頼みましたよ。時間は14時〜、17時〜 ですからね」
タロウ「ええーー('A`)待ってくださいよ勝手にっ!超強行スケジュールじゃないですか!」
マン「おい、17時からは●の科学館のレストランでディナーパーティーもあるんだぞ。
   私とセブン、ゾフィー兄さんも参加するし、メビウスも来るから泣くなよ」
 (注:昼の部もあるが、さすがにカブるからウルトラセパレーション使う事に) ←最初から使えばええやん;

レオ「代わってやりたいけど…俺、どこにも呼ばれてない(爪A爪)」

―場所とタイムテーブルは本当なので、関東圏の方はお時間あったら是非♪

590 :4コマ:2006/12/22(金) 02:02:12 ID:6L7E+vuX0
>>589
降臨祭の前って想像力かきたてますなw
さっきヨウツベで、餅つきみたよ。笑ってもうたw

4コマのせときました。お絵描き掲示板に。

591 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 08:42:47 ID:4YArBCDW0
>>589
なんでタロウのがメビより忙しいんだww

592 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 10:57:50 ID:VNVvhCoy0
イブに何の予定もない喪男みたいだなレオ。


593 :タロウ兄さん幸せ計画:2006/12/22(金) 12:45:37 ID:DBxfy4mO0
フェニックスネストにタロウ兄さん(人間体)が遊びにきました。

ミライ「ここがディレクションルームです。
普段はここで待機したり、ミーティングしたりするんです」
光太郎「ミライの席はどこだい?」
ミライ「こっちです」
堂々とミライの席に座る光太郎と、その上にお膝抱っこのミライ。
リュウ「おいっ、コラーー!!何してやがる!」
光太郎「何って、席に座ってるだけだけど・・・・」
ミライ「どうかしましたか?」
リュウ「どうかじゃねえよ!アンタはこっちに座れよ!」
リュウが指したのは補佐官とかがラーメンすすってた脇のテーブル。
光太郎「ああ、そっちにも座るところがあったのか。
気遣ってくれて悪いね」
ミライ「すみません教官。昔からの癖がなかなか抜けなくて・・・・」
光太郎「こら、もう”兄さん”だろ?」
ミライ「はい!
リュウ「・・・・(怒)」


タロウ「よし、このシュミレーションどおりにやれば、メビウスをあの暑苦しい男から遠ざけ・・・・」
ゾフィー「どこへ行くタロウ」

594 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 14:02:50 ID:PeiIX9hIO
>>591
リアルに人気の差ry

595 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 18:21:21 ID:N1uDgIDuO
>>591
ものすごくぶっちゃけるとクライアントの予算の差

現行ウルトラ>>>旧平成ウルトラ>>>>>昭和ウルトラ

メビウスのブツは高い上に規制も多いが、昭和ウルトラは
わりとリーズナブルで緩かったりする。
…で、人気は(同じメビウス客演組でも)
タロウ>>>レオ っつーワケなんだな…
それよりタロウと組まされるダイナ…クライアントにファンでもいるのか。

どーでもいい話で失礼した。

596 :4コマ:2006/12/22(金) 18:59:33 ID:6L7E+vuX0
>>593
お膝抱っこのミライ...すごい光景だw

>>595
いい勉強になります。故郷のない男で個人的には、だいぶレオ好きになりましたね。

4コマ上げときました。お暇な方はどうぞ。


597 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 20:19:37 ID:PQFaZCU10
 タロウ兄さん、過保護すぎw

598 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 20:42:10 ID:4YArBCDW0
>>596
まとめて二本見ました、とことん過保護っす( ´∀`)

599 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 20:59:49 ID:T5c5nuKO0
>>577
タロウ教官↓

    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < あんなのと合体なんてヤダヤダ
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ジタバタ
      _, ,_
     (`Д´ ∩ <  光太郎カッコイイもん!老けてもずっとカッコイイもん!
     ⊂   (   
       ヽ∩ つ  ジタバタ
         〃〃

      ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) < 光太郎じゃなきゃヤダ…
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック...

600 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 22:41:50 ID:GDi/ohXT0
>>599
     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  `l_
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| |
     ::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./      
     ::|  ';:::::┌===┐./  分かったから早く仕事しろ    
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./
     ::| 。 ゝ::::::::`---´:ト。
     ::|:ヽ 。ヽ:::::::::::::::::ノ 。 `|:⌒`。
     ::|:::ヽ 。ヾ::::::/  。  ノ:::i   `。
     ::|:::::::| 。 |:::|  。 /:::::::|ヾ:::::::::)
     ::|::::::::| . 。 (●) 。 |:::::::::::|、  ::::〈

601 :フォースインパクト12:2006/12/22(金) 23:08:20 ID:DxyezWx+0
メビウスは叫ぶと、ぎゅっと握り締めていたペンをおずおずと差し出した。
「これは・・・・掃除した時に見つけたのかい?」
タロウは怒りもせずに優しく問い掛ける。メビウスは首を横に振った。
「この間、80先生が来た時に・・・・帰ろうとしたらドアの近くにあって・・・・。
返さなくてごめんなさい!」
深く頭を下げるメビウスの肩に手を置いて、タロウはそっと顔を上げさせた。
「いいよ。君はわざとやったんじゃない。それに、こうしてちゃんと返してくれた。
黙って持っていたのは辛かったろう?」
またメビウスの目から涙が零れる。それを見て、タロウはメビウスが80の言葉を立ち聞きしたのだろうと察しをつけた。
ここのところ遊びにこなかった訳だ。タロウは何度もメビウスの頭を撫でる。
それに安心したのか、メビウスはまたぽつりと言葉を漏らした。
「でも、僕、ゾフィー隊長にも嘘つきました・・・・」
「隊長に?なんでまた?」
「さっき会った時に、『教官に借りた』って言っちゃったんです・・・・。
でも、どうしてそう言ったのかわからなくて・・・・。マックスとゼノンも置いてきちゃった・・・・」
僕は悪い子ですと、落ち込むメビウスを撫でてやりながら、タロウは考えた。
(最初から全部を説明するのが面倒になって、簡単に済ませられる嘘を言ったんだな)
それはどちらかというと、地球人の感情に近い。案外この子は地球に行った方が成長するかも知れない。
そして顔を見ていなかったここ数日を思い出すと、タロウは撫でる手を止め、今持っている新しい方のペンを差し出した。この間一緒に買いに行った時のものだ。
「じゃあこれを貸してあげる」
「え?」
「そうしたら、私から借りたって言えるだろう?」
「あ、あの・・・でも・・・・」
「また返しにおいで。君に地球の話をしてあげる」

602 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 23:12:48 ID:DxyezWx+0
4コマ>とうとうタロウ兄さんが仲間に!
    メビウスを狙うハンターの様な視線がたまりません(笑)
    一体何処まで過保護になるのやら・・・(笑)
    とりあえず要注意は父(笑)

603 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 23:17:27 ID:UR68Utn00
>>600
ナイス!突っ込みw

604 :名無しより愛をこめて:2006/12/22(金) 23:46:08 ID:suULT+qz0
インパクトイイナ〜(´∀`)

605 :4コマ:2006/12/23(土) 00:31:20 ID:dvnTyoAf0
>>601
文具の話がこういう展開になるんですね〜。
金曜の夜(もう土曜)、ほっとさせて頂きました。

606 :サグラダ・ファミリア9:2006/12/23(土) 02:15:34 ID:Yf6h081g0
タロ『私を放っておくという選択もあったはずだ』
光太「だってそんなの詰まらないじゃないか」
タロ『つま・・・っ』
光太「ほら、この子の髪の毛ふわふわ、もうちょっと伸ばせばいいのに」

ミラ「すーすー・・・」

タロ『お前、面白がってるな! そもそもなんだそのテンションは』
光太「君だってミライ君が起きてるとなんか駄々っ子じゃないか」
タロ『だだ、どこがだ?!』
光太「えー、甘えてるっていうか、見てらんない。冗談だよ、技構えないで」
タロ『・・・エネルギーが勿体無い』

光太(短い手足でミライ君に張り付いた姿が妙に可愛い・・・ぷぷ)
 (だいたい、僕とも引き剥がしたいのに冷やしそうで出来ないんだねぇ)

607 :サグラダ・ファミリア10:2006/12/23(土) 02:16:04 ID:Yf6h081g0
光太「まー、目ぇ醒めたらどこかホテルでも入ろうか・・・そこで引くな」
タロ『私も地球時代の記憶がないわけではないぞっ』
光太「うわ、なんだか傷付いた、その言い方だと比重軽いし」
タロ『そういうわけでは・・・なんだこの会話は』
光太「さー、なんていうのか、嫉妬、かなぁ?」
タロ『なんで自分のことなのに疑問系!』
光太「君の考えてることだってわかるのが当り前だったのになぁ」

タロ『・・・多分、それを口にするのはルール違反だ、光太郎。我らの道はもう
 別たれた、戻れるのだとしても心は違う』
光太「そうだね、ミライ君可愛いなぁ、100%ウルトラマン」
タロ『つながってないし、なんか怖いしっ』

光太「君と共に行けば良かった、この子と出会うのなら」
タロ(・・・けれど光太郎と共にいたのならば、きっと私は)

608 :サグラダ・ファミリア11:2006/12/23(土) 02:16:35 ID:Yf6h081g0
“博愛”の話をしようか。
すべての人を物を、平等に愛することだそうだ。

――とあるところにとある兄弟がいてな。
その片割れが悪い妖怪に騙されて・・・いや妖怪ではないのだが、そこはそれ、
具体的には弟が妖怪に成り代わられたわけだよ。
それはまあ、誰にも見破られないものだったんだけどな。
それ見た兄は弟の望みが間違ってることわかっても、弟に付いたと。

羨ましかったんだよ、わかるかこの気持ち?


あの子はまあ、けして国に害を為すようなことは望まないんだけれども。
たとえば全ての者に逆らってでも「誰か」を助けようとするのならば。

僕は多分その前に立つだろう、衝動的に、なにもかもを捨ててでも。

609 :サグラダ・ファミリア12:2006/12/23(土) 02:17:08 ID:Yf6h081g0
ミラ「・・・あ、教官」
タロ『動くな、どうしてそう、いつも無理をするんだ、君は?』
ミラ「ここ、眩し・・・」
タロ『光太郎のツテというちょっと妙な実験装置だよ、まあ助かるが・・・。
 (出来ればもう少し早くというかなんというか)』

光太「君らですら眩しいと感じるほどだが小型なので極めて消耗が激しい。ま、
 見た目のわりに気休めだね(ぽふっ)」

ミラ「こちらは?」
光太「近場のホテル、君の体調が悪いって言ったら臨時で入れてくれた」
タロ(到底、そんなもので済むような内容ではなかったが・・・)

光太「はい、気付け、熱いから気を付けて」
ミラ「あ、ありがとうございま・・・ぐー」
タロ『メ、メビウス???』
光太「いかにもアルコールに弱そうだったが匂いで駄目なのかー」
タロ『お前は私になにか恨みでもあるのかっ』

610 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 02:17:42 ID:Yf6h081g0
ちょっと半端ですが書けたところまでで...orz

611 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 08:05:37 ID:3XAP4NjE0
>>608
 もしかしてレオとアストラの話?

612 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 08:42:35 ID:Yf6h081g0
>>611
を極めて適当に己の好む部分だけ語ったものです。
前後を入れると失われた故郷がどうとかどうしても混じりそうなので。

613 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 12:02:01 ID:yelWhDVAO
タロウ教官の人気に嫉妬
なんだかんだでタロウって愛されてんなぁ。

実際過保護ってわけでもないのに過保護がデフォだし。
ネタにしやすいんだろうな

614 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 14:06:37 ID:HTMl3AJm0
 すいません。
 イブ+恋人はウルトラマンネタで、
 少女漫画かお前は!な内容でも投稿宜しいでしょうか?
 
 また、OKの場合も、量があるので、
 日にちを分けて投稿したほうが宜しいでしょうか?
 最初に思い浮かんだ17行のおまけを書くのに、
 その前フリが増殖・・・orz


615 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 14:27:00 ID:LhB4X9qA0
OK〜〜〜!!
ぜひとも、一気読みさせてください。明日のイブに!!!

616 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 16:21:48 ID:EASbAMe90
見たい、見たい!

617 :4コマ:2006/12/23(土) 16:30:03 ID:dvnTyoAf0
>>614
おおお!お待ちしております!

618 :4コマ:2006/12/23(土) 18:19:27 ID:dvnTyoAf0
>>613
言われると思ってました。。。
すこし変化ないとね。反省しとります。
にしても、父の背中よかったな!w

619 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 20:44:45 ID:+CNZzfgh0
>>615、616、617 ありがとう。
 イブにはフライングだが、父の背中みたら書き直したくなりそうなので
 今夜中に上げます。しかし、一回の投稿で何行OKなんだか・・・。

>>618 タロウ教官、なんとなく本編でも過保護の香りがそこはかと(ry

 ウルフェスではどうだったんでしょうか、教官。
 科学者大人気で、モチロンが漢前、という噂は耳にしましたが。

620 :恋人はウルトラマン1:2006/12/23(土) 20:55:58 ID:+CNZzfgh0

 みんなの夢がかないますように。

 今年は暖冬なのだという。
 ミライにはこれでもまだ暖かい年、とは信じられない。
 特に夜になると一段と冷え込みが厳しい。
 基本的に光の国の住民は地球人より寒さに耐性がない。ミライも例外ではなかった。
 骨身にこたえるから、いつもなら絶対に外に出ない。でも今夜は特別だ。
 夜間外出の許可申請をもらって、リュウと二人で外を歩く。
 ミライはリュウの倍は着膨れていた。あまりの完全防備ぶりにみんなに笑われたほどだ。
 それでもしんしんと冷えが忍び込む。
 つま先からもしびれるような冷えがあがってくるし、吐く息が白くなるほどの冷気は呼吸するのも正直つらい。
 だけど手袋越しにリュウの体温が感じられて、ミライは自然と笑顔になる。
「きつくなったらすぐに言え。無理するんじゃねぇぞ」
「大丈夫です。これってデートですよね?」
 外は寒いのに、びっくりするほど人が出歩いていた。
 はぐれないように手をつないで、その人の流れを進む。
 暗闇の中のイルミネーションの美しさ。
 若い男女の組み合わせも多いけれど、親子連れもみかける。
 光を見るみんな幸せそうな笑顔。イルミネーションに負けない、きらきらとした笑顔。

 いつまでも、この光景を守れますように。
 いつまでも、この人たちが幸せであるように。
 一日も早く地球に平和が訪れるようにがんばろう。
 それまで大切な人のそばにいられますように。

621 :恋人はウルトラマン2:2006/12/23(土) 20:59:10 ID:+CNZzfgh0
「サンタさんにお願いするとしたら、皆さんは何がいいですか?」
 ミライの言葉に思わずリュウは固まった。
「ミライ君、保育園のクリスマスの飾りつけの手伝いに来てくれたの。
その時、うちの子にサンタクロースのことを教えてもらったみたい」
 子ども(しかも保育園児)にサンタのことを教わるウルトラマン。
 しかも真に受けている。
 突っ込みどころがてんこ盛り。
 しかし、にこにこと返事をまっているミライを見ているとその気もうせる。
「グローブかしら。丁度くたびれてきたし」
「この間でた、超獣全書かなぁ・・・高いんだよ、アレ」
「アサミとのデート…いて!」
「何の話かね」
 テーブルの下で蹴られた向こう脛をジョージが抑えていると、トリヤマとマルが通りがかった。
「サンタさんの話です。願いがかなうなら補佐官はどんなことをお願いしますか?」
 ミライの言葉にマルは「もうそんな季節!」とつぶやいた。このところ多忙で失念していた。
「補佐官は総監とお会いすることですか?」
 マルの問いかけに、だが意外にもトリヤマの答えは違った。
「いや、わしは地球の平和だな」
 一同は意外そうにトリヤマの顔を見てしまった。
 とりわけミライが向けたまなざしはきらきらと輝いていた。
「補佐官! 僕、今すごく感動しました!」
 滅多にうけることのない心の底からの尊敬をうけて、トリヤマは思いっきり気をよくした。
「うむ、やはり平和が何よりだろう。大切な者との幸せな生活、これに勝るものはない。
何時までも怪獣や宇宙人の侵略が絶えないのは悲しいことだ。
GUYSもウルトラマンも必要とされないのが一番なんだがなぁ」
「流石は補佐官!」
 マルに続いて、ひと呼吸後、ミライも笑みの形を作った。
「はい、その通りですね!」

622 :恋人はウルトラマン3:2006/12/23(土) 21:01:07 ID:+CNZzfgh0

 みんなの夢がかないますように。

 一番最初に思い浮かんだ願い。
 みんな、かなえたいことがあるのに、遠回りは承知でGUYSに入ってくれた。
 リュウさんは自分たちの手で地球を守るといった。

 その後で思い浮かんだもう一つの願い。
 本当はずっとずっと一緒にいたい。
 でも、ウルトラマンがずっと地球に存在する、ということはずっと地球が危険に晒されているということだ。
 そんなことにも気づかなかったなんて、僕は本当に未熟なウルトラマンだ。
 遅れたけど、ちゃんとそのことに思い当たって本当に良かったと思う。
 ツリーに下げている靴下から、今朝いれた便箋を抜き取る。
 そして書き直した手紙を代わりに入れた。
 最初の便箋は、コノミの保育園の園児が分けてくれたもの。
 あの子の優しい気持ちがこもっているけれど。
 便箋を握り締めたこぶしを自分の顔に押し付けて、ミライは心の中で謝った。

 ごめんなさい。

 躊躇いながら、くしゃくしゃになってしまった手紙をくずかごに捨てた。

 サンタさんに読まれなくてよかったと思う。


623 :恋人はウルトラマン4:2006/12/23(土) 21:04:17 ID:+CNZzfgh0
「まだなんの用意もしてないの?」
 マリナの声がいつになく冷たく感じられるのはリュウの気のせいではないだろう。
「忘れてたんだよ!」
「こうなったらミライ君に直接聞いたら?」
 聞くには聞いたのだ。
『リュウさんがくれるものなら、それだけで嬉しいです!』
「あ、もう、何でも嬉しいって、言われちゃったんだ」
 言い当てられて、リュウとしても反論しづらい。
 できればさっさとこの場を離れたい。
が、恥をしのんで教えを請うている今、この場からの離脱はまず不可能。
「ミライ君、絶対本気よね。うーん、でも確かに困るわね、それ」
 マリナも軽く頭をおさえる横で、元気よくコノミが挙手した。
「あ、心当たりありまーす」

 深夜となれば人気もない。

「なんで、そんなまねをしなくちゃなんねぇんだ」
「知りたいんですよね? ミライ君の希望」
 にっこり笑ってコノミはリュウの反論を封じた。
「ディレクションルームにツリーがかざってあるでしょ。
そこの靴下に今朝、ミライ君がサンタさんへお願いのお手紙入れてたみたい」
「なんでまた靴下の中に」
「教えてもらった子のお家では、毎年そうやっているからじゃないかなー。で、返事は?」
「…GIG」

624 :恋人はウルトラマン5:2006/12/23(土) 21:11:01 ID:+CNZzfgh0
 別に後ろめたいわけじゃないぞ、と思いながら足音を忍ばせてしまうのは自分でも妙に腹立たしい。
 ディレクションルームは照明をつけなくても電飾でぼんやりと視界が効く。
 いちいち明かりをつけるのも面倒でそのまま暗がりの中、目的を遂行しかけたときに通路に足音が響いた。

 つい、リュウが物陰に隠れてしまってからしばらく、ディレクションルームの入り口が開いた。
(ミライ?)
 点滅するイルミネーションの明かりの元、ミライは危なげなくツリーに近づく。
 そして靴下から紙を抜き出した。そして別の紙を入れる。
 コノミが言っていた「サンタへのお願い」に違いなかった。だが、様子がおかしい。
 取り出した紙を握り締めた手で顔をおおった時、リュウはミライが泣いているのかと思った。

 ・・・ミライの足音が遠ざかり、すっかり聞こえなくなってからリュウは動いた。
 ミライが捨てたのは、小さな子どもが好みそうなキャラクターの描かれた便箋だった。

『サンタさんへ
 みんなの夢がかないますように』

 それは新たに靴下に入れられていたGUYS支給の便箋にも同じことが書いてあった。
 ただ、最後の行が抜けていた。


625 :恋人はウルトラマン6:2006/12/23(土) 21:15:47 ID:+CNZzfgh0
「ここ、僕たちの思い出の場所ですね! 夜は初めてです! こんなにきれいな光景なんですね!」
 きらきらとした目で、夜景を見ているミライ。
 寒さに弱い、と知っていたが、今夜はここへつれてきたかった。
 初めて出会った場所。セリザワのことで、ミライの言葉を否定した場所。
 メビウスと正体を明かしたミライと語らった場所。
 種族の特徴なのか、ミライ本人の個性なのかまでは分からない。
 だが、自分の知る限りウルトラマンの愛情は深く広く激しい。そして犠牲的だ。
 3分間に自分の命を削りながら戦う、ウルトラマン。
 『僕は、戦いたい!』
 いつもにこにこしているミライでさえ、垣間見せた激しさ。
 地球を守るために派遣されたウルトラマン。
 怪獣の活動期が終われば、その助けが不要となれば、ウルトラマンは帰還する。
『みんなの夢がかないますように』
 それも間違いなくミライの本心からの願いだろう。
 だが捨てられていた手紙の最後に書かれていたお願いもミライの願いのはずだ。

『なるべく長くリュウさんのそばに居られますように』

 なるべく長く、と頭につけなくてはならなかったミライ。
 結局それすらも取り下げたミライ。
 でもお前、もう少し利己的になっていいんじゃねぇか?
 みんな、の中に自分も入っていることを忘れているんじゃねぇか?
 俺はサンタじゃない。願いかなえる神様じゃない。
 だけどお前だって神様じゃない。
 人類のために犠牲になる神の子じゃない。


626 :恋人はウルトラマン7:2006/12/23(土) 21:21:16 ID:+CNZzfgh0
「なぁミライ」
「はい、リュウさん」
 にっこり笑顔を向けるミライからリュウは目をはずした。腹に力を入れて、夜景に向かって声に出す。
「いつ、いかなる時も!」
「いつ、いかなる時も?」
「たとえ死が二人を別つとも! 俺がお前を好きなことに変わりはねぇ!」
 息を飲む気配。
「・・・リュウさん」
「お前の事情ってやつはわかっている」
 リュウの手を握るミライの力が強くなった。
 ミライをリュウが抱きしめようとした寸前、あちこちから、ぴゅーっと口笛を吹かれた。
 リュウは知らなかったが、ここは夜になればムードがある場所として人気のスポットなのである。
「帰るぞ、ミライ」
「どうしてですか?」
「いいから帰るぞ!」
 顔から火が出る思いで、よく分かっていないミライを引きずるようにしてリュウはその場を後にした。



627 :恋人はウルトラマン8:2006/12/23(土) 21:23:44 ID:+CNZzfgh0
「電気アンカ? クリスマスプレゼントに何考えているのよ、あの馬鹿」
「??? 凄くあたたかいですよ」
「ムードが必要なのよ、クリスマスには」
 マリナは呆れ顔だ。
「で、ミライ君は何を送ったの?」
「サンタさんにお手紙を入れる靴下です」
「・・・」 びみょー
「・・・」 信じているのね・・・サンタを。
「それでミライ君、デートはどうだった?」
 急な話題の切り替えだったが、ミライはぱっと顔を輝かせた。
「とてもキレイでした。冬の夜って寒くていつも外に出ないんですけれど、
町も人の笑顔もきらきらして、すごくすごく幸せな気持ちになりました!
それに、素敵な言葉も覚えました!」
「リュウ、なんか言った?」
「はい」
 それまで触らぬ神にたたりなし、で女性陣の話を聞かぬ振りをしていたリュウはあわてた。
 制止をかけようとしたところをジョージとテッペイが阻止される。

「いつ、いかなる時も」

(任務が終わり、いずれこの星から立ち去るとしても)
(すべてが終わって、リュウさんと僕が離れる日が来ても)

 ――たとえ死が二人を別つとも。




628 :恋人はウルトラマン9:2006/12/23(土) 21:26:58 ID:+CNZzfgh0
おまけ(ってゆーか、こっちが先に思い浮かんだ)リュウ、ミライの手を引っつかんで逃走後。

サコミズ「正しくは『死が二人を別つまで』だよ。
    間違って覚えている人も多いけれど、教会で行う結婚の宣誓の誓約は
    本来神の前で結婚契約の終了期間を明確にする意味合いのものだから」
テッペイ「そういわれると随分とドライな感じですね。正直・・・」
マリナ 「あの馬鹿、間違えて覚えていたわけ。でも誤訳の方がグーだわ」(あの熱血馬鹿にしてはよくやった)
ジョージ「クリスマスで決めるとは、隅に置けないぜ、アミーゴ」
コノミ 「あー、でもぉ、あの二人って手を握る段階から一歩も先に進んでいないんですよねぇ」

マリナ 「・・・orz」(一歩も先に進んでないのに言いやがった?)
ジョージ「・・・orz」(あれからまだ進んでなかったのか、アミーゴ)
テッペイ「・・・orz」(もしかしてリュウさんって結構天然?)
サコミズ「・・・orz」←一瞬でもこれで少しは肩の荷が下りたと思っただけに、ダメージでかい地球教育担当。

もういっちょおまけ 光の国

父  「メビウスはずっとわしの手元においとくんじゃー!」 ばったーん
タロウ「どさくさにまぎれて何しようとした、あの男―っ!
 うちのメビウスにメビウスにメビウスに!!」 どっかーん
80 「毎回毎回…いーかげん、親子そろって娘離れ妹離れしてください、あんたら!
    (ピッ!)こちら宇宙警備隊本部。銀十字軍隊隊長のお呼び出しを…。
ご母堂! お忙しいところ誠に申し訳ございません!」

後日
母  「本当にすみませんね。うちの人ったらメビウスが初めての娘で、
    タロウはタロウでメビウスが初めての妹で教え子なものですから。
    でもしばらく、うちで大人しくしていると思いますわ。
    あの後、まとめて締めておきましたから(おほほほ)」
  80 「・・・」

629 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 21:57:58 ID:AikHtCRl0
ぐは、直球で来やがったなリュウ!ウル母テラツヨスww

630 :フォースインパクト13:2006/12/23(土) 22:17:13 ID:EASbAMe90
ピンポンパンポーン!
『タロウ筆頭教官、タロウ筆頭教官。お客様がお待ちです。至急第六会議室までお越しください』
「あちゃ、もうそんな時間か」
かかった放送に顔をあげたタロウは、軽く頭を掻いた。
「ごめんなさい、僕が来た所為で・・・・」
「いや、いいよ。どうせゾフィー兄さんが相手をしてくれているだろうし」
タロウはメビウスを立たせると、一緒に教官室を出た。
「隊長もご一緒する会議なんですか?」
「まあね。熾烈な花いちもんめ」
「?」
タロウはメビウスから渡された古い方のペンとプレートを持ち直すと、廊下の途中で立ち止まる。
「それじゃあ、またおいで」
「はい!ありがとうございました!!」
さっきとは打って変わった明るい笑顔でメビウスがバイバイと手を振る。タロウも軽く振り返してやって、ふと表情を引き締めた。
「タロウ」
「兄さん、いえ、隊長」
背後からかけられたゾフィーの声に、タロウは姿勢を正す。
「さっきの子か」
「ええ、ちゃんと返しにきてくれました」
「本当におまえから借りたのか?」
「掃除してくれたんですよ。拾ったのを返しそびれただけです」
「所々抜かしてある文章が気になるな。まあ、おまえが言うならそれで由としよう。
今日の話し合いは気を抜くな」
「わかっています。貴重な訓練生をカレッジにもアカデミーにやりませんよ」
カレッジは総合大学のような、アカデミーは銀十字軍の為の養成学校だ。
これに警備隊員の養成所が加わり、それぞれの基礎学年が済んだ後に編入できることになっている。
特に養成所を出ればカレッジやアカデミーで大幅な特例が受けられるので、流出していく生徒もいる。
反対にカレッジやアカデミー側からの編入の場合は学科試験等での免除が受けられた。
「アカデミーの教授と銀十字の副隊長は既に来ている。ぬかるな」
「了解!」

631 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 22:28:12 ID:EASbAMe90
カレッジやらアカデミーやら、またどうでもいいような使い捨ての設定なんて作ってしまいました。
科学者なんてもやしっ子(死語)がべらぼうに強いからいけないのです。恒点観測員とか。
だもんで、セブンもヒカリも養成所からカレッジに編入(基礎学年で光線技、格闘技取得)。後に警備隊に出戻り。
アカデミーの設定は、光の国の住人は先天的にしか治癒能力を使えず、しかも人数が少ないので、
使える者は半強制的に銀十字軍に入れられるとどこかで聞いた憶えがあったので(子供の頃なんでガセの可能性大)
タロウ、リライブ光線使えるじゃん?!と思ったのが一因です。タロウはアカデミーから養成所への編入生。

ファミリア>光太郎とタロウの「もしも・・・・」がなんだかいいですね。
しかもそう思わせるのがメビウスなんだから、罪作りな子だ!

>>620-628 そっと自分の願いを押し込めるミライと、それを優しく包む周りにほっこりしましたよー。
      80先生、苦労性ですか?

ウルフェスのメビたんはレポを読むと大変愛らしかったと聞いております。
我侭言ったり、こっそりフライングで「兄さん」と呼んでタロウに笑われたり。
くそう、恥を忍んで見に行けばッ・・・・!

632 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 22:34:15 ID:cwykwXmE0
>>620-628
メビウスいつの間に父の娘にー?!
直球ラブコメでよかったです。満足。

633 :4コマ:2006/12/23(土) 22:45:13 ID:dvnTyoAf0
>>620
クリスマス前にイイの読ませてもらいました!
このスレらしい展開。

>>632
メビウスって大隊長の子になるんですか?
そこんとこよく知らないで生きてた。。。w


634 :名無しより愛をこめて:2006/12/23(土) 23:02:01 ID:MChcGwrw0
>>633
いやいや。
結構父にも可愛がられてる気配があるので、
隠し子疑惑が浮上したようなわけでw

635 :613:2006/12/24(日) 00:01:19 ID:yelWhDVAO
>>618
いや、別に責めてるわけじゃ…過保護じゃないってのは個人的な意見だから。
ゲームのせいでそう思うようになったんだよね。
敵を倒せなくて弱音はくメビウスに
「実戦ではよくある事だ。お前の任務だから最後までお前一人でやれ」
って感じのセリフをに言われた時にはなぁ…。
実際助けに行こうとしたのは一度だけだし、インペ戦は隊長命令。
どちらも「メビウスじゃ無理」…考え方次第では任務優先っつーか、
割とシビアじゃない?
なのにタロウだから「メビウスが心配なんだな」になる。
優しい(甘い?)イメージがへばり付いてる証拠だと思うから、過保護はむしろ大歓迎です。

長文失礼

636 :4コマ:2006/12/24(日) 00:18:31 ID:3oAlvB5v0
>>635
ヨウツベでゲームの動画みたけど、タロウ兄かっこよかった!
あれじゃイメージかわるのも、解りますよ。


637 :4コマ:2006/12/24(日) 02:57:10 ID:3oAlvB5v0
クリスマスネタっぽい4コマを、上げときます。
[No.21][No.22][No.24]と3つで一つの話です。早い番号からどうぞ。

638 :振袖:2006/12/24(日) 03:45:43 ID:8hK3a76g0
「恋人はウルトラマン」や「フォースインパクト」、4コマ「ヒロトの帰還」と、感動が続くいい夜だ
みなさんGJ!!

↑なところに、大変スマン。
どうしても作りたかったんだ。反省もしている。小心者なので、クレームが付いたら抹消すから…orz
ttp://vaxim.80code.com/content/cgi/upld/upload.cgi?mode=dl&file=18
miai

639 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 03:53:48 ID:YFbbfCL50
>>638
GJ!でしょこれw
メビウス顔もかわいいよ。

640 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 03:57:03 ID:8hK3a76g0
>>639 ありがとう。
気合いを入れて、キャブ画像と振袖を選んだ。

641 :恋人はウルトラマン:2006/12/24(日) 06:16:22 ID:nWqkX8Kz0
 石投げられなくて何よりでつ。
 書いているうちに、どんどん長くなるわ・少女漫画展開だわで冷や汗がだらだら。
 そのくせ書きながら「ああ、ここでプチダイナマイトが・・・」とか思ってたんですけどw

>>629
 リュウって直球しか投げられないと思いますw(ストライク、時々大暴投、と)
 ある意味ミライも変化球は気づかないんじゃ。
 母は「おほほほ」でウルトラ界最強です。
 ここで母が〆た後なので、80先生は横槍を受けることなく地球へ

 娘についてこんなに突っ込まれるとわ。
 ウルトラマンにとって兄弟が血縁を意味しないのと同じ感覚で娘としました。
 さらに父にとって メビ=タロウの妹=自分の娘。
 いままでごつい息子ばっかりだったもんで娘の存在に暴走中。
 (父の背中…かっこいいよ、父ちゃん。でもタロウ以上に過保護の香り(ry )

 本編ではなんだかんだとメビが我意を押し通したのって
 29・30の帰還命令騒ぎの時ぐらいのの印象が。
 確かにメビの意思はあるんだけど、他は任務から遺脱してないとゆーか。
 基本的に自益(自分)=他益(周り)=公益(光の国からの任務)
に収まっている、というのもあると思いますが。
 それだけにいったんジレンマが生じると心の軋轢がきつそう。


642 :恋人はウルトラマン番外:2006/12/24(日) 06:21:09 ID:nWqkX8Kz0
24話 タロウ「大丈夫かな大丈夫かな大丈夫かな・・・」
    80 「隊長にも言われましたでしょう。教え子を信じましょう」

29話 タロウ「まっていろメビウス! タァ!」
    80 「・・・(早っ)さぁ仕事をするか・・・」

30話 タロウ「・・・(大切な人大切な人大切な人…)」
    80 「メビウスも成長したということで。・・・いつまで沈み込んでいるんですか」

31話 タロウ「・・・v」←タロウ兄さんって呼ばれたv
         ――間――
    タロウ「何しているメビウス!」←ラストのアレ
    80 「なにいきり立ってるんですか。
        感激してるだけでしょ」←タロウによく抱きついていたのを目撃していた

34話 タロウ「レオーッ!」
    80 「あれも教育の一環です!」

35話 タロウ「・・・許さん」
    80 「教え子より心が狭くてどうするんですか。まったく」

36話 80 「大隊長? あれ? いない?」
    置手紙『娘(メビウス)の顔を見てきます。しばらく探さないでください』
    タロウ「父さん一人だけずるいぃぃぃ!」
    80 「・・・orz」 もう嫌、こんな生活。ユリアン、もう疲れたよ。

643 :恋人はウルトラマン番外:2006/12/24(日) 06:22:48 ID:nWqkX8Kz0
おまけ(>>573よりスピンアウト)
タロウ「おのれ、あのちっこい地球人め。卑劣な手を」
80 「鼻にティッシュ詰めて何かっこつけてるんですか。様になりませんよ。
    だいたい、その手に持っている写真集や生写真はなんですか」
                     ↑
                    卑劣な手

644 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 11:52:22 ID:petgfc3m0
>638
GJ!違和感無くてびっくりした。
可愛いよメビウスw
紋付袴の兄弟達に囲まれて、正月の挨拶をしている所まで妄想した。

645 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 14:24:01 ID:YFbbfCL50
メビ&兄弟の映画のスタッフロールの時の父が紋付袴だった。
あんな感じかな!

646 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 15:04:34 ID:NGd/gqeM0
 >>644
 ウルトラマンが参拝する場所って、ウルトラタワーかな。
 年末にはウルトラベルで除夜の鐘、
 明けましておめでとうでウルトラキーを拝むと。

647 :4コマ:2006/12/24(日) 15:07:56 ID:3oAlvB5v0
>>638
miai?思うたけど、見合い写真風かぁ!ww
GJ!

648 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 15:33:20 ID:U7/6Tdbo0
>>635
ちょっと妙な話になってしまうんですけども。
生みの親であるメイン脚本さんが、過去ウルトラに過保護にさせるというのは、
ちょっと気が引けてしまうのではないかなと思ってます。
しかし監督さんとかは遠慮しないというかw
メビウス、スタッフにも可愛がられてるなというかww

649 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 19:22:18 ID:pre0SsBD0
>>638
驚くほど似合ってるじゃないかーーーー!
もいちょい頭でっかちだと、更にリアル感が増しそうだ。

650 :4コマ:2006/12/24(日) 19:29:16 ID:3oAlvB5v0
>>642
すごく解りやすいココならではの、タロウ兄の変遷。。。w

>>648
本編の今後の放送について、ネタバレ読んだんですが、
今後もかなり過保護なストーリーになってそうですねw こりゃすごい終わり方しそうです。

4コマあげました。
お絵描き掲示板の[No.25]です。

651 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 19:41:11 ID:42/rw6F/0
 光一郎くん、おおはしゃぎだろうな。
 きっと学校で自慢しまくり。
「ぼくんちにウルトラの父が遊びに来た!」

 それにしても、さおりさん、大物・・・。

652 :義妹―いたずらな誘惑―1/3:2006/12/24(日) 20:28:01 ID:KKdybJ6L0
―WARNING―
このSSにはある星の規準では過激な描写が一部含まれています。ご注意ください

メビ「タロウ兄さ〜ん」
タロウ「めっメビウスっ!何故光の国へ!?…まさか、また父さんから
『帰って来い』って言われたのかっ?だから…」
メビ「今日はクリスマスイブだから…何だか急にタロウ兄さんに会いたくなって、それで…」
 目のふちにきらきらと涙をたたえ、タロウの胸に飛び込むメビウス。
  硬直して角の先から湯気噴出するタロウ。
タロウ「おっおいっ、一体どうしたんだ!地球で何かイヤな事でもあったのか?」
メビ「…タロウ兄さん…好きです…愛してます…だから…」
タロウ「!?」
メビ「…兄さん…僕の事、嫌いですか?(さらに潤目)」
タロウ「…やっと私を、教官でも兄でもなく男として見てくれるのか…(自制心一瞬崩壊)
  メビウスーーっっ!!」   むぎゅう〜!
メビ(う…痛いっマジ痛いっ背骨折れるっ!)


653 :義妹―いたずらな誘惑―2/3:2006/12/24(日) 20:32:09 ID:KKdybJ6L0
手加減のない力一杯の抱擁を、何かを決意したように一旦緩め、タロウはメビウスに向き直る。
タロウ「メビウス…」
メビ「ハイ」
タロウ「…子供を作ろう!!私たちの子供を!!」 
メビ「ええっ!に、兄さんあまりにもそれは気が早すぎ…」
タロウ「何をためらう事がある?私たちは愛し合っているのだから、何ら問題はない筈だ!」
メビ「いや、いきなり子供って…まずは結婚式とかが先じゃ」
タロウ「そんな悠長な事言ってられるか!この先、またまた大いなる脅威が訪れて、
  お前も私もまた戦いの渦に巻き込まれたら…とにかく、このタイミングを逃したくない!
  父さん母さんも『早く孫の顔が見たい』て言ってたし! ←いやまだ言ってなさそう
  思い立ったら吉日、聖なる夜に有言実行だ!」
メビ「いや、でも…子供の作り方なんて知らないし…」
タロウ「大丈夫、私も初めてだが何となく聞いた事あるから!…メビウス、そこに立っていろ」
メビ「えっ?…立ってるだけ?」
タロウ(少し距離を取って)「さあメビウス、私への愛の光線を放て!私も全身全霊を込めて、
  お前に打ち込むから!」
メビ「ひゃあっ、無理無理ぜってー無理!!」
タロウ「私たちの愛が試される瞬間だ!メビュームシュートでもバーストでも構わん!
  さあ行くぞ!ストリユゥ〜ム・こうせ…」
メビ「うひゃあぁっ」 ―忽然と姿を消す

タロウ「あれ?メビウス?おーい、どこ行ったんだ〜!?」

  興奮状態のタロウは気付かなかった。
  すぐ近くから、ステルス迷彩の宇宙船が脱兎の如く飛び去った事に…


654 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 20:36:37 ID:42/rw6F/0
>>642です。

 orz
 でかい間違い見つけました。

 35話→36話 タロウ「・・・許さん」

 36話→37話 80 「大隊長? あれ? いない?」

 でした・・・。すみませんorz

655 :義妹―いたずらな誘惑―3/3:2006/12/24(日) 20:46:24 ID:KKdybJ6L0
サイコキノ星人たち
「やっべぇやっべえ、俺危うくストリウム光線で吹っ飛ぶトコだったよ」
「アンタの演技、なかなかイケてたし、ぜーんぜんアイツ気付いてなかったみたいだしぃ」
「鈍そうなメビウスとは、また随分タイプの違うヤツだったね」
「しっかしアイツ、マジ笑えるww重度のシスコンっつー噂は聞いてたけど、
いきなり子供作るぞ!って、、飛躍しすぎにも程があるwww」
「あんな暴走兄さんいたんじゃ、メビウスも苦労するよな〜」
「初めて知ったな〜ウルトラ一族の子作り方法」
「でもあれ、どう見ても何か間違ってるよな気がするけど」
「ネタバラシどーするよ?何かあいつ、冗談通じそうにないし」
「じゃ、あそこにいるオバサンにこのプラカード渡してさっさとトンズラしようぜ。
面白い映像も撮れたし…あとは、仕上げにこの映像を、と」 ←どうするつもりでしょう

サイコキノから「ドッキリ大成功!」のプラカードを託されたウル母のつぶやき
「タロウ…子供を作る時に放つ光線は、自分が得意な攻撃用光線ってワケじゃないのですよ…」
 (愛し合う二人からは「ラブラブビーム」みたいなのが出るんじゃなかったっけ)

イブなのにこんなふさわしくないネタで…orz
>>650
さすがさおりさん(初代限定)♪
No.6シリーズ続き止まっててすみません…つか、もういらんかもとか思ってしまって;
元々一発ネタのつもりだったので、続けていくのって難しいっすね…

656 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 20:49:18 ID:U7/6Tdbo0
>>655
笑えるんですけど微妙に切ないっす...orz
二人揃って勉強すべきなんでしょうか( ノ∀`)

657 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 20:52:38 ID:42/rw6F/0
orz
割ってはいっちゃった。重ね重ねスイマセン。

 6、楽しみにしています。
 ある意味、メビ以上に愛されてるよなぁ、兄さんw

658 :フィスフトレーニング1:2006/12/24(日) 20:54:59 ID:4zxK7Bs50
メビウスは体の中心から広がる激痛を必死に耐えていた。
「うっ・・・くっ・・・う・・・・」
「メビウス、頑張るんだ!」
「う、うう・・・・」
タロウの言葉に、逆に先程の失敗が脳裏に蘇り、緊張が一層酷くなる。
「もっと体の力を抜くんだ」
「・・・はあっ・・・・っく・・・だ、ダメです・・・・僕、上手くできませ・・・・」
強張った体が小刻みに震え、目からすうっと涙が伝い落ちる。
「大丈夫だ、ここさえ乗り切れば・・・・!」
「でも、やっぱり恐いんです!僕の、体が・・・・変わってしまうっ・・・・」
「最初は誰でも痛みや恐怖を感じる、そこだけ乗り切ればいいんだ!
あと少し、頑張れ!」
「うう・・・・」
メビウスは再度歯を食いしばり、体の中心に意識を集中させた。


「ほら、鏡を見てごらん、メビウス」
タロウの言葉に目を開いたメビウスは、目の前にある鏡に映った姿を見て、目を輝かせた。
「―――!! できた〜〜〜!!」
そこに立っていたのは一人の地球人の少女だった。
「タロウ教官、僕、擬態が・・・・!」
「ああ、これでもう大丈夫だ。
いいかい?擬態の最初は確かに痛みを伴う。何しろ普段の僕らにはない内蔵器官まで作らなければいけないし。
だが、一度何処か別の星の人間に擬態してしまえば、後はその応用だから問題ないよ」
「はいっ!ありがとうございました!」
最初の擬態の授業でスライムのような姿になってしまったメビウスは泣きながらタロウの教官室に飛び込んできた。
今はさおりの姿でぴょんぴょん飛び跳ねている。
(う〜ん、メビウスはどんな女の子の姿が似合うかなあ。流石にさおりさんの姿というのは・・・・)

数年後、メビウスが男の子をモデルにするとは、つゆとも知らないタロウであった。

659 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 20:56:32 ID:U7/6Tdbo0
むしろスライムメビウスにときめいてすみません...orz

660 :4コマ:2006/12/24(日) 21:08:48 ID:3oAlvB5v0
>>655
個人的にはあのタロウ東邸に来るssは気に入ってたんです。
「父の背中」の後に使えると思ったわけでww 勝手に使ってもうしわけない。。
4コマじゃ台詞に限界あるし。一発ギャグ的には最高な展開!!w

661 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 21:10:34 ID:4zxK7Bs50
まだフォースインパクトも書き終わってないのに、フィフス行っちゃいました。
こっちもサードと同じ様に単発なので許してください。

4コマ>もう何が起きても動じない東一家。でも母が来たらどうなるのか(笑)
    光太郎さんもマザコン気味だし。

義妹>ここはやはり教育的指導として先にマザー光線でもやっちゃってください、母上。
   サイコキノ星人を下僕にして性根を鍛えてください(笑)タロウに雑巾掛けさせてください(笑)
   あと、No.6は非常に楽しみにしておりますので!



662 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:00:26 ID:42/rw6F/0
>>658 流石にこの時にはタロウ教官もメビが女の子と気づいている模様w
    いつ気づいたのか、書かれるこれからが楽しみでつ。
    

663 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:05:21 ID:4zxK7Bs50
亀ですが>>638 全然違和感を感じない可愛らしさがああああ!!

664 :4コマ:2006/12/24(日) 22:26:58 ID:3oAlvB5v0
ラフ書いてたら出来ました。さっきの4コマの続きです。

[No.26]お絵描き掲示板です。

665 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:31:42 ID:U7/6Tdbo0
>>664
ミライ、降りて降りて...orz

666 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:36:02 ID:4zxK7Bs50
>>664 うわ〜、お膝抱っこw

667 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:54:37 ID:42/rw6F/0
 ミライ=無知
 タロウ=天然

 …orz

668 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:55:43 ID:U7/6Tdbo0
>>667
そこはせめて無垢で( ´∀`)ノ

669 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 22:58:40 ID:pre0SsBD0
>>664
ゾフィーとさこっちが気の毒・・・
だがワタシは笑いを禁じえないwwww


670 :638 振袖修正:2006/12/24(日) 23:00:01 ID:8gB+3tDT0
>>649
こんな感じですかね?
ttp://vaxim.80code.com/content/cgi/upld/upload.cgi?mode=dl&file=19
miai

修正ついでに、バーニングにしてみようと思って塗ってみたけど、くどかったので止めた。
清楚なイメージにしたかったし。
だから、化粧も薄く…って、口紅塗ってる時点で逝っちゃってるよ俺orz
絵を描けるといいな、と今回ほど思ったことはない。
4コマさん、毎回、いろんな意味で感動してます。見合い写真コンセプトに気がついてくれてd

671 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 23:07:53 ID:U7/6Tdbo0
>>670
んー、この色じゃないほうが…。
薄いピンクにすると周囲の陰影が目立つので、何色が合うかなって私も...lllorz

この際開き直りますが。
いやでも振袖の色からするとぴったりなんですけどね。
…うーん、色が白いから青みがあるほうがいいのかも。

672 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 23:16:28 ID:pre0SsBD0
母としては、やっぱ最初はほんのり桜色を着せたいんじゃないかと。
そのうち小紋だ紬だ打掛だ(ヲイ)と、
お見立ても乗ってくるんじゃね?

673 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 23:17:40 ID:U7/6Tdbo0
あ、ごめん;
>>671は口紅の色です。

674 :670:2006/12/24(日) 23:20:24 ID:8gB+3tDT0
>>671
>この色じゃないほうが…。
って、口紅の色ですか?
悩んだんですが、もうちっと青味のある赤(紫系)は、やってみたけど、いまいちケバいような気がしてやめた
で、着物の色に合わせたんだが、修正前の薄い方がよかったかなあ
いやーもう、よくわからんス

675 :670:2006/12/24(日) 23:29:56 ID:8gB+3tDT0
着物は、素材の写真より、赤く色変えました(もっと地味な色だった)
帯締めとかの小物も、元は違う色だったけど、バーニングを念頭に黄色にしたです。
着物の和風の配色とか、知識もないから、変なのかもしれない。
でも何がネックかって、首や手が赤いのが、着物に合わないんだよ
そもそも着せるなって、突っ込みはなしね

676 :4コマ:2006/12/24(日) 23:33:48 ID:3oAlvB5v0
>>670
より女っぽくなりましたねw
最近、本編みててもどこかメビウス(ミライ)のオニャのコ的な部分を
探してしまう自分がいます。。
父背のミライ隊員は椅子に座っては大股開きで、髪も切った模様で男らしい。
ただ、買い物中に「ガイズの人だ〜」と言う子供の発言の答え方がどことなく、
オニャのコ感じました。。。
自分でもあぶない部分に突入してる気がしてないません。。。w


677 :名無しより愛をこめて:2006/12/24(日) 23:34:33 ID:U7/6Tdbo0
>>674
青じゃなくてローズ系ってのがあるんですよー、あああ、上手く表現出来ないし色も
作れないんですが...orz
ベージュとかにも近い色があるんですが赤なんだけど青が混ざってるんです。
光の三原色だと色がどの辺になるのかわからないんですが;
直接塗りたい。

678 :サードライフ2-1:2006/12/24(日) 23:41:39 ID:4zxK7Bs50
「こんにちは」
何時もの様に教官室に入ったメビウスは、来客用のソファに座っている四人を見て吃驚した。
(宇宙人だ!)
しかも光の国とは国交がない惑星の。四人はテーブルを囲んで何かをしていた。
一人がメビウスに気付いて軽く手をあげる。
「やあ」
「は、はい・・・・」
(どうしよ、教官のお客さんだし、何時もみたいに入ったら・・・・でも、なんだか優しそうだし・・・・)
「どうしたんだ?おいで、メビウス」
「!」
手をあげた宇宙人が自分の名を呼んだことに、メビウスはびくっと肩を震わせた。
「あ、あの・・・僕・・・・失礼しますっ!」
「あ、おい!」
脱兎のごとく部屋から逃げ出したメビウスを、一人が追ってくる。
「ひいぃぃぃ、ごめんなさいぃぃ!!」
「ちょっと待て!待つんだ、メビウス!」
がしっと腕を掴まれ、メビウスは目を瞑った。
「ごめんなさい、ごめんなさい!勝手に入ってすみません!」
「メビウス、落ち着くんだ。私だ」
強く肩を揺さぶられ、メビウスは恐る恐る目を開いて後ろを振り向いた。
「タロウ教官・・・・」


679 :4コマ:2006/12/24(日) 23:41:51 ID:3oAlvB5v0
話の途中ですが、ココのカキコの方が作られた
「残酷なウルトラのテーゼ」って動画ありましたよね。
今、ヨウツベ観にいったら、Viewsが6,529越えてます!すげえ。
ここカキコするきっかけになった、「Secret of my heart」も載せてみたら
どうですかね?

680 :670:2006/12/24(日) 23:46:38 ID:8gB+3tDT0
>>677
なんなら、ホント、直接塗ってくだされ

681 :サードライフ2-2:2006/12/24(日) 23:59:21 ID:4zxK7Bs50
タロウに連れ戻されたメビウスは、再度来客スペースにいる残りの三人を見た。
全員本来の姿に戻っている。
「80先生、レオ師範、アストラ師範代、だったんですか・・・・」
「地球にいる兄さん達からお土産が届いてね。皆で食べてたんだ」
「お土産を、『食べる』・・・?
兄さん達って、もしかして、あの行方不明になっているウルトラ兄弟ですか?!」
はっと顔をあげるメビウスを見て、ソファに座る三人は一斉にタロウを睨みつけた。
「あ、あははは・・・・ごめん、メビウス。これ以上はナイショだ」
「本部からの命令で、本当はタロウ兄さんの言ったことすらトップシークレットなんだが」
「これ以上のことは何も言えない。悪いが」
「はい、わかりました」
メビウスは地球人の姿になったタロウの隣にちょこんと座らせてもらった。
光太郎は食べかけのケーキを急いで食べる。その光景を不思議そうに見ているメビウスを見て、ゲンが声をかけた。
「メビウスも食べるか?」
「あ、いえ・・・・その『食べる』ってエネルギー摂取のことですよね?」
「ああ。でも単なるエネルギー摂取じゃない。楽しみの一つでもある」
「楽しいんですか?」
「ああ」
光太郎も大きく頷いた。
「食べる楽しみが無いっているのはつまらないな。よし、俺が教えて・・・・」
「レオ兄さん、擬態は3年生で習うんですよ。
1年生には早すぎますし、勝手に教えられても他の生徒と差別になります」
「ちぇっ、80は固いな」
ゲンはそう言うと紅茶を飲んだ。
「擬態の授業じゃ、テーブルマナーもあるんだろう?」
「そうです。
メビウス、三年生になったらちゃんと擬態を教えるし、こうして他の惑星の生態としてのエネルギー摂取も教える。
今日は悪いけれど、見ているだけだ。すまないね」
「いいえ。大丈夫です!」
光太郎は元気に返事をするメビウスの頭を、勢い良く撫でた。

682 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 00:00:59 ID:4zxK7Bs50
会話の途中でぶった切ってしまってすみません・・・・orz

色々迷ったけどインパクトは明日で。

683 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 00:06:39 ID:X3upSVRZO
>676
おいらはフェミゴンフレイムの回でテッペイ爆沈した瞬間、
ジョージの腕をきゅっとつかんでるミライが
何となくおにゃのこに見えたぞw
つくづく中の人がヒゲ濃いのが残念だ(あ、禁句?)。
前髪も初期の頃みたく下ろした方がよい。
何かハードスプレーで固めすぎな感じがする。

684 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 00:13:19 ID:Ig72GAXkO
>>679
『secret〜』はこのスレの予備知識が無い人にはあまり楽しめないのではないかと。
見た人が二人の友情物語って解釈してくれればいいのかな?

685 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 00:19:30 ID:yqBiloiq0
>>679
>684に同意
『残酷な〜』は歌が歌ならタイトルもタイトルだし、
内容も普通だからヒット数が伸びるんだと思う。

『secret〜』は正直、やおネタ扱いされるんじゃないかな

686 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 00:22:30 ID:ihBBSLGP0
>>682 お待ちしています。
>>684 完成度は高いので大丈夫では?

 今夜は連続して感動も笑撃もひとしお。
 おまけに一瞬、特撮板が人大杉になってあせりました。

 なんかイブなのにどうもタロウにいさん報われないなー、
 という同情心がすっとびました。
 
 少女漫画展開なのは最初に謝っておくorz
 
 たまにはタロウにいい目をみせておこう。
 イブなんだから、というコンセプトだった。←過ぎちゃったorz

 >>62−63発覚並び>>70根本原因の設定を拝借いたします。
  染色体の傷のせいで男として育ったメビウス。
  地球に居た期間も「男」で通し、リュウさんとは友情。
  本編終了後、光の国に帰還という設定で。

  一応 タロウ・ミライになります。

687 :4コマ:2006/12/25(月) 00:22:41 ID:kWHX+0dw0
>>684
自分はココいるから、抵抗ないんだろうね。本当染まってる。。。w
普通に観ると違うのかなぁ〜。まあ、友情物語にはなってる思いますよ。
作者の判断ですもんね。勝手な提案でした。。。

688 :結果報告1/4:2006/12/25(月) 00:27:35 ID:ihBBSLGP0
タロウ 「メビウス〜」
メビウス「・・・」

80  「で、一体原因は何ですか? もう十日目ですよ。メビウスはずっと引きこもっているし、
     タロウ兄さんはあの調子でずっとメビウスの部屋の前に張り付いているし、
     事情を知らない訓練生たちはずぅーっと気味悪がっているし」
ゾフィ 「・・・実は」(流石に隠せないか)

タロウ 「メビウス、ちょっとでいい。顔を見せてくれ」

80  「それは・・・(絶句)」←彼にとってもメビは可愛い教え子。
レオ  「かなりきついなぁ・・・今まで男として生きてきたのに
     いきなり女に戻されたらな」(て、ゆーか俺、女の子を泣かしたのかよ)←34話
ゾフィ 「そういう訳だ。返事をする前にキングに染色体を治療されて…。
     (ん?)大隊長…何か知ってますね」←不審な挙動に目を留めた。
父   「わしは知らん」←ひじょうに後ろめたい。
80  「(ぴっ!)もしもし、銀十字軍ですか?」←実はかなり怒ってる。
父   「わーっ! それだけはなしなしなしなし!」


689 :結果報告2/4:2006/12/25(月) 00:29:31 ID:ihBBSLGP0
タロウ 「メビウス。頼むから私を安心させてくれ。このままだと体を壊す。
もうずっと人工太陽を浴びていないじゃないか」

ゾフィ 「つまり、×千年前、キングの前で警備隊員候補生の不足を
大隊長がこぼされたことがことの発端だった、と?」
父   「よもやまさか、わしもこんなことになるとは・・・」
レオ  「なんつう、はた迷惑な。おい、アストラ、キングは?」
アストラ「・・・あそこらへんかと」(窓の外を指し示す)



              ★
              ↑         ★
       ★     あそこらへん 

                ★         ウルトラタワー
   ――――――――――――――――――――――――A――――――

一同  「・・・(逃げたな)」
 


690 :結果報告3/4:2006/12/25(月) 00:31:13 ID:ihBBSLGP0
「メビウス、いい子だから出てきてくれないか」
 タロウは今日何度目かになるか分からない呼びかけをした。
言葉が尽きてきた。何度も馬鹿みたいに同じことを繰り返しているような気がする。
「――お前の顔が見たい」
メビウスの顔が見たい。
相手を思いやる立派なことを口にして、結局本音はただただメビウスの顔が見たかった。
「メビウス・・・」
もう十日。閉ざされたままのドアがメビウスの心を表しているようで心が痛む。
訓練生の中で誰より小さかったメビウス。
周りよりも随分細い体で――遺伝的には女の子なのだから当たり前だ――苛烈な訓練についてきたメビウス。
染色体の傷を知って、血の気が引いたこわばった顔。
それでも男として、宇宙警備隊員として生きると決意していたメビウス。
任務を終えて、夢だったウルトラ兄弟の一人に加えられたばかりなのに。
ことり、と中で動く気配がつたわり、タロウは我に返った。
 時間を置き、鍵が解除される音が響く。
「メビウス・・・」
「・・・タロウ兄さん」
 笑顔を見せようとして失敗した泣き顔を、有無言わさずタロウは自分の胸に押し付けた。
「いい子だ、メビウス。がんばったな。もう一人でがまんしなくていい」
 ひくり、と腕の中の体が震える。
「兄さぁぁぁん」
堰を切ったように泣き出した背中を、タロウは何度もあやす様にたたいた。


691 :結果報告4/4:2006/12/25(月) 00:33:34 ID:ihBBSLGP0
×年後
80  「一番悲しかったのは周りの反応だったみたいですね。今までと態度があからさまに違うって」
ゾフィ 「・・・それを言われるとつらいな」←最初、ウルトラの父ともどもメビウスに見とれて陶然。
レオ  「まぁ、あの美貌では無理ないか。初めて見た時は俺も唖然としたからな。
あの後、さして用のない隊員まで落ち着きもなくメビウスの周辺をうろつくのは困った」
アストラ(苦笑)
ゾフィ 「結局、一貫してメビウスに対して態度が変わらなかったのはタロウだけだったわけか」
80  「と申しますか、以前から溺愛の度が外れていましたから。
教官とか兄とか、そういうレベルを完璧に超えていましたよ。
分かっていないのが御当人同士だけというところが」
ユリアン「いいじゃないの。お陰で収まるべきところにおさまったんだから」←80の腕を取る。
80  「本人たちより、大隊長たちのほうが舞い上がってますけどね」
ゾフィ 「さて、それではいこうか。今日の主役を待たせている」
 

 以下の情景はご想像に任せます。

692 :結果報告ありゃりゃ:2006/12/25(月) 00:36:25 ID:ihBBSLGP0
 ウルトラタワー、表示ずれてるorz

693 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 01:31:54 ID:+eOj+3ww0
>>680
すみません、知識がなかったんで、ちょっと試してからお返事、と思ってたら
すっかり夢中になってました!
ありがとうございます、同じ形式で上げてみました。
塗り前と違ったところが本当に数ドットなんですが…、三時間掛かりました...orz
もうほとんど変わらないと思いますが…。
って、画質が落ちてるし輪郭がぼやけてます、すみません( ノ∀`)

http://vaxim.80code.com/content/cgi/upld/upload.cgi?mode=dl&file=20
miai

694 :4コマ:2006/12/25(月) 01:39:49 ID:kWHX+0dw0
>>688
何だかシンミリしてしまいました。
このスレの後半の頃にはこういう締めって気がしてきます。

>>693
3時間も!がんばりましたね!色気あるなぁ〜w
みんなすごいや。作品の濃度濃いし、熱意感じます。

695 :4コマ:2006/12/25(月) 02:02:11 ID:kWHX+0dw0
>>678
サードライフ読みました!
なんだか本当にこういう話がバックにあった感じがしますね。
こういう世界観できたらと羨ましいです。
俺もまだまだ。。。でも、ギャグはしそうw

696 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 07:09:36 ID:cSQMSg3+0
>>688
あそこらへんに逃げたキング爺さんワロスwwww
いきなり戻したら、そらメビ泣くし。

>>4コマさんへ、
イメージが沸いたら、いつかぜひ美女メビを。どうかひとつ。

697 :680:2006/12/25(月) 07:20:38 ID:KebgQ40b0
>>693
おお!たったこれだけで、雰囲気が変わるもんですな
うーん、驚いた
可愛くなってます。感謝

698 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 13:42:08 ID:5h8y3CKz0
>>688-691 すごい良い話読ませてもらいましたー。
タロウもメビも幸せになるには、やっぱりメビたんをタロウの嫁にするしかない?

たろうきようかんへ 
ぎたいどおしでもあかちやんはできますか?おしえてください
いちねんにくみ まーぼう

そんな良い話なのにこんなこと考えてしまう自分・・・・orz


699 :ヤプール文化放送 1/2:2006/12/25(月) 14:55:01 ID:EpT/rlak0
懲りずに>>655の続きです、くどかったらスルーしてください

司会「『ウルトラドッキリ!その時私は』の時間です →古いネタですが>>191
今日は、西湖木野さんから投稿された映像を再構成したものをお送りします」
アシ「今度はどんな騒動を見せてくれるのでしょう。早速VTRご覧ください」

【ナレーション:世界まるみえ風に】
ターゲットはこの番組でもすっかりお馴染みとなったこのお兄さん。
そして仕掛人はサイコキノ星人達。実は彼ら、一度地球であのお兄さんの義理の妹に
ちょっかい出そうとして失敗している。
今回はリベンジとばかり、ターゲットをそのお兄さんに変更、強烈などっきりを仕掛けようというのだ。
全く、懲りないヤツラである。

さて義妹の姿に完璧に変身した仕掛人。ターゲットが一人になる瞬間を待ち伏せ、
乙女走りで駆け寄り、目薬涙のウルウル瞳で愛の告白!「愛してます…」
仕掛人「自分で言うのも何ですが、なかなか可愛かったんで何かクセになりそうですよ〜」
それにしてもこの仕掛人、ノリノリである。

まんまと仕掛人の姿と演技にダマされ、思わず抱き締めてしまうターゲット。
相手が仕掛人だと気付かず、見ている方が恥ずかしくなる程の盛り上がりっぷり。

しかし次の瞬間、ターゲットが予想もしなかった行動に出てしまった!!
何と、唐突に仕掛人に向かって子作り宣言!何が何やらわからない仕掛人に向かって、
光線を放とうとしたのである!
これには仕掛人も大慌て。危うい所で逃げ出すしかなかった…
仕掛人「いや〜あの時はびっくりしましたよ〜。押し倒されるかと思ったら、光線ですよ!」

700 :ヤプール文化放送 2/2:2006/12/25(月) 15:08:56 ID:EpT/rlak0
ここでお約束のネタバラシ…の筈だったが、ターゲットの興奮が収まる様子がなく
直接そばに寄るのは危険と考え、偶然通りがかった彼の母親に事の顛末を話し
プラカードを託した。そこでちゃっかり、お母さんにもコメントもらう図々しさ。

母談「全くあの子…まだ早いと思ってきちんと教えてなかったので…お恥ずかしいです…
   え、これ撮影してるのですか?まあ、きちんとお化粧してくるのでしたわ…」

最後はお母さん共々カメラに向かって『大成功!』。意外にもフレンドリーなお母さんだったが、
その後ターゲットをものすごい剣幕で叱り飛ばす様子が目撃されたとの事。
仕掛け人「テープ切れで撮影出来なかったのが心残りですが、あの優しそうなオバサンが、
   あんなスゴイ力を…((((゚д゚;)) 当分、ウルトラ一族へ近づくのは控えようと思ってます」―VTR終了

司会「面白がっといて何ですが、地球での出来事を全く反省してないんでしょうかこの子たちは」
アシ「でも噂によると、緑の少ないストラ星の原野一面にバラの花を咲かせてみたりしてるそうですよ」
司会「ほほう、妹さんの気持ち、少しは届いたみたいですね…って、私ら悪役が和んでどーする!」

母にしこたまお目玉食らったタロウの言い訳
「いや、最初から偽者だって気付いてましたよっ(大汗)だからこそストリウムで
やっつけようと(滝汗)…なんか虚しい…orz」

―以上。クリスマスにふさわしくないネタ連投で申し訳ない。
イブ過ぎちゃいましたが、実は勢いで郷&ミライ話書いたので(ホロ苦系)
も少ししたら投下します。


701 :4コマ:2006/12/25(月) 15:50:34 ID:kWHX+0dw0
>>696
ご希望にお応えして、こんなんでました!w
もう石飛んできた!

お絵描き掲示板 [No.28]です。

702 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 17:21:14 ID:gAs2DHxO0
>>701
うを!
仕事から帰ってきたら出来上がってるじゃまいか〜♪
乙&dクス!

キング爺「おおお〜ひんぬー気味の胸がそそるのう〜」
一同「あんたいつの間にあそこらへんから帰って来たんだよ!」

703 :4コマ:2006/12/25(月) 17:40:55 ID:kWHX+0dw0
>>699
読んでると 第三惑星放送協会 ブラックワイドショーの
ナレーターの声が自分にはかぶってきたwww
サイコキノ星人とかウル母のキャラがおもしろい!

704 :それぞれのクリスマス 1/4:2006/12/25(月) 21:02:06 ID:EpT/rlak0
イブの夜。数多の家族連れやカップルが訪れ、幸せなディナーを過したレストラン。
夜も更け、一旦照明が落とされ「貸切り」のプレートがかかった店に、
2人の男が入ってゆく。

「じゃ、兄さんたち先に始めてて下さい。じゃんじゃん料理持って来ますから」
「おいおい、今日は忙しかったんだろ…とりあえず乾杯しようじゃないか」
「そりゃまあ、イブですからね…それじゃ、最初に乾杯、いきますか」
「よし、我ら兄弟の絆に」
「とりあえずの今の平穏に」
「乾杯!」

グラスを重ねる3人の男―ハヤタ、ダン、そしてこのレストランのシェフ・北斗。
平時の兄弟の集まりには必ず顔を出す筈の、郷の姿はそこにはない。
その不在がもたらす微妙な空気に気付きたくないかのように、わざと軽い口調で会話を交わす。
「メビウスも呼べば良かったな。毎回このメンツじゃ、飽きてきた」
「ひどいなセブン兄さん…今呼んだら、大隊長まで来ちゃいますよ」
「お、昨日メビウスのピンチに駆け付けてたんだってな。ニュースで見た」
「ヒッポリトの時と違って、今回は妙にタイミング良過ぎる気が…訪問予定なんて聞いてないし」
「きっと、ずーっと前からこの時期に来るのを計画してたんですよ、サンタに味しめて」
「おいお前たち、上司の陰口は…」
「え?別に陰口じゃないよなぁエース」
「何故私に振るんですか…おっと、チキンが焼けたみたいだ、失敬」
「おい、逃げたな…ま、無礼講って事ですよ兄さん」

こうやって過去の苦しみを笑い合う事が出来るのも、今の一時の平和のおかげ。
自分たちがかつて命を懸けて守り、そして今はルーキーのメビウスが、頑張って
いるからこそ成り立つ、誇らしくも平和な時間。
もちろん、「クリスマス」がすべての人にとって「幸せの記念日」ではない事もわかっている。
一人の不在が、それを物語っている。


705 :それぞれのクリスマス 2/4:2006/12/25(月) 21:05:01 ID:EpT/rlak0
「えっと…飾り付けのリースと、クラッカーと…あとはケーキかな」
昨日は事後処理に終われて出来なかった降臨祭のやり直しのため、再び買い出しに
出かけたミライの目に、懐かしい人影が映った。
穏やかな笑みを浮かべ、手を軽く振っている長身の男。

「ジャック兄さん!こちらに来られてたんですか」
「久しぶりだなメビウス。昨日は大変だったみたいだが、大丈夫だったか?」
「…本当に面目ないです。大隊長が来てくれなかったら…」
「いや、私だっていつも勝ってたワケではないよ。特にクリスマス…あ、君の所では
降臨祭って言うのか。
私もこの日に、兄さんたちの助けを得て大きな敗北から立ち直ったんだ。
その戦いの前に…大切な人を失ってしまったが…」
「大切な人を…失った…?」
その言葉に一瞬、ミライの胸の鼓動が早まる。

「いくら時が流れても、忘れる事なんて出来ないさ。いや、忘れてはいけないんだ」
「もしよかったら…詳しく聞かせてもらえませんか」
「…いや、こんな湿っぽい話はふさわしくないよ」
「聞きたいんです…いや、聞いておかなくちゃいけない気がして…お願いします」
真剣な瞳。
「そうか…ちょっと君には重いかもしれないが…」

そう言うと、郷はミライの正面に立ち、目を静かに閉じると、ゆっくり額と額を合わせた。
口で語るにはどこから言葉にしていいかわからないから―。
思念がゆっくりと、額を通して伝わってくる―


706 :それぞれのクリスマス 3/4:2006/12/25(月) 21:14:38 ID:EpT/rlak0
 【郷とミライの共有ヴィジョン】
 恋人の幸せな光景。時計店で郷の事を楽しげに、誇らしげに語る美少女。
 しかし星人の卑劣な罠に落ち、兄もろとも残酷に〜目を覆いたくなる光景、走り去る車。
 物言わぬ恋人との対面。心千々に乱れたまま戦い、捕われてしまう英雄。
 ただ力無く処刑の時を待つだけの屈辱的な姿。
 ―兄達の助けもあり、星人は倒せた。しかし、止まった時は巻き戻せない…

ミライの肩が震えているのに気付き、郷は額を離した。
ミライも思わず、涙でグシャグシャな顔を上げる。
地球に来て間もないルーキーに、しかも幸せが溢れるこの日に、わざわざ自分の
悲しい記憶を語る事もなかっただろう。
しかし、最も近しく大切な者を「守る」事が叶わなかった結果、どんな事態を招くか―
それ位は覚悟をしていた方がいい。絶対に、自分やレオのような悲しみを
繰り返して欲しくない。
〜いや、私はただ、この子に話を聞いて欲しかっただけなのかもしれないな〜

「悪かった。いくら何でもやりすぎだな…兄さんたちに、いやタロウに怒られるかな」
「…いえ、ありがとうございました。『大切な人』を失う事の辛さ…
僕は…きちんと考えた事なくて…」
「メビウス、君には大切な人がいるのかい?」
「…はい」
「絶対に守れよ。大切な人を守る事は、自分自身を、そしてこの星の平和を
守る事の始まりなのだから」
「はい!」


707 :それぞれのクリスマス 4/4:2006/12/25(月) 21:19:43 ID:EpT/rlak0
ピーピーピー。
「おいミライ!随分遅いじゃねえか、皆待ちくたびれてっぞ」
メモリーディスプレイにリュウの顔が映し出される。
「あれ、お前泣いてんのか?ひょっとして、迷子にでもなったか?怪我でもしたか?
何なら迎えに行くから…今どこだ?」
「ごめんなさい、何でもないです大丈夫です!すぐ戻りますから」
「おう、心配させんな。待ってるからよ」

クスッと郷が笑う。
「ひょっとして今の彼…君の大切な人?」
「え…どうして?(ドギマギ)」
「やっぱりそうか。カマかけたつもりが図星ってヤツ」
「(真っ赤)ずるいです兄さん!」
「ハハハ、別にいいじゃないか。随分心配性みたいだが…君そんなに彼に心配かけてるのか?」
「いや、そんなつもりじゃ…でもそうなのかな…」

―とにかく今は、幸せなんだね。その幸せ、ずっと続くといいね。いや、続かせないとね。
「兄さんも良かったらフェニックスネストにいらっしゃいませんか?
降臨祭のパーティーなんです」
「いや、遠慮するよ。私は行く所があるんでね…またいつかゆっくり、君の『大切な人』を
紹介してもらおうかな。皆を待たせてるんだろ、早く行きなさい」
「…ハイ、いつかきっと!今日は本当に本当に、ありがとうございました!」

何度も振返りながら笑顔で大きく手を振るミライの姿が、やがて降臨祭に賑わう雑踏に
飲み込まれ、見えなくなったのを見届けると、郷はゆっくり歩き出した。
愛する人は、そこで待っている。胸の中で微笑む彼女は、いつまでも若く眩しい。

「今年も会いにきたよ、アキちゃん」              ―fin―


708 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 21:23:50 ID:4DmomMAV0
>>704 泣いたよ。

709 :フォースインパクト14:2006/12/25(月) 21:57:00 ID:u9eiOtm60
「こんにちは」
何時も通りに声をかけ、何時も通りに中に入る。そして何時も通り中には誰もいない。
メビウスは小さな体を室内に滑り込ませた。
「うわあ、今日はどうしたんだろう?」
勉強会の会場とも化す来客スペースは、喧嘩でもしたのかと思われるような荒れようだ。
プレートとペンはテーブルの上にそのままだが、肝心のテーブルとソファが部屋のあっちこっちに追いやられている。
自分のプレートとペンと、それから借りていた本をタロウ個人の机に置くと、メビウスは部屋の掃除に取り掛かった。
テーブルとソファを元に戻し、出しっぱなしの資料を棚に入れる。タロウの机の上には飲みかけのコーヒーが埃を被
ったままだ。カップをキッチンスペース(こんなのはタロウの部屋にしかついていない)に持って行ってこれも洗う。
「また眠くなったのかな?コーヒーって飲むんだっけ、食べるんだっけ?」
タロウからペンを借りた日から、こうやって再び教官室を訪れるのがメビウスの習慣になっていた。
最上級生は本当に大変らしく、タロウがまともに部屋にいて話をしてくれたのはほんの二、三回。
授業は教官室や講堂、実験室、体育館に道場、果ては近くの無人惑星と場所を変えているらしい。
一度待ちぼうけを食ったメビウスに、タロウは本を貸してくれた。地球の紙でできた本。
以来メビウスは借りた本を返す度に教官室に来て、こうして掃除をしている。別にしなくてもいいよと
言われているのだが、放っておくと一週間もしないうちに人外魔境ができあがってしまうのを目の当た
りにしたので、ついつい手を出していた。
最後にタロウの机を拭くと、昨日置いておいた質問のメモに、ちゃんと答えが書いてあった。
「やった!」
頭は撫でてもらえないけれど、今はこれが一番嬉しい。メビウスはメモ用のタグプレートを握り締めると、
今日の質問をペンで書き込む。それから紙でできた本の詰まった棚の前へと移動した。


710 :フォースインパクト15:2006/12/25(月) 21:59:05 ID:u9eiOtm60
「ただいま」
後ろに生徒を連れたまま、タロウはなんとなくその言葉を口にした。自分の教官室は家ではないが、
ここ最近はついそう言ってしまう。
さっき敬礼の練習をしていた来客スペースは元通りにされ、自分の机の上も整っている。
昨夜擬態して飲んだコーヒーも片付けられていた。
メモ用のタグプレートには新しい質問が書かれている。まだ子供っぽい丸みを帯びた字に、タロウは
目を細めた。時には質問にもならないような他愛無い一言だけの時もある。そういったものの方が微笑ましくて嬉しいのだけど。
「教官、それでは失礼しました」
置きっぱなしだったプレートとペンを取り、生徒達が一礼をして出て行く。
「ああ、お疲れさま」
今日は早く終わったから紅茶にでもしようかなと、タロウは生徒を見送り、奥のキッチンスペースに向かう。
「っと、その前に」
踏み出しかけた足を数十度回転させて、隅の本棚に。以前、メビウスがここでタロウを待っていたまま
寝こけてしまい、寮まで巻き込む大騒動になったことがあった。タロウもまさか自分の教官室にいると
は思わず、あっちこっち探し回り、無駄足に疲れて戻ってくれば、微かな寝息が聞こえてきて。
紙の本に突っ伏しているメビウスを後で酷く叱ったけれど。
以来、必ずそこを点検するようにしていた。
「なんだ、また寝ていたのか?」
掃除の上手な小人さんを抱き上げると、頬をつついた。

711 :名無しより愛をこめて:2006/12/25(月) 22:17:08 ID:u9eiOtm60
クリスマス効果って凄いですねえ。色んなタロウメビが見れてシアワセ〜v
インパクトはこれからいよいよ佳境に・・・・入りたい。

結果報告>タロウが昔から一途にメビウスを想っている〜って辺りでじんわりきましたよ。
すみません、どなたかお見合い写真の次はウエディングドレスを・・・・(笑)

お見合い写真>完成版、すごーく可愛いです!そこはかとない色気が〜

文化放送>母、ノリノリがワロタ

4コマ>ミライの方が男らしく凛々しく。あの挑発気味の視線がたまりません(モデルはヒロト君なので当たりまえ)
メビたんは可愛く清楚に。ウエストのラインがたまりません。
どっちの画もステキです。

それぞれのクリスマス>涙しか出てきません。郷さんのアキちゃんへの想いが・・・・

712 :4コマ:2006/12/25(月) 23:13:02 ID:kWHX+0dw0
ふと思う、ここの人ってネタとはいえ結構、
ウルトラマンシリーズについて色々、造形が深いんじゃないんかと?(細かいことだけどね。)
作品群、バックに隠れたものを引き出してるきがします。(メビウスをオニャのコにしただけなのに)
普通なら、このネタが信憑性があるとかないとか、言ってるだけですから。
おもしろいな〜ここ。


713 :それぞれのクリスマス追記:2006/12/25(月) 23:47:15 ID:EpT/rlak0
厳密に言うと、坂田兄妹の命日はイブの1週前になると思うんですが、
あくまで郷は「墓参り」でなく「クリスマスプレゼント」の花束を贈りに来てる、
ってつもりで書きました…

余談ですが後年「エコエコアザラク」で、団さんと榊原さんが夫婦役で出てたの見て、
何だか郷とアキちゃんの悲恋が報われたようで嬉しかったよ;;

結果報告…タロウ男前や〜!メビ、ドレスもいいが白無垢もいいな(コラの神様降臨待つ!)
サード&フォース…何か、ありありと絵(映像)が浮かぶ。自分に絵が描けるなら
  挿絵が描きたい!とか思ってしまいます。
振袖&4コマメビ…嫁に来てくれ1日3食カレーでいいから小舅沢山いてもいいから!
  タロウはおろかリュウにも勝てる自信はないが;

714 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 00:14:52 ID:6w616JjE0
>>713
あだち充のマンガ「みゆき」のエンディング思い出しました。(古い
兄妹(きょうだい)で育ったけど、最後の最後は。。。
タロウ!!天然じゃなく!最後は気づいてほしいwww
P.S.もしかしたら恋敵が80先生かもしれんww


715 :中間報告1/7:2006/12/26(火) 01:01:21 ID:aHztnONv0

遅ればせながら見合いネタを。
結果報告3/4と4/4の間の部分です。

80  「隊長、いえ、兄さん。何をたくらんでいるんですか」
ゾフィ 「ひどいなぁ。私ほど弟や妹のことを思っている
    兄なんてそういないと思うよ」
80  「・・・(自分で言いますか、普通)それで、一体私に何をしろと?」
ゾフィ 「なに、タロウにこれを見せてくれればいい」


716 :中間報告2/7:2006/12/26(火) 01:03:29 ID:aHztnONv0
アストラ「兄さん、知っている?」
レオ  「何をだ?」
アストラ「タロウ兄さんが、教官の立場をいいことに
    教え子を自分好みの女に育てたって・・・」
レオ  「(ぶーっ!)」←お茶吹いた。
アストラ「兄さん大丈夫?」
レオ  「なななな、何だその話は!」
アストラ「ある意味間違っていないんだけどね。タロウ兄さんがメビウスを
    自分好みのウルトラの戦士に育て上げたのは事実だし」
レオ  「アストラ」
アストラ「だってねぇ。もうやんなっちゃうぐらい凄いんだよ。寮内で抜き打ちで
    摘発したらとんでもない量の隠し撮りがあって。こっそり付けて
    回っている連中も顔と名前が分かっているだけで20は下らないし。
    メビウス、女になったらものすごい美人になっちゃったでしょ。
    なのに以前どおり誰にでも優しいし、親身になってあげるもんだから
    一方的に入れあげたり、思い込む男が後をたたなくてさぁ」
レオ  「それがさっきの話と何の関係が」
アストラ「だってメビウス。フリーじゃない。自分のことにてんで自覚がないから
    無防備で危ないんだ。自分のものにしようと思い込む馬鹿が一人や二人
    じゃないんだよ。幸いメビウスがタロウ兄さんにべったりだから
    大事に至っていないけど」
レオ  「――流したんだな」
アストラ「いっそ本当にくっついちゃえばいいんだよね、あの二人」


717 :中間報告3/7:2006/12/26(火) 01:07:32 ID:aHztnONv0
タロウ 「メビウスは?」
80  「外交部の手伝いに行っています」
タロウ 「・・・最近よく引っ張り出されるな」
80  「重宝されているようですよ。警備はもちろん、気配りは出来る、
    あれだけ美人なのに鼻にかけない、人当たりはいい、
    下心なく善意で対応するから、大概の堅物も態度が軟化しますしね」
タロウ 「・・・(なんか不愉快)。メビウスは教官としてはどうなんだ?」
80  「まだまだ未熟ですけどね。いい教官になれると思いますよ」

 どさどさと、メビウスの机の上に山積みの紙の束。

タロウ 「何だ、それは」
80  「メビウスの見合いですよ」
タロウ 「見合いぃぃぃ!?」←声が完全に裏返っている。
80  「(今更気付いたんですか、あんた)知らないんですか?
    メビウスが女の子と判明した後、ものすごいんですよ」
タロウ 「・・・メビウスには早い」
80  「法律的にはもうOKな年ですよ。
    地球で任務を果たせる年なんですし」 他惑星派遣=未成年不可とゆうことで    
タロウ 「・・・しかし、何でまた。メビウスが女に戻ったことは、
    あの子の心情を慮ってそんなに大っぴらには」
80  「口コミを馬鹿にしちゃいけません。あんなに物凄い美少女がうろついて
    人の噂にならないわけないでしょう。
    第一、ウルトラの母があちこちで話しているんですよ」
タロウ 「・・・orz(母さんですか)」


718 :中間報告4/7:2006/12/26(火) 01:10:27 ID:aHztnONv0
80  「ちょっと調べるだけで、エリートの宇宙警備隊の中でも
    更に貴重な地球帰り、ウルトラ兄弟にも加わっている。
    周囲の評判もいいし、大隊長の覚えもいい。大半の隊員が優遇措置で
    免除している大学の単位もあの子は律儀にと取っているから文句なしに
    文武両道。本人に会ってみれば礼儀正しい、気配りもできる、気立てはいい。
    おまけに健気で絶世の美少女。これで目をつけない方がおかしいです。
    たとえ、これまで男として育ってきた経緯があるとしてもです」
タロウ 「・・・」←ものすごく面白くない。
80  「ざっとみたところ、高級官僚でしょ、名門の子弟に
     ――うわ、末端とは言え王族の名前まで入っている」
タロウ 「仮にもその王族の女性と付き合っている君のせりふとは思えないな。
    ユリアンとはいつ結婚するんだ」
80  「(うわ、藪蛇)それはそれで――メビウスは肩書きに左右される
    子じゃありませんけれど、これはちょっと強烈ですよ」 ぴらり
タロウ 「――(血相が変わる)」 ガタン!

タロウ 「ゾフィ兄さん!」
ゾフィ 「おや、タロウ、どうした? ドアもノックしないで」
タロウ 「なんですか、これは!」
ゾフィ 「ああ。悪くないだろう?」
タロウ 「なんだって、メビウスと兄さんが見合いするんですか!」
ゾフィ 「何を熱くなっている。君に文句をつける筋合いはあるのか?
    メビウスの実の親兄弟でも恋人でもないのに」
タロウ 「・・・(ぐっ)」
80  「(ちょっとまずくないですか・・・)」


719 :中間報告5/7:2006/12/26(火) 01:12:50 ID:aHztnONv0
 なぁタロウ。私たちは良くも悪くも兄弟だ。
 背中を預けられる。戦士の心を共有している。
 苦悩も危機も理解し、支え合うことができる。
 あの子もその一人だ。
 我々は義務と責任を背負っている。
 ウルトラ兄弟の名の重みを背負っている。
 誇りに思っているよ。でも時々、考えるね。
 どれだけの人が『私たち』を知っているのかな。
 なぁタロウ。
 あの子はちゃんと私たちを私たちと見てくれた。
 お前のこともそうだろう? タロウのことを見てくれたんだよね。
 私が隊長の肩書きをはずしても、あの子はきっと『私』を見てくれる。
 そんな相手に傍にいてほしいと私が思ってはおかしいかな?
 むろん、私だってあの子を幸せにする力量はあると自負はあるよ。

 ・・・さて、話はこれだけかな、タロウ。


720 :中間報告6/7:2006/12/26(火) 01:14:50 ID:aHztnONv0
ゾフィ 「(叩き付けられた釣書きを見て)・・・少しは進んでくれるかな」
80  「なんでわざわざ焚きつけるんですか? たださえ今だって
     あの人は教官馬鹿の兄馬鹿なんですよ。その上恋愛ボケが加わった日には」
ゾフィ 「今とそんなに変わらないじゃないか」
80  「・・・(何気にひどいこと言ってるよ、この人)」
ゾフィ 「ほっておくと、一生『タロウ兄さん』と『妹』のままに思えてね。
    はたで見ていて大変まどろっこしいというか」
80  「それで、野暮を承知でくちばしを突っ込んだと」
ゾフィ 「いや、突っつくと反応が楽しくて」(特にタロウが)
80  「・・・orz」
ゾフィ 「あの二人を心配しているのも本心だよ(にっこり)
     見た目だけで言い寄ってくる男にあの子を任せて置けないし、
     計算高いレディたちをタロウの周りから排除するのもいい加減飽きたしね」
80  (ずっとタロウ兄さんをガードしてたんですか。
    この人もかなりの兄馬鹿かな)←悪くない、と思っている。


721 :中間報告7/7:2006/12/26(火) 01:16:46 ID:aHztnONv0
ゾフィ 「さて、地球にいる弟たちにも知らせておかないと」
80  「・・・はい?」
ゾフィ 「こんなに面白いことを教えなかったら、あの四人が可哀想じゃないか」
80  (タロウ兄さんは可哀想じゃないんですかぁ〜?)

 もつれるような足どりで80が隊長室から出て行く。
 一人になるとゾフィは小さく苦笑した。
 おそらく、役目を果たさない自分の釣書きをつまみ上げ、小さく呟く。
「・・・本当になっても良かったのにね」

レオ  「いけ、告白したらそこでぎゅっと抱きしめろ。男ならぎゅっと!」←物陰
アストラ「兄さん、少し黙って」←兄より覗きの自覚がある。

「タロウ兄さん?」
「話したいことがある、メビウス」

 ぎゅっ。 


722 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 01:44:47 ID:YV9A+Z8e0
>>713
ドレスや白無垢の素材があれば、挑戦してもいいが…
着物のように店まで資料をもらいに行く勇気がない orz
ネットで漁ってもいいが、大概解像度悪いのが難点
神ではないので、出来ることと出来ないことが(ry

クリスマスに間に合わなくて残念だが、後でMADをUPさせてもらうよ
今最終調整中
今日の力作群も後でゆっくり見せていただく(それを励みに後一息頑張るよ)

723 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 01:57:22 ID:H1I9P0V0O
コラって難しいよな
光太郎の結婚式風景(タキシード&ドレス)があったことを思い出したものの、
流石に花嫁のとこをミライをあてはめるのはどうかと思い諦めた

724 :もしもあなたに会わなければ:2006/12/26(火) 03:15:28 ID:hONqqaJO0
>>192
ヤプール文化放送じゃなくて、タロウ兄さんに直接送ることにした
ウルトラの星 光の国 宇宙警備隊養成所 ウルトラマンタロウ様
で届くのか??
手元に「メビウス」しかないんで、これで精一杯…歌詞優先の選曲でマイナーだし
タロウ兄さんご希望の萌えMADじゃなくなっちまった
タロウ教官の地球と弟子への愛っつーことで、後は脳内補完よろ(ry…orzスマソ
でも、真面目に作った。これだけはガチ

ttp://vaxim.80code.com/content/cgi/upld/upload.cgi?mode=dl&file=21
tarou

725 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 10:22:11 ID:cUFGdst70
泣ける・・・secret〜ともども神作だ。
これだけのものを見せてもらえるなんて、
ほんとにここに来てよかった。
でもこれいい曲だね〜

726 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 10:36:59 ID:R4rg2mSN0
>>723 光太郎の顔をタロウにして、森山君の顔をメビウスにするとか・・・・

727 :722:2006/12/26(火) 10:49:29 ID:Qezv23U70
今制作中なんだが、教えてもらいたいことがあります。
白いドレスに右手でバッグを持っている素材を使っているが、左手にブーケを持たせてみた。
花があった方が、新婦らしいかと思って。
両手にバラバラの物を持っているのは、おかしかったりするのか、わからない。
誰か知っている人、お願いします。

>>725
早速見てくれて、ありがとう。自分もこの曲が気に入ってます。

728 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 11:07:43 ID:R4rg2mSN0
両手にバラバラはおかしいと思うな。ブーケだけとかの方が良いと思う。

729 :722:2006/12/26(火) 11:34:40 ID:Qezv23U70
>>727 ありがとう
やっぱりそうか……そうだよな……orz

730 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 11:36:04 ID:Qezv23U70
アンカー間違えた
>>728 大変失礼しました

731 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 12:54:45 ID:01W39s500
>>715
結果〜中間と続けて読み返してみると味わい深いな〜
長男って大変なんだね・・・ゾフィー
一般教養の単位取得免除の設定って養成所スレでも見たけど、
メビウスとヒカリ(飛び級?)と80は満単卒業だろうと思ってたよw

732 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 14:26:07 ID:6w616JjE0
>>724
mad普通に感動しました!さすが!secret作者(?)

733 :4コマ:2006/12/26(火) 18:15:04 ID:6w616JjE0
>>721
中間報告721の部分を読んで、4コマにしてみました。
なんだか情景が浮かんだもので。。。

お絵描き掲示板の[No.30]です。

734 :中間報告ノシ:2006/12/26(火) 20:51:32 ID:D91F1naN0
>>733
 うわ、メビ可憐! タロウも初々しー!
 お嬢さんと若様だ!
 次の話のイメージがわきそう!ありがとうございました!

>>731
 スポーツ特待生じゃないけれど、
 免除されているんじゃないかな? と思ったもので。
 メビは几帳面にきちんと履修していそう。80とゾフィ兄さんも。
 タロウは確実に免除組だと思われw
(ヒカリはどっちかというと学力の方の特待生だったっぽい気がする)
 あと、ゾフィは苦労してるけど、弟たちを弄くるのを楽しんでいると思うw
 タロウとエースの家庭教師だったよね、ゾフィ。

735 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 21:02:25 ID:ao6JTSnd0
>>734
ああ〜そうだったのか〜納得〜>家庭教師
だからタロウの行動パターンは全部ゾフィーに読まれてるんだwww

736 :4コマ:2006/12/26(火) 21:28:48 ID:6w616JjE0
今日から4コマお休みしてmad作りします。
で、もし「ヒロト」が出てくる回(確かguysのメンバーが宇宙船内の映像を観るって奴です)
の動画もってらっしゃる方いましたら、
up頂けるとうれしいんですが。。。

737 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 22:38:37 ID:seghvtW+0
>>736
wmvでよければ。
21、22話のどっち?1話分丸ごとはデカイので無理。いる所だけ教えてくれれば、手間省ける。これから変換するから。

738 :4コマ:2006/12/26(火) 22:49:04 ID:6w616JjE0
>>737
ありがとう!うれしい!
ヒロトのアップと、ヒロトが時計を手に持って何か言ってるところ、時計のアップ
助けようとしてるメビウス、メビウスをみつめメビウスと名前を呼ぶとこ。
この5つが入ってる動画なら編集できそうです。

739 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 22:56:02 ID:seghvtW+0
>>738
22話だね。んだば、ちょっと待ってて。

740 :4コマ:2006/12/26(火) 23:06:19 ID:6w616JjE0
>>739
おおお。ありがとう!待っております。
今してるけど、4分越えはひさびさ。。。死んでます。。。

741 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:18:29 ID:seghvtW+0
>>740 倉庫のUploaderにうp完了
up0022.wmv パスm22b
落としたら教えてください。すぐ消します。

742 :4コマ:2006/12/26(火) 23:32:09 ID:6w616JjE0
>>741
ありがとう!勝手にmov保存に変更されてまう。。。
中身はwmvなので編集ソフトがうけつけん。。。
一様、ダウンロードしました。どうにかしてみます。

743 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:36:30 ID:+Dl/w9vi0
>>723
むしろミライとリュウのも見てみたい・・と思ってしまうのはここ的には邪道?


744 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:42:39 ID:seghvtW+0
>>742 ご苦労様です
>勝手にmov保存に変更されてまう
そんなこともあるのかぁ。動画関係はわからないことだらけだよ orz
大変だろうけど、完成を楽しみにしてるよ

745 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:50:55 ID:seghvtW+0
>>743 禿同!
つか、リュウとメビでもいい。
タロウ兄さんと違って、リュウ相手だと、悲恋の匂いがするんだよ
だから余計にこの二人で、ほのぼのとかギャグっぽいのが見たかったりするのかも
……こんなの俺だけ?_| ̄|○illi
節操なく、リュウも兄さんも好きだけどな
要は、メビたんが幸せなら、それでいいのだ!

746 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:53:38 ID:BUT3JLW50
 リュウミライ、タロウミライ両方ともばっちこーい!!

>>698
 …ごめん、ナニなコネタになってしまった。
 このスレの倫理にひっかかるかもorzゴメンナサイ

 地球にて、擬態のまま、あれやそれやでその気になっちゃった二人。
 
 タロウ=若き日の光太郎バージョン
 メビウス=おにゃのこ仕様←光太郎(オリジナル)の入れ知恵。

メビウス「タロウ兄さん・・・」
タロウ 「うん?」
メビウス「これって地球人の生殖行為に該当しますよね!
    男性体が女性体に(以下省略)・・・どうしました兄さん?」
タロウ 「(ぐったり)――メビウス。君の学習意欲は素晴らしい。
     でもこういうことはハキハキ言うもんじゃない」
メビウス「(しょぼん)ごめんなさい」
タロウ 「分かったら今度から気をつけようね」
メビウス「はい――あの兄さん」
タロウ 「うん?」
メビウス「(小声で)擬態同士の生殖で子どもは生まれることはありませんか?
     ・・・あの、兄さん、また僕、変なことやりましたか?」
タロウ 「・・・」
 ↑
ここは教官として教え子の知的探究心を評価すべきか、
兄として妹の素直さを喜ぶべきか、
男として相手の無邪気さを嘆くべきか
まず迷っているあたりで完璧にズレていることに気付いていない。


747 :名無しより愛をこめて:2006/12/26(火) 23:57:06 ID:BUT3JLW50
 これだけではあんまりなので、出だししかできていないんで申し訳ないけど。

『報告紀行:タロウ編(仮)』

 ひさかたぶりの日本。
 彼が港に降り立った時、予想外の出迎えがあった。
 知らぬものが見れば親子と思っただろう。
 あるいは年の離れた兄弟と思ったかもしれない。
 だが、二人の間に交わされたのはもっと気安い、そして深い言葉だった。
「おかえり、光太郎」
「おかえり、タロウ。いつ地球に?」
「昨日だよ。先に兄さんたちのところに顔を出してきた。
ほら――遠慮せずにもっと前にでておいで」
 タロウは自分の後ろに隠れるようにたっていた相手に向かって声をかけた。
「はじめまして」
 ぴょこんと頭を下げてくる。
「教え子で末っ子――妹のメビウスだ。つい最近まで地球を守っていた」
「お会いできて光栄です、光太郎さん」
「こちらこそ。地球を守ってくれてありがとう、メビウス」
「いいえ、僕一人の力じゃありません。皆が僕に力を貸してくれたんです」
 まっすぐ見上げてくる目――思わず光太郎は微笑んだ。
「僕も兄さんと呼んでもらえたら嬉しいな。
タロウの妹なら僕にとっても妹だ」
「はい! 光太郎兄さん!」
 打てば響くように応えてくれる、輝くような笑顔。
 その後ろで腕を組み、口をへにしている「元・末っ子」の様子に光太郎はぴんときた。
「教え子で妹ね――メビウスは君にとってそれだけかい?」
「・・・お前、性格悪くなってないか?」

 まだ導入だけ。たぶん書き直すとおもう。


748 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 00:21:34 ID:xNgtS6490
>>746
空気を読まずにマジレス。
憑依体同士の男女なら、受胎する確立は人間と同じ。
男性擬態の場合は比較的構造がシンプルなので、
行為自体は問題ないだろうが、
受精させられるかどうかは、精巣機能をどこまで再現するかによる。
女性擬態は、ホルモンバランスコントロールという、
高度な自律神経のフィードバック機能まで再現する必要があるため、
受胎の可能性はほぼゼロであろうかと。


749 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 00:57:15 ID:Ad9R3pwn0
何もメビウスだけがにょたじゃなくてもいいよなぁ〜と
全く空気読まずにふと思ったことを書いてみる。

ウルトラ兄弟のにょた

ゾフィ・苦労性の長女。妹たちが心配で仕方がない
マン ・冷静な次女。最近メガネをかけはじめた
セブン・ななこお姉さん
ジャック・身なりに気を使うオシャレさん。根は繊細。
エース・料理上手で元気な子。背が低いのを気にしてる
タロウ・明るい末っ子。姉妹一のナイスバディ


・・・・・・・・正直、スマンかった。

750 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 01:09:22 ID:DNaHoU/RO
>>749
ちょwwwwwwななこwwwwww

ウルトラ姉妹か…
このスレ的にはどうなんだろな。メビたんがアイドルなの!って空気だし。
とりあえず個人的にはタロウがいい
きょぬーハァハァ

751 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 01:10:24 ID:ycjxNRft0
兄さんにしろ姉さんにしろ、どのみちゾフィーが苦労するのに変わりないw
・・・・・・・・正直、萌えないけどワロタ

752 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 01:11:59 ID:ycjxNRft0
>>749
レオ、アストラ、80もやってくれ

753 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 01:20:19 ID:Ad9R3pwn0
>>752
レオ  ・ツンデレ
アストラ・クーデレ
80  ・女教師

ごめん、この三人よく知らない

754 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 02:43:45 ID:QBbk/BwN0
レオ=不器用で真面目なスポ根。受け身で感情的
アストラ=マイペースであちこち旅に出る。シスコンのジジコン
80=個性的なセンス。子供好き。結構モテる

こんな風かも

755 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 06:30:25 ID:ckeLSUrvO
>>749

自分も考えてました
orz

GUYSが隊長と補佐官ら除く『おにゃのこ集団』だったら…

・リュウ
熱苦しい姉御肌。
妹分のミライに何かと節介を焼く。
セリザワ隊長に片思い。
でかい胸を気にしている。

・テッペイ
おさげの似合う文学少女。
ミライの『つるぺた仲間』。
看護士目指す怪獣ヲタ娘。

・ジョージ
ラテン系のセクシーな姐さん。
やっぱりミライを『アミーゴ』と呼ぶ。
スタイル抜群でフラメンコも得意。
たまに『どっかずれてる』。


女子高生ノリの話になりそうだ。

756 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 07:14:10 ID:i5GPAmW20
 ゾフィ姐さんが個人的に萌え。
 スタイル抜群、クールで大人でウェットにとんだ気配りの人とか。
 最初の女性隊員が採用された世代だったらしたらもっといい。
 ゾフィって女性名なんだよな。

 そういえばユリアンは男性名…
 ぐは、幼馴染への思いを身分違いから身を引いた80(♀)を
地球まで追いかけてきた王子様を想像しちまったw

 インパクトの世界で
 マックス・ゼノン・メビウス三人娘状態wもいいなと思っちまったよ。

>>748 マジレスさんきゅ。
 うーん、一発ギャグネタで

 母親そっくりの娘を溺愛する親ばかリュウ
        vs
 実の父親以上にウルトラ親ばかになっているタロウ

 は理論上不可能っぽいね。

 あとサトラレの光ちゃんとこみたいに
 片親(この場合メビ)の特殊能力を引き継いで、地球じゃ子育て不可能
 光の国に母子がいっちゃって、リュウが地球で単身赴任状態。
 月に一度、どこかで面会するのがやっと、というのも考えたんだけど
 没かorz 
 セブンとアンヌの子ども疑惑>ウラーの悲劇の件があるので
 男性擬態は結構マジかもしれんと思ったり。

757 :フォースインパクト16:2006/12/27(水) 09:37:00 ID:43ZhgnC+0
「失礼します。教官、忘れ物をしてしまって・・・・」
今出て行ったばかりの訓練生が教官室に入ってくると、ソファに低学年の子を寝かしつけているタロウがいた。
「教官、どうしたんですか?」
「ん?ああ。奥の方で寝ちゃってたものでね」
そういって頭を撫でる仕草は、本当に大事なものに触れているようだった。

「タロウ兄さん!」
80は廊下を歩いているタロウを強引に捕まえた。
「どわっ?!どうした、80?!そんなに血相を変えて」
「またメビウスを部屋に引っ張り込んでいるんですか?!」
「引っ張り込むなんて言うな!いかがわしいことでもしているみたいだろ。
本を貸してるだけだよ。まともに顔を合わせたのなんて3,4回ぐらいだ」
「メビウスが兄さんの部屋で寝ていたのが内2回です。この間の寮の騒ぎ、忘れたんですか?」
「憶えてるよ」
「だったら!」
「ちゃんと最上級生の指導はしている!」
面倒くさそうに返事をしていたタロウが、突如口調を荒げた。
「第一、下級生が遊びに来ているぐらいで集中力が無くなるなんて方がどうかしているだろう?!」
「兄さんはご自分の立場がわかっていらっしゃらない!」
宇宙警備隊の大隊長と銀十字軍の隊長の一人息子で、ウルトラ兄弟の一人。地球滞在経験もある、養成所の筆頭教官。
一体どれだけの者が彼に憧れ、また彼の元で学びたいと思っているのか。しかし初年ということもあってタロウが選んだのは5人だけ。
「わかってるさ。『筆頭教官』だろ?ちゃんとに最上級生の指導だってしている。この間の試験だって全員95点以上でパスしたんだ」
「指導は点数だけじゃありません」
タロウは劣等感が理解しきれていない。光太郎もおそらく前向きで、そういった事を考えないタイプの人間だったのだろう。それでいて女性や子供に好かれる。
「このままじゃメビウスはやっかみを受けますよ。今まで何もなかったのが不思議なぐらいだ」
「やっかみ?光の国<ここ>で?まさか。地球じゃないんだぞ」
「光の国は、昔は地球と同じでした。我々の感情も、似ていたんですよ。
ともかく、メビウスには私から言っておきます。兄さんは卒業試験の心配だけしていてください」
「待て!80!」

758 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 09:38:07 ID:43ZhgnC+0
夕べはアクセス規制にひっかかって書き込めなかったよー(涙)
やっと佳境らしくなってきた?

759 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 13:00:18 ID:Pj5Y5EX7O
規制解除おめ
80先生かっこいいなー

760 :4コマ:2006/12/27(水) 14:26:40 ID:YFpDgS9a0
>>747 タロウ教官と80先生のかけあいか!いいコンビw

761 :まとめ:2006/12/27(水) 15:16:58 ID:hJgl6oqQ0
スレが盛況なところへ割り込みますが、すでにレスも700を超えました。
900付近でバタバタするよりも、次スレやテンプレについて早めに話し合いを始めたほうが良いと思います。
が、ネタと感想以外でスレを消費するのも勿体無いので、避難所を用意しました。
有志の参加をお願いします。

避難所
ttp://vaxim.80code.com/content/cgi/zero/meetingroom/
認証はまとめサイトと同じです。
それから携帯の人向けの短いパスを用意しました。
UserID:zoffy Pass:687 でサイトに入れます。


762 :フォースインパクト17:2006/12/27(水) 21:22:31 ID:72uat/Q+0
メビウスが何時もの通りにタロウの教官室に行くと、丁度ドアを開けようとしている最上級生がいた。
「おや、この間教官室で寝ていた一年生だね?」
「・・・・はい」
先日の大騒動に顔を赤らめて頷く。
「どうしたの?」
「あの、教官に借りていた本を返そうと思って・・・・」
メビウスはプレートをちょっと見せた。期末テスト対策で借りていた本だ。
「そうか。教官は今外出中だから、私の方から返しておこう」
「あ・・・・」
(また借りたいの、あったのにな)
だがこれからタロウが戻ってきて最上級生の面倒を見るのなら、確かに自分は邪魔だ。
「すみません、お願いします」
差し出された手に、少し戸惑ってプレートを渡した。

「あれ、メビウス早いじゃん」
「うん・・・・って、また二人共僕の部屋に来てるの?!」
「すまない。室内を物体が占拠してしまっている」
寮の部屋に帰ってきたら、メビウスの部屋にマックスとゼノンが当然の様にだべっていた。
「ゼノンもマックスも掃除しないからでしょう?」
今日はタロウの部屋でなく、両隣の住人の部屋を掃除するハメになりそうだ。
「する気が起きない」
全く悪びれることなくゼノンが言うと、マックスもうんうんと相槌を打つ。
「でもどうしたんだ?最近はタロウ教官のところ行ってから帰ってきてたじゃん」
「今日はいなかったんだ。最上級生がいたから、本を返すのはその人に頼んじゃったし」
俯いて床に座り込んだメビウスを、マックスがいい子いい子と撫でる。
「メビ、教官大好きだもんな」
「うん」

763 :フォースインパクト18:2006/12/27(水) 21:24:04 ID:72uat/Q+0
「ねえ、ゼノンは「やっかみ」って知ってる?」
図書館からマックスの名義まで使って借りてきたプレートを見ていたゼノンは少し考えてから首を捻った。
「聞いたことのない単語だな。何処で聞いた?」
「今80先生から、タロウ教官の所に行っちゃいけないって言われたんだ・・・・」
「あー、もうすぐ期末だからかな?」
「この間大騒ぎした件だろう。しかし、それだけではそう言った聞きなれない単語は使わないはずだ。
80先生の言葉を再現してくれ」
「うん。
『タロウ教官の部屋に行くのはもう止めておいた方がいい。君がやっかみを受けて傷つくことになるし、
タロウ教官にも迷惑が行くだろう』
って」
マックスとゼノンはお互いに顎や額に手を当てて考えた。
「傷つくってことは攻撃だよな。部屋にトラップでも仕掛けてあるとか?」
「だがトラップではタロウ教官への被害の方が大きい。先にメビウスに危害が及び、それが結局タロウ教官へと繋がるということか?」
「二次災害?」
「そうだな、タロウ教官へと二次災害が及ぶ。だがそうなると一次災害が起こる必然だが・・・・
純粋に災害とするならばメビウスを指定する意味がない。ということは、人為的なもの、と考えるのが妥当だが・・・・」
「こいつ攻撃して誰が得するんだよ?!」
マックスは思わずメビウスにヘッドロックをかけた。
「痛い、痛い!」
「わからん。だが、教官に教わっている最上級生は少なくとも勉強の邪魔になる者を排除することができる」
「だったら『勉強の邪魔するな』で済みそうな気がするけど・・・・」
マックスの腕から抜け出してメビウスは肩や首を撫でた。
「まあ、80先生が注意するのも二回目だ。何かあるのだろう。当分は控えた方がいいだろうな」
「当分って、どれぐらい?」
尋ねたのはマックスだった。
「・・・・来年、次の最上級生が合同演習に行くまで」

764 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 21:29:01 ID:72uat/Q+0
亀ですが

>中間報告 腹の底から何かたくらんでそうなゾフィー兄さんにときめいてしまいました。
      ゾフィー兄さんとメビウスのカップリングだったら、総監とミサキさんみたいになるのかな?

>>724 この曲、もともと大好きだったのに、これで更に好きになってしまったじゃないですかー!
    タロウとメビ用に脳内カスタマイズ変更だよ・・・・タロウからメビへの愛情溢れてます!
    
>>733 ゾフィ兄さんのニヤリと覗いている獅子兄弟、押し付けられている80先生が笑いを
    ラストの二人が微笑ましさを。可愛い。

765 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 22:10:34 ID:Ad9R3pwn0
>>764
総監とミサキさんって…総監まだどんな人かわかんないよ

766 :中間報告その後1/2:2006/12/27(水) 23:20:20 ID:vqig1kUv0
>>733 4コマさんの作品からインスパイア。

タロウ 「この際はっきり言わせてもらう。君が必要だ。
     こんなのは、教官の立場を利用しているようで気が引けるし、
     兄として命令しているような気がして自分でもどうかと思う。
     でも、私の傍から君が離れてゆくのは耐えられない。
     例え、ゾフィ兄さんが相手でも、君を取られたくない!」
メビウス「あの・・・なぜここでゾフィ兄さんの名前が出るんですか?」
タロウ 「――君と兄さんの見合いの話があがっている。
     認めるよ。私は兄さんのように大人じゃない。この話が出るまで、
     君のことをどう思っていたかも気付かなかった大馬鹿者だ」
メビウス「そんな事を言われたら、僕のほうがはるかに未熟です!
     あの時だって、急に女に戻されたからって、
     それで解決にならないのに勝手に閉じこもって、
     どんなに周りに――タロウ兄さんに迷惑をかけたか。
     それに僕、男だったんですよ。
     今だって――外見は変わったかもしれない。
     でも、僕の心は以前のままの僕です。
     そんな僕なんかでいいんですか?
     タロウ兄さんにならもっと素敵な女性があらわれるはずです」
タロウ 「私を見くびるな! それに自分を卑下するようなもの言いは止せ。
     これまでの君を含めて、私は君が必要なんだ。
     それに忘れたのか? 君に染色体の傷のことを伝えたのは私なんだよ」
メビウス「・・・あ(赤面)」
タロウ 「すでに私は教官として兄として君の前に立っている。
     そこに男としての私をつけ加えてくれないか・・・もし君がよければ」


767 :中間報告その後2/2:2006/12/27(水) 23:22:56 ID:vqig1kUv0

ゾフィ 「――で、それでまだ呼びかけは『タロウ兄さん』のままなのかい?
    (ため息)兄として、実に嘆かわしい」
タロウ 「いくら兄さんとはいえ、人の家庭に口を突っ込まないでください!
     それにメビウスの『兄さん』はとっても愛情がこもっているんです!」
レオ  「・・・」←ちょっと前まで恋愛経験ではタロウにえばれていた人。少し悔しい。
アストラ「・・・ナチュラルに惚気てるよ(あーあー、これだから新婚さんは)」
80  「・・・(また楽しんでるよ、この人)」←同情してるが飛火しそうなので沈黙。


おまけ
メビウス「・・・タロウさん(ぽっ)」←ただ今、ないしょの特訓中。



768 :名無しより愛をこめて:2006/12/27(水) 23:42:11 ID:72uat/Q+0
>>767 ないしょの特訓キター!!

769 :4コマ:2006/12/28(木) 00:14:46 ID:B4Wc18jb0
>>766
こういう展開かぁ〜w
ギャグ4コマでウルトラの父とタロウ、ゾフィーの描き方間違ってるな思いました。。。
すこし真面目な路線がいいのかな感じています。
そういえば、mad頓挫してます。「魂の○○○○」にあてたけど難しい!投下できないかも。

770 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 00:51:13 ID:Mv8YF6z+0
>>764 >この曲、もともと大好きだったのに
おお!友よ!!知ってる人がいて嬉しいね

>>769
イメージストーリー組み立てて、合う素材を吟味しなきゃいけないんだから、長いとキツイよね
製作に間をおいてもいいのでは?
これからの放送で、いい絵が出てくるかもしれないし

報告シリーズ
獅子兄弟と80先生が、すごくいい味だw
特にアストラが(・∀・)イイ!

771 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 01:25:42 ID:SCOEtdUZ0
このスレや養成所スレを読んでてふと思った。

ゾフィー兄さんも隊長だから、計算高いレディたちが言い寄ってもおかしくないよね。
なのに他スレを含めてもタロウのために振りまいた見合い話くらいしか
浮いた話が思い浮かばないのは何故だろうw
兄馬鹿なイメージは強すぎるほど強いのにww

つーか、ゾフィー兄さんの所ならいつでも嫁に行くんだが。


772 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 01:36:37 ID:H8kF5N9t0
>>771
実は妻子持ち説

773 :サグラダ・ファミリア13:2006/12/28(木) 01:41:32 ID:vKa2X82a0
20話完結、連投規制入るまで一気に行きます。
規制入ったらすみません、多分明日になるかと...orz


光太「タロウ、人間大サイズになったら? 不便そうだし」
タロ『ベッドが狭くなるからいい』
光太「いやまあ、ちょっとくらいは離れたらどうかなー、と。いいけどさ」
タロ『私たちはそんなに長く共にいられるわけではないんだ』
光太「ああ・・・すまない、正直、面白がってしまって」

タロ『そもそも私は、この子に一緒にいたいなど言える立場にないしな』
光太「そこまで露骨にしておいてなんだ今更」
タロ『そう思ってるのにちっとも聞いて来ないんだなぁ、光太郎は』
光太「だってそう思ったら仕方がないだろう、どうしても」
タロ『けれど皆不思議がる、何故そこまでと』
光太「どうしてって聞いてもいいんなら聞いてみたい気持ちはあるけどね」

タロ『わからない、命をくれてやってもいいような気すらするが。その意味は
 自分ではわからない』

774 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 01:41:35 ID:/D9FCeHM0
>>771
腐臭丸出しは迷惑だから、どっかいけ
他のスレの話は出すなよ
お前みたいなやつは他でも同じことしてるんだろうな

775 :サグラダ・ファミリア14:2006/12/28(木) 01:42:07 ID:vKa2X82a0

――青い光が彼らを包み込むのを見た時に、ああ、見た目が今は同じでも、全く
 違う生き物なのだなぁと今更しみじみと思った。強く優しく、気高く。
 それら全てが身体条件として備わっている、彼らの種族はむしろそうならない
 例外のほうが少ないんだろう。

そしてまあ正直鈍いんじゃないかとたまに思う。

ミラ「うーん・・・」
タロ『ぎゃっ、つ、潰れ(じたばたじた)』
光太(おお、ラブリーww)

ミラ「(ぱち)タロウ兄さん」
光太「ん? 僕でいいのかな(くすくすくす)」
タロ『メビウスぅぅぅ』
ミラ「うわっ、やだ、ごめんなさい、今ちょっと寝惚けてて、教官潰れてるΣ」

776 :サグラダ・ファミリア15:2006/12/28(木) 01:42:37 ID:vKa2X82a0
光太「ミライ君ちょっと遅いかな、いつまで膨れてんだ、君は」
タロ『何故お前のことだけ・・・(いじいじいじ)』
光太「(潰されたことは気にもしてなかったか)ま、僕のコートは紺というか
 ちょっと青っぽいしね。遠目だったし、昔のZATの制服に見えたかな」
タロ『私たちの写真を見せた覚えなんて特に・・・』

光太「ねー、タロウ、もういっぺん一緒になろうか」
タロ『プロポーズみたいだな、だが断る』
光太「なんで? 前のようには行かなくとも、そもそも君の前任者さんたちも
 そうやって対話してきたっていうじゃないか」
タロ『・・・誰に聞いた?』
光太「ミライ君に、かな、君らはそういう話はしてくれなかったね」

タロ『僕の運命にお前のことを巻き込むかと思うと身動きが取れなくなる』
光太「“運命”?」
タロ『もう私は、地球と共に生きることは出来ない』

777 :サグラダ・ファミリア16:2006/12/28(木) 01:43:09 ID:vKa2X82a0
タロ『なんで私だけ鳩に突かれる(憮然)』
ミラ「あはは、きっと教官が美味しそうだからですよー」
タロ『それでも食うな、無礼者』

――皆、なにかを失ってこの星を去った。

光太「クリスマス・ミサには間に合って良かったね」
ミラ「はい! すごく楽しみにしてたから本当に嬉しいです」

――我々は、本当になにか持っていたものはあったのか?

タロ『帰ったら防衛隊の皆にそのことを話すのだろう?』
ミラ「あー、それも楽しみです。皆、どんな顔をするだろう(うきうき)」

光太「・・・胸が、掻き毟られるほど失いたくないものなんてあったっけ」
ミラ「はい?」
光太「なんでもないよ(ぽんぽん)」

778 :サグラダ・ファミリア17:2006/12/28(木) 01:43:40 ID:vKa2X82a0
タロ『あの子はこの星を、地球を去る時泣くだろうか』

光太「そもそも正体バラしたんだろ、留まる可能性もあるわけだ」
タロ『かもな・・・まあ、擬態の寿命くらいの年齢が経てばわからんが』
光太「君みたいな例もあるしね?」
タロ『私の後にも一人、留まっていたが後に離れたのがいるしな』

光太「共にいて欲しいって言わないのかい?」
タロ『・・・なんとなく、言われて頷くような相手にそう望む気がしない。
 あの子にはなんのことかもわからないかもしれない』
光太「でも、さっきのくらいは引き止めても良かったのに」
タロ『仲間のところに帰りたい気持ちも本物だろうからな』

光太「幸福でいてほしいねぇ、なんだかすごく」
タロ『(口を開いて止める)・・・そうだな』

779 :サグラダ・ファミリア18:2006/12/28(木) 01:46:40 ID:vKa2X82a0
――

メビ「大切なものってなんですか?」
タロ「それは・・・すまん、どういうニュアンスの質問なのかわかりにくいな」
メビ「ごめんなさい、えーと、(途方)」
タロ「ああ、いいよ構わない、誰かから言われたという辺りか」
メビ「ウルトラの父からなんです」
タロ「ふむ、それはやはり家族や故郷や友人、人によっては恋人、子どもでは
 ないだろうか」
メビ「でも僕、“探しに行け”と言われたんです(きょとん)」
タロ「確かに、それだと少し違うな。恋人を探せとは言わないだろうし」

メビ「新しく出会うもの、なのかなぁ」
タロ「なるほど、それなら私は地球だな」
メビ「あっ、じゃあ、僕はタロウ教官です!」

タロ「・・・うん、ありがとう嬉しいな(←本気で不意打ち喰らった)」
メビ「えへへー」

  多分、それは“博愛”の括りじゃないかな、メビウス、多分だけれど。

780 :サグラダ・ファミリア19:2006/12/28(木) 01:49:23 ID:vKa2X82a0
光太「君らを見ているとなんだか腹が減るんだよね」
タロ『腹・・・いや一体、なんの話だ、本当に』
光太「喉が渇くというか、なんだか餓える。がるるる」
タロ『このサイズの違いでそれはちょっと怖いから止めてくれ』

光太「さあ、もどかしいのかなぁ、なんだか本当にそんな感じなんだよ」
タロ『どうせ完全な独り相撲だよ(むくれ)』

光太(だから、必ずしもそう見えないから・・・言わないほうがいいのかな)

タロ『お前を送ってから帰るよ、どこに戻る?』
光太「いいよ、ここは僕の星だから、どこでも一緒だよ」
タロ『地球はあまり交通機関が発達してないんじゃなかったか?』

光太「けど僕は、ここで生まれて育ってきたからそれが普通なんだ(くす)」
タロ『そうか・・・失礼なことを言った、かな』
光太「いや、そうでもない、ねぇ、タロウ」

781 :サグラダ・ファミリア20:2006/12/28(木) 01:50:04 ID:vKa2X82a0
タロ『ん?』
光太「君はこの星を去る時に泣いたかい」
タロ『多分、・・・覚えていない』
光太「僕は、君を愛しているよ、多分これからもずっと、変わらない」

タロ『私は君として生まれたかった』
光太「僕は最初から君と共に生まれたかった、ウルトラマンになりたかった」
タロ『でもお前は、』
光太「うん、人の中にいるとこれでも寂しいんだ、これでも」

タロ『私も、ずっとそうだった・・・なんでだろうか、誰が見ても恵まれて
 いるのだろうに。けれど、』
光太「そんな話をしたことあったっけ(くすくす)」
タロ『なかった、かな、なんでだろうか』

光太(君だけが愛を知ってしまったから、だろうか)

――それは果たして、「いいこと」なのだろうか、悪いことなのだろうか?

782 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 01:52:47 ID:vKa2X82a0
>>781
タロ『私は君として生まれたかった』
→お前、です...orz

779冒頭に
――地球行き前

と付け足して読んで下さい、やっぱり抜けがぼろぼろと…。

783 :結果報告余談 年貢の納め時:2006/12/28(木) 02:45:05 ID:GwqWB7Gt0
最初に謝っておきますorz
インパクトの超かっこいい80先生とか、サグラダの余韻残る後に
こんなもん投入するのもいかがなものかと自分でも思ったんですが。
更に、結果報告の締めで、想像してね、
と自分で書いておいてなんなんですがorzスミマセン



784 :結果報告余談 年貢の納め時1/5:2006/12/28(木) 02:46:39 ID:GwqWB7Gt0
地球神戸
「もうそろそろか・・・しかしあの二人がなぁ」
「あの甘えん坊がメビウスとなぁ」

光の国
父   「・・・v(義父さん義父さん義父さん)」←感動を今だ反芻中。
母   「ほんとタロウに貰い手があってよかったわ」
ゾフィ 「結局我々の中で一番乗りはタロウか・・・(ちょっと寂しい)」

ユリアン「おめでとうメビウス〜。とってもキレイよ」
メビウス「公務がお忙しい中ありがとうございます、ユリアン殿下」
ユリアン「そんな他人行儀はなし! 姉さんって呼んで頂戴。
     80の妹なら私にとっても妹だからね」
メビウス「(うるうる)ユリアン姉さん・・・」

一同、大変微笑ましいな、と思っている。


785 :結果報告余談 年貢の納め時2/5:2006/12/28(木) 02:48:30 ID:GwqWB7Gt0
メビウス「あの・・・ぜひこれをユリアン姉さんに」
ユリアン「あら、懐かしい。これ地球の花ね」
メビウス「地球にいる兄さんたちが送ってくれたブーケなんです。
     それで地球の風習になりますが、
花嫁からブーケを受け取った女性は幸せになれるって」
ユリアン「(うるうる)メビウス、ありがとう」
ゾフィ 「おや、大切な言葉が2つも抜けているよ、メビウス。
     ブーケを受け取った女性は『次の』幸せな『花嫁』になれるんだよ」
80  「!」
一同  「ほほーう」
ユリアン「メビウスありがとう! 大事にするわね!
     もう80ったら○○○才の時に(幼稚園児位だと思って下され)
     僕のお嫁さんになってねって私に言ってくれたのに・・・」
80 ←硬直。
一同  (にやにや)



786 :結果報告余談 年貢の納め時3/5:2006/12/28(木) 02:50:29 ID:GwqWB7Gt0
ユリアン「でも大きくなったら身分が立場が、って思いつめちゃって。
地球にだって私に一言もなく行っちゃうし」←すぐ追いかけた人。
80  「ユリアン、あの時は・・・ごめん。すまなかった」
一同  (大変だよな、お姫さまと一般市民だし)←同情。
ユリアン「王族なんてもうとっくの昔に形骸してるし、私は気にしてなかったの。
     80がそんなに悩んでいたなんて気付かなくて(しんみり)
――その前から僕は君と釣り合いがとれるのか、
君に相応しい男になれるのかって漏らしてたのに・・・」
メビウス「80兄さんはってとてもいい人です!(ぐっと握りこぶし)
     努力家で勇気があって思いやりのある、素晴らしいお方です!」
80  「メビウス・・・」 じーん
一同  (いい子だな、メビウス)


787 :結果報告余談 年貢の納め時4/5:2006/12/28(木) 02:52:54 ID:GwqWB7Gt0
ユリアン「(うふふ)態度が煮え切らないのが難点だけどね。
お互い忙しくて中々会えなくてもその分連絡は取ってくれるのよ。
     無理はしてない? 頑張るのはいいけど疲れてない?
     君を手伝えなくて、そばにいてあげられなくてごめんね、
     ずっと君の顔を見てない、会えなくて寂しい…(いやーん、言っちゃった)」
80  (わーっ!わーっ!わーっ!)
メビウス「ラブラブですね!」
タロウ 「何だ、君たちうまくいってるんじゃないか」←えらそう
80  ぱくぱく←ちょっと前までメビウスのことでおたおたしていたくせに、
何えらそうな、とか色々言ってやりたいが声にならない。
         てゆーか、ユリアン、もうこれ以上は勘弁してぇぇぇ!

レオ  「・・・すっげぇ暴露」
アストラ「トサカまでまっかっか。こっちまで暑くなりそう」 手のひらでぱたぱた。
父母  「・・・」←流石に妻が王族出身だと介添え人は難しいかな、と思っている。
ゾフィ 「・・・(タロウも片付いたし、これはちょっと本格的に後押ししてやるか)」



788 :結果報告余談 年貢の納め時5/5:2006/12/28(木) 03:05:32 ID:GwqWB7Gt0
 ごめん、連続投稿にひっかかったorz

地球神戸
「あいつも年貢の納め時か・・・」
「年貢の納め時ですね」

 がんばれ80、負けるな80。
 このままだと確実に尻に敷かれるぞ(きっと幸せだと思うけどね)

レオ  「ところで、キングはどうしているんだ?」
アストラ「そこいらへんから見ているんじゃない?
     あの人がこんな美味しいイベントを見逃すはずがないって」


789 :教会の控室にて:2006/12/28(木) 06:51:29 ID:dF0t0bcN0
ちょっと緊張気味の新婦
元画像のモデルよりこっちの方が美人に見えた俺は、眼科に逝ってくるべきか?
ここの住人として合格ということなのか?
ttp://vaxim.80code.com/content/cgi/upld/upload.cgi?mode=dl&file=23
dress

当分ブライダル関係物は見たくない気分なんで、これで打ち止め
手書き部分が変だとか、なんでマリアベール?とか、そもそもドレスの趣味がどうよ?etc.とか
突っ込みどころ満載だろうけど..._| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_ スループリーズ
補足:つるぺたじゃないのは、ブライダルコルセットとやらのおかげらしい

ショーウインドーの前で、ウェディングドレスに釘付けなミライ
「リュウさん、これ、すごく綺麗です!!」
なんて場面が浮かんだが、その後が出てこない
誰か、出来たら続きよろしく頼む

790 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 07:03:17 ID://eCLzDM0
>>771
「言い寄ろうにも、ほとんど外出中なのよ、あの人〜!
苦労人らしいし、叩き上げだから、
あたしとしては、ボンボンより当たりだって思ってるわけ。
でも、ここにいた!と思ったら、
次の瞬間、テレポーテーションでどっか行っちゃうし〜
これじゃ、追っかけようがないじゃないの!」

以上、ある長男萌え光の国住人のぼやきでした。

791 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 11:57:24 ID:vKa2X82a0
>>789
一緒に眼科に行こうか...orz
てか、ベール手描き? すごいなぁ。

792 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う1/6:2006/12/28(木) 14:13:57 ID:Y2akOHqX0
>>789 責任とってくださいよ。orzモエタジャネェカ
   恋人はウルトラマンの続きです。


 神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う

 いつかこの腕から惜しみなく奪われるものであったとしても。
 奪うなら初めから与えるなと、後々、恨み言を吐くようなことになっても。
 今は、自分に与えられたこの存在に感謝しよう。



793 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う1/6:2006/12/28(木) 14:16:49 ID:Y2akOHqX0
 人間というのはともかく逞しい。というか図太い。
 怪獣が来襲しなくなり、ふた月を越え。
 町の復興で活気にあふれ、あちこちで建築物の工事がすすんでいる。
 まだ、完全な宣言は出されていないが、それでももう通り行く
人々の顔は明るく、足取りも軽い。
 失われたものは大きくとも、人々はもう歩き出している。
 これが何度も危機にさらされても滅亡にいたらない、地球人の本質なのかもしれない。
 リュウも、今ではこうして一人で歩くことにも慣れた。
 まだ欠落感は残っている――これもいずれなくなるのだろうか。
 そのことを受け入れるには抵抗がある。
 一度目の喪失感――1年前、旧GUYSでただ一人生き残った
――生き残らされた時にはその直後の怒涛の日々に感傷に浸りきる暇も
なかった。気付けば傷口の上に薄皮が覆っていた。
 時折痛んだその傷口を無言で守ってくれていた存在がいたことに、
その存在――二度目の喪失があってから気付く。
 手のひらが覚えている、体温。いつか、この記憶も薄れるのだろうか。
「まま、すごくきれい!」
 よく通る、幼い声にふと目をやる。
 女の子が見とれているのはショーウィンドーの中のウェディングドレスだった。
日本の気候風土としては難ありの月でも、ジューンブライドは日本に定着して久しい。
「本当に綺麗ね」
「きれい。すごくキレイね」
「しあわせな時に着るドレスよ」
 にっこりと微笑みあう母子――きらきらとした目で母親を見上げている
子どもの目に、リュウは目が離せなかった。
 不意打ちのように、ようやくかさぶたが覆っているだけの傷口が痛むのはこういう時だ。


794 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う3/6:2006/12/28(木) 14:19:43 ID:Y2akOHqX0

 自分からはなんも欲しがらなかった。

 形あるものはなんも。


「リュウさん、これ、すごく綺麗です!」
 唐突にあがった声にまたか、と思う。
 この不思議ちゃんは何にでも感動する。
 微笑ましいと思う反面、いちいちつきあってられねぇ、
 というのも紛れもないリュウの本音だった。
「なんだ、ウェエィングドレスかよ…」
「ウェディングドレスっていうんですか?」
 きらきらとした目で、リュウを見返してくる。目は口ほどに物を言う、
というが、この時のミライの目は感嘆と疑問符のミックスだった。
 無条件の信頼は可愛いと思うが、物を知らないというのも度が過ぎている。
 いくら宇宙育ちといってもこりゃないだろう、と思うことも度々だった。
「宇宙にはなかったのか? 結婚式で着るんだよ」
「結婚式…愛する男女が生涯を共にする誓いをするんですよね!」
「そう、花嫁さんが着るんだよ。見た目はきれいかもしれないけどよ。
なんかこう、きっちり体を締めて、長いもんずるずる引きずって・・・
女はよく着れるもんだよなぁ」
 マリナやコノミが聞けば盛大な文句をつけそうな発言だが、
ミライは「すごいですね」としか言わなかった。
 そして何かに気付いたのか少ししゃがみこむ。
「これ、結婚式の様子ですか?」
「いやモデルだろう。こんな感じになりますって再現しているだけじゃねぇ? 本物じゃねぇだろ」
「そうなんですか?」
大きなウィンドーガラスごしに男女の写真をなぞる。そしてミライはリュウを振り返った。
「でも、十分伝わりますよ。愛する人と生涯を共にできるって、なんかいいですよね」
「なんだ、おまえ好きなやついるのか?」


795 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う4/6:2006/12/28(木) 14:21:39 ID:Y2akOHqX0
 ミライらしくない曖昧な表情にこの時は質問を引っ込めた。
 …今思い返せば随分と惨い言葉を投げかけたものだ。
 メビウスだったミライ。
 自分に思いを寄せていたミライ。
 多くのことは知らなくても、いつか去らなければならない自分を知っていたミライ。
 知らないということは残酷だ。
 何度悪気のない言葉で自分はミライを傷つけただろうか。
 それでも一途に自分に向けられた思い。
 ただただ相手に与えることに特化していた愛情の示し方。
 ウルトラマンの、その見返りを求めない献身的な在り方
そのままの情愛に気付いた時には言葉もなかった。

 できるだけ長くリュウさんのそばにいられますように。


796 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う5/6:2006/12/28(木) 14:26:46 ID:Y2akOHqX0
 初めてミライと出会った公園は平日とあって閑散としている。何度もここで二人で過ごした。
 その記憶が強すぎてここ数ヶ月、足を遠ざけていた場所。
 あれはクリスマスのことだ。くずかごに捨てられたミライの願いを見た時、
心底愛しいと思った。カケラでもいい、応えてやりたい、と思った。本気でそう思っていた。
 ミライが願ったこと。だが、あれは裏返った自分の願望だった。
ミライために行ったことと言っておきながら、自分をためでもあったのだ。
 手すりに両手を置き、リュウは目前の光景を前に大きく息をすった。
「いつ、いかなる時も!」
 あの時、夜景に向けて叫んだように。
ミライに聞かせるため――光の国に届くはずはないと分かっている。それでも
「「たとえ死が二人を別つとも!」」
 重なった声に息を呑んだ。信じられない思いでリュウは振りかえる。
「――ミライ、お前」
「・・・また、傍にいてもいいですか」
 恐る恐る触れる指先。それを思い切り握り返し、腕を引き、リュウはミライを抱きしめた。
 抱き返してくる、腕の強さ。愛おしさ。
「まだ・・・僕のこと好きでいてくれますか」
「あたり前なこときくんじゃねぇよ。それより、大丈夫なのか。地球にいて」
「一時的ですけれど予備役扱いです。そんな精神状態じゃ
危なくて他の宇宙警備隊員に迷惑をかけるって
…本当にタロウ兄さんにはすごく迷惑をかけてしました。
今は恒点観測員です。この身分はヒカリが斡旋してくれたんです。
セリザワさんにもたくさん助けていただきました。
恒点観測員の本来の任務は偵察と観測ですけど…
でも任務に明文化されていなくても、いざとなったら僕が戦います。
リュウさんといっしょに」

797 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う6/6:2006/12/28(木) 14:29:10 ID:Y2akOHqX0
「…僕ら、だもんな」
 変わらぬミライの気高さ、そして自分を可愛がってくれた上官の名を聞いて、
リュウは目頭が熱くなった。
 ヒカリと融合したセリザワは、再会した時にリュウが知るセリザワではない、
と否定した。だが確信する。こんなところは昔どおりのセリザワだ。
 部下思いで、不安定な若造だった自分を助けてくれたかつての隊長。
 ミライの、メビウスのために動いたのも確かだろうが、幾分かは
自分の為に力を尽くしてくれたのだ。
「いつまでいられるんだ」
「はっきりしませんけれど…けれどよほどのことがなければ80年ぐらい」
「そっか…俺は百歳を越えちまうな」
 人間寿命を考えれば、むしろミライに辛い思いをさせる可能性が高い。
 それでもミライは戻ってきた。すべてを承知の上で。
 ならば。
 覚悟を決めよう。
 二人(ぼくら)で生きよう。
 いつか互いの腕から惜しみなく奪われるものであったとしても。
 奪うなら初めから与えるなと、後々、恨み言を吐くようなことになっても。
今は、自分に与えられた存在に惜しみなく答えよう。
今は、この幸福に惜しみなく感謝しよう。

「いいか。俺がお前にウェディングドレスを着せてやる!」
「うぇでぃんぐどれす…? ああ、ウェディングドレスのことですね!
 結婚式で花嫁が着用する衣服のこと…え? え? えぇ!?」←意味気付いた。


798 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う:2006/12/28(木) 14:34:37 ID:Y2akOHqX0
>>793は2/6でしたorz
 なにやっとるねん、わし。

799 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 15:02:16 ID:od/sTr6w0
うわー、個人的にリュウ応援派だから何か泣けた。ありがとう!
自分でもリュウで書いて見たいと思いつつ、本命(だよね?)相手だと、
変な照れと元来の関西人気質(ノリツッコミが日常会話)が邪魔してしまって
つい暴走兄ネタに逃げてしまうんだ…orz


800 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 15:09:59 ID:od/sTr6w0
あ!微妙にIDにタロウが見え隠れしてる気が;早くNo.6書けって事か…orz



801 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 16:15:40 ID:vKa2X82a0
>>784
明らかにユリアンに乗っ取られてます、いい姉御キャラww
>>792
こっちもおめでとうっす、良かった良かったw

いやもう、各人の世界観でいいんじゃないでしょうか。
正直書けないものはありますけど、読めないものはないなぁ、ここ。

802 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う:2006/12/28(木) 16:15:41 ID:Y2akOHqX0
>>799-800
 ガンガレ 暴走兄楽しみにしちょります。

 リュウさんはいかに繊細な熱血馬鹿に仕立てるかが難しいorz
 話を書いていると、ここつっこみてー、でも突っ込んだらギャグになるー、
 とわめきながらやってまつ。

 6を見てると自分はタロウ兄貴の弄りが甘いと痛感しまつよ。



803 :神は惜しみなく与え、惜しみなく奪う:2006/12/28(木) 16:26:12 ID:Y2akOHqX0
>>801
 ユリアン姉さんは書いてて楽しかったw
 80も1万歳すぎれば結構老獪な策士になると思いますが、多分一生(ry

>>792は798の写真と台詞でイッキ書き。
 …萌えって怖っって思います。
 ここ一週間、尋常でなくネタの神様が降りてくるよorz
 いいかげん年越しの準備しろよ・・・自分。

804 :789:2006/12/28(木) 19:41:41 ID:e1OsCGv80
感想まとめていきます(長文スマソ)

>>790 なるほど納得!
兄さん、仕事と弟たちの世話で忙しく、自分のことはほったらかし、或いは面倒がり
でも「弟で遊ぶ」(特にタロウ)という特権が付いてくる

>>791 ベールとネックレスと赤のラインが手書き〜〜〜
マジ眼科に行った方がよさげだ…チカチカスル
このスレのおかげで、萌えの為なら実力以上の力と根気を発揮する己を発見...orz

>>792-797 責任とってくださいよ。orzモエタジャネェカ
マジレスかつチラシ裏でスマンですが、自分の考えているリュウ像にあまりにぴったりで、驚きつつ感動!!
リュウのような人は、多分、内面は恐ろしく繊細だと思っているので
不器用すぎて、自分の傷に気づかない、或いは傷ついている自分を表現できないタイプ
そういう捉え方をしてるので、放映初期から好きなキャラだったんだ
(いや、こういう萌えにくるとは自分でも予想外www)

「ウルトラマンメビウス ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2」の「別れの予感」「ウルトラマンメビウス〜切なく〜」を
「恋人はウルトラマン」シリーズのBGMに推奨するよ

>>799 自分も「リュウを応援しつつ暴走兄さんで遊ぶ」のが好きだwww 友達友達

>>803 「女房の尻には敷かれてやるのが家庭円満のコツ」と、どっかで聞いたことが(ry
24・25日MAD制作、26〜28日コラ制作、年越しの準備はまだしていない_| ̄|○illi

805 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 22:01:30 ID:wJuIs+CR0
今日もまた力作ぞろいで、見ていて嬉しいッス

ファミリア>完結乙。ミライを取り合いつつ、実はタロウと光太郎の物語というのが興味深い。
次は「ふわふわ」お待ちしてます。

年貢の納め時>80先生がユリアンの尻に敷かれているのもいいですねー。
しかしタロウにしろ80先生にしろ、ゾフィー兄さんの前では玩具も同然。

>>789 自分も眼科行きます。むしろ喜んで。手の込みようが凄い!

>>791-797 切なくなりました。リュウさん好きなんですよ。普段はタロウ教官弄るの好きですが。
確実に短い間に(メビウスの時間として)別れが来るというのが、悲恋の元なんだろうなあ。
永遠という一瞬の幸せをあげたいよ。

806 :フォースインパクト19:2006/12/28(木) 22:26:18 ID:wJuIs+CR0
「は〜・・・やっと終わった」
テストは他の教官が受け持っている生徒に対して行う。自分の生徒だと傾向がわかってしまうからだ。
タロウは回収した答案用紙を抱えて廊下を歩いていた。
ここ3ヶ月程、メビウスはタロウの視界の隅にも入ってこなかった。だからといって仕事に支障が出
るようなこともない。ただ、部屋は多少乱雑なままだったが。
(メビウスと遊んでる時が一番の気晴らしだったのになあ・・・・)
変なところがあって、そこが危なっかしくて。でも素直な良い子だ。
(抱きごこちなんて丁度良かったのに。ラビドッグみたいに)
少々失礼なことを考えながら歩いていると、ひょこひょこと足を引きずるような歩き方をしている生徒がいた。
(あの歩き方、丁度怪我したメビウスに似て・・・・)
「メビウスーーーー?!」
タロウが慌てて駆け寄ると、メビウスは驚いた様に顔をあげた。
「タロウ教官?!」
「どうしたんだ?また怪我でもしたのか?」
「あ、はい。さっき体術の試験で足を捻ったらしくって。最後の飛行試験まではなんともなかったんです
けど、今になって痛くなってきちゃって・・・・」
タロウは持っていた答案用紙をメビウスに押し付けた。
「はい、コレ持って」
「?」
そのままひょいとメビウスを抱える。
「きょ、教官?!」
「保健室より私の部屋の方が近いから。少し重くなったな。背も伸びたか?」
「・・・・教官の所に行っちゃダメだって言われました。僕もそう思います。先輩方や教官にご迷惑を」
「今日はテストの最終日だから、誰も来ないよ」
抱きあげる力が少し強くなるのを感じて、メビウスは体の力を抜いた。何となく、今のタロウは恐い。
このまま離してくれそうにないような、そんな予感がする。
(タロウ教官、また部屋の掃除してないのかな?)


807 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 23:14:20 ID:od/sTr6w0
悲恋でぼんやり思い当たった。スレチと叩かれるのを承知で書いてしまう。

「別れの日」でリュウに正体明かすシーンに、某懐し特撮のとある別れのシーンの
台詞当てはめてみたら、ニュアンスは違うかもだが場面と妙にシンクロするんだ…
以下、何の台詞改変かすぐにわかった方、いたら挙手ノシ

リュウの元を去ろうとするミライ
 「ミライ、どうして逃げるんだ?」
 「もうこれ以上、僕を追わないでください!」
 「なぜ?」
 「僕は、あなたの好意に答えられる身分ではないんです!」
 「バカな。お前がどんな古い考え方を振り回そうが、俺はお前が、好きなんだよ!」 
 「リュウさん、あなたはこれでも僕が好きですか…」
ここで変身モーション第一段階
 「見ていてください、僕の、最後の戦いをっ!」(原典では変身掛け声)
変身した姿で淋しげにリュウを見つめる 『さようなら…』
 「ミ、ミライが…」

原典…ミライ=マリさん(一人称「私」)、リュウ=英介さん(ニ人称「君」)

好意のベクトルは逆かもだが、「人間」と「そうでない者」との関係繋がりって事で。
メビには本気で幸せになって欲しい…独りよがりな話を長々と申し訳ない。

808 :名無しより愛をこめて:2006/12/28(木) 23:53:34 ID:e1OsCGv80
>>807
某懐し特撮はわからなかったんだが、切なくなった。
感情っていうのはさ、意思でコントロールできないものだから。
好きになろうと思ってなるわけじゃない、叶わないとわかってても気持は捨てられない。
普通に人間同士だっていろいろあるから、「人間」と「そうでない者」との関係繋がりって、本当に切ない。
その中で、せめてもの幸せや希望が欲しくなるんだ。

ここの住人て、優しい人が多いね。ネタや感想読みながら、そう思うよ。
妙なこと書いてゴメン。今夜は「ファミリア」や「神は」にひたって、切ないモードなのよ。

809 :もう出しましたか?1/2:2006/12/29(金) 11:12:25 ID:5qDbPgXt0
ミライ「何ですか?このたくさんのハガキ…それに皆さん、何焦ってるんです?」
コノミ「あ、ミライくん。これは年賀状と言って、新年の挨拶の為に出すんだよ。
   離れて暮らす家族とか、友達やお世話になった人に送るんだよ♪」
リュウ「早く出さないと、正月に届かねえ…で、慌てて書いてるっつーワケ」
テッペ「ウルトラマンには、新年挨拶のそーいう風習とかないの?」
ミライ「うーん、ウルトラサイン一斉に飛ばしまくって空がサインだらけになって、
   どれが誰のかわからなくなっちゃいますけど」  ←非公式設定っす念の為
リュウ「何じゃそりゃ…花火大会みたいなもんか?」
マリナ「いい機会だからさ、ミライくんも誰かに年賀状書いてみれば?」
ジョー「ほらアミーゴ、5枚余ってるから」
テッペ「来年は亥年だから、イノシシの絵とか描けばいいかも。あ、これ書き方の見本」
ミライ「ハイっ!ありがとうございます!(誰に書こうかな♪)」


810 :もう出しましたか?2/2:2006/12/29(金) 11:15:09 ID:5qDbPgXt0
【ミライが書いた年賀状5枚】

1―バン・テツロウ様―
 その節は色々とお世話になりました
 ぼくはヒロトさんの代わりにはなれないけれど
 あなたは地球でのぼくのお父さんだと思っています
 バンさんの日々の未来にも幸せがいっぱい訪れますように                  2007年元旦     ヒビノ・ミライ

2―美山保育園のおともだちへ―
 あけましておめでとう。
 ことしもせんせいやパパ、ママのいうことをきいて、
 やさしさをわすれないで、みんなとなかよくしてね   
    ウルトラマンメビウスより  ←コノミの頼みで書かされた

3―神戸のマン兄さん様―
 あけましておめでとうございます。初めて年賀状書いてみました。
 今年は怪獣抜きで神戸に遊びに行きたいです。
 あと、年賀状足りなくなったので、これ読んだらセブン兄さん、
 ジャ(ry)兄さん、エース兄さんに回して下さい。  メビウス(ウルトラ文字)

4―GUYSの皆様―
 あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!
     ミライ(ファイヤーシンボル模様のブタの絵) →区別ついてない;

5―アイハラ・リュウ様(一応GUYSとは別枠)―
 ※他の人のと少し差をつけて書こうと頑張りすぎて、結局gdgdになってしまい、
 一面にファイヤーシンボル塗りたくってごまかしつつ、こそっとウルトラ文字で
 「大切な人へ」とか愛の告白とか書いてみたり消してみたり

この後「正月篇」へと続く(さすがにこの時期に投下するのはフライングかと思ったので自粛
自分、全く書いてNEEEEE;;(こんなの書いてる場合か!))


811 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 12:39:24 ID:RNFzc4GP0
ほっといても年は明けるが、
ネタ神様は気まぐれ。
降臨したら即書くべし。
・・・てなこと言うと、年神様に怒られるので、
餅でも用意すっかな。

メビたん、餅ネタでもなんかやらかしてくれそうな予感・・・

812 :4コマ:2006/12/29(金) 17:49:31 ID:qw88yIBr0
>>810
(ファイヤーシンボル模様のブタの絵)www
正月明けにイラストで描こうと思っていたネタだ。。。

813 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 20:52:45 ID:5qDbPgXt0
>>812 ぜひ描いて欲しいですww
ふとまたヘンな事思いついてしまった。
リュウとミライの結婚式、お色直しはGUYSの皆が気持ちをこめて作った
ファイアーシンボル柄のカクテルドレス、っての。
シュミ悪いかな?でもそこは「気持ち」ですよ気持ち。


814 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 21:58:43 ID:Et0MWfjl0
>>789
 喜んでもらえてなによりv BGM参考にします。

>>805
 報告版ゾフィ兄さんの最大の趣味です>弟弄り。確かに玩具w

 神は惜しみなく〜、
 最終的にはどうしても、ウルトラマン>>越えられない壁>>地球人
 の寿命の問題が横たわるんですよねぇ・・・。
 せめてリュウが老衰で亡くなるまで添い遂げさせてやりたい。

 実はある意味最終手段「融合」というネタはある。
 が、そうなると、同じ時間を生きるのと引き換えに
 今度は一生触れ合うことができないというorz
 (最終回で瀕死のリュウとメビが融合したら洒落にならんが)

>>813 
 ミライ(擬態)もおにゃのこバージョンでよければ
 文章で挑戦してみるノシ(絵心も画像のテクも私にはねぇさorz)
 ただし、神は惜しみなく、の系統になるけどいい?

>>809
 年賀状…orz
 あ、中国はイノシシでなくブタだったような>干支

815 :中間報告その後プラス1/3:2006/12/29(金) 22:02:29 ID:Et0MWfjl0
あー、やっぱり今ひとつタロ兄弄りがたんないな、と思いつつ投下。

候補生引率中に現地で緊急事態発生。急遽メビウスが調査。
メビウス「――以上、報告終わります」←公私の公。
タロウ 「取り急ぎ専門家を派遣する。
恒点観測員907号には引き続きAランクの観測を伝えてくれ」←公私の公
メビウス「はい。これより任務を終了し、本来の候補生の指導に戻ります」←敬礼
 
 報告の通信が切れると入れ替わりに、タロウ個人の携帯端末(私用)が鳴る。←発信者名見て大慌て。
タロウ 「メビウス、どうした? すぐ連絡を入れるなんて、何かあったか?」
メビウス「大したことじゃないんです…ただ個人的なことでしたので。
タロウ兄さん、お誕生日おめでとうございます」



816 :中間報告その後プラス2/3:2006/12/29(金) 22:04:37 ID:Et0MWfjl0
レオ  「…相変わらずくそ真面目だなぁ。
公務報告の最後に付け加えればいいのに」←盗み聞き。
アストラ「ゾフィ兄さんあたりはさらっとやるよね」←同上w
80  「そこがメビウスのいいところですよ」←なんだかんだいって同じ穴。

メビウス「なにも用意できなくて。本当は直接お祝いをお伝えしたかったんですけれど…」
タロウ 「いや、その気持ちだけで嬉しいよ」←実は素で忘れていた。
メビウス「あの、それで・・・」
タロウ 「なんだい?」
メビウス「…タロウさん(蚊の鳴くような声)」
タロウ ←固まった。
メビウス「ごめんなさい! 言ってみたかっただけなんです!」 ぶち(スイッチ切れる)



817 :中間報告その後プラス3/3:2006/12/29(金) 22:08:41 ID:Et0MWfjl0
レオ  「初々しいねぇ。よ、果報者」
アストラ「絶対、メビウスは一生懸命練習したよ。
タロウ兄さんも黙ってないでなんか言ってあげればよかったのに・・・」

   ぼた。
アストラ「ぼた? ってちょっとタロウ兄さん、鼻血!」
レオ  「ティッシュティッシュ!」
80  「あーもー、呼びかけが変わっただけで、
ナニ興奮してるんですか、兄さん!」←それでもティッシュを渡してやる人。
アストラ「上向いて上向いて! てゆーか、リライブ光線リライブ光線!
 あ、自分では治せないの?」
タロウ 「・・・」←両手で鼻を押さえていてそれどころではない人。

メビウス「僕の馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿、僕の馬鹿!(ゆでだこ)
 絶対、タロウ兄さん(←結局戻ってる)、変に思ってるよ〜」

後日
ゾフィ 「…で、そういう現場に居合わせながら、どうして私を呼んでくれないんだい?」
80  「そういう無理難題を言わないでくださいよ。別星系へ出張されてたのに」



818 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 22:13:01 ID:1sXVugli0
>>817
変わったのは呼び名だけだがむしろシチュ萌えかなとw


819 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 22:28:26 ID:JXV7v/yv0
>>814
書いてください、お願いしまつ
神は惜しみなく めちゃくちゃ惚れ込みました

>>815-817
すんげー笑ったよ〜〜〜!!
>ゾフィ 「…で、そういう現場に居合わせながら、どうして私を呼んでくれないんだい?」
サイコーだ ひーwwww
タロウ兄さんの鼻血はデフォルトになってしまったがな

820 :4コマ:2006/12/29(金) 22:50:53 ID:qw88yIBr0
>>737
また、ヒロトの分、またupくださいませんか?
できたら、前upされていた場所の方が
wmvでダウンロードできた記憶あるのでお願いします。
あとすこし!がんばろ〜。

821 :737:2006/12/29(金) 23:25:50 ID:nuVhE2S20
>>820
すいません。前のファイル消しちゃって、作り直したんですが、
前upした場所、容量オーバーでダメでした。
提案ですが、この続き、避難所を使わせていただきませんか。
こういうのって、ネタの種みたいなもので、他の方に申し訳ない...orz

822 :名無しより愛をこめて:2006/12/29(金) 23:37:53 ID:1sXVugli0
>>821
管理人さん以外に許可出せる人がいないと思うので…。
とりあえずはここで進めていたらどうでしょう、投下はインパクトは連続しないし
他の方らは少し前もって予告しておくなりで。

823 :737:2006/12/29(金) 23:46:29 ID:M7NlvUzn0
すみません。>>821のお言葉に甘えさせてもらいます。

>>820 倉庫up0024 パスは同じで、zip圧縮してみました。
これで展開して、wmvのまま使えませんか? 林檎とQTわかんないんです。

824 :ふわふわ26。:2006/12/30(土) 00:57:49 ID:PJ5VBhjG0
メ?『・・・(ふぅ)』
レオ「なんか、今溜め息みたいの付かなかったか?」
80「貴方を言い包めるのは至難の業だって思ったんでしょう」

 パチン

メ?『教官どのの拘束を解きました、退いていただけません?』
80「逃げないって言うんですか?」
メ?『逃げるも逃げないもここに釘付けておくわけにはいかないのでは』

レオ「てか、なんだか気持ち良さそうだな、タロウ」
80「あああ、そこで怒りに震えないで気持ちはわかりますから」

メ?『貴方も貴方でなんで私を慰めているんですか・・・』
80「えええっ、なんでだろっ」
レオ「80は子どもには無条件で甘くなるくせがあるからかなー」

825 :ふわふわ27。:2006/12/30(土) 00:58:26 ID:PJ5VBhjG0
――

マッ「じゃ、僕先に戻ります、教官お大事にー」

タロ「ありがとう、メビウスもそれを片付けたら戻りなさい」
メビ「はい、お一人で大丈夫ですか?」
タロ「私は小さな子どもじゃないよ。それとも一緒にいてくれるのかな?」
メビ「え、あ、はいっ」

タロ「(←冗談のつもりだった)・・・ああ、うん、ありがとう」
メビ「熱下がりませんねー、火傷しそう」
タロ「まあ爆発することもあるくらいだしね、昔からだから」
メビ「(小首傾げ)爆発したら大変ですね」
タロ「あれはさすがに結構痛いね」
メビ「(くすくす)」

タロ「いや、本当だよ?」

826 :ふわふわ28。:2006/12/30(土) 00:59:00 ID:PJ5VBhjG0
タロ(寝てしまったか・・・可愛いな)
  (いっそ、、

――

80「ってストップタンマ、わぁぁっ、本題いつですか?!」
レオ「なんだ80、今いいところだったのに」
80「いくら兄弟でも見ていいものと悪いものがッ」

メ?『だって思考も普通に聞こえるんですよ、仕方ないじゃないですか』
レオ「覗き見してるみたいな言い方はないよなぁ」

80「レオ、なんでそっちについてるんですかっ、てか話がズレてっ」

レオ「今の続きなんだったんだ?」
メ?『ウルトラの父が養子に入れようかという話が出てるそうです』
レオ「ほう、初耳だな。どうした80、なにへたれてるんだ」

827 :ふわふわ29。:2006/12/30(土) 00:59:52 ID:PJ5VBhjG0
メ?『ところで先生、一つ聞きたいことがあるんですか』
80「ええ、えっと、はい、なんですか?」
メ?『あの日の朝、なんで来られたのだけわからないんです』
80「あの日・・・そうか、これ、あの日」

レオ「そういや、確かタロウのとこに殴り込みしてた日があったね」
80「殴り込み、ええ、しましたとも、殴りましたとも(蹴ったかも)」
レオ「よく考えたら80がなぜそこに行ったか聞きそびれていた。なんで?」
80「それは、悲鳴が・・・その時点で行けば良かった」
レオ「別に80の責任でもなかろう。さて、次だ、話せイド」

メ?『イド?』
レオ「超自我、なんかの本で読んだ受け売りだがね」
メ?『私がそれだと?』
レオ「知らん」

828 :ふわふわ30。(一時停止):2006/12/30(土) 01:00:23 ID:PJ5VBhjG0

――本当は全てを覚えてるというわけでもないんです。

肩口に軽く触れる手も、≪私≫を寝床に寝かせ自分が熱を押して立つところも、
低く呟く言葉も思考も、ふわふわ取り巻かれているようで気持ちよかった。
特別扱いされていることは気付かないことにしていたので。

レオ「・・・なんで?」
メ?『だって、受ける筋合いがないんです。僕には、なんにも』

80「(“僕”?)難しいですね、嵐から守るために囲いを付けたら、風にも
  負ける花になってしまうかもしれない」
レオ「でも、それはタロウが気をつけるべきことだろう」
80「育てる側だって初心者はあるんですよ」

レオ「・・・そうか。でも、それならなにが」

829 :4コマ:2006/12/30(土) 02:34:56 ID:AJNhofBU0
色々ご迷惑かけました!ご協力に感謝します!
mad投下!石投げないでください。。。

アップロードのとこです。DYkey 「tamashii」

830 :4コマ:2006/12/30(土) 03:55:23 ID:AJNhofBU0
何度も書いて申し訳ない。MOVが再生できないかたへ。YOUTUBEに同じ物をUPしました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=VokU01f9Q6g

避難所のカキコ読みました。管理人さん。これから色んな意味で使用を気をつけたいと思います。

433 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)